2015-05-22 白昼夢は都会の現実 (幻の桜ブログさんより)

2015.05.23 11:14|幻の桜ブログさん
幻の桜ブログさん情報です





実は みづな女王様の作品の中に 黄色いTシャツを着せられる アダルトビデオがあるのですが みづな女王様は その時


これ?着るの?
本当に着るの? 」

と とても凄く嫌がっていたのです




黄色いビルを目の前にして感じました


あの黄色いコスチュームを着たら あの仕事をしてた意味が無くなっちゃうからなんだ

お仕事で集めた想念と気を あの服で全部剥がれちゃうからなんだ 


黄色い服を着せることは ものすごいいじめなんだ

だって その人のエネルギーを 全部放出していい というしるしだから




都会という現実の中で 多くの養分の人達が 一生懸命 働いても 努力しても がんばっても 報われないのは 服で 運を吸われてるから

現実や結果を運ばせる服を幼い時から着せられていて 社会に出ると より多くを剥がれてしまうから

でも当然ながら 服が都の現実の要ということを 生まれつき知ってる人達もいて そういう人達の中には この街で力を誇示しながら こう言う人もいるかもしれない



知らない方が悪い 無知だから悪い

本当に欲しかったら
きっとそれをもっと知っているはずだ 

学校では小さい頃から
「身だしなみを気をつけましょう」 きちんと教えてたはず 

なのに
服に気を使わなかった方が悪い

身なりに気を使わなかったのが悪い 」と






それまで香木という存在も知らず というか 香水自体も ほとんど興味もなかったのですが なぜか衣装につける香りを買って服につけたら 街の予知夢のような 街の動向や 当時盛況だった リートの動向なども 急に見えるようになったりしました

おそらく今想うと 香木は 場の想念や生霊には ものすごく作用させる効果があって その為 それをつけてる人間には 間接的に生霊経由の情報が伝わりやすくなるのかもしれないなあ と想いました 





今まで他人の服なんてあまり気にしたことはなかった

自分の服ですら ほとんど気にしなかったから

オシャレとか流行の シルエットとかはわからない


だけど 遠目線で人ごみを眺めると 服の色が想っていたより 目立つことが ようやく 掴めはじめてきた




一期一会の出会いばかりの 大都会では 服が仕事と恋愛の9割以上を決めているのかもしれない

初めてそう想った 


だって 誰も顔を見ていないから




そういえば 少し前の幻の桜は レイアウトを オレンジ色ベースにしていた

ガオは言った


オレンジ色は
昔から 奴隷達に着せられていたお洋服 」








2015-05-22 白昼夢は都会の現実 (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1780.html

転載開始







さて
数日前の
5月17日



くまちゃんの仕事の関係で
東京のバーショーという
お酒の博覧会のような会場に行ってきました
(>ω<)/




P5170322_R.jpg





その時の様子は
前回のブログにも書いたのですが
(ノ゜ο゜)ノ


http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1779.html





くまちゃんは
会場でティスティングしたお酒が
どれもちょっとイマイチだったようで
2-3時間もいないで会場を後にしました 
(・・;)


(関連記事リンク)
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/archives/30650875.html



P5170324_R.jpg






黄色いビルを見て
ふと
ある
みづな女王様のビデオを想いだしました 




P5170317_R.jpg





実は
みづな女王様の作品の中に
黄色いTシャツを着せられる
アダルトビデオがあるのですが


みづな女王様は
その時



これ?着るの?
本当に着るの? 」


とても凄く嫌がっていたのです





MAHAOが今までみた
みづな女王様の作品は


ものすごい痛そうな作品があったり
ものすごい物を飲んだり食べたりする作品もあって





こんなのとてもできないよー
(>ω<)ノシ))パタパタパ
と想うような行為も


みづな女王様は
けっして嫌そうな顔をまったくしていず
淡々と
感情も動いていませんでした
(・・;)!





P5170328_R.jpg






だけど
そんなみづな女王様が

黄色い服を渡された時にだけ 
物凄く 
感情が揺れ動いていました



P5170326_R.jpg






着るの? 本当に
これ着るの? 」

何度も 確認していました 




どんな現場でも拒絶しなかったのに 
あの服だけに 拒絶反応をとても示していた


一体?
何でだろう?
どうしてだろう?

そんなことを想っていたのですが
(・・;)




黄色いビルを目の前にして感じました



P5170317_R.jpg




あの黄色いコスチュームを着たら
あの仕事をしてた意味が無くなっちゃうからなんだ




お仕事で集めた想念と気を
あの服で全部剥がれちゃうからなんだ 




P5170325_R.jpg






黄色い服を着せることは
ものすごいいじめなんだ


だって
その人のエネルギーを
全部放出していい というしるしだから



P5170329_R.jpg






あのしるしで
気が運ばれちゃったら 

その日がんばった意味が全部無くなって
それどころか
むしろ
マイナス



P5170330_R.jpg






みづな女王様は
その事の真の意味に気づいていて



でも
お仕事で
それを着させられるということを
とても苦痛と感じていた 



でも
誰かがそれを知っていたんだ



知りながら
あえてあの服を着せるような仕事をさせていたんだ

なんてひどいことをするんだろう



そう想いました


そしてこうも想いました 



P5170332_R.jpg






都会という現実の中で

多くの養分の人達が
一生懸命
働いても 努力しても がんばっても
報われないのは 

服で 運を吸われてるから



現実や結果を運ばせる服を幼い時から着せられていて
社会に出ると 
より多くを剥がれてしまうから






でも当然ながら
服が都の現実の要ということを
生まれつき知ってる人達もいて


そういう人達の中には
この街で力を誇示しながら
こう言う人もいるかもしれない



知らない方が悪い 無知だから悪い

本当に欲しかったら
きっとそれをもっと知っているはずだ 


学校では小さい頃から
「身だしなみを気をつけましょう」 きちんと教えてたはず 

なのに
服に気を使わなかった方が悪い

身なりに気を使わなかったのが悪い 」と



P5170333_R.jpg





でも
服で自分の現実が運ばれることを
知っていたら 



養分さんだって
奴隷にされる衣装なんて
誰も好んで着たりはしないはず





P5170334_R.jpg





でも
こうも想いました


昔から服には無頓着だったけれど
今でも無頓着な部類だけど


それでも
最近
服の事について少しづつわかるようになったのは
みづな女王様に知りあったことの
エネルギー緩衝なのかもしれない


みづな女王様は
服のことを本能的に知っていて


おそらく何度かお会いしたことで 

気が運ばれる服
気が吸いとられる服の情報が少しづつわかりはじめるんだって





そういえばガオガオとはじめて知りあったのも
こないだのみづな祭りから
ちょうど1週間後だった 


http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/blog-entry-4205.html



P5170336_R.jpg




さて
水道橋の会場を後にした後
向かったのは銀座
(>ω<)/




銀座には
その昔
MAHAOがよく行っていた本屋さんがあり
(・・;)



P5170340_R.jpg





その下には
たまにお香を買っていた
お香屋さんがあります



P5170341_R.jpg







その昔
MAHAOは
お香とかあまり興味はなかったのですが
(・・;)



10年ほど前のとある日
ボーっと銀座を歩きながら
ぶらぶらしていると



P5170346_R.jpg





たまたま
無意識的に立ち寄ったお香屋さんで
何故か無意識的に 
衣装につける香りというお香を買いました 



P5170354_R.jpg




それまで香木という存在も知らず
というか
香水自体も ほとんど興味もなかったのですが


なぜか衣装につける香りを買って服につけたら
街の予知夢のような
街の動向や
当時盛況だった
リートの動向なども
急に見えるようになったりしました
(・・;)! 




P5170360_R.jpg





おそらく今想うと

香木は 


場の想念や生霊には
ものすごく作用させる効果があって

その為
それをつけてる人間には
間接的に生霊経由の情報が伝わりやすくなるのかもしれないなあ
と想いました 
ヽ(゜◇゜ )ノ~♪




そして
今度の5月30日
新宿で
みづな女王様のみづな祭りが開催されるという情報を聞き



みづな女王様に
その衣装につける香りを
プレゼントしようとも想っていました
(>ω<)/




P5170359_R.jpg







そんなこんなで
銀座を訪れたのですが
(・・;)=




銀座を歩いてると
こんな看板が!



P5170356_R.jpg




銀座駅徒歩1分
243坪 
16億8000万




16億8000万
なんでこんなに高いんだろう?
(・・;)?



P5170358_R.jpg






さて
昔よくきていた銀座の本屋さんです



P5170372_R.jpg




そこでぷらぷらと写真を撮っていたら
本屋さんの一角でたまたま撮影してる本職のカメラマンさんもいたりしました
(>ω<)/



P5170370_R.jpg




そして
そのあと下の階のお香屋さんに向かったら



P5170377_R.jpg




お香屋さんの斜め向かいに気になるコピーの看板のお店を見つけました
(・・;)・



P5170379_R.jpg





その看板を
ちょっと写真に撮っていたら

看板モデルのオーナーさんがあらわれて
一緒に写真に写ってくれました
(>ω<)ノシ))パタパタパ



P5170380_R.jpg





そして
お香屋さんで
みづな女王様へのプレゼントを見繕い



P5170388_R.jpg


P5170382_R.jpg


P5170383_R.jpg


P5170385_R.jpg


P5170386_R.jpg




お腹も空いたので ビルを後にしました



P5170362_R.jpg






久しぶりに行った銀座の本屋



あの本屋は 

雨あがりのように
さわやかな 陰の気が舞っていた 



P5170348_R.jpg




都会の幻影空間の中で
シャワーで降らせた雨のように



おもちゃ箱のような
雨上がりの雰囲気だった 



P5170366_R.jpg





あの人工的な
陰気がすっかりなくなった


陰りが消えると
情報は抜ける 
 
乾くから 

紙は植物で
できているから



P5170374_R.jpg





幻影やイマジネーションを育てるには
陰りのある
うっそうとした雰囲気が必要


でもその
お気に入りだった本屋さんは
干からびた材木置き場になってしまったかのようで





でもそれは
その本屋さんだけにはとどまらず
この街全体が砂漠のように乾いている



P5170365_R.jpg





それから
街を彷徨い歩く人々を見た

ガオガオのいう通りだった


この街で 
服はとても目立っていた



P5170393_R.jpg





今まで他人の服なんてあまり気にしたことはなかった
自分の服ですら
ほとんど気にしなかったから


オシャレとか流行の
シルエットとかはわからない



だけど
遠目線で人ごみを眺めると
服の色が想っていたより
目立つことが
ようやく 掴めはじめてきた



P5170408_R.jpg






人はいるのに人はいなくて

歩いてるのは
誰が誰だかわからない


遠くを眺めながら
可能性を探すとしたら 

ビジネスを求めるとしたら

きっとぱっと見の色が目に付くの



P5170410_R.jpg





近くだと 
シャツのパリッとした真っ白さ
 
ネクタイの模様や
鞄の艶
靴の輝き
時計の形
汚れの無い靴下

清潔さ さわやかさ 

そういったものを

人の生霊が
識別しているのを読みとれた 



P5170411_R.jpg





一期一会の出会いばかりの
大都会では
服が仕事と恋愛の9割以上を決めているのかもしれない



初めてそう想った 


だって
誰も顔を見ていないから


人から派生した人の生霊や
感情の念 人の想念は
見栄えで直前の未来を決めているから


雰囲気という幻影で
タイミング めぐり合わせを運んでいるから



一生連れそう伴侶
永遠のつながり








本物の才能や
魂の相性
そういったものを求めると

都会では
スピードに取り残されて

のろま 
できそこない
できない奴
うだつが上がらない者と認識され

左遷され 
リストラされてしまう



P5170406_R.jpg




服しか見ないスピード感 



でも
このスピードについていけることが
都会で生き残る能力かもしれない



P5170361_R.jpg






大都会では
霊感も服に運ばれる



政治も経済も
ファッションセンスがすべてを動かしている



今までの私には考えも付かなかった視点

想いもしなかった
見えていなかった視点


見てなかった視点



P5170414_R.jpg


P5170412_R.jpg






そういえば
少し前の幻の桜は
レイアウトを
オレンジ色ベースにしていた



ガオは言った

オレンジ色は
昔から 奴隷達に着せられていたお洋服 」







P5170416_R.jpg






ブログを再開する時
何故かガオに言われ
オレンジから薄いブルーにしたけれど


変えてから
なんだか人の対応が
以前と違うような気がする



具体的に何と言われてもよくわからないのだけど
なんだか 
最近 通りがかりの人が何気に向ける視線が
去年の今頃とはだいぶ変わったような気もする





P5170418_R.jpg





今度の5月30日
みづな祭りに行った後は
もっと服のことがわかるようになるのかもしれない


何だかそんな気がする





P5170420_R.jpg


P5170421_R.jpg







2015-05-22 :MAHAO写真シリーズ :




転載終了


Comment

非公開コメント

| 2017.05 |
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ