2015-03-09 幻影が変わる (幻の桜ブログさんより)

2015.03.09 10:08|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です






「 気が入れ替わると 夢の姿は変わる 」

「 はるちゃんわかった

養分にされてた人達 夢の姿入れ替えられていた 」

「 気が入れ替わると 夢の姿が変わる

現実が貧乏で いつも足りない人達 お金持ちと気を入れ替えられると 貧乏な暮らしをしていても 夢で 豪奢な暮らしをしているお金持ちのように見えたりする 」





「 それと逆でね 養分の人達が お金持ちと気を入れ替えられると 夢の姿は お金持ちになるの

そうするとね 運ぶ想念はたくさんあると想って 運ばれやすくなるの

そしてDQN達も 浅い夢を見て 富や現実が入ると想って養分の人達をターゲットにした

勘違いして攻撃するの

それで 養分の人達はお金が無いのに より搾取されたり より奪われたりした 」




「 ほら 池袋チームって養分さん叩きをしてたでしょ?

でも 現実的には 渋谷チームの方がセレブになったり 富が入ったりしてた

池袋チームはね 夢の姿で錯覚して 養分さんを攻撃した

渋谷チームを攻撃しても 何も入らないと想って

夢の姿で より富にあふれ光り輝くイメージの養分さんを 執拗に攻撃した

でも養分さん達は現実的に貧窮していた

だからそれを叩き続けた池袋チームも 困窮するエネルギーがどんどん入ってきて それに染まって 池袋チーム全体が 衰退しはじめた 」





「 ガオガオも言ってた 月の精査がはじまるって

月の精査とは わかりやすく言えば あめの幻影が変わるタイミング 」

「 大きな月食は地球の姿を映す その写った姿を地球が見ることで タイミングが生まれる 

それは 古き幻影が消えて 新しき幻影が宿るタイミング 」


「 大犬はね 新しい幻影に変わるその時期だけ 貧乏になって 苦しい生活をしようとした

王子と乞食 たくさんの取り違え現象も それで起こった 」





「 幻影は 本当は 基点の想いからつくものだった

足りないという想い もっと欲しい ぜんぜん足りない

その想いが 月の引力と響きあって 足りないという幻影をその想い持つ者に 月食に宿らせる

月の引力で得られた 足りないのイメージが 足りない人達に 足りなかった現実を運ばせるようになる 」





「 月のタイミングに合わせて 先出しすることで 幻影の取り換えっこをするのが 破壊の時期の緩衝の術

そして ゆ族は 幻影の取り換えっこをする為に 土地の幻影も入れ替えようとした

何故なら 土地の幻影を入れ替えないと 人の幻影も入れ替えられないから 

新時代に 養分さん達が復活する土地を見つけて 月の緩衝がはじまる前に いち早くそこを持ち上げて 繁栄させようとした

自分達を利する土地からエネルギーを積極的に運ばせて その土地を月食前に持ち上げようとした

でもね 土地を持ち上げるには 100年以上の月日がかかる

土地の幻影を入れ替える為 数代前からその地に入っていた 」


「 でもね 今回の破壊の時期の緩衝で 大犬達は 持ち上げる土地を間違えた 持ち上げる人も間違えた

だから もう彼らには養分さんの幻影は来ない

来るとしたら 間違えて持ち上げた 小犬達の幻影

それがやってくる 」


「 そしてね 幻影は変わる 少しづつ少しづつだけど おおきなおおきな月食の緩衝で これから みんなの幻影がかわりはじめる 」




「 Mちゃんもね 憧れてた人は多くいたんだけど Mちゃんも ボスのモノマネしてただけだよ 」




「 夏に向かって 大きく幻影が変わる

みんなの幻影が変わることで 大きな人心の変化 社会的な構造の変化が起こる

株も幻影 スターも幻影 支持率も幻影

すべての幻影は がらりと変わり 人類は大きな二つの集合体に別れる

過去に 家族であっても その二つの集合体に別れることになる 」





意外とね

普段
幻影ばかり追い求めてると想われてる人の方が
実は幻影が変わらなかったりもするの

たしかなものは自分の想いだけだから 」(はるちゃんのことば)






追伸



あめであるおじいさんが こんな言葉を言っていました 


「 理想を追及せよ 安易に妥協するな 」と





顔は変わる

顔は気分のようなもの

気分で
肉付きが変わるように

顔はちょっとしたエネルギー緩衝で移ろいやすくなる 」(あめで聞いたおじいさんのことば)








2015-03-09 幻影が変わる (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1744.html

転載開始






この間
はるちゃんが
こんな事を教えてくれました
(>ω<)ノシ))パタパタパタパ















ほんの一秒は はるかな幻 」









(・・;)









気が入れ替わると 夢の姿は変わる 」






(・・;)?








はるちゃんわかった

養分にされてた人達

夢の姿入れ替えられていた 」






入れ替えられてた・
(・・;)








気が入れ替わると
夢の姿が変わる


現実が貧乏で
いつも足りない人達
お金持ちと気を入れ替えられると


貧乏な暮らしをしていても
夢で 豪奢な暮らしをしているお金持ちのように見えたりする 」







(・・;)








それと逆に


現実でお金持ちな暮らしをしていても
貧乏で足りない人の気をまとうと 
夢で足りない暮らしをしてたり 
ちいさな家に住んでるように見えたりする



ほら

以前
あめ(夢)で
ぽっぽちゃん(元首相)を見たって言ったでしょ?



あめのぽっぽちゃんは
とても小さく貧しそうな家に住んでいた



でも
現実のぽっぽちゃんは大資産家


そんな感じ 」






(・・;)・







だけどね
夢で 
貧しそうな家に住んでいると


富を求める人達から
ターゲットに想われない


何故かと言えば
運ぶ想念が
その人は
ちいさな家しか持っていない
資産をあまり持って無いって錯覚するから



運ぶ想念が足りないと想うから 
潜在意識も
そこをターゲットにしても 
あまり旨みはないと 感じるの  」






(・・;)







それと逆でね


養分の人達が
お金持ちと気を入れ替えられると

夢の姿は
お金持ちになるの



そうするとね
運ぶ想念はたくさんあると想って
運ばれやすくなるの


そしてDQN達も
浅い夢を見て
富や現実が入ると想って養分の人達をターゲットにした


勘違いして攻撃するの


それで
養分の人達はお金が無いのに 
より搾取されたり
より奪われたりした 」






(・・;)!







DQN達は勘違いして
自分達より貧しい養分さんをいじめたり 
つけかえてた


でも
それによりDQN達の多くも貧乏になった



何故って?


だって
いじめたり奪うのは理由は
自分よりもあると想うから
イジメるわけでしょ?


自分よりない存在は
いじめのターゲットにはならないの


そして
夢での姿を見て 
煌びやかな姿や
富にあふれた雰囲気とか

そういう物を可能性の気配と想って
つけかえようと想ったんだけど


でも養分さんの多くは現実には
DQN達よりも貧しく持っていなかった 



そしてね
自分よりも
現実の無い存在を叩くと
その現実が入るの



そうすると
養分さん達の貧乏な現実が
いじめたDQNに訪れる

 」





(・・;)・







養分さんいじめを直接していた末端のDQN達が
報われない暮らしをしてたのも


貧乏な人が夢でお金持ちに見えて
それを狙って叩く 

この夢の錯覚によるもの



そしてね
支配者達は
気を入れ替えると 
夢の姿と現実の姿が入れ替わることを知っていたの



だから
夢の姿で貧乏を装って
養分の人にお金持ちの姿をさせて


競争相手の他のDQN達に 

「 あっちがターゲットだよ 」
「 あっちを狙うんだよ 」
「 あっちの方がお金持ちだよ 」

ってお祓いしてたの



弱者同士で叩き合わせながら
貧乏になっていく様を見て


自分達の富を守っていたの 」





(・・;)・







ほら
池袋チームって養分さん叩きをしてたでしょ?


でも
現実的には
渋谷チームの方がセレブになったり 
富が入ったりしてた



池袋チームはね
夢の姿で錯覚して
養分さんを攻撃した



渋谷チームを攻撃しても
何も入らないと想って


夢の姿で 
より富にあふれ光り輝くイメージの養分さんを
執拗に攻撃した


でも養分さん達は現実的に貧窮していた


だからそれを叩き続けた池袋チームも
困窮するエネルギーがどんどん入ってきて
それに染まって
池袋チーム全体が 衰退しはじめた 」




(・・;)・








はるちゃん知ってる


大犬や歴代の王族も
夢では 
いつも足りないようなイメージに見えていた




攻撃しても 何も入らない
むしろ吸われる存在と想われた

または
かわいそうな存在と想われて

そこにたくさんの富が運ばれていた




でもね
よくよく考えると
おおいぬも 歴代の王族貴族も
現実的には 大多数の人より資産家


狙われづらかった理由は 
夢の幻影



だって潜在意識は
自分達より足りない存在を攻撃したがらないから

そこを攻撃したら
足りないという現実がやってくることを知っていたから



おおいぬや王族を 末端の吸血鬼達は恐れた理由は
序列の権限があったこともあるけれど


攻撃した時に 何か吸われるようなイメージを錯覚で見てたからもある 」





(・・;)







でもね
そんな大犬達も
どうにもならない時があった


それが大きな月食のタイミング

大きな月食のタイミング時には 

大犬は地位や
富をすべて吐きだそうとした




何故なら
破壊の時期のように大きな月食だと
幻影が丸ごと変わるから 」






幻影が丸ごと変わる?
(・・;)









ガオガオも言ってた

月の精査がはじまるって



月の精査とは
わかりやすく言えば



あめの幻影が変わるタイミング 」





(・・;)








大きな月食は地球の姿を映す
その写った姿を地球が見ることで
タイミングが生まれる 



それは
古き幻影が消えて 
新しき幻影が宿るタイミング 」






(・・;)







大犬はね
新しい幻影に変わるその時期だけ

貧乏になって 
苦しい生活をしようとした



王子と乞食
たくさんの取り違え現象も

それで起こった 」





(・・;)





大犬の集合体はね
月食直前は
集合的に貧しく足りないイメージをつけようとした 



足りない状態で
大きな月食の時期を過ごすと

月食後もずっと
あめで足りないというイメージがつく


浅い潜在意識で
いつも足りないというイメージがついて 
それを見た運ぶ想念が
そこにエネルギーや富を運ぶようになる


だからその時期
競争相手の養分には
お金を持たせたり 現実をのせたり
地位や富をのせようとした 」






(・・;)!







月食の時期 富にあふれていて 
現実的に潤っていた人は 
あめで満ち足りているイメージがつく


そうすると月食後も
いつも満足しているというイメージがついて 



それを見た運ぶ想念に
エネルギーや富が持ち去られるようになる 」





(・・;)・







月食後 
どんなに現実的に窮乏したとしても 
大きな月食で満ち足りてる残像がつくと
そのイメージがついて回るの


月は憑きものだから



そのイメージをつけた
より大きなパワーの月食が来ないかぎり 
そのイメージはなかなか剥がれない 」





(・・;)








そしてね 
それの逆に
大きな月食直前に
足りないのイメージがつくと



その後
どんなに現実が集まるようになって
富に満ち溢れたとしても
次の大きな月食がくるまで 

足りないのそのイメージは外れない

そこに想念がどんどん現実を運び続けるの 」






(・・;)・







幻影は
本当は 基点の想いからつくものだった


足りないという想い

もっと欲しい 
ぜんぜん足りない


その想いが 
月の引力と響きあって
足りないという幻影をその想い持つ者に
月食に宿らせる


月の引力で得られた
足りないのイメージが 
足りない人達に 足りなかった現実を運ばせるようになる 」






(・・;)







でもね
おおいぬは 
元々そんなに足りないとは想ってはいなかった


だって
養分さんのように 
自己愛とかなかったから
必要とされたい

その想いしかなかったから 」






(・・;)







だから月食の直前
天体エネルギーが宿りそうな人に 
足りないとずっと想い続けてた人達に 
現実を 
一極集中でのせようとした



大きな月食の直前の数年間
満ち足りた現実をのせて 
快楽漬けにすれば


基点の想いが足りないと感じていても


現実だけを見る想念には
満ち足りたイメージがつく


そうすれば
足りないの想いで集まってきた現実の富や富につながる情報を
運ばせることができるから



月の緩衝時
そこに現実をのせ続けた

そしてのせ続けて月食時
足りないイメージをつけた大犬達に
月食後 富や情報を運ばせることができる


その為に月の緩衝時だけ
養分さんに 富や現実をのせていた 」





(・・;)・





月のタイミングに合わせて
先出しすることで
幻影の取り換えっこをするのが 
破壊の時期の緩衝の術



そして
ゆ族は 
幻影の取り換えっこをする為に
土地の幻影も入れ替えようとした



何故なら
土地の幻影を入れ替えないと
人の幻影も入れ替えられないから 


新時代に
養分さん達が復活する土地を見つけて
月の緩衝がはじまる前に いち早くそこを持ち上げて
繁栄させようとした



自分達を利する土地からエネルギーを積極的に運ばせて
その土地を月食前に持ち上げようとした


でもね 
土地を持ち上げるには
100年以上の月日がかかる



土地の幻影を入れ替える為
数代前からその地に入っていた 」





(・・;)・








でもね
今回の破壊の時期の緩衝で



大犬達は
持ち上げる土地を間違えた 
持ち上げる人も間違えた


だから
もう彼らには養分さんの幻影は来ない


来るとしたら 
間違えて持ち上げた
小犬達の幻影

それがやってくる 」






小犬達の幻影?
(・・;)?








小犬達は 
序列に対して幻影を持っていた


大犬達にね
その小犬達が見ていた幻影がつく


大犬は小犬のように
序列争いに必死になる

序列を競う木端になる 」





(・・;)・






でもそれはある意味 
おおいぬが
長年やってきたことが返るということ



だって大犬は
その昔 序列を作って

 
序列と言う幻影の中でたくさんの人を競わせて
操縦してたから

今度は大犬が序列争いをしはじめ
操縦される側になる


ある意味 犬の本質にかえるということ 」






(・・;)・







そしてね
幻影は変わる


少しづつ少しづつだけど


おおきなおおきな月食の緩衝で 


これから
みんなの幻影がかわりはじめる 」






幻影が変わりはじめる・
(・・;)








はるちゃん見た



色んな人たちの抱いていた幻影が
今 変わりはじめていた



今までやさしい人だと想っていたのに こんな人だとは想わなかった 」


今まで こんなに打ち込んできたのに 俺が狙っていたものはこの程度の物だった 」



そんな声が日増しに
強く 大きくなっている


これは

地上の集合体が抱いていた 
幻影が大きく変わりはじめる予兆 」







(・・;)








例えばね
養分さんをいじめていた池袋チームは



いじめていた養分さんが 
まばゆく富にあふれた幻影をつけられていただけと知って
現実では本当に貧乏だったって知って

急に意気消沈して
放心状態になってきてる 



「 今まで俺たちがしてきたことは 一体何だったんだ 」
「 あんなに一生懸命 してきたのに 騙しやがって 騙された 騙された 」


彼らが一生懸命してきたことはつけかえ

でも一生懸命
養分さん達の貧気をつけかえてたことを知って 
それで騙されたと感じてた


急に養分さん達に興味を失ってきた 」






(・・;)・







池袋チームはね

今まで使役してたドール達にも 
興味を失いはじめてた 


何故なら
ドールがただモノマネをする習性って気づいたから


憧れの
おおおばばや 
ゆ族達のモノマネをしてただけなのを知ったから



だから
急にドールに興味を失った
池袋チームも増えはじめた感じだった 

 」






(・・;)・






Mちゃんもね

憧れてた人は多くいたんだけど



Mちゃんも
ボスのモノマネしてただけだよ 







ボスのモノマネ?
(・・;)?






はるちゃん知ってる


Mちゃんの親族のひとりに
古いボス血筋がいた


それは
かつて弓削とも呼ばれていた


でも
弓削よりもっと古いボスの血筋の婦人だった 」






(・・;)・ 






Mちゃんの言葉はね

あめで見た
そのボスの婦人の
浅い潜在意識の言葉が入っていたの


そしてその言葉の気配に
ボスの気配を感じて


それで 
たくさんMちゃんに群がっていったの



Mちゃんの本質に群がってたわけじゃない


Mちゃんがマネっこしてた
ボスの幻影に群がってただけ 







(・・;)・







そしてね
大犬達は


今 養分さんよりも 
現実の富を持ってるより者達に
意識を向け始めてきた


昔は生命力を望んでいたのに
現実がのせられてる者達
をターゲットに狙いはじめてきた



それと逆に
富や名声を謳歌していた者達は


急速に
序列や権威 
地位や座に対する幻影が消えてきてるようだった








(・・;)・







夏に向かって 
大きく幻影が変わる



みんなの幻影が変わることで

大きな人心の変化
社会的な構造の変化が起こる


株も幻影 
スターも幻影 
支持率も幻影

すべての幻影は がらりと変わり

人類は大きな二つの集合体に別れる

過去に
家族であっても 
その二つの集合体に別れることになる 」






(・・;)







ドール達の幻影は
大きくさま変わりしはじめていた


ドールは本当は
足りないと想ってる人のお手伝いをすることで
力や多くのエネルギーを得ていた存在



でもね
ドール達は数万年前の大きな月食で 
足りないイメージがついた ゆ族を足りない存在と想った 
そこに長年お仕えしてしまった


意志のない ゆ族に仕えたことで
ドールは数万年の間 体を弱くしたり 体調を弱くした


でも
今まで仕えていた者達に対する幻影が
大きく変わっていくのが見えた 」





(・・;)







必要とされたいという想いは
幻影が変わると 消えるのは早い

だって必要とされたい存在の幻影が変われば
存在を維持できなくなるから 



だからね
幻影が変わる時
本当に残る確かな物は


自分の想い
自分の中の基点の想いだけ

幻影もそこから生まれる 」






(・・;)







意外とね

普段
幻影ばかり追い求めてると想われてる人の方が
実は幻影が変わらなかったりもするの


たしかなものは自分の想いだけだから 」(はるちゃんのことば)




P2070069_R.jpg









追伸






そのひと月ぐらい前
あめであるおじいさんが
こんな言葉を言っていました 







「 
理想を追及せよ
安易に妥協するな 」と




そしてこのおじいさんはこうも力説してました






理想を叶える力は全宇宙中にあり 
至る所にある

この地球の至る所にもある 」と



そして私は
そのおじいさんに
骨の事をあれこれ 
教わりました



死者は骨型ばかりか
骨の性質
骨密度までわかることも教えてもらいました



そして
小犬達の骨は
骨の比率だけでなく
骨密度も奇形であること

それは埋め立て地の表面を コンクリで補強して見せても
地盤の弱さはわかるような感じ

そんな感じなことを言われました 




そしてそのおじいさんは
顔の気がくすんでいる

でも骨がきれいな女性達を
「 美人 」 「 女神 」 「 そそる 」と言っていたので 


なので
MAHAOは聴きました


おじいさん
顔は見ないんですか?
\(・・;)?



そしたら
こう言われました




顔は変わる

顔は気分のようなもの

気分で
肉付きが変わるように

顔はちょっとしたエネルギー緩衝で移ろいやすくなる 」(あめで聞いたおじいさんのことば)






2015-03-09 :猫予言 :




転載終了


Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ