スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-04-07 女の中の女 (幻の桜ブログさんより)

2015.04.08 11:51|幻の桜ブログさん
幻の桜ブログさん情報です






よく 会社で泣くな 学校で泣くな めそめそ泣くから舐められるんだ

女のなみだを売りにするなって フェミニスト達は言ってるけどな 涙は女の最大の武器だ 」




涙とは哀れみだ

なみだから現実が生まれ 惑星の未来も現実も 宇宙のなみだから生まれたんだ


涙をなくせってことは 物をなくせって同じことだ

泣くことを忘れた女は 女以外の得体のゲテモノになれってことだ 」






だからといってな 無理に泣かせるのは よくないぞ

DQNとか吸血鬼は ノータリンだから 女のなみだが現実呼ぶって言うと 女を殴ったり レイプしたり 無理やり牢獄に入れて 春 売らせたりするけどな 無理やり 女を不幸すると やった者達にも不幸が返ってくるんだぞ 


女のなみだは 自然に流させるんだ 」




女は自分より哀れと想ったものに
涙する性質だ

涙とはあわれみだ

あわれみを感じた時 
発する現象

だから
自分より哀れな存在
足りない存在

そんな存在を見た時
人は哀れと想い 涙する 」(ガオガオちゃんのことば)






「 
古代の経済の中心は 女  

女と言っても普通の女ではない 女達が優越感を持つ女 」





多数の男に優越感を抱かせる女って 本能的に あわれさとはかなさ 色気を武器にしてる

だから 自分よりも儚くて 自分よりも哀れで 自分より 色気のない女を見ると 女達は そこに優越感を感じ たすけることを快楽とする  

快楽の多くは優越感 から生まれる 」




ミロのビーナスはね 女性達が優越感を感じるスタイル その伝承なの 」






別嬪(別品)の 本当の意味もそれだよ 


別嬪さんって 女性から哀れまれる女性ってこと  

世間的に 男性を魅了する女とは違う

だから別品 べっぴんと書く 」





そしてね
優越感を感じた瞬間

人はその存在にとりこまれる 」(Mちゃんみたいな女性のことば)








ぎゃーーーはははははは

なんてチョロイの?
なんてアホなの?

これで私は入れ替われる

労せず入れ替われる

暗い生活をせずして
入れ替われる 

人気者のまま
い・れ・か・わ・れ・る 


やっぱり 
この人だい好きかも

だって 
チョロイんだもん

だからね
あなたは一生私の物

私は憧れられる存在で
あなたは哀れまれる存在

ふたりでひとつ 

あなたの事を
ずっとずっと庇ってあげる

いじめられたらいつだって庇ってあげる
服だって 
私が選んで 
かわいいの着せてあげる

だってあなたが選んでる服って 
センスが悪くてダサいでしょ?

あなたは
私の横にいてくれればいい
いてさえくれればいいの

なにもできなくていい

むしろできないほうがいい

のろまで
ださくて 
なにもできない 

それこそがあなたの才能よ

私がずっと面倒を見てあげる

私の傍から離れないでね

私の将来はバラ色ね 

なんて頭がいいんだろう

誕生日も完璧だ 

人生勝ったも同然ね

だから
ずっと一緒にいようね
ずっと一緒にいようね

きっと
あなたなら
簡単に手なづけられるから

あなたは
もう
私の物よ
 」(あめで聞いた言葉)







鳥は頭で格を見る 頭の形 頭蓋骨

あの女性の頭蓋骨は 我が祖先と同じ黄金比をもつ

しかも 日本から生まれた

全世界の鳥の姫達が 優越感を感じた その頭の形

姫の中の姫よ 王の中の王 」




でも後年のこと その姫の中の姫と呼ばれた女の人が 怒り狂っている情景が見えました




私の物が盗まれた!

だいじなだいじな
わたしのわたしのものが!

あいつめ!
あいつめ!

すべてを破壊してやる

あの一族を根絶やしにしてやる!

目には目だ
歯には歯だ 

見てろよ
おもいしらせてやるぞ

目には目だ
歯には歯だ 」(その女性のことば)






たったひとりで
すべてを守りきることは不可能だ

だが
その昔
防御も役割分担がなされていた

男性は物理的に女性を守り
女性は想念的に男性を守った

女性が想念的な攻撃から守り
男性が物理的な攻撃から守る 

それが
エネルギー的に 
一番回りやすい組み合わせ

もっとも防御しやすい組み合わせ 」(あめで聞こえてきた言葉)








2015-04-07 女の中の女 (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1760.html

転載開始








女は
あわれだから 女なんだ 」





(・・;)





哀れじゃなくなると 
女じゃなくなるからな 」






(・・;)・







よく
会社で泣くな
学校で泣くな
めそめそ泣くから舐められるんだ

女のなみだを売りにするなって
フェミニスト達は言ってるけどな

涙は女の最大の武器だ 」






(・・;)





涙とは哀れみだ

なみだから現実が生まれ

惑星の未来も現実も
宇宙のなみだから生まれたんだ

涙をなくせってことは
物をなくせって同じことだ

泣くことを忘れた女は
女以外の得体のゲテモノになれってことだ 」




ゲテモノ・
(・・;)






権力者達はな


現物を欲しがって
女の園を求め彷徨っていたんだ

たくさんの女のなみだは たくさんの現実を呼ぶからな

 」




女の園
(・・;)






だからといってな
無理に泣かせるのは よくないぞ

DQNとか吸血鬼は
ノータリンだから
女のなみだが現実呼ぶって言うと

女を殴ったり
レイプしたり
無理やり牢獄に入れて 
春 売らせたりするけどな 



無理やり
女を不幸すると
やった者達にも不幸が返ってくるんだぞ 


女のなみだは
自然に流させるんだ 」





自然に流させる?
(・・;)?






女は自分より哀れと想ったものに
涙する性質だ

涙とはあわれみだ

あわれみを感じた時 
発する現象


だから
自分より哀れな存在
足りない存在

そんな存在を見た時
人は哀れと想い 涙する 」(ガオガオちゃんのことば)




P3180260_R.jpg










あめを見ました

あめで女性ばかりいる
女の園のような情景が出てきました


たくさんのきれいな女の人がいて
その中心にひときわきれいな女の人がいて
女の人同士でイチャイチャしていました



でも中心の女の人はとてもきれいだけど
周囲のきれいな女性達から 
何故か哀れまれていました


哀れみを受けながら
ひときわ美しい姿を輝かせていました


それを見て想いました

美って哀れみから生まれるんだ 
 


こんな言葉が聞こえてきました


それはMちゃんに
どことなく似たイントネーションを響かせた
女性の言葉でした 


 

「 
古代の経済の中心は 
女  


女と言っても普通の女ではない

女達が優越感を持つ女 」



優越感
(・・;)





多数の男に優越感を抱かせた女達


その女達が
女として優越感を感じさせる女  」





(・・;)







多数の男に優越感を抱かせる女って
本能的に 
あわれさとはかなさ
色気を武器にしてる


だから
自分よりも儚くて 
自分よりも哀れで
自分より
色気のない女を見ると


女達は
そこに優越感を感じ
たすけることを快楽とする  


快楽の多くは優越感
から生まれる 」





(・・;) 






ミロのビーナスはね


女性達が優越感を感じるスタイル 


その伝承なの 」






ミロのビーナス・
(・・;)






ミロのビーナスをごらんなさい 


女性としては
胸は大きくなく
色気もない


あのスタイルって 
昔の女性たちから見れば
哀れみと優越感を感じる典型的なスタイルだった 


特にあそびめのように
男達を本能的に惹きつける女性から見れば

女性達が最も優越感を感じた 」






(・・;)・






別嬪(別品)の
本当の意味もそれだよ 


別嬪さんって
女性から哀れまれる女性ってこと  


世間的に
男性を魅了する女とは違う

だから別品
べっぴんと書く 」





(・・;)・





でも別嬪はね

集めたいという想いの引力から
そのスタイルが形作られてるの

自分では
そのスタイルを
哀れまれてると想っていない


本当に哀れな存在は
自分が哀れということにすら気づかないの 」




(・・;)



そしてね
優越感を感じた瞬間

人はその存在にとりこまれる 」(Mちゃんみたいな女性のことば)






その直後
こんな情景が見えました 



ふたりの女性が出てきました

片方の女性は
もう片方の女性に

おさない時から 
優越感を感じていました


優越感を感じてるその女性は

もうひとりの女の子に服を着せて
その女の子が想い通りに動く姿を見ながら


心の奥から 
こう叫んでいました 




ぎゃーーーはははははは

なんてチョロイの?
なんてアホなの?

これで私は入れ替われる

労せず入れ替われる

暗い生活をせずして
入れ替われる 

人気者のまま
い・れ・か・わ・れ・る 



やっぱり 
この人だい好きかも


だって 
チョロイんだもん


だからね
あなたは一生私の物


私は憧れられる存在で
あなたは哀れまれる存在

ふたりでひとつ 

あなたの事を
ずっとずっと庇ってあげる

いじめられたらいつだって庇ってあげる
服だって 
私が選んで 
かわいいの着せてあげる

だってあなたが選んでる服って 
センスが悪くてダサいでしょ?


あなたは
私の横にいてくれればいい
いてさえくれればいいの

なにもできなくていい

むしろできないほうがいい

のろまで
ださくて 
なにもできない 

それこそがあなたの才能よ


私がずっと面倒を見てあげる

私の傍から離れないでね

私の将来はバラ色ね 

なんて頭がいいんだろう

誕生日も完璧だ 

人生勝ったも同然ね


だから
ずっと一緒にいようね
ずっと一緒にいようね


きっと
あなたなら
簡単に手なづけられるから

あなたは
もう
私の物よ
 」(あめで聞いた言葉)



優越感を感じてる女性は
どこかの種族が
女神と崇めている姫でした


世界の終わり

ある種族がすべてを託し
その種族のすべての希望をのせこんだ女の人



その女の人は
黄金比の頭蓋骨を持つもの
と呼ばれていました



周囲の人がこんなことをしゃべっていました



鳥は頭で格を見る

頭の形
頭蓋骨


あの女性の頭蓋骨は
我が祖先と同じ黄金比をもつ


しかも
日本から生まれた

全世界の鳥の姫達が
優越感を感じた 
その頭の形

姫の中の姫よ

王の中の王 」



でも後年のこと

その姫の中の姫と呼ばれた女の人が
怒り狂っている情景が見えました


何故だかわからないけれど

こんな言葉を発して
とても怒り狂ってました



私の物が盗まれた!

だいじなだいじな
わたしのわたしのものが!


あいつめ!
あいつめ!

すべてを破壊してやる

あの一族を根絶やしにしてやる!


目には目だ
歯には歯だ 


見てろよ
おもいしらせてやるぞ


目には目だ
歯には歯だ 」(その女性のことば)




私は
その女性の姿を
ぼ―――――っと見ながらも
色んな考え方を持つ女性がいるんだなあと想いました


でも
その女性は世話好きそうなので

私に害がなければ 
私も
お世話してくれたり
プレゼントしてくれたり
たすけてくれる女性がいると 
うれしいなあとも想いました



こんな言葉も聞こえてきました




たったひとりで
すべてを守りきることは不可能だ

だが
その昔
防御も役割分担がなされていた


男性は物理的に女性を守り
女性は想念的に男性を守った


女性が想念的な攻撃から守り
男性が物理的な攻撃から守る 


それが
エネルギー的に 
一番回りやすい組み合わせ

もっとも防御しやすい組み合わせ 」(あめで聞こえてきた言葉)





20150407223716e68.jpg







2015-04-07 :美の呪力 :



転載終了


Comment

非公開コメント

| 2017.09 |
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。