ロシア 北海道 北極なのだー (幻の桜ブログさんより)

2014.08.30 00:37|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です







☆ロシア 北海道
北極なのだー☆

かたりて くまくま






くまくまはあめ(夢)を見た

女の子が草原にいた 」



「 大草原だ 小さな家は無かった 」


「 いたのは 昨日話した 「 にしなすの 」の女の子


(昨日の記事リンク)
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1661.html 

立っている地を 北海道と呼んでいて 傍に 宮廷風水師のボスがいて 女の子は こう話していた 」


「「 北極 ロシア 北海道

おそらく北極の緩衝が 間接的にこの島に来るとしたら この近辺だと想われる 」」



「 女の子はそう話していた

だが 目に広がるは果てしなき大草原 傍に駅があるわけでもなく 建物があるわけでもなく 人もあまり歩いておらず そこが北海道のどこなのかは よくわからなかった 」



「 それから場面が変わった

時代は 数十年 経ていた感じだ

同じ大草原に ゆ族がやってきていた

ゆ族の女がいた 沖縄の方からやってきたらしい 」


「 ゆ族の女は 物部の一氏族を抱え 北海道の地に ぞろぞろと連れて来た

ゆ族の女は 北海道に来た理由を 連れていた物部には教えてはいなかった 」


「 ただし 物部に こう言っていた

「 お前たちは選ばれし者 後の時代 この地に連れてこられた意味が 分かるであろう 」と 」


「 ゆ族の女をじいいいいいいいいいっ見ていたら その女の心の声が 薄ら 聞こえてきた

口には出さぬ 心の声 」


「 ゆ族の女は心でこう言っていた

「 根づくには3代かかる しかし最初に 手に入れた者が勝ち 場所を抑えたもの 」

その声だけが聞こえてきた 」



「 これ以上は聞きづらかった

聞こえぬということは そのゆ族の女の心のガードは かなり固かったのであろう 」



「 要するに ゆ族のボス血筋たちは 100年前から沖縄から 移り住み 南極の緩衝 北極の緩衝を見こして 何かの準備をしていたようだ 」


「 
ただしな

この光景を上総に住む
くまくまが見たということは

ゆ族の何かのバリアーが壊れたということでもある

くまくまの引力よりも
ゆ族達のバリアが弱まっているのだ

そうでなければ
この秘密は見えるはずもない

その内
場所も特定できるはず

見たらまた伝えよう  」(くまくまの言葉)







昨日 雨の夜  

ねこの森で ごはんを配った後に 何だか呼ばれてる気がしたので ちくさあの海さんに行ってきた 

駐車場に車を停めて 雨音と海の音を聞きながら うつらうつらしていると いつのまにか眠りについてしまい こんなあめ(夢)を見た

あめで 男の人の姿が見え 彼は こう言ってた



「 間違えられている

私が これから来そうな別な誰かと 間違えられている 

間違えられて 何故だか 私が近未来に 来そうになっている 」



そのような感じのことを言っていた 

その後 さまざまなイメージが見えた

それは男の人と 来るはずだった別な誰かが間違えられる理由となったようなイメージで それを見ながら こんな些細なことで間違えられ 入れ替わっていったんだ と想いながら 淡々とそれを見ていた

その後 風水が 大きく変わるあめを見た

それは 破壊の時期の後を見据えて ゆ族達が大がかりに計画をしていた風水のようだが 何故かその風水で ゆ族や 表の人たちではなく 養分の系譜の人に 富がもたらされ さまざまな名誉ももたらされる そんなイメージが見えた

その あめを見た直後 起きたが あめの意味がよくわからず ちくさあの海さんに どんな意味があったのでしょうか? と聞いてみた

ちくさあの海さんは こう言った




ゆ族の系譜がゆ族自身を
新時代のタイミングに持ち上げる為に
作られた風水の数々

しかし
その風水が
ゆ族ではなく 
じわじわと養分を利するようになる

ゆ族が作らせた無数の風水により
もたらされる果実は
ゆ族ではなくて
養分とされていた系譜に運ばれることになる

養分に
そのエネルギーがのるから
彼女ら(ゆ族)は
想っていたようなエネルギーは乗らない

ゆ族達が卑しみ 
心の奥で侮蔑していた そんな存在に
彼らが作った風水でもたらされる現実が 
これからの長きにわたりのることになる

その事実を
近未来
ゆ族が知った時には 
彼女らはただただ 茫然とするであろう 」(ちくさあの海さんの言葉)





なんでも 数百年以上前から 世界中のゆ族達が苦心し 作らせていた風水でもたらされる現実は ゆ族ではなく 養分にされていた系譜に乗る現象が起こる 

なんでのるのか? それについては聞かなかったので よくわからなかったが ちくさあの海さんの 言葉を聴いた時に くまくまが あめで聞いたという 女の子の言葉を想いだした





二年連続してくる日食

組んであった風水が
日食で反転し
その現象化がはじまる前に 
日食が来て
さらに反転します

アンゴラの2回の日食の後
南極の日食がきます 

それはまるで
海の波に揺られてるような
そんな現象にも見えます

それがどんな影響を及ぼすのか 
現時点ではわかりません

現場のエネルギーを見ないことには 
断言はできません 」(くまくまがあめで聞いた女の子の言葉)




(上の言葉の記事リンク)
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/blog-entry-4175.html







ロシア 北海道 北極なのだー (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1662.html

転載開始







☆ロシア 北海道
北極なのだー☆


かたりて くまくま








くまくまはあめ(夢)を見た

女の子が草原にいた 」





(・・;)







大草原だ

小さな家は無かったのだ 」






(・・;)・





いたのは
昨日話した
「 にしなすの 」の女の子だ


(昨日の記事リンク)
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1661.html



立っている地を
北海道と呼んでいてな 



傍にな
宮廷風水師のボスがいて

女の子は こう話していたぞ 」






(・・;)





「「
北極 ロシア 北海道


おそらく北極の緩衝が
間接的にこの島に来るとしたら
この近辺だと想われます 」」






(・・;)







大草原の中で女の子はそう話していたのだ


だがな
目に広がるは果てしなき大草原だ


傍に駅があるわけでもなく
建物があるわけでもなく  
人もあまり歩いておらず


そこが北海道のどこなのかは 
くまくまにはよくわからなかったのだ 」






(・・;)






そして
それから場面が変わった

時代は 数十年
経ていた感じだ

同じ大草原にな

ゆ族がやってきていたのだ

ゆ族の女がいた 

沖縄の方からやってきたらしい 」





沖縄・
(・・;)







ゆ族の女はな

物部の一氏族を抱え
北海道の地に ぞろぞろと連れて来たのだ


ゆ族の女は
北海道に来た理由を 
連れていた物部には教えてはいなかった







(・・;)






ただしな
物部に
こう言っていた


「 お前たちは選ばれし者

後の時代
この地に連れてこられた意味が
分かるであろう 」と 」





(・・;)







そしてな

くまくまは
ゆ族の女をじいいいいいいいいいっ見ていたらな

その女の心の声が
薄ら 聞こえてきたのだ

口には出さぬ 心の声だ 」





(・・;)







ゆ族の女は心でこう言っていた



根づくには3代かかる 

しかし最初に
手に入れた者が勝ち

場所を抑えたもの 」

その声だけが聞こえてきた 」




(・・;)





これ以上は聞きづらかったのだ


くまくまに聞こえぬということは 

そのゆ族の女の心のガードは
かなり固かったのであろう 」




(・・;)・






要するにな

ゆ族のボス血筋たちは
100年前から沖縄から
移り住み

南極の緩衝 
北極の緩衝を見こして
何かの準備をしていたようなのだ 」





(・・;) 




「 
ただしな

この光景を上総に住む
くまくまが見たということは

ゆ族の何かのバリアーが壊れたということでもある


くまくまの引力よりも
ゆ族達のバリアが弱まっているのだ


そうでなければ
この秘密は見えるはずもない


その内
場所も特定できるはず

見たらまた伝えよう  」(くまくまの言葉)







P8290081_R.jpg








昨日
雨の夜 


ねこの森で
ごはんを配った後に
何だか呼ばれてる気がしたので
ちくさあの海さんに行ってきました 



駐車場に車を停めて
雨音と海の音を聞きながら
うつらうつらしていると 
いつのまにか眠りについてしまい


海で 
こんなあめ(夢)を見ました



あめで
男の人の姿が見えました


彼は
こう言ってました



間違えられている

私が 
これから来そうな別な誰かと 
間違えられているぞ 

間違えられて 何故だか 
私が近未来に 来そうになっている 」


そのような感じのことを言っていました 




その後
さまざまなイメージが見えました

それは男の人と 
来るはずだった別な誰かが間違えられる理由となったようなイメージで


私はそれを見ながら

ああ
こんな些細なことで間違えられ
入れ替わっていったんだ

と想いながら
淡々とそれを見ていました




その後
風水が
大きく変わるあめを見ました

それは
破壊の時期の後を見据えて
ゆ族達が大がかりに計画をしていた風水のようなのですが

何故かその風水で
ゆ族や
表の人たちではなく 



養分の系譜の人に
富がもたらされ
さまざまな名誉ももたらされる

そんなイメージが見えました



その
あめを見た直後
私は起きたのですが


私は
あめの意味がよくわからず



ちくさあの海さんに
今のあめには 
どんな意味があったのでしょうか?

と聞いてみました



すると
ちくさあの海さんは 
こう言いました






ゆ族の系譜がゆ族自身を
新時代のタイミングに持ち上げる為に
作られた風水の数々




しかし
その風水が
ゆ族ではなく 
じわじわと養分を利するようになる


ゆ族が作らせた無数の風水により
もたらされる果実は
ゆ族ではなくて
養分とされていた系譜に運ばれることになる


養分に
そのエネルギーがのるから
彼女ら(ゆ族)は
想っていたようなエネルギーは乗らない



ゆ族達が卑しみ 
心の奥で侮蔑していた そんな存在に
彼らが作った風水でもたらされる現実が 
これからの長きにわたりのることになる




その事実を
近未来
ゆ族が知った時には 
彼女らはただただ 茫然とするであろう 」(ちくさあの海さんの言葉)





そんな感じのことを 
ちくさあの海さんに言われました



なんでも 
数百年以上前から
世界中のゆ族達が苦心し
作らせていた風水でもたらされる現実は
ゆ族ではなく 養分にされていた系譜に乗る現象が起こるとのことでした 



なんでのるのか?
それについてはその時は聞かなかったので
よくわからなかったのですが 


ただ
私はちくさあの海さんの
言葉を聴いた時に



くまくまが
あめで聞いたという 
女の子の言葉を想いだしました





二年連続してくる日食

組んであった風水が
日食で反転し
その現象化がはじまる前に 
日食が来て
さらに反転します

アンゴラの2回の日食の後
南極の日食がきます 

それはまるで
海の波に揺られてるような
そんな現象にも見えます


それがどんな影響を及ぼすのか 
現時点ではわかりません

現場のエネルギーを見ないことには 
断言はできません 」(くまくまがあめで聞いた女の子の言葉)




(上の言葉の記事リンク)
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/blog-entry-4175.html





2014-08-29 :土地さんから聞いたお話 :







転載終了


にしなすの (幻の桜ブログさんより)

2014.08.29 09:10|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です









知っておるか? 

パチンコ屋の半島系譜は

実は最近まで
大犬に 
らいさまの系譜とおもわれていたらしいのだ 」




あの電気びりびり

あのじゃらじゃら効果音

さまざまな海のままを想わせるような装飾で

海の音を模した残像効果も相まって

つい最近まで
大犬達は
パチンコの半島系譜を
らいさまの系譜と 想っていたのだ 」







☆にしなすの☆

かたりて くまくま







くまくまはあめを見た

それは明治時代のあめだ 」



「 宮中の風水師達が この島を歩き回っていた

伝承を元に 伝承の土地を求め 歩き回っていた 」


「 奴らは 女の子を連れていた 

「 みすぼらしい女の子 」

連れていた女の子を彼らはそう呼んでいた 卑しい女の子と呼んでいた 」


「 なんでも そう言う身分だということだ 


「 宮廷風水師達は 女の子と歩きながら 「 にしなすの 」 と呼ばれる地の山奥へ行った 」


「 そこの近くには ちいさくて大きな祠があり 大きな大きな樹があった その近くには温泉も湧いていた 」


「 女の子は その温泉の湯に溶け込むように ぶわ―――――っと入った

湯に入った女の子の姿は とても美しかった 」


「 その 女の子は 湯に潜った後 湯から ざ――――っと立ち上がって その後 何かの地図に 何かの場所を示していた

それは にしなすのの温泉から ほど近い場所 」


「 そこを 女の子は こう呼んでいた

「 らいさまが降ってくる場所 南極とつながってる場所  」と 」


「「 こう言っていた 

「 間違いありません 

大地がそう言っています プレートがそう言っています 」」


「 そしたら 宮廷風水師の一人が言った

「 バカを言え 地脈とずれているではないか! 」と 」


「 しかし女の子は言った

「 間違いありません ここです 」と 」


「 女の子は 視界に目の前の宮廷風水師は入ってはいなかった

樹や精霊と目を向い合せながら そう質問に答えていた 」


「 その後 宮廷風水師のボスのような風情の男が 食ってかかったその風水師を諌めた  

「 口を慎め

失礼があってはならぬと 何度も言っているであろう?

あまりに 礼儀がなってないのなら お前をこの仕事からはずす 

その意味することが お前には分かっておるだろうな  」」


「 そう諌めた後 食って掛かった 宮廷風水師は とても怯えてしまった

その後宮廷風水師のボスは 女の子に非礼をわび 謝っていたが 女の子は ぽかーんとしていた

目の前の男達が 何を一体怒っているのか 全然わからない様子であった 」


「 その女の子は それからも幾度か聞かれたが 同じ回答をしていた  

「 にしなすのに らいさまが降る 」と 

「 かずさにも らいさまが降るが 東北を抑えるには この場所です 」 そう言っていた 」


「 そういえば 那須に皇族の御用邸があった 何か関係しているのかもしれぬ

そう想い 調べたら なんでも 明治時代 塩原の近くには 天皇家の御用邸が作られていた 」


「 だが 何故か大正に入り 大正天皇の結婚の後 那須の御用邸が作られて 塩原の御用邸は戦後廃止された 」



「 それも 何か小犬が出てきたことと 関係してるのかもしれぬ 

風水の移動は 人事を大きくつかさどる

ポイントをずらされ 場所を間違えると 間違った者たちが座につくことになる  」


「 くまくまは 最初は 「 にしなすのに らいさまがこるーーー 」 その予言で終わらせようとした

だが もっと詳細に聞きたがるものがいたので みるくにおぼえてもらっていた内容を 今話した 」


「 見た目に惑わされるな 

あれだけ残像の話をしといていうのもなんだが 「 見た目に惑わされてはならぬ 」 と 女の子も言っていた  」





らーいさーまああああああああ

らいさああああまああああああああああ 」(くまくまの言葉)









にしなすの (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1661.html

転載開始










知っておるか? 


パチンコ屋の半島系譜は

実は最近まで
大犬に 
らいさまの系譜とおもわれていたらしいのだ 」







らいさまの系譜? 
(・・;)







あの電気びりびり

あのじゃらじゃら効果音

さまざまな海のままを想わせるような装飾で

海の音を模した残像効果も相まって



つい最近まで
大犬達は
パチンコの半島系譜を
らいさまの系譜と 想っていたのだ 」






P8280054_R.jpg












☆にしなすの☆



かたりて くまくま









くまくまはあめを見た


それは明治時代のあめだ 」






明治時代のあめ(夢)
(・・;)







宮中の風水師達がな

この島を歩き回っていた


伝承を元に 
伝承の土地を求め 歩き回っていたのだ 」





(・・;)






奴らはな
女の子を連れていたぞ 

「 みすぼらしい女の子 」

連れていた女の子を彼らはそう呼んでいた

卑しい女の子と呼んでいた 」




卑しい・ 
(・・;)





なんでも 
そう言う身分だということだそうだ 





(・・;)・





宮廷風水師達はな 
女の子と歩きながら


「 にしなすの 」
と呼ばれる地の山奥へ行った 」






にしなすの
(・・;)







そこの近くには
ちいさくて大きな祠があり 
大きな大きな樹があった


その近くには温泉も湧いていた 」





温泉
(・・;)






女の子はな
その温泉の湯に溶け込むように
ぶわ―――――っと入った



湯に入った女の子の姿は 
とても美しかったのだ 」






(・・;)






その
女の子はな

湯に潜った後
湯から
ざ――――っと立ち上がって 



その後
何かの地図に 何かの場所を示していた


それは
にしなすのの温泉から
ほど近い場所とのことだった 」




にしなすのの温泉
(・・;)







そこをな

女の子は こう呼んでいた

「 らいさまが降ってくる場所

南極とつながってる場所  」と 」





(・・;)!







こう言っていた 


「 
間違いありません 

大地がそう言っています

プレートがそう言っています 」」





(・・;)






そしたらな
宮廷風水師の一人が言ったのだ



バカを言え

地脈とずれているではないか! 」と 」






(・・;)





しかし女の子は言ったのだ


間違いありません

ここです 」と 」





(・・;)





女の子はな

視界に目の前の宮廷風水師は入ってはいなかった

樹や精霊と目を向い合せながら
そう質問に答えていたのだ 」





(・・;)






その後のことだ 

宮廷風水師のボスのような風情の男がな

食ってかかったその風水師を諌めたのだ  


口を慎め

失礼があってはならぬと
何度も言っているであろう?

あまりに
礼儀がなってないのなら 
お前をこの仕事からはずす 

その意味することが お前には分かっておるだろうな  」」





(・・;)







そう諌めた後

食って掛かった
宮廷風水師は とても怯えてしまったのだ



その後宮廷風水師のボスは
女の子に非礼をわび 謝っていたが


女の子は
ぽかーんとしていた

目の前の男達が
何を一体怒っているのか
全然わからない様子であった 」






(・・;)






その女の子は
それからも幾度か聞かれたがな

同じ回答をしていたぞ 


にしなすのに らいさまが降る 」と 





かずさにも らいさまが降るが
東北を抑えるには この場所です 」

そう言っていたのだ 」






(・・;)・







そういえば
那須に皇族の御用邸があったな

何か関係しているのかもしれぬ

そう想い 調べたらな

なんでも
明治時代 塩原の近くには 
天皇家の御用邸が作られていたとのことだ 」





(・・;) 






だがな

何故か大正に入り
大正天皇の結婚の後
那須の御用邸が作られて


塩原の御用邸は戦後廃止されたのだ 」





(・・;) 






それもな 

何か小犬が出てきたことと
関係してるのかもしれぬ 


風水の移動は
人事を大きくつかさどる


ポイントをずらされ
場所を間違えると 
間違った者たちが座につくことになるからだ  」





(・・;)・ 






くまくまはな
最初は


「 
にしなすのに
らいさまがこるーーー 」


その予言で終わらせようとしたのだがな


だが 
もっと詳細に聞きたがるものがいたのでな 

みるくにおぼえてもらっていた内容を
今話したのだ 」




(・・;)








見た目に惑わされるな 


あれだけ残像の話をしといていうのもなんだがな



見た目に惑わされてはならぬ 」



女の子も言っていた  」




(・・;)・ 






らーいさーまああああああああ

らいさああああまああああああああああ 」(くまくまの言葉)






P8280055_R.jpg







2014-08-28 :猫予言 :





転載終了




真の炎とは決して紅くない (幻の桜ブログさんより)

2014.08.27 23:08|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です








ブルーくまくまが教えよう

らいさまエナジーのことを

らいさまエナジーとは

かみなり ぴか ゴロゴロのエナジーだ 」




「 大地には かみなり ぴか ゴロゴロのエナジーがたまりやすい場所がある

それが本来の引力のある場所 気の穴 大地のエネルギーを呼吸する穴 」



「 吸う口と吐く口は同じ

人の皮膚呼吸のように 地球の気の穴は 天からの気を吸うが 大地からの気を吐き出す場でもある 」


「 そしてそのポイントから 人や動物が らいさまエナジーをもらうと その人 その動物はパワーアップ! パワーチャージ!する 」



「 らいさまエナジーパワーアップ!

それは植物でも 例外ではない 樹さんもパワーアップする

そればかりか そのスペシャルスポットの周辺は 草木が生い茂りやすくもなる 」


「 もしも人が 運よく 気の穴周辺で らいさまエナジーとタイミングを合わせることができると らいさまエナジーはその者に乗り その者はぴかぴかぴかの 光まばゆきオーラとなる

そのオーラは 周囲の者たちの 病やけがすら治せたりする 」



「 宗教画に まばゆい光をバックにした者の絵姿が描かれてるであろう? 

あれだ 

あの後光が差すようなオーラが らいさまエナジー 」


「 らいさまエナジーがのった者は 重病患者であっても 傍にいるだけで治すことができる

そればかりかビーム 念力ができたり 風を起こしたり 渦巻きを作れたりもする 」


「 雲を呼び 雨を降らせ 雪を呼ぶことできる

大地と交信ができ 時には大地を揺り動かせたりもする

気の穴は天と地の交信場所 ゆえに 宇宙とも交信できたりもする 」



「 ベビーふっつーが 息を引き取った時に 雪が降った

ベビーふっつ-には 実はらいさまエナジーがのっていた 」


「 ベビーふっつ-の写真がやたら 気高く神々しく映っていたのも あれも らいさまエナジーによるもの

だが らいさまエナジーは 気の穴に行けば 誰でも宿るというわけではない

もちろん気の穴に行けば らいさまエナジーに触れることはできるが そのエナジーを体に宿すには 体質が合っていたり タイミングが合ってなければならぬ 」



「 よく顔の気がぴかぴかな者が らいさまエナジーがのったと錯覚しているが 笑止千万

らいさまエナジーは気の穴のエナジー 大地からのエナジー ゆえに足だ 

足の気からぴかぴかして それが上半身 顔の方へと向かう

いくら胸や顔の気がぴかぴかしていようとも 足の気がぴかぴかして無い者は 直接乗ってはいない 」



「 かみなりの原理を知っておろう?

最もブルーで冷たきおとのところに エネルギーが凝縮して集まり びりびりびりと美しく発光し ぴかごろする

それと同じで 人の場合でも 動物の場合でも 樹さんの場合でも らいさまエナジーが宿りやすいのはブルーな音を発してる者 もっともっととエネルギーを求め 引力のおとを湧かせてる存在に 宿りやすい  」



「 もっとも大事なのは らいさまとタイミングが合ってぬと宿らぬ

らいさまの波長とあって らいさまの動きとタイミングがそろったものに そのエネルギーがのる 

そのエネルギーがのると エネルギーの緩衝で その者の行動する時は らいさまが行動する時と同じ行動パターンになり それにより天候も 自在に操れると言う現象が起きる

らいさまが天候を変える時 自然にその者の行動も変わる 」



「 もちろん かみなりぴかごろしてない季節もあるが その時期であっても 気の穴には天からのエネルギーは蓄電されている

らいさまエナジーを手にした者は 気の穴やらいさまと同調して エネルギーがたまりやすくなり 傍にいるだけで周囲の者を癒せるようになる

周囲の者たちは パワーアップ!パワーチャージ!される 」



「 らいさまエナジーを手にした者は 他所の土地に行っても 気の穴がわかるようになる

気の穴がわかるということは その土地の情報を理解するということでもある

エネルギーライン エネルギールートを見れ 土地の風水に欠かせぬ情報を 常に手にできる 」


「 気の穴は人を超能力者とする


だから ゆ族達は 気の穴をふさいだ

気の穴を塞ぎ 人目につかぬ状態にしてしまえば 気の穴で パワーアップする者たちが少なくなる 

そのエネルギーを流用することで ゆ族が独占できる 」


「 らいさまエナジーは ゆ族はどんなにタイミングを知っていても 奴らのその身には乗らなかった

それは東京にいくらエネルギー運ばせても 東京に気の穴が無いことと同じ

素養が無いと 想いが同調していないと らいさまエナジーは直接は乗らぬ 」


「 だから ゆ族は 破壊の時期の緩衝で らいさまエナジーを直接手にした者達から 吸いとれる月のタイミングを手にした

それによりらいさまエナジーを手にした者から 能力が剥ぎとられ ヒーリング能力がゆ族に宿ったり 天候を動かす即効的な能力が王族たちに運ばれたりした

古代の王達や 宗教の開祖たちが 行っていた数々の奇跡は 実は 天から直接得ていたものではなかった

天から直接力を得ていた者たちに 寄生してはりついて 吸いとるタイミングを得たことにより 手にできた力 」


「 ゆ族達は 気の穴の場所も 本来らいさまのタイミングを手にした者に寄生しないと その場所の情報もわからなかった

だから彼らはらいさまのタイミングが直接のった者を見つけると そこを集団で囲い寄生するように チューチューと情報や奇跡の力を吸いとってきた 」


「 気の穴の場所を見つけると 奴らはそこを塞ぎ そのエネルギーを奴らのお気に入りの場所につけることにした

気の穴をふさぎ そこにやって来るはずだったエネルギーを しるしをつけることで 別な土地に運ばせる 

それにより天のエネルギーが別な場所に飛ばされて そこに天から降ってきた現実が運ばれることとなった

そうして生まれたのが都であり 都市である

そして らいさまエナジーのエネルギーを 都に運ばせる磁場を作ったことで らいさまエナジーがのった人のエナジーを オキニの吸血鬼に運ばせやすい磁場もできた 」



「 しかし 如何に都に天のエネルギーを集めようとも 都や都心には そのエネルギーを受けとめる 気の穴がない

気の穴が無ければ エナジーは表面に漂うが 中心に向かって吸いこまなくなる

そうすると 天から降ってきたエナジーは 地球の中心を求めて プレートにどんどん穴をあけようとする

すると 地盤がどんどん脆弱になる

ただでさえ 弱い都や都心の地盤に どんどんひびが入る 」


「 そうすると 地震が起こりやすくなったり ひびの入った磁場の緩衝で エネルギーが流出しやすくなる

エネルギーの流出しやすい磁場は 最初はそこに住んでる者たちの 過度な消費行動と言う現象になってあらわれるのだが ある臨界点を超えると 抑えきれなくなり 都の現実が他の土地に流出する 」


「 人と同じ 

ペナペナな体の者に あまりにエネルギーをのせすぎると 一時的な好成績は上げられるが 数年を経ずして 体を故障したり パンクしたりする

そして それ以後は 以前のように動けなくなったりする

エネルギーをのせすぎると 土地にもそれと同じことが起こる

ある日突然栄華を誇っていた都が 衰退し 街の現実が崩壊する 」



「 もちろん土地だから 人よりはスパンが長いはず

だが 意志ない土地に らいさまエナジーを集めすぎてはだめなのだ


沖縄も 琉球の都が栄えたのは あの付近に らいさまエナジーを集めすぎたから  

昔のユタ達は 磁場で らいさまエナジーが集まりすぎて 崩壊する未来を見たからこそ 100年以上前に沖縄を逃走していた 」


「 今おおいぬは らいさまエナジーがのった者たちから吸っていたタイミングが切れかけているのを 感じてきてる

彼らが吸いとっていた 奇跡を起こす かみなりぴかごろエナジー そのエナジーが薄くなってることを 気づいている 」


「 らいさまエナジーが薄くなると 現実が運ばれなくなる

何故なら現実化のエネルギーを運ぶ想念の多くは らいさまエナジーを見て そこに現実を運ぶから

らいさまオーラの傍にいるだけで 気力が湧く 体が健康になる 動きやすくなる

鳥達が天のエネルギーを求め 空を駆け巡るように 鳥族達も らいさまエナジーがついてる者を見ると そこにパタパタと近寄ってきて そこに自然発生的に 現実の集合体が生まれてきた
 
大犬達にとって らいさまエナジーを受けとった者たちから吸えなくなることは 世界の死を意味する

だから彼らはらいさまエナジーがのった者からも吸いとれる 月のタイミングを手にすることに執着していた 」



「 一つ言おう

冷たくブルーな音を発しているところ そこにエネルギーが凝縮し まばゆいばかり光エネルギーが集まる

これは 新時代の新エネルギーを発生させる原理ともなる 」



「 今の火力発電 原子力発電は 多量の燃料で 多量の熱を発生させて 無理やりエネルギーを湧かせている

だが 本来 ものすごく冷たく ものすごく引力のある音を発してるところに エネルギーは自然と集まる 

その 今の時代と逆のメカニズムで発生させるエネルギーが 新時代のエネルギー  」


「 くまくまは見た

近未来 らいさまエナジーがのった者が 人の集合体の中心となり そこに新エネルギーがもたらされる姿を

新エネルギーは 磁場を崩さずに 今の数万倍の効率の良さでエネルギーを湧かせていた 」


「 引力だ

引力こそが らいさまエナジーを手にいれる秘訣である 

そして らいさまエナジーが宿り月のタイミングを手に入れた者は 天を操り 地をゆり動かし 周囲にいる者たちを健康にして 鳥族達を動かし現実を集め 新エネルギーもたらすであろう

真の炎とは決して紅くはない

らいさまエナジーとは 中心の青白き炎 」






くまくまはな

ブルーくまくまなのだ

くまくまは 
ブルーハワイや 
ブルーライト横浜には負けぬのだ  」(くまくまの言葉)









真の炎とは決して紅くない (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1660.html

転載開始







ブルーくまくまが教えよう


らいさまエナジーのことを


らいさまエナジーとは

かみなり ぴか ゴロゴロのエナジーだ 」







(・・;)






大地にはな

かみなり ぴか ゴロゴロのエナジーがたまりやすい場所がある

それが本来の引力のある場所

気の穴 

大地のエネルギーを呼吸する穴なのだ 」






気の穴
(・・;)







吸う口と吐く口は同じ



人の皮膚呼吸のように


地球の気の穴は
天からの気を吸うが
大地からの気を吐き出す場でもあるのだ 」






(・・;)







そしてそのポイントからな

人や動物が 
らいさまエナジーをもらうとな


その人
その動物はパワーアップ!
パワーチャージ!するのだ 」






(・・;)






らいさまエナジーパワーアップ!


それは植物でも
例外ではない

樹さんもパワーアップする



そればかりか
そのスペシャルスポットの周辺は
草木が生い茂りやすくもなるのだ 」





(・・;)






そして 
もしも人がな

運よく 
気の穴周辺で 
らいさまエナジーとタイミングを合わせることができると

らいさまエナジーはその者に乗り

その者はぴかぴかぴかの
光まばゆきオーラとなる



そのオーラは
周囲の者たちの
病やけがすら治せたりする 」





(・・;)・






よく宗教画に
まばゆい光をバックにした者の絵姿が描かれてるであろう?



あれだ
あの後光が差すようなオーラが
らいさまエナジーなのだ 」





(・・;)






らいさまエナジーがのった者は
重病患者であっても 
傍にいるだけで治すことができる



そればかりかビーム 念力ができたり
風を起こしたり 
渦巻きを作れたりもする 」






(・・;)






雲を呼び 雨を降らせ
雪を呼ぶことできるのだ


大地と交信ができ
時には大地を揺り動かせたりもする


気の穴は天と地の交信場所

ゆえに
宇宙とも交信できたりもするのだ 」


 




(・・;) 







ベビーふっつーが 
息を引き取った時に
雪が降ったであろう?

ベビーふっつ-にはな
実はらいさまエナジーがのっていたのだ 」





(・・;)!






ベビーふっつ-の写真がやたら
気高く神々しく映っていたのも
あれも らいさまエナジーによるものなのだ



だがな

らいさまエナジーは
気の穴に行けば
誰でも宿るというわけではない


もちろん気の穴に行けば
らいさまエナジーに触れることはできるがな


そのエナジーを体に宿すには
体質が合っていたり 
タイミングが合ってなければならぬのだ 」





(・・;)






よく顔の気がぴかぴかな者が
らいさまエナジーがのったと錯覚しているがな


笑止千万

らいさまエナジーは気の穴のエナジー
大地からのエナジー


ゆえに足だ 
足の気からぴかぴかして 
それが上半身 顔の方へと向かうのだ


だからな
いくら胸や顔の気がぴかぴかしていようとも

足の気がぴかぴかして無い者は 
直接乗ってはいないのだ 」




 

(・・;)






かみなりの原理を知っておろう?


最もブルーで冷たきおとのところに
エネルギーが凝縮して集まり
びりびりびりと美しく発光し ぴかごろする



それと同じでな

人の場合でも 
動物の場合でも 
樹さんの場合でも
らいさまエナジーが宿りやすいのはブルーな音を発してる者



もっともっととエネルギーを求め 
引力のおとを湧かせてる存在に
宿りやすいのだ  」





(・・;)






そしてもっとも大事なのは
らいさまとタイミングが合ってぬと宿らぬのだ

らいさまの波長とあって
らいさまの動きとタイミングがそろったものに 
そのエネルギーがのる 

そのエネルギーがのると
エネルギーの緩衝で 
その者の行動する時は
らいさまが行動する時と同じ行動パターンになり

それにより天候も
自在に操れると言う現象が起きるのだ


そして
らいさまが天候を変える時
自然にその者の行動も変わる 」





(・・;)





「 
もちろん

かみなりぴかごろしてない季節もあるがな

その時期であっても 
気の穴には天からのエネルギーは蓄電されているのだ


らいさまエナジーを手にした者は
気の穴やらいさまと同調して エネルギーがたまりやすくなり 
傍にいるだけで周囲の者を癒せるようになる

周囲の者たちは
パワーアップ!パワーチャージ!されるのだ 」




(・・;)





そしてな

らいさまエナジーを手にした者はな
他所の土地に行っても 
気の穴がわかるようになるのだ


気の穴がわかるということは 
その土地の情報を理解するということでもある

エネルギーライン 
エネルギールートを見れ 

土地の風水に欠かせぬ情報を
常に手にできるということだ 」





(・・;)






気の穴は人を超能力者とするのだ


だからな
ゆ族達は 
気の穴をふさいだのだ

気の穴を塞ぎ
人目につかぬ状態にしてしまえば

気の穴で 
パワーアップする者たちが少なくなる 


そのエネルギーを流用することで 
ゆ族が独占できるのだ 」





(・・;)





「 
ただな
らいさまエナジーは
ゆ族はどんなにタイミングを知っていても 
奴らのその身には乗らなかった




それは東京にいくらエネルギー運ばせても 
東京に気の穴が無いことと同じ



素養が無いと 
想いが同調していないと
らいさまエナジーは直接は乗らぬのだ 」





(・・;)






だからな
ゆ族は
破壊の時期の緩衝で
らいさまエナジーを直接手にした者達から
吸いとれる月のタイミングを手にしたのだ



それによりらいさまエナジーを手にした者から
能力が剥ぎとられ

ヒーリング能力がゆ族に宿ったり 
天候を動かす即効的な能力が王族たちに運ばれたりした



古代の王達や 
宗教の開祖たちが 
行っていた数々の奇跡はな


実は 
天から直接得ていたものではなかったのだ

天から直接力を得ていた者たちに
寄生してはりついて 吸いとるタイミングを得たことにより
手にできた力なのだ 」





(・・;)・





ゆ族達はな 


気の穴の場所も
本来らいさまのタイミングを手にした者に寄生しないと
その場所の情報もわからなかったのだ

だから彼らはらいさまのタイミングが直接のった者を見つけると

そこを集団で囲い寄生するように 
チューチューと情報や奇跡の力を吸いとってきたのだ 」





(・・;)・





気の穴の場所を見つけるとな

奴らはそこを塞ぎ 
そのエネルギーを奴らのお気に入りの場所につけることにした


気の穴をふさぎ
そこにやって来るはずだったエネルギーを しるしをつけることで
別な土地に運ばせる 

それにより天のエネルギーが別な場所に飛ばされて
そこに天から降ってきた現実が運ばれることとなった

そうして生まれたのが都であり 都市であるのだ


そして
らいさまエナジーのエネルギーを
都に運ばせる磁場を作ったことで

らいさまエナジーがのった人のエナジーを 
オキニの吸血鬼に運ばせやすい磁場もできたのだ 」






(・・;)





しかしな

如何に都に天のエネルギーを集めようとも

都や都心には
そのエネルギーを受けとめる 
気の穴がないのだ

気の穴が無ければ
エナジーは表面に漂うが
中心に向かって吸いこまなくなる


そうすると
天から降ってきたエナジーは 
地球の中心を求めて
プレートにどんどん穴をあけようとするのだ

すると
地盤がどんどん脆弱になる



ただでさえ
弱い都や都心の地盤に
どんどんひびが入るのだ 」





(・・;)






そうするとな
地震が起こりやすくなったり

ひびの入った磁場の緩衝で 
エネルギーが流出しやすくなる


エネルギーの流出しやすい磁場は 
最初はそこに住んでる者たちの
過度な消費行動と言う現象になってあらわれるのだがな



ある臨界点を超えると
抑えきれなくなり 
都の現実が他の土地に流出する 」





(・・;)







人と同じだ 


ペナペナな体の者に
あまりにエネルギーをのせすぎると
一時的な好成績は上げられるが

数年を経ずして  
体を故障したり
パンクしたりするであろう?


そして 
それ以後は
以前のように動けなくなったりするであろう


エネルギーをのせすぎるとな

土地にもそれと同じことが起こるのだ

ある日突然栄華を誇っていた都が 衰退し 街の現実が崩壊するのだ 」




(・・;)





もちろん土地だからな


人よりはスパンが長いはず



だが
意志ない土地に 
らいさまエナジーを集めすぎてはだめなのだ


沖縄もな

琉球の都が栄えたのは
あの付近に
らいさまエナジーを集めすぎたからだ  


昔のユタ達はな 
磁場で
らいさまエナジーが集まりすぎて
崩壊する未来を見たからこそ

100年以上前に沖縄を逃走していたのだ 」





(・・;)






そして
今おおいぬはな


らいさまエナジーがのった者たちから吸っていたタイミングが切れかけているのを
感じてきてるのだ



彼らが吸いとっていた
奇跡を起こす
かみなりぴかごろエナジー

そのエナジーが薄くなってることを 気づいているのだ 」





(・・;)






らいさまエナジーが薄くなるとな


現実が運ばれなくなるのだ

何故なら現実化のエネルギーを運ぶ想念の多くは 
らいさまエナジーを見て そこに現実を運ぶからだ


らいさまオーラの傍にいるだけで
気力が湧く 体が健康になる 動きやすくなる


鳥達が天のエネルギーを求め
空を駆け巡るように



鳥族達も 
らいさまエナジーがついてる者を見ると
そこにパタパタと近寄ってきて
そこに自然発生的に 
現実の集合体が生まれてきたのだ

 
大犬達にとって
らいさまエナジーを受けとった者たちから吸えなくなることは
世界の死を意味するのだ

だから彼らはらいさまエナジーがのった者からも吸いとれる
月のタイミングを手にすることに執着していたのだ 」
 




(・・;)





「 
そしてな
くまくまは一つ言おう


冷たくブルーな音を発しているところ

そこにエネルギーが凝縮し まばゆいばかり光エネルギーが集まる


これはな

新時代の新エネルギーを発生させる原理ともなるのだ 」






(・・;)





今の火力発電 原子力発電はな
多量の燃料で
多量の熱を発生させて 
無理やりエネルギーを湧かせているであろう?


だがな
本来 ものすごく冷たく 
ものすごく引力のある音を発してるところに
エネルギーは自然と集まるのだ 



その
今の時代と逆のメカニズムで発生させるエネルギーが
新時代のエネルギーなのだ  」






(・・;)





「 
くまくまは見たのだ

近未来
らいさまエナジーがのった者が 
人の集合体の中心となり
そこに新エネルギーがもたらされる姿を


新エネルギーはな

磁場を崩さずに
今の数万倍の効率の良さでエネルギーを湧かせていたのだ 」





(・・;)  






引力だ
引力こそが
らいさまエナジーを手にいれる秘訣である 


そして
らいさまエナジーが宿り月のタイミングを手に入れた者は



天を操り
地をゆり動かし
周囲にいる者たちを健康にして 
鳥族達を動かし現実を集め
新エネルギーもたらすであろう


真の炎とは決して紅くはない


らいさまエナジーとはな 
中心の青白き炎なのだ 

  」






(・・;)







くまくまはな

ブルーくまくまなのだ


くまくまは 
ブルーハワイや 
ブルーライト横浜には負けぬのだ  」(くまくまの言葉)





P8160074_R.jpg





2014-08-27 :魔法 :





転載終了




残像は諸刃の剣 (幻の桜ブログさんより)

2014.08.26 16:14|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です







今回は情報量が多いですので そのまま転載いたします

内容は 残像術 のようです






残像は諸刃の剣 (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1659.html

転載開始








P8260014_R.jpg









感情は
現実の残像が動かすの 」






(・・;)








ドールや 
運ぶ族 
エネルギーを運ぶ想念は 

一瞬の残像で 人を判断しちゃうの 」






(・・;)







残像はね

その人の周囲についてる
現実的な記憶だったりする

見たもの 住んでる場所
印象的だったこと
その人への記憶のイメージなの  」





(・・;)






そしてね


残像を見える種族はね
人の現実の残像を見えてるんだけど 


でも彼らは
それを残像と想ってないの



残像じゃなく 
その人のオーラとか 
その人の人格から出る雰囲気とか
心の中を見てると想っちゃうの  」





 
(・・;)






多くの種族や運ぶ想念が
現実の残像を見て 
その人を判断したり 錯覚してるの 


その人の普段着てる服
寝てる時の布団の色 
住んでる部屋の色 


その他
記憶の残像を見て
その人がこういう人だって 
判断しちゃうの 」





(・・;)







例えばね

どんなに悪い人でも
住んでる場所がぴかぴかきれいだったり 
部屋着がつやつや光り輝いてる素材だったりすると



その現実の残像のピカピカつやつやを見て
オーラがキラキラ輝いてると想っちゃうの



残像を見る種族は
それだけで 
その人を心のきれいな人 いい人と想っちゃうの 」





(・・;)・






でもね
その逆で
どんなに想いがやさしい人でも
現実に住んでる場所が汚れてたり 
部屋着がくすんでたりすると

その現実の残像で
オーラがくすんでるって想われて 

心の汚い人 実は悪い人と想われちゃうの


パッと見で判断しちゃう種族の多くは

現実の残像を見て 
これがその人のオーラ

これがその人の真の姿!って 
判断しちゃうの 」





(・・;)・






それでほら


よく
DQNやいじめっ子が
女性から庇われてたりするでしょ? 


あれもこの残像効果で起こってるの 




DQNやいじめっ子って
現実の記憶では 
いじめられっ子をいじめてる姿を記憶してるでしょ? 


イジメる人はいじめながら
目に入るのは
弱弱しいイジメられっ子が
いじめられてる姿ばかり見えるでしょ? 」




((・・;)





「 
でもね

それがDQN達に
現実を運ばせる雰囲気になてったの



残像を見る運ぶ族や運ぶ想念は
DQNやいじめっ子を見ると
DQNについてるそういう現実的な残像を見るから 



彼らの目には 
DQNの残像が 
いじめられっ子のないている姿とか 
たすけを求めてる姿とかが写るの


そのいじめられっ子の残像が
彼らの目線だとDQNのオーラのように見えて 


DQNを見て 
かわいそうな人
泣き叫ぶ声が聞こえるって印象になって 



それであの人は 
普段は悪そうにしてるけど 


根はやさしい人
本当はかわいそうな人

そう想われちゃう現象が生まれたりするの  」






(・・;)・






でもね

逆にいじめられっ子は
殴りかかってくる人や 
いじめてくる人たちの姿を記憶するでしょ?


そうするとね
残像を見る種族の目線では


イジメられっ子の周囲についてる
DQN達の記憶の残像がオーラに見えて 
イジメっ子っぽい雰囲気に見えちゃうの


そうするといじめられっ子ほど
悪い人 悪人って 
感情的に認識されちゃうの 」 





(・・;)・






イジメられっ子はいじめられるほど
DQN達の残像の記憶がついて
くすんだ気が付けられて 運が悪くなるの 



だってパッと見で判断する種族が
エネルギーを運んだりするから

人にどんなにやさしくしても
自然にどんなにやさしくても

DQNがいじめた時 ついた残像で 
いいエネルギーが次々持ち去られちゃうの



そしていじめてたDQN達は
かわいそうな人たちの残像オーラで 
いいエネルギーがもたらされたりしたの 」





(・・;)・ 







それでね 
いじめられっ子に
DQNのポイポイのエネルギーが恒常的に流れるようになると


イジメられっ子は
そのポイポイで
DQNのように怒りっぽくなったり
イラついたりするの


そうするとそれを見た想念や運ぶ種族は



ほら あの人はやっぱり悪い人! 」って想うの


それでより
雰囲気がくすむの 」


 


(・・;)・






その人の周囲についた現実の記憶の残像の重なり 


これがね

ドールや
からす族達が見てるオーラの正体なの


彼らはね
現実の残像をオーラや想いって
錯覚しちゃってるの



パッと見で見えた
残像の雰囲気で

善なる存在
悪なる存在って決めていたの 」




 

(・・;)・







例えば侵略者が来たとするでしょ?


侵略者は
何の罪もない人達を襲って 
命乞いをする人たちを殺したりしてたでしょ


多くの人達のかわいそうな姿を
記憶として焼き付ければ焼き付けるほど

侵略者たちの周囲には
そのかわいそうな人たちの現実の残像が重なって
たすけを求めるオーラ 引力に見えるの


人を虐殺をして 
たくさん殺しまくって 
かわいそうな人たちの残像をのせた人ほど

残像効果で引力と錯覚されて
それでできたのが 
歴史上の英雄と呼ばれる人たちだったの 」





(・・;)・





「 
ヤマトタケルや 神武
モーゼや 
チンギスハーン


彼らもね
残像を見る種族からすれば
かわいそうな雰囲気 
応援したくなるような雰囲気がのっていたの


それは本当は彼らが虐殺した人たちの
かわいそうな姿の残像なんだけど


でも残像を見てる種族や想念は
それをその人自身のオーラだと想っちゃったの 



たくさん人を殺した人たちを
引力のある人
神の使いと想って 時には虐殺行為に協力したりもしてたの 」





(・・;)・






ほら

以前
世間的に評判を落とした人が
表面の気が剥げていく現象があるって
ねこたちが言ってたたでしょ?



実は 
あの現象も
残像効果なんだよ 



評判を落とした人は
周囲の人からバッシングされたり
不信の目でにらまれたりするでしょ?

そうするとその人の周囲にその現実の残像の記憶がついたりするの


レッテル貼りもそう

あれはね
その人の周囲に嫌な現実の残像イメージを投げこむ為に行ってる技法なの


残像を見る種族の目線では
それらの残像も 
その人の雰囲気になっていくから

それで
表面の気がくすんでいくの 」





(・・;)・







ただね

残像はね
当事者たちの記憶だけでなく


それを見てる周囲の人の
現実の記憶も混ざって写るの 


だからね

いじめっ子が
あまりにおおっぴらにいじめをしたり
レッテル貼りをしてるのを気づかれると
はねかえっちゃうの 」





(・・;)







だって大っぴらにいじめた場合
イジメっ子といじめられっ子だけでなく
第三者が
その現実の情景を見たりするでしょ?



そうするとその第三者視点の
現実の記憶が
残像の中に混ざっていくの




イジメられっ子には第三者のかわいそうという想い
と 
イジメっ子には第三者のひどい人という想い
が混ざって
まったく別な残像オーラが生まれるの 」






(・・;)







ほら
歴史上の英雄とされてる侵略者も

もし当時メディアがあって
彼らが行った惨殺行為をリアルに生中継してたとしたら

英雄として
名を残せなかったでしょ?



それどころかただの異常者
虐殺魔として悪役残像イメージがついたはず 」





(・・;)






それからね

残像を見る種族が見てるあめはね 

実は想念の領域じゃないの


現実の残像なの

現実の残像を見ているの 


ドール達が見てる
現実化直前のあめも
現実の残像を見ることで


その残像の組み合わせで
どういう反応が起こるか
どういう現象が起きるかを予知できてるの 

それが直前の予知夢なの 」





(・・;)




「 
でもね 
現実の残像では
その組み合わせで 
直後に何が起こるのかはわかるけど



長期的には 
何が起こるかわかりづらいの

だって現実って移ろいやすいでしょ?

だから残像予知夢で
長期的な未来を予測するのは難しいの



だから
長期的な未来は 想いの領域を見ないと予知できないの 」






(・・;)






それでね

昔の支配者たちは


現実を運ぶ種族が 
想いや本当のオーラではなく
現実の記憶や残像を見ていることを知っていたの 



感情は現実の残像を見て動かされ


現実の残像は
その人のオーラ
その人の人格と錯覚される


彼らは
周囲の残像や自分の見た情景
周囲の記憶が 
雰囲気やオーラと錯覚されると無意識的に知っていて



だから 
自分の周囲にいつも美しい残像オーラを見せる為に 


きれいな宮廷の中で
限られた人たちと接触したり


普段着やファッションの組み合わせに気を使わせたり 
きれいな残像が見える色の住まいに住んでたの


残像効果を考えながら
彼らは そう言う暮らしをしていたの 」





(・・;)・








そしてね
そこに目をつけて生まれたのが
支配者たちの人心コントロール術


残像術だった   



残像を
操縦する術が



人心を操縦する術であり
生霊や妖怪を操縦する術であり
現実を操縦する技法でもあったの  」







(・・;) 







残像術はね
現実の残像を
人の雰囲気 オーラと錯覚する感情の性質を利用して行う
感情を操縦する技法なの  




それは現実の現物を 
その物を単体で見るというよりも


それまでしてきた
現実の積み重ねのイメージを
場とその人の周辺の情景のイメージを 
頭の中で
重ね合わせて 流れのように組み合わせて 
人の雰囲気を構築していく感じ



でも
簡単なものは
街のDQNでもできたりしていたよ 」





(・・;)






例えばね

街のチンピラやDQNが

真っ黒な服に
金のキラキラアクセサリーがついてるファッションを
いつも着ていたとするでしょ?



現実を見ると 
意識では街のDQNやゴロツキと知っていても



感情では
黒色に金がキラキラしてる残像のイメージが残るの


そうすると 
それを着ていた期間が長ければ長いほど

黒にキラキラの残像が 
想念の中心のような色のイメージを想い描いちゃうの


そうするとね
意識では
ただのゴロツキ
ただの街のチンピラと想っていても



感情的に
想念の中心のようなイメージが生まれてるから
そう言う格好の人に逆らいづらい雰囲気や
空気が生まれたりするの 」 






(・・;)・







DQN達の威圧感はね


着てるもの 身につけてる物の残像を見て
それで想念の中心という錯覚のイメージから
生まれてたりするの


だから
DQNはファッションには気を使ってるの


例えばね 
もしも同じDQNが
いつもパステルカラーのピンク色のふりふりとか着てたら



彼の人格は変わらなくても
人を制するほどの威圧感 
雰囲気は生まれにくいでしょ?


そういうことなのよ 」






(・・;)・







そして昔の王様たちがやってた
残像術はもっと複雑で巧みだったの 


残像で神々しいオーラをつけたり
残像で
聖母のように華やかで温かみのある雰囲気を
千変自在に構築したりしたの
 


残像使いはね 



現実の残像の重ね合わせで
雰囲気やイメージを構築してた人なの 」





(・・;) 






「 
でもね 
本物の残像使いのコーディネートはね


一見その場で見ると
普通のコーディネートだったり 
時には人から ダサいコーディネートと想われたりすることもあるの 



でも
上手の残像使いほど
ダサいコーディネートに見せながら
 
中心のイメージ 
人の感情を操縦するイメージを 
気取られないように
ガンガン入れるの


それをオーラのように見せることで
巫女をたぶらかし操縦してたのが 

昔の神官だったの 」






(・・;)







現代の
コーディネートって 

目の前の現物の
色合わせやラインの 
コーディネートを見るけれど



残像使いや
神官たちは
目の前にあるものだけでなく


それ以前に着てた物 
それ以前の周囲の記憶

そういう
記憶の残像を組み合わせて
イメージを見ながら  
新しいコーディネートをしたり 作品を構築していったの


それはまるで
映画の流れで 
作品の情景や雰囲気が変わるように


現実の残像を重ね合わせたイメージで 
得も言われぬ魅力や
神々しいオーラを発したの



その
巧みに組み合わさった現実の残像に 
神々しきオーラに鳥族の姫達は魅了されて


彼らの意を汲み
意のままに動いたの

昔の神官は
現実の残像の組み合わせで
人々を動かして

それで世界を作ったんです 」




(・・;) 








例えばね

現代でもあのブームになってる
妖怪の振り付けの人とかは 
残像コーディネートが上手いんです




あの人って 
時々頭に
象さんのじょうろとかつけてるけど
現実を見ると その姿を見て
人は意識でバカにするでしょ? 」




(・・;) 





「 
でもね
感情の領域は 
現実の残像が雰囲気として見えるから


一瞬の印象的な頭の上の象さんのイメージが 
現実の残像が重なった中では 
まるで頭に象がいるようなオーラに見えたりするの



そうするとね
そのイメージで
その人には 象の守りがついてると想われて


そのイメージであの人には  
人を動かせる情報が運ばれたりするの 」




(・・;)・





「 
その人自体にそれほど才能が無くても


それで 
情報が運ばれると 
人を動かしたり 
感情を操縦できる情報エネルギーが運ばれたりするでしょ? 


その情報で
感情を喚起すればするほど
感情喚起された人の情報や生霊が集まってくるでしょ?


それにしるしをいれるだけで
生霊の想念体

妖怪も簡単に作れたりするの 」






(・・;)・ 






GAGAもね
日本のテレビに最初出た時
象さんみたいな髪型をしていたの


最初の
テレビ出演の時に
象さんヘアーにしていたのよ 



そしてね

こないだは
空港で下着みたいな服を着て
みんなが馬鹿にしながら 反応してたでしょ?


あれはね

実は空港のヴィーナスの残像を入れてたの 」

 



空港のヴィーナス・ 
(・・;)・






残像使いはね

一瞬
突拍子もないイメージを入れたりするけど


普段の現実のイメージの積み重ねに
突拍子もない一瞬のイメージを入れることで
まばゆい残像を作って
感情を動かすの





GAGAのファッションは
奇抜で 笑い者にされてるようだけど 
でも多くの人は
あれでGAGAに注目させられてるでしょ? 


あれでGAGAは
想念を動かしたりしてるでしょ?



GAGAはね 
ファッションの残像だけでなく 
そのファッションをする場の選び方も優れていて

場とファッションの両者の残像の組み合わせの技法が
とても卓越しているの 」





(・・;)






「 
残像はね 
着てる服だけでなく

周囲の環境もだいじなんだよ 



そのコーディネートと 
それをする場や
周囲のイメージ



その
現実の残像の組み合わせが
自分の残像オーラを作ってるって
視点が無いと


その視点を計算せずに 
ただ奇抜なファッションをまねただけでは
効果が生まれないの


それどころか
イメージの悪い残像になったりすることもあるの 」





(・・;) 






例えばね

芸能人がよくGAGAのマネをして
奇抜な格好をしていた人もいたけど


その後
人気が無くなったり
落ち目になった人 多いでしょ?


あれはね

現実の残像や
見た記憶の積み重ねが 
オーラのように見えていく視点がないからだよ


映画も
切ない雰囲気の映画に 
急にコミカルなシーンが混ざると
リズムが狂うでしょ?
どっちらけるでしょ?



それと同じなの


それ以前の現実の残像の積み重ねを考慮しないで
いきなり見よう見まねで
突拍子もないファッションをしたりすると

その人の雰囲気が 
いきなりみすぼらしくなったり
胡散臭く見えたりもするの 」






(・・;)・






「 
残像術はね



自分が今までしていた現実の残像を
瞬時に組み立てて見るイメージを描かないと
コーディネートは 難しいよ 


その
残像の構築をするには
表面だけでも意識は醒めてないといけないの



GAGAもね
一見
やみくもに奇抜な格好をして
おちゃらけてるように見えても



あのファッションと 
ファッションをした場のデータの組み合わせを見るだけでも 
とても緻密に 残像のイメージを構築してることが わかるの


 」 





(・・;)





そしてね


こないだの
ヴィーナスの天体緩衝で降ってくる情報は
実は この残像の情報なの



現実の残像の重なりは 
感情を動かし 
人の雰囲気を作っていく



その雰囲気を作る情報が
ヴィーナスの情報なの


雰囲気により
運ばれる現実は変わる


だからヴィーナスは
現実をもたらす美の女神とされていて

神話でも
崇められていた 」




(・・;)






ヴィーナスのコーディネートの他にも
火星のコーディネートもあるんだけど


火星のコーディネートは
もう少し心をつかむ
想いを引くようなコーディネートなの




感情や気分を舞い上がらせて
即効的なムーブメントや
ブームを起こすのは
このヴィーナスの残像コーディネートなのよ  」 




(・・;)






「 
風水もね 
人によって違うことを言う人がいるけど


あれも
手法が違うからだよ



気の通り道を実際に構築して運ぶのと
残像効果で心を操縦しながら


想念や人々にエネルギーを運んでもらう風水は
ぜんぜん違うんだよ 」







(・・;) 








ただね


残像の風水は
現実のイメージの積み重ねでしょ?


だから風や季節が変わるとね
残像イメージも変わっていくの


その場合 風に合わせて
新しい残像イメージを構築していかないと
うまく模様替えしていかないと
効果がどんどん薄れてきて
時代遅れになっちゃうの




ただね
残像効果の風水はね
短期的な効果である分 
その威力と即効性は とても強いんだよ 」






(・・;) 








そしてね

くまくまも言ってたけど
ヴィーナスの情報は 
地球上では
アフリカと 
この島では木更津 しいかの山にかけて降ってくるよ



おそらく
しっぽーちゃんが
最近 残像の情報を教えてもらったのも 
ここらへんに住んでいることが大きいんだとおもう 」






(・・;)







それからね

よくひとめぼれする人っているでしょ?

ひとめぼれってね
残像で動かされてたりするんだよ








残像で
(・・;)?





だってひとめぼれって
まだやさしくしてもらったわけじゃない
得をくれてるわけでもない


会っただけの人で
どんな人かもまだ見えてないのに
一瞬でひとめぼれって おかしいでしょ?




あれもね
その人の周囲についてる現実の残像を見て
それでそう言う現象が引き起こされてることが 多いの 」





(・・;)







ひとめぼれはね


だから 
眼力のなさのあらわれでもあるの


だって 
眼力のある人って
動かず じーーーっくりゆーーーーくり見るから




眼力がある人
冷静な人ほど
ひとめぼれはしないの 」





(・・;)







ひとめぼれはね

その人格を見抜いてるんじゃなくて

現実の残像を見て 
それに惚れてるだけ



だからひとめぼれしやすい人は
空気や雰囲気にのまれやすいの 

だって
ひとめぼれは 
パッと見で人の印象を決める行為の極地だから  」




(・・;)・





「 
感情は残像で動かされるの 


感情は 
現実の残像をその人のオーラと想って 
それに動かされる



だって 
感情は
自と他の領域があいまいなエネルギー質だから  



だから感情は
他人のエネルギーで 
一番動かされやすい部分の領域なの

 

感情は同調共感のエネルギー質だから  」





(・・;)





そしてね 
自我が強い人
意志が強い人
冷静な人ほど

この残像効果は弱まるんだよ 


醒めた目で眺めていられるから
残像が見えても 惑わされないの 」




(・・;)







そして 
本当はね
一瞬の残像でパッと見で判断する人じゃなくて

残像を冷静に見れる人こそが
中心点になるべきなの


中心点がそう言う人になると
緩衝で
大部分の人もパッと見や 
雰囲気で人を判断しなくなって 
もっと冷静に行動や人格を見て
人を判断していくようになるの




一瞬の残像を判断する中心点だから
その集合体も人の 残像で動かされやすくなるんだよ


もしも冷静に残像を見れるものが中心点なら
その集合体の人たちも
騙されづらくなり
もっと本質を見るようになるよ 」(しっぽーちゃんの言葉)






P8260011_R.jpg








追伸




☆残像は諸刃の剣☆ 



かたりて こくまちゃん


 







残像で現実は
運べるんだけどな

でも運べてるのは
現実のうわばみのようなものなんだ 」






(・・;)







残像使いはな


色んな所から残像で即効的に運べるから
ものすごい能力者のように見えたり
ものすごく儲かってるように見えたりするけど 


でも実際はそれほどでもないんだ


実は資産 
財運と言う面では


残像効果を知ってた王様よりも


その王達のバックにいた 
ゆ族達の方が現実の財運は手にしてるんだ
 」





(・・;)! 






歴史上
王よりお金持ちな存在は
名前が残ってないだけでたくさんいたんだ


王達のバックは
それで
王様を操縦できたんだ


王はな

座の頂点にいても
たくさんのスポンサー 
お金持ちや貴族 
領主たちの協力が無いと
城を建てたりできなかったんだ 」






(・・;)






それは
今の財界と
首相皇室の関係と同じだ


現実的な財力の実権は財界
もっと言えば
財界のバックの血筋が握っていて

皇室や首相は上に立てられてるけど
そのバックの血筋の許可なしには何事も進まない 

実権は
常に財力を持つ者が握っていたんだ 」





(・・;)






そしてな

歴史上 王達のスポンサーのバックは
ゆ族が多かったんだ



ゆ族はな
個人個人は目立たないとしても



集合体レベルでは
王の集合体よりも はるかに財力があったんだ


その財力でゆ族は王達に奴隷制を作らせたり 
宗教や法律を作らせたり 税制度を作らせたりしてたんだ 」







(・・;)







こくまちゃんは見たんだ


ゆ族が
王達を意のままに操縦してた財力を手に入れる術を 


それは
残像で運ばせる術じゃなかったん

先出しの術だったんだ 」







先出しの術? 
(・・;)







実は 
宇宙の原理はけっこーシンプルなんだ

想いを持ち続け 
意志を持ち続けたところに
現実化のエネルギーがやってきて
富がやってくる



ゆ族達が歴史的に行ってたのは
その意志を持ち続けてる者に はりつき
彼らが現実を手にしはじめるタイミングに
彼らから現実の財力を引き出す
月のタイミングを得ることだったんだだ


 」






(・・;)・





「 
もっとわかりやすくいえば

月のタイミングに合わせて 
わずかな対価 
わずかな先出をお返しすることで
意志ある人が本来手にするはずだった現実を根こそぎ奪い続けたんだ 



例えばね
ゆ族の領主が
養分の人から100万円をとってたとするでしょ?



そして
月のタイミングが来る直前に
その20分の1
50000円だけ返すでしょ?



タイミングに合わせて20分の1以上返すと
現物を見る想念は

すべて返してもらったって錯覚しちゃうんだ



そうすると残り95万円は
回収されなくなっちゃうんだ 」





(・・;)・







「 
それどころか
特別な月食のタイミングとか
破壊の時期とか

そう言う時期に20分の1を返して
それでゆ族は質素な暮らしをしていると 



20分の1返してもらった存在に
それまでの現実がのせられてたって錯覚されて
回収想念は そこから回収してっちゃうんだ




そうすると
5万円 
先出ししたゆ族達が
天体緩衝の増幅効果で 
500億とか 5000億の資産になって戻ってきたりするんだ 」





(・・;)・

  





もちろん
500億とか5000億は
意志ある人から一方的に運ばれるんだけど



その返済の期日が来るのは
数百年後とか 数千年後だろ



その返済時に
その系譜に
また20分1の現実を返せば 
それが先出しって錯覚されてまた吸えるんだ




その月のタイミングを利用して
ぼんぼん増やしていったのがゆ族なんだ


ゆ族達はそうして王様を手なづける位の財力を
集合的に手にしてたんだ 」 







(・・;)







平家なんかな
 

藤原や寺血筋に
たった20年の現実をのせられただけで 
その後数百年以上今でいう貧民階層にされたんだ


寺は
彼らを穢れた存在と言って
社会的に搾取されたんだ  


そして寺は
平家が没落してる間
最も隆盛を極めたんだ 」







(・・;)・








だからね

ドール達の
残像の術って 
月のタイミングの先出の術に比べれば 
本当にお駄賃 
お小遣い稼ぎレベルなんだ



GAGAのブレイクも
世界的に大ヒットしたようで
得られた対価は うわばみを啜るぐらいのレベルだったんだ



ゆ族達は

月のタイミングに合わせ
収奪をし続けたんだ 



だから 
あまり残像の術にとらわれすぎると
より大きな物を奪われたりするんだ 」






(・・;)・







ただね

この先出の術にも
盲点があってね



現実のエネルギーって
あくまでも意志ある存在に先出しするから
現実がやってくるんだ 




でも意志ある存在を何かの理由で
人間違いしちゃうと
そこに20分の1の現実を先出ししても 
何も戻ってこないんだ 



それは 
いわゆる投資詐欺にあったようなもので

そう言うところに先出ししても
出し損

それに投資したゆ族は 
表に出てこれなくなったり 
貧乏になっちゃったりするんだ 」





(・・;)・ 





「 
そしてね
人間違いをしたって 

今まで奪ってた人たちに
20分の1お返しすることをできなかったって事でしょ?




そのまま 
期日が来るとね


ある日を境に
現物回収想念が動き出しちゃうんだ


現物回収想念に取り返される  
それをゆ族達は一番恐れてたんだ 」







現物回収想念・
(・・;) 







えみたんが言ってたんだ



現実回収想念はね

本当は
エネルギーを自然に戻そうとする想念なんだよ 


不自然な状態を
自然に戻そうとする自然の想念で



彼らは 
自然に戻そうとするときに
まず
現物を見るの


不自然な均衡が
派生してることはもう知ってるから 


それを戻す時には
不自然な場所に
現物が集まってるのを戻そうとするの
 


だから現物回収想念が動き出す時は
まず現物が集まってるところから
すべてを回収しようとするの 」」






(・・;)・






「「
そして破壊の時期の直後には
とてもおおきな現物回収想念が動き出すの


だから大犬は
その現物回収想念が動き出す直前に
今まで奪ってた存在に
20分の1の現物現実を返そうとするの



奪ってた存在に
20分の1以上の現実をのせないと
錯覚してくれないから


錯覚してもらえないと
大犬に自動回収想念がやってくるから


だから本当は嫌だけど
20分の1を返す儀式は ずっとしていたの  」 」 






(・・;)・







本当はな


20分の1
先出しする存在は
もっと慎重に選ばないといけなかったんだ


最初は
慎重に選んでたはずなんだけどね


でも
いつの間にか
藤原もゆ族も 
慎重に選ばなくなったんだ


いつの頃からか
まるでドール達のように
残像で雰囲気を見るようになって


それで 
小犬が私生活でも 養分の行動を被せると
大犬達はその残像を見て 
気分が舞い上がって 
次々そこに現実をのせまくっていったんだ



まるで
投資詐欺にあったかのように
大犬達はやみくもにそこに投資しまくったんだ 」





(・・;)・







パパが言ってたんだ



残像は諸刃の剣


残像を見る者は
意思で制御しないと

その残像に操縦されてしまう 」って 」





(・・;)






それからね
これはこくまちゃんの見立てだけど 


ゆ族やおおいぬ達は
これからタイミングを合わせて
出てこようとしてるんだけどね


 
彼らは
持ち上げる人を間違えちゃったでしょ?


だからね 
近未来出てきた 
ゆ族や藤原達は
出てきても 想ってるような効果が上げられなかったよ


そう言う情景を見たよ 」





(・・;)







そしてね

養分さん達の多くにも
社会の表舞台に出る気がたくさんついてたの



養分さんの中には
最初 
おおいぬと間違えられる人もいたけれど 


でもじわじわじわじわ
存在を大きくして
人類の中心になっていきました



大犬よりも
養分さんの方に
現実がくる気配を こくまちゃんは感じました 」(こくまちゃんの言葉)








P8260010_R.jpg









2014-08-26 :ねこねこのはなし :





転載終了




いりぐちでぐちいりぐち (幻の桜ブログさんより)

2014.08.24 23:10|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です







「 
おうちの風水で最も重要なのは

たぶん入り口とトイレです

玄関とおトイレ 」



「 玄関は富(食べ物)の入り口

おトイレは(食べ物)出口

エネルギー的にそこが富のエネルギー おうちの財運の出入り口 」



「 だからおうち風水は 最初は トイレと玄関をきちっとしないといけない

それをきちんとやったうえで それに合わせて 台所 リビング 各部屋の風水をする 」


「 そして トイレと玄関 その2か所の風水に穴があると 他の部分が完璧でも おうち風水はうまく働かない

トイレと玄関は おうちのエネルギーの出し入れをする場所 財運の気の通り道だから 」 



「 そして 玄関は 結構向きが大切

でも一概にどっちの方角がいいとはいえない 」



「 だってその家の玄関のある場所が 道側だったり 奥まってたり 山側だったり 川側だったり 

その 周辺のロケーションで 気の流れは変わる

玄関の基本は 外の 気が流れてる場所に玄関の向きを置く 」


「 どうしても玄関が奥まっていて 気の流れてる場所から玄関まで 離れてる場合は 玄関までのアプローチに 根の付いた緑を植える 

樹一本や 草で気の流れはすごく変わるから 緑の配置で玄関まで気の流れを呼び込む 」



「 トイレは においがこもりにくい場所

それはなんとなくわかるでしょ? 」



「 できれば 家の端っこがいい

入り口は中央でも 出口は角っ子の方がいいの

まん中が出口だと 必要な物も出たりする

それに角っ子だと 両側に窓をつけると においがこもりにくくなる  」


「 トイレ風水で トイレの内装をぴかぴかにしてる人いるけれど それよりもトイレ風水は 場所が肝心

だって 気の流れは場所選びからでしょ?

肝心かなめは場所 

気の流れがいい場所にトイレを作ると 他の風水センスが悪くても 何とかカバーできちゃう 」





それは悪いものが出口からでるってこと

そして玄関の気の流れが良い場所にすれば
入り口からよいものがいっぱいはいってくる

そうすれば
まわるまわるめぐるめぐる

おうちはきれいな気になるよ 」(しっぽーちゃんの言葉)








追伸

☆くまくまのお玄関風水







財運を集める玄関は
ダークトーンなのだ 」





蔵は
暗いであろう? 

富を蓄える場所は暗いイメージだ 」 


「 華やかな入り口は 一見華やかな雰囲気に見えていても 人が想ってるよりは財は貯まっていないはず

何故なら玄関は富の入り口 

玄関を明るくしすぎると それは富の放出のイメージにつながる 」


「 いわば明るい玄関の家は 出ていくものが大きくなる

出費が多くなったり つい使いすぎてしまったり 他の家に財運を吐き出したりもする 

おうちの玄関はダークトーンがよい 」




もしもな

それではあまりに暗すぎると想ったら

ダークトーンの玄関のダークトーンの前の小道を

明るくするのだ

そうすれば明るい色の中心点が玄関の黒に見えよう 」(くまくまの言葉)








追伸

☆トイレのおまじない☆

かたりて くまくま
 





トイレはな

おまじないしやすい場所なのだ 」



「 気の通り道 エネルギーの発信口

トイレはおうちの発信場所でもある 」



「 よくファミレスの玄関や トイレ前で ギャーギャー泣きわめく子供がいる

あれは 泣きわめいてるようで おまじないをしている

子供は体感が敏感なのだ 」



「 トイレと玄関は 家の祈祷の場としてもってこい

入り口と出口 気の出入り口

祈祷の場は そこに設けてもよいはず 」





他にも屋上などもあるがな 

それはまた意味が違う祈り場

そして 
ベランダと屋上は似ているようで 
違うのだ

気の通り道として違うのだ 」(くまくまの言葉)









いりぐちでぐちいりぐち (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1658.html

転載開始







「 
おうちの風水で最も重要なのは

たぶん入り口とトイレです

玄関とおトイレ 」






(・・;)







玄関は富(食べ物)の入り口です


おトイレは(食べ物)出口です

エネルギー的にそこが富のエネルギー
おうちの財運の出入り口なんです 」







(・・;)






「 
だからおうち風水は
最初は
トイレと玄関をきちっとしないといけないんです


それをきちんとやったうえで


それに合わせて 
台所
リビング 各部屋の風水をするんです 」





(・・;)






そして 
トイレと玄関
その2か所の風水に穴があると 

他の部分が完璧でも 
おうち風水はうまく働きません


トイレと玄関は 
おうちのエネルギーの出し入れをする場所
財運の気の通り道だからです 」 






(・・;)







そして 
玄関はね

結構向きが大切

でも一概にどっちの方角がいいとはいえないの 」






(・・;)






だってその家の玄関のある場所が 
道側だったり
奥まってたり 山側だったり 
川側だったり 


その
周辺のロケーションで
気の流れは変わるでしょ?


玄関の基本はね

外の
気が流れてる場所に玄関の向きを置くの 」




(・・;)






そしてね
どうしても玄関が奥まっていて

気の流れてる場所から玄関まで
離れてる場合は

玄関までのアプローチに
根の付いた緑を植えるの 


樹一本や 草で気の流れはすごく変わるから

緑の配置で玄関まで気の流れを呼び込むの 」






(・・;)!






トイレはね

においがこもりにくい場所

それはなんとなくわかるでしょ?








(・・;)






できれば
家の端っこがいいの


入り口は中央でも
出口は角っ子の方がいいの

まん中が出口だと
必要な物も出たりするでしょ?



それに角っ子だと
両側に窓をつけると
においがこもりにくくなるでしょ?  」






(・・;)






よくね
トイレ風水で

トイレの内装をぴかぴかにしてる人いるけれど

それよりもトイレ風水は
場所が肝心なの


だって
気の流れは場所選びからでしょ?


肝心かなめは場所なの 

気の流れがいい場所にトイレを作ると
他の風水センスが悪くても 
何とかカバーできちゃうの 」



(・・;)




それは悪いものが出口からでるってこと



そして玄関の気の流れが良い場所にすれば
入り口からよいものがいっぱいはいってくる


そうすれば
まわるまわるめぐるめぐる

おうちはきれいな気になるよ 」(しっぽーちゃんの言葉)





PB270099_R.jpg






追伸


☆くまくまのお玄関風水








財運を集める玄関は
ダークトーンなのだ 」






(・・;)





蔵は
暗いであろう? 

富を蓄える場所は暗いイメージだ 」 





(・・;)






華やかな入り口は
一見華やかな雰囲気に見えていても
人が想ってるよりは財は貯まっていないはず



何故なら玄関は富の入り口 

玄関を明るくしすぎると
それは富の放出のイメージにつながるのだ 」




(・・;)!






いわば明るい玄関の家は 
出ていくものが大きくなるのだ



出費が多くなったり
つい使いすぎてしまったり
他の家に財運を吐き出したりもする 


おうちの玄関はダークトーンがよいのだ 」




(・・;)






もしもな

それではあまりに暗すぎると想ったら


ダークトーンの玄関のダークトーンの前の小道を

明るくするのだ

そうすれば明るい色の中心点が玄関の黒に見えよう 」(くまくまの言葉)






追伸



☆トイレのおまじない☆


かたりて くまくま 








トイレはな

おまじないしやすい場所なのだ 」






おまじないしやすい場所?
(・・;)?







気の通り道

エネルギーの発信口

トイレはおうちの発信場所でもあるのだ






(・・;)






よくファミレスの玄関や
トイレ前で
ギャーギャー泣きわめく子供がいるであろう?


あれはな
泣きわめいてるようで
おまじないをしているのだ

子供は体感が敏感なのだ 」




(・・;)・






トイレと玄関は
家の祈祷の場としてもってこいだ


入り口と出口
気の出入り口



祈祷の場は
そこに設けてもよいはずだ 」




(・・;)







他にも屋上などもあるがな 

それはまた意味が違う祈り場


そして 
ベランダと屋上は似ているようで 
違うのだ


気の通り道として違うのだ 」(くまくまの言葉)







P8070091_R.jpg







2014-08-24 :ねこねこインテリア :





転載終了


紅い目 (幻の桜ブログさんより)

2014.08.23 21:20|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です









日食の
タイミングはね

月と太陽
その二つがあるの 」



「 どんな存在にも 発信 受信 両方の側面がある

それは呼吸のようなもの どこから受けとりたいか どこに出したいか  」 


「 日食の月のタイミングは どこから受けとりたいか を決めるだいじなタイミング

日食は 太陽とお月さまの結婚でしょ?

誰に対して月でいたいのか 誰に対して太陽でいたいのかを決めるのが それが 日食の緩衝 」 


「 太陽のタイミングは 自分がエネルギーを出す相手を決めるタイミング

月は 自分がエネルギーをもらう相手を決めるタイミング

だから日食時には どんな存在にも 月と太陽のタイミングが起こる 」



「 月は 地球にぶつかって 地球から物質をもらって生まれた惑星 

地球からすると 太陽は注いでくれる星だけど 月は地球が与えた星

だから月は いつも地球のお世話をしてくれてる 」


「 しー様は 昔 動物達 植物たちのお世話をずっとしてて それで月のタイミング時 動物植物から受けとるしるしを得ていた

動物植物からエネルギーをもらうタイミングを得ていた 」


「 古代のリーダーさん達は そのしー様たちのお世話をずっとしてて それで月のタイミング時 しー様から受けとるしるしを得ていた 」


「 例えば しー様が 動物植物の想いを叶えて 月のタイミング時 想念のエネルギーとか情報をもらう

そうすると しー様のお世話をしてた 古代のリーダーさんが 月のタイミング時 その情報を物質化するエネルギー 現実化するタイミングを得る

それで月のタイミングを得た人が 代々お世話して それでまわりあってた 」



「 ゆ族達が 欲していたタイミングは しー様自体になるタイミングじゃなかった

本当にしー様になったら 動物のお世話をしなければいけなくなる 自然の想いを聞かなければならなくなる

それはゆ族が望んで無いこと  」


「 ドールやゆ族達が狙っていたタイミングは 破壊の時期に しー様の系譜を持ち上げて 先出しすることで 動植物から 情報やエネルギーを受けとってるしー様から 現実化のエネルギーを吸うタイミング 

自然の存在への月のタイミングではなく 人間のしー様たちに対しての 月のタイミングを狙ってた 」


「 特に大きな月のタイミング時 南極と北極に 日食が起こるような大きな月のタイミング時に 養分の人を持ち上げたり 想いを叶えると 月の緩衝で その養分の人から 一方的に現実化のエネルギーを吸いとれる流れが 数万年以上も続く

そのタイミングをゆ族やドールが狙っていた 」


「 だから 大犬や ゆ族 ドール達は 破壊の緩衝時 養分さんから吸いとれる月のタイミングを得る為に その傍にいて お世話して 現実をのせて 月のタイミングを得ようとした

月のタイミングは いくら月とドンピシャで行動してもつながりがないと意味が無い

月のタイミング時 エネルギーを受けとりたい存在を先出ししたり 持ち上げたりお世話してないと 意味が無い 」


「 でも小犬ちゃんは そんなことわからない 

だから養分さんが持ち上がるのを見て 養分さんのふりをした

そしてばれると困るから 破壊の時期養分さん達を追いだした 」


「 今ドールや大犬達がお世話して その傍にいるのは小犬ちゃん達ばかり

破壊の時期養分さんを追いだしたから それは今後数万年以上 ドールや大犬が作った世界が 養分さんからエネルギーを吸えなくなるっていうしるしになる

だって数万年に一度の 日食の緩衝時 養分さんのお世話をしなかった

想いを叶えるどころか 養分さんから剥ぎとった

逆に 世界はこれから養分さんに対して放出をするようになる  」



「 今度の10月8日の月食は 南極の金環日食を写した月食

とても大きな月食で この月食が来ると 養分さんをお世話してたり 想いを叶えてた人たちは 自動的に勘が冴えたり タイミングが良くなる

あめの領域が変わったり 徐々にそれがよくなると 夜中から朝までずっと明晰夢を見られるようになる

それが自然のことのように起こったりする 」



「 ドールとか大犬達は 小犬ちゃんに対して月のタイミングを得たことになった 

だって 持ち上げてたのも 小犬ちゃんばかり

だから短期的には小犬ちゃんから 顔色を見る能力とか 序列の情報とか 座や地位がもどって来るはず  」




日食の月のしるしはね

受けとりたい存在を決めるしるしなんだよ

それは
自分の生きていくつながりを決めるだいじなしるしなの 

だからね
その時に
どんな土地とつながりを持って どんな人とつながりを持つか

それ次第で
自分だけでなく 自分の系譜の未来も大きく変わるんだよ 」(しっぽーちゃんの言葉)









紅い目

地球を見る紅い目がやってくる 」


「 いつもは夜空を照らしているけれど 月食の時 月は地球を写す

地球を見る紅い目になる 」


「 そして月は地球のあめを見る

月は地球の残像を写し その写した残像を 地球に返す 」





だからね
月食を境に
地球の現実は激変するんだよ

月食が起こると
紅い目のエネルギーで 地球に大きな激変が起こりだすの 」(はるちゃんの言葉)








こないだの月食の後
世界中でエネルギーの運び先を変えるしるしが多発した

セオル号の沈没

東南アジアのクーデター 

国内の人手不足

マレーシア航空機の撃墜にはじまった
7月の3機の墜落事故

イスラム国

今まで守られてきた表の座の人たちの何人もが失脚して 

終わる気配を感じた者の中には
自発的に引退撤収を発表した者もいた 」




「 だが 今度の月食は もっと大きい

前回の月食が 兆しのしるしを世界に入れた月食とすれば 今度の月食は 世界の現実を変える月食とあるであろう 」



「 くまくまは見た 月食のあめを 

911事件 あれは アンゴラから運ばせるしるしだった  」


「 本来 あの事件が無ければ アンゴラは 南極の金環日食に向け 最後の盛り上がりのエネルギーが運ばれるはずだった

アンゴラの代わりに アメリカが持ち上がり アメリカはアンゴラを持ち上げるはずのその最後のピークのエネルギーまで 持ち去った 」


「 アメリカが終わりそうなあの時に あの911が起こったことで 軍需産業は潤い アメリカ経済は息を吹き返した 

だがなあの事件が起ったがゆえに 本来活躍するべきものが目に留まらぬ場所に追いやられ 目にもとまらぬ筈だった存在が アメリカの大統領の地位を得たり 世界的経済トップとして君臨したりした  」


「 911事件は 破壊の時期 最後の盛り上がりのエネルギーを入れ替えるしるしだった 

あの911おnガッシャーンのエネルギーは 月を模していた

だからあの事件の後 特定の者達にエネルギーが受けとるしるしができた  」



「 くまくまは見た 

911で持ち上がった者達が 今度の月食の後 無効化していくのを 」



「 もっと正確に言えば 今度の月食の後のアメリカの日食後

その日食が起こった後 911のしるしで持ち上がった者達が 次々強制撤収される  」




おそらく象徴的な事件が起るはず 

象徴的な事件で
突然持ち上がった者達は 

象徴的な事件により
突然消える

月のエネルギー緩衝なのだ 」(くまくまの言葉)









月食は歴史が降ってくるんだ 」



「 だって月は地球の影に入って 月が 地球に降り積もったエネルギーを見る

そしてそれをプわーーーっと写して返す 」 



「 だから月食は 歴史が降ってくる

特に土地に対して 月が歴史を写し それを返してくる 」



「 土地に対して 歴史を移し替えすから それによって人間も影響を受けちゃう 

細かくて小さな月食も ちいさく細かく映し返す 」



「 今度の月食は 南極の金環日食とか 他の天体緩衝が目白押しだった時の 後の月食

人間の目にはわからないかもしれないけれど 地球に大きく降った天体緩衝のエネルギーの積み重ねも含めて 写して 照らし返してくれる 」


「 だから 今回の月食は大きな月食になる

それに 他の天体から降ってきたエネルギーは 地球の未来のエネルギーでもあるから だから 過去を照らし返すのと一緒に 地球の未来も照らし返す 」



「 そして 月に写った未来が 降ってきやすい土地がある

それは 過去に伝説や歴史が発祥した場所 」


「 そこははじまりやすい場所でもある

世紀末に栄えてた場所じゃないけれど 今は寂れてるかもしれないけど 神話 伝説の発祥地は そこは月のエネルギーが集まりやすいから 伝説がはじまった 」



「 星読み達は そういう神話や伝説の地に行きたがる

何故なら そこが 星のエネルギーを読みやすいから 

どんなに寂れていても 天体から見て エネルギーが集まりやすい場所に 本物の星読み達も集まる 」 



「 木更津は そのはじまりの地からの 情報が届きやすい場所

だからはじまる前に 木更津が栄えて そこが大発展する 」



「 上の話は しーちゃんにガブガブしたら 見えた情報

でも がぶがぶしたら しーちゃんが俺の中に入って しーちゃんの話し方になった 」


「 これは 霊媒の起源かもしれない 

霊媒はガブガブすると 体の中に入ってしゃべってくる  」 


「 俺見た

からすさんとペンペンは 次の月食に夢中 「 過去と未来が降ってくる 紅い目が降る 紅い目が降る 」 そう言ってた 

俺想ったんだけど 日本の国旗ってなんか月食カラーに似てる

予言されてたのかな? 」




俺はな

ねこの森
ちくさあの海が見える土地に住みたいんだ

でも家が必要だ

ちくさあの海が見える
広い土地が
手に入りますように 」(こくまちゃんの言葉)










紅い目 (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1657.html

転載開始








PB270130_R.jpg











日食の
タイミングはね


月と太陽
その二つがあるの 」








(・・;)








どんな存在にも
発信 受信
両方の側面があるの


それは呼吸のようなものなの


どこから受けとりたいか
どこに出したいか
 」 






(・・;) 







日食の月のタイミングはね


どこから受けとりたいか
を決めるだいじなタイミングなの



ほら
日食は
太陽とお月さまの結婚でしょ?



誰に対して月でいたいのか
誰に対して太陽でいたいのかを決めるのが


それが 
日食の緩衝なの 」 






(・・;)




「 
太陽のタイミングはね 
自分がエネルギーを出す相手を決めるタイミング



月はね 
自分がエネルギーをもらう相手を決めるタイミング



だから日食時には
どんな存在にも
月と太陽のタイミングが起こるんだよ 」






(・・;)







ほら
月は
地球にぶつかって
地球から物質をもらって生まれた惑星でしょ? 


地球からすると
太陽は注いでくれる星だけど

月は地球が与えた星なの

だから月は
いつも地球のお世話をしてくれてるの 」







(・・;)







「 
それでね
しー様はね


昔 動物達 
植物たちのお世話をずっとしてて

 
それで月のタイミング時 
動物植物から受けとるしるしを得ていたの


動物植物からエネルギーをもらうタイミングを得ていたの 」







(・・;)








古代のリーダーさん達はね


そのしー様たちのお世話をずっとしてて 
それで月のタイミング時 
しー様から受けとるしるしを得ていたの

 」






(・・;)







例えば 
しー様がね
動物植物の想いを叶えて
月のタイミング時 
想念のエネルギーとか情報をもらうでしょ?


そうすると
しー様のお世話をしてた
古代のリーダーさんが
月のタイミング時 
その情報を物質化するエネルギー 現実化するタイミングを得るの


それで月のタイミングを得た人が
代々お世話して それでまわりあってたの 」






(・・;)







そしてね
ゆ族達が
欲していたタイミングはね 



しー様自体になるタイミングじゃなかったの


だって本当にしー様になったら



動物のお世話をしなければいけなくなるでしょ?

自然の想いを聞かなければならなくなるでしょ?

それはゆ族が望んで無いことだから  」





(・・;)・






ドールやゆ族達が狙っていたタイミングはね


破壊の時期に
しー様の系譜を持ち上げて 
先出しすることで


動植物から
情報やエネルギーを受けとってるしー様から
現実化のエネルギーを吸うタイミングだったの 



自然の存在への月のタイミングではなく
人間のしー様たちに対しての
月のタイミングを狙ってたの 」




(・・;)! 






特に大きな月のタイミング時

南極と北極に
日食が起こるような大きな月のタイミング時に

養分の人を持ち上げたり 想いを叶えると



月の緩衝で
その養分の人から 
一方的に現実化のエネルギーを吸いとれる流れが
数万年以上も続くの


そのタイミングをゆ族やドールが狙っていたの 」






(・・;)・







だからね
大犬や ゆ族
ドール達は

破壊の緩衝時
養分さんから吸いとれる月のタイミングを得る為に
その傍にいて お世話して 現実をのせて
月のタイミングを得ようとしたの



月のタイミングはね 
いくら月とドンピシャで行動してもつながりがないと意味が無いの


月のタイミング時 
エネルギーを受けとりたい存在を先出ししたり
持ち上げたりお世話してないと 意味が無いの 」





(・・;)・






でも小犬ちゃんは
そんなことわからないから

だから養分さんが持ち上がるのを見て
養分さんのふりをしたの


そしてばれると困るから
破壊の時期養分さん達を追いだしたの

  」






(・・;)





今ドールや大犬達がお世話して
その傍にいるのは小犬ちゃん達ばかりなの


でも破壊の時期養分さんを追いだしたから
それは今後数万年以上
ドールや大犬が作った世界が 養分さんからエネルギーを吸えなくなるっていうしるしになるの


だって数万年に一度の
日食の緩衝時 養分さんのお世話をしなかったでしょ?


想いを叶えるどころか
養分さんから剥ぎとったでしょ?


逆に 
世界はこれから養分さんに対して放出をするようになるの  」




(・・;)






そしてね

今度の10月8日の月食はね



南極の金環日食を写した月食なの

とても大きな月食で 

この月食が来ると
養分さんをお世話してたり 想いを叶えてた人たちは
自動的に勘が冴えたり 
タイミングが良くなるの

あめの領域が変わったり

徐々にそれがよくなると 
夜中から朝までずっと明晰夢を見られるようになる


それが自然のことのように起こったりする 」






(・・;)






「 
そしてね 
ドールとか大犬達は
小犬ちゃんに対して月のタイミングを得たことになったの 


だって
持ち上げてたのも
小犬ちゃんばかりだったでしょ?

だから短期的には小犬ちゃんから
顔色を見る能力とか
序列の情報とか 
座や地位がもどって来るはずだよ  」






(・・;)・ 







日食の月のしるしはね

受けとりたい存在を決めるしるしなんだよ


それは
自分の生きていくつながりを決めるだいじなしるしなの 


だからね
その時に
どんな土地とつながりを持って どんな人とつながりを持つか

それ次第で
自分だけでなく 自分の系譜の未来も大きく変わるんだよ 」(しっぽーちゃんの言葉)





PB270134_R.jpg






上はしっぽーちゃんが話してくれた
日食の緩衝の月のタイミングの話です
(ノ゜ο゜)ノ




なんでも 
しっぽーちゃん曰く
破壊の時期の緩衝の
月のタイミングとは



どの存在からエネルギーを受けとるのか
どの存在から エネルギーや情報をもらい続けるか 

そのつながりを数万年以上にわたって決める
そんな緩衝だそうで
(・・;)



だからこそ
この月のタイミング時に
つながりのある土地 
つながりのある人達に対し 
どんな行動をしていたかによって

その後の自分のエネルギー質のみならず 
自分の系譜のエネルギーも長きにわたり決めていくそうです 
(・・;)





そして
月食については
ねこたちが他にもこんな事を教えてくれました
(>ω<)









紅い目


地球を見る紅い目がやってくる 」





紅い目?
(・・;)?





いつもは夜空を照らしているけれど
月食の時
月は地球を写す


地球を見る紅い目になる 」






(・・;)




「 
そして月は地球のあめを見る

月は地球の残像を写し
その写した残像を 地球に返す 」





(・・;)





だからね
月食を境に
地球の現実は激変するんだよ



月食が起こると
紅い目のエネルギーで 地球に大きな激変が起こりだすの 」(はるちゃんの言葉)





P6210066_R.jpg








こないだの月食の後
世界中でエネルギーの運び先を変えるしるしが多発した



セオル号の沈没

東南アジアのクーデター 

国内の人手不足

マレーシア航空機の撃墜にはじまった
7月の3機の墜落事故



イスラム国

今まで守られてきた表の座の人たちの何人もが失脚して 

終わる気配を感じた者の中には
自発的に引退撤収を発表した者もいた 」






(・・;)






だがな 
今度の月食はね
もっと大きいぞ



前回の月食が
兆しのしるしを世界に入れた月食とすれば



今度の月食は
世界の現実を変える月食とあるであろう 






(・・;)





「 
くまくまは見たのだ

月食のあめを 


911事件


あれはな
アンゴラから運ばせるしるしだったのだ  」






アンゴラ
(・・;)?






「 
本来な 
あの事件が無ければ

アンゴラは 
南極の金環日食に向け
最後の盛り上がりのエネルギーが運ばれるはずだった



 

だがアンゴラの代わりに
アメリカが持ち上がり 
アメリカはアンゴラを持ち上げるはずのその最後のピークのエネルギーまで 持ち去ったのだ 」





(・・;)








アメリカが終わりそうなあの時に

あの911が起こったことで
軍需産業は潤い アメリカ経済は息を吹き返した 


だがなあの事件が起ったがゆえに
本来活躍するべきものが目に留まらぬ場所に追いやられ

目にもとまらぬ筈だった存在が 
アメリカの大統領の地位を得たり
世界的経済トップとして君臨したりしたのだ  」





(・・;) 







911事件は

破壊の時期 
最後の盛り上がりのエネルギーを入れ替えるしるしだったのだ 

あの911おnガッシャーンのエネルギーは 
月を模していた



だからあの事件の後
特定の者達にエネルギーが受けとるしるしができたのだ  」





(・・;)




「  
ところでな

くまくまは見たぞ 

911で持ち上がった者達が
今度の月食の後 無効化していくのを 」




無効化・
(・・;)・ 






それは 
もっと正確に言えば 
今度の月食の後のアメリカの日食後だ



その日食が起こった後
911のしるしで持ち上がった者達が 
次々強制撤収されるのだ  」





(・・;) 





おそらく象徴的な事件が起るはず 


象徴的な事件で
突然持ち上がった者達は 


象徴的な事件により
突然消える


月のエネルギー緩衝なのだ 」(くまくまの言葉)






P8160078_R.jpg








月食は歴史が降ってくるんだ 」






歴史・ 
(・・;)






だって月は地球の影に入って 

月が
地球に降り積もったエネルギーを見るんでしょ?

そしてそれをプわーーーっと写して返すんでしょ? 」 






(・・;)







だから月食は
歴史が降ってくるの


特に土地に対して
月が歴史を写し それを返してくるのよ 」







(・・;)







土地に対して 
歴史を移し替えすから
それによって人間も影響を受けちゃうのよ 



細かくて小さな月食もね

ちいさく細かく映し返すのよ 」







(・・;)






だけどね
今度の月食は

南極の金環日食とか
他の天体緩衝が目白押しだった時の
後の月食でしょ?



人間の目にはわからないかもしれないけれど
地球に大きく降った天体緩衝のエネルギーの積み重ねも含めて
写して 照らし返してくれるのよ 」






(・・;)・





「 
だからね

今回の月食は大きな月食になるのよ


それに
他の天体から降ってきたエネルギーは
地球の未来のエネルギーでもあるから



だから
過去を照らし返すのと一緒に
地球の未来も照らし返すのよ 」






(・・;)






「 
そしてね
月に写った未来が
降ってきやすい土地があるのよ


それはね
過去に伝説や歴史が発祥した場所であるの 」






(・・;)





そこははじまりやすい場所でもあるの


世紀末に栄えてた場所じゃないけれど 

今は寂れてるかもしれないけど
神話 伝説の発祥地は
そこは月のエネルギーが集まりやすいから
伝説がはじまったのよ 」



 


(・・;)





そして
星読み達はね


そういう神話や伝説の地に行きたがるのよ

何故なら
そこが 
星のエネルギーを読みやすいからよ 



どんなに寂れていても
天体から見て
エネルギーが集まりやすい場所に
本物の星読み達も集まるのよ 」 




(・・;)







木更津はね


そのはじまりの地からの
情報が届きやすい場所なのよ


だからはじまる前に
木更津が栄えて そこが大発展するのよ 」


 


(・・;)






「 
上の話は
しーちゃんにガブガブしたら
見えた情報なんだ


でも
がぶがぶしたら 


しーちゃんが俺の中に入って
しーちゃんの話し方になったんだ 」





(・・;)・





「 
これは
霊媒の起源かもしれない 



霊媒はガブガブすると
体の中に入ってしゃべってくる

 」 




(・・;)・





「 
俺見たんだ

からすさんとペンペンは
次の月食に夢中なんだ




過去と未来が降ってくる

紅い目が降る

紅い目が降る 」 そう言ってたんだ 





俺想ったんだけど
日本の国旗ってなんか月食カラーに似てるよね


予言されてたのかな? 」






(・・;)・






俺はな

ねこの森
ちくさあの海が見える土地に住みたいんだ

でも家が必要だ

ちくさあの海が見える
広い土地が
手に入りますように 」(こくまちゃんの言葉)






P7290089_R.jpg








2014-08-23 :猫予言 :





転載終了



草は月への道しるべ (幻の桜ブログさんより)

2014.08.22 10:09|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です









しっぽーちゃんはあめを見たよ 」




「 木 草 花は 人を動かす 飾り方 植え方 並べ方で 」


「 風がごおおおおおっと吹くと 風の向きに動くでしょ?

あれに似てる感じ

想念の風を作ると 多くの人がその通りに歩いていく 」


「 木さんいるでしょ?

特に 大きい木さんの 周りの草とか葉っぱの植え方で 想念の動かし方が変わる

本当は 森の動物達の動きで 草の生え方 葉っぱの生え方が変わって それで想念や気の通り道 気分も変えられるけど それを人間でもできる人がいる 」



「 黒い超美人なおねえさんが言ってた

肌が黒くて 髪がとても黒い 黒い超美人なおねえさん


「 葉っぱを手にのせて フッとすると 届けたいところに届く そう言うイメージ 

木の植え方 葉っぱの植え方で 葉っぱが想念を 届けたいところに届けてくれる 」」



「 そのおねえさんは言ってた

「 葉っぱの声が聞こえる 」って

葉っぱさんは 通り道とか流れ道とかを作る お手伝いをするのが好きなんだって


「 想念の通り道 精霊が生まれる道

そう言う道だと 歩いてるだけでわくわくしたり 楽しかったりする 」そう言ってた 」



「 そのおねえさんは 葉っぱさんの声を直に聴きながら 動物さんとお話もしながら 動物さんに そう言う道を作って欲しいって 頼んでた

葉っぱさんに通り道を作り方を聞いて 動物さんにその通り道を作るお手伝いを広範囲にしてもらってる感じ 

それで 一帯の人の動きとか変えたり 想念の動く向きを変えたりしてた 」



「 しっぽーちゃんも 葉っぱさんの声は聴ける

「 しっぽーーーーちゃーーーーん 」 葉っぱさんはお話してくれる 」



「 植え方とかは 基本 草は 想いを発したり 想いを伝えたら その通りに生えてくれるんだって

草は生えるのが早いから 草の生え方で数か月で 周囲の人の気分 人の動きをささやかに変えたりもできるんだって

でもささやかに変えることが 大きく変えること 」


「 草は 気分を変えて 細かな気の流れを変える 

想いを発して 草が生えると 草は その想いを叶えてくれるように 細かく気の流れを変えてくれる 」



「 はるちゃんも言ってた

「 草は 水を読めるから それが力

空気中の水を読み それを呼吸のように出し入れするのが力

それで陸のタイミングを読んだり 気配を読めたりもする

草は月への道しるべ 」って 」




そういえば
この島では 
月にうさぎが住んでるって言うね

うさぎは
草をよく食べてるね

 」(しっぽーちゃんの言葉)










草は月への道しるべ (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1656.html

転載開始









しっぽーちゃんはあめを見たよ 」






(・・;)








花は

人を動かすんだよ 

飾り方 
植え方
並べ方で 」





(・・;)






ほら
風がごおおおおおっと吹くと
風の向きに動くでしょ?


あれに似てる感じ

想念の風を作るとね
多くの人がその通りに歩いていくの 」






(・・;)







木さんいるでしょ?


特に
大きい木さんの
周りの草とか葉っぱの植え方で

想念の動かし方が変わる



本当はね

森の動物達の動きで
草の生え方 葉っぱの生え方が変わって 

それで想念や気の通り道
気分も変えられるんだけどね 


それを人間でもできる人がいるよ 」






(・・;) 







黒い超美人なおねえさんが言ってたよ
肌が黒くて 髪がとても黒い 黒い超美人なおねえさん




葉っぱを手にのせてね 
フッとすると 
届けたいところに届くの

そう言うイメージ 

木の植え方
葉っぱの植え方で

葉っぱが想念を
届けたいところに届けてくれるのよ 」」





(・・;)







そのおねえさんは言ってたよ


葉っぱの声が聞こえる
」って



葉っぱさんはね
通り道とか流れ道とかを作る
お手伝いをするのが好きなんだって



想念の通り道

精霊が生まれる道

そう言う道だと
歩いてるだけでわくわくしたり 楽しかったりする 」そう言ってたよ 」






(・・;)







そのおねえさんはね

葉っぱさんの声を直に聴きながら 

動物さんとお話もしながら
動物さんに 
そう言う道を作って欲しいって
頼んでたの


葉っぱさんに通り道を作り方を聞いて
動物さんにその通り道を作るお手伝いを広範囲にしてもらってる感じ 


それで
一帯の人の動きとか変えたり
想念の動く向きを変えたりしてたの 」






(・・;)






しっぽーちゃんも
葉っぱさんの声は聴けるよ



しっぽーーーーちゃーーーーん 」
葉っぱさんはお話してくれるよ 」






(・・;) 






それで
植え方とかはね

基本 
草は
想いを発したり
想いを伝えたら 
その通りに生えてくれるんだって
 


草は生えるのが早いから
草の生え方で数か月で
周囲の人の気分
人の動きをささやかに変えたりもできるんだって

でもささやかに変えることが
大きく変えることなんだよ

 」




(・・;) 







草は
気分を変えて 
細かな気の流れを変える 

想いを発して 
草が生えると


草は
その想いを叶えてくれるように
細かく気の流れを変えてくれるの 」




(・・;)






そしてね
はるちゃんも言ってたよ



草はね
水を読めるから それが力なの

空気中の水を読み 
それを呼吸のように出し入れするのが力なの


それで陸のタイミングを読んだり
気配を読めたりもする


草は月への道しるべ 」って 」






(・・;)






そういえば
この島では 
月にうさぎが住んでるって言うね




うさぎは
草をよく食べてるね

 」(しっぽーちゃんの言葉)






PB270139_R.jpg







2014-08-21 :ねこねこのはなし :





転載終了



カラーこそ蜃気楼 (幻の桜ブログさんより)

2014.08.21 23:48|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です









あのね
色使いにも
種類があるのよ 」




「 おおきな色使いとして 残像の色使い そして 感情の色使いがある 」


「 残像の色使いとは 現実的な色の残像が重なった色使いのこと

その人を中心に見て その人が過ごしている 過去の状況 現在の情景 そう言う現実の色が 重なって見える 」



「 鳥族は この現実の残像の色が見える

そしてその残像をオーラと錯覚している 」



「 大体 鳥族によってなんだけど その人が過ごしていた 3週間ぐらいから3か月くらいの残像が見える

これが 鳥族が感知してるオーラの色

3週間から3か月の残像のほとんどは その人の過ごしていた部屋の色やベッド布団の色 着ている寝間着 普段着 車とか身に着けてる持ち物 そういう色の残像が多い

その残像がオーラのように見える 」


「 だから鳥族さんは 着てる寝間着の色とか 部屋着がキラキラしたサテンのような素材の物を着てると 現実の色が残像がキラキラのオーラのように見えて その人が神々しい人のように感じちゃったりする 」


「 他にも 鳥族さんは ある人が地味な格好をしてても その人の家がぴかぴかな飾りつけだったりすると その残像で その人にぴかぴかの富の気があると想ったりする

そうすると 鳥族さんの想いで その人に即効的な現実の財運が運ばれたりもする 」


「 想いが現実を引き寄せる

そして 鳥族さん達の想いを反応させて 現実を即効的に運ばせるのが 残像の色使い

例えば 十二ひとえの残像効果 

昔々 平安時代に貴族の女性の着てた 十二ひとえの色のような色が 当時の鳥族さんを反応させて 現実を運ばせてた 残像の色使い 」


「 過去の現実と 現在の現実が重なって オーラのように見える人の視点では 現実よりも 色鮮やかな色に反応する

赤 青 緑 光の三原色を重ねると 現実よりも鮮やかな色調のカラーが生まれる

それが 残像効果のオーラの色に似ていて だから現実よりも鮮やかな色調に 鳥族さんの無意識が反応して その鮮やかな色の現実があると想う

そう想って その色のイメージの 富や資産 名誉を運んだりする 」


「 色の使い方で 鳥族さんは美の気を運んだりもする

即効的に 現実を呼ぶ色使いは 残像効果の色使い

現実よりも鮮やかで その色の意味の現実を運んでくる 」 



「 それと 対極の色使いが 感情の色 気分の色 想いの色 」


「 残像の色が あくまでも重なった 現実の色を見ているとすれば 感情の色は 想いの色を見てる感じ

残像は現実や物質の色の重ね合わせ

感情の色は 気分の色 イメージの色 」 



「 例えば 怒りって聞くと たいていの人は メラメラした紅い炎を連想する 

でも怒りの度合いによって赤の強さが違う 赤のトーンが違ったり ブルーな気分な時に怒ると 赤と混ざって紫に見えたりする

それを 細かく詳細に描くのが感情の色表現 」


「 感情の色使いは 見てる人の感情をコントロールしたり 気分を刷り込むときに用いる 

よく映画を見ながら 主人公と同じ感情を想起するような作品あるでしょ?

ああいうのって 実は色の効果で起こしてることも多い

作品の色使いで 主人公の気分を表現する 

そうすると色の効果で 見てる人も 主人公の感情喚起をするような感じになる 」



「 ただ 感情の色使いは 残像と違って 最初あまり目を引かない

だから 最初のうちは 即効的なブームになりづらい

でも じわじわと見返すうちに 心に残っていって感情を喚起されて それで作品が残ることが多い 」



「 妖怪ウォッチの色使いが あれは残像効果の色使いに近い 即効的に ブームと言う現実が運ばれてきた

それと対極に 初期のエヴァンゲリオンは 感情表現の色使いを取り入れてる

エヴァンゲリオンって 最初の放送では あまりブームにはなってなかった 再放送で じわじわブームになって 人気が高まっていったって聞いた 

きっと 何度も見てるうちに感情を喚起された 」 



「 会社の看板とかも 企業によって 色使いがだいじ

即効的に商品を売りたい 即効的に企業名を知ってもらいたい もしくは じわじわと残るように 感情に食い込むように浸透させていきたい

目的によって 看板やロゴの色使いも変えていかないといけない

まず即効的に企業名を知ってもらってから 企業が有名になってから 後でデザインを変えて じわじわ印象に残るように色を変えていくという手法もある

その場合 色合わせをうまくやらないと その企業がフェードアウトしちゃうような色使いになったりする 」



「 残像の色使いが 現実よりも鮮やかな色彩だとしたら 感情の色使いは 現実よりも薄いトーンの色使い

残像の色と違って 現実よりも淡く薄い色であることが多い 

だって感情は 深く食い込ませないと 感情を喚起させられないし 想いに残らない だから薄く描く 」


「 何故薄く描くかと言うと 薄い感情に 強く濃い感情が引き込まれるから

薄い色には 強く濃い色がじわじわと引きこまれていく

だから 感情や気分をコントロールする感情の色使いは 現実の色よりも 薄く描くことがポイント 」 


「 何故 しーちゃんがこれをわかったかと言うと それは こないだのお月さま

火星から 色情報が降ってきた 火星の色 」



「 こくまにずっとガブガブされて 最近 しーちゃんはブルーだった

そしたら 何故かこくまが望んでた 色 の情報と においの情報が降ってきた 」



「 火星の色使いは 感情の色使いだった

想いに食い込むような そんな色使いだった

火星の文化は 感情を動かす文化だった

だから 火星の色を修得すれば 色で感情をコントロールすることができる 」


「 今 ネガティブな人の方が ポジティブな人たちより そういう宇宙からの情報や エネルギーや能力が どんどん降ってきてる

特にこの数年苦境にあえいでて 今も続いてる人は いろんな才能がこれからどんどん宇宙から降ってくる

ブルーなふりだとのらない だって想いは響きあわない 

本当にブルーな想いであればあるほど 天体のエネルギーがのりやすくなってる 」



「 からすさんは その為に オキニを強制的にブルーにする

入院とか怪我を ピンポイントのタイミングで 無理やり起こす

月のタイミング時 宇宙からのエネルギーが降ってくる時 ドンピシャでケガとか起こすと そのタイミング ちょうどブルーになる

そういうことをしてる 」



「 しーちゃん見ちゃった

ブルーな気分になると タイミングを入りやすくなることを知った 小犬おばばが オキニの吸血鬼にボコボコケガさせたりしてた

からすさんが オキニの人をケガさせてるのをあめで見て 現実にもマネしはじめたけど でも ひとつ言う

あれはタイミングがだいじ

月のタイミングに タイミングが降ってくるポイントでやるからこそ 意味がある なんでもない日に なんでもない場所で やってもただのケガ 」



「 表の座の吸血鬼って 数年間 ハイテンションだったことが多い

体の中に蓄えてるエネルギーに 数年間ブルーな記憶の積み重ねが無いと 宇宙からの情報がのりづらい 想いと響きあってエネルギーはのるから

だから大犬は 破壊の時期の数年間だけは 苦境の状況でいようとした 」


「 こんな情景も見た

ある 企業経営者さんの中に 月のタイミングを得る為に 自分がけがしてブルーになるの嫌だった経営者さんがいた 

そして 社員さん達に祓って 社員さん達を次々怪我させた 

たくさんの社員さん達を ブルーにして追いこんで ケガもさせて それであめで 「 俺は ブルーな社員達の生命線だから 俺に天体緩衝のエネルギーが降ってくる 」って大はしゃぎしてた 」 



「 でも あれは破壊の緩衝で 判断能力が欠如しちゃった

天体緩衝は 想いに降ってくる

人間の場合だと会社ではなく ブルーになった個人に降ってくる 

社長よりも社員の方がブルーになってそこにタイミングがのったら エネルギー緩衝として 社長は追い出されちゃう

だって社長よりも社員の方が運が良いから

もしくはその会社が潰されて 社員が独立して社長になる

それがブルーな人に訪れる天体緩衝の力 」


「 月は タイミングがあったから 生まれた

そして やっぱり想いが無いと タイミングはそこにのらない

月は地球を見たい想いがあったから 月が生まれた 」



「 しーちゃんは見た 

月のタイミング前の数年間 ブルーな気分だった記憶の積み重ねがあった人達が これから起こる天体緩衝と響きあって どんどんタイミングと運が降ってくるのを

ホームレスさん達や リアルあそびめさん達が 蘇って表の座につくって予言があったでしょ?

彼らも 月のタイミング時 現実的にブルーだった

野心のある人は この数年現実的にブルーだった人ばかり

想いがそう言う現実を引き寄せた 」




そして

もうひとつ言うわ

限りなく透明に近いブルーって言葉があるけれどね

透明に近いブルーは 
相続の時に適した感情の色なのよ

そして 
本当にブルーな人はね
嘆かなくもなるの

それが月の緩衝時 
最もタイミングを手に入れるブルーな人なのよ 」(しーちゃんの言葉)










カラーこそ蜃気楼 (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1654.html

転載開始









あのね
色使いにも
種類があるのよ 」






(・・;)







おおきな色使いとして


残像の色使い
そして 
感情の色使いがあるのよ 」






(・・;)








残像の色使いとは
現実的な色の残像が重なった色使いのことよ



その人を中心に見て
その人が過ごしている
過去の状況 現在の情景
そう言う現実の色が 重なって見えるのよ 」







(・・;)







あのね

こくまや
くまくまも言ってたんだけど

鳥族はね
この現実の残像の色が見えるのよ


そしてその残像をオーラと錯覚しているの 」





(・・;) 







大体ね

鳥族によってなんだけど 
その人が過ごしていた
3週間ぐらいから3か月くらいの残像が見えるの


これが
鳥族が感知してるオーラの色なのよ


3週間から3か月の残像のほとんどは
その人の過ごしていた部屋の色やベッド布団の色 
着ている寝間着 普段着
車とか身に着けてる持ち物

そういう色の残像が多いわ

その残像がオーラのように見えるのよ







(・・;)







だから鳥族さんはね

着てる寝間着の色とか 
部屋着がキラキラしたサテンのような素材の物を着てると

現実の色が残像がキラキラのオーラのように見えて
その人が神々しい人のように感じちゃったりするのよ 」





(・・;)・








他にもね

鳥族さんは 

ある人が地味な格好をしてても
その人の家がぴかぴかな飾りつけだったりすると
その残像で
その人にぴかぴかの富の気があると想ったりするの

そうするとね
鳥族さんの想いで 
その人に即効的な現実の財運が運ばれたりもするのよ 」





(・・;)!







想いが現実を引き寄せる


そして
鳥族さん達の想いを反応させて
現実を即効的に運ばせるのが 
残像の色使いなのよ




例えば 十二ひとえの残像効果

昔々
平安時代に貴族の女性の着てた
十二ひとえの色のような色が 


当時の鳥族さんを反応させて
現実を運ばせてた 
残像の色使いなの 」





(・・;)







過去の現実と
現在の現実が重なって
オーラのように見える人の視点ではね

現実よりも
色鮮やかな色に反応するの


ほら
赤 青 緑
光の三原色を重ねると
現実よりも鮮やかな色調のカラーが生まれるでしょ?


それが
残像効果のオーラの色に似ていて

だから現実よりも鮮やかな色調に 
鳥族さんの無意識が反応して 
その鮮やかな色の現実があると想うの


そう想ってね
その色のイメージの
富や資産 名誉を運んだりするのよ

 」






(・・;)








色の使い方で
鳥族さんは美の気を運んだりもするのよ



だから
即効的に
現実を呼ぶ色使いは 
残像効果の色使いなのよ


現実よりも鮮やかで
その色の意味の現実を運んでくるの 」 





(・・;)






それと
対極の色使いが
感情の色 
気分の色 
想いの色なのよ 」





(・・;)








残像の色が
あくまでも重なった
現実の色を見ているとすれば



感情の色は
想いの色を見てる感じよ


ほら
残像は現実や物質の色の重ね合わせでしょ?

感情の色は 気分の色 イメージの色なのよ 」 






(・・;)








例えば
怒りって聞くと 
たいていの人は
メラメラした紅い炎を連想するでしょ?


でも怒りの度合いによって赤の強さが違うのよ


赤のトーンが違ったり
ブルーな気分な時に怒ると 
赤と混ざって紫に見えたりする


それを
細かく詳細に描くのが感情の色表現なの 」






(・・;) 








そして 
感情の色使いはね
見てる人の感情をコントロールしたり
気分を刷り込むときに用いるのよ 



よく映画を見ながら
主人公と同じ感情を想起するような作品あるでしょ?



ああいうのって
実は色の効果で起こしてることも多いのよ


作品の色使いで 
主人公の気分を表現するの 


そうすると色の効果で
見てる人も
主人公の感情喚起をするような感じになるの 」






(・・;)







「 
ただね
感情の色使いは
残像と違って 
最初あまり目を引かないの



だから
最初のうちは
即効的なブームになりづらい


でもね
じわじわと見返すうちに 
心に残っていって感情を喚起されて
それで作品が残ることが多いのよ 」






(・・;)








アニメで
わかりやすく言うわ 


妖怪ウォッチの色使いが 
あれは残像効果の色使いに近いわ

ほら即効的に
ブームと言う現実が運ばれてきたでしょ?



それと対極に
初期のエヴァンゲリオンは
感情表現の色使いを取り入れてるの


そういえばエヴァンゲリオンって 
最初の放送では
あまりブームにはなってなかったみたいね


再放送で
じわじわブームになって
人気が高まっていったって聞いたわ 


きっと 
何度も見てるうちに感情を喚起されたのね 」 






(・・;)








それからね


会社の看板とかも 
企業によって
色使いがだいじなのよ


即効的に商品を売りたい
即効的に企業名を知ってもらいたい

もしくは
じわじわと残るように
感情に食い込むように浸透させていきたい


目的によって
看板やロゴの色使いも変えていかないといけないの



まず即効的に企業名を知ってもらってから

企業が有名になってから
後でデザインを変えて 
じわじわ印象に残るように色を変えていくという手法もあるわ


ただその場合 
色合わせをうまくやらないと
その企業がフェードアウトしちゃうような色使いになったりするのよ 」





(・・;)







もっと
わかりやすく言うわ 
残像の色使いが 
現実よりも鮮やかな色彩だとしたら 


感情の色使いは 
現実よりも薄いトーンの色使いなのよ


残像の色と違って 
現実よりも淡く薄い色であることが多いの 



だって感情はね


深く食い込ませないと 
感情を喚起させられないし 
想いに残らないでしょ?

だから薄く描くのよ 」






(・・;) 






「 
何故薄く描くかと言うとね


薄い感情に 
強く濃い感情が引き込まれるからよ



薄い色には 
強く濃い色がじわじわと引きこまれていくの


だから
感情や気分をコントロールする感情の色使いはね

現実の色よりも
薄く描くことがポイントなのよ 」 





(・・;)!







そして何故
しーちゃんがこれをわかったかと言うとね


それは 
こないだのお月さまよ

火星から
色情報が降ってきたの


火星の色よ 」







火星の色 
(・・;)・








こくまにずっとガブガブされて
最近 
しーちゃんはブルーだったのよ



そしたらね



何故かこくまが望んでた 
色 の情報と 
においの情報が降ってきたの 」






(・・;)・






「 
火星の色使いはね

感情の色使いだったわ


想いに食い込むような
そんな色使いだったの

火星の文化は
感情を動かす文化だったの


だから
火星の色を修得すれば
色で感情をコントロールすることができるわよ 」






(・・;)







それからね



ネガティブな人の方が 
ポジティブな人たちより
そういう宇宙からの情報や 
エネルギーや能力が
どんどん降ってきてるのよ


特にこの数年苦境にあえいでて 
今も続いてる人は 
いろんな才能がこれからどんどん宇宙から降ってくるわ



ブルーなふりだとのらないのよ

だって想いは響きあわないでしょ? 



本当にブルーな想いであればあるほど
天体のエネルギーがのりやすくなってるのよ 」






(・・;)







からすさんはね

その為に
オキニを強制的にブルーにするのよね


入院とか怪我を
ピンポイントのタイミングで
無理やり起こすの


月のタイミング時
宇宙からのエネルギーが降ってくる時 
ドンピシャでケガとか起こすと
そのタイミング 
ちょうどブルーになるでしょ?

そういうことをしてるのよ 」





(・・;)・






「 
そしたらね
しーちゃん見ちゃったのよ


ブルーな気分になると
タイミングを入りやすくなることを知った
小犬おばばがね 
オキニの吸血鬼にボコボコケガさせたりしてたのよ


からすさんが 
オキニの人をケガさせてるのをあめで見て 
現実にもマネしはじめたんだけどね


でもね
ひとつ言うわ


あれはタイミングがだいじなのよ



月のタイミングに
タイミングが降ってくるポイントでやるからこそ 
意味があるの



なんでもない日に
なんでもない場所で やってもただのケガなのよ 」






(・・;)・







それに表の座の吸血鬼って
数年間 
ハイテンションだったことが多いでしょ?

体の中に蓄えてるエネルギーに
数年間ブルーな記憶の積み重ねが無いと
宇宙からの情報がのりづらいのよ

想いと響きあってエネルギーはのるから


だから大犬は
破壊の時期の数年間だけは 
苦境の状況でいようとしたのよ 」






(・・;) 






「 
それとね
こんな情景も見たわ


ある
企業経営者さんの中に
月のタイミングを得る為に 
自分がけがしてブルーになるの嫌だった経営者さんがいたのよ 


そして 
社員さん達に祓って
社員さん達を次々怪我させたのよ 


たくさんの社員さん達を
ブルーにして追いこんで ケガもさせて



それであめで 
「 
俺は ブルーな社員達の生命線だから  
俺に天体緩衝のエネルギーが降ってくる 」って大はしゃぎしてたのよ 」 




(・・;)・・






でもね
あれは破壊の緩衝で
判断能力が欠如しちゃったのね 



天体緩衝は 
想いに降ってくるのよ

人間の場合だと会社ではなく
ブルーになった個人に降ってくるの 


それで
社長よりも社員の方がブルーになってそこにタイミングがのったら

エネルギー緩衝として
社長は追い出されちゃうのよ

だって社長よりも社員の方が運が良いんだから


もしくはその会社が潰されて
社員が独立して社長になるの

それがブルーな人に訪れる天体緩衝の力よ 」






(・・;)・







月はね 
タイミングがあったから
生まれたのよ



そしてね 
やっぱり想いが無いと 
タイミングはそこにのらないの


月は地球を見たい想いがあったから 
月が生まれたのよ 」





(・・;)







そして
しーちゃんは見たわ 


月のタイミング前の数年間
ブルーな気分だった記憶の積み重ねがあった人達が 


これから起こる天体緩衝と響きあって
どんどんタイミングと運が降ってくるのを



ほら 
ホームレスさん達や 
リアルあそびめさん達が
蘇って表の座につくって予言があったでしょ?



彼らもね

月のタイミング時 
現実的にブルーだったのよ


野心のある人はね
この数年現実的にブルーだった人ばかりなの

想いがそう言う現実を引き寄せたのよ 」
 




(・・;)







そして

もうひとつ言うわ

限りなく透明に近いブルーって言葉があるけれどね


透明に近いブルーは 
相続の時に適した感情の色なのよ


そして 
本当にブルーな人はね
嘆かなくもなるの



それが月の緩衝時 
最もタイミングを手に入れるブルーな人なのよ 」(しーちゃんの言葉)









P1070002_R.jpg







2014-08-18 :ねこねこのはなし :






転載終了



見ることは動かすこと (幻の桜ブログさんより)

2014.08.20 10:00|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です








あのね 

例えば 
ある人が吸血鬼と同じ空間に勤めていたとするでしょ? 

そして その吸血鬼と働いていた間 
イジメられて
エネルギーを吸われてたとするでしょ?  」



「 いじめられてた人が いじめっ子の吸血鬼が嫌になって その後 別な会社に転職したり 別な土地に行ったとするでしょ? 

その別な地で もし以前エネルギーを吸っていた 吸血鬼と同じ骨型の人がいると その人と同じ空間にいるだけで 吸血鬼と同じ骨型の人にエネルギーを吸われるという自動緩衝が起こる  」


「 骨のタイプが同じだと それで同じくらいの大きさの空間に一緒にいると エネルギーを見てる想念の目線だと 場所が違っても 人が違っても 同じ状況が起こっていると認知しちゃう 」


「 そうすると以前 同じ骨型の吸血鬼に エネルギーを吸われてたでしょ?

想念は 同じ骨型の人が近くにいるだけで その 同じエネルギーの動きをループさせようとする 」 


「 そうすると 何が起こるかと言えば 別な土地に行っても 以前イジメられてた吸血鬼と同じ骨型の人に エネルギーを吸われ続ける

どこに逃げても 以前いじめてた人と 同じ骨型の人がいると エネルギーが運ばれちゃう現象が起こる

もちろん後で出会ったイジメた人と同じ骨型の人は直接いじめてなくても イジメた時と同じようにエネルギーが抜けていく緩衝が発生する

そうすると 運ばれたエネルギーは イジメた吸血鬼と同じ骨型の人同士で分け合う そんな緩衝になる 」


「 もちろんこれは永続的ではない

バイオリズムが続いてる間や 吸われるしるしが発動してる期間だけは続く 

吸われるしるしが発動してるのは 短ければ75日だけど 長いと7年や それを繰り返すことで何十年も同じ骨型の人に吸われたりもする 」


「 しーちゃんは見た

吸血鬼達やおばば達の集合体の誰かに 過去に一度ターゲットにされると 過去に 誰かにいじめられてエネルギーやタイミングを吸われた経験があると その集合体に エネルギーが還流される

そうすると吸血鬼の集合体はまた同じところからエネルギーを吸おうとして イジメてエネルギーを吸った人の周囲に いじめた人と同じ骨型の人を その近くに配したりしようとする 」


「 そうすると 過去に同じ骨型の人が いじめてエネルギーを吸ったでしょ?

傍にいじめた人と 同じ骨型の人を置くだけで いじめてなくても自動的にいじめたように エネルギーが吸えちゃう

いじめた人と同じ骨型の人が傍にいるだけで イジメられっ子はイジメられた時と同じように 気を吸われたり タイミングを吸われたりし続ける 」


「 だから 以前イジメてた人や 以前エネルギーを吸っていた人と 同じ骨型の人には要注意が必要

もちろん 現実の事象を見ると 年も年齢も職場も違ったり 名前も肉付きも違うから 多くの人は いじめてた人と同じ骨型の人を まったくの別人と認知するけど 

だけど エネルギーを見てる想念の視点からすると 体つきの骨が同じだと 以前いじめて吸われていたのと 同じエネルギー緩衝が起こってるとおもう 」


「 もちろん後から会ったいじめっ子と同じ骨型の人には ただ骨型が同じだけで 本人にはイジメてる意識が無い

でも エネルギーを見てる想念の目線では 同じ骨型の人が傍にいるだけで 同じ緩衝の動きがされると想って それを繰り返そうとしちゃう

だから 職場 学校 家庭 以前いじめられてエネルギーを吸われた経験がある人は イジメた人と同じ骨型の人には気をつけないといけない 」



「 何故しーちゃんがそんな話をしたかと言えば 実は こういうエネルギーを見る目線って 人間では 以前はドールや からす族の人が持っていた能力だった 」


「 彼らは 大昔の月の緩衝で エネルギーを見れる能力がついた 

現実の状況はまったく違うように見えても エネルギー的に似たような状況 似たようなエネルギー質の流れをしてる それが瞬時に判別できた 

ドール達には そんなエネルギーの流れを体感する能力があった 」



「 エネルギーの流れがそう言う風に見えると ちょっとエネルギーの流れを組み替えただけで 以前のエネルギーの流れと 違うエネルギーの緩衝を起こせたりする

そうすると以前いじめてた骨型の人に 一方的にエネルギーが運ばれていたでしょ?

それと同じ骨型の人に会った時に ちょっとした動きや動作仕草を変えるだけで それでエネルギーの流れに緩衝を与えられれば イジメてた骨型の人に 自分のエネルギーが運ばれるのを防いだり もしくはイジメてた骨型の人のエネルギーを 逆にこちら側に運ばせることもできた 」



「 そうして エネルギーの流れを変えられると 違う現実が起こったりする

イジメてた系譜の人から タイミングや運がやってきて こちらのタイミングが良くなったりする 

見ることは動かすこと

エネルギーの流れを見れると こんな対処法が可能だった 」 



「 これがドール達の最大の力だった

ドール達の 現実の出先を変える力って 主にこのエネルギーの流れを見て 流れをちょっとした仕草や 動きの組み合わせで変えていくことで それによりお祓いをしたり 現実化の出先を変えたりしていた

エネルギーの流れを見れると 誰かに来るはずのよい未来も 誰かから 別な人へ簡単に入れ替えたりもできた 」



「 ところが びっくり 

今日 しーちゃんが あめを見たら 小犬を養分だと想っていたドール達から 次々にそのエネルギーを見る能力が 無くなっていた  」


「 エネルギーを見れなくなると ドール達は運ぶ能力を失う

現実を入れ替えたり お祓いができなくなる ビームもできなくなる

ビームって そもそも エネルギーの流れを見て その流れをちょっとの仕草で曲げて飛ばしてただけ

それがドール達のビーム能力の正体 」 



「 エネルギーの流れを見れなくなった ドール達が慌てていた 

エネルギーを見れなくなった どうしよう  ビームを飛ばせなくなった ビーム能力が弱ったどうしようどうしよう

そんな風に パニックパニックしていた 」


「 そんなドール達には 代わりの能力もはいってた

それは 顔色を見る能力

以前小犬達が持っていた 嘘を見抜く能力とか 目の前の人が何を想ってるか?とか そういうことがわかる能力が少しづつ 今ついてる 」


「 今はドールは ビーム能力が無くなってきてることに とまどってて慌ててる

しーちゃんはだから想う

もうすぐ小犬達の嘘に ドールが気づきはじめるんじゃないかって 」


「 だって 小犬達のように顔色を見ることができたら 小犬達が養分じゃなくて ただ被せてるだけってすぐにわかるようになる 

でもその時はもう遅い

嘘に気づいた時は ドールからは もうビーム能力とか 現実の運び先を変える能力が抜け落ちてるから 

正体に気づいても 攻撃したり 復讐する能力も無くなって 祓う能力もなくて どうしていいかわからなくて 大変なことになるとおもう 」



「 しーちゃんは疑問に想った ドールから抜けたエネルギーを見る能力が どこに行ったかなーって

そしたら 月の緩衝で 養分さんの所に行ったみたい  」


「 もともとエネルギーを見る能力は 情報を見たいというしー様の系譜や 好奇心がいっぱいの養分の系譜の人が持っていた能力だった


でも数万年以上前の 破壊の時期の緩衝で ドール達にそのタイミングをずらされて その能力が ドール達に宿っちゃった

でも元はドールは見たいという想いが無かったでしょ?

それでエネルギーの流れだけちょいちょい変えちゃうと現実が入ることを発見して それに夢中になって 国を作ったり王様を作ったり宗教を作ったりして あんなにおかしくなっちゃった 」



「 でもこないだの月食の緩衝で そのエネルギーを見る能力が 持ち上げられなかった養分さん達に 本当に情報を見たいという 好奇心いっぱいの養分さんに 次々戻っていくのが見えた

養分さんに エネルギーを見る能力が戻ると 想念も見えるようになって 周囲のエネルギーの流れを どんどん自然に戻そうとするはず 」




だって世界で養分にされてた人は
元は自然とつながってた人たちだから

そういう人たちが
月食の緩衝で 
能力がどんどん戻っていくとね 

おもうだけで 
社会が覆ったり 
仕組みが大きく変わったり
座が入れ替わったりしていくの

だから
これから
地球は自然に戻っていくのよ 

見ることは動かすことよ 」(しーちゃんの言葉)








見ることは動かすこと (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1655.html

転載開始








あのね 

例えば 
ある人が吸血鬼と同じ空間に勤めていたとするでしょ? 

そして その吸血鬼と働いていた間 
イジメられて
エネルギーを吸われてたとするでしょ?  」






(・・;)







でもってね


いじめられてた人が いじめっ子の吸血鬼が嫌になって


その後
別な会社に転職したり 
別な土地に行ったとするでしょ? 


その別な地で
もし以前エネルギーを吸っていた
吸血鬼と同じ骨型の人がいると

その人と同じ空間にいるだけで  

吸血鬼と同じ骨型の人にエネルギーを吸われるという自動緩衝が起こるのよ  」








自動緩衝? 
(・・;)







骨のタイプが同じだとね 
それで同じくらいの大きさの空間に一緒にいるとね


エネルギーを見てる想念の目線だと


場所が違っても 
人が違っても 
同じ状況が起こっていると認知しちゃうのよ 」







(・・;)・









そうすると以前
同じ骨型の吸血鬼に
エネルギーを吸われてたでしょ?


想念はね
同じ骨型の人が近くにいるだけで


その 
同じエネルギーの動きをループさせようとするの 」 





(・・;)






そうするとね
何が起こるかと言えば 


別な土地に行っても 
以前イジメられてた吸血鬼と同じ骨型の人に
エネルギーを吸われ続けるの


どこに逃げても
以前いじめてた人と 同じ骨型の人がいると
エネルギーが運ばれちゃう現象が起こるの


もちろん後で出会ったイジメた人と同じ骨型の人は直接いじめてなくてもね
イジメた時と同じようにエネルギーが抜けていく緩衝が発生するの



そうするとね
運ばれたエネルギーは
イジメた吸血鬼と同じ骨型の人同士で分け合う
そんな緩衝になるのよ 」





(・・;)・







もちろんこれは永続的ではないわ

ただバイオリズムが続いてる間や

吸われるしるしが発動してる期間だけは続くの 


吸われるしるしが発動してるのは
短ければ75日だけど
長いと7年や 
それを繰り返すことで何十年も同じ骨型の人に吸われたりもするの 」






(・・;)・








それでね
しーちゃんは見たのよ


吸血鬼達やおばば達の集合体の誰かに
過去に一度ターゲットにされるとね


過去に
誰かにいじめられてエネルギーやタイミングを吸われた経験があるとね


ほら 
その集合体に
エネルギーが還流されるでしょ?



そうすると吸血鬼の集合体はまた同じところからエネルギーを吸おうとして

イジメてエネルギーを吸った人の周囲に
いじめた人と同じ骨型の人を その近くに配したりしようとするの 」






(・・;)・






そうすると
過去に同じ骨型の人が 
いじめてエネルギーを吸ったでしょ?



傍にいじめた人と
同じ骨型の人を置くだけで
いじめてなくても自動的にいじめたように
エネルギーが吸えちゃうのよ


いじめた人と同じ骨型の人が傍にいるだけで
イジメられっ子はイジメられた時と同じように
気を吸われたり 
タイミングを吸われたりし続けるの 」




(・・;)・ 






だからね
以前イジメてた人や 
以前エネルギーを吸っていた人と
同じ骨型の人には要注意が必要なのよ



もちろんね
現実の事象を見ると
年も年齢も職場も違ったり
名前も肉付きも違うから 
多くの人は いじめてた人と同じ骨型の人を
まったくの別人と認知するんだけどね 


だけどね 
エネルギーを見てる想念の視点からすると


体つきの骨が同じだと 
以前いじめて吸われていたのと
同じエネルギー緩衝が起こってるとおもうのよ 」





(・・;)・






もちろん後から会ったいじめっ子と同じ骨型の人には 
ただ骨型が同じだけで
本人にはイジメてる意識が無いのよ


でも
エネルギーを見てる想念の目線では
同じ骨型の人が傍にいるだけで
同じ緩衝の動きがされると想って それを繰り返そうとしちゃうの



だからね 
職場 学校 家庭 
以前いじめられてエネルギーを吸われた経験がある人は
イジメた人と同じ骨型の人には気をつけないといけないのよ

 」





(・・;)・







ところでね

何故しーちゃんがそんな話をしたかと言えばね



実はね 
こういうエネルギーを見る目線って 

人間では
以前はドールや からす族の人が持っていた能力だったのよ 」





(・・;)






彼らはね
大昔の月の緩衝で
エネルギーを見れる能力がついたのよ 


現実の状況はまったく違うように見えても
エネルギー的に似たような状況 
似たようなエネルギー質の流れをしてる

それが瞬時に判別できたの 

ドール達には そんなエネルギーの流れを体感する能力があったのよ 」





(・・;)







それでね
エネルギーの流れがそう言う風に見えるとね

ちょっとエネルギーの流れを組み替えただけで

以前のエネルギーの流れと 
違うエネルギーの緩衝を起こせたりするのよ

そうすると以前いじめてた骨型の人に 
一方的にエネルギーが運ばれていたでしょ?


それと同じ骨型の人に会った時に 
ちょっとした動きや動作仕草を変えるだけで
それでエネルギーの流れに緩衝を与えられれば 

イジメてた骨型の人に
自分のエネルギーが運ばれるのを防いだり



もしくはイジメてた骨型の人のエネルギーを
逆にこちら側に運ばせることもできたのよ 」






(・・;)






そうして 
エネルギーの流れを変えられるとね 

違う現実が起こったりするのよ

イジメてた系譜の人から
タイミングや運がやってきて
こちらのタイミングが良くなったりする 


見ることは動かすこと

エネルギーの流れを見れるとね 
こんな対処法が可能だったのよ 」 




(・・;)







そしてね
これがドール達の最大の力だったのよ


ドール達の
現実の出先を変える力って
主にこのエネルギーの流れを見て

流れをちょっとした仕草や 
動きの組み合わせで変えていくことで 

それによりお祓いをしたり
現実化の出先を変えたりしていたの


エネルギーの流れを見れると

誰かに来るはずのよい未来も
誰かから 別な人へ簡単に入れ替えたりもできたのよ 」





(・・;)






ところがね 
びっくりなのよ 

今日
しーちゃんが
あめを見たらね

小犬を養分だと想っていたドール達から 
次々にそのエネルギーを見る能力が 
無くなっていたのよ  」






(・・;)






「 
エネルギーを見れなくなるとね


ドール達は運ぶ能力を失うのよ

現実を入れ替えたり 
お祓いができなくなるの
ビームもできなくなるのよ



だってビームって
そもそも
エネルギーの流れを見て 
その流れをちょっとの仕草で曲げて飛ばしてただけだから


それがドール達のビーム能力の正体よ 」 







(・・;)・








それでね
エネルギーの流れを見れなくなった
ドール達が慌てていたのよ 

エネルギーを見れなくなった どうしよう 
ビームを飛ばせなくなった 
ビーム能力が弱ったどうしようどうしよう



そんな風に
パニックパニックしていたわ 」






(・・;)・ 






「 
ただね
そんなドール達には 
代わりの能力もはいってたのよ



それはね
顔色を見る能力


以前小犬達が持っていた 
嘘を見抜く能力とか
目の前の人が何を想ってるか?とか

そういうことがわかる能力が少しづつ 今ついてるのよ 」





(・・;)・






「 
今はドールはね
ビーム能力が無くなってきてることに
とまどってて慌ててるんだけど


しーちゃんはだから想うのよ



もうすぐ小犬達の嘘に 
ドールが気づきはじめるんじゃないかって 」




(・・;)







だって
小犬達のように顔色を見ることができたら

小犬達が養分じゃなくて
ただ被せてるだけってすぐにわかるようになるでしょ? 
 

でもその時はもう遅いのよ

嘘に気づいた時は
ドールからは もうビーム能力とか 
現実の運び先を変える能力が抜け落ちてるから 


だから正体に気づいても
攻撃したり 復讐する能力も無くなって
祓う能力もなくて


どうしていいかわからなくて

大変なことになるとおもうのよ 」






(・・;)・ 








それからね

しーちゃんは疑問に想ったのよ


ドールから抜けたエネルギーを見る能力が
どこに行ったかなーって



そしたらね

月の緩衝で 
養分さんの所に行ったみたい  」






(・・;)






もともとエネルギーを見る能力は  
情報を見たいというしー様の系譜や
好奇心がいっぱいの養分の系譜の人が持っていた能力だったのよ


でも数万年以上前の
破壊の時期の緩衝で
ドール達にそのタイミングをずらされて

その能力が
ドール達に宿っちゃったのよ


でも元はドールは見たいという想いが無かったでしょ?

それでエネルギーの流れだけちょいちょい変えちゃうと現実が入ることを発見して

それに夢中になって
国を作ったり王様を作ったり宗教を作ったりして あんなにおかしくなっちゃったのよ 」




(・・;)・ 




でもこないだの月食の緩衝で
そのエネルギーを見る能力が
持ち上げられなかった養分さん達に

本当に情報を見たいという
好奇心いっぱいの養分さんに 
次々戻っていくのが見えたのよ



養分さんに 
エネルギーを見る能力が戻るとね


想念も見えるようになって 

周囲のエネルギーの流れを
どんどん自然に戻そうとするはずよ 」





(・・;) 





だって世界で養分にされてた人は
元は自然とつながってた人たちだから


そういう人たちが
月食の緩衝で 
能力がどんどん戻っていくとね 


おもうだけで 
社会が覆ったり 
仕組みが大きく変わったり
座が入れ替わったりしていくの


だから
これから
地球は自然に戻っていくのよ 



見ることは動かすことよ 」(しーちゃんの言葉)





P1070001_R.jpg







2014-08-19 :ねこねこのはなし :





転載終了




ブスはよく笑うからブスなのだ (幻の桜ブログさんより)

2014.08.16 23:47|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です









支配したと想った時が
支配されはじめる時 」



「 勝ったと想った瞬間が 負けはじめる時 」



「 くまくまは知っている

人を舐める 人を馬鹿にする 人をあざ笑う 

人にその感情を持った時から 実はその存在に やられはじめてるということを 」


「 人は 断片的な一部分の優劣や行動を見て すぐ勝った負けたを判断する傾向がある

だが存在は 断片的な一部分で言い表せない 

自分が見えていない領域が 必ず相手にはあるはず

だから 相手の側面を見て 相手のすべてを知ったことにはならぬ

相手には こちらに見せぬ手数があるのかもしれぬ 」 


「 人は 警戒心注意力を抱いている存在には それほどやられない

なめてる存在 馬鹿にした存在 あざ笑った存在にこそやられることが多い


ヒトラーや スターリンも あいつらがポッと出てきた時代 当時の政敵たちは やつらの振る舞いや外見 行動を見て 舐めたり 笑い者にしていた 

だがいつのまにか 舐めていた者達が実権を握り 政敵はいつの間にか葬り去られていた 」


「 しんぞーも つい最近まで多くの者たちが ゲリゾーゲリPーとバカにしていた

バカにしてた者たちの多くは 今しんぞーが取っている政策のせいで 苦しみにあえいでいるはず

そして今 財界人達は しんぞーを都合のよい財界の小間使いと想ってバカにしてるが しんぞーは 小間使いのように使われながら 日本の財界を根絶やしにするような計画を着々と進めている  」 



「 
引力の問題だ

敵よりネガティブにならぬと
勝てぬのだ

舐める行為
馬鹿にする行為は
それだけ自分が
相手よりポジティブであるということを見せてること

それに 
人はやられてしまう 

特に月のタイミングの時期は
ネガティブさが
ツキを手にするタイミング 

ネガティブだ

ネガティブでなければ
負けるのだ 

」(くまくまの言葉)








追伸

☆くまくまの言葉 後編☆

かたりて くまくま 





自分よりネガティブな者が
より強いタイミングを手にする

だからドールや大犬達は
破壊の時期

自分よりネガティブな者達を持ち上げて 
ひたすらハイテンションにさせようとしたのだ  」



「 現代社会や お笑い文化は 面白くもないのに 無理やり笑顔を作らせ 笑わせようとする

あれは 笑った者たちのエネルギーをはぐため 」


「 笑う門には 福来るということわざがあるが あれは 笑われた相手に福が来るということ


古代人は 現代人ほど笑いはしなかった

馬鹿にする 舐めるという感情喚起が どのようなエネルギー緩衝を もたらすかを知っていたから 」




「 笑顔は怖いのだ むやみやたらと 発するべきものではない 

本来 笑顔は 自分の エネルギーを受けとめてほしい存在にのみ 笑み浮かべるもの

おじいちゃんが孫を見て 笑みを浮かべるように 愛する者を見て 笑顔を向けるように 自分のエネルギーを相続してほしいものにこそ 笑顔を送る 」





くまくまは他人を
あざ笑うほど暇ではない

かわいいものにしか
笑みは浮かべない

おじいちゃんは言っていた

「 
ブスはよく笑うから
ブスなのだ

美人は笑わないから
美人なのだ  」 」(くまくまの言葉)







*MAHAOさんがあめ(夢)のお話しをされています

本編をお読みください









ブスはよく笑うからブスなのだ (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1653.html

転載開始








P8160073_R.jpg









支配したと想った時が
支配されはじめる時 」







(・・;)






勝ったと想った瞬間が 
負けはじめる時 」








(・・;)





「 
くまくまは知っている

人を舐める 
人を馬鹿にする
人をあざ笑う 



人にその感情を持った時から 
実はその存在に やられはじめてるということを 」






(・・;)!





「 
人はな
断片的な一部分の優劣や行動を見て
すぐ勝った負けたを判断する傾向がある


だが存在は
断片的な一部分で言い表せないのだ 

自分が見えていない領域が
必ず相手にはあるはずだ


だから 
相手の側面を見て
相手のすべてを知ったことにはならぬ


相手には
こちらに見せぬ手数があるのかもしれぬのだぞ 」 







(・・;)・






「 
人はな
警戒心注意力を抱いている存在には
それほどやられないのだ


なめてる存在 
馬鹿にした存在 
あざ笑った存在にこそやられることが多いのだ


ヒトラーや 
スターリンもな
あいつらがポッと出てきた時代 


当時の政敵たちは
やつらの振る舞いや外見 
行動を見て
舐めたり 笑い者にしていたのだ 


だがいつのまにか
舐めていた者達が実権を握り
政敵はいつの間にか葬り去られていた 」





(・・;)





「 
しんぞーもな

つい最近まで多くの者たちが
ゲリゾーゲリPーとバカにしていたであろう?



バカにしてた者たちの多くは
今しんぞーが取っている政策のせいで
苦しみにあえいでいるはずだ



そして今
財界人達は 
しんぞーを都合のよい財界の小間使いと想ってバカにしてるがな


しんぞーは
小間使いのように使われながら
日本の財界を根絶やしにするような計画を着々と進めているのだ  」 





(・・;)・





「 
引力の問題だ

敵よりネガティブにならぬと
勝てぬのだ

舐める行為
馬鹿にする行為は
それだけ自分が
相手よりポジティブであるということを見せてること



それに 
人はやられてしまう 


特に月のタイミングの時期は
ネガティブさが
ツキを手にするタイミング 


ネガティブだ

ネガティブでなければ
負けるのだ 

」(くまくまの言葉)









今日
こんなあめ(夢)を見ました





私はあめで
車でちくさあの海さんの周辺を
ぐるぐると回っていました





少し坂道になっている
木立があって
その木立から
たくさんのねこたちがわらわらと出てきたので




くまちゃんに
車を停めてもらい
ねこたちにごはんをあげようとしました


その直後
急にシーンが変わりました



明治時代のあめの情景を見ました 


蘇ったばかりの天皇家

皇族たちが暮らしてる宮中の内部に私はいました



天皇家に使えてる女官達は
こんなうわさをしていました



皇后が重用してる者に下賤な身分な輩がいる

あんな卑しい身分の者を
皇后は巫女として重用している

何であのような奴らを 」



女官たちは
巫女として重用されてる女性に
とても軽蔑し 怒りと憤慨を感じてる様子でした



彼女の出自の卑しさをあげつらい
なんであんな
身分の卑しい者を 
とずっとそればかり言い続けていました



そして女官たちの話では

巫女の女性以外にも
数人卑しい身分の出自の者達が天皇家に召し抱えられて 
だいじにされていました


女官は手下たちに命じ 
ちょっとした隙を見て 
卑しい出自の子供達を宮中内部でいじめさせたり
馬鹿にさせたりしていました




ところが
そのいじめの様子を見て

皇室の保育所を取り仕切ってる
ある皇族がいきなりやってきて 彼らを咎めました


その皇族は
とても豪華で物々しい格好をしていましたが

卑しい出自の子供にて
とても気さくに フレンドリーに話しかけ 
何か困ったことがあったら なんなりと言ってくれと
その子を庇うような行動をしました



そして 
いじめをしていた
手下の手下たちに
「 絶対に手出しをしてはならぬ 」 
と とても戒めていました 



私はそれを見て 
やっぱり偉い人って 
対応が違うのかなーと想ったのですが



保育所を取り仕切っていた皇族は
飛んでいる飛行機の中でひとりになると



ものすごく怒りに狂いました

「 
いまいましい養分め 

わしを
あんな奴らにへりくだらせおって 

今に見ておれ 」



彼は破壊の時期の緩衝を知っているようでした
破壊の時期の緩衝時 
厄を押しつける為に 
卑しい出自の者を引き立ててこれから持ち上げていく


その指令を受け納得はしてるのですが

でも
その事にとてもストレスを感じているようでした 



私は彼の様子を見て想いました


皇室の保育所を取り仕切ってた皇族は 
藤原なのだ 


表面上庇う行動をしながら
でも心の中で
その行為にとてもストレスを感じていて



だからこそ破壊の時期のピークの時


卑しい者達を持ち上げているという彼らのフィルターが
養分と小犬達を錯覚させてしまう行動につながったんだ


そんな感じのことを想いました 


そして
卑しい身分の女性が皇后の巫女として召し抱えられ
宮中の中で重用されてることを不快に想った女官たちのその想い


その想いがその子孫達に 
養分に被せて 座を得るという小犬達の行動につながらせたんだとも想いました
 





宮中で召し抱えられていた 
養分の子供達たちは 
その後 地下鉄にいました



地下鉄の中で
戦争が起こる前に描かれた漫画を読んでいました


その漫画は現代の漫画と比べても
とてもよく描けているクオリティの高いマンガで



戦前のこんな時代から
あめでは
こんな漫画が読まれていたんだという事実に驚愕し 感嘆しました





しばらくして
またあめの情景が変わりました 



それは
イオン最後の地でした



イオン最後の地で
巨大な怪獣が暴れまわっている姿が見えました



私は
怪獣が復活することは知っていたのですが
ほとんどの人は
怪獣情報に対して
ただの与太話としか想ってくれませんでした




しかし怪獣は
建物の陰に隠れながら
いきなり建物を割ってあらわれ
ひとり またひとりと 
呑みこんでいきました



私は
その怪獣が来る
タイミングや気配が何となく
わかっていたので



怪獣が来る前に
居場所を移動したり
やり過ごしていました



そうしてるうちに
怪獣の上に一人の男性が
のっている姿が見えました


彼は私のことを見ても
襲いかかろうともせず



というか
何か私についてる何かを見て
それに一目置いてるような感じをしてました


 
私は
怪獣のりに聞きました



「 アンゴラとはどこなのですか? 」


そしたら怪獣のりは
とてもうれしそうな顔をして
皇居の壁のさらに
もっと先のあたりに飛び込みました



ここがアンゴラだよ 」 


彼にそう言われました




その瞬間 
イメージが伝わりました

昔の江戸城の壁は  
想念的に
今の皇居よりももっと広く作られていた


昔の江戸城は今の皇居よりも数回りも大きくて
新宿あたりにも
大きな想念の壁が築かれていた 
夢の江戸城では新宿もテリトリーに入っていた


でも今は
新宿には高層ビルが立ち並び
昔の江戸城の壁は壊されてしまっている 



東京と言う都市の結界は一見膨らんでるように見えながら
想念的な結界は実は縮んでいる

そんな様子がうかがえました



そして想念的な結界が縮んだことで
小犬達が 
東京と言う都の座の頂点につくことができたということもなんとなくわかりました




怪獣は姿をおおっぴらにあらわしてから
たくさんの 
軍隊が出動していました



DQNプロレスラーたちもたくさんやってきて
怪獣に次々戦いを挑んだのですが


怪獣の作ったテリトリーの領域に一瞬にして運ばれると

そこで怪獣が出した音の吹き出しで
彼らの姿は次々消え テリトリーの中に呑みこまれていく様子が見えました


怪獣には
どんな軍隊も
城も歯が立たないようでした



怪獣は大暴れしていました





私は
これら一連のあめを見て

起きて
そしてこう感じました



木更津は
これから大発展する

ものすごく人気の街になる

ひょっとすると
今ランキングに上がってる
人気の上位の街よりも
もっともっと人気の街になるかもしれない 



何故だか
そんな気がしました








追伸




☆くまくまの言葉 後編☆


かたりて くまくま 






自分よりネガティブな者が
より強いタイミングを手にする

だからドールや大犬達は
破壊の時期

自分よりネガティブな者達を持ち上げて 
ひたすらハイテンションにさせようとしたのだ  」





(・・;)



 

現代社会や
お笑い文化はな

面白くもないのに
無理やり笑顔を作らせ
笑わせようとする


あれはな
笑った者たちのエネルギーをはぐためなのだ 」





(・・;)






笑う門には
福来るということわざがあるが


あれは 
笑われた相手に福が来るということだ


古代人は
現代人ほど笑いはしなかったのだ



馬鹿にする
舐めるという感情喚起が
どのようなエネルギー緩衝を
もたらすかを知っていたからだ 」





(・・;)・ 







笑顔は怖いのだ

むやみやたらと
発するべきものではない 


本来 
笑顔はな 


自分の
エネルギーを受けとめてほしい存在にのみ 
笑み浮かべるものだ



おじいちゃんが孫を見て
笑みを浮かべるように


愛する者を見て
笑顔を向けるように
 


自分のエネルギーを相続してほしいものにこそ 
笑顔を送るのだ 」





(・・;)!






くまくまは他人を
あざ笑うほど暇ではない


かわいいものにしか
笑みは浮かべない


おじいちゃんは言っていた


「 
ブスはよく笑うから
ブスなのだ


美人は笑わないから
美人なのだ  」 」(くまくまの言葉)







P8160079_R.jpg








2014-08-16 :ねこねこのはなし :





転載終了


ヤマトタケル (幻の桜ブログさんより)

2014.08.16 11:49|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です







ちくさあに ある男の人がいたのが見えた

小柄で体つきが 脆弱そうな男の人

彼を含む数人の男女の集団が あくるーおうがいた頃 ちくさあや上総近辺に 数年間移り住んでいた様子が見えた
  
よそ者だった彼らは進んで 古くから土地に住んでいた先住民たちの下働きを買って出た

土地の人たちは 当初 彼らに頼み事はしていなかった 

でも 何を言われても ハイハイと言い 嬉々とした姿で 迅速にやってくれる姿を見て ひとり またひとりと 土地の人たちが 次々と彼に頼みごとをするようになった

頼んでいる人たちの中には 彼に優越感を感じながら 遠慮なく頼み事する人達もいた

ちくさあの集落の人たちは 下働きを進んでしてくれる彼らを いい人だなあと 想い 信用しきるようになっていた 

でも 下働きをしてた彼は こう想っていた

もっとこの地の者たちをとりこまねばならぬ 

もっと土地の者達に 警戒心を持たれないようにせねばならぬ  

彼は それに意識を集中してる感じだった

彼がちくさあの集落に来る以前 ゆ族の姫に 情報を告げられているイメージも見えた

こういう言葉を伝えてるイメージが見えました


「 
もしも支配をしたいならば
月のタイミングを手にせよ

月食の緩衝時  
支配したい者達の下僕になれば

数年間 
その下働きをし続ければ

感情を喚起し
快楽を感じさせれば  

下働きをして快楽を感じた相手 
とその系譜は 

月食の緩衝が終わった後も
長期に渡ってお前の系譜の下僕にすることができる

支配したと想った時が 
支配されはじめる時

支配したと想わせるのだ 

 」 


そのタイミング時 あえて ちくさあの集落の人たちや しいかの山の人たちの 雑用係りになっていたようだった

彼が下働きをする一方で ちくさあの対岸では 彼のチームのたくさんの女性達が 月の緩衝時 対岸の漁師の男性達と体をつなぎまくってる姿が見えた

相手の求めに応じながら 相手に欲望に応えながら  情報収集と 彼の為に動く軍勢作りを進めていたのが見えた  

そして 時が来て 月食の緩衝が終わった後 彼らは一斉に動き出した

そして一気に ちくさあの浜辺に上陸して あくるーおうの集落を攻め滅ぼした 

数年以上 ちくさあの集落で下働きをして そして月食の緩衝が終わった後 手のひらを返し攻め滅ぼした男が
後年こう呼ばれていたのが聞こえた


「 
ヤマトタケル 」 




月日は流れ ヤマトタケルにどことなく似ている しんぞーと呼ばれる政治家が 経済界や財界の重鎮たちのニーズにこたえながら 彼らの小間使いのようになりながら 彼らの意を汲みながら 月食の緩衝時 彼らのすべてを罠にかけようとしている姿も見えた  

財界の重鎮たちは しんぞーを なんでもいう事を聞いてくれる 一時的な小間使い 下僕のようにしか感じていなかった

彼は財界の人たちがそう想ってることを知っていた

そう想ってることを知りながら あえて財界の人たちの意を汲んで動いてた 





月と海を見ながら こうも想った

月食は呑みこむしるし 

地球の影を写す 紅い月の緩衝時 想念的に満足する姿を見せてしまえば その時期想念的に満足して無いと想った者に月のエネルギーが運ばれて 呑みこまれてしまうと 



だから もしも 彼が下働きをしてなかったら 彼に集落の人たちがとりこまれてなかったら こんな歴史にはなってなかったはず と 


もちろん あくるーおう自体は 彼をこき使いはしなかった

でも あくるーおうの集落の人たちは 次々彼に取り込まれて 彼を下働きとして たった数年間彼を使ったせいで 月食後 彼よりはるかに強かった集落の人たちが ありえないような負け方をして 信じられないような運が悪い現象が続き 数百年以上 千年以上も 彼の系譜に奴隷にされていったさまが見えた



「 満足は想念的に死に近い 」 

そんな言葉が 聞こえてきた




あめ(夢)で 誰かが タケルを ネガティブと呼んでた 

でも私は想った 

あれはネガティブではない 引力でもない 


あれは妬み 

妬みと ネガティブは違う


ネガティブや引力は 直前まで いう事を聞きながら 時が来た後 一気に裏切ったり 手のひら返しをしたり 引き落とすような行動はしない

想念の中には 妬みとネガティブを錯覚してしまう想念もいて それにより 彼らに月のタイミングが運ばれたんだとも想った

妬みとネガティブは 表面的な現象は似て見えるかもしれないけれど まったく違う現象 

その二つが 今後間違えられることがあってはならないと 私は想った








ヤマトタケル (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1652.html

転載開始







8月14日
深夜



ちくさあの海さんに行きたくなり 

浜辺へ
向かいました



前日から雨で 空全面雲が覆っていたのですが 


ちょうど浜辺前の駐車場についた頃

月のまわりの雲が薄くなって

雲間から 

お月さまが姿を現してくれました 


浜に行き
海と月においのりをしました





P8140291_R.jpg






帰り際
ふたたび駐車場で
お月さまを見ていると 

こんなイメージが見えてきました


それは古きちくさあのイメージで 

誰かの記憶のようでした 



ちくさあに 
ある男の人がいたのが見えました



小柄で体つきが
脆弱そうな男の人

彼を含む数人の男女の集団が
あくるーおうがいた頃 
ちくさあや上総近辺に 
数年間移り住んでいた様子が見えました
  





P8140292_R.jpg






よそ者だった彼らは進んで
古くから土地に住んでいた先住民たちの下働きを買って出ました




土地の人たちは
当初 彼らに頼み事はしていませんでした 



でも 
何を言われても
ハイハイと言い 
嬉々とした姿で 
迅速にやってくれる姿を見て


ひとり またひとりと 
土地の人たちが
次々と彼に頼みごとをするようになりました



どんな頼みごとをしても
彼は急いでそれをこなしてくれ 

うれしそうな顔をして
いやな表情一つ見せません


集落の男性に 
女性を求めるものがいれば
彼は自分の集団の中から女性を集落の男性にあてがったりもしました 



最初は彼に頼むことをしたくなかった人たちも 

ハイハイなんでも 小間使いのように彼らがやる姿を見て
次第にあれこれ頼むようになりました


頼んでいる人たちの中には 
彼に優越感を感じながら 
遠慮なく頼み事する人達もいました


集落の人の雑用を進んで引き受けるその姿は 
まるでパシリのプロフェッショナルのような姿でした 





P8140295_R.jpg






ちくさあの集落の人たちは

下働きを進んでしてくれる彼らを 
いい人だなあと 想い 
信用しきるようになっていました 



でも
下働きをしてた彼は
こう想っていました


もっとこの地の者たちをとりこまねばならぬ 

もっと土地の者達に
警戒心を持たれないようにせねばならぬ  


彼は
それに意識を集中してる感じでした



そして 
彼がちくさあの集落に来る以前 
ゆ族の姫に 
情報を告げられているイメージも見えました



こういう言葉を伝えてるイメージが見えました


「 
もしも支配をしたいならば
月のタイミングを手にせよ



月食の緩衝時  
支配したい者達の下僕になれば


数年間 
その下働きをし続ければ


感情を喚起し
快楽を感じさせれば  


下働きをして快楽を感じた相手 
とその系譜は 

月食の緩衝が終わった後も
長期に渡ってお前の系譜の下僕にすることができる


支配したと想った時が 
支配されはじめる時

支配したと想わせるのだ

 」 



彼はゆ族の姫に
月の緩衝のことを教えてもらっていました  



そのタイミング時
あえて
ちくさあの集落の人たちや
しいかの山の人たちの
雑用係りになっていたようでした 






P8140308_R.jpg



 


彼が下働きをする一方で



ちくさあの対岸では 
彼のチームのたくさんの女性達が
月の緩衝時
対岸の漁師の男性達と体をつなぎまくってる姿が見えました




相手の求めに応じながら
相手に欲望に応えながら  
情報収集と 
彼の為に動く軍勢作りを進めていたのが見えました  


そして 
時が来て 
月食の緩衝が終わった後

彼らは一斉に動き出しました


女性達は 
体をつないだ漁師たちをそそのかして
大和からの軍勢を渡らせる兵士たちに仕たてました



彼自身も
ちくさあの集落から 手引きをして
たくさんの兵士たちを上陸させました



そして一気に
ちくさあの浜辺に上陸して
あくるーおうの集落を攻め滅ぼしたのです 



私は数年以上 
ちくさあの集落で下働きをして
そして月食の緩衝が終わった後 手のひらを返し攻め滅ぼした男が
後年こう呼ばれていたのが聞こえました


「 
ヤマトタケル 」 





P8140309_R.jpg







タケルは 
男なのに
当時の男性としては
まるで女性のように
弱弱しいか細い体つきでした 




その脆弱さを知ってるが故
タケルは 
自分よりも
愚かな者たちを腹心として選び 
それを重用しました



目先の損得をちらつかせたら
すぐにいう事を聞く 
褒美や
女を抱かせたら 人をすぐに切り殺せる 


自分より誘惑に弱い愚か者でないと

自分よりも意志が弱く
感情に動かされる者たちでないと
自分が安心して使えない 


賢く有能な者は安心できない 
そう感じているのが見えました


ただタケルが
そんな手下ばかりを集めたせいで 



ちくさあや しいかの山
上総一帯が
とてつもない惨劇に見舞われたのも見えました  

 




P8140312_R.jpg







月日は流れ
ヤマトタケルにどことなく似ている
しんぞーと呼ばれる政治家が


経済界や財界の重鎮たちのニーズにこたえながら
彼らの小間使いのようになりながら
彼らの意を汲みながら


月食の緩衝時
彼らのすべてを罠にかけようとしている姿も見えました  



財界の重鎮たちは
しんぞーを
なんでもいう事を聞いてくれる
一時的な小間使い 下僕のようにしか感じていませんでした



彼は財界の人たちがそう想ってることを知っていました

そう想ってることを知りながら
あえて財界の人たちの意を汲んで動いてました 



私は
一連の情景を見て感じました 



腰ぎんちゃくをしながら
目上の者の言うことを
なんでも聞く者たちが 


ある日突然
今まで仕えていた上司や目上の存在を裏切って 
会社や家 派閥を乗っ取る


その行動の起源は
この島ではヤマトが作られた時にはじまったと



ヤマトの遺伝子が
それをさせてるんだと想いました

 




P8140313_R.jpg







月と海を見ながら
こうも想いました

月食は呑みこむしるし



地球の影を写す
紅い月の緩衝時

 
想念的に満足する姿を見せてしまえば
その時期想念的に満足して無いと想った者に月のエネルギーが運ばれて
呑みこまれてしまうと 


だから 
もしも
彼が下働きをしてなかったら 
彼に集落の人たちがとりこまれてなかったら 
こんな歴史にはなってなかったはず と 






P8140315_R.jpg






もちろん 
あくるーおう自体は 
彼をこき使いはしませんでした



でも
あくるーおうの集落の人たちは 
次々彼に取り込まれて
彼を下働きとして 
たった数年間彼を使ったせいで 


月食後
彼よりはるかに強かった集落の人たちが 
ありえないような負け方をして 
信じられないような運が悪い現象が続き 
数百年以上 千年以上も 
彼の系譜に奴隷にされていったさまが見えました




「 満足は想念的に死に近い 」 

そんな言葉が 聞こえてきました






P8140338_R.jpg







あめ(夢)で
誰かが
タケルを
ネガティブと呼んでました 




月食の緩衝時
タケルが下働きをしてる姿をあめで見て
彼には引力の気がついてるとまで言っていました

  


でも私は想いました 


あれはネガティブではない 
引力でもない 
あれは妬み 




妬みと
ネガティブは違う




ネガティブや引力は 
直前まで いう事を聞きながら    
時が来た後 一気に裏切ったり 手のひら返しをしたり 引き落とすような行動はしない



想念の中には 
妬みとネガティブを錯覚してしまう想念もいて
それにより
彼らに月のタイミングが運ばれたんだとも想いました




でも
妬みとネガティブは
表面的な現象は似て見えるかもしれないけれど
まったく違う現象 


その二つが
今後間違えられることがあってはならないと
私は想いました







2014-08-15 :土地さんから聞いたお話 :




転載終了


食べて治す? 気分で治す? (幻の桜ブログさんより)

2014.08.14 00:29|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です









よく体が悪くなったら
悪くなった部分と
同じ部位を食べると
治るということわざがあります 」



「 あれは本当

食べることでエネルギーをとるタイプの人は 悪くなった部位を食べると 治りやすい 」 



「 何故かと言うと エネルギー質が似てるから

他の動物であっても 目は目 足は足 レバーはレバー 似たようなエネルギー質をしてる部位だから 」


「 そして 類は友を呼ぶ 

体内に 似たようなエネルギー質の部位が入ると 似たようなエネルギー質の体の部分に届けられる

そうすると 具合が悪くなった身体の部分が補強されて 治りやすくなったりする 

食は薬 

これが食べて治すタイプの人の基本的な治療法 」 


「 ただ物事には相性もある

食べて治すのが苦手と言う人もいる


俗に元気な人の気をもらって その気で治していくタイプの人 

雰囲気とか香りが好きなタイプの人は 集めた気をのせこむことで 治った気分になって それで痛くなくなったり 動けるようになったりする 」



「 でも そう言うタイプの気や気分で治す人のタイプは 食べて治すのが苦手

というか 消化能力自体が弱いので 具合が悪い時 無理に食べると余計疲れるはず 」 


「 そういえば はるちゃんが言ってた


「 食べると治る 体の中で生きてるから

はるちゃんはもっともっとおいしいものが食べたい 」」





えんえんははるちゃんの傍にいると
気分がよくなるのです

はるちゃんの傍にいると
気分良くなってからだの調子が良くなるのです 」(えんえんの言葉)







ちょっと前のこと くまちゃんが野道を転んで アキレス腱を断裂してした

それからさらに数日以上経った 8月10日夕方ごろ 不自由な脚でお風呂に入っていたら つるりと滑ってしまい 今度はろっ骨を骨折してしまった

満身創痍の状態

寝返りをうつのも トイレに行くのも とても痛そうにハアハアしていた

その時 体が悪くなったら 悪くなった部分と 同じ部位を食べると 治るということわざを聞いた

ならば骨なので 軟骨とか食べたら治るかなーと想って 焼鳥屋さんに行って ナンコツをしこたま買って 港で一緒に食べたところ ゙なんと! 急に 荷物を持つと言い 大丈夫かなーと想ったが それまで痛くて持てなかった荷物を急に持てるようになり そしてヨロヨロしながら 階段を 14リットル入りの土袋を持って ひとりで登りきった

くまちゃんの話だと 軟骨を食べた後 胸の痛みが少し緩和して 急に荷物を持てる気がしたから 試しに持ってみたということ

気分的なものもあるのでしょうが くまちゃんは明日からは 毎日軟骨を食べたいと言っていた

くまちゃんの顔色を見ると 多少表情はよくなっている気がするので ひょっとすると 効く人には 食べ物は効くのかもしれないなーとも想った

ちなみにくまちゃんの話では 牛スジスープを食べた後 感覚が無くなってたアキレス腱の部分の感覚が 少しづつ戻りはじめてきたそうです









食べて治す? 気分で治す? (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1651.html

転載開始






よく体が悪くなったら
悪くなった部分と
同じ部位を食べると
治るということわざがあります 」





(・・;)






「 
あれは本当です

食べることでエネルギーをとるタイプの人は
悪くなった部位を食べると 
治りやすいのです 」 





(・・;)






「 
何故かと言うと

エネルギー質が似てるからです

他の動物であっても 

目は目 足は足 レバーはレバー
似たようなエネルギー質をしてる部位だからです 」





(・・;)






そして 
類は友を呼ぶ 


体内に
似たようなエネルギー質の部位が入ると
似たようなエネルギー質の体の部分に届けられます



そうすると
具合が悪くなった身体の部分が補強されて
治りやすくなったりする 


食は薬 

これが食べて治すタイプの人の基本的な治療法です 」 





(・・;)





「 
ただ物事には相性もあります

食べて治すのが苦手と言う人もいます

俗に元気な人の気をもらって 
その気で治していくタイプの人 


雰囲気とか香りが好きなタイプの人は
集めた気をのせこむことで 治った気分になって
それで痛くなくなったり 動けるようになったりします 」




(・・;) 






でも
そう言うタイプの気や気分で治す人のタイプは
食べて治すのが苦手だったりします


というか 
消化能力自体が弱いので
具合が悪い時 無理に食べると余計疲れるはずです 」 





(・・;)







そういえば
はるちゃんが言ってました



食べると治る

体の中で生きてるから

はるちゃんはもっともっとおいしいものが食べたい 」」





(・・;)






えんえんははるちゃんの傍にいると
気分がよくなるのです

はるちゃんの傍にいると
気分良くなってからだの調子が良くなるのです 」(えんえんの言葉)






P7080025_R.jpg







ちょっと前のこと


くまちゃんが野道を転んで 
アキレス腱を断裂してしまいました
\(× ×\)☆彡  (・・;)



そしてそれからさらに数日以上経った
8月10日夕方ごろ


不自由な脚でお風呂に入っていたら 
つるりと滑ってしまい
今度はろっ骨を骨折してしまいました
ウオオ(× ×  )ノシ))バタバタバタバ   (・・;)・・




くまちゃんは
満身創痍の状態


寝返りをうつのも 
トイレに行くのも
とても痛そうにハアハアしていたのですが
(× × )~~  (・・;) 



その時
体が悪くなったら
悪くなった部分と
同じ部位を食べると
治るということわざを聞き
ピコーン(・・;)!



ならば骨なので
軟骨とか食べたら治るかなーと想って 
一緒に焼鳥屋さんに行って 
ナンコツをしこたま買って
港で一緒に食べたところ
(― ― )モグモグ  (・・;)モグモグ




なんと!

急にくまちゃんが 
荷物を持つと言い


大丈夫かなーと想ったのですが

くまちゃんはそれまで痛くて持てなかった荷物を急に持てるようになり

そしてヨロヨロしながら
階段を
14リットル入りの土袋を持って ひとりで登りきりました
(― ― )ゼエゼエ   (・・;)・



なんでもくまちゃんの話だと
軟骨を食べた後 
胸の痛みが少し緩和して
急に荷物を持てる気がしたから
試しに持ってみたということで



まあこれは
気分的なものもあるのでしょうが
くまちゃんは明日からは
毎日軟骨を食べたいと言っていました




まあくまちゃんの顔色を見ると
多少表情はよくなっている気がするので


ひょっとすると 
効く人には
食べ物は効くのかもしれないなーとも想いました
(・・;)



ちなみにくまちゃんの話では
牛スジスープを食べた後
感覚が無くなってたアキレス腱の部分の感覚が 
少しづつ戻りはじめてきたそうです





2014-08-13 :ねこねこのはなし :








転載終了



看板と宣伝 (幻の桜ブログさんより)

2014.08.11 22:17|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です








くまくまがアドバイスをしよう

看板をそろそろ変えるのだ 」


「 もうすぐタイム4がはじまる 

破壊の時期成功していたデザインやロゴ 看板の色は 反転放出のしるしとなる

だからロゴやデザインも タイム4に合わせ変えるのだ 」



「 マクドナルドは あのロゴとデザインでは 会社を維持すせることはできぬ

ディズニーもだ

あのロゴとデザインでは アナと雪の女王から ディズニーの終わりがはじまる 」


「 企業は看板が 運ばせるしるし

月のリズムが変わって 時代遅れになれば その看板は エネルギーをそこから 運び出せと言ってることと同じ

イオンの看板ももうすぐダメになる 何故なら夕焼け色だから 」



「 月がくるーーーーーー

受け継ぎの過渡期

これからは 今までのような どうだーーー!というような発信色ではなく 引きこむイメージの色とライン 」



「 知名度があるブランドは 今までのように どうだーーー!と 看板を目立たせる必要はない

過渡期は広げるよりも むしろ今の顧客数を維持し 囲いこむことの方がだいじ

従業員だけではない これから消費需要も どんどん減っていく

だからタイム4に合わせ 対策をデザインするのだ  」


「 看板だ

人間の服とおなじセンスで デザインを考えてたら失敗する

何故なら看板は 服より大きく目立つから

エッセンスとしては どうだーを抑えながら さみしさ そこはかとなさを感じさせる

やりすぎるとめだたなくなる だから センスがだいじ 」


「 わからぬ者は昭和の色を参考にせよ 美術館に行けば 色の歴史がわかる

タイム4は 看板だけでなく インテリア 風水にも影響する

風水で 運ばれる色が変わる 」



「 それというのも 月がきてるから

月のタイミングで 虫の動きが変わってる

虫が変われば 鳥が変わり 鳥が変われば電気の運び先も変わる 」


「 実は 宇宙にも季節がある

地球の四季よりも もっと大きなサイクルで その季節の移り変わりのひとつが 破壊の時期の緩衝 

水の時代のはじまり 」



「 地球も四季により 嗜好が変わる

夏はアイスクリーム 冬はクリームシチュー 夏の流行色 冬の流行色が違うように 宇宙的な季節の移り変わりでも 大きく色の好みが変わる 」


「 色はその時の感情気分をあらわす

月のリズムで気分が変われば 運ばれる色も変わる

色は移ろいやすく だから看板の色グラデーションも 宇宙のタイミングに合わせねば 効果が生まれぬ

これまでの看板の色は 気分変われば 拒絶感をもたれたりもする 」



「 くまくまは知っている

目線高きものほど 色が細かく 目線低きものほどグラデーションが細やかに見える 

新時代の色は この言葉を参考にせよ

色に興味を持っていれば 自ずとその言葉の意味がつかめるはず  」


「 最近 台風の速度が遅くなっている あの理由も教えてやろう

自然の力が増している 

結界が切れて エネルギーが宇宙から 地球に入りつつある

だから台風の歩みも 遅くなる 」



「 エネルギー量の問題

運動は早く進むよりも 遅く進み続ける方がエネルギー量が はるかに多くかかる

つまり台風の遅さは 宇宙から来るエネルギーが それだけ大きくなってきてることのあらわれ  」




「 くまくまは あめで見た

近い将来 たくさんのスターや文化人たちが 警察に取り締まられていたのを 」



「 芸能人 芸能関係者が 多く捕まっていた 

どうしたのだ? あれはなんなのだ?


くまくまが疑問に想っていたら 黒幕が見えた

寺だ 寺が警察を動かし それをさせていた 」


「 寺は古き警察の血筋

寺の想念が 警察検察を動かして まず芸能界 文化人 を片っ端から取り締まっていた 」



「 あめで見た 寺の僧侶たちが 芸能人 文化人たちを 「 えたひにん 」と呼んでいた姿を 」


「 くまくまが 「 えたひにん 」とは何だ? 何のことだ? 」 そう言ってたら あーちゃんが教えてくれた 


「 寺は 昔から動物や植物と触れ合う人を 下の身分に置いてた

「 えたひにん 」って 動物と触れ合うような仕事の人も多かった  」」


「「 寺は 動物の力を恐れて それに 下の身分のしるしをつけて その動きを監視したり取り締まっていた

芸能人達は 動物や植物と触れ合っていた系譜でないけど でも動物や植物と触れあってた系譜の人をいじめて その気を根こそぎ付けた


それで勘違いされて持ち上げられたけど 破壊の時期が終わって タイム4がはじまると おそらく 10月過ぎから 芸能人は寺の想念に襲われだす 」」


「 あーちゃんによると 寺は昔は 穢れ深き者とイメージさせ とても差別し 厳しく取り締まらせていた

寺のいじめは 小犬のいじめとはスケールが違う

身分階層を作って 最初から社会的に抹殺してしまうくらい 熾烈ないじめ方をする 」


「 そんな寺が あえて穢れ多き者にへりくだった理由は 破壊の時期に 厄を押しつけるつもりだったから

厄を押しつける為 あえて軽蔑する存在にへりくだり うやうやしく持ち上げていた

だがタイム4が来れば 取り締まりを 140年以上ぶりに再開する

寺は 最初からそのつもりで 河原乞食を持ち上げていた 」



「 たぶん 今座についてる 芸能人 文化人たちは 自分達がいじめていた以上に いじめられる

だが それというのも元は 奴らが悪い 」



「 何故なら においは潜在意識を錯覚させる

大犬は 現実で養分の系譜を指定して そこに持ち上げるエネルギーをのせこもうとしたが 表層の薄いあめ 現実化直前のあめでは においのイメージが姿に見える

小犬は その原理を利用して 養分が持ち上げられそうなのを見ると 次々養分の香りを自分にこすりつけ 養分には小犬の香りをつけ 運ばれ先を変えていた 

現実化直前のエネルギーが 養分の香りをつけた小犬に運ばれる 

血筋の姫が直直に この養分を持ち上げろと直接指令しても その持ち上がるエネルギーは 現実化直前のあめで においで 小犬達に運ばれてしまった 」  


「 それにより小犬達は現実の座を手にしたが それにより タイム4以後 小犬血筋は 激しいいじめにあうこととなる

そういえばそれを予感させる 前兆のドラマも作られている

これまでイジメをしていた 小犬達が自ら進んで いじめられっ子役をしたがるドラマ群

あれだ あれも これから起こる現象化の前兆 」



「 そして その動きは 芸能人文化人だけにとどまらぬ

養分のふりをして 持ち上がった経営者たち 企業家達 そこにも寺の想念の魔の手が これから向かう 」


「 ところで 経営が危なくなった時 企業が力をかけるのは どこだか知っておるか?

宣伝だ 危なくなった時 力をかけるのが宣伝 」




企業は
華やかだから宣伝をするわけではない
むしろ傾きかけてるから宣伝をするのだ

いっぱい人が集まるところは
宣伝する必要はない 

むしろ集まらなくなる気配を感じるから 

起死回生の一発逆転を狙い
宣伝に金をかけることが多いのだ

宣伝は
企業のSOSだ 」(くまくまの言葉)










看板と宣伝 (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1650.html

転載開始









くまくまがアドバイスをしよう

看板をそろそろ変えるのだ 」







看板?
(・・;)?







もうすぐタイム4がはじまる 

破壊の時期成功していたデザインやロゴ
看板の色は 反転放出のしるしとなる


だからロゴやデザインも
タイム4に合わせ変えるのだ 」





(・・;)






マクドナルドは
あのロゴとデザインでは
会社を維持すせることはできぬ

ディズニーもだ

あのロゴとデザインでは 
アナと雪の女王から 
ディズニーの終わりがはじまるのだ 」






(・・;)・ 





「 
企業は看板が
運ばせるしるし


だが 
月のリズムが変わって
時代遅れになれば
その看板は
エネルギーをそこから
運び出せと言ってることと同じ


イオンの看板ももうすぐダメになる

何故なら夕焼け色だからだ 」





(・・;)






月がくるーーーーーー



受け継ぎの過渡期


これからは 
今までのような
どうだーーー!というような発信色ではなく


引きこむイメージの色とライン 」





引きこむイメージの色とライン・ 
(・・;)






知名度があるブランドは

今までのように
どうだーーー!と
看板を目立たせる必要はない


過渡期は広げるよりも
むしろ今の顧客数を維持し
囲いこむことの方がだいじ


従業員だけではないぞ
これから消費需要も
どんどん減っていくのだ



だからタイム4に合わせ
対策をデザインするのだ  」






(・・;)






「 
ただ看板だ

人間の服とおなじセンスで
デザインを考えてたら失敗するぞ

何故なら看板は
服より大きく目立つからな


エッセンスとしては
どうだーを抑えながら

さみしさ 
そこはかとなさを感じさせる



やりすぎるとめだたなくなる

だから
センスがだいじなのだ 」





(・・;)





「 
わからぬ者は昭和の色を参考にせよ
美術館に行けば
色の歴史がわかる


もちろんタイム4は
看板だけでなく
インテリア
風水にも影響する



風水で
運ばれる色が変わるのだ 」




(・・;)






それというのも 
月がきてるからだ

月のタイミングで 
虫の動きが変わってる

虫が変われば
鳥が変わり
鳥が変われば電気の運び先も変わる 」





(・・;) 




「 
実はな
宇宙にも季節があるのだ

それは地球の四季よりも
もっと大きなサイクルで
その季節の移り変わりのひとつが
破壊の時期の緩衝 


水の時代のはじまりなのだ 」





(・・;)






地球も四季により
嗜好が変わるであろう

夏はアイスクリーム 
冬はクリームシチュー
夏の流行色
冬の流行色が違うように 


宇宙的な季節の移り変わりでも
大きく色の好みが変わるのだ 」





(・・;) 





「 
色はその時の感情気分をあらわす


つまり
月のリズムで気分が変われば
運ばれる色も変わるのだ


色は移ろいやすく


だから看板の色グラデーションも
宇宙のタイミングに合わせねば 
効果が生まれぬのだ


そして 
これまでの看板の色はな

気分変われば
拒絶感をもたれたりもするのだ 」





(・・;)・ 







くまくまは知っている


目線高きものほど 色が細かく
目線低きものほどグラデーションが細やかに見える 



新時代の色は
この言葉を参考にせよ

色に興味を持っていれば
自ずとその言葉の意味がつかめるはず  」






(・・;)







そういえば季節と言えば
最近
台風の速度が遅くなっているがな



あの理由も教えてやろう

自然の力が増している 

結界が切れて
エネルギーが宇宙から
地球に入りつつある

だから台風の歩みも
遅くなるのだ 」





(・・;)






エネルギー量の問題だ


運動は早く進むよりも
遅く進み続ける方がエネルギー量が
はるかに多くかかるのだ


つまり台風の遅さは
宇宙から来るエネルギーが
それだけ大きくなってきてることのあらわれでもある  」





(・・;) 






そしてな
くまくまは 

あめで見たぞ


近い将来
たくさんのスターや文化人たちが
警察に取り締まられていたのを 」




(・・;)! 







芸能人
芸能関係者が
多く捕まっていたのだ 



どうしたのだ?
あれはなんなのだ?

くまくまが疑問に想っていたら

黒幕が見えた

寺だ

寺が警察を動かし それをさせていたのだ 」





(・・;)・







寺は古き警察の血筋

寺の想念が
警察検察を動かして 
まず芸能界 文化人
を片っ端から取り締まっていたのだ 」





(・・;)・・ 






くまくまはあめで見たのだ 



寺の僧侶たちが 
芸能人 文化人たちを 
「 えたひにん 」と呼んでいた姿を 」





(・・;)・


 



くまくまが


「 えたひにん 」とは何だ?


何のことだ? 」

そう言っていたらな

あーちゃんが教えてくれたのだ 




寺はね

昔から動物や植物と触れ合う人を 
下の身分に置いてたの

ほら 「 えたひにん 」って
動物と触れ合うような仕事の人も多かったでしょ?  」」





(・・;)・ 





「「
寺は 
動物の力を恐れて

それに
下の身分のしるしをつけて その動きを監視したり取り締まっていたの


もちろん 
芸能人達は 
動物や植物と触れ合っていた系譜でないけれど 


でも動物や植物と触れあってた系譜の人をいじめて 
その気を根こそぎ付けたでしょ?


それで勘違いされて持ち上げられたんだけど


破壊の時期が終わって
タイム4がはじまると


おそらく
10月過ぎから
芸能人は寺の想念に襲われだすの 」








(・・;)・ 





なんでもあーちゃんによると


寺は昔は
穢れ深き者とイメージさせ 
とても差別し 
厳しく取り締まらせていたらしい



寺のいじめはな
小犬のいじめとはスケールが違うのだ


身分階層を作って
最初から社会的に抹殺してしまうくらい 
熾烈ないじめ方をするのだ 」




(・・;)・





ただそんな寺がな

あえて穢れ多き者にへりくだった理由はな
破壊の時期に
厄を押しつけるつもりだったからだ



厄を押しつける為
あえて軽蔑する存在にへりくだり
うやうやしく持ち上げていた


だがタイム4が来れば


取り締まりを
140年以上ぶりに再開するというわけだ


寺は
最初からそのつもりで
河原乞食を持ち上げていたのだ 

 」




(・・;)・





たぶん
今座についてる
芸能人
文化人たちは
自分達がいじめていた以上に 
いじめられるであろう




だがな
それというのも元は
奴らが悪いのだ 」




(・・;)? 




「 
何故なら
においは潜在意識を錯覚させる


大犬は 
現実で養分の系譜を指定して
そこに持ち上げるエネルギーをのせこもうとしたのだがな 


表層の薄いあめ
現実化直前のあめでは
においのイメージが姿に見えるのだ


そして 
小犬はな
その原理を利用して 
養分が持ち上げられそうなのを見ると
次々養分の香りを自分にこすりつけ 養分には小犬の香りをつけ 
運ばれ先を変えていたのだ 


現実化直前のエネルギーが
養分の香りをつけた小犬に運ばれる 


血筋の姫が直直に
この養分を持ち上げろと直接指令しても


その持ち上がるエネルギーは
現実化直前のあめで

においで 小犬達に運ばれてしまったのだ 」  




(・・;)・ 




「 
それにより小犬達は現実の座を手にしたのだがな


だがそれにより
タイム4以後
小犬血筋は 激しいいじめにあうこととなるのだ



そういえばそれを予感させる
前兆のドラマも作られているな


これまでイジメをしていた
小犬達が自ら進んで
いじめられっ子役をしたがるドラマ群


あれだ
あれも
これから起こる現象化の前兆だ 」



(・・;)・ 





そして
その動きは
芸能人文化人だけにとどまらぬ


養分のふりをして
持ち上がった経営者たち
企業家達

そこにも寺の想念の魔の手が
これから向かうのだ 」




(・・;)・






ところで 
経営が危なくなった時
企業が力をかけるのは
どこだか知っておるか?


くまくまは知っている


宣伝だ

危なくなった時
力をかけるのが宣伝なのだ 」




(・・;)・






企業は
華やかだから宣伝をするわけではない
むしろ傾きかけてるから宣伝をするのだ


いっぱい人が集まるところは
宣伝する必要はない 


むしろ集まらなくなる気配を感じるから 

起死回生の一発逆転を狙い
宣伝に金をかけることが多いのだ


宣伝は
企業のSOSだ 」(くまくまの言葉)





P8070089_R.jpg








2014-08-11 :経済 :





転載開始




物部は月が大好きなのだ (幻の桜ブログさんより)

2014.08.09 17:41|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です








2010年
地球で 月食が3度あった 」



「 1月 6月の部分月食 そして12月の皆既月食

3度の月食だ  」


「 2010年12月の月食は皆既月食 その翌年 2011年6月にも皆既月食が起こり 2011年12月に皆既月食が起こった 

3度の皆既月食 」


「 2010年の3度の月食

そしてそれに重なる 2010年から2011年の3度の皆既月食 

皆既皆既皆既 3度の月食は 放出のしるし 

ゆえに 2010年とは 終わりの始まりだった 」



「 それは タイム4まで 2010年から タイム4までの間 表の座についた者は 月のタイミングで現実のすべてを 吐き出すしるしがついたということ  」 


「 理由を簡単に教えてやろう

2014年から 2015年にかけては 地球には4度の皆既月食が 続く

2014年4月14日 2014年10月8日 2015年4月4日 2015年9月28日

すべて皆既月食  」


「 つまり 2010年からはじまった3度の皆既月食のタイミングが 2014年からはじまる月食では4度の皆既月食のタイミングに変わる

これは3から4に 月のタイミングが変わるということ 

これがタイム4 これがタイム4の真の意味 」


「 3は放出のしるし 

だから2010年から 2014年の間 3の月のタイミングの間 エネルギーが運ばれていた者たち 座にいた者たち その系譜の者たちは タイム4のタイミングになると その現実のすべてを放出する動きになる

これはなあらがえぬ天体緩衝  月の動きだから 」


「 この2014年までの表の座が 月のタイミングでの真の破壊の緩衝のタイミング

2010年から2014年までの間 表の座につけられた者たちは 月のタイミングで 放出の頂点のしるしがついてしまった 」


「 表の座にいる小犬達は これからそのすべての現実を 人類に放出する運命にある

本人の意識にかかわらず 月のリズムと天体の動きが それを自動的に行わせる 」


「 養分達の系譜は運が良いことに 2014年まで 誰一人表の座に持ち上がることは無かった 

スタイルを見れば それは一目瞭然 養分のスタイルをした者が 表の座には今 誰一人いない 」



「 藤原が持ち上げていたのは物部ではない

ビートたけしは物部ではない

たけしには せんだみつおや 大島渚 なべおさみ その他の者たちのエネルギーがありえないくらいのせられた

あれは物部ではない 背がちいさくてもスタイルが違う 」


「 秋元も物部ではない

背が小さくて鳥族と錯覚されたかもしれぬが 背が小さい人種であっても 骨型が違う

よく見ればわかるはず たけしや秋元の肩と足腰を 」


「 半沢も 堺の王子等ではない

よく見ろ 骨相を 物部守屋公の御末裔とは 姿形が違う 

そういえば半沢はソフトバンクに出ていた

知っているか? ソフトバンクには物部を多く集めるはずだった 

孫も 物部と間違えられた  」


「 髪が薄いと 誰でも オデコはぼこっとして見える

だが 鳥族のでこのボコッと 禿げたでこのぼこっとは骨相が違う 

第一 鼻の形を見ろ 物部の鼻とは 似ても似つかぬではないか? 

ソフトバンクも 別な誰かに相続される  」



「 さまざまな場と座で 藤原達は間違えた
 
藤原は 取り返しのつかぬ 人選ミスをしてしまった 

そして 藤原が 物部を間違えて 何が起こるかといえば 物部の復活

物部が復活すると 何が起こるかと言えば 土地価格の暴落 」


「 物部は 大土地所有には それほど固執はしてない

金属や食べ物が獲れる土地には 執着しても 土地を広く持つことには それほど意味を感じてはいない 」



「 藤原は 物部を抑えてたことで この島に土地制度 土地管理システム 土地神話を作った

だが物部が復活すれば 藤原の時代から隆々と作りあげてきた この島の土地所有制度が事実上崩壊する

だから 住む土地 直接利用する土地を除いては 土地は手放した方が身のため 特に家賃目的の土地は 

何故なら 地価暴落が起こるから 家賃暴落もかならず起こる 

その兆しは 既に あらわれはじめている  」


「 現実的なデータを見ても そうであろう? 

少子化 建物の過剰供給 大都市圏で今までありえなかった家賃の値下がりはじめ 20年前と比べてみよ

20年前なら 敷金礼金0という物件は 数がとても少なかったはず だが 今ではそんな物件珍しくもなんともなくなってる 

例え 今日明日のことではないとしても 現実的なデータを冷静に分析すれば この島で 長期的に 土地価格が下がることは 誰の目にも明らかなはず 」



「 物部が復活する時代 土地神話の代わりに これから価値が上がるのは 金と食べ物

ジャバーの時代 ジャバト―(古代大和)の時代 金と食べ物が 資産だった  」



「 ユダヤ人たちも 間違えて持ち上げられた

今のイスラエルの者たちは 古代鳥族のユダヤの系譜ではない 本物のユダヤではない


だから ダンスブームが起こるのだ ダンスダンスダンス

鳥族が復活すると 本物の鳥ダンスが 世界的に隆盛する ダンスダンスダンス 」



「 知ってるか? 鳥族の好きなダンスはな 今の複雑なふりつけのダンスではない

印象に残りつつも みんなで踊れるダンス おぼえやすく 簡単で でもライン的に意味がある そんな印象深いダンス 」


「 昔の祭りの踊りがそうであろう?

難しい振り付けは無い 誰でも習えばすぐにマネできる

ただ 印象的な舞いであろう?

そして 上手いものは手の動き 微妙なラインで人を魅了する シンプルな振り付けゆえ 上手いへたが際立つ 

それは料理でも同じ

複雑なレシピは 味をごまかせるが シンプルな料理であればあるほど その腕を問われる 

舞いも同じ 」


「 昔の物部は 月のタイミングが起こるたび 皆の者で舞いをして 宴会をしていた

だから月の話に 物部の魂が動く 楽しかった記憶があるから

ちらりと月の話をすれば 物部の魂はすぐに反応する 」


「 もうすぐ 本物の物部が蘇る 藤原が間違えたから

そして月読みは大スターになる 」



「 そういえば 道長は こんな歌を詠んでいた

「 この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたる ことも なしと思へば 」

読めばわかるが 月読みに被せた藤原達の歌

藤原は 月読みに被せたから 物部が反応した  」




「 
物部は月が大好きなのだ 」(くまくまの言葉)









物部は月が大好きなのだ (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1649.html

転載開始










2010年
地球で 月食が3度あった 」







(・・;)





「 
1月 6月の部分月食


そして12月の皆既月食


3度の月食だ  」





(・・;)






そして
2010年12月の月食は皆既月食だ



そして 
その翌年
2011年6月にも皆既月食が起こり 


2011年12月に皆既月食が起こった 


3度の皆既月食だー 」




(・・;)




「 
2010年の3度の月食

そしてそれに重なる
2010年から2011年の3度の皆既月食 




皆既皆既皆既

3度の月食は
放出のしるし 


ゆえに

2010年とは 
終わりの始まりだったのだ 」





終わりの始まり?
(・・;)?





それは
タイム4までだ 



2010年から
タイム4までの間


表の座についた者は
月のタイミングで現実のすべてを
吐き出すしるしがついたということだ  」 




(・・;)・




「 
理由を簡単に教えてやろう


2014年から 
2015年にかけては
地球には4度の皆既月食が 続く



2014年4月14日
2014年10月8日
2015年4月4日
2015年9月28日


すべて皆既月食だ  」





(・・;)





つまり
2010年からはじまった3度の皆既月食のタイミングが


2014年からはじまる月食では4度の皆既月食のタイミングに変わるのだ



これは3から4に
月のタイミングが変わるということだ 


これだ

これがタイム4なのだ 

これがタイム4の真の意味なのだ 」





(・・;)






そしてな
3は放出のしるしだ 


だから2010年から
2014年の間
3の月のタイミングの間
エネルギーが運ばれていた者たち
座にいた者たち その系譜の者たちは

タイム4のタイミングになると 
その現実のすべてを放出する動きになるのだ

これはなあらがえぬ天体緩衝だぞ  

月の動きだからだ 」





(・・;)・




「 
そしてこの2014年までの表の座が 
月のタイミングでの真の破壊の緩衝のタイミングなのだ


2010年から2014年までの間 
表の座につけられた者たちは

月のタイミングで 
放出の頂点のしるしがついてしまったのだ 」





(・・;)・




だから
表の座にいる小犬達は
これからそのすべての現実を
人類に放出する運命にあるのだ


それは 
本人の意識にかかわらず
月のリズムと天体の動きが
それを自動的に行わせる 」




(・・;)・





そしてな
養分達の系譜は運が良いことに
2014年まで
誰一人表の座に持ち上がることは無かったのだ 


スタイルを見れば
それは一目瞭然だ 

養分のスタイルをした者が
表の座には今 誰一人いない 」







(・・;)




「 
藤原が持ち上げていたのは物部ではない

ビートたけしは物部ではない

たけしにはな
せんだみつおや 
大島渚 
なべおさみ 
その他の者たちのエネルギーがありえないくらいのせられたが 

あれは物部ではないぞ 

背がちいさくてもスタイルが違うのだ 」





(・・;)・




「 
秋元も物部ではない

背が小さくて鳥族と錯覚されたかもしれぬが

背が小さい人種であっても 
骨型が違うのだ


よく見ればわかるはず
 
たけしや秋元の肩と足腰を 」




(・・;)・




「 
半沢も
堺の王子等ではない


よく見ろ
骨相を 



物部守屋公の御末裔とは
姿形が違うではないか 




そういえば半沢はソフトバンクに出ていたな


知っているか? 
ソフトバンクには物部を多く集めるはずだったのだ 

孫もな 
物部と間違えられたのだ  」




(・・;)! 






髪が薄いと
誰でも
オデコはぼこっとして見える



だが
鳥族のでこのボコッと
禿げたでこのぼこっとは骨相が違うのだ 


第一
鼻の形を見ろ
物部の鼻とは
似ても似つかぬではないか? 


だがな

ソフトバンクも 
別な誰かに相続されるのだ  」





(・・;)・ 






さまざまな場と座で 
藤原達は間違えた

 
藤原は 
取り返しのつかぬ
人選ミスをしてしまったのだ 


そして
藤原が
物部を間違えて
何が起こるかといえば
物部の復活だ



物部が復活すると
何が起こるかと言えば
土地価格の暴落だ 」




(・・;)・




「 
物部はな
大土地所有には
それほど固執はしてないのだ



金属や食べ物が獲れる土地には
執着しても


土地を広く持つことには それほど意味を感じてはいないのだ 」



(・・;) 






そして 
藤原はな
物部を抑えてたことで
この島に土地制度 
土地管理システム 土地神話を作ったのだ


だが物部が復活すれば 

藤原の時代から隆々と作りあげてきた
この島の土地所有制度が事実上崩壊するということ




だからな
住む土地 直接利用する土地を除いては 
土地は手放した方が身のためだ


特に家賃目的の土地は 


何故なら 
地価暴落が起こるからだ

家賃暴落もかならず起こるのだ 


その兆しは 既に
あらわれはじめている  」




(・・;)・ 





「 
現実的なデータを見ても 
そうであろう? 


少子化 
建物の過剰供給 
大都市圏で今までありえなかった家賃の値下がりはじめ



20年前と比べてみよ


20年前なら 
敷金礼金0という物件は
数がとても少なかったはずだ 


だが
今ではそんな物件珍しくもなんともなくなってる 



例え
今日明日のことではないとしても

現実的なデータを冷静に分析すれば



この島で 
長期的に
土地価格が下がることは 
誰の目にも明らかなはず 」





(・・;) 





「 
そしてな
物部が復活する時代 
土地神話の代わりに 
これから価値が上がるのは 
金と食べ物だ


ジャバーの時代
ジャバト―(古代大和)の時代 

金と食べ物が 資産だったのだ  」





(・・;)





「 
そしてな
ユダヤ人たちも
間違えて持ち上げられたのだ



今のイスラエルの者たちは
古代鳥族のユダヤの系譜ではない


本物のユダヤではないのだ


だから
ダンスブームが起こるのだ

ダンスダンスダンス


鳥族が復活すると
本物の鳥ダンスが 
世界的に隆盛する

ダンスダンスダンス 」




(・・;)・・ 





「 
だが知ってるか?

鳥族の好きなダンスはな

今の複雑なふりつけのダンスではない

印象に残りつつも
みんなで踊れるダンスだ

おぼえやすく 
簡単で 
でもライン的に意味がある

そんな印象深いダンスなのだ 」





(・・;)・ 





「 
昔の祭りの踊りがそうであろう?

難しい振り付けは無い
誰でも習えばすぐにマネできる

ただ 
印象的な舞いであろう?


そして
上手いものは手の動き 
微妙なラインで人を魅了する


シンプルな振り付けゆえ
上手いへたが際立つのだ 

それは料理でも同じであろう?

複雑なレシピは 味をごまかせるが
シンプルな料理であればあるほど 
その腕を問われるのだ 

舞いも同じなのだー 」

 



(・・;)





「 
昔の物部はな

月のタイミングが起こるたび
皆の者で舞いをして
宴会をしていた


だから月の話に
物部の魂が動くのだ


楽しかった記憶があるからな


ちらりと月の話をすれば
物部の魂はすぐに反応する 」





(・・;)





「 
もうすぐ 
本物の物部が蘇る


藤原が間違えたからな

そして月読みは大スターになる 」





(・・;)






そういえば 
道長は  
こんな歌を詠んでいたな



この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたる ことも なしと思へば





これはな 
読めばわかるが


月読みに被せた藤原達の歌だ


藤原は
月読みに被せたから
物部が反応したのだ  」




(・・;) 




「 
物部は月が大好きなのだ 」(くまくまの言葉)






P8070095_R.jpg






2014-08-09 :ねこねこのはなし :




転載終了




タイム4(ふぉー)  (幻の桜ブログさんより)

2014.08.08 00:36|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です








よいか

諸君 」




「 朝起きた時 あめ(夢)をおぼえていなかったりした時 」


「 もしくは 朝起きた時に 不安感や 嫌な予感を 感じた時  」


「 4時間以内なら取り返せる  」


「 起きて 4時間以内ならば 忘れてしまったあめを想いだせたり 不安や不快なあめを跳ね返すことも可能  」



「 それをするには まずは習慣から 習慣化の技法だ 」


「 起きた時 あめ(夢)をおぼていなかったとしよう 

そして何か嫌な予感がした時 4時間以内に 4分でいいから 想いだしてみようと想うこと  」


「 4分間でいい

断片的でもいい 言葉や イメージの一部だけでもいい 

4分間 想い返すのだ 」



「 4分間 想いだす想いを持つことは あめの放出への拒絶の意志表示となる

そこで何か一つのイメージや ワードが出てくると そこからずるずると想いだせたりもする  」



「 そもそもあめの技法 あめ(夢)を盗んでいく技法も 月のタイミングを持って行われている 

月の魔法はフォーで行われる


だから4分想いだすことが 月のタイミングに合っている 」


「 さすがに4秒では想いだせぬ そして4時間ずっと想い返し続けるのも 難儀

だから4分間集中してあめを想いだそうとする これが最も人間に置いては効率の良い時間

できれば 4時間の内 起き抜けの4分に想いだすのがよい

起き抜けの4分 あめを想いだすことを習慣化する 」



「 あめの技法は 放出を心地よいと 感じさせることで あめを奪う技法を行っている 

あめで誰かに快楽を感じさせられたりすると あめの情報が そこに向かって放出する 

だからあめで 美しい女性の姿のあめには要注意

美しい女性に色仕掛されると それはあめを失う前ぶれ  」


「 他にも快楽のあめには要注意

どんなあめであれ 楽しいと感じさせられれば それはあめの放出現象につながる 」


「 そのようなあめの技法を月のタイミングで行われ 習慣化されると 一方的に吸われるエネルギーラインができる 

それはあめの技法を行ったタイミングにより あめを吸われる期間も決まる

ちいさなタイミングだと数日間吸われるが 特別な月のタイミングに合わせれば 現代の磁場では4年ぐらい 吸われ続けることもある

だいじなあめを吸われるエネルギーラインがついてしまう   」



「 朝 起きてから4時間のうちに 特に起きぬけに 4分間 あめを想いだす 

あめを想い返す あめを取り返す 

その意志を発っする習慣をつけるだけで 少しづつ あめが戻ってくるという エネルギーラインができる 」



「 最初は 想いだせなくてもいい 想いだそうとするだけでよい

だいじなことは それを習慣化させること

習慣化すると 持ってかれてもすぐに戻るという エネルギーラインができる 」


「 これは 無駄だと想わされるかもしれぬが 決して 無駄ではない

要は使ってない神経を 普段使うことで あめを戻りやすくする

運動と同じ 神経や筋肉を使った部分が発達するのと同じ

最初は上手く動かせなくても だんだん習慣化すれば上手く動かせるようになるのと同じで 忘れていたあめも復元することができる 」



「 そのあめの復元を 継続することにより 術を仕掛けたり あめを忘れさせて奪った者たちより 引力が強まり 相手を呑みこんでしまう現象が起こる 」


「 だからこそあめ(夢)に 意識を向けることが重要

たかが夢ということばは あめを想いだすことを 拒絶させる洗脳 」



「 以前も話したであろう?

あめ(夢)は 自分のねがいや 想いに対して 想念の領域から来る応援や情報が いっぱいつまっている

そのあめが現実に自分の想いを叶える為のキーワードやヒントがつまっていて 具体的に意味が分からなくとも そのあめをおぼえてさえいれば 自分の想いが叶える行動を無意識が取っていくと

それを奪われることは 自分の想いの現実化を奪われることと同じ 」



「 現実を見よ

権力者たちは たかが夢と言いながら 現実に伝承されてる 文化や神話は ほとんどすべて 夢を描いたもの

偉人達の多くは 成功の直前 特別な夢を見たという記録は 多々残されている 

源氏が勃興したのも 北条政子が 妹をだまくらかして 二束三文で 月と太陽のあめをだまし取ったことがきっかけ

人が想ってる以上にな 権力者たちは知ってる 夢やあめを得ることが 現実を手に入れる一番の近道であり 情報源 鍵であると 」 



「 あめの取り返しの技法 ペンペンが教えてくれた

「 4分間 4分間が大切 起きてから240秒 取り返す習慣つける 

取り返すのです 」」





くまくまは
ペンペンに言われたのだ

「 
ステキな色をしてますね 
ステキな色をしてますね

あなたならできます 」  」(くまくまとペンペンの言葉)









タイム4(ふぉー)  (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1648.html

転載開始







P8070094_R.jpg








よいか

諸君 」




(・・;) 







朝起きた時

あめ(夢)をおぼえていなかったりした時 」




(・・;)





「 
もしくは 
朝起きた時に


不安感や
嫌な予感を 感じた時  」




(・・;)




「 
よいか 
諸君よ 


4時間以内なら取り返せるのだ  」




4時間?
(・・;)?




「 
起きて 4時間以内ならば

忘れてしまったあめを想いだせたり 

不安や不快なあめを跳ね返すことも可能なのだ  」




(・・;)






それをするには

まずは習慣からだ  

習慣化の技法だ 」




習慣化の技法・
(・・;)・





例えば
起きた時 
あめ(夢)をおぼていなかったとしよう 



そして何か嫌な予感がした時 

4時間以内に
4分でいいから 
想いだしてみようと想うことだ  」




4分
(・・;)






4分間でいい


断片的でもいい

言葉や イメージの一部だけでもいい 

4分間 想い返すのだ 」




(・・;)




4分間 想いだす想いを持つことは
あめの放出への拒絶の意志表示となる


そして 
そこで何か一つのイメージや ワードが出てくると

そこからずるずると想いだせたりもする  」




(・・;)





「 
そもそもあめの技法

あめ(夢)を盗んでいく技法も 
月のタイミングを持って行われている 


月の魔法はフォーで行われる

だから4分想いだすことが 月のタイミングに合っているのだ 」





(・・;)




さすがに4秒では想いだせぬのであろう?

そして4時間ずっと想い返し続けるのも 難儀であろう?

だから4分間集中してあめを想いだそうとする

これが最も人間に置いては効率の良い時間であろう


そしてできれば
4時間の内 起き抜けの4分に想いだすのがよいであろう

起き抜けの4分
あめを想いだすことを習慣化するのだ 」




(・・;)




あめの技法はな

放出を心地よいと 感じさせることで
あめを奪う技法を行っている 


あめで誰かに快楽を感じさせられたりすると
あめの情報が そこに向かって放出するのだ 

だからあめで 
美しい女性の姿のあめには要注意なのだ

美しい女性に色仕掛されると
それはあめを失う前ぶれなのだ  」




(・・;) 





他にも快楽のあめには要注意だ


どんなあめであれ 
楽しいと感じさせられれば
それはあめの放出現象につながる 」




(・・;) 




そしてな
そのようなあめの技法を月のタイミングで行われ

習慣化されると 
一方的に吸われるエネルギーラインができるのだ 


それはあめの技法を行ったタイミングにより
あめを吸われる期間も決まる


ちいさなタイミングだと数日間吸われるが 
特別な月のタイミングに合わせれば
現代の磁場では4年ぐらい 吸われ続けることもある

だいじなあめを吸われるエネルギーラインがついてしまうのだ   」




(・・;)・





だがな

朝 起きてから4時間のうちに
特に起きぬけに 
4分間 


あめを想いだす 
あめを想い返す
あめを取り返す 

その意志を発っする習慣をつけるだけで 

少しづつ 
あめが戻ってくるという 
エネルギーラインができるのだ 」




(・・;)




別に
最初はな

想いだせなくてもいい

想いだそうとするだけでよい

だいじなことは
それを習慣化させることだ


習慣化すると
持ってかれてもすぐに戻るという 
エネルギーラインができるのだ 」




(・・;)! 





これはな

無駄だと想わされるかもしれぬが
決して 無駄ではないのだ



要は使ってない神経を 普段使うことで

あめを戻りやすくするということだ


運動と同じ

神経や筋肉を使った部分が発達するのと同じ

最初は上手く動かせなくても 
だんだん習慣化すれば上手く動かせるようになるのと同じで


忘れていたあめも復元することができるのだ 」




(・・;) 





「 
そしてな

そのあめの復元を
継続することにより

術を仕掛けたり あめを忘れさせて奪った者たちより
引力が強まり
相手を呑みこんでしまう現象が起こるのだ 」





(・・;)





「 
だからこそあめ(夢)に
意識を向けることが重要なのだ



それに
たかが夢ということばは
 
あめを想いだすことを 
拒絶させる洗脳なのだ 」





(・・;)






「 
以前も話したであろう?

あめ(夢)は 
自分のねがいや 想いに対して 
想念の領域から来る応援や情報が 
いっぱいつまっているのだ


そのあめが現実に自分の想いを叶える為のキーワードやヒントがつまっていて 

具体的に意味が分からなくとも
そのあめをおぼえてさえいれば 自分の想いが叶える行動を無意識が取っていくと


だがな 
それを奪われることは 
自分の想いの現実化を奪われることと同じなのだ 」





(・・;) 




「 
現実を見よ


権力者たちは 
たかが夢と言いながら

 
現実に伝承されてる
文化や神話は 
ほとんどすべて
夢を描いたものではないか?


偉人達の多くは  
成功の直前 
特別な夢を見たという記録は
多々残されているであろう? 


源氏が勃興したのも 
北条政子が
妹をだまくらかして 二束三文で 
月と太陽のあめをだまし取ったことがきっかけだ


人が想ってる以上にな
権力者たちは知ってるのだ


夢やあめを得ることが 
現実を手に入れる一番の近道であり 情報源 鍵であると 」 





(・・;)





あめの取り返しの技法


これはな
ペンペンが教えてくれたのだ




4分間 
4分間が大切です

起きてから240秒 
取り返す習慣つけるです 

取り返すのです

」 」






(・・;)・






くまくまは
ペンペンに言われたのだ



「 
ステキな色をしてますね 
ステキな色をしてますね


あなたならできます 」  」(くまくまとペンペンの言葉)








2014-08-07 :あめ(夢)の技法 :






転載終了


フォーは 幻を見せるタイミング (幻の桜ブログさんより)

2014.08.06 16:59|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です








新時代の幕開けは 
アフリカの皆既日食だった 」



「 それは2001年6月21日 夏至にはじまった 」



「 くまくまはあめを見た

くまくまにそっくりな白と黒のものが 天空に浮かび 新しい時代の幕開けを指し示した 」



「 その2年後 2003年11月24日で 南極で皆既日食が起こった 」


「「 今世紀(新時代)の幕開けだ――――――― うおおおおおおおおおおおおおおおおお 」

くまくまに似たかわいい白黒の鳥さんが 氷を歩いている 白黒の鳥さんが そう言っていた 」 



「 その鳥さんはこう言っていた

「 2003年は特別です 2003年は特別です 」 」


「「 北極 ヨーロッパで金環日食が起こった

5月31日 5月31日 

11月24日は 南極の皆既日食 」 」


「「 南極と北極で日食が起こった
 
今世紀最初の日食はアフリカ

アフリカはたいせつなのです アフリカはたいせつなのです

これは2万年前と同じです これは2万年前と同じです

とても長い日食でした とても長い日食でした 」」


「 そしてこうも言われた

「 これは日本と同じです これは日本と同じです

2012年5月21日 日本に金環日食が来ました 」」


「「 その2年後 2014年4月29日 南極に金環日食が来ました

2年です 2年です

ペンペン通信です 」」







追伸

くまくまは こんなことも教えてくれた



昨日と同じ今日

マンガ SF 映画
同じ時間 同じ一日を何度も繰り返す設定の
ストーリーがあるであろう? 」



「 あれは空想ではない 現実だ

現実の状況がある視点から見ると 同じ一日 同じ時間を繰り返し過ごしているように見える 」


「 エネルギーを見る想念からすれば 人の多くが 同じエネルギーの動きを繰り返している

エネルギー質が同じならば 昨日と今日は同じ そう感じる想念が多くいる 」


「 結界の中が時が止まってるというのは それはこの視点によるもの

エネルギー的な動きは同じ動きを繰り返していて だから時はループし続け止まってるように見える現象が起こる 」



「 エネルギーの流れは 月のタイミングでそのしるしが入れられると そのエネルギーの流れは 約75日続く

月のタイミングで ある人から ある人へエネルギーが運ばれるしるしがつくと エネルギーの流れは 月の緩衝で およそ75日続く 」



「 ただ 3月以上は持たぬ

だからそれゆえに 仕組みを作った者たちは 月の緩衝に合わせ 人のエネルギーの流れをとどめておこうと およそ75日ごとに さまざまなしるしや行事 イベントを行っていた 」


「 5節句も 元は新月 満月が通算して 5回月のタイミングが来たその瞬間に合わせて行われていた

それを人々の文化とすることで 自動的に権力者や仕組みを作った者たちに 75日ごとに運ぶしるしを庶民たちに行わせていた 」 


「 そして この月のタイミングに合わせれば 75日ごとにエネルギーの流れがループするという原理を利用したのが ドール達の術 

ドールがな 術をするのは おおまかに75日ごと

昔のドールは 月のタイミングで 75日ごとに術をしていたのだ 」



「 そして 75日は 普通の月のタイミングのしるし

それをもっと大がかりに 特別な月のタイミングに合わせたものが 1000年に一度のタイミングであったり 破壊の時期の緩衝のような数万年に一度のタイミングであったりする

それら特別な月の緩衝は 入れたしるしの効果が 数千年 数万年以上続いたりする

そのしるしの効果により 奴隷階層と言う存在が生まれたり 搾取する者 奪われるものと言う 二極分化が生まれたりもした

すべては月のタイミングに入れたしるしで 王と言う存在が生まれたり 奴隷が作られたりした

すべては月のタイミングに合わせ 術をしたことからはじまっていた  」









フォーは 幻を見せるタイミング (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1647.html

転載開始








ねこペンギンだー 

かたりて くままんま









P5030081_R.jpg








新時代の幕開けは 
アフリカの皆既日食だった 」






(・・;)







それは2001年6月21日
夏至にはじまった 








(・・;)






くまくまはあめを見た

くまくまにそっくりな白と黒のものが
天空に浮かび


新しい時代の幕開けを指し示した 」





(・・;)






その2年後
2003年11月24日で

南極で皆既日食が起こった 」






(・・;)








今世紀(新時代)の幕開けだ―――――――

うおおおおおおおおおおおおおおおおお 」


くまくまに似たかわいい白黒の鳥さんが
氷を歩いている 白黒の鳥さんが そう言っていたのだ 」 






ペン・ 
(・・;)・







その鳥さんはこう言っていた


2003年は特別です
2003年は特別です 」 」





(・・;)・ 








北極 ヨーロッパで金環日食が起こった
5月31日
5月31日 


11月24日は 南極の皆既日食 」 」






(・・;)







「「
南極と北極で日食が起こりました
パチパチパチ
 
今世紀最初の日食はアフリカ


アフリカはたいせつなのです
アフリカはたいせつなのです

これは2万年前と同じです
これは2万年前と同じです

とても長い日食でした
とても長い日食でした 」」







(・・;)








そしてこうも言われたのだ


これは日本と同じです
これは日本と同じです

2012年5月21日
日本に金環日食が来ました 」」






(・・;)






「「
その2年後
2014年4月29日 南極に金環日食が来ました

2年です
2年です

ペンペン通信です 」」





(・・;)・






「「
日本はお月さま
日本はお月さま


細かくは調べてね 」


そうくまくまは言われたのだ

氷の上を歩く 
くまくまそっくりな白黒の鳥さんに


日食情報です
日食情報です 」と言われたのだ」





(・・;)




それからな
くまくまは こうも言われた


フォー

フォーはうるう年
フォーはうるう年 」」






フォーはうるう年?
(・・;)?







1992年から 
フォーはうるう年 」


それを聞いてくまくまは感じたのだ

妖怪ウォッチは
タイミングのことを言っているのだと

妖怪ウォッチとは 
4回ウオッチだ 」





4回ウオッチ・ 
(・・;)・






かように
ペンペン通信は
とても的確で 
おぼえやすく

珍しく くまくまも 
おぼえられた

やはりすぐれた情報には 
すぐれたリズムと言うものがあるものだ 」






(・・;)・







だがな


これでは意味が分からぬ者も
多くいるであろう

多くの者たちに意味を詳細に伝えぬことには
情報はより生きてはこぬ


なので
俺はあーちゃんに聞いたのだ


「 ママ- 
あれはなにーーーーー? 」」






(・・;)・・







ママは言った



集合意識からの通信よ

深いあめは断片的と言うけれど

その理由があれ 」」






あれ?
(・・;)?






「「
ペンギンたちよ

南極の生き物は少ないの


南極にね
最初に情報が集まってくるんだけど

そして
南極の動物から 
地球上の他の動物達に情報が降ってくるんだけど


南極にいる動物の 
はじまりがペンペンだから

断片的にしか伝わらないの


集合意識のあめが断片的なのは
ペンペンたちが最初に発信するからなのよ 」」






(・・;)・ 





「「
まず地上のあめは
南極にすべての情報がまず集まり
そこから発信される


でもね
ペンペンから発信されたことで
情報が省略化されて 暗号のようになるの 


動物と話す人のあめは
断片的と言うけれど
でもそれは
正確に伝えていることの証でもあるの



だって発信源が水の生物じゃなくて
ペンペンだから

どうしても断片的でわかりにくくなっちゃうの 」」 




(・・;)・





「「 
そしてね
大犬はね 

それを知ってるから
断片的で謎々のように情報を話す人に反応するのよ

情報をまとめて わかりやすく発信する人よりも
情報を断片的に聞いて それを暗号的に告げる人に
無意識が条件反射的に反応するの


というか
理路整然と話してると
巫女ではないと想ってしまうの

 
どんなに情報が正しくても
理路整然とわかりやすく話す人より

断片的に散りばめられたように話す人を信用するの

これは大犬が昔からの
魂の記憶で条件反射してしまってるのよ

 」」






(・・;)・






「「
ほら
養分さんは 最近能力が蘇ってきて
情報をまとめて何を言ってるのか理解できてるけど 


小犬は運ばせた情報の意味がわからないでしょ?

だからテキトーに情報をぼかしてるうちに
それをバラバラにして散りばめてたら

それで本物と錯覚されちゃったの 


内容を精査するとね
小犬の断片情報と 
養分さんが断片的に話してた時の情報は 
意味もつながりも
全く違うんだけどね 


でも大犬の目線では 
表面的には 似たように見えたのかも 」」





(・・;)・






「「
それでね

そのペンペン通信のあめの意味はね


わかりやすく言えば 
日本とアフリカが 
この地球上で
南極の金環日食に 最も影響が起こる地ってこと


アフリカの想いで

アフリカのエネルギーが
日本に来るってこと  」」




(・・;)



「「
それでね
フォーはうるう年

これは月のエネルギーのタイミングをあらわしてるの 

月の魔法は4年で切れる


四季も4でしょ?

フォーは 幻を見せるタイミングなの  」」




幻を見せるタイミング・
(・・;) 
 



「「 
でもね
これはまだまだ
パズルのピースのようなもの



もう少し集まるとね

もっと 
意味が分かると想うわ

だからまた聞いたら教えてね

ピースが集まると
なんとなくわかるから 」」(くまくまとあーちゃんの言葉)






PC130019_R.jpg









追伸







くまくまは
こんなことも教えてくれました
(>ω<)ノシ))パタパタパ










昨日と同じ今日





マンガ SF 映画
同じ時間 同じ一日を何度も繰り返す設定の
ストーリーがあるであろう? 」






(・・;)





あれは空想ではない

現実だ

現実の状況がある視点から見ると
同じ一日 同じ時間を繰り返し過ごしているように見えるのだ 」






(・・;)!







おそらく多くの人間は気づいていまい

同じ日 同じ時間を繰り返しているということを

多くの人間はそしてこう答えるはずだ


昨日と今日は違う

第一食べた物も 行った場所も お天気だって違う 」」





(・・;)





「 
だがな
エネルギーを見る想念からすれば

人の多くが
同じエネルギーの動きを繰り返しているのだ

エネルギー質が同じならば
昨日と今日は同じ

そう感じる想念が多くいるのだ 」






(・・;)







結界の中が時が止まってるというのは

それはこの視点によるものだ

エネルギー的な動きは同じ動きを繰り返していて

だから時はループし続け止まってるように見える現象が起こるのだ 」






(・・;)






多くの者が同じエネルギーの動きを続けてると言われても
ぴんとは来ぬであろう?

多くの者が もちろん会社に行ったり 学校に行ったりはしても

昨日とは違う出来事があったと感じ そう主張するはずだ 」






(・・;)







だがな
エネルギーを見る想念の目線では 
人は同じ動きを繰り返しているのだ



それはな
具体的な現実行動ではない

大まかなエネルギーの流れだ


例えば 
Aさんから B君にエネルギーが流れる
Cさんから D君へエネルギーが運ばれる


そういう
人のエネルギーの流れが
毎日固定化しているのだ





(・・;)







エネルギーの流れだけ
を見ている想念からすれば


具体的な行動ではなく


どこからどこにエネルギーが流れているか
それが日常の行動なのだ


だから
AさんからB君にエネルギーが
毎日流れるさまが見えていれば 


それは毎日同じ動きをしてることと同じに見えるのだ 」 






(・・;) 





そしてな
エネルギーの流れはな 



月のタイミングでそのしるしが入れられると
そのエネルギーの流れは
約75日続くのだ


月のタイミングで 
ある人から ある人へエネルギーが運ばれるしるしがつくと 


エネルギーの流れは 
月の緩衝で
およそ75日続く 」






(・・;)





ただ
3月以上は持たぬ

だからそれゆえに

仕組みを作った者たちは 
月の緩衝に合わせ 
人のエネルギーの流れをとどめておこうと
およそ75日ごとに さまざまなしるしや行事
イベントを行っていたのだ 」 






(・・;)





5節句もな 
元は新月 
満月が通算して
5回月のタイミングが来たその瞬間に合わせて行われていたのだ



それを人々の文化とすることで
自動的に権力者や仕組みを作った者たちに
75日ごとに運ぶしるしを庶民たちに行わせていたのだ 」 





(・・;)






「 
そしてな
この月のタイミングに合わせれば
75日ごとにエネルギーの流れがループするという原理を利用したのが

ドール達の術だ 


ドールがな
術をするのは 
おおまかに75日ごとなのだ


昔のドールは 
月のタイミングで
75日ごとに術をしていたのだ 」







(・・;)







例えばな
あるドールの系譜が祟られていたとしよう



だがなドールは
ドールに怒りや恨みを想っている者たちに
月のタイミングに合わせ
一瞬だけ 別な人を怒らせるのだ



するとな
月のタイミングに合わせて ドール以外の誰か 別な人を怒らせると


その後75日間は
ドール系譜に向けられた怒りが 別な人に飛んでいくのだ 」






(・・;)!





「 
くまくまはな
ドールが術をしていた 
こういう光景を見たぞ


ドールが敵と想っているある男がいてな
ドールはその男のタイミングをずらそうとして


その男が
動物を助けようとした時

たすけを乞うていた動物の想念と
電気を利用して 呪をぶつけてきたのだ 」





(・・;)・







その者はな
動物を助けた時に 
呪をかけられて
足に大けがした



そしてな 
彼が足をケガしたことで

彼はタイミングが狂い
帰宅時間が遅くなった


そして彼はな 
それからしばらくの間

動物をたすけた後は  
仕事が遅くなったり
帰りが遅くなったりするエネルギーが運ばれ続けたのだ


このようにタイミングに合わせて
しるしを入れると
エネルギー的にそれをループする現象が起こるのだ   」






(・・;)







まあ
何でドールが そんなに大がかりな術をして
彼の帰宅時間を遅らせる結果だけをしたのかはよくわからぬがな


まあそんな感じで
月のタイミングに合わせて
さまざまなしるしを入れると
およそそのエネルギーのループは75日続くのだ 」」






(・・;)






「「
例えば月のタイミングに合わせて
労多くして 対価の少ないというしるしをいれると


その後
75日の間 
エネルギーを出しても
エネルギーが戻ってこない
そんな現象が起こるのだ



そして
75日の間
本来戻るべきエネルギーは 
しるしを入れた者に入ってきたりもする



このように
月のタイミングに合わせて
おおまかに75日前後ごとに
人から人へのエネルギーの流れのしるしをつけて


それにより怒りや不満
取り返しのエネルギーをそらしたり

求めていたエネルギーが 
別な存在に運ばれるようにしるしをつけてたのが 世界の技法だ 」
 」 





(・・;)







そしてな

75日は
普通の月のタイミングのしるしだが

それをもっと大がかりに
特別な月のタイミングに合わせたものが
1000年に一度のタイミングであったり
破壊の時期の緩衝のような数万年に一度のタイミングであったりするのだ 


それら特別な月の緩衝は
入れたしるしの効果が 数千年 数万年以上続いたりするのだ

そのしるしの効果により
奴隷階層と言う存在が生まれたり

搾取する者 奪われるものと言う 二極分化が生まれたりもしたのだ

すべては月のタイミングに入れたしるしで
王と言う存在が生まれたり 
奴隷が作られたりしたのだ

すべては月のタイミングに合わせ 術をしたことからはじまっていたのだ  」





(・・;)







だからな
本来術は 毎日するものではないのだ

昔のドール達や大犬達は
月のタイミングに合わせて
術をしていた 



だがな 
小犬達は
しるしを毎日入れようとギャンギャン毎日術をしている

だが
しるしは毎日いれても意味が無いのだ


効果が無いどころか
逆に毎日しるしを入れて
しるしを入れてることに気づかれてしまうと
しるしが跳ね返ってしまうのだ 」」






(・・;)






「「
世界が情報を塞いでいたのは
支配階層が月のタイミングで術をしていたことに気づかれると
すべてが跳ね返ってしまうからだ




だからな 
昔の
王族貴族は 月と太陽のタイミングに合わせて
事を為す これが奥義だったのだ


昔の呪術師も
あめの技法やさまざまな依頼をされる場合
おおまかに75日ごとにしかしなかったのだ


月で目安を測り
日取りを知らなければ 術の掛けようがないからな


そして術は月のタイミングに合わせ
ひそやかに 気取られずに それを行っていたのだ  」 





(・・;)・







くまくまが教えてやろう


新月と満月が合わせて 5回続くと 
およそ75日となる



昔のドールはな
主にこのタイミングに合わせて 術をしていた


新月に合わせて術をするか
満月に合わせて術をするか

それにより術の効果は変わってくる

主に新月にやる場合は 
事を起こすしるしを入れるタイミング

満月にやる場合は 
成就したものを収穫するタイミング


まあ
春と秋のようなものだ 」




(・・;)






くまくまが最後に教えてやろう

次代の王につながる 重要情報を


皇帝ペンギンが降ってくる 

黒と白は日食カラ―

アイスはペンギンの故郷なり 」




(・・;)・ 






見たことを
そのまま言っただけだ

それこそが真の王なり 」(くまくまの言葉)





P5030082_R.jpg






2014-08-06 :ねこねこのはなし :





転載終了


月のエクスタシー  (幻の桜ブログさんより)

2014.08.04 09:50|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です









10月8日

南極の金環日食の後の
3度のスーパームーンの後の月食が起こる 」


「 性格が変わる 」


「 多くの人の性格が変わる

結構わかりやすく変わる 」



「 ここ数年間 みんな 徐々に徐々に性格や雰囲気が変わってきた

でも 月食後から来年にかけて もっとわかりやすく性格が変わる 人格が変わる 」


「 以前も これに似たような月食があった

それは昔々 あくるーおうがいた時代 」


「 その時も 多くの人の性格が変わった

気分とか 環境は 人の8割以上の性格や気分を変える

その時代も 8割以上の人が 性格が変わった 」



「 それまで 穏やかだった人達が 興奮したり 感情が高ぶったりするようになった 

それで多くの人が操縦されやすくなって その後ヤマトタケルがやってきて この地を征服した 」


「 月食は この数年間培ってきた 自分の内心の想いや 気分 感情を増幅する

それまで人前で人格者を保ってた人が ある日突然 人が変わったように豹変したりもする  」



「 狼男のお話 知ってる? 満月を見ると 狼に変わる男の人

あれは 本当にある話 

月は 人を変える 気分を増幅するから 海の動きを変える位だから

でも今度の 3度のスーパームーンの後の月食は 普段のお月さまと比べ物にならないくらいパワーがあって もっと大きく多くの人の人格を変えていく 」


「 10月以降から来年 

やさしく話してた先生とか 上司とか 社長が いきなり誰の前でもヒステリックになったり 今までやさしかった ダーリンや奥さんが 急に人が変わったりするかもしれない

表の座にいる人も 今よりもっと感情をあらわにする

社会が大騒ぎするような現象も数多く起こる 」



「 特に この数年 人前で感情を抑えてた人ほど 月食の影響を受けやすい

だって内心の感情を増幅するから そこにエネルギーが注がれるから 自分の感情を抑えきれなくなる

これは 特別の月の緩衝だから とても強い 」 


「 でも その逆もある

今まで感情的だったように見えた人が 月食後 とてもクールになる人もいる

そう言う人は この数年 ブルーでネガティブな状況に置かれながら 感情をポイポイされてた人

でも内心は 経済的にも生活的にも追いつめられて 舞い上がりようがなかった

そして 月はその数年の内心の気分の積み重ねを増幅する

そうすると その人はよりブルーになって とてもクールになる 」 



「 くまくまが言っていた

「 舞い上がっちゃいけないよ 舞い上がっちゃ

高ぶるな―――― 高ぶってはならぬ――――――

月が来る――――――――――  落ち着くのだ――――――――

くるーーーーーーーーー  」

そう言って興奮しながら 妙なポーズしていた

気分を鎮める動きだって 」



「 特に くまくまの話では この数年 内心が舞い上がってた人は 月の緩衝で増幅して いつもエクスタシーを感じたりする

エクスタシー状態になった人は 座も社会的地位も 何もかもどうでもよくなって すべてを注ぎまくったりする

だってそれがエクスタシーだから 」



「 脱法ドラッグとかあるでしょ?

ドラッグして無くても あんな感じでエクスタシーでハイになっちゃう

月の緩衝は ハイテンションをとても増幅する

狼男は ハイテンションで限りなくポジティブになった人間の状態

嫌われるという発想が無くて 万能感抜群で 根拠なく襲う  」


「 うつ病うつ病って騒いでたけど 今舞い上がってる人よりも うつ病の人の方が まだ安全

だって 舞い上がらない人は 笑いながら襲わない  

落ち込んでる人の方が 傍にいて まだ安全 」



「 それから これから数年以内に 地形が大きく変わっていく

お月さまが海に緩衝を与えて 地球の地形の姿を 大きく変えていく

地形が変わると それまで人をコントロールしていた風水が すべて壊れたり 逆作用したりもする  」




「 
月の動きが気分を変えて
地形は 人類の動きを大きく変えていくよ

それは数年以内にはじまるよ  」(あらちゃんの言葉)









月のエクスタシー  (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1646.html

転載開始








R0033193_R.jpg








10月8日

南極の金環日食の後の
3度のスーパームーンの後の月食が起こる 」






(・・;)






性格が変わるよ 」






性格が変わる?
(・・;)?






多くの人の性格が変わるよ

結構わかりやすく変わるよ 」





(・・;)






ここ数年間
みんな
徐々に徐々に性格や雰囲気が変わってきたでしょ?



でもね 
月食後から来年にかけて 
もっとわかりやすく性格が変わるよ


人格が変わるよ 」





(・・;)・ 






以前もね
これに似たような月食があったの


それは昔々 
あくるーおうがいた時代 」





(・・;)






「 
その時もね
多くの人の性格が変わったの

ほら気分とか 環境は
人の8割以上の性格や気分を変えるでしょ?


その時代もね

8割以上の人が
性格が変わったの 」




(・・;)







それまで
穏やかだった人達が
興奮したり
感情が高ぶったりするようになったの 



それで多くの人が操縦されやすくなって
その後ヤマトタケルがやってきて
この地を征服したの 」






(・・;)・







月食はね 
この数年間培ってきた
自分の内心の想いや 
気分 感情を増幅するの



それまで人前で人格者を保ってた人が
ある日突然 
人が変わったように豹変したりもするの  」





(・・;)






「 
狼男のお話
知ってる?

満月を見ると 
狼に変わる男の人


あれはね
本当にある話なの


月は
人を変えるの

気分を増幅するから 


海の動きを変える位だから

でも今度の
3度のスーパームーンの後の月食は

普段のお月さまと比べ物にならないくらいパワーがあって

もっと大きく多くの人の人格を変えていく 」





(・・;)・ 







10月以降から来年 


やさしく話してた先生とか 
上司とか 社長が
いきなり誰の前でもヒステリックになったり 

今までやさしかった
ダーリンや奥さんが
急に人が変わったりするかもしれないよ


表の座にいる人もね
今よりもっと感情をあらわにするんだよ



社会が大騒ぎするような現象も数多く起こるんだよ 」





(・・;)





「 
特に 
この数年
人前で感情を抑えてた人ほど
月食の影響を受けやすいの



だって内心の感情を増幅するから
そこにエネルギーが注がれるから
自分の感情を抑えきれなくなるの




これはね
特別の月の緩衝だから
とても強いよ 」 





(・・;)






でもね
その逆もあるんだよ


今まで感情的だったように見えた人が 
月食後 とてもクールになる人もいるんだよ


そう言う人はね
この数年 ブルーでネガティブな状況に置かれながら
感情をポイポイされてた人なの


でも内心は
経済的にも生活的にも追いつめられて 
舞い上がりようがなかったの

そしてね
月はその数年の内心の気分の積み重ねを増幅するの

そうするとね
その人はよりブルーになって
とてもクールになるんだよ 」 





(・・;)






くまくまが言っていた


舞い上がっちゃいけないよ
舞い上がっちゃ

高ぶるな―――― 高ぶってはならぬ――――――

月が来る―――――――――― 
落ち着くのだ――――――――

くるーーーーーーーーー

 」


そう言って興奮しながら 妙なポーズしていたよ


気分を鎮める動きだって 」





(・・;)・






特にね 

くまくまの話では 
この数年 内心が舞い上がってた人は
月の緩衝で増幅して
いつもエクスタシーを感じたりするんだって




エクスタシー状態になった人は
座も社会的地位も
何もかもどうでもよくなって
すべてを注ぎまくったりするの


だってそれがエクスタシーだから 」




(・・;) ・






脱法ドラッグとかあるでしょ?

ドラッグして無くても
あんな感じでエクスタシーでハイになっちゃうの


月の緩衝はね
ハイテンションをとても増幅するんだよ


狼男はね
ハイテンションで限りなくポジティブになった人間の状態だよ


嫌われるという発想が無くて
万能感抜群で 
根拠なく襲うんだよ  」





(・・;)・




うつ病うつ病って騒いでたけど

今舞い上がってる人よりも
うつ病の人の方が
まだ安全だよ


だって
舞い上がらない人は 
笑いながら襲わないもん  


落ち込んでる人の方が
傍にいて まだ安全だよ 」




(・・;)・





それからね

これから数年以内に 
地形が大きく変わっていくよ

お月さまが海に緩衝を与えて
地球の地形の姿を
大きく変えていく

地形が変わると
それまで人をコントロールしていた風水が 
すべて壊れたり 逆作用したりもするんだよ

 」





(・・;)






「 
月の動きが気分を変えて
地形は 人類の動きを大きく変えていくよ

それは数年以内にはじまるよ  」(あらちゃんの言葉)







R0033195_R.jpg







2014-08-03 :猫予言 :





転載終了




気が利かない人は 気が利く部分が違うだけ (幻の桜ブログさんより)

2014.08.03 09:04|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です









それを聞いてこくまちゃんは想いました

こくまちゃんは
もっともっとにおいの秘密を知りたいって

天皇や藤原達が使ってるにおいの秘密
香りの秘密

実は 
あのにおいに権威や座を呼ぶ秘密があるのです

もし天皇家に使ってるにおいの秘密がわかれば
皇族に取って代わることもできるのです

こくまちゃんは においの秘密を
これからも追及していきたいと想います 」(こくまちゃんの言葉)




(参考におい記事リンク においたつ)
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/blog-entry-4066.html






追伸

☆スイカの皮☆

かたりて MAHAO



夏にスイカを食べると よく想いだすことがある

夏になると じいちゃんはよくスイカの皮を薄切りにして それを漬け物にして ぼりぼりとよく食べていた

スイカの皮を食べながら

「 新陳代謝がよくなる トイレがよくなる ようするに代謝がよくなる 」とよく言ってた

今日 木更津に来て はじめてスイカを食べて 想いだしたのが 皮を食べるじいちゃんの姿でした

今日ひさしぶりにすいかの皮を 生で食べてみた

スイカの皮は みどり!と言う味がして たしかに健康によさそうな気がした









気が利かない人は 気が利く部分が違うだけ (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1645.html

転載開始









☆くまくまパパは気分屋さん☆





かたりて こくまちゃん











パパは気分屋さんです 」





(・・;)







「 
気分屋さんは においが敏感です


そして 
においが敏感な人は 
においに動かされやすいです 」






(・・;)







意外と
においで人を操る人はにおい自体には鈍感な人が多いです


においに動じない人



でもそう言う人の中に
においに敏感な人を観察することで

においで 多くの人がこんな動きをする
こんな反応をする

においと 人々の動きの関係をわかる人の情報で

においで人を動かしたりできるんです 」





(・・;)







ところで
パパは においに敏感です


パパは朝
草の香りがすると
気持ちがス―――――って
するって言ってました 」






(・・;)







パパが気持ちよさそうな姿を見て


こくまちゃんは
草の香りは
気分を落ち着かせて冷静にする作用があることがわかりました 」







(・・;)







それからパパはトイレの香りを嗅ぐと


暴れて
まわり中バリバリにしたりします 」





(・・;)・












パパ
何してるの? 」

って言ったら


パパは
「 
くさいくさいゴミのにおい ゴミの香り 
暴れたくなる香りだ― 」

と言ってました


なんでも
トイレの香りを嗅ぐと
散らかしたくなるそうです 」 






P7290090_R.jpg







(・・;)・






パパは感情がとても強いので
そう言う気分をすると
まわりの想念も連鎖させちゃうんです


発信力が強いので
弱い想念とかパパは意識せず
バンバン
動かしちゃうんです 」






(・・;)








でも最近
トイレの砂を
人工的な砂から 
天然の土に変えました


そしたらパパの
バリバリが減ったんです 」






(・・;) 






「「 
どうしたんだろう? 」
と想ってパパに聞きました



パパは言いました


早く生まれ変わりたがっている 

早く土になって 
新しい存在になりたがってる 

パパはそれを見守らなくてはならない 」 」 





(・・;)・





「 
何でも人工的なねこ砂は
パパの感覚では燃やされるイメージで作られてるので

燃やしてほしいしるしがついてるそうです

そのねこ砂に
ねこのおしっこやうんちのエネルギーが混ざると
燃やすしるしにエネルギーが入って
想念はバリバリぼりぼりするそうです 」




(・・;)! 





「 
でも土は食べて土に戻そうとします


だから
パパの感覚では
土のトイレは
自然に戻す 
富を育てるのイメージだそうで


土のトイレは
精神的に想念的にとても落ち着くそうです 」






(・・;)・






ところで
パパはお花の香りがすると
感情が高ぶります


去年
ベランダの前の空き地に 
何故かこの部屋の前だけ 
黄色い花がたくさん咲いたことがありました 


その時
くまくまパパは 
妙に感情が高ぶって
叫びながら笑う 
そんな不思議な動作をしてました 」 




叫びながら笑う・ 
(・・;)







こくまちゃんはびっくりして 


パパどうしたの? 」と聞くと



パパは
とても夢見心地の気分のようで
エネルギーを放出しまくっていました 」





(・・;)・ 






その時あーちゃんが教えてくれたんです



お花の香りはね 
気分を高揚させるのよ

特に男の人を気分を高揚させるの 


お花の香りはね
人間に言いかえると 
男性のお財布のひもをゆるめちゃうのよ 」






男性のお財布のひも・ 
(・・;)・





「 

花の香りは
気分はよくするけどね 
限度を超えちゃうと 
散財しちゃうの


人間でもよくいるでしょ?
判断がつかなくて浪費しちゃう人


あれは香りで
感情を高ぶらされてそうしてる人が多いのよ

パチンコ屋やキャバクラやクラブもそう
実は においで感情を煽られ 散財させられてるの 」」






(・・;)・




「「
においはね
人が考えてる以上に 
気分を操るの



特に花の香りは 
放出のエクスタシーを高めるけれど
でも冷静じゃなくなって 
判断力を無くして
自分の所有物を放出しちゃったりもするの 


」」




(・・;)






それでこくまちゃんは
もう一つあーちゃんに聞きました


パパは
クリームのにおいが好きなんです
 

ケーキに生クリームがのっていると
パパは食べないけど 
こはるがペロペロなめてるのを見ると


「 
いいかおりーだーーーーーーー
だいすきな香りだーーーーーーー


女の子がいっぱい見えるうううううううううう

 
クリームから女の子の香りがするううううううう

なんだか
こどもにもどったきがするうううううううう 」って言ってたんです 」




(・・;)・






それで
生クリームの香りは何なんだろう?って想って
あーちゃんに聞いてみると
あーちゃんが教えてくれたんです




ケーキのクリームはね
ベビー想念や
子供達の想念が集まってくるの



そうすると
子供達の想念で
ケーキのある場が華やかな雰囲気になるのよ


華やかな雰囲気になると
若い女性の想念も集まってくるの

だって若い女性は華やかな場が好きだから 」」





(・・;)・




「「
華やかな雰囲気はね
実は女性ではなく 
子供達が生んでるの


華やかな空気は
子供達が生んでいるのよ 

そして女性は子供達が生む 
あの華やかな雰囲気に快楽を感じてるの



だから女性の想念は
華やかな場に集まってくる 」」






(・・;)





「「
ケーキはね
魔法のごはんなの

安いアパートでも 
ケーキが一つ置いてあるだけで
空間に華やかな気がキラキラと湧く 


そこに存在するだけで
華やかな空気がもたらされる


そう言う効果がケーキにはあるの 」」





(・・;)




「「
子どもや赤ちゃんが反応するのは
食べ物の香り
ミルクの香りなの 


蝶もね
花そのものより蜜の香りに反応するの


でも 
男の人は蜜の香りよりも 
花の香りに反応するの


だって花は蜜よりも香るから


でもね
くまくまは敏感だから 
こういう細かなにおいを感じとる才能があるのよ 」


そうあーちゃんが言いました

こくまちゃんはそれを聞いて
想いました

パパはやっぱりすごいんだ!って 」






(・・;) 





そういえばパパは興奮した時
木の椅子に座ろうとします


木でできた椅子

その椅子に座ると 
興奮したパパは一瞬で冷静になるんです

 


木の香りは 落ち着くのだ― 
俺は今 森林の中にいる気分だぞ  」



そう言って
とても聡明な表情を浮かべるんです 」





(・・;)・






そう言えば
あーちゃんはこんなことも言ってました



「 
寺の技法は主に におい

香りや 
においで人の感情を操縦するのが
寺や天皇制を作った藤原の術の技法

においで人の感情を高ぶらせたり 
落ち着かせたりするの


彼らは
においの操縦で 人をコントロール(支配)していたの



においはね
夢の技法よりも 
もっと即効的に人の情動をコントロールするのよ 」」





(・・;)・






「「
でもね

においは気分


においは
冷静な人や意志が強い人は動かせないの

でも大多数の人は
においで操縦できるから 


においを使って
においで行動する人たちを動かして
それで意志ある人
冷静な人から力づくで剥ぎとっていたのよ



でもね
においを知れば
その仕組みを覆すこともできるの



例えば
貧民街の人に 天皇につけられてる香りとまったく同じ香りをさせせることができれば 
貧民街の人の現実は あっという間に変わるのよ


それぐらい香りは想念が反応して
現実を即効的に呼ぼうとするの 



だからね
こくまちゃんが
においに興味を持つことはとてもいいことなのよ 」

そう言ってました 」





(・・;)





それを聞いてこくまちゃんは想いました


こくまちゃんは
もっともっとにおいの秘密を知りたいって


天皇や藤原達が使ってるにおいの秘密
香りの秘密


実は 
あのにおいに権威や座を呼ぶ秘密があるのです

もし天皇家に使ってるにおいの秘密がわかれば
皇族に取って代わることもできるのです


こくまちゃんは においの秘密を
これからも追及していきたいと想います 」(こくまちゃんの言葉)





(参考におい記事リンク においたつ)
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/blog-entry-4066.html





P7290091_R.jpg







追伸




☆スイカの皮☆


かたりて MAHAO




夏にスイカを食べると

よく想いだすことがあります


それは 
じいちゃんの所にいた時のこと


夏になると
じいちゃんはよくスイカの皮を薄切りにして
それを漬け物にして ぼりぼりとよく食べていたのです
(==)ボリボリ  (・・;)



じいちゃんはスイカの皮を食べながら
「 新陳代謝がよくなる 
トイレがよくなる  
ようするに代謝がよくなる 」とよく言ってました





今日
木更津に来て
はじめてスイカを食べて
想いだしたのが 皮を食べるじいちゃんの姿でした






P8020089_R.jpg




なので
今日ひさしぶりにすいかの皮を
生で食べてみました





久しぶりに食べた
スイカの皮は 
みどり!と言う味がして
たしかに健康によさそうな気がしました







P8020104_R.jpg








2014-08-02 :魔法 :





転載終了




人の評価と自然の評価は違うのです (幻の桜ブログさんより)

2014.08.01 15:27|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です








オーラの色は

イメージ 感情 気分です 」



「 現実のオーラの色も イメージや気分から 来ている

においのオーラも においをかいだ時の 感情や気分がその匂いのオーラの色を決めている 」


「 感情はエネルギー的に 色のエネルギー

感情を発すると 紅くなったり 青くなったり 黄色くなったりする

色は感情であり気分 感情が湧いた時に色も生まれる 」



「 自然界の色って 全部気分で発されてる

あめちゃんも 月姫さまも あのオーラの色は 星の気分 もしくは星を見た存在の気分で あのオーラの色が生まれている 」


「 人間のオーラの色も もちろん自分の気分で 色がつくこともある 

例えばごはんを食べたり 想念の情報を聴いた時 そういう時 人のオーラも さまざまな色に変わる 」


「 でも人の場合 もっとも多いパターンは 他人から見られたイメージで オーラの色が変わる

人の場合 オーラの色は 周囲からの目線や 他人から抱かれた感情によってコロコロ変わったりする 

花の色は移りにけりないたずらに

世界の中では 人の評判が 現実のオーラの色を変えていく 」



「 人の評判が悪くなったり 信用が無くなった人の 気が急にくすんだりするのは これのせい

他人からのイメージで 自分の周囲に舞っている 鱗粉のようなオーラの色が変わる

もちろん 造形自体は変わらないけど

人は見た目を雰囲気で見る人が大半だから 評判が悪くなったり信用が悪くなると いきなり容貌も色あせて見えたりすることも多い 」


「 だから 小犬ちゃん達は それでステマとかネガキャンとかよくする

無いこと無いこと言って 周囲のイメージだけを変えれば とりあえず対立する存在に くすんだ気を押しつけられるから

対立陣営の見た目の雰囲気が悪くなると 対立してるものの 現実的な業績にも影響する

だからこいぬちゃんは ネガキャンとか その手のいじめをよくする 」



「 ただ それはあくまでも人の評判の領域の話で 自然からの見た目のオーラの色と言うのもある

そして自然から見た目のオーラの色は 人目線とは全然違う

人の評判を悪くしたところで 自然からやってくるオーラの色は変わらない

それどころか 周囲の人のいじめられてると自然の想念が想えば 逆にかわいそうと想われて 自然目線ではもっと美しくなったりする 」


「 昔は 人間のオーラの色は自然目線中心でついていた

だって 動物や植物は人間よりも想いが強いから

彼らからの印象が 人間達のオーラの色を決めていて それが人からの評判にもなっていた 」 



「 ただ 世界が作られてから 動物や植物から 評判の良いオーラって見えづらくなった

世界の中では 人の評判のオーラだけが くっきりはっきり見えるようになって そこに現実が運ばれるようになった

それで 人は 人の評判や世間体をやたら気にするようになった

だって 自然や動物からの評判が 人にわかりづらくなってるから 

人は人からの評価でしか 良い人 悪い人を判断できなくなり それにより現実の運ばれる先も変わっていった

これが人と自然を隔てた結界 」


「 例えば 世界では 無駄な工事なのに 自然破壊をするような土建工事なのに それをすすめた政治家や財界人に ぴかぴかのオーラがついて 指導的な座が与えられたりしてる 

もしくは 生贄を捧げろと 要求するスター達にも まばゆいオーラがついたりしてる 

本来 ああいう人達は 自然目線だと どぶ色のような 腐ったどぶ沼オーラ もしくは貧弱オーラに見える 

でも 世界は自然からのオーラを見えなくしてるから その仕組みを支配してる者たちから評価を得られれば 
自動的に 搾取者でも ぴかぴかの気が運ばれたり まばゆいばかりの美しい気が運ばれたりする

もしも自然目線のオーラが 人間の目にもくっきりはっきり見えるようになれば 彼らには誰も近づこうとしないはず

だってどぶ色  」



「 ただ自然目線のオーラって 世界の中で まったく見えないわけじゃない

子供なんか ある程度見えてる 大人だって視点を変えれば見える 

自然目線でオーラがきれいな人は 顔の上半身ではなく 下半身に気がついてたりする

腰から下の部分の気 そこの部分は結界の磁場ではつけかえができない

腰から足元の気がきれいな人は 自然目線で評判が高い人 自然から見て オーラのきれいな人   」



「 芸能人とかスターとか 財界人とか見るとわかるけど 雰囲気がついてる部分って 顔だけとか せいぜい胸から上の部分ぐらい

下半身とか足とかだけ注目してみると どぶのようなオーラが付いてたり 貧相な気が付いてたりする

動物は そういうところをまめーに見る

そうすると 世界の中では評判は良くても 自然からの評判が悪い人 特に動物や植物からの評判が悪い人はすぐに見抜ける

あれだけマンセーしてた人が多かった 昭和天皇ですら足の気は無かった

人の評価と自然の評価は違う  」



「 ちょっと話は変わるけど お誕生日に鳥族さんが反応する理由を知ってる?

お誕生日って 実は自然オーラにつながることが多い 」



「 生まれた日は 数字の意味だけではなく 生まれた時の天体緩衝がどんなものかが示されるデータ  

生まれた時の天体緩衝は 星とその人と宇宙とのつながり それは いくら人の評判を作って 気をぴかぴかさせても 生まれた時の自然のオーラは宿せない 」



「 どんなにぴかぴかに見えなくても 仕組みを続かせるには自然の力が必要

だから昔の王族たちは 自分達の王権を続かせる為に 宇宙とつながりのあるような日どりに 子供を生ませようとしていた

生まれた日が宇宙から見て 運の良い日でない子は 重要なポストから排除して 運の良い日に生まれた子を 優先的に仕組みの軸に据えたり 跡継ぎにしていた 」


「 天皇も昭和天皇まで 自然のエネルギーが ある程度運ばれるような日に生ませていた

でも最近は 自然のエネルギーが運ばれるどころか 自然にエネルギーをお返しするような そんな誕生日の皇族も生まれてる 

どこの誰とは言わないけど 」


「 そんな感じで 鳥族の文化では 誕生日がとても大事

鳥族はあくまでも王は 運のいい日に生まれた人を頂点に置いていた

だってその方が仕組みが長続きするから 

長子相続と言う伝統が生まれたのは 犬族が覇権を握ってから 」



「 最近発見したけど 自己愛強い人ほど 世界の中では オーラがくすんで見える 」


「 自己愛強い人って 世界と言う仕組みを作ったおばば達が嫌う人種

そう言う人は 反射的に世界の中で くすんだ気が運ばれて 評判が悪くなっていく  」


「 自己愛が強い人は 世界では 強欲とか呼ばれたりする

そして 自己愛の塊であればあるほど 醜いオーラを運ばれて 世界では醜く異形のような存在に描かれたりした 」


「 逆に世界の中できれいなオーラが運ばれる人って どんな人だか知ってる?

自分を捨てて 無欲で世界に捧げたり 恋するご主人様や 自分の主君に捧げるような人 自己犠牲精神旺盛な人ほど 世界では美しい気が運ばれて その行動が美しく描かれたりした 」


「 でも 自己犠牲精神 旺盛な人って 先ほど言ったように 下半身のオーラを注目すればわかる

自然目線では とても耐えがたいくらい 朽ちたオーラに見える


だって自然目線では 欲や自己愛のある存在を美しいと想うから 

自然はみんなが欲を持って 生きるから これだけ美しく姿になった  

自己犠牲は進化とは真逆 自己犠牲は自分が生きることの否定 そんな想いは 自然から見て排除すべき存在であり 異形の醜悪なウイルス  」





まあそんな感じで
話がちょっとそれましたけどね

あなたはどっちのオーラを選びますか?

世界の中で
実力者から評価を得て 
人間達からひたすら美しく見られることを望みますか?

それが自然の生命としては 
滅びを意味しても
世界の人達から ずっと美しく評価され続け終わることを望みますか?

それとも
世界中の人達から醜い 汚いとののしられても
もっともっとと望みながら 自分の欲を追及することを望みますか?

それはもちろん自然からは
美しく見られる存在ですが  

あなたは
どっちの生き方を 望みますか?

それによりオーラは大きく変わるのです 」(えんえんの言葉)









人の評価と自然の評価は違うのです (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1644.html

転載開始









オーラの色は

イメージ 感情 気分です 」






(・・;)







現実のオーラの色も
イメージや気分から 
来ています



においのオーラも 

においをかいだ時の
感情や気分がその匂いのオーラの色を決めているんです 」






(・・;)






感情はエネルギー的に
色のエネルギーなんです

感情を発すると
紅くなったり 青くなったり 黄色くなったりする


色は感情であり気分なんです
感情が湧いた時に色も生まれるんです 」




(・・;)




自然界の色って
全部気分で発されてるんですよ

あめちゃんも
月姫さまも
あのオーラの色は 星の気分
もしくは星を見た存在の気分で
あのオーラの色が生まれているです 」





(・・;) 




そして人間のオーラの色も 
もちろん自分の気分で
色がつくこともあるんですけどね

例えばごはんを食べたり
想念の情報を聴いた時

そういう時
人のオーラも
さまざまな色に変わるですけどね 」




(・・;)





でも人の場合
もっとも多いパターンは
他人から見られたイメージで
オーラの色が変わると現象です


人の場合
オーラの色は
周囲からの目線や
他人から抱かれた感情によってコロコロ変わったりするです 
 

花の色は移りにけりないたずらに

世界の中では 
人の評判が 現実のオーラの色を変えていくのです 」





(・・;)・






人の評判が悪くなったり
信用が無くなった人の
気が急にくすんだりするのは
これのせいです


他人からのイメージで
自分の周囲に舞っている
鱗粉のようなオーラの色が変わるんです


もちろん
造形自体は変わらないんですけどね

人は見た目を雰囲気で見る人が大半ですからね
評判が悪くなったり信用が悪くなると
いきなり容貌も色あせて見えたりすることも多いんですよ 」




(・・;)・





だから 
小犬ちゃん達は
それでステマとかネガキャンとかよくするんですよ

無いこと無いこと言って
周囲のイメージだけを変えれば


とりあえず対立する存在に 
くすんだ気を押しつけられますからね


対立陣営の見た目の雰囲気が悪くなると
対立してるものの
現実的な業績にも影響する



だからこいぬちゃんは
ネガキャンとか その手のいじめをよくするんですよ 」





(・・;)・







ただですよ
それはあくまでも人の評判の領域の話で


自然からの見た目のオーラの色と言うのもあるんですよ

そして自然から見た目のオーラの色は
人目線とは全然違いますからね

人の評判を悪くしたところで
自然からやってくるオーラの色は変わらないんですよ



それどころか
周囲の人のいじめられてると自然の想念が想えば
逆にかわいそうと想われて 
自然目線ではもっと美しくなったりするです 」




(・・;)






昔は
人間のオーラの色は自然目線中心でついていたんですよ


だって
動物や植物は人間よりも想いが強いですからね


彼らからの印象が 
人間達のオーラの色を決めていて
それが人からの評判にもなっていたんですよ 」 




(・・;)






ただ
世界が作られてから 

動物や植物から
評判の良いオーラって見えづらくなったんです



世界の中では  
人の評判のオーラだけが
くっきりはっきり見えるようになって
そこに現実が運ばれるようになったです 


それで 
人は 
人の評判や世間体をやたら気にするようになったんですよ


だって
自然や動物からの評判が
人にわかりづらくなってますからね 



人は人からの評価でしか  
良い人 悪い人を判断できなくなり
それにより現実の運ばれる先も変わっていったです
 

これが人と自然を隔てた結界なんです 」






(・・;)





例えば 
世界では
無駄な工事なのに
自然破壊をするような土建工事なのに
それをすすめた政治家や財界人に
ぴかぴかのオーラがついて 指導的な座が与えられたりしてるです 


もしくは
生贄を捧げろと
要求するスター達にも 
まばゆいオーラがついたりしてるです 


本来
ああいう人達は
自然目線だと
どぶ色のような 
腐ったどぶ沼オーラ もしくは貧弱オーラに見えるんですけどね 


でも
世界は自然からのオーラを見えなくしてますからね 


その仕組みを支配してる者たちから評価を得られれば 
自動的に
搾取者でも ぴかぴかの気が運ばれたり  
まばゆいばかりの美しい気が運ばれたりするです




でも
もしも自然目線のオーラが 
人間の目にもくっきりはっきり見えるようになれば
彼らには誰も近づこうとしないはずですよ 


だってどぶ色ですからね  」




(・・;)・




「 
ただ自然目線のオーラって
世界の中で
まったく見えないわけじゃないんですよ


子供なんか
ある程度見えてるです


大人だって視点を変えれば見えるですよ 


自然目線でオーラがきれいな人は
顔の上半身ではなく 
下半身に気がついてたりするんですよ



腰から下の部分の気
そこの部分は結界の磁場ではつけかえができないんです


腰から足元の気がきれいな人は
自然目線で評判が高い人
自然から見て
オーラのきれいな人なんです   」





(・・;)






よく芸能人とかスターとか
財界人とか見るとわかるんですけど
雰囲気がついてる部分って
顔だけとか 
せいぜい胸から上の部分ぐらいなんですよ


下半身とか足とかだけ注目してみると
どぶのようなオーラが付いてたり 
貧相な気が付いてたりするです

動物は
そういうところをまめーに見るんですよ


そうすると
世界の中では評判は良くても

自然からの評判が悪い人
特に動物や植物からの評判が悪い人はすぐに見抜けるです 


あれだけマンセーしてた人が多かった 
昭和天皇ですら足の気は無かったんですよ

人の評価と自然の評価は違うのです  」






(・・;)






ところで
ちょっと話は変わりますけどね 

お誕生日に鳥族さんが反応する理由を知ってますか?


お誕生日って
実は自然オーラにつながることが多いんです 」





自然オーラ
(・・;) 





生まれた日は
数字の意味だけではなく 
生まれた時の天体緩衝がどんなものかが示されるデータなんです  

生まれた時の天体緩衝は
星とその人と宇宙とのつながり 


それは 
いくら人の評判を作って
気をぴかぴかさせても
生まれた時の自然のオーラは宿せないのです 」





(・・;)





どんなにぴかぴかに見えなくても
仕組みを続かせるには自然の力が必要


だから昔の王族たちは
自分達の王権を続かせる為に
宇宙とつながりのあるような日どりに
子供を生ませようとしていたんです


生まれた日が宇宙から見て
運の良い日でない子は
重要なポストから排除して

運の良い日に生まれた子を 
優先的に仕組みの軸に据えたり
跡継ぎにしていました 」




(・・;)







天皇も昭和天皇まで

自然のエネルギーが
ある程度運ばれるような日に生ませていたんですよ


でも最近は
自然のエネルギーが運ばれるどころか
自然にエネルギーをお返しするような
そんな誕生日の皇族も生まれてるんですよ 


どこの誰とは言いませんけどね 」





(・・;)・






まあそんな感じで
鳥族の文化では 
誕生日がとても大事なんです



鳥族はあくまでも王は
運のいい日に生まれた人を頂点に置いていたのです

だってその方が仕組みが長続きしますからね 


長子相続と言う伝統が生まれたのは
犬族が覇権を握ってからです 」




(・・;)






それから 
最近発見したんですけど



自己愛強い人ほど 
世界の中では 
オーラがくすんで見えるですよ 」





(・・;)





自己愛強い人って 
世界と言う仕組みを作ったおばば達が嫌う人種ですからね



そう言う人は
反射的に世界の中で
くすんだ気が運ばれて
評判が悪くなっていくんですよ  」




(・・;)・ 




「 
自己愛が強い人は 
世界では 
強欲とか呼ばれたりするんです


そして
自己愛の塊であればあるほど
醜いオーラを運ばれて 
世界では醜く異形のような存在に描かれたりしたです 」





(・・;)・ 





逆に世界の中できれいなオーラが運ばれる人って
どんな人だか知ってますか?


自分を捨てて
無欲で世界に捧げたり
恋するご主人様や
自分の主君に捧げるような人



自己犠牲精神旺盛な人ほど
世界では美しい気が運ばれて
その行動が美しく描かれたりしたです 」




(・・;)・







でもですよ

自己犠牲精神 旺盛な人って
先ほど言ったように
下半身のオーラを注目すればわかるんですけどね


自然目線では
とても耐えがたいくらい 
朽ちたオーラに見えるんです


だって自然目線では
欲や自己愛のある存在を美しいと想いますからね 


自然はみんなが欲を持って
生きるから
これだけ美しく姿になったのです  



自己犠牲は進化とは真逆なんです


自己犠牲は自分が生きることの否定


そんな想いは 
自然から見て排除すべき存在であり 
異形の醜悪なウイルスなんですよ  」





(・・;)・






まあそんな感じで
話がちょっとそれましたけどね


あなたはどっちのオーラを選びますか?



世界の中で
実力者から評価を得て 
人間達からひたすら美しく見られることを望みますか?


それが自然の生命としては 
滅びを意味しても
世界の人達から ずっと美しく評価され続け終わることを望みますか?



それとも
世界中の人達から醜い 汚いとののしられても
もっともっとと望みながら 自分の欲を追及することを望みますか?


それはもちろん自然からは
美しく見られる存在ですが  


あなたは
どっちの生き方を 望みますか?

それによりオーラは大きく変わるのです 」(えんえんの言葉)






P7080041_R.jpg






2014-08-01 :ねこねこのはなし :




転載終了



| 2014.08 |
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ