スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-02-23 黄色い片割れのC (幻の桜 地球を救うブログさんより)

幻の桜 地球を救うブログさん情報です







それはね
つまらないからよ

つまらないから眠くなるの

人間の生理反応 」(その時聞こえてきた声)





つまらない現実を変える時

インスピレーションを得たい時

人は眠くなる

睡眠は現実を変えるための本能 」(その時聞こえてきた声)





講義がつまらないのは
話の内容ではなく
講義をしてる人のイントネーションが単調だから 」(その時聞こえてきた声)





白昼夢

起きて寝る 
起きて見る夢

わたしが昔
明晰夢をよく見ていたのは

授業がつまらなかったからかもしれない

うとうとしすぎて
教室中のみんなの 
浅い心の夢と記憶が見えてくる

さらに寝すぎると
教室の中心になって

もっと寝ると
学校の中心になって

もっと寝ると
地域の中心になっていく 

地域の中心まで寝ると
政治や経済の中心の夢が見えてくる

視えるだけ

あさきゆめみしは
これのこと 

どんどん眠っていくようで
目覚めてく

もっと眠っていくと
集合無意識の原型が見えてくる 」(その時 聞こえてきた言葉)





古墳に行ったから
くまちゃんに会ったんじゃないよ

あの古墳じゃないよ

古代 蓮の池

あの蓮の池に行ったから 
くまちゃんと会ったんだよ 」(その時聞こえてきた言葉)






みづな女王様の会場
みづな祭りで出会った
天才カメラマンがいたでしょ?

あの時
あなたがねこの写真を見せた時

天才カメラマンは
「 俺 建物の写真は ちょっとわからない 」って言ってたでしょ?

なんで
ねこの写真を見せたのに
建物の写真って言ったんだと想う?

あれはね

あなたが写真に撮る時に見ているのは
ねこの感情や表情
人の感情や表情というわけではなく
骨の方を写してるから

骨のエネルギー質は建物のエネルギー質に近いの

あの天才カメラマンは
あなたの写真を一目見て あなたのフィルターをすぐに見抜いたの

だから天才なの

この場の痕跡この場のエネルギー質をそのまま伝えたい 

できる限りフィルターをいれずに伝えたい
そのことに目が向いていて
あなたが
ガラスの水晶のような視点でぱしゃぱしゃ撮っていたから
建物の写真と言ったの

あの天才カメラマンはね

写真のフィルターの目線が瞬時にわかるの
写っている被写体に惑わされることなく

どんなフィルターでどんな視点で写真を撮影しているかがわかる

やっぱり天才なの 」(教室で聞こえてきた言葉)






MAHAOの営業許可書以外 
誰の営業許可書にも
妙な落書きのようなマークは書かれていませんでした

黄色いペンで書かれたCを逆にしたようなマーク

一体このマークは何のマークなんだろうか?





ほら
写真撮ったり
ノートに一生懸命メモしたり
お目目キラキラさせて
なるほどーーー!って感情表現する生徒さん

こういう場にはあまりいませんからね

それで講師の人がうれしくなっちゃった人がいたんですよ

でもですよ

その講師の先生がうれしそうな顔色を見せたのを
妬んだ保健所の人がいたんですよ

それでこのしるしが入れられたです 」







こくまちゃんも
ガオちゃんも 言ってたです
「 黄色はダメ 黄色はダメ 」

あのマーク
ココ シャネルの片割れなんですよ

ココ シャネルは二つ揃って鎖です

でも片割れだと
砂糖が入ってないソフトクリームのような物です 

ある意味
脂肪確定って事じゃないですか?

しかも色
蛍光色ですよ 蛍光

これ店にエネルギー集まると呪符になっちゃうから
消しちゃう方がいいですよ 」





その辺の呪術師より
術のうまい人が 保健所の職員の中にいたんですね 

見かけでは判断できませんねー

でもひどいですねー

これ
いじめですよ
いじめ

」(えんえんのことば)





あの場にいた大きな女の人の想念がいたの

地域の集合体の想念みたいなもの

にょきってくるの
スッとあらわれるの

土地に残った記憶の集積体が元なの 

色んな
土地土地にあるの 

その大きな女の人がね

MAHAOちゃん見て
頭なでなでしてたの

おりこうさん
おりこうさん

きっと品川でもあったんだよ
五反田や 蒲田でもあったんだよ 

おおきな女の人
よくなでなでされるよ 」(こはるちゃんの言葉)





おおきな女の人の想念は
いつもさみしそうにしているの

ずっとさみしそうだから
土地に記憶が残ってるの

そして
さみしい人は
楽しくてさみしい人が好き 」(こはるちゃんのことば)








2017-02-23 黄色い片割れのC (幻の桜 地球を救うブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1975.html

転載開始





さて
春になりそうでならなそうな風が押しあいへしあいする
今日この頃



昨日
くまちゃんに 
こんな事を頼まれました
(>ω<)ノシ))パタパタパタパ






MAHAOちゃん 
講習行ってきてくれる 」
(―   ―)ノ




講習?
(・・;)




飲食店の営業許可の講習


ほら
昨年
ちくさあの家でBARの営業許可をとったでしょ?

通常ならそれで
営業許可証をもらえるんだけどね


ただね
検査の時
保健所の人と組合の人にね
言われたんだ

新規事業者は講習会に参加しないと
営業許可書を渡さないって 

まったくやんなっちゃうよね 」
(―  ―)ノシ




(・・;)・






それでね

その講習会が
今日の昼からあるんだけどね


ほら
最近 ちくさあのBARの工事で忙しいでしょ?

それとね
今日
古い窓ガラスでちょっと取り換えたいところもあってね

それを外してもらって
ガラス屋さんに持っていきたいから


でもそうすると
講習行く時間ないから
代わりにMAHAOちゃん行ってくれるとたすかるんだけど 」





(・・;)・





ただね

その講習会の講義の内容だけど

とーーーーーーーってもつまらないからね

本当につまらなくて 
つまらない講習なんで

まともに聞いてる人は
誰もいないと想うんだけど


そんなわけでよろしくね
おねがいね

 」(くまちゃんのことば)




というわけで
なぜだか
くまちゃんが言うところの
ものすごくつまらない講習会に
行くことになったのですが 
(・・;)





行く時間が近づくにつれて
やっぱりめんちゃいなー
めんどくさいなー
ねこたちと一緒におひるねしてたいなー 
と想って
のんびり支度をしていると
(・・;)



どうもいつのまにか
講習の時間が近づいたようで
くまちゃんが慌ててアパートの部屋まで迎えに来ました



そしてくまちゃんの車に乗せられて
いざ
講習会場に向かおうと想ったのですが



そういえば
今日まだこいさんのごはん配りをしてなかった
こはるちゃんにこいさんの動画を撮るように言われていた
ピッコーン(・・;)!
と想って




くまちゃんに
こいさんのごはんくばりに行きたいことを伝え



結局講習会の時間ぎりぎりだったのですが



なーの川で
こいさんのごはん配りと 
こいさんのお食事風景を
のんびり撮影しました

P2221088_R.jpg



こいさん動画
https://www.youtube.com/watch?v=peXrWvPhSSM&feature=youtu.be



なーの川では
くまちゃんは少し離れたところに
車を止めて
橋の上でこいさんを撮ってるMAHAOの様子と
時間を気にしてやきもきしてる様子だったのですが




しばらくして

急いで~~ 」と
MAHAOを呼ぶようなしぐさをしたので
慌てて向かいました
(・・;)==


P2221098_R.jpg





くまちゃん曰く
講習会場は 
営業場所のある富津市ではなく
木更津の保健所の中だそうで

それほどアパートから遠くない場所との事だったのですが


そして
車の中で
くまちゃんは
時間に間に合うかなーと 
ちょっとやきもきしていたのですが
(―  ― ;)(・・;)





なんだかちょっと
お茶とキャンデーが欲しくなったので



くまちゃんに
「 あそこのセブンイレブン行く! 」
と言いました
;(。― ―)! \(・・;)




くまちゃんはコンビニの駐車場で
「 なるべく急ぎ目でおねがいね 」と
(・・;)= (― 人 ― )
少し弱り声のような感じだったのですが



MAHAOは
「 あー 遅刻するなー 」と想いながらも
ミルクキャンデーと 蜂蜜キャンデーとガムと
ミルクティーを買って
くまちゃんの待つ車に戻ってきました

P2221111_R.jpg


P2221112_R.jpg


P2221113_R.jpg



結局
保健所に着いたのは
開始時刻を過ぎた時刻でした




くまちゃんは保健所前にMAHAOをおろすと
4時30分になったら迎えに来るねーと言って
そのまま千種新田の工事現場にとんぼ返りしていました
(― ―;)ノシ== (・・;)




さて
講習の行われる会場は
3階との事で
保健所前でまずは記念撮影を

P2221116_R.jpg



そして
このエレベーターで3階に登ると
受付があるとのことで
エレベーターの写真を撮り

P2221117_R.jpg


P2221118_R.jpg



廊下の写真を撮っていると
受付が見えたので
そこでピンクの紙を渡したところ
教室に案内されました 


P2221120_R.jpg




その時
受講料として1000円徴収されました
(>ω<)/


でもこの講座を受けなきゃ
営業許可を渡さないと脅すんだったら
受講料タダにしてくれてもいいのになー
とは想ったのですが


まあそんなこんなで
教室に入ってみると
その講習には
MAHAOの外に
何十人もきているようでした




くまちゃんの話では
上総一帯で新しくお店をはじめた人達ばかりが集められていると
聞いていたのですが


そこに来てる人たちは
現実感のない暗さを漂わせてるような

夢も希望も持っていないような
そんな暗い波長がその教室の中を漂っていました 
~~ドンヨリ (・・;)



P2221122_R.jpg








それから
講義がはじまったのですが 


講義の内容は
何を言ってるか
よくわかりません


なんとかウイルスの話とか
消毒とまな板とか
そういう単語だけが 
ひたすら連呼されていた気がします




みんな退屈そうで 
沈鬱で 暗い感じの様子でした



そして
それを見ていたMAHAOも
なんだかつまんない
眠くなってくると想いながら



とりあえず
眠気覚ましに
教室の人数が何人いるのか
1、2、3、4
と数え始めてみました
((⊂(・・;)



すると
大体その教室には
30人ぐらいの受講生がいるようでした



でも数え終わると
やはり睡魔が再び襲ってきます


どうしてこんなに眠いんだろう?
(・・;)?


そんな疑問を持ちながら
教室の場の空間をじいいいいいいいいっと
見つめていると



どこからともなく
こんな声が聞こえました





それはね
つまらないからよ

つまらないから眠くなるの


人間の生理反応 」(その時聞こえてきた声)



その声は
とても
心にぴーーーーんと響きました
(・・;)!



なので

なぜ?
どうして?
\(・・;)?




聞こえてきた声に問うと
さらにこんな回答が聞こえてきました




つまらない現実を変える時

インスピレーションを得たい時

人は眠くなる

睡眠は現実を変えるための本能 」(その時聞こえてきた声)



という声が聞こえて


MAHAOは
なるほどーーーと想いました
☆\(・・;)



そういえば
MAHAOは最近よく眠っているけど


あれも
今の現実を変えるためだったんだな


やっぱり
現実を変えたいときは
睡眠が一番だよねー
(*´・ω・)(・ω・`*)ネー



そしてしばらく
そんな眠い状態
半分夢見心地の状態で
授業を聞いてると



講師の人の声が
心電図がピー―――――――――っと止まったような
イントネーションの声に聞こえてきました



その時
再び声がして
こんなことも教えてもらいました



講義がつまらないのは
話の内容ではなく
講義をしてる人のイントネーションが単調だから 」(その時聞こえてきた声)




場の声は
つまらないのは内容ではなく
イントネーションがつまらないからと言ってきます


そう言われて想ったのですが
もしこの講師の人のイントネーションが
楽しくうきうきしたイントネーションだと
もしくは ドラマを聞かせてくれるような声優さんの感情を交えたイントネーションだと
同じ内容の話でも 
もしかすると面白く楽しく聞けてしまうかもしれません
(・・;)



話の面白いつまらないは

話の内容というより
イントネーションの面白い つまらないで
決まってくるんだ

その時 はじめて気がつかされました 





そして
こんな声も聞こえてきました




白昼夢

起きて寝る 
起きて見る夢

わたしが昔
明晰夢をよく見ていたのは

授業がつまらなかったからかもしれない

うとうとしすぎて
教室中のみんなの 
浅い心の夢と記憶が見えてくる


さらに寝すぎると
教室の中心になって

もっと寝ると
学校の中心になって

もっと寝ると
地域の中心になっていく 


地域の中心まで寝ると
政治や経済の中心の夢が見えてくる

視えるだけ


あさきゆめみしは
これのこと 

どんどん眠っていくようで
目覚めてく

もっと眠っていくと
集合無意識の原型が見えてくる 」(その時 聞こえてきた言葉)




そんな数々の言葉が聞こえてるうちに


なんだか
このつまらないと想っていた授業は
実は
とてもすごい授業なのかもしれないと
段々想いはじめてきました
(・・;)!



授業中 眠くなるという現象の謎を 

30年以上も
ずっと謎だったことが
ようやく解けたような感じで


授業中に
なるほど!と
何度か
想わず大声をあげてしまいそうにもなりました
( ゚Д゚) ☆゛((\(゚∇゚*)ナルホニョー!♪, (*_*;?



そしてこう想いはじめました



今まで
高校や大学でいっぱい授業があったけど
授業中眠くなる真実に気づかせてくれた
今日の授業は今までで
最高の授業なのかもしれない
(・・;)


こんなにときめいた授業ははじめてだから
記録しないといけないという想いにとらわれました


そして
カバンから
カメラを撮りだして
少しづつわからないように
写真を撮りだしました


P2221125_R.jpg





すると
写真を撮っていると
こはるちゃんから
ねこねこテレパシィも来ました
)))))))(・・;)





そして
こはるちゃんは
授業の写真を撮っているMAHAOに
こんなことを言ってきました



「 
頭が高い 
 」



頭が高い?
(・・;)?





足が見えない 」




足が見えない?
(・・;)





ねこ
いつも足元から上を見る

その写真
肝心の足元が抜けてる 」




(・・;)・






かがんで写真を撮る 」


ええええええええ!
\(・・;)/ 





なんと
授業中聞こえた
ねこねこテレパシィで 
こはるちゃんに写真はかがんで撮るように言われました


P2221124_R.jpg




でも今は授業中です
人の影からこっそり写真を撮るならいざ知らず



席を立ってかがんで撮ると
さすがに講師の人に気付かれちゃうかもしれません
(・・;) 



そして
MAHAOは想いました

どうしよう?
こはるちゃんは
かがんで撮れと言うけれど


想いきりかがむと怒られちゃうかな?
(>ω<)/?


でも
どうしよう怒られちゃったら

でも
だから

気付かないでね 
気づかないでね


そう想いながら
そーーーっと席を立って
教室の後ろに行って
かがんで写真を撮ることにしました
[◎](・・;)ソーーー 




それで撮れたのが
下の写真
<(_ _)>




P2221127_R.jpg



でも
授業中
こんな写真を撮ると
おかしい人と想われちゃうかな?
(・・;)?



そう想いながら
写真を撮っていると


今度は
えんえんからこんなテレパシィの声が発されました
)))))))(・・;)!






大丈夫ですよ

もうすでに おかしい人と想われてますからね 」(えんえんのことば)



P2231202_R.jpg





(・・;)・




まあおかしい人と想われてたら
しかたないし
それに
写真撮っちゃいけないと言われてないもんね



その後も写真をパシャパシャと
撮りまくりました
【〇】(・・;)


P2221128_R.jpg




でも
そんなことをして数時間過ごしていると



ある授業の講師の先生が
じいいいいいいっとMAHAOの方を見つめているのを感じました


でもその目は怒りの目というよりも
「 熱心な生徒ねー 」みたいな
表情をしていることに気がつきました
( ;∀;) (・・;)・



そういえば
他の生徒さん達は
寝てはいませんが
みんな明らかに退屈そうな表情をしています

P2221126_R.jpg



静かにおとなしくしながらも
でも右の耳から左の耳に 講師の言葉が抜けていく感じで
講師の人もそれを敏感に感じ取ってる様子でした



でもそんな中
MAHAOはひとり
カメラで授業中の写真を撮ったり
聞こえてきた教室の場の想念の言葉を熱心にノートにメモしていました
φ(・・;)


そして
想わずなるほど――――!
と想うような表情をしていたりもしました
\(◎o◎)☆



その様子を見てなのでしょうが
どうもその講師の先生は
MAHAOが熱心に 授業に感動しているように映ったようでした



もちろん
MAHAOが反応したのは
講師の先生が喋っていた何とかウィルスの話というわけではありません

つまらない授業の想念的な効能と
眠くなる原理 

そして明晰夢などについての言葉について等の感動だったのですが



その授業中に感じたMAHAOの感動が
講師の先生の中で 別な感動を掻き立てているようで
ああ こうして深層心理的に感動がどんどん広がっていくんだなあという事も感じました
( ;∀;)  (・・;)・・


P2221148_R.jpg





そして
その後 
授業が進む中
MAHAOの過去に訪れた場のイメージも見えてきました



その日訪れた
この木更津の保健所の教室の場



実はこの場が
以前MAHAOが行った場所で
日雇い派遣のバイトをしていた品川や五反田の派遣工場の現場

そして
先日の2月5日
エンストで泊まることになった
蒲田のホンダのディーラー前と
雑色駅と鮫洲駅


そして
もっと昔の独身時代に
MAHAOがモデルのバイトをしていた時に行った
とある品川の会社

これらが深い深層意識のイメージでつながっているのが見えました
(・・;)!



もちろん
以前から当ブログでは

すべての場はつながっていると言う 
お話をしたことはあります
(・ω・)/




でも
今日の保健所の会場と
海をまたいで挟んだ品川や五反田の派遣現場

そして蒲田や
雑色駅 鮫洲駅

品川のその他の会社は
普通の場のつながりを超えた
何かの古いえにしのようなものでつながっているのが見えて



その緩衝があったがゆえ
MAHAOは
今日 この場に呼ばれたんだな
という事を感じました
(・・;)



でもそれが具体的に
どんなえにしでつながっていたのかは
意識に登る前に
どこかに情報が抜けてしまって
完全にはわからなかったのですが




でも
深層意識では
場の記憶が見えていて
それらの場の記憶を照らし合わせると


一見つながりがなさそうなそれらの場は確実に 
共通している記憶イメージがあるように感じられました



そして
過去の記憶イメージなどが見えはじめてくると
こういう声も聞こえてきました




古墳に行ったから
くまちゃんに会ったんじゃないよ


あの古墳じゃないよ

古代 蓮の池

あの蓮の池に行ったから 
くまちゃんと会ったんだよ 」(その時聞こえてきた言葉)






みづな女王様の会場
みづな祭りで出会った
天才カメラマンがいたでしょ?


あの時
あなたがねこの写真を見せた時

天才カメラマンは
「 俺 建物の写真は ちょっとわからない 」って言ってたでしょ?



なんで
ねこの写真を見せたのに
建物の写真って言ったんだと想う?


あれはね

あなたが写真に撮る時に見ているのは
ねこの感情や表情
人の感情や表情というわけではなく
骨の方を写してるから

骨のエネルギー質は建物のエネルギー質に近いの

あの天才カメラマンは
あなたの写真を一目見て あなたのフィルターをすぐに見抜いたの


だから天才なの


この場の痕跡この場のエネルギー質をそのまま伝えたい 


できる限りフィルターをいれずに伝えたい
そのことに目が向いていて
あなたが
ガラスの水晶のような視点でぱしゃぱしゃ撮っていたから
建物の写真と言ったの


あの天才カメラマンはね


写真のフィルターの目線が瞬時にわかるの
写っている被写体に惑わされることなく

どんなフィルターでどんな視点で写真を撮影しているかがわかる

やっぱり天才なの 」(教室で聞こえてきた言葉)




なるほど!
みづな祭りにいた
あの天才カメラマンの福本さんはやっぱり天才だったんだな
(・・;)



という事も教えてもらいました





でも教室で聞こえてきた言葉のように
もしもMAHAOが
人の感情やねこの感情ではなく
そのままガラスの水晶のように本質を撮りたい性質だとするなら



もしかすると
MAHAOは本性的に
ちょっと怖がり屋さんなのかもしれない

だって感情を撮らないってことは
感情が怖いってことだよね



ということを
妙にひとりで納得しながらも
パシャパシャと写真を撮っていました
[◎](///▽///)パシャパシャ 




そして
休憩時間が訪れました


P2221129_R.jpg




休憩時間中

こはるちゃんから再びテレパシィが来て
「 
おさんぽ おさんぽ

いっぱい 撮る 」と言われました
)))))))(・・;)




P2221133_R.jpg




でももう授業中の写真は
結構いっぱい撮ったよ
(・・;)ノシ))パタパ



と伝えると
こはるちゃんは





せっかくここに来たんだから

みんなに見せる
みんなに教える

ここの写真もっといっぱい撮る 」と言いだしました




という感じで
こはるちゃんに保健所の中の写真を
くまなく撮るように言われたので


P2221131_R.jpg


P2221135_R.jpg


P2221136_R.jpg



1階も2階も
廊下も そして保健所の周囲も
パシャパシャ写真を撮ることにしました

P2221145_R.jpg


P2221144_R.jpg


P2221141_R.jpg


P2221140_R.jpg




写真を撮っているうちに

この周辺の情景が 
なんだか
物悲しい場所に
物悲しい人たちが集まってきたんだなあ


そんな情景なんだという事を感じました
【〇】(・・;)


P2221142_R.jpg





そして授業再開


その後もMAHAOは
写真を撮りましたが
授業中 写真を撮っても
講師の人とか 生徒さんとかは
特にMAHAOの様子に気にも留めませんでした



P2221146_R.jpg



そのうち
写真を撮ってる
MAHAOのことを気がつかないようにも見えました
~~(・・;)~~


でも想いかえすと
それは当然なのかもしれません



社会の現実を見てる人からすると
想念の方を見てるMAHAOとは波長が違っています

だから
意識が向かないはずなのもごく当然とも想いました




P2221147_R.jpg




まあそんな感じで
世間的にはつまらない授業と想われるかもしれませんが


個人的には
2月22日のこの授業は
とても引力が強い場の授業だった気がするので
今日の記事はその写真を載せることにしました
(>ω<)/




でも想いかえしてみると




あの保健所は 
過去の歴史的なエネルギーが
立地的に運ばれてるような場所のような気もしました




そういえば
去年
「 ヤマトタケルは知りません 」と言って
くまちゃんの預金通帳を差し押さえた年金事務所は
その保健所の隣に位置していました
(・・;)!


さらに奥には
昔は栄えていたとおぼしき公設卸売市場もあって

これらの位置関係から
やはりあの一帯には何か特別なエネルギーが運ばれているような気がしました



ところで
帰り際
こんなことがありました


講義が終わってから
店の営業許可証が 
ひとりひとりに手渡されたのですが



MAHAOがもらった営業許可書を見ると
MAHAOの渡された営業許可書だけ
Cを逆にしたような妙な落書きが書いてありました



P2221153_R_20170224000324482.jpg





あれ?


このしるし?
なんだろう?
(・・;)?


何かのマークなのかな?
(・・;)?



そう想って
他の人達が手渡された営業許可書も覗き見たのですが
(・・;)ソーーー


MAHAOの営業許可書以外 
誰の営業許可書にも
妙な落書きのようなマークは書かれていませんでした



黄色いペンで書かれたCを逆にしたようなマーク

一体このマークは何のマークなんだろうか?

もしかすると
たまたま マジックでついちゃっただけかな?
(・・;)?

P2221154_R.jpg



そう想っていたところ
ねこねこテレパシィが来て
それはえんえんからで
こんな感じのことを教えてくれました
))))))))(・・;)・





「 
嫉妬されちゃったですね 」




嫉妬?
(・・;)




講師の先生の中で
MAHAOちゃんを熱心な生徒だと想って
感動した講師の人がいるですよ


たぶんはじめてだったんじゃないですか
みんなつまらなそうに講義聞いてましたからね 」




(・・;)・






ほら
写真撮ったり
ノートに一生懸命メモしたり
お目目キラキラさせて
なるほどーーー!って感情表現する生徒さん

こういう場にはあまりいませんからね


それで講師の人がうれしくなっちゃった人がいたんですよ


でもですよ

その講師の先生がうれしそうな顔色を見せたのを
妬んだ保健所の人がいたんですよ


それでこのしるしが入れられたです 」




(・・;)・





こくまちゃんも
ガオちゃんも 言ってたです
「 黄色はダメ 黄色はダメ 」


あのマーク
ココ シャネルの片割れなんですよ

ココ シャネルは二つ揃って鎖です

でも片割れだと
砂糖が入ってないソフトクリームのような物です 



ある意味
脂肪確定って事じゃないですか?


しかも色
蛍光色ですよ 蛍光



これ店にエネルギー集まると呪符になっちゃうから
消しちゃう方がいいですよ 」






(・・;)・







その辺の呪術師より
術のうまい人が 保健所の職員の中にいたんですね 

見かけでは判断できませんねー

でもひどいですねー


これ
いじめですよ
いじめ


」(えんえんのことば)


P2231200_R.jpg







えんえんには
営業許可書についたこういうしるしは
後で想定外の効果を発揮してしまう事もあるので


とりあえず修正液で消しておけば
問題はないようなことを言われました
(・・;)




そして
こはるちゃんは
言いました



あの場にいた大きな女の人の想念がいたの

地域の集合体の想念みたいなもの

にょきってくるの
スッとあらわれるの

土地に残った記憶の集積体が元なの 

色んな
土地土地にあるの 



その大きな女の人がね

MAHAOちゃん見て
頭なでなでしてたの

おりこうさん
おりこうさん

きっと品川でもあったんだよ
五反田や 蒲田でもあったんだよ 


おおきな女の人
よくなでなでされるよ 」(こはるちゃんの言葉)



こはるちゃん曰く
土地土地には
その土地の記憶の集積体である大きな女の人や
中性的な子供にも見える想念がいて
(・・;)


その大きな女の人が
あの保健所のある
あの一帯にもいると言います
 

もしかすると
授業中
色んな事に気付かせてくれたのは
その想念が教えてくれたからかもしれません 
(・・;)!




そしてあの一帯は
おそらく社会的に精神感作させやすい
霊的なエネルギーが運ばれてるスポットなのかもしれないと想いました




あの場所の想念は
何かを解いてほしいと想ってるのかもしれない
とも想いました



ちなみに
くまちゃんは
MAHAOが講義を受けている間
古い古いガラス屋さんに行ったそうで


そのガラス屋さんに
「 ガラスは風では割れない 


割れる時は 風で飛ばされたものがぶつかった時だけ

そうでない限り
どんなに強い風でしなっても ガラスは絶対に割れない 」

という事を聞いて
少し感銘を受けたそうです
(― ―  )(・・;)






おおきな女の人の想念は
いつもさみしそうにしているの


ずっとさみしそうだから
土地に記憶が残ってるの


そして
さみしい人は
楽しくてさみしい人が好き 」(こはるちゃんのことば)




P2231198_R.jpg





2017-02-23 : MAHAO写真シリーズ :






転載終了




スポンサーサイト

2017-02-13 ならくはならの底なんだ (幻の桜 地球を救うブログさんより)

幻の桜 地球を救うブログさん情報です







どんな時代であっても
財物や 地位 権力を失う前兆

優越感という感情が芽生えだす

意識でどんなに否定しても
心のどこか
無意識が優越感を感じた途端

無意識は
自分が持っている現実を
吐き出す行動をしてしまう 

その深層記憶があるから
彼らは 
優越感を とても恐れてる 」(あめで聞こえてきた言葉)







誰かに
優越感を感じさせるとな

その誰かは
持っている
運も気も能力も 
すべて吐き出してくれるんだ

いくら意識で否定してもダメなんだ
無意識が 優越感を感じてしまうと 無意識は運や能力

時に生命エネルギーまで吐き出すような行動をしてくるんだ 」






何を
言いたいかと言えばな

優越感はな
性行為に似てるんだ


相手に優越感を感じると
本能が快楽を感じ
そこにハアハア吐き出そうとする

自分の運をしぼりだしちゃう行動を
無意識的にしちゃうんだ 」







知ってるか?

優越感と 飢餓の吸引力は違うんだぞ
飢餓の吸引力は
飢えがなくなれば
すぐに満たされるけどな

優越感は
自分が劣等感を感じるぐらいの現実や才能をのせないと
制御不能なんだ

支配者の系譜や
地主たち
その子孫たちはな

実は代々
潜在意識的に 
優越感を感じさせる存在を恐れてたんだ

だって優越感を感じさせるという事は
相手はその裏返しで
コンプレックスを持ってますって事だからな

代々の金持ち一族は

自分や周囲の人 部下たちが
優越感を感じさる存在を見つけると

抱えて家族にしようとしたり
もしくはそいつの願いを叶えようとしたり 
持ち上げようとしたんだぞ  

王や皇族たちはな 
昔は
代々優越感を人々に感じさせる存在を抱えてたんだぜ

それを抱えることで
座や体制の防御壁にしていたんだ 」 






生命力はな
気の付け替えじゃ運べないんだ

相手を喜ばせたり
優越感を感じさせないと
生命力は吸えないんだ

小犬たちはな

それも知らずにな
いじめとバッシングのワンパターン攻撃で
養分の吸引力を上げていって

世界やボスたちの系譜からも
どんどん生命力がなくしていくような行動をしてたんだ

今の経営者みたいに
従業員を低賃金で働かせて
顔だけ無理やり笑顔を作らせても
従業員の内面がネガティブだと
経営者一族から 生命力を吸っちゃうんだぞ 

うわべだけで判断しちゃダメなんだ 

特にエネルギーの増幅期は怖いんだ 」





破壊の時期の
太陽と月の緩衝は
いわば優越感と劣等感の戦いのようなものだ 

エネルギーが増幅する
その瞬間が
何百年 何千年 何万年の
財運や力 能力を決めちゃうんだ

この瞬間に優越感を持つことは 数百年以上 運を吸われることになるし
この瞬間に劣等感を持つことは 逆に数百年以上 運が運ばれることになるんだ 

人にとっては大きなタイミングだ

だから
その緩衝時 

周囲に優越感を感じさせる存在にならないと
運や気がその後もずっと
吸われちゃうんだ 」







追伸





人々が優越感を得る気がどれだけついてるか
それにより政治家の支持率が決まる

スターの人気もそう

優越感を感じさせないと
大衆の情動は掴めない

優越感を多く感じさせるものを
常にトップに据え

頭のいい者たちは
むしろ
スタッフ 参謀 脇役に徹しろ 」(あめで聞こえてきた声)





地主たちは 
二枚舌
そんなこと顔にもおくびにも出さないけれどね

むしろ興味がないふりしてる

優越感を感じさせれるものを持ち上げようとするのは
怖いから

財運や自分の現実を守る本能から
それはきている

歴史的に
何度も繰り返されてきた


優越感は
とても怖い感情だから 

財運だけでなく
才能すらも 生命力すらも
吐き出してしまう 

自分の方がすぐれてると感じたら

どんなに術を駆使しても 
どんなに相手を監視しても
無意識はそこに吐き出す行動を自動的にしてしまう

本能は
吐き出す行為に
心地よさを感じてるから 

もしも
自分の中で本能と理性が戦った場合
時として怒りだしたりもする

優越感を感じる自分が怖いから
それが制御できない時
露骨な怒りや拒絶反応を示したりする

でも
そのかい離が大きければ大きいほど
抑えることは大変

愛や恋ではない

好き嫌い以前の感情

優越感は情を喚起して
あらゆるものを吐き出しちゃう

それが心地いいの
気持ちいいの

恐ろしい本能なの 」(あめで聞こえた言葉)







2017-02-13 ならくはならの底なんだ (幻の桜 地球を救うブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1974.html

転載開始
 






あめ(夢)を見ました


代々の支配者たちの系譜

彼らが恐れていたものが見えました


彼らは
優越感という感情を恐れているようでした 

優越感を自分が感じること
それを恐れているようでした


声が聞こえました




どんな時代であっても
財物や 地位 権力を失う前兆

優越感という感情が芽生えだす


意識でどんなに否定しても
心のどこか
無意識が優越感を感じた途端


無意識は
自分が持っている現実を
吐き出す行動をしてしまう 



その深層記憶があるから
彼らは 
優越感を とても恐れてる 」(あめで聞こえてきた言葉)





そして
そんなあめを見ていた日々のさなかのある日

こくまちゃんが
こんなことを教えてくれました
(>ω<)/



P2120755_R.jpg







知ってるか?
金も運も 才能も
優越感がもたらしてくれるんだぜ 」





優越感?
(・・;)





誰かに
優越感を感じさせるとな

その誰かは
持っている
運も気も能力も 
すべて吐き出してくれるんだ


いくら意識で否定してもダメなんだ
無意識が 優越感を感じてしまうと 無意識は運や能力

時に生命エネルギーまで吐き出すような行動をしてくるんだ 」






(・・;)






2013年を覚えてるか?

俺はな
あの時
お部屋風水を
俺好みの部屋にしてな

とてもうれしかったんだ


毎日飛んでくる
からすさんに毎日自慢してたんだぜ


そしたら
カラスさんはとても悔しがってな

こう言っていた

こんなにきれいな部屋見たことない 」


オレもああいううちに住みたい 」


俺とくまくまパパはその様子をな
毎日毎日得意げに眺めてたんだ


そしたら
いつの間にか
からすさんは
くまくまパパや 俺たちから
気や情報を吸ってたんだ 」

 



(・・;)・





でもな

この部屋の気が吸われても

他のねこたちがブルーだったからな
からすさんからも
情報が来たんだ 


そしたらからすさんが怒ってな 
「 
盗った!盗った!

オレたちの情報盗んだな!

なんきょーく! ほーーっきょーく! 」
妙な緩衝が生まれちゃったんだ 」





(・・;)・







何を
言いたいかと言えばな

優越感はな
性行為に似てるんだ


相手に優越感を感じると
本能が快楽を感じ
そこにハアハア吐き出そうとする


自分の運をしぼりだしちゃう行動を
無意識的にしちゃうんだ 」






(・・;)








知ってるか?

歴史の偉人たちはな
名を為す前


周囲に優越感を感じさせてたんだ

そして本人は
コンプレックスだらけだったんだ 


周囲が優越感を感じれば感じるほど
その裏返しでコンプレックスを感じるからな


でも
そこに周囲が吐き出した運や気が集中して
歴史の偉人たちは名を残すことができたんだ  










(・・;)






知ってるか?

優越感と 飢餓の吸引力は違うんだぞ
飢餓の吸引力は
飢えがなくなれば
すぐに満たされるけどな

優越感は
自分が劣等感を感じるぐらいの現実や才能をのせないと
制御不能なんだ


支配者の系譜や
地主たち
その子孫たちはな

実は代々
潜在意識的に 
優越感を感じさせる存在を恐れてたんだ



だって優越感を感じさせるという事は
相手はその裏返しで
コンプレックスを持ってますって事だからな



代々の金持ち一族は

自分や周囲の人 部下たちが
優越感を感じさる存在を見つけると

抱えて家族にしようとしたり
もしくはそいつの願いを叶えようとしたり 
持ち上げようとしたんだぞ  


王や皇族たちはな 
昔は
代々優越感を人々に感じさせる存在を抱えてたんだぜ


それを抱えることで
座や体制の防御壁にしていたんだ 」 







(・・;)






小犬たちはな


優越感を感じさせる存在を持ち上げようとしてるのを見て被せたんだ



ネガティブな人をいじめたり 
集団で叩けばな
いじめた存在にもネガティブな気が薄っすらとつくからな


それで
いじめられた人達は
逆に
周囲が優越感を感じないような気を表面に投げつけられ
現実を来なくされたんだ 


これがこの数十年
特に激しく 起こされていた


でもな
ネガティブな人を叩いちゃダメなんだ


いくら
表面ポジティブな気が吹きかけられていても

内面
ネガティブが
増幅してる人はものすごく怖いんだ


内面のネガティブが増幅すれば 
生命力を吸い込んじゃうんだ



いるだけで
ただ存在してるだけで
生命力の気を吸い込めて  

生きながら怨霊のように生命力を吸っちゃうんだ 」






(・・;)






生命力はな
気の付け替えじゃ運べないんだ

相手を喜ばせたり
優越感を感じさせないと
生命力は吸えないんだ

小犬たちはな

それも知らずにな
いじめとバッシングのワンパターン攻撃で
養分の吸引力を上げていって

世界やボスたちの系譜からも
どんどん生命力がなくしていくような行動をしてたんだ


今の経営者みたいに
従業員を低賃金で働かせて
顔だけ無理やり笑顔を作らせても
従業員の内面がネガティブだと
経営者一族から 生命力を吸っちゃうんだぞ 

 
うわべだけで判断しちゃダメなんだ 

特にエネルギーの増幅期は怖いんだ 」




(・・;)







知ってるか?

ガンって
優越感を感じるとなる病気なんだ


ガンに限らず
あらゆる病気はそうなんだ

優越感を感じると
生命力を吐き出しちゃう


それで
内側から病気になっちゃうんだ 



生命力を吸われるといくら現実があっても
元も子もないだろ?



だから
支配者は
ネガティブな存在を見ると 抱えたり 
想いを叶えたり 喜ばせようとしたんだ


相手に快楽を感じさせ 
喜ばせ 生命力を放出させ
自分はその対価で
ネガティブな気を纏おうとしたんだ 


表面だけでも
ネガティブな気をつけておかないと
生命力を吐き出しちゃうからな 



 」





(・・;)







実はな
お前たちの買ったあの土地

あの土地は
周囲の土地が優越感を感じる土地なんだ


お前たちの買ったあの部分はな

ピンポイントに優越感を感じさせてな



だから舐め舐めな対応をされてたんだ 」



舐め舐め?
(・・;)





あの土地を買ってから
工事業者も
周辺住人も
あり得ない対応をするのはな


あの土地が優越感を感じさせるからなんだ

人は優越感を感じると 
露骨に舐めるようになる

見くびるような行動をとる
時に横暴になって 
無意識的にすべてを吐き出そうとする


逆に
劣等感を持ってる相手には
慎重に 恭しい態度になるんだ

だって 
劣等感を持ってるところには
欲しいものが集ってるってことだからな


劣等感を感じさせる存在は

優越感と違う意味で
人は集まってくるんだぜ 」





(・・;)






破壊の時期の
太陽と月の緩衝は
いわば優越感と劣等感の戦いのようなものだ 


エネルギーが増幅する
その瞬間が
何百年 何千年 何万年の
財運や力 能力を決めちゃうんだ


この瞬間に優越感を持つことは 数百年以上 運を吸われることになるし
この瞬間に劣等感を持つことは 逆に数百年以上 運が運ばれることになるんだ 

人にとっては大きなタイミングだ



だから
その緩衝時 


周囲に優越感を感じさせる存在にならないと
運や気がその後もずっと
吸われちゃうんだ 」






(・・;)






俺は今 コンプレックスを感じてるんだ

おひるねひめが抱きかかえてるぬいぐるみ

くまくまパパにそっくりだ 


おそらくな 
からすさんが運んだ情報が入ってるんだ 


知ってるか?
からすさんのボスはコンプレックスの塊なんだ 

コンプレックスの強いからすさんを見つけると
みんなでリーダーにするんだ

でもからすさんのコンプレックスはすぐに癒されちゃうからな
だからリーダーがコロコロ変わっちゃうんだ 」




(・・;)・





俺は負けないんだ 

俺は
こくまちゃんという名前なんだ

かわいい パチパチとされたかったんだ

もっと
きれいなお部屋にも住みたいんだ 



おひるねは 現実に近い現世の明晰夢

よるねはもっと深層記憶なんだ 

ひるねと よるねは違うんだ
」(こくまちゃんのことば)



P2120757_R.jpg








追伸


あめの話 続き


あめのイメージでは



政治家やスター

財界人達は 


元をただせば
地域の権力者や
地主達の後ろ盾からはじまったようでした 



地主たちの集合意識は
人々に優越感を感じさせる存在を見つけると
即座に現実を与えたり
一族で抱えようとしたり
相手が満足するまで 持ち上げようとしてるようでした 



自分が優越感を持ってしまう前に
人に優越感を与える存在を裏から支えれば 
自分の一族の防御壁として
利用できる

そのことを知って
それをしているようでした 


声が聞こえてきました


人々が優越感を得る気がどれだけついてるか
それにより政治家の支持率が決まる


スターの人気もそう

優越感を感じさせないと
大衆の情動は掴めない


優越感を多く感じさせるものを
常にトップに据え


頭のいい者たちは
むしろ
スタッフ 参謀 脇役に徹しろ 」(あめで聞こえてきた声)



代々の構築者達は
優越感を感じさせる存在を餌として
たくさんの想念を集め
仕組みを構築してきたようでした 


裏の権力者たちは
いつの時代も

人々が
誰に優越感を感じているのか 

どこに人々の優越感が集まっているのかを気にして
それで表の座の権力者を決めているようでした



彼らが
最も恐れるのは
部下たちが優越感を持ってる人を発見した時


そしてより恐れたのは
優越感を感じさせる存在を
自分のライバル陣営が抱えた時



もしも
自分達の集合体が象徴として立てている存在よりも
優越感を感じさせれる存在を
相手が象徴として立ててきたら



自分の力も
財力も
部下たちも
集合体事
そこに吸い込まれてしまう


その事を
長年の経験で知っているようでした 


だから
優越感を感じさせる存在を見つけると
誰にも気づかれないように

部下にも気取らせないように
抱えようとしているようでした




こんな声が聞こえてきました




地主たちは 
二枚舌
そんなこと顔にもおくびにも出さないけれどね

むしろ興味がないふりしてる



優越感を感じさせれるものを持ち上げようとするのは
怖いから

財運や自分の現実を守る本能から
それはきている


歴史的に
何度も繰り返されてきた


優越感は
とても怖い感情だから 

財運だけでなく
才能すらも 生命力すらも
吐き出してしまう 


自分の方がすぐれてると感じたら

どんなに術を駆使しても 
どんなに相手を監視しても
無意識はそこに吐き出す行動を自動的にしてしまう

本能は
吐き出す行為に
心地よさを感じてるから 


もしも
自分の中で本能と理性が戦った場合
時として怒りだしたりもする


優越感を感じる自分が怖いから
それが制御できない時
露骨な怒りや拒絶反応を示したりする


でも
そのかい離が大きければ大きいほど
抑えることは大変

愛や恋ではない

好き嫌い以前の感情


優越感は情を喚起して
あらゆるものを吐き出しちゃう


それが心地いいの
気持ちいいの

恐ろしい本能なの 」(あめで聞こえた言葉)




2017-02-13 : ねこねこのはなし :





転載終了



2017-02-07 2月5日の1泊旅行 (幻の桜 地球を救うブログさんより)

幻の桜 地球を救うブログさん情報です








マネっちのお墓まいり行きたい 

こはる

今日

吉祥寺 

行く 」(こはるちゃんのことば)




マネっち 
ヤネちゃんを埋めた場所にも
お酒をかけました




木さんがこはるちゃんに
触ってもらいたがっている様子でした

なので
こはるちゃんを抱っこしながら 
木さんにも触れました






2017-02-07 2月5日の1泊旅行 (幻の桜 地球を救うブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1973.html

転載開始







それは
数日前の事でした




海辺で朝方
寝ていたら
くまちゃんの車がバッテリー上りを起こしてしまい
レスキューロードサービスのお世話になりました



なんでも
くまちゃんの話では
ここ最近車のバッテリー上りが続き
交換をしようと想っていたそうで



他にもタイヤの溝がなくなって
車がふらふらしていた事



さらに
エンジンオイルの状態が怪しかったこともあり


さらに
ミニランプがつかなくなったり
車検も近かったことから



くまちゃんは 
近くのカー用品店で
タイヤ交換やバッテリー交換 
オイル交換やライトの交換などをまとめてすることにしたそうです


すると
全部の一切合切を合わせた額が40000近くにもなり
かなり痛い出費となったそうで 
(×  ×)ノ (>ω<)ノ


でもタイヤやオイルを交換すると 
ブレーキをかけると止まりやすくなって


くまちゃんは
「 お金はかかったけど
やっぱ新しいタイヤはいいね 」
としゃべっていました
(― ― )(・・;)



そして日にちは流れ
2月5日のことでした


こはるちゃんが
急に こんなことを言いはじめました





P2050367_R.jpg







こは
あそこ
行きたい 」




あそこ
行きたい?
(・・;)





ひさしぶり
吉祥寺行きたい 






吉祥寺?
(・・;)






マネっちのお墓まいり行きたい 

こはる

今日

吉祥寺 

行く 」(こはるちゃんのことば)







2月5日のこと

こはるちゃんが
急に
マネちゃんのお墓詣りに行きたいと言い出しました




ただ吉祥寺までは
こはるちゃん連れで行くには
車とドライバーが必要です
(・・;)



なのでくまちゃんに
今日 マネっちのお墓詣りに 
吉祥寺に行きたいと言うと
(;― ―)\(・・;)




くまちゃんは
ちょっと悩んだあげく


夕方以降だったら行ってくれると
言ってくれました
( ― ―)\(^o^)/



すると
ガオガオちゃんが 
「 吉祥寺に行くなら ガオちゃんも行く 」とか言いだし


さらに
こはるちゃんも
「 さくと一緒に行く 」とか言いだしたのですが



さすがにケージに3人入れると
重くて窮屈な気がしたのと
(・・;)



そして
その日は何故だか宇宙が
「 こはるちゃんひとりがいいよ 」と言っていた気がしたので




夕方 日が暮れてから
こはるちゃんだけ連れて
吉祥寺に行くことにしました 



アパートを出たのは
午後7時ごろのことでした



P2050352_R.jpg



途中
木更津の商店街を通ったのですが
2匹の猫ちゃんが お店の前にじーーーーっとたむろしていたので
シーバをあげて


P2050354_R.jpg




それから
アクアラインを通って
川崎から一般道に入りました


P2050361_R.jpg


P2050364_R.jpg




羽田のあたりの
神社横を通りかかった時のことです


くまちゃんがいきなり
車のディスプレイを見て 
こう言いだしました



なんだか
エンジンがおかしい

ちょっとエンジンを止めてみる 」(くまちゃんのことば)



くまちゃんは
信号でエンジンを止め 
再び走り出したのですが

しばらく
走ってみると 
また
「 エンジンがおかしい エンジンがおかしい 」と言いはじめました



なんでも
くまちゃん曰く
エンジン警告灯というものがあって 
それがずっと表示され続けていて 


今までは
エンジン警告灯が
表示されていても エンジンを切るとすぐにその警告灯は消えてたそうなのですが


この日のエンジンの警告灯は 
何度エンジンを切っても ずっとつきっぱなしになっていたそうです


木更津だったらすぐに引き返すのでしょうが
でも
もうここは東京です 



なので
くまちゃんは少し注意して
おそるおそるアクセルを踏んでいたのですが
そのうち警告灯が点滅しはじめ
エンジンがぷすぷす ガタガタ言うようになってきました


それでも
なんとか吉祥寺までたどり着こうと
気をつけて気をつけて走っていたのですが


蒲田のあたりの坂道で 
ペダルを踏んでも
スピードが出なくなりはじめ


くまちゃんは
「 ヤバい! このままだと エンジンが停止するかも 」
(― ―)ノシ))。



そう言って
ウインカーを点滅させながら
車を停めれるところを探し始めました



その日走行していた場所は
環状八号線でした

車の通行量が多く
なかなか車を止めれる場所は見つからなかったのですが
(・・;)


その時
ちくさあの海さんに
「 急いで車を止めて 」という声が聞こえてきたので


くまちゃんに
慌てて歩道橋近くの歩道に乗り上げる形で
車を止めてもらうことにしました
\(・・;)(― ―;)



車を止めた時間は午後
20時30分近くでした



とりあえず
エンジンを10分ほど休ませたのですが
つけなおしてもエンジン警告灯は消える様子はありません
(― ― ;)。 (・・;)・・



しかし
エンジンを直してもらおうにも
午後8時過ぎなので
整備工場やディーラーはもう閉まっています



どうしようかと想ったのですが
なんとなくマネっちのお墓参りに行くのを何かの想念に邪魔されてる気がしたので 



でも
こはるちゃんが
どうしても
マネちゃんのお墓参りに行きたがっていたので



それと車のエンジンも
長い時間休ませれば
なんとか
木更津まで帰れるかもしれないと想い


とりあえず
くまちゃんに張り紙をしてもらって

P2050466_R.jpg



ボンネットを開け
近くの電車の駅まで歩いて 
吉祥寺に向かう事にしました
\(・・;)


P2050465_R.jpg




スマホで付近を検索すると
電車の駅はすぐに近くのようでした



というか
車を停めた歩道橋の真下に電車の線路が通っていました
(・・;)




そこから
少し歩くと商店街のようなものが見え
さらにそこから5分ほど歩いた先に
御嶽山駅という電車の駅がありました



くまちゃんは路線図を見て 
吉祥寺に行くなら
旗の台で乗り換えて
渋谷まで行くのが一番早いと想うよ
と言い
渋谷行きの切符を2枚 440円出して買いました

P2050463_R.jpg





ところが
電車に乗ってからのこと
久しぶりの電車だったので
何故か旗の台を乗り過ごしてしまい
五反田近くになってから気づきました
ガーーーン(― ― )(・・;)!


P2050374_R.jpg



結局
切符代はもったいなかったのですが
五反田駅まで行き
そこで
新たに620円払い 

五反田からJRで新宿駅で乗り換えして 
吉祥寺に向かう事にしました




P2050371_R.jpg



その日は
日曜だったのですが
山手線の電車の中は座れない程度に混んでいました



そして
何故かこはるちゃんは
行きのどの電車の中でも 
注目されていました




籠には入れていたのですが
ケージ越しに
こはるちゃんの顔をマジマジと眺める人がいて
特に女性客が反応してる気がしました

P2050368_R.jpg




新宿駅からは
ちょっと座りたかったので
空いてる鈍行電車に乗ることにしたのですが 


くまちゃんはそんな中
車の心配をしていました

MAHAOは
今日のねこの森のごはん配りの心配をしていて
くまちゃんに
どうしてもねこ達にごはん配りをしたいと言ったら
\(・・;)


くまちゃんはスマホをいじくって 
あの車のままだと心配だからと言って
木更津近くのレンタカー屋さんも調べてくれたのですが
木更津界隈のレンタカー屋さんはどこもかしこももう閉まっているようでした


そしてくまちゃんは言いました

あの車が直らないことには
今日のねこの森のごはん配りはできないと想う

それに車が直らなかったら
木更津のホンダの修理にもっていくまでのレッカー代が数万円以上かかるかも 」
(;― ―)(・・;)・



そして
不安交じりで
ようやく着いた
吉祥寺駅



とても
久しぶりの吉祥寺駅でした
(;▽;)




P2050376_R.jpg



数年ぶりに降りた吉祥寺駅構内は
駅ビル内部がオシャレなショッピングモール化していて

もしも
MAHAOが住んでいたころなら
しょっちゅう
立ち寄っていたかもしれない
オシャレなブックカフェ等も駅ビルの中にできていました 


でも
とりあえず
終電までに御嶽山駅に戻らなければいけません


本当はのんびり吉祥寺を見たかったのですが
急ぎ足で 井の頭公園へ向かう事にしました


P2050377_R.jpg




でも行く途中 こはるちゃんと一緒に
以前住んでいたハイツの前を通りました



以前
はるちゃん えんえん 
こはるちゃん達と一緒に住んでいたのは
この3階建てのハイツです

P2050378_R.jpg



下にはブランドのお洋服屋さんがあって 


今想うと
よくそんな高い家賃払えたなあと想ったのですが
今のアパートの3倍以上
14万近くしたおぼえがあります



P2050379_R.jpg





ここは
吉祥寺では珍しいペット可の物件でした


そしてこはるちゃんは
この3階建てのハイツから
2度ほど飛び降りたことがあり

最初の一度目は3日間
行方不明になっていたのですが
改めて通ると
こはるちゃんが戻ってくれてよかったなあと想いました
∧∧(>ω<)/





P2050380_R.jpg








そして
井の頭公園への階段脇には
昔よく行った喫茶店
ドナテロがありました



P2050383_R.jpg






ドナテロは井の頭公園の野良ネコちゃんがいっぱい遊びに来ていて
冬はぬくもりに来てたカフェで 
ねこカフェよりも自然なねこカフェでした


こはるちゃんが行方不明になった時は
ドナテロの店主さんが助けてくれたのですが


2012年5月の金環日食があったころ
何故だか
急に立ち退きを要求され閉店されてしまったそうで

井の頭公園ののらねこちゃん達が
たくさん行き場をなくしてしまったそうです


そしてドナテロの跡地には
2013年
いせやという焼き鳥屋さんが
豪華なビルを建てて 
営業をしています


P2050382_R.jpg




ドナテロの人は
一体どうしたんだろう?
そんなことを想いながら


井の頭公園の階段をひとつづつ下りると
数年前と違う 景色の様子に唖然としました


P2050434_R.jpg




公園は
ものすごく前より管理されてるようで
小さな木立とかはほとんどなくなっていました




P2050438_R.jpg





池は
以前より
生命の息吹が感じられず
灰色で濁っている感じでした


P2050384_R.jpg





とりあえず
木さんのところに行き
そこでマネっち ヤネちゃんのお墓参りをしました


P2050400_R.jpg


P2050406_R.jpg


P2050405_R.jpg




持っていたお供え物は
木更津に出る時から持ってきた
お酒とお水だけでした


P2050402_R.jpg






本当は吉祥寺で
お魚とか
マネっちの大好物のしらすとかを
買ってお供えする予定だったのですが



吉祥寺に着いたのが午後10時ごろだったこと
重い荷物とこはるちゃんのケージを持っていたことに加え
お水とお酒を入れていたビニール袋は穴が開いていて
持ち手も今にも切れそうだったので
お魚を持っていくことは断念しました



P2050394_R.jpg




とりあえず
くまちゃんが木さんにお水を撒いて
MAHAOがお酒を撒きました



P2050389_R.jpg




マネっち 
ヤネちゃんを埋めた場所にも
お酒をかけました




P2050410_R.jpg


P2050408_R.jpg




木さんがこはるちゃんに
触ってもらいたがっている様子でした


なので
こはるちゃんを抱っこしながら 
木さんにも触れました


P2050415_R.jpg



すると
こはるちゃんは
急に色んなことを想いだしたようで
しきりにMAHAOにそれを告げはじめました
∧∧((・・;)


P2050413_R.jpg




そうして
木さんのところに来て
数分してからのことでした



先ほどまで
木さんのまわりに人はほとんど通ってなかったのですが
急に木さんのまわりをぐるぐると人が来るようになりました



P2050393_R.jpg




その時
木さんは
急に何かの気配を感じとったようで

「 急いで戻った方がいい 」とMAHAO達に言いました

MAHAOは
せっかく来た墓参りなので
マネちゃんの為にもう少しいたいなあと想ったのですが

「 マネっちも喜んでる
でも
何かがやってきそうなのを 憂慮してる 」と木さんは言いました




P2050414_R.jpg




なので
少しだけ公園の写真を撮って
慌てて駅の方向に戻りました



P2050420_R.jpg


P2050422_R.jpg


P2050423_R.jpg


P2050424_R.jpg


駅まで戻る途中に
昔行ったネットカフェの看板や回転寿司屋さん
商店街などを撮りました 


P2050439_R.jpg


P2050441_R.jpg


P2050446_R.jpg


P2050449_R.jpg




その辺は変わってなかったのですが
駅の中はまるで未来都市のようなデザインになっていて
切符売り場とかがIC化で少なくなっていました


P2050451_R.jpg


P2050452_R.jpg



それから
井の頭線に乗って渋谷駅に行き


P2050456_R.jpg



渋谷駅から
乗り場が遠くなった東横線にはじめて乗ったのですが



やはりこはるちゃんは
どの電車に乗っても注目されています
(・・;)∧∧・・・

 
P2050459_R.jpg



そして
乗り換えに次ぐ乗り換えの後
振り出しの御嶽山駅へようやく戻りました


P2050460_R.jpg


P2050461_R.jpg


 
そこからコンビニに寄って
車まで戻ったのですが
張り紙をしたせいか
特に変わった様子はありません


P2050464_R.jpg




とりあえず
十分にエンジンが休まったと想うので
くまちゃんがエンジンをかけてみました




すると
エンジンは
先ほどよりも動くようになってきたとの事で




エンジン警告灯はまだ消えてないのですが
とりあえずねこの森のごはん配りもあるので
木更津まで この車で戻ってみることにしました




でも
2キロほど走ってからのことでした

車のエンジンが
またぷすん 
ガクンと言うようになりました




それでもなんとかくまちゃんは
エンジンの音がしないように
慎重に慎重に
車を走らせていたそうなのですが



だんだん
ペダルを踏んでも回転が上がらなくなり
見る見るうちに車のスピードが落ちていきます


くまちゃんが「 ヤバい! 」と言いはじめ
その時
ちょうど第一京浜という国道の交差点だったので
くまちゃんは慌てて環八を曲がって
曲がったところのセブンイレブンの前に車を停めました


くまちゃんはレッカー車を頼まざるを得ないと想ったようで
ロードネットサービスに電話をかけて レッカー車を手配しはじめました



セブンイレブンの横には
ボルボという車屋さんがありました
当然のことながら閉まっていました 
(・・;)




P2060469_R.jpg




くまちゃんの話ではロードネットサービスによると
レッカーは最初の10キロは無料になるようなのですが


そこから先はレッカー車代がかかるとの事でした

もちろんそこから
10キロでは当然木更津のディーラーまではたどり付きません


そこで
くまちゃんが
最初の10キロを除く
木更津までのレッカー代金を逆算したところ
少なくとも
30000円ぐらいはかかるようでした
\(◎o◎)/!


それにアクアライン代もかかるかもしれないと言ってました



また
木更津のディーラーまで運んでも
朝になるまでディーラーは開けません

そうなると
朝まで車内で
ホンダの前で待たなければならないこともわかったので


くまちゃんは
それらを考えながら 


そして
ロードネットの人がアクアラインをレッカー走行することに
少し躊躇していた事も加味しながら
こう決めました



MAHAOちゃん

近くのホンダに止めよう
そしてそこで一晩過ごして
朝になったら修理してもらおう 


近くのホンダだと
ここから2キロ近くだから
レッカー車代はかからないし

もしレッカー車代を払って
木更津のホンダに行っても
そこから家までは結構な距離歩くことになる


どちらにせよ
レンタカー会社はもうやってない
今日ねこの森に行くことは無理だと想う

ねこたちには悪いけど
今日はごはん配りを休まざるを得ない


それに
同じ朝まで待つなら
様々な事情を加味して 
近くのディーラーで待っていた方が安全だし
レッカー車などのコストも安上がりだと想う 」(くまちゃんのことば)





そんな感じで最初
木更津までレッカーに送ってもらう予定だったのですが
急きょ 蒲田のホンダ前に停めてもらうことになりました
(・・;)




蒲田のホンダまでは
停めた場所から 
約2キロ近くのところだそうです




そうこうしてるうちに
レッカー車の人がやって来ました



P2060470_R.jpg



MAHAOとこはるちゃんは
怖くて寒くて 
車の中で待っていたのですが


しばらくすると
MAHAOとこはるちゃんごと
車ごと
トラックの荷台に乗せられて
持ち上げられていきました
ゴゴゴゴ))(・・;)∧∧((ゴトゴト



P2060475_R.jpg



怖いよ怖いよ~と
こはるちゃんと想いながら
トラックの荷台にのった後
トラックはそのまま走りはじめました



くまちゃんは
トラックの運転席にいるようでした


こはるちゃんと
ふたりだけだったので
ちょっと心ぼそく感じたのですが


走ること およそ5分
車は大きく曲がり ホンダの前にすぐに着きました



P2060477_R.jpg




そこでくまちゃんが乗ってきて
エンジンをかけました



くまちゃんは
エンジンが止まらないように慎重に慎重に
バックで車を少しづつ動かしました



そのままホンダの入口に
車が止めれたので
レッカー車の人は帰っていきました



時間は零時近くでした 

いつもだったらもうねこの森に行く準備をしなければならないのですが
あいにくこの日はいけません



それどころか
エンジントラブルなので車は暖房もかけれず
この寒さの中
一晩 車で待たないとなりません
(・・;)


そして
そんな時でした

何かの悪意というか
想念が投げつけられたのを感じました



すると
急に吐き気がこみあげてきて
MAHAOは
ビニール袋の中に 
おげげええええええっと
たくさんの胃液を吐いてしまいました


こはるちゃんも
邪悪な想念を投げつけられたのを感じたようで
突然おしっことウンチをしはじめました 



幸い車には
ペーパータオルをいっぱい積んでいたので

くまちゃんが拭いてくれて 
近くのコンビニでおでんを買うとき 
MAHAOのゲロと一緒に捨ててくれました
(― ― )ノシ=  (・・;)


P2060476_R.jpg







そして車の中で数時間
その数時間は
とてもとても長く感じられました



いつもはすぐ寝れるMAHAOが
この日は寒くて 
寒くて 
全然寝れませんでした



ぷるぷるしていると
ちょっと前の記憶と共に
情景が浮かびあがりました


そういえば
さっき車が停まった場所 
セブンイレブンだった

その横に「 肉の塊 」って看板があった

塊(かたまり) 
かまたり(鎌足)
何かを言ってるかもしれない 


そんな謎々のようなことをずっと考えながら
寒さにうち震えながら 車の中で過ごしました
(((××;)))



こはるちゃんも
くまちゃんもとても寒かったようで

早く早く
ホンダの人が来るのを待ってました


そして長い長い寒さの後
夜が白々と明け始めました


早朝の通勤客が 
少しづつ前方の道を歩きはじめています
(((;;;)))

くまちゃんの話では
「 午前7時くらいには
ホンダのディーラーの人が来るんじゃない? 」と言っていたのですが

7時を過ぎても一向に来る気配がありません


そこで調べてみると
なんと蒲田のディーラーは
10時過ぎじゃないと明かない様子のようで
普段使っているディーラーよりも遅い開店時間のようでした 



そして朝になって気づいたのですが
車を止めたところは
日陰でした 



なので日が昇っても
寒くて とても寒かったのですが


途中くまちゃんが
肉まんとかを買ってきて
こはるちゃんと一緒に食べたのですが


それでも寒かったので
MAHAOはくまちゃんに 

まだこないの? まだこないの? 」
と言ってました
(((×   × )\(;; )))





P2060479_R.jpg



 




8時30分ぐらいになってからのことでした 
一台の車がようやくホンダの入り口の前に止まりました


くまちゃん ホンダの人だよ! 」

慌ててくまちゃんを起こすと
くまちゃんが
外に行ってホンダの人に事情を話しました



ホンダの人の話では
メカニックの人が来るのは
10時近くだそうです 


なんとか
駐車場の方に入れれますか? 」と言われたので


くまちゃんがエンジンが止まらないように
慎重に慎重に
駐車場の奥に停めました


なるべく日当たりのいい処に
車を止めました 



P2060480_R.jpg





すると急に暖かくなって
お日様の光って暖かいんだなあ 
ポカポカして気持ちいい 

そう想いました


そうして
先ほどと打って変わった
ポカポカな駐車場で
30分ぐらい待っていると
他の社員の方が続々来られたようで

その中で女子社員の人がひとり近づいてきて
またもくまちゃんに事情を聴くと

なんとその女子社員の人はまたすぐにやってきて
営業前なのに
「 ディーラーの中で待ってくれてもいい 」と言ってくれました


P2060481_R.jpg





その後
ホンダのディーラーの中に入りました


営業前なので
中ではミーティングとかをしていたのですが
それが終わったら すぐにドリンクを出してくれました

MAHAOはホッとティーを
くまちゃんはオレンジジュースを飲みました


P2060490_R.jpg




寒さからの生還 
こはるちゃんも暖かい店内に
少し安心したようで
ディーラーの様子を
じーーーっとじーーー―っと見ていました



P2060494_R.jpg




くまちゃんがメカニックの人と話すと
原因がわかったとの事でした

点火プラグがつかなくなったそうで
替えの部品が届けば
なんとか今日中に直るようですが

ただ
部品が届くのが何時かわからず 
最悪 修理が終わるのは夕方までかかるかもしれないと
言われました




P2060498_R.jpg



くまちゃんは
なるべく早くお願いしますと
頼んだ後
それからしばらく何かを考えこんでいました
(― ―;).。o○ (・・;)?



そして
しばらくしてから
くまちゃんが
MAHAOにこう言いました


P2060484_R.jpg






MAHAOちゃん
ここで待っててくれる?


実はね
今度車検の時に 車両税の支払った時の領収書が必要なんだけど

その領収書を紛失してしまってね
今度東京行った時に 陸運局にもらいに行こうと想ってたんだ


それで
修理の待ち時間が長いようだし

ここから
陸運局は近いようだから
そこまで行ってみることにしようと想う

だから
MAHAOちゃんとこはるちゃんはここで待っててくれる? 」(くまちゃんのことば)


P2060487_R.jpg







なんでもくまちゃんは
近くにあると言う陸運局に行くと言います


でもその言葉を聞いたこはるちゃんは
こう言いました




こはも行く 社会見学 」(こはるちゃんのことば)


社会見学?
と想ったのですが
(・・;)


それを言った
こはるちゃんの様子が
いつもより少し楽しそうな事に気づきました


P2060483_R.jpg







そういえば
木更津に来てから
こはるちゃんとあまり旅行した想い出がありません


昔はよく旅行していたのですが 

こはるちゃんは
昨日の夜からのこのドタバタ旅行で
昔の旅を想いだしたようで
とても楽しんでいたようでした



なので
MAHAOも言いました


MAHAOも行く
こはるちゃんが行くと言ってるから 
MAHAOも行く 」
\(・・;)



くまちゃんは
「 えええええええ!
だって
ただ陸運局に行って領収書をもらうだけだよ

特に楽しいこととかないと想うよ 」と言ったのですが

こはるちゃんは
お出かけするのが楽しそうなので
MAHAOとこはるちゃんは
くまちゃんについていくことにしました
(;― ―)= (・・;)∧∧= 



P2060502_R.jpg




陸運局は
ディーラーのお姉さんが教えてくれた
近くの駅から 数駅離れたところにあるようで
雑色駅から
片道200円の距離でした


くまちゃんは

電車賃が2倍かかる 重いよ~ 」
と言っていたのですが

こはるちゃんは
途中の公園の子供たちを興味深げに眺めたり



P2060503_R.jpg


P2060504_R.jpg




さらに駅の途中に
鶏小屋と
虎という名前の大きな犬がいる
面白いビルを発見したりしました



そのビルの入り口にいる犬の前には 

この犬はおとなしかったのですが
最近噛むようになったので 手を出さないでください 」と書いてあって
それがやけに印象的でした
(・・;)・ 



P2060505_R.jpg





そして
雑色駅から電車で数駅行った先の
鮫洲駅


そこから
歩いて5-6分ほどで陸運局に着きました

P2060516_R.jpg


P2060514_R.jpg



くまちゃんが
車検証を見せたところ
1分ほどで納税証明書は発行されました

P2060507_R.jpg


P2060513_R.jpg


P2060510_R.jpg



そして用事が済んで
駅までの帰り道

くまちゃんがお腹空いたので
ごはんを食べたがっていたのですが 

でもこはるちゃんが一緒です
普通の飲食店では入れてくれなそうな感じです

P2060518_R.jpg




ところがくまちゃんは目ざとく
オープンテラス席のあるピザ屋さんを見つけました

薪窯で焼くようなピザみたいで
テラス席には
「 ペットの犬も一緒にどうぞ 」と書いてありました

こはるちゃんは猫です
でも
ここだと入れてくれるかもしれないと
くまちゃんは言っていました



オープンは
11時30分からのようでした


でも
その時の時間は
まだ11時10分

20分あるのと
こはるちゃんがお散歩したがっていたので
鮫洲の町をぶらぶら歩くことにしました

P2060520_R.jpg




ケージを持っていた
くまちゃんはちょっとお疲れモードでした 



こはるちゃんは
なぜか鮫洲で
写真を撮るとき ねこ目線で撮ってと言いました

P2060522_R.jpg



言われた通り
鮫洲の町を何枚か
ねこ目線で写真を撮りました

P2060525_R.jpg


P2060523_R.jpg


P2060533_R.jpg



途中
鯉さんのいる神社とかもあったり 


P2060530_R.jpg



通りがかりで
ねこを七匹飼ってると言うおばあちゃんに声をかけられたりしました

うちも20匹ぐらい飼ってるんですと言ったら
\(・・;)



驚かれて 
「 どこの病院? 」と声をかけられたりもしました



なるほど
病院とは 
普通の病院の意味ではなく
別な意味のことなんだなっと
その時 それを言われて そう感じました
(・・;)! (― ― )?


P2060531_R.jpg




11時30分近くになり
またピザ屋さんに行くと 


店の人に案内されたので
そのままテラス席に座りました


P2060534_R.jpg


 
こはるちゃんが
テラス席からから
通りを眺めていると

開店してまもないのに
お客さんが次々入りだして
すぐに満席になりました




P2060535_R.jpg





どうやら
結構人気のあるピザ屋さんのようです



くまちゃんが慌てて
ネットで調べてみると
食べログでも有名なピザ屋さんのようで
なんでも渋谷の道玄坂からおととし
移転してきたようでした


なんでもそこには
日本で七つしかないと言う
イタリアの職人さんが直にくみ上げた薪窯を使っているようで
その窯で焼かれたピザが大人気のようでした



MAHAO達のすぐそばの席には
何故か店内から 
テラス席に親子連れの集団が移動してきて
子供達がこはるちゃんの方をじいいいっと見ていました


テラス席は日が当たってとても暖かったのですが
その親子連れのお母さんたちは
すごく寒がっていて でも子供たちがテラス席に座りたがるので
ストーブをつけて欲しがっていました


昨日の寒さを経験していて
普段もこたつだけで過ごしてるMAHAOは
熱いぐらいに感じていたのですが
東京の人はこの暑さでも体感温度が寒く感じるんだなーと想ったりもしました
(・・;)



子供たちはそんなお母さんをしり目に
どんどん バンバンやっていました
こはるちゃんはじ―――っとそれを見ていたのですが
こはるちゃんは赤ちゃんは好きなようですが 小さな子供たちはちょっと苦手の雰囲気でした


P2060536_R.jpg




くまちゃんはピザを二つ
そしてパスタを一つ頼んでました 

P2060537_R.jpg




料理がやってくると
MAHAOも少しづつそれを食べました

くまちゃんは
「 普通のチーズマルゲリータより 
この濃厚なチーズのマルゲリータがおいしいね 」と言ってました



ただ全体的にナポリにしては軽めだね
パスタのローズマリーの使い方はちょっと上手いかも 」
とも言いました



P2060541_R.jpg



食べ終わって
すぐに出たのですが 

くまちゃんの話では
頼んでいた
デザートが一つ来なかったそうで



味も
くまちゃんの印象的にはそこそこぐらいだったようです


そういえば
くまちゃんがすごくおいしい!
と想った時は
くまちゃんは足取りがルンルンして
店を出た後とか 
また来たいとMAHAOに言うのですが

お会計の時に
お店のオーナーさんに
「 うち ねこ来るのはじめてなんです!

また来てください 」と言われたそうなのですが


くまちゃんの様子を見た限りでは
おそらくこの店への再訪はもしかするとないかもしれないなあ
という気もしました
(― ― )~  (・・;)




そして
また雑色駅まで戻り
ディーラーまで戻りました 


P2060501_R.jpg



ディーラーに戻ると
部品が届いたのか
車の修理がはじまっていました


それからディーラーの中で
ぐたーーーとしながら待ってると
1時間ほどで修理が完了したようで


その時の時刻は
およそ
午後2時半ごろのことでした


P2060543_R_201702072331072a7.jpg






くまちゃんが修理費用のお会計をすると
点火プラグが4つほど交換だったそうで
さらに
付属部品も交換で 工賃込みで
こんな金額になってしまって 
かなりショックを受けてました




P2060544_R.jpg








「 これなら温泉旅行に行ける

ねこの森を休んで 
これだけ費用もかかるのなら
ものすごいひさしぶりに 温泉旅行に行けばよかったのに 」
と言いながら

くまちゃんは
ものすごい哀しそうに
カードで分割で
修理代金を払っていました
((⊂(; : ))(・・;)




そして
車を動かしました

車は前日のエンストが嘘のように
快適に走りました
\(;   ;)(;▽;)ノシ




P2060547_R.jpg



それからあっという間にアクアラインに乗って
木更津まで着きました

木更津の鯉さんのところで
ごはん配りをしながら

ねこたちに前日悪かったなあ

待っていた猫ちゃんごめんなさい
と想ったりしたのですが 


P2060549_R.jpg




アパートに帰ってみると
うちねこのごはんも見事になくなっていました
(・・;)・



すぐにカリカリと
蒸しアジを作って猫たちにあげたところ
ねこたちはさみしかったのか
いつも以上にパクパクごはんを食べてました


その夜
一日ぶりの猫の森に行きました

ねこの森は
前日待っても来なかったせいか
最初なかなか姿を現さなかったのですが

しばらく待っていると
いつものように姿を見せてくれました


ごめんねーと言いながら
ひとりづつごはんを配りました


でも帰ってみてから
こうも想いました



そういえば
今までずっとねこの森に行ってたから
あまり旅行とかしてなかった 


でも
こはるちゃんは
ひさしぶりの泊りがけ旅行が楽しそうだったし

もしも
今より
経済的に今より少し余裕ができたら
最初は
ふた月に一度でもいいから
こはるちゃんや さくらちゃん 
ガオガオちゃんやボビーちゃんという感じで
ねこたちを交代で連れて行って
温泉旅行とかしたいなあ



最初は
一泊でもいいから 
以前のようにねこたちと旅行がしたいなあ


そんなことを想いました


P2060548_R.jpg





そんな感じで
寒い寒い蒲田一泊旅行の後



雨が降りそうな時とか
台風の時とか
余りねこたちが来ないような日に


2か月に一度
ねこの森をお休みして一泊の温泉旅行を計画したいと想いました


もし行けたら
最初は
那須とかの温泉に行きたいなあと想っています

旅のレポもしたいと想います 
(>ω<)/




でも
2月5日のこのトラブル
一体何だったんだろう?
(・・;)?



そういえば
マネちゃんが息を引きとった夜は
くまちゃんがずっとマネちゃんの傍にいたので
ねこの森を休んでいました


もしかすると
その緩衝もあるのかもしれないと想いました


そして
想いだしたのですが
そういえば
2月5日は Mちゃんの旦那様の誕生日だったようで
(・・;)!


もしかすると
それも含めた緩衝なのかもしれないと想いました



2月5日
蒲田の夜は とても寒かったです


もし今度
泊りがけの旅行する時は
もっと暖かく楽しい旅行にしたいと想いました 




P2050418_R.jpg








2017-02-07 : 旅の物語 :






転載終了




2017-02-02 自然なる風水 (幻の桜 地球を救うブログさんより)

幻の桜 地球を救うブログさん情報です






「 
本物の風水は

土地や木や石が気持ちよくなる風水

その緩衝で
そこに住む動物や虫 人も気持ちよくなる風水

土地や木や石の想いが叶うから
そこに住む 人や動物の想いも叶う

それが本物の風水 

土地から無理やり気を剥ぐのは 風水じゃない

土地が気持ちよくなるように 土地に聞いて

住む人も 
その響きあいで気持ちよくなって 想いも叶うから

それが本当の風水
自然なる風水 」(うちの木さんのことば)







追伸





あの男(トランプ)が 
あの座にいるだけで
小犬たちの勢いは 落ちていく 

セレブ達の座が変わり
スターの顔ぶれも変わっていく

勝ち組企業が衰退しはじめ
別な勝ち組達がのし上がるようになる 

そこに
かつての勝ち組達も羨むような
栄華や繁栄がのせられる

服で運ばせる風水は時代遅れになりつつある 

より
実質的な物に
実質的なスタイルに
現実が運ばれはじめるようになる 

かつての勝ち組達は
かつての弱者達の現実を
自らの意志で選択するようになる 

表舞台の光が当たらないところで 
かつて彼らが属してた世界を裏から支えていくことを
希望するようになる

しかし
彼らに世界が支えられるかどうかはわからない 

 」






時期がずれてる

室内で付けようとした残像

時期が徹底的にずれている 

敏感な者は
まだ期限が来てない事に気付いていて

でもそれは人のタイミングではなく
植物のタイミング

何故植物のタイミングが人にとって大切か?

それは植物のタイミングは
人にとっての呼吸や生命力に通ずるから

植物のタイミングを得れなければ
人は生命力を得られない







人は
日食月食の緩衝を
2012年 2014年 
天体緩衝の起こった年で計測する

けれど
木は
10年経った時
20年経った時
まるで昨日のことのように日食月食のエネルギーを感じる

木は人より時間の感覚が長く

だから人が観測する年日(としひ)ではなく
木が日食月食を感じたその時を
日食月食の緩衝と想う

3つつながった月食の後の年の
2015年や
2016年

そこに期日を合わせてた者も多かったけれど

でも
植物の感覚ではまだその期日は来ていない 」(あめで聞こえてきた言葉)




「 
木を使う風水は 木に聞いて
石を使う風水は 石に聞いて

石や木が気持ち良いと想う風水は
そこに住む人や動物にとっても気持ちよい風水になる  

だから
風水をする時は まず木や石に聞いてね 」
(うちの植物ちゃん 木さんに言われた言葉)






2017-02-02 自然なる風水 (幻の桜 地球を救うブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1972.html

転載開始







こないだ
うちの木さんがこんなことを教えてくれました





「 
本物の風水は

土地や木や石が気持ちよくなる風水

その緩衝で
そこに住む動物や虫 人も気持ちよくなる風水

土地や木や石の想いが叶うから
そこに住む 人や動物の想いも叶う

それが本物の風水 

土地から無理やり気を剥ぐのは 風水じゃない


土地が気持ちよくなるように 土地に聞いて

住む人も 
その響きあいで気持ちよくなって 想いも叶うから

それが本当の風水
自然なる風水 」(うちの木さんのことば)





木さんいわく

現在の世界の風水は
木さんや石さんを傷つけるような風水で
木さんや石さんから収奪するような風水だそうです

でも木さんや石さんから収奪する風水のエネルギー緩衝で 
人も人に傷つけられ 
収奪されるような現実になっていったそうです




風水をする時は 風水をしてくれる石さんや木さんに聞いて
気持ちよく 想いをかなえれるような風水をするのが
コツだと教えてもらいました




土地や木さん 石さんに聞いて
木さんや石さんが 気持ちよく 想いを叶え 喜ばせることで
そこに暮らす人々の想いも叶えていく 

それが本物の風水

そう教えてもらいました 





P2020348_R.jpg








追伸






あめ(夢)を見ました




あめで男の人の
こんな言葉が聞こえてきました




あの男(トランプ)が 
あの座にいるだけで
小犬たちの勢いは 落ちていく 

セレブ達の座が変わり
スターの顔ぶれも変わっていく


勝ち組企業が衰退しはじめ
別な勝ち組達がのし上がるようになる 


そこに
かつての勝ち組達も羨むような
栄華や繁栄がのせられる


服で運ばせる風水は時代遅れになりつつある 

より
実質的な物に
実質的なスタイルに
現実が運ばれはじめるようになる 


かつての勝ち組達は
かつての弱者達の現実を
自らの意志で選択するようになる 


表舞台の光が当たらないところで 
かつて彼らが属してた世界を裏から支えていくことを
希望するようになる


しかし
彼らに世界が支えられるかどうかはわからない 

 」






それから
こんな言葉も聞こえてきました




時期がずれてる

室内で付けようとした残像

時期が徹底的にずれている 

敏感な者は
まだ期限が来てない事に気付いていて

でもそれは人のタイミングではなく
植物のタイミング


何故植物のタイミングが人にとって大切か?


それは植物のタイミングは
人にとっての呼吸や生命力に通ずるから


植物のタイミングを得れなければ
人は生命力を得られない





その声が聞こえた後
イメージが見えました


映画で描かれてるような
ウイルス

それが大流行する理由は 
人の多くが植物のタイミングが得れてないからのように感じられました




人は
日食月食の緩衝を
2012年 2014年 
天体緩衝の起こった年で計測する


けれど
木は
10年経った時
20年経った時
まるで昨日のことのように日食月食のエネルギーを感じる

木は人より時間の感覚が長く

だから人が観測する年日(としひ)ではなく
木が日食月食を感じたその時を
日食月食の緩衝と想う


3つつながった月食の後の年の
2015年や
2016年

そこに期日を合わせてた者も多かったけれど


でも
植物の感覚ではまだその期日は来ていない 」(あめで聞こえてきた言葉)



P2020342_R.jpg








こんなこともありました


それは
インターネットである記事を見た途端
昔住んでいた吉祥寺のイメージが見えました


その記事には
吉祥寺の人気がなくなってきはじめてる事が書かれていて



それを見た途端
吉祥寺の池のイメージが見えて 

人気がなくなってる本当の理由は
おそらく 井の頭公園の池でかいぼりをした結果なのが見えました


あの池には
人々を呼ぶ ぬしのようなものがいました


でも
かいぼりを数年 激しくした結果
井の頭公園の池から ぬしが嫌がって池から消えてしまったのが見えました


あの池で
ぬしの想念の乗った生物や魚達 鯉たちが
たくさん殺されたのが 理由であるようでした


そして
かいぼりをさせていた系譜が
勘違いしている姿も見えはじめました



彼らはこの近年
事あるごとに外来種の駆除を口に出していました


でもそれを生物の排除という形で
想念に示せば


それは人に置いて
この島に渡ってきた外来の系譜の排除



とりわけ
この数百年
大陸や半島から渡ってきて 
表の座の支配権を得た系譜を
表の座から駆除すると言う
想念への意思表示になるようでした


井の頭公園は神田川の上流に位置しています


そしてその川は中野
早稲田 リーガロイヤルホテルから
秋葉原に通じていて
皇居にもその水は流れ込んでいます


つまり
動物たちの外来種の駆除を行えば行うほど
そのしるしをつければつけるほど

その緩衝は人にも響き 
この島の表の座を実質支配している外来の系譜が
集合意識的に駆除されていき

昔の系譜が
表の座に戻るしるしになるようでした


このように
水につけられた風水のしるしが 
この島の表の座の将来に 
大きな影響をもたらしていくのが見えました




そしてこんなイメージも見ました


いま 
さまざまな土地が覚醒しはじめていて


それらの土地の想いで
これから人の集まる土地も変わっていく


商店街や
駅前など
昔 多くの人を集めていた地がさびれはじめているのは


土地が
人に集まってほしい土地が変わりはじめているから



商店街や駅に人を集めていた風水の効果が
消えはじめていて 


特に土地は
電気で土地の気を運ぶ
電車の風水を嫌がっていて

それが
あちこちの駅前を寂れさせているようでした









うちの木さんは言いました

 


風水をする時は
まず木や石に聞いて 」

これは植物ちゃんや石さん
みんなの想いであるようでした




自分を気持ちよくして 
自分の想いを叶えるには
うわべだけ綺麗な庭づくりをするより 
うわべだけ綺麗な建物を作るより

自分の周辺の植物 
育ててる植物を気持ちよくして
その想いを叶えるような植え方をするのがいいんだなあと想いました



私は
これからもっともっと
木や石や植物に教えてもらおうと想いました




「 
木を使う風水は 木に聞いて
石を使う風水は 石に聞いて

石や木が気持ち良いと想う風水は
そこに住む人や動物にとっても気持ちよい風水になる  

だから
風水をする時は まず木や石に聞いてね 」
(うちの植物ちゃん 木さんに言われた言葉)






P2020351_R.jpg











2017-02-02 : 植物さんのお話 :





転載終了




2017-01-31 本当はひぐらり(日暮里)と呼ぶ (幻の桜 地球を救うブログさんより)

幻の桜 地球を救うブログさん情報です






あめで
名によってエネルギーが曲げられていることが見えました

実は人が認識している名前と
運ぶ想念が認識している名前は
概念がかなりかけ離れていて

人が 
ある人の名前を示したからと言って
そこにエネルギーや呪を送ったからと言って
必ずしもその人に運ばれることでないことがわかりました

運ぶ想念は 
本名とは違う別な人に
エネルギーや呪を運んだりすることもあるようでした




特に
激しい怒りの念
憎悪の念は錯乱しやすく
その怒りが強ければ強いほど
エネルギー的に不安定となり
名前の詐術で 簡単にそらされやすいようでした





愛を注がれてる女性
想いを注がれてる男性ほど

周囲の想いを曲げれれば簡単に破滅させられる

妬みはそれほど想いは発せない 

だから
妬みができるのは
想いある者に集まってる想念を曲げるだけ

例えば
最初 誰かを誘導して いじめさせ 
別な誰かを恐怖させたり不安に陥れたとする 

恐怖や不安を植え付けると
そのイメージを想起させるだけで
被害者の強い想いで
その時の恐怖や不安の記憶を想起させ
そのエネルギーで誰かを誘導させ 
再び いじめさせることができる

被害者たちの想いで
いじめを再現させられる

このような技法により
なかよしだったカップルを仲たがいさせたり
前途有望だった人を破滅させれたりもできる

術は
想いあるもの
愛されてるものの想念を逆手に利用して行われている 」





猫たちが死んだのも
実は想いが深かったから

猫達への想いの深さを呪に利用された


誰かを愛すれば愛するほど

その想念を曲げようとするものが現れる

それにより
愛されてるものほど
傷つけられてしまう

木更津は想いを注がれてる者に妬んだ者が作った磁場  」






卑弥呼は 卑しい弥生の子

弟橘(おとたちばな)姫は
劣ったたちばの姫

優越感の前では
どんな知性も術も叶わない

優越感を感じさせ
巫女や王となったもの達のことを
あえて呼び名で 
伝承している

本当の名ではない 」(あめで聞こえてきた言葉)







☆なまえうらなーい☆

かたりて りりりちゃん




なまえ

なまえで運が変わるよ 」



なまえで運が変わるのは

呼び名や
おとで様々な想念の感情の念が動くから 」







☆名前エネルギーと第一印象エネルギー☆

かたりて ガオガオちゃん





えんえんが言ってたな


顔を見なければ
美人じゃないですか? 」って 

これは子供たちの常識なんだ 」



子供はな

顔を見ないんだ

背がちっさいだろ

通りすがりの大人たちの顔はあまり目線に入らない

つまりな

子供の支持を得るのは
顔美人ではなく 体美人さんなんだ 」






人がぱっと見で感じる第一印象はな

実は体や無意識が感じてる好き嫌い
子供目線の好き嫌いがあらわれてることが多いんだ

顔やファッションをよく見ると
顔についた華やかな雰囲気
服の色使い 髪型で 人は好感を持ったりするけどな

でも第一印象は 
それらの気を感じる前の印象なんだ

そして第一印象

実は
そこにこそ未来の関係性が あらわれてるんだ 」





そして
名前はな

第一印象と違うエネルギーを運ぶんだ 

第一印象のエネルギーは
実は
本人の骨や体から発されるエネルギーだ

言わば芯の部分のエネルギーであることが多い

でも名前で運ばれる気はな
表面的な気なんだ

名前を使うことによって運ばれるオーラや雰囲気なんだ

だから第一印象で悪い気配を感じても

名前に良いエネルギーや よいイメージが運ばれていると
その人と話してるうちに 好印象を持ったりする

名前に運ばれるエネルギーで
うわべの現実は簡単に変わったりもするんだぜ 」






生まれた時からつけられた名前

それで
厄祓いがされてたりするんだ

親でもな
生まれた瞬間の第一印象の好き嫌いで

好きな子には運のいい名を
嫌いな子には 運が悪くなるような名を無意識的につけたりする


親によってつけられた名前
名付け親によってつけられた名前で
自分の現実運が運ばれたり決められてるんだ 
 」






追伸





どんなに術を駆使しても
どんなに情報を集めても
どんなに飢えてても
血には抗えない

20年経つとその意味が現象化してしまう 」






みんな本当の名前を忘れている

今の名前を付けられたことで

本当の自分の名前以外の名前を付けられたことで

前世からの記憶を奪われ
他人が受ける呪を飛ばされたりしている

自分の想いが呼んだエネルギーをつけかえられたりもしている

人は
本当の名前を奪われることで
前世の記憶もアイデンティティも奪われた

本当の名前を想いだす事
それが本当の自分を想いだす事

ずっと前から続く本当の自分の意識 記憶を蘇らせること 」(あめで聞こえた言葉)








2017-01-31 本当はひぐらり(日暮里)と呼ぶ (幻の桜 地球を救うブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1971.html

転載開始








あめを見ました


あめで
名によってエネルギーが曲げられていることが見えました


実は人が認識している名前と
運ぶ想念が認識している名前は
概念がかなりかけ離れていて


人が 
ある人の名前を示したからと言って
そこにエネルギーや呪を送ったからと言って
必ずしもその人に運ばれることでないことがわかりました



運ぶ想念は 
本名とは違う別な人に
エネルギーや呪を運んだりすることもあるようでした


例えば
安倍晋三という名前の人に 
誰かが激しく憎み 呪を送ったとします


でも安倍晋三の晋三は
音に直すと しんぞう


だから想念は心臓を守ろうとして
末端に祓いやすいようでした


また
天皇に誰かが激しく怒りの念を持ったとします

でも天皇は
音に直すと てんのう
元は天女(てんにょ)の系譜に被せた名前のようで


それゆえ天皇を激しく憎むと
天女の系譜に呪が飛んだりすることもあるようでした



天女の系譜から天皇が
この島の統治権を奪えたのも
天皇という この呼び名によるところが大きいこともわかりました



そして
藤原氏


藤原氏は代々収奪をして
栄華を築き 様々な種族にたたられてる名前です

でも藤原は 音に直すと
ふじわら


藤原は音的に金持ちと感じられないなまえで
貧乏でかわいそうでネガティブな人をイメージする名前で 


それゆえ藤原を憎めば憎むほど
運ぶ想念は藤原氏ではなく
藤原に収奪されている
貧乏でかわいそうでネガティブな人達に 憎悪の念を運ぶようでした



藤原氏を憎んだ人達も
結果として貧しい人からエネルギーが却って
負の連鎖でより恵まれない状態になるようでした



このように
歴史的にこのような名前の術は多用されていて


権力者たちが
名前にこだわったりするのは
名前により系譜の祟りを祓えたり 
他の系譜が得れるはずの運を運ばせたりすることができるからのようでした 






特に
激しい怒りの念
憎悪の念は錯乱しやすく
その怒りが強ければ強いほど
エネルギー的に不安定となり
名前の詐術で 簡単にそらされやすいようでした




そういえば 
こんな言葉も聞こえてきました




愛を注がれてる女性
想いを注がれてる男性ほど

周囲の想いを曲げれれば簡単に破滅させられる


妬みはそれほど想いは発せない 

だから
妬みができるのは
想いある者に集まってる想念を曲げるだけ


例えば
最初 誰かを誘導して いじめさせ 
別な誰かを恐怖させたり不安に陥れたとする 


恐怖や不安を植え付けると
そのイメージを想起させるだけで
被害者の強い想いで
その時の恐怖や不安の記憶を想起させ
そのエネルギーで誰かを誘導させ 
再び いじめさせることができる



被害者たちの想いで
いじめを再現させられる


このような技法により
なかよしだったカップルを仲たがいさせたり
前途有望だった人を破滅させれたりもできる


術は
想いあるもの
愛されてるものの想念を逆手に利用して行われている 」


そんなことを教えてもらいました




猫たちが死んだのも
実は想いが深かったから

猫達への想いの深さを呪に利用された


誰かを愛すれば愛するほど

その想念を曲げようとするものが現れる


それにより
愛されてるものほど
傷つけられてしまう


木更津は想いを注がれてる者に妬んだ者が作った磁場  」


こんな言葉も聞こえました



卑弥呼は 卑しい弥生の子

弟橘(おとたちばな)姫は
劣ったたちばの姫

優越感の前では
どんな知性も術も叶わない


優越感を感じさせ
巫女や王となったもの達のことを
あえて呼び名で 
伝承している

本当の名ではない 」(あめで聞こえてきた言葉)





P1220280_R.jpg








さて
今日は名前についてのねこねこの話
今日はまず
ガオガオちゃんやりりりちゃんたちがこんなお話をしてくれました
(>ω<)ノシ))パタパタパ






☆なまえうらなーい☆

かたりて りりりちゃん






なまえ

なまえで運が変わるよ 」





(・・;)






なまえで運が変わるのは

呼び名や
おとで様々な想念の感情の念が動くから 」





(・・;)






流行の名前っていうのがある

あれって
気が運ばれてる人の名前と同じにすると
同じ音で 気が運ばれやすくなるでしょ


それで生まれたりするよ 」





(・・;)





りりりはね

こはるがつけた名前

なんでりりり?っていうとね
鈴虫がりりりってないてて

それでこはるが りりりって 」




(・・;)






だから
りりちゃんじゃなくて りりりちゃんね

ぜんぜん意味違うから 」(りりりちゃんのことば)






P1310335_R.jpg





☆名前エネルギーと第一印象エネルギー☆


かたりて ガオガオちゃん




「 顔か体か 」






(・・;)?




えんえんが言ってたな


顔を見なければ
美人じゃないですか? 」って 

これは子供たちの常識なんだ 」






(・・;)







子供はな

顔を見ないんだ

背がちっさいだろ

通りすがりの大人たちの顔はあまり目線に入らない
 

つまりな

子供の支持を得るのは
顔美人ではなく 体美人さんなんだ 」





(・・;)!





そして 
人は体に動かされる

意識や頭ではこうしなきゃいけない
こいつは嫌いと想っていても

体や無意識が
意図してない行動をさせてしまう

ああ 嫌いなこいつとイチャイチャしてしまったわ


つい
そんな行動をとらせたりする 」





(・・;)・







人がぱっと見で感じる第一印象はな


実は体や無意識が感じてる好き嫌い
子供目線の好き嫌いがあらわれてることが多いんだ


顔やファッションをよく見ると
顔についた華やかな雰囲気
服の色使い 髪型で 人は好感を持ったりするけどな

でも第一印象は 
それらの気を感じる前の印象なんだ


そして第一印象

実は
そこにこそ未来の関係性が あらわれてるんだ 」




(・・;)






人はな

話したりつきあった時の印象がどんなによくても 悪くても



結果として
その人との関係性は 
第一印象の時に感じた印象通りで終わることが多いんだ

第一印象でいい感じがした人は
付き合ってみた感じがどんなに悪くても 
結果として最終的には いい感じの印象や記憶を残す場合が多い

逆に第一印象で悪い感じがした人は
付き合った時どんなに楽しい気分にさせてくれても
最後に悪い記憶や印象を残す場合が多いんだ 」





(・・;)





そして
名前はな


第一印象と違うエネルギーを運ぶんだ 


第一印象のエネルギーは
実は
本人の骨や体から発されるエネルギーだ

言わば芯の部分のエネルギーであることが多い


でも名前で運ばれる気はな
表面的な気なんだ

名前を使うことによって運ばれるオーラや雰囲気なんだ

だから第一印象で悪い気配を感じても

名前に良いエネルギーや よいイメージが運ばれていると
その人と話してるうちに 好印象を持ったりする

名前に運ばれるエネルギーで
うわべの現実は簡単に変わったりもするんだぜ 」





(・・;)





例えばな
はるちゃん なっちゃん あきちゃん ふゆちゃん

同じ人の画像でも
名前を変えただけで
イメージが変わってくるだろ?



暗い子でも 夏生とかつけると 
急に明るいイメージになったりするし


明るい子に 深雪とかつけると
静かで暗いイメージになったりする 

これが名前の力なんだ

名前は雰囲気やイメージ
運ばれる表面の現実を変えてるんだ






(・・;)






そして
世界の支配者の系譜はな
代々 その性質を知ってたんだ
なまえで運命を変えさせていたんだ


例えば
昔強盗や侵略をして 恨みを買った支配者を
歴史的な英雄と想わせるだろ?


そうすると
支配されてる養分たちの系譜が
かつての偉人や支配者たちの名前を付けたりする

でもそうすることで
支配者の系譜に来るはずの厄や取り返しを 
養分たちの系譜に向かわせたりするんだ


逆に
支配者の系譜は
被害者だった養分の系譜に似せた名を付けることも多いんだ 

そうして
現実が戻ってくるはずの養分さんたちと
代々 運命を入れ替えたりさせてたんだ 」 





(・・;)





生まれた時からつけられた名前

それで
厄祓いがされてたりするんだ

親でもな
生まれた瞬間の第一印象の好き嫌いで

好きな子には運のいい名を
嫌いな子には 運が悪くなるような名を無意識的につけたりする


親によってつけられた名前
名付け親によってつけられた名前で
自分の現実運が運ばれたり決められてるんだ 
 」




(・・;)





名前は術なんだ


そして
その術がどんどん発展して
土地の名や
町の名 山の名まで術になったんだ


土地の本質と違う名を土地につけることで
東京のように何もない地域に現実を運ばせたり



逆に本来なら人も富も集まるような地域から
現実を運ばせたりもしていた
 」





(・・;)





ここでガオちゃんの名前占い♪


トランプ
時の権力者 
大統領 ドナルドトランプ

これはな
子供たちの潜在意識がときめく名前なんだ

トランプはゲーム好き カード好きの子供が反応するワードだ
ドナルドはマクドナルドや 
ディズニーのアヒルを連想する


意識ではトランプは嫌いと想っても
浅い潜在意識 子供たちの記憶の領域には
好印象なイメージを与えやすい名前なんだ

だからあんな悪口を言っても
子供のようなお茶目なユーモラスな
みんながみくびるような雰囲気が纏えるんだ 


もしも
ドナルドトランプが同じようなキャラでもな 
ビリータッカーって名前だったら

あんなに支持は集まらなかったし
お茶目な雰囲気もつかなかったはずだぜ 」 






(・・;)・






安倍晋三はな

名前が結構ずるいんだ

晋三はしんぞう
心臓に聞こえるという事はベビーふっつーも言ってたけどな 

上についてるのは
アベマリアのあべだ

古くはな
あべは 王の名前につけられていた名前でな


だからアベマリアは マリアが作った王で
安倍晋三は 王の心臓という意味なんだ


古い想念に反応させれる名前なんだ 」





(・・;)・







ちなみに

くまちゃんの本名は
ここでは言わないけどな

結構ひどい名前が付けられてるんだぜ


封印役とか監視員とか
代々あそびめさんの系譜や
女の人をいじめてきたような人の名前が音的につけられているんだ

くまちゃんが女にもてなくて
ひどい目にあったのは それが理由なんだ


やさしいのに
女性にもてない男の人も
女性からイメージが悪く想われるような名前を
付けられたりしてるんだ


逆に女性にひどいことをしていた系譜は
女性にやさしくしていた
好感度がいい人の名前をつけたりされてるんだ  」





(・・;)!






ちなみにな
ガオガオちゃんの名前のガオちゃんはな

アイドル運抜群の名前なんだぜ

ほら
子供の想念から見ると
かわいらしいだろ?

ガオガオ



人は想っている以上に名前に動かされるんだぜ 

 」(ガオガオちゃんのことば)






P1040186_R.jpg









追伸




こんな言葉が聞こえました






どんなに術を駆使しても
どんなに情報を集めても
どんなに飢えてても
血には抗えない

20年経つとその意味が現象化してしまう 」




そしてこんなイメージが見えました




奪った相手が名前でほかの所に祓おうとする場合

その対処法として

相手の名前を想い浮かべず

相手の現実的な顔かたちを強く想いうかべたりする

例えば安倍晋三の場合
安倍晋三という名前ではなく
あの顔や形を強く想いうかべる

でも
激しい怒りや憎しみはそらされやすいので

冷静に 
淡々と呪が相手に届くようなイメージをするのがよいようでした



淡々と冷静に相手をしとめる呪いは
のろい分 逆にそらされづらい



そういうイメージのようでした


また
誰かに
1のエネルギーで数十倍の念をそらされた場合


それを上回る薄いエネルギー

例えば
香りなどで
簡単に防御できる事もあるようでした




そういえば名前については
あめで
こんな言葉を教えてもらいました





みんな本当の名前を忘れている

今の名前を付けられたことで

本当の自分の名前以外の名前を付けられたことで

前世からの記憶を奪われ
他人が受ける呪を飛ばされたりしている

自分の想いが呼んだエネルギーをつけかえられたりもしている


人は
本当の名前を奪われることで
前世の記憶もアイデンティティも奪われた


本当の名前を想いだす事
それが本当の自分を想いだす事


ずっと前から続く本当の自分の意識 記憶を蘇らせること 」(あめで聞こえた言葉)




P1220279_R.jpg







2017-01-31 : ねこねこのはなし :





転載終了




| 2017.02 |
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。