2014-03-29 人類は黒い太陽の子供なのだ (幻の桜ブログさんより)

2015.04.09 22:54|幻の桜ブログさん
幻の桜ブログさん情報です




過去の記事です





「 
くままんまがな まだねこでなかった時


俺はねこだ 俺はねこだ 」

と言っていたらな いつの間にか本物のねこになっていたのだ 」



「 
ドールや人の鳥族も それだ

彼らがまだ 人でなかった時


私は人だ 人間だ 」

そう想っていたら あの種族ができあがったのだ 」(くままんまのことば)







☆☆くままんまが まだねこでなかった時☆☆

かたりて くままんま




星読みがこう言っていたぞ 



昔の一年は今でいう半年だ

冬至も夏至も一年とされ 冬至の年 夏至の年があった 」と 」




「「
七年のバイオリズムとよく言うだろう?

昔のバイオリズムは 七年は七年でも 今の感覚で言うと3年半がバイオリズムだった

だから3年半でバイオリズムがチェンジしてた 


半年を一年としていたのが 古い結界の上に一年の結界が生まれ 7年のバイオリズムが生まれた 
」」



「「
長年 3年半のバイオリズムは 7年になっていた

でも2003年11月南極で皆既日食が起き あの時点でバイオリズムは 7年から 3年半で切れた 」」





結界にはな 二つあるのだ

地の結界 と 天の結界

地の結界が想念からくる情報の結界とすれば 天の結界は物質現実を運ぶ結界だ

大昔は想念集まるところに現実も集まっていた


それが結界ができて 現実を運んだ先に想念が運ばれるようになり 情報もそこに運ばれた 」



しかし 2003年 南極の皆既日食が起きてから 現実が運ばれた先に 想念から情報が運ばれなくなったのだ 

それにより欧米の犬巫女たちから 急に想念の情報を読めなくなる現象が起きはじめた

これが南極の緩衝によって起きた 最初の地の結界の崩壊

天の結界で実利を得ていた者たちの気づかぬうちに 想念の情報が抜けてきたのだ 」






そしてな 今度来る 4月29日の金環日食

金環日食とは 最初地面に降り注ぎ そして地から天に作用する 

つまり皆既日食で 想念の情報に運ばれる先に作用しはじめ そこに 実が運ばれる作用をしはじめるのだ





「 
南極の皆既日食から 南極の金環日食までの間は11年 

その11年 特にこの3年半 苦境にあえいでた者たちは これから7年間 少しづつ少しづつだが 想念の情報と共に 現実が少しづつ戻ってくるはずだ 」



そしてその後 2021年に起こる南極の皆既日食で おびただしい現実が 集まってくるのだ

だから養分の者たちが表の座に蘇るのは 2021年過ぎ 

その時から 現実が一気に養分の者たちに戻ってくる 」





実際この3年半 養分たちの情報はべき乗に増えている


そして 上から物質を運ばれていた者たちは想念からの情報が抜け 愚かな行動をとりはじめている

昔は上辺だけでも ほめそやすことができていた者たちが わんわんわんわん あからさまなバッシングをするようになった

あれも想念の情報が枯渇してきてるあらわれだ 」





そして 藤原の者たちが 今続々と表の座にかえりつきはじめている

だがな 藤原の多くは まだ気づいていないのだが ゆ族の者たちの中には 2015年以降に出てこようとしていた者もいた 

日本の2012年の金環日食から 3年半後

ゆ族の中には タイミングが3年半に戻ったことを気づいていた者もいたのだ

だからゆ族達は おそらく2015年 11月過ぎから姿を現してくるはず 」



ただな くまくまがあめで見た限りでは ゆ族の中でも流派が別れていた

タイミングの合わせ方が流派によって違っていたのだ 

もっとも古いゆ族の血筋は 2014年の南極の金環日食に合わせ 世に出るタイミングを2017年頃と設定していた者もいた


日本か 南極か
月か  太陽か
皆既か 金環か 

狙うものの大きさによって タイミングを合わせる時期が変わってくる


ゆ族の古い血筋ほど南極の金環日食に合わせてくるだろう  」





だがな これから7年以内に 世の表舞台に続々あらわれるゆ族


そして 徐々に徐々に少しづつではあるが 現実をつかんでいく養分達

この二つの間で 人類の集合体は 大きく別れることになる 

そして両者は交わることなく 片方の集合体は潰え去る 」




これが星読みに聞いたタイミングの話だ


だがな くまくまは想う

タイミングを決めるのは 時期を測るのも大切だが 最も大事なものは意志なのだと   」










2014-03-29 人類は黒い太陽の子供なのだ (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1543.html

転載開始








「 
くままんまがな
まだねこでなかった時



俺はねこだ 
俺はねこだ 」


と言っていたらな

いつの間にか本物のねこになっていたのだ 」





(・・;)・ 






「 
ドールや人の鳥族も
それだ


彼らがまだ
人でなかった時



私は人だ
人間だ 」


そう想っていたら あの種族ができあがったのだ 」(くままんまのことば)





 
☆☆くままんまが まだねこでなかった時☆☆


かたりて くままんま










現代のバイオリズムは7年

しかしその昔

昔々の大昔

一年は半年だったのだ  」





半年?
(・・;)





半年が一年

それは古事記以前の
古い書物にも記されている


しかしこの島では
藤原時代以降
一年が今の一年となったのだ  」






(・・;)






星読みがこう言っていたぞ 


昔の一年は今でいう半年だ

冬至も夏至も一年とされ

冬至の年 夏至の年があった 」と 」





(・・;)






「「
だから昔の一年と
今の一年は概念が違う


古代に100歳以上まで
生きた天皇がいるというのも
一年の概念が違ったからだ

現代の概念ではあの半分の年だ 」」





(・・;)!






「「
七年のバイオリズムとよく言うだろう?

昔のバイオリズムは
七年は七年でも
今の感覚で言うと3年半がバイオリズムだった

だから3年半でバイオリズムがチェンジしてた 


半年を一年としていたのが
古い結界の上に一年の結界が生まれ
7年のバイオリズムが生まれた 

」」





(・・;)





「「
長年
3年半のバイオリズムは
7年になっていた

でも2003年11月南極で皆既日食が起き

 
あの時点でバイオリズムは
7年から 3年半で切れた 」」





(・・;)




「「
その日から世界が変わった


藤原以降の7年ではなく
ジャバータイコク(邪馬台国)の頃の3年半の結界になった


それにより様々な者たちのタイミングがずれた

7年の感覚でタイミングを測ってきた者たちの
タイミングがずれてきたんだ  」」




(・・;)




「「
そして 
7年のバイオリズムが3年半に戻った 


それがすべてのことのはじまり  

7年とは昔の14年

前半の3年半で想念のしるしをつけ
後半の3年半で現実をつかむ


 」

星読みはそう言っていた 」






(・・;)






星読みの話では
結界は
3年半のバイオリズムに戻っていたそうだ 


だがな
その一方で7年のバイオリズムを保ち続けていた結界もあったのだ



それがでんきの結界 
鳥の結界 

天の結界 

物質や現実を運ぶ結界だ 」




天の結界・ 
(・・;)





結界にはな
二つあるのだ


地の結界

天の結界



地の結界が想念からくる情報の結界とすれば
天の結界は物質現実を運ぶ結界だ



大昔は想念集まるところに現実も集まっていた
それが結界ができて 
現実を運んだ先に想念が運ばれるようになり 
情報もそこに運ばれた 」





(・・;) 






しかし
2003年
南極の皆既日食が起きてから
現実が運ばれた先に 
想念から情報が運ばれなくなったのだ 



それにより欧米の犬巫女たちから 
急に想念の情報を読めなくなる現象が起きはじめた


これが南極の緩衝によって起きた
最初の地の結界の崩壊


天の結界で実利を得ていた者たちの気づかぬうちに
想念の情報が抜けてきたのだ 」





(・・;)





「 
そして新たに想念の情報が届きつつあった者たちは

行動様式が7年から 
3年半のバイオリズムに 
変化しつつあったのだ 」




3年半・ 
(・・;)





そしてな

今度来る
4月29日の金環日食



金環日食とは
最初地面に降り注ぎ
そして地から天に作用する 


つまり皆既日食で
想念の情報に運ばれる先に作用しはじめ 

そこに
現実が運ばれる作用をしはじめるのだ






(・・;)




元々
世界ができたのは地の結界で
想念の情報を先に手にしていたからだ


だから想念の情報を手にしたものは
後からであっても現実を手にする 」 





(・・;)






南極の皆既日食から
南極の金環日食までの間は11年 


その11年
特にこの3年半 
苦境にあえいでた者たちは


これから7年間 
少しづつ少しづつだが
想念の情報と共に 
現実が少しづつ戻ってくるはずだ 」




(・・;)!






そしてその後
2021年に起こる南極の皆既日食で
おびただしい現実が 
集まってくるのだ


だから養分の者たちが表の座に蘇るのは
2021年過ぎ 


その時から
現実が一気に養分の者たちに戻ってくる 」





(・・;)






皆既日食 
11年後金環日食 
その7年後皆既日食


此度の南極の日食が
数万年に一度の緩衝と言われるには
そういう理由があったのだ 


これは
宇宙的なタイムラグの動きだ 」




(・・;)






実際この3年半
養分たちの情報はべき乗に増えている


そして
上から物質を運ばれていた者たちは想念からの情報が抜け
愚かな行動をとりはじめている


昔は上辺だけでも
ほめそやすことができていた者たちが
わんわんわんわん
あからさまなバッシングをするようになった


あれも想念の情報が枯渇してきてるあらわれだ 」





(・・;)






小犬達は蘇る養分たちの姿を見て
その現実を奪おうと 
増税や超高額所得者への減税
様々な施策で地位を固めようとしているがな


あの増税や高額所得者への減税も
小犬達に跳ね返るのだ


現実を取り返されるしるしとなって跳ね返っていく

数年以内に 小犬達は
あの時行った施策が 
己の首を絞めるような行為だった

そう気付くようになるであろう 」




(・・;) 






そして
藤原の者たちが
今続々と表の座にかえりつきはじめている


だがな
藤原の多くは
まだ気づいていないのだが



ゆ族の者たちの中には
2015年以降に出てこようとしていた者もいた 


日本の2012年の金環日食から
3年半後


ゆ族の中には
タイミングが3年半に戻ったことを気づいていた者もいたのだ


だからゆ族達は
おそらく2015年
11月過ぎから姿を現してくるはず 」




(・・;)






ただな
くまくまがあめで見た限りでは
ゆ族の中でも流派が別れていた


タイミングの合わせ方が流派によって違っていたのだ 



もっとも古いゆ族の血筋は
2014年の南極の金環日食に合わせ
世に出るタイミングを2017年頃と設定していた者もいた


日本か 南極か
月か  太陽か
皆既か 金環か 


狙うものの大きさによって
タイミングを合わせる時期が変わってくる



ゆ族の古い血筋ほど南極の金環日食に合わせてくるだろう  」





(・・;)






そしてな
此度の南極の金環日食から
次の南極の皆既日食までの7年


もしも太陽に合わせるのなら


2014年から2021年の
7年が 今後数万年に及ぶ
自分の骨型の人類への役割を決める
7年となるはず


この7年が
今後数万年に及ぶ自分の系譜への緩衝のしるしとなるのだ 」




(・・;)!





だからゆ族はそれ以前に養分を持ち上げ
そして7年で
養分を座から引きづりおろそうとしたのだ


そしてこの7年の内に 
ゆ族の中に
表の座にかえりはじめる者が必ずいるはず


彼らは
支配者としての役割を果たそうと
7年のうちに表舞台に続々出てくるはず 」





(・・;)・






だがな
これから7年以内に
世の表舞台に続々あらわれるゆ族


そして
徐々に徐々に少しづつではあるが 
現実をつかんでいく養分達


この二つの間で
人類の集合体は
大きく別れることになる 


そして両者は交わることなく
片方の集合体は潰え去る  






(・・;)





これが星読みに聞いたタイミングの話だ


だがな
くまくまは想う


タイミングを決めるのは
時期を測るのも大切だが
最も大事なものは意志なのだと   」




(・・;)





何故なら
意志 目的により
合わせるタイミングは変わってくるからだ


自分が
どう生きたいか?

それによりタイミングは変わってくる


何をしたいか
どういう存在で居たいのか


この時 
この瞬間
この場で抱いた想いが

 
今後数万年以上 
数十万年に及ぶ
子孫たちの未来に作用するのだ  

 」



(・・;)





くまくまの
今後数万年の目標を言おう


くまくまは
BIGになるのだ 


牛一頭食べるのだ 


ねこの身でありながら

牛一頭食べるくまくまは
引力のくまくま 」



(・・;)・・ 




お星さまは語っている

星を食べるとスターになると  


かつて 
くまくまはスターになりたかった 
チヤホヤされたかった

かわいいかわいいと
ずっと言われたかったのだ 」



(・・;)





だがな 
最近想ったのだ 

楽しく生きたいが 
やはりよいと


あまりチヤホヤされすぎても
飽きることを知った 
  

だから永遠に楽しく生きたい

これが今のくまくまの想いなり  」





(・・;)






今日の話は星読みの話なのだがな

くまくまには 
話が覚えられなくて
あーちゃんに話を復元してもらったり
はるちゃんに代わりに聞いてもらった内容が
今日の話だ 



くまくまは 
聞き上手だからな



人類は黒い太陽の子供なのだ  」 (くまくまの言葉)








P6060014_R_201504092249365a6.jpg








2014-03-29 :ねこねこのはなし :




転載終了


Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ