2015-03-16 首輪と髪飾り (幻の桜ブログさんより)

2015.03.17 11:50|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です






「 首輪はな 所有されてるという証なんだ 」




「 だから俺は首輪が大好きだ

鳥族の女性も ネックレスとか好きなんだけどな

でも あれは 自分で買うんじゃダメなんだ

買ってもらわなきゃダメなんだ

買ってもらうということは そこに 「 お前を所有したい 」という 贈り主の誠意の願望が示されてるということなんだ 」


「 もちろん人によっては 所有されることを嫌がる者もいるかもしれない

だがな それを喜ぶ者も確実にいるんだ

所有されるってことは 自分が 庇護を受けるってことだからな

所有者に守ってもらうってことだからな 」






「 えんえんは言ったな 「 顔をみなければ美人じゃないですか 」って 」


「 あれは 古代の王族 ドール達や 鳥族の概念だ

現物が集まれば 現実が運ばれるという効能があれば それが美人

その概念を持つ種族に共通認識なんだ 」





「 でもな 太夫や花魁たちの秘訣は髪飾りだったんだ 」




「 風を運ぶ想念は その髪飾りの美しさで そこに風を運んだ

風を運ばれた女は そこに群がる男達にツキや現実をもたらしたんだ

そして 情報を運ばれるとな どう髪を飾れば風を運ぶ想念から より神々しく見えるかがわかるんだ

細かな角度 髪飾りの配置

それは人間目線への美しさではなく 徹底的に 運ぶ想念から見た目線の情報だ 」





「 よく クレオパトラの鼻が三センチ低かったら世界は変わっていたって 有名な言葉があるけどな クレオパトラの造形は 特別整っていたわけではないぞ

おそらく三センチ低くても あのセンスを保てれば 富と名声は得られてたはずだ

だって顔の造形に運ばれてたわけじゃないからな

というか 人の人をみる感覚で 冷静に造形だけを見ると クレオパトラは並み以下の女性だ 」


「 でも クレオパトラは鳥族だった

鳥の目線がわかった 大きく気を運ぶ想念の 嗜好が詳細にわかったんだ

それにより 名声と富を手に入れた

髪飾りはそれぐらい歴史を左右するんだ 」




「 ところでな 古代大和でも髪飾りのコーディネートは美人の基準だったんだがな 平安時代に髪飾りが一時廃れたんだ

髪飾りは流行らなくなり 長いストレートの黒髪が美人の基準されていた 」


「 俺はその理由を知っているぞ

その時代 大和のバックにいたゆ族達が 物部等に取って代わって 水族を持ち上げようとしていたからだ

長い黒髪は水族の文化だったんだ

髪をストレートできれいな状態のロングに保つのは 水族スタイルの女性の文化だったんだ 」






今日の話はな
いつも内容だけをじっくり見てる者からすれば
いつもの話の焼き直しにしか聞こえないけどな

でも雰囲気や風を感じる者は
ちょっと新鮮に感じたはずだ

なぜならな
風や雰囲気に敏感な者は
ちょっとの違いを大きな違いと感じるからな 

記事の感じ方で
種族の違いがわかるってことだ 」
(ガオガオちゃんの言葉)








2015-03-16 首輪と髪飾り (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1748.html

転載開始








俺は鏡を見た時
首輪を見てうっとりとする 」





(・・;)





首輪はな
所有されてるという証なんだ 」




所有されてるという証?
(・・;)





所有されてるということは

こくちゃんの事を
誰かがかわいいかわいいと想ってくれてるってことだ

だってかわいくないものを
誰も所有したいなんて想わないだろ? 」





(・・;)・






だから俺は首輪が大好きだ
鳥族の女性も ネックレスとか好きなんだけどな


でも
あれは
自分で買うんじゃダメなんだ
買ってもらわなきゃダメなんだ

買ってもらうということは そこに
「 お前を所有したい 」という
贈り主の誠意の願望が示されてるということなんだ 」




誠意の願望・ 
(・・;)・






もちろん人によっては
所有されることを嫌がる者もいるかもしれない

だがな 
それを喜ぶ者も確実にいるんだ

所有されるってことは
自分が
庇護を受けるってことだからな

所有者に守ってもらうってことだからな 」





(・・;)




俺はキラキラの首輪で満足だ


だがなガオガオは
所有される場合 純金の首輪じゃないと嫌だというんだ 」





純金?
(・・;)







ガオガオはな
ちょっと理想が高いんだ

自分を所有してくれる存在についても
それ相応のこだわりを求めてるんだ 」(こくまちゃんの言葉)







P2150081_R.jpg













えんえんは言ったな 

「 顔をみなければ美人じゃないですか 」って 」





(・・;)






あれは
古代の王族 ドール達や
鳥族の概念だ


現物が集まれば
現実が運ばれるという効能があれば
それが美人

その概念を持つ種族に共通認識なんだ 」




(・・;)






その昔江戸でいたな

美人の代名詞
花魁
太夫


おそらくな

冷静に造形だけを見れる者が見ると
当時の町娘や底辺のあそびめさんの方が
花魁 太夫等より ずっと整っている容姿だった 

そう想うはずだ 」





(・・;) 






でもな 

太夫や花魁たちの秘訣は髪飾りだったんだ 」





髪飾り?
(・・;)?






センスの良い髪飾りだ


彼女らはな

金銀珊瑚
綺麗なセンスの良い細工の髪飾りを
たくさん髪に飾っていた


運ぶ想念や鳥さんが
髪に飾られた髪飾りを見ると

光が反射して それはそれは
まばゆくみえるんだ

キラキラと光り輝くオーラが髪に宿っているようにも見えた


素の素材の髪質自体ががさらさらストレートな女性よりも


髪にまばゆい光が放たれてる髪の方が
鳥族にとって エネルギーの中心

ピカピカの神々しい人物にも見えるんだ
 」




(・・;) 






風を運ぶ想念は
その髪飾りの美しさで そこに風を運んだ

風を運ばれた女は 
そこに群がる男達にツキや現実をもたらしたんだ


そして 
情報を運ばれるとな 
どう髪を飾れば風を運ぶ想念から
より神々しく見えるかがわかるんだ

細かな角度
髪飾りの配置

それは人間目線への美しさではなく
徹底的に
運ぶ想念から見た目線の情報だ 」




(・・;)








古代にさかのぼるとな

クレオパトラも髪を金でピカピカに飾っていたぞ

今は金髪に染めてる奴も多いけどな
クレオパトラは本物の金を髪に散りばめていたんだ

黒い髪に純金が散りばめられる

それは鳥や運ぶ想念に対し 
現実の富や力が欲しいのアピールだったんだ  

即効的に富を運んで貰う為なんだ 」




(・・;)





よく
クレオパトラの鼻が三センチ低かったら世界は変わっていたって
有名な言葉があるけどな

クレオパトラの造形は
特別整っていたわけではないぞ

おそらく三センチ低くても
あのセンスを保てれば
富と名声は得られてたはずだ


だって顔の造形に運ばれてたわけじゃないからな

というか
人の人をみる感覚で
冷静に造形だけを見ると
クレオパトラは並み以下の女性だ 」




並以下
(・・;)・





でも
クレオパトラは鳥族だった

鳥の目線がわかった
大きく気を運ぶ想念の
嗜好が詳細にわかったんだ

それにより
名声と富を手に入れた

髪飾りはそれぐらい歴史を左右するんだ 」




(・・;)




まあそんな感じでな


古代の王
支配者たちの多数が感じる美人の感覚は
冷静に造形を見る美人とは感覚が違うんだ 


髪飾りや衣装も含めての美人という感覚だ


造形や スタイルよりも 
センスの良さ 所有物のコーディネートで
雰囲気が運ばれる存在を 現実の効能がある美人と認識していたんだ


世界の中の美人

それは顔や素材 骨型を純粋に見て美醜を決める概念とは
ぜんぜんかけ離れた概念だった 」




(・・;)




だがな
女に風をのせる
コーディネートはいつの時代も金がかかる


髪を金で飾るのにも
財力が必要だったんだ 



だが太いパトロンを手にして
髪飾りを効果的に使えれば

富が富を増やすという雪だるま式の現象が生まれる 」





(・・;) 




ところでな
古代大和でも髪飾りのコーディネートは美人の基準だったんだがな

平安時代に髪飾りが一時廃れたんだ

髪飾りは流行らなくなり
長いストレートの黒髪が美人の基準されていた 」




(・・;)





俺はその理由を知っているぞ

その時代 大和のバックにいたゆ族達が
物部等に取って代わって 水族を持ち上げようとしていたからだ

長い黒髪は水族の文化だったんだ

髪をストレートできれいな状態のロングに保つのは
水族スタイルの女性の文化だったんだ 」




(・・;)





そしてな
ゆ族が水族の女性達を
物部の次に持ち上げることを知って

どこの犬の骨ともわからぬ藤原達が
水族の女性に被せるヘアースタイルをしたんだ

平安美人の長い黒髪は
藤原達が水族の女性に被せる為に 
行っていたんだ

だからあの時代は 
髪飾りが一時廃れたんだ 」




(・・;)






今日の話はな
いつも内容だけをじっくり見てる者からすれば
いつもの話の焼き直しにしか聞こえないけどな

でも雰囲気や風を感じる者は
ちょっと新鮮に感じたはずだ

なぜならな
風や雰囲気に敏感な者は
ちょっとの違いを大きな違いと感じるからな 

記事の感じ方で
種族の違いがわかるってことだ 」
(ガオガオちゃんの言葉)




P3110249_R.jpg







2015-03-16 :美の呪力 :



転載終了


Comment

非公開コメント

| 2017.05 |
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ