2016-05-12 黄泉の国と 野良神様 (幻の桜 地球を救うブログさんより)

幻の桜 地球を救うブログさん情報です







☆常世の春は黄泉の夢☆

かたりて みるくちゃん





人は こうしたいと想うと その想いに呼応して それを叶えるエネルギーや 人材が集まってます 

ただ集まってきても その用い方を知らないと 周囲の人に現象を運ばれたり 望んでた現実を奪われたりします





想念を集める種族ははっきり言って 仕事ができません

現実の作業を任せても 足手まといになるだけ

作業をさせると 逆に現実がなくなっていきます

それを見て 逆上して怒る人も多いのですが そして時には 追いだす人もいますが でもその事自体 見誤ってるのです 」



大きな野心を抱けば抱くほど 想念の種族がやってくるんです

でも想念の種族は 即効的に得させる種族とは対極の存在

だから 現実的にトラブルが起こして 結果として その人とのつながりを拒絶してしまったりするパターンも多いんです

でもそれが起るのは 実は野心を持ってる人が 想念の種族の用い方 扱い方を知らないからです

というか 野心を持った人達は その用い方の情報を 長年吸われ続けていました

実は養分さんに現実がやってこない理由は 主にこれなんです

養分さんが吸われてるのは 現実というより 現実化させる為の周囲の用い方のような情報で 想いや人材が吸われているというより 現実の人の動かし方や 集まってくるエネルギーの用い方

その情報だけが 磁場で特定の他種族だけに運ばれているので そして特定の他種族は

「 あいつが使わないのなら 俺たちが奪っても当然 あいつには宝の持ち腐れだ 」

それで想念の種族を 拒絶させて別なところに行かせたり さまざまな 現実を奪われる結果になっているんです 」





想念の種族が得意なのは想念です

現実的に行動する種族とは 真逆の性質だと認識すれば その用い方は見えてきます 

話を聞いてあげたり 情報を聞いたり もしくは色々な物を見てもらう

と現実だけを見ていた時に気づかない 想わぬたすけになるような情報を得られたりします

そして想念の種族は想念だけを見てるので 気分がよくなると ものすごい勢いで 夢に発信します

そうすると 一見うだつが上がらなかった人でも まばゆいばかりのオーラがついて 夢で注目の人になっていくのです

気分を良くさせること 基本これが想念の種族の用い方です
 」







☆二柱(ふたはしら)☆

かたりて あらちゃん 





破壊の時期 世界の構築者達が 水族 風族を抱えて 持ち上げたり 快楽漬けにしたいと想った理由は 単純なんだ 」



仕組みや自分のテリトリーの中で 水族 風族の二系譜に快楽を与えれば 簡単に自分のイメージ世界が 現実に大きく広がるんだ

だって水族 風族に メリットや快楽を与えれば その仕組みを 楽しいと想うから

水族 風族の2系譜に楽しいと想わせれば その仕組みは夢でまばゆい理想郷に見えて そのまばゆい理想郷に 引力を湧かせられるんだ 」



そうすると その仕組みの幻影に 無数の人が群がって そのまばゆい理想郷で暮らしたいと想う

そして夢の領域がどんどん広がって 現実の人達の気が その幻影に集まって 理想郷が 現象化していく 

これが世界の作り方だったんだ

世界の作り方は単純で 対極的で でも想念の領域にものすごく発信力のある2系譜を抱えて 自分の構築した時間軸 空間軸を楽しいと想わせるだけでいい 

すごく 単純なんだ 」






でもね

かつての世界の構築者達は

水と風の2系譜の代わりに
小犬達を間違えて持ち上げたんだ

そして持ち上げた
小犬達の気分をよくする為に 
小犬達のニーズを叶える為に

多くの養分さんや
風族 水族 土族の人達がいじめられるようになったんだ

だって小犬達は 
歴史的に いじめをすることが喜びと 感じているからね

それで
水族や 風族達の想いが 世界から急に 離れはじめてるんだ

世界に対する幻影や幻想が色褪せ
打ち砕かれてきたのは

水族 風族達が
夢で世界を 嫌がりはじめてるからなんだ  」(あらちゃんのことば)






でも小犬達はふりをしたことを潜在的に気づいています

本物に気づかれると 自分の立場がヤバくなる

だから世界や仕組みから排除させたり 追放させたんです

そして想念の種族を徹底的にいじめたことで 想念の種族にとって 現代世界や国の仕組みは 居心地が悪い場所 不快な場所 奪うだけの存在 いらない存在と 感じはじめるようになったのです 」






黄泉の国とは 想念の種族と 真に現実を求める種族を分断したところからはじまりました

情報を塞ぐことで 現実を求めてた種族に 想念の種族の用い方を隠してしまった

それにより 現実のつけかえがたやすく行われ 妬みの犬族達に現実がもたらされるようになりました

黄泉は読みでも 想念の読み

価値ある物を価値ないと想わされ 価値ない物を価値あると想わせる

それが世界の成り立ちでした








2016-05-12 黄泉の国と 野良神様 (幻の桜 地球を救うブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1905.html

転載開始












☆常世の春は黄泉の夢☆



かたりて みるくちゃん








くまちゃんのお願いはかなっていたんです

ただ本人には

意味がわからなかっただけ 」







(・・;)?









人は
こうしたいと想うと

その想いに呼応して
それを叶えるエネルギーや 人材が集まってます 



ただ集まってきても
その用い方を知らないと


周囲の人に現象を運ばれたり
望んでた現実を奪われたりします









(・・;)








だから
みるくは想います

くまちゃんは大きな勘違いをしていたのだと  」






大きな勘違い?
(・・;)








くまちゃんはひとりだった時
店で色んな事を想っていました


永遠を超えてずっと残り続ける物語を作りたい
人類史で一番おおきく残り続けたい

永遠を超えてずっと生き続けたい


美味しい物を食べ続けたい

美味しい物は自然でないと生まれない
地球を自然に戻すくらいの お金も欲しいと



でも
そう願った時
そのねがいを叶えようとする場合

想念の種族が先に来るんです 」






(・・;)








何故なら大きな現実を残したい場合は 

即効的に現実をもたらす人ばかりだと
おおきな現実を残すことは不可能だからです


だから
最初に大きな夢や目標を建てると
即効的な現実よりも先に 

想念を集める種族がやってきます 」






(・・;)








想念を集める種族ははっきり言って
仕事ができません

現実の作業を任せても
足手まといになるだけ

作業をさせると 
逆に現実がなくなっていきます


それを見て
逆上して怒る人も多いのですが

そして時には
追いだす人もいますが


でもその事自体
見誤ってるのです 」







(・・;)








大きな野心を抱けば抱くほど
想念の種族がやってくるんです


でも想念の種族は
即効的に得させる種族とは対極の存在


だから
現実的にトラブルが起こして
結果として
その人とのつながりを拒絶してしまったりするパターンも多いんです



でもそれが起るのは
実は野心を持ってる人が
想念の種族の用い方 扱い方を知らないからです


というか
野心を持った人達は
その用い方の情報を 長年吸われ続けていました


実は養分さんに現実がやってこない理由は
主にこれなんです


養分さんが吸われてるのは
現実というより
現実化させる為の周囲の用い方のような情報で 


想いや人材が吸われているというより
現実の人の動かし方や
集まってくるエネルギーの用い方

その情報だけが
磁場で特定の他種族だけに運ばれているので


そして特定の他種族は
「 あいつが使わないのなら 俺たちが奪っても当然 あいつには宝の持ち腐れだ 」


それで想念の種族を 拒絶させて別なところに行かせたり


さまざまな
現実を奪われる結果になっているんです 」







(・・;)!





例えば
大きく現実が欲しい場合に
想念の種族がやってきても


いくら現実が欲しいからと言っても

その用い方としては 働かせてはいけないのです



想念の種族に
働かせれば働かせるほど
現実運は消失していきます


忙しいのに 横でぽけー――――っとしてるのを見ると

ちょっとぐらい手伝えよ
と想うかもしれませんが
手伝わせれば手伝わせるほど 現実運はなくなります


 」





(・・;)





なぜなら
想念の種族は いつも想念しか見ていません


想念と現実は光と影のように
真逆なエネルギーの動き方をしています


想念を見れば見るほど
現実を集めるのと真逆な動きをしている


だから想念の種族に現実の作業をさせると
現実的にトラブルが起こったり 
現象化が滞ったりするのです 」







(・・;)






想念の種族が得意なのは想念です


現実的に行動する種族とは
真逆の性質だと認識すれば
その用い方は見えてきます 


話を聞いてあげたり
情報を聞いたり
もしくは色々な物を見てもらう
と現実だけを見ていた時に気づかない 
想わぬたすけになるような情報を得られたりします


そして想念の種族は想念だけを見てるので
気分がよくなると
ものすごい勢いで 夢に発信します

そうすると
一見うだつが上がらなかった人でも まばゆいばかりのオーラがついて
夢で注目の人になっていくのです


気分を良くさせること
基本これが想念の種族の用い方です
 」







(・・;)







想念の種族をぼけーーーっとさせて
気分良くさせると


気分良くさせた人の容姿がどんなにブサイクでも

くまちゃんみたいなでぶでぶさんでも


想念の種族は
「 この人は いい人だ! すばらしい人! 」と想い
夢で くまちゃんみたいなでぶでぶちゃんを
類まれな美少年のように見せることができます


何故なら想念の種族は
現実の姿は見えてません

だから想念的にやさしくしてもらうと
すぐそれが夢の見た目に反映されるのです 」






(・・;)・








そして
想念の種族にやさしくして
夢でまばゆい美しい姿になると


その姿を見て
夢でたくさんの人達が群がってきます


夢は感情の世界
理性は働いていません


だからきれいなもの 美しいものを見ると

その美しさを剥ごうと
自分の気と入れ替えようとするのです 


たくさんの現実を持ってる人達ほど見栄えを気にする性質です


だから
夢で美少年となった
くまちゃんの見栄えに嫉妬して 錯覚して
それでたくさんの現実をもたらしてる気と 交換こにしに来るのです 

そうすると
くまちゃんにも現実がどんどん集まってくる 」






(・・;)・







想念の種族が投影するのは
最初は深い領域ですが


いい人と想わせ続けて
浅い夢まで 夢の姿が神々しくなると



どんなにでぶでぶでも
神々しい雰囲気が
現実にも見えるようになってきます 



今度はそれに惹かれて 
ハアハアしたい鳥族達がやってきます


鳥族達は
雰囲気やオーラが綺麗な人に目がありません

だから 
雰囲気のいい人を見ると
「 お手伝いさせてください!
お傍にいさせてください!
お駄賃だけで結構です

むしろプレゼントさせてください

そして
ハアハアさせてください
ハアハアハア ハアハアハア 」
こんな感じのお手伝いをしにきます 









(・・;)・








そして現実を運ぶ力がとても強い鳥族さん達が
たくさん群がるようになると
さまざまな力を持った人々が 集まってきます


そして
いつの間にか夢でまばゆい姿をした人は
それらの人を動かして
たくさんの現実を得ることができます


これが想念の種族を用いて
現実を集める手っ取り早い方法です


もちろん手っ取り早いと言っても
現実を即効的にもたらす種族よりは現実化のスピードはのろくて
10年~20年
野心によってはそれ以上の年月もかかったりします


そしてその年月がかかってる間に
この想念の種族の用い方の情報が抜き取られてるので


現実で辛い生活を送ってるうちに
つい想念の種族に感情的に怒って 


それで想念の種族を追いだしちゃうことが多いんです 」






(・・;)・







飢えている時は 
心情的にわからないでもないです


でも知っていれば
対応は違っていたはずです

飢えている時だからこそ
良い気分にしてあげる


やさしくしてあげる 

気分よくしてあげる

そうしてあげれば
奪われていた人達の未来は変わっていたはずです 」







(・・;)







みるくは知っています



実は
MAHAOちゃんもMちゃんも
想念の種族なんです


風と水の差こそあれ
両方とも風と水の中では
想念系の種族であるんです 」






(・・;)!







Mちゃんは現実的にテキパキしていて
即効的な現実運があるって
想われる人もいるかもしれません


現にMAHAOちゃんもそう想っていました


でも想いだしてみてください
生まれた時のMちゃんは体がひ弱で
頭もパッパラパーでした


現実的にテキパキするなんて
素のMちゃんでは到底できなかったんです 」







(・・;)






Mちゃんがテキパキできたり
即効的な現実をもたらされるようになった理由


それは
Mちゃんを見て
胸ときめかせた大犬達や 大おばば達の顔色を見た誰かが


その反応や顔色に嫉妬してつけかえたからなんです


本来
即効的に運んだり テキパキ働く性質は
現実的に動くのが好きなタイプが得意なんです


でも現実的に動いてる種族の中で
必要とされたがり屋さんがいて


それで自分よりもボス様たちの気を引いていた
Mちゃんに嫉妬して いじめて気をつけかえたんです



だから
Mちゃんは学校に行ってから
急にテキパキ行動ができるようになったんです



でも元のMちゃんは
MAHAOちゃんと同じくらい頭パーで
現実的には何もできないんです


だからMちゃんをいじめた人達が
代わりに何もできなくなったはずです


Mちゃんのまわりで
やたらうつ病になったりノイローゼになる人が多いのも

おそらくMちゃんの気と交換こされたからだと 想います  」







(・・;)・








そしてみるくは
夢を見ました


以前 見積もりをとってもらった大工さんがいましたよね


安くしてほしいと言ったのに
2000万近い見積もりを出してきたあの大工さん



実は
あの大工さん
本当は安くする予定だったんです







(・・;)!








でも
見積もりが出る前に
MAHAOちゃんは
大工さんの奥さんと会いました


その奥さんは
MAHAOちゃんを想念の種族と一瞬で見極めていたんです



想念の種族の気分を良くさせると
自分の美しい姿を夢で発信してくれる


MAHAOちゃんを使えると想って

それで下にも置かない態度で
恭しく崇めるように MAHAOちゃんに接したんです



それと逆に
その奥さんは 

くまちゃんに対しては
「 しっしっ あっち行け 」っていう対応でした 」







(・・;)・







でもあの大工さんの奥さんは
昔のボス系譜だったんです


その周囲には
ボス様に憧れ 恋心を寄せる
小犬系譜がたむろしていました


大工さんの奥さんの反応を見た小犬系譜達は
MAHAOちゃんに激しく嫉妬しました


MAHAOちゃんと気を入れ替えようとして
それであの高額な見積もりが出てきたんです 」







(・・;)?






あの見積もりの金額の数字を
あらためて見て見ると
くまちゃんゆかりの数字が入っていて
気の入れ替えをするような数字的なしるしになっていました

MAHAOちゃんと
小犬達の気を 表面的に入れ替えようとしたのですが


何故か夢で
神々しい姿のくまちゃんをMAHAOちゃんと勘違いして

それでくまちゃんとエネルギーを入れ替えるしるしになったんです


それでくまちゃんの店の開店が エネルギー的に遅れることになったんです 」(みるくちゃんのことば)




P7290011_R.jpg









☆二柱(ふたはしら)☆



かたりて あらちゃん 








破壊の時期 世界の構築者達が 

水族 風族を抱えて 持ち上げたり
快楽漬けにしたいと想った理由は 単純なんだ 」








(・・;)







仕組みや自分のテリトリーの中で

水族 風族の二系譜に快楽を与えれば

簡単に自分のイメージ世界が 
現実に大きく広がるんだ

だって水族 風族に メリットや快楽を与えれば その仕組みを 楽しいと想うから

水族 風族の2系譜に楽しいと想わせれば 
その仕組みは夢でまばゆい理想郷に見えて


そのまばゆい理想郷に 引力を湧かせられるんだ 」





(・・;)





そうすると
その仕組みの幻影に 
無数の人が群がって そのまばゆい理想郷で暮らしたいと想う

そして夢の領域がどんどん広がって
現実の人達の気が その幻影に集まって
理想郷が 現象化していく 


これが世界の作り方だったんだ



世界の作り方は単純で

対極的で でも想念の領域にものすごく発信力のある2系譜を抱えて 

自分の構築した時間軸 空間軸を楽しいと想わせるだけでいい

すごく 単純なんだ 」







(・・;)







想念系の水族 風族は 
時間軸と空間軸は 元々あいまいな存在だ 


例えば 
Mちゃんは 音楽と言ってロシア人を連想したり ホームレスさんを連想したりする 

MAHAOちゃんは 何百年前の夢を見れて 骨を見れることが人の当然の能力と想ってる

要は二人とも 現実社会での時間軸 空間軸をほとんど見てないってことだ 


引力が強いところ 何か楽しそうなところしか見ていない

でもそのふたりの性質の持ち主を
楽しいと感じさせるだけで 集合体の規模はどうであれ 
集合体の構築はできていくんだ 」





(・・;)






水族にも風族にも想念の種族がいる

その想念の種族をとりこむには


現実で
「 働け 」とか 
意に沿わない命令をしちゃダメなんだ

彼女達のニーズを読んで 
その想いを叶えてあげるだけだ 」





(・・;)






別に想念系の
風族 水族は別に大きなことを望んでいない 


だって見てるのが想念だけだからね 

せいぜい
お洋服が欲しい とか 

漫画だらけの部屋が欲しい とか 

おひるねもっとしたい とか

お話を聞いて聞いて ねえもっと聞いて とか 

ねこにもっとごはんあげたい とか

それぐらいなんだ

想念に目が向いてる分

現実的にはとてもささやかな望みで


その
ささやかな望みを叶えてあげるだけで 両系譜はとりこめたりするんだ  」






(・・;)






構築者達のように こうなりたい こんな集合体を作りたいという想いはあまり無いんだ 


だからこそ水と風なんだ 

彼らのささやかなニーズを読んで 
2系譜の気分をよくし続けること 


それが集合体を構築する近道なんだ  


社会の構造って 意外とシンプルなものからできあがってるんだ


そういう原理なんだ


そして
社会の概念に染まった人達は 
これを話しても理解しづらいとは想う


でもね
相反する二つの性質に快楽を感じさせて
それを維持し続けることで 残る現実が生まれるんだ 

物事は意外と単純なんだ









(・・;)







でもね

かつての世界の構築者達は


水と風の2系譜の代わりに
小犬達を間違えて持ち上げたんだ


そして持ち上げた
小犬達の気分をよくする為に 
小犬達のニーズを叶える為に

多くの養分さんや
風族 水族 土族の人達がいじめられるようになったんだ

だって小犬達は 
歴史的に いじめをすることが喜びと 感じているからね


それで
水族や 風族達の想いが 世界から急に 離れはじめてるんだ


世界に対する幻影や幻想が色褪せ
打ち砕かれてきたのは

水族 風族達が
夢で世界を 嫌がりはじめてるからなんだ  」(あらちゃんのことば)





P9010048_R.jpg








顔色だけが欲しい小犬達は
意味なんてどうでもいいんです



顔色だけ
気を引くことだけがすべて


だから大犬達の思惑を防ぐような行動をとり続けたんです 」








(・・;)








想念の種族をいじめて
想念の種族と気を入れ替えて
想念の種族のふりをしたことで

抱えられたり
セレブにされたり
かわいがられたり
スターにされたり 現実をのせられたり

それにより
小犬達の
世界やボス様に必要とされたい という願いは叶えることはできました 」







(・・;)






でも小犬達はふりをしたことを潜在的に気づいています

本物に気づかれると
自分の立場がヤバくなる


だから世界や仕組みから排除させたり
追放させたんです


そして想念の種族を徹底的にいじめたことで
想念の種族にとって 
現代世界や国の仕組みは
居心地が悪い場所 不快な場所
奪うだけの存在
いらない存在と

感じはじめるようになったのです 」







(・・;)







世界とは現実的ではない
想念の種族を抱え その気分をよくすることで 
夢にまばゆいイメージを発させることで 構築されました

でも今の世界は 想念の種族にとって

あれをするな これをするなの 
がんじがらめのルールや 

養うどころか
税金払え払え 差押えのオンパレードで



むしろ
夢の領域で
ばばっちい領域
もしくはいじめっ子だらけの地獄のようなイメージになってきはじめてるんです


実際それは
アニメや 漫画を見ると
現代社会のバトルロワイヤルや 大都会の廃墟像を見ると
一目瞭然だと想います 


小犬達がたちはじめてから 
世界の夢はおわりはじめていたんです 」







(・・;)







黄泉の国とは
想念の種族と
真に現実を求める種族を分断したところからはじまりました




情報を塞ぐことで
現実を求めてた種族に
想念の種族の用い方を隠してしまった


それにより
現実のつけかえがたやすく行われ
妬みの犬族達に現実がもたらされるようになりました


黄泉は読みでも 想念の読み


価値ある物を価値ないと想わされ
価値ない物を価値あると想わせる

それが世界の成り立ちでした








(・・;)






みるくは想います


意志を発した時
あめ(夢)を大きく持ってる時こそ 
気をつけてください

その意志を発して
誰かが集まってきたとして


その誰かが
自分のあめを一見邪魔する存在に感じたとしても




実はそれは用い方をただ吸われてるだけで
用い方によって自分の意志を叶えるツールになったりもするのです



だから
意志を発した時
何が起こっても
何があらわれても 自分を信じてください



くまちゃんが昨日から派遣してますが


きっと今の時期
派遣することに
何かの意味があるんでしょう


あらちゃんが 言ってました


あいつ(くまちゃん)はわかっていない

神話も 伝説も 歴史も 野良神から生まれるんだ 

新しい時代は 野良神からうまれるんだ 」  

野良神とは 今でいう 底辺の負け組なんです  」(みるくちゃんのことば)





P7290016_R.jpg













2016-05-12 : ねこねこのはなし :





転載終了



Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ