情の話 (幻の桜ブログさんより)

2013.04.01 18:09|考察
幻の桜ブログさん情報です




情は
たすけたい想いのあらわれ 」


情は力の根本

身を捧げる犠牲や生贄と対極的な想い

たすけを求めるから
たすけたいという想いが生まれ

たすけたいと想うから
たすけを受けとめられる


恋のエネルギーでは
存在し続けられない

恋のエネルギーが続くのは
結界の中でも最大で5年

それ以上恋すると 
魂が削られていく

だってひたすら捧げるエネルギーが恋だから

それに
恋は差別を生む

この人は特別 この人は特別
すべては対等という概念も消していく

拒絶や階級 隔絶 搾取を生むのが恋の病 



妬みは恋から生まれた


恋のエネルギーは
成金や
ブームに乗る人を作るけど 
その旬はとても短くて 

だから
おおいぬは
恋の想いを続ける為に
情のエネルギーに執着した


小犬は大犬と違い
情を引く存在は格下だと想っていた

情をかけることは弱虫の証と 想ったり
情をかけられる存在は 
負け組みと想ってたりした



でも想念の世界では
情のなさを示すことは 
能力の無さを示していること


最も情を引く存在は
いつも集合意識の中心点で 

リーダーも
ぬしさんの系譜も みんな情を引く存在で

情が集まるから
力が集まっていた


冷たさと 非情さは違う


ねこにごはんをあげるなとか
ホームレスさんは迷惑だとか
遊女さんをとりしまれとか
ルールを守らない人は とりしまれとか
いじめとか ポイポイとか   

今の小犬ちゃんはおおがかりに
情の無さをアピールしてるけど

あれだけおおっぴらに情の無さを示せば
眼力も無くなって
能力が無くなるのは当たり前


おおおばばたち
神官の系譜は
情こそが力という伝承を魂で知っていた

情のエネルギーを集めないと 
仕組みを長持ちさせることができないことも知っていた

だから代々の操縦権者は
恋のエネルギーはつけたがらず
情をかけることを見せて

それで座や仕組みを維持しようとした


おおおばばは 
情あるように見せかけていたけど

でも絶大な効果があるから
使っていただけ 

でも本当の情の意味を
最後まで魂で感じることはできなかった



情は
情を引くことかけること

呼吸と同じ 
情をかけることができれば
自然に情を引くこともできる


情が無い人は
情ある人に被せようとして
情のエネルギーをつけかえようとしたけど

確かに情の能力自体には憧れてはいたけれど
結局彼らは 情自体を得ることはできなかった

本当に情のある人なら
つけかえしようなんて想わない



はるちゃんは予言します 

これから犬達は生き残りをかけて 
恋の時代を養分たちに宣伝するでしょう 

でも未来に起こることは
情の時代

情のある人
本当にやさしい人に 能力が集まり 
そこにエネルギーが集うのです

中心点の性質は
情ある人
情を引ける人です

そして生き残る人も
情の想いをいつも発しつづけています 



はるちゃんは永遠にみんなにたすけて欲しいです

永遠につながって 永遠にみんなと一緒に楽しく生きたいです 」(はるちゃんの言葉)




ねこねこのはるちゃんのお話しでは 情は たすけたい想いのあらわれで 情(助けたい)想いがあるから物語は生まれるようです

情は 情を引くことかけること 呼吸と同じ 情をかけることができれば 自然に情を引くこともできる


はるちゃんの予言です

これから犬達は生き残りをかけて 恋の時代を養分たちに宣伝するようです

でも未来に起こることは 情の時代で 情のある人 本当にやさしい人に 能力が集まり そこにエネルギーが集うようです

そして生き残る人も 情の想いをいつも発しつづけている人のようです




情の話 (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1229.html

転載開始





情は
たすけたい想いのあらわれ 」









情はたすけたい想いのあらわれ
(・・;)








恋では物語は生まれない



情(助けたい)想いがあるから物語は生まれる 」





(・・;)







情は力の根本


身を捧げる犠牲や生贄と対極的な想い

たすけを求めるから
たすけたいという想いが生まれ


たすけたいと想うから
たすけを受けとめられる 」





(・・;)





情があるから
存在ができる 



恋のエネルギーでは
存在し続けられない


恋のエネルギーが続くのは
結界の中でも最大で5年


それ以上恋すると 
魂が削られていく

だってひたすら捧げるエネルギーが恋だから

それに
恋は差別を生む


この人は特別 この人は特別
すべては対等という概念も消していく



拒絶や階級 隔絶 搾取を生むのが恋の病 」





(・・;)・・





「 

犬おばばの中には5年以上恋する人がいるけれど

そういうおばばは 
想念の世界で魂が薄くぺらぺらで

魂が削れてるのが見てとれる

しかも魂が薄い分 ぺたっとエネルギーある人にはりついて

吸いとって捧げてるうちに
まるでべとっとした燃えカスのようになる


それはそれは
とても気持ち悪いエネルギー体になる 」





(・・;)・・






妬みは恋から生まれた


でも恋の病だけで 
存在を維持することはできない



恋のエネルギーは
成金や
ブームに乗る人を作るけど 
その旬はとても短くて 



だから
おおいぬは
恋の想いを続ける為に
情のエネルギーに執着した


食べ物をふるまおうとしたり
貧しい人によりそいましょう運動をしたりした 







(・・;)






小犬は大犬と違い
情を引く存在は格下だと想っていた


情をかけることは弱虫の証と 想ったり
情をかけられる存在は 
負け組みと想ってたりした


だから非情さ
冷酷さを売りにしてる小犬達が多かったけど


でも想念の世界では
情のなさを示すことは 
能力の無さを示していること 」




(・・;)!




つながりこそが力


そして
情とはつながりを求める想い



最も情を引く存在は
いつも集合意識の中心点で 


リーダーも
ぬしさんの系譜も みんな情を引く存在で


情が集まるから
力が集まっていた 」




(・・;)








冷たさと 非情さは違う



ねこにごはんをあげるなとか
ホームレスさんは迷惑だとか
遊女さんをとりしまれとか
ルールを守らない人は とりしまれとか
いじめとか ポイポイとか   


今の小犬ちゃんはおおがかりに
情の無さをアピールしてるけど


あれだけおおっぴらに情の無さを示せば
眼力も無くなって
能力が無くなるのは当たり前



いわば小犬ちゃんは
滅びのシグナルを小犬自身に
いれてるようなものだった 」





(・・;)








おおおばばたち
神官の系譜は
情こそが力という伝承を魂で知っていた

情のエネルギーを集めないと 
仕組みを長持ちさせることができないことも知っていた



だから代々の操縦権者は
恋のエネルギーはつけたがらず
情をかけることを見せて

それで座や仕組みを維持しようとした


ただ
おおおばば達の気持ち悪いところは

養分には恋をさせようとしたところ



恋の文化を説いてまわり
養分に恋のエネルギーを押し付けて捧げさせて  
自分達は情のエネルギーをつけかえて


情と恋のエネルギーをいれかえて
へばりつこうとしていた 

 」





(・・;)・・






妬みは 
情の想いを発せられない



だから
吸血鬼やおばばには 情の意味がわからない


情があることは知っていても
情の本当の意味を
魂で感じたりすることができない


おおおばばは 
情あるように見せかけていたけど


でも絶大な効果があるから
使っていただけ 


でも本当の情の意味を
最後まで魂で感じることはできなかった 






(・・;) 






「 
情は
情を引くことかけること


呼吸と同じ 
情をかけることができれば
自然に情を引くこともできる



情が無い人は
情ある人に被せようとして
情のエネルギーをつけかえようとしたけど


確かに情の能力自体には憧れてはいたけれど
結局彼らは 情自体を得ることはできなかった



本当に情のある人なら
つけかえしようなんて想わない



養分に恋の洗脳をさせて
自分達に情をエネルギーをつけようとする
そんな引き落としの想いをもたない


寄り添うよりも
まずたすけたいと想うのが 情のある人 

古代の人の中心点は
みんな情がある人で 


情が一番あったから
一番情を多く集められていた 」





(・・;)・・








はるちゃんは予言します 

これから犬達は生き残りをかけて 
恋の時代を養分たちに宣伝するでしょう 



でも未来に起こることは
情の時代

情のある人
本当にやさしい人に 能力が集まり 
そこにエネルギーが集うのです


中心点の性質は
情ある人
情を引ける人です



そして生き残る人も
情の想いをいつも発しつづけています 


情をかけられる人は
たすけを受けとられるからです


たすけることと たすけられることは同じ


たすけることは 
自分が生き残りたい想いのあらわれ

自己愛なのです 」




(・・;)






はるちゃんは永遠にみんなにたすけて欲しいです


永遠につながって 永遠にみんなと一緒に楽しく生きたいです 」(はるちゃんの言葉)







R0034362_R.jpg





2013-03-31 :ねこねこのはなし :



転載終了

夢で見た猫たちの輪 (大地震・前兆・予言.comより)

2012.11.14 21:31|考察
大地震・前兆・予言.com情報です。

ちょっと気になる夢の情報が有りましたので転載いたします。


読んで見ましたが、夢で何かを猫ちゃんから言われている様に感じます。


もしかしたら表層部分の夢で、小犬おばばーや大犬おばばーが終わる事を表している?

猫ちゃんとまだイメージの遣り取りが出来ませんので、想像でしかないのですが・・・。


とっぴな発想かもしれませんが、あくるーおうを守る人?


うーん。





夢で見た猫たちの輪 (大地震・前兆・予言.comより)

http://okarutojishinyogen.blog.fc2.com/blog-entry-2847.html

転載開始



2012/11/12 | 不思議な夢・体験 |



946:a fact of life ◆Factttd4Cs :2012/11/02(金) 01:24:13.87 ID:q2dPcgkKO
昨日、どれだけ揺すっても声をかけても目覚めずに15時間眠り続けた時に見た夢の話ししても良いかな…?
かなり長いけど…、不思議だったんだよ(´・ω・)


949:a fact of life ◆Factttd4Cs :2012/11/02(金) 01:29:16.39 ID:q2dPcgkKO
投下しちゃおう(`・ω・)

夜の町を歩いていると小道を見つけた。
好奇心で入っていくと、神社の様なものがあり、灯籠や提灯で広場がぼんやり照らされている。
広場の中心部には猫が輪を描くように集まっており、僕が入ってきた事に気付き此方を見ていた。
猫達は相談するような様子を見せ、その中の一匹(白黒の猫で尻尾が長い)が、僕に「付いてこい」と言うかのように付かず離れずを繰り返して「にゃーん」と言った。

僕は、その猫についていく事にした。神社の様な場所を抜けて街に出た、そこは住宅街の路地で、等間隔で街灯がついているだけだった。
僕達は歩き続ける。猫が時折振り返り、僕を待つ素振りを見せた。
しばらく住宅街を歩いていると、十字路でふと猫を見失ってしまった。見知らぬ住宅街なのでキョロキョロしながら頭を抱えていると、さっきの猫が正面から表れて、僕を覗き込んできた。そしてまた歩き出した。


950:a fact of life ◆Factttd4Cs :2012/11/02(金) 01:30:11.62 ID:q2dPcgkKO
つづき(´・ω・)

もう何時間も猫に付いて歩いていた。疲れは感じなかった。
歩き続けると、トンネルが見えてきた。古いものではなく、オレンジ色の光がトンネル内を照らしていた。
猫は迷うことなくトンネルに入っていった。僕も後を続く。少し湿った臭いがした。
数分歩いていると出口らしきものが見えた、トンネルの出口は真っ黒い孔のようだった。
猫は迷わず進む。恐怖は感じなかった。

トンネルを出るとそこは、夕焼けに照らされる、灰色をした森だった。よくよく考えると、猫と出会った神社と、トンネルのオレンジ色のライト以外、モノクロだったことに気付いた。
ふと振り替えると、今抜けてきた筈のトンネルは跡形もなく消えていた。

此処でやっと恐怖を感じた。猫が待っている、兎に角今は僕以外の生命体である猫を見失わない事に必死だった。


951:a fact of life ◆Factttd4Cs :2012/11/02(金) 01:31:40.58 ID:q2dPcgkKO
つづき(´・ω・)

僕らは山道を歩き続けた、人一人が通れるほどの獣道を行く。
無音の森の中を無言で、数時間歩き続けると、最初の神社に辿り着いた。

灯籠と提灯が柔らかく光っていた。先導していた猫が、輪を描くように集まっている猫達の真ん中にいき「にゃあん」と鳴いた。
呼ばれている様な気がしてフラフラと猫の輪の中心に入っていった。足元には先導していた猫が座っている。
ふと、輪の中の一匹(レッドタビースポット柄)が僕の目を見て「にゃーん」と言った。(「言った。」というのは鳴いたというより話しかけてきた感覚だったので。)
それを皮切りに、他の猫達も騒ぎ始めた。

僕がオロオロしていると、先導していた猫が大きな声で「にゃーん!」と言った。
静まり返る広場。
すると今度は、先導していた猫が、僕を見上げながら「にゃーん、にゃーん」と何かを訴えてきた。僕はわからないので、ただ見下ろす事しかできなかった。
足元の猫とじっと見つめ合う事しかできずボーッと『吸い込まれそうな瞳をしているな。』などと考えている内に目が覚めた。


952:a fact of life ◆Factttd4Cs :2012/11/02(金) 01:40:29.46 ID:q2dPcgkKO
以上です。
長文ごめんなさい(´・ω・)


954:本当にあった怖い名無し:2012/11/02(金) 06:16:28.04 ID:XbdYRdT8O
>>952
猫たちが輪になってた。
いろんな道を歩いて結局元の場所に戻ってきた(輪)。
そして猫たちの輪に入った。
意味は分からないけどリングだね。

白と黒の猫。どうやら案内人(猫)は陰陽みたい。
トンネルは入口と出口しかない。他に選択肢がないこと。しかも一方通行。
これは時間や空間みたいなものかな?。

獣道は自然とか自分だけの道とかだから「継ぐ者?」。

神社は精霊。
灯籠や提灯は火。なので魂かな?。
モノクロなのは未来というより過去。
匂いはそれを知ってるということ。

つまり昔の思い出(もしかすると前世)を回想して、また同じことを繰り返してるのかも。
猫たちは何かを知らせてる。何かを気づけと言ってる。

と、まあこんな感じじゃない?
適当な感想だけど(笑)


955:a fact of life ◆Factttd4Cs :2012/11/02(金) 16:39:59.60 ID:q2dPcgkKO
>>954
昔を繰り返している…ですか…。

しかし、何に気付けと言っているのでしょうか…。(´・ω・`)

僕はどうしたら?


960:本当にあった怖い名無し:2012/11/05(月) 03:24:23.78 ID:Jk7WMadu0
日影丈吉の「猫の泉」とか、その夢と似た内容の短編小説があるよ
他の作家の作品にも、あれ?これ猫の泉じゃん、と思った覚えがあるから、
複数存在すると思う
人が猫から夢想する原型のようなとこがある話なのかもね


心霊体験・不思議な夢を書き込むスレ8 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1325904713/



転載終了

都市攻撃の終了を知る方法(無線)

2012.04.23 22:30|考察
都市攻撃の終了を知る方法(無線)


「都市攻撃」と無線機 


クイズと言ったが、これは知る方法は無いんじゃ。

ただ一つ、もし無線を持っている連中が世界中で“連絡網”を作っている場合にのみ可能なんだ。

しかし無線には問題があるんだ。

遠くまで無線を飛ばせるには電波状態が良くなければならないんだ。

夜は電波が遠くまで届くが昼間は届かないとか、いろいろ条件があってこの方法は難しいぞ。

特に海外の情報なんかは高いアンテナを立てておかないといけないぞ。

だが、そんなものは「都市攻撃」のときに真っ先に破壊されてしまうからな。

自衛隊で“海・空軍”は全滅するだろう。

だが、“陸上自衛隊”の一部は残るものもあるかもしれんな。

そんな部隊ならひょっとして海外と連絡できるぐらいの無線器も持っている可能性もあるな。

まあ無線の情報に詳しいやつなら、高い木と木の間に電線を張ってアンテナ代わりにして300キロくらいなら交信できる可能性も無いとは言えないぞ。

だが、長いアンテナを張っても電波がなかなかキャッチしにくいぞ。

交信時間でもきちっと決めておかないと、受信は難しいぞ。

一番良いのは携帯電話で連絡を取って、

「これから無線を送るからキャッチしてくれ」

と伝えるのが良いな。

そうすれば、相手もかすかな電波でもキャッチしてくれるかもな。

何?

それは無理だって。

「中継の電話基地が破壊されてしまっているから」

だって!

もちろんこれは冗談だ。

携帯電話なんか使えるはずは無いさ。

「まぎらわしいから時々冗談を言うのを止めてくれ」

だって?

何を言っているんだ。

不死になるとどんなに暇か何度も言っているだろう。

俺様は冗談でも何でも言うぞ。

少しでも暇つぶしをせねばならぬのだ。

最近の人間のガキどもは、冗談を聞くといやな顔をするだろう。

なぜだかわかるか?

それは自分たちの命が先が短いとうすうす感じているからだ。

だから
「冗談を言う暇もないし、聞く暇もない」

というわけさ。

命の短いセミを見てみろ!

セミは木にしがみつくと朝から晩までジイジイ必死で鳴いているだろう。

あれと同じさ。

余裕なんてこれっぽっちも無いのさ。

おじさんになると先が短くても今までたとえ40~50年でも生きてきたので余裕があるぞ。

だが、若者は余裕が無いわけだ。

だから冗談を聞くと「さぶ~」なんて言ってすごい拒否反応を起こすんだ。

これは霊感の強い子供が特に顕著だからな。

だが携帯電話も最初の攻撃ならいつ始まったかを知るのに役に立つ場合があるのだ。

携帯電話を使ってどうやって攻撃開始を知るかだ?

もちろんラジオやテレビを避難先で聞くことができたらそれが一番だぞ。

これは、避難先にそれらを持参できない人間どもへのクイズだ。

----------------------------------------------------------------------------------------

昨日も書きましたが、攻撃開始もそうですが、攻撃終了が中々わからないです。

無線の技術がある方は良いですが、その技術のが無い人達は困ります。

のろしでも上げる?

やはり感覚に頼る人達が多いのでしょうね。

うーん、何か方法があれば良いのですが・・・。


| 2017.08 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ