2016-05-22 怒りが渦巻いてる (幻の桜 地球を救うブログさんより)

幻の桜 地球を救うブログさん情報です







それはね
弱者に弱者を 叩かせる為よ

わざと弱者をいじめさせるようなニュースを流して

弱者同士でたたきあいをさせて
そこに怒りをぶつけさせようとしているの 

弱者同士を争わせれば
誘導させた者達は 
弱者のかわいそうな気を剥ぎとれる

それを意図的にやってるの

雰囲気で動く人達は 
雰囲気に動かされやすいから

悪い雰囲気がつくような書き方をさせて
そこを攻撃させるようとする 

これが今の権力者達のお祓い 」(女性のことば)








人々の胸に渦巻いている
怒り や 憎しみ

それは 
植物から発されている

植物は
この数十年 数百年間

人で言えば
感覚が鈍らされているような状態の時だった

その時
切り倒され いじめられ続けた

鈍らされている時は
気づきづらかったけど

天体緩衝の増幅期

宇宙からたくさんのエネルギーが降って
たくさんの植物が状況を理解しはじめた 

たくさんの植物が切り倒され
いじめのような草刈りをされ続け

規格化された牢獄のような公園の状態を理解して

そして誰がそれを行わせているのかを
理解しはじめだした

そして
植物の怒りがはじまった 

その怒りは動物に感染し
大地から
人の足から 
人体にも感染しはじめている

その怒りが
胸にまで到来しているの

そして
その怒りが
意識に上った時

人は現実的にさまざまな理由で
そして現実的な行動として
植物を切り倒させてる仕組みの者達に
その怒りを向かわせるでしょう

世界的に
暴動が頻発するようになる

公務員や官僚たちは
それをしていたというだけで
攻撃されるようになり
国の仕組みは突然終わりを告げる  」(聞こえてきた声の言葉)







追伸




土地とつながりある者がいない限り
土地は維持することはできない 」









2016-05-22 怒りが渦巻いてる (幻の桜 地球を救うブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1908.html

転載開始








こないだ
ネットでくまちゃんが
あるニュースを見つけてきました







それは
ある飲食店を経営してる女性が九州にいて




その女性は
ねこ達を保護するためにお店で儲かったお金で
20年ぐらい 
ねこの保護施設を作っていたのですが




10年ぐらい前から経営に苦しむようになり
ねこたちの世話をするのも大変になり
しかも家賃滞納で保護施設自体が追いだされるかもしれない可能性もあるというような
ニュースでした
(・・;)







ちなみに
そのニュースを書いてた某メディア(朝日新聞?)は
ねこ達を多数保護してるこの女性を
これは 過剰多頭飼育で虐待
行政で介入すべきと断じていました






その事について
くまちゃんが
どうなんだろうね? 
と聞いてきたのですが 
( ― ―)ノシ?  (・・;)






MAHAOは
このニュースを見て
逆に この女性をかわいそうだと感じました




何故なら
この女性は何も悪いことをしていません




むしろやさしい気持ちから
ねこ達を保護し続けていたのは 
その行動を見ても明らか


新聞が
その活動をたすけるならともかく
虐待とか 
行政で規制しろ
と書いてる時点で
良心を逆に疑いました






もちろんどんな思考を持つのも自由です
\(-o-)





ただ
それは個人的な書き込みや
酔っ払いのおじさんが居酒屋で話してる場合であって



このニュースは多くの人に影響を与える報道で
報道はその仕方によって
いじめになることを理解してないのかな?
とも想いました



現にこの記事を見たネット上の読者の反応の多くは
この女性に対するバッシングの嵐でした






なんで
こんなに経済的にも苦しんでいて
ねこ達を保護してる女性を叩くんだろう?






税金を無理やり収奪したり
そのお金で天下りをしたり
株式市場に垂れ流してる人達

もしくは安い給与で人々を労働させ
酷使してるような人達



そんな人達にこそ
批判を向けるべきなのに



一体
この記者さんは 
どうしてこんな記事の書き方をしたんだろう?






そう想って
記事をじーーー―っと眺めていると
(・・;)ジーーーーーー



やさしい女性の声が
どこからともなく聞こえてきました







それはね
弱者に弱者を 叩かせる為よ

わざと弱者をいじめさせるようなニュースを流して


弱者同士でたたきあいをさせて
そこに怒りをぶつけさせようとしているの 


弱者同士を争わせれば
誘導させた者達は 
弱者のかわいそうな気を剥ぎとれる

 

それを意図的にやってるの


雰囲気で動く人達は 
雰囲気に動かされやすいから


悪い雰囲気がつくような書き方をさせて
そこを攻撃させるようとする 

これが今の権力者達のお祓い 」(女性のことば)







弱者から気を剥ぎとる為に

弱者いじめのニュースを発し 
弱者に弱者を叩かせようと
さまざまなニュースが発せられている





その女性は
MAHAOにそんなことを教えてくれました
(・・;)!







そして
その教えてもらった事を
くまちゃんにも伝えたら
くまちゃんは
何故か 急に怒りだし 
掲示板に何かを書きはじめました
バチバチコン((m(▼  ▼)=3 (・・;)・ 





でも想いました


もしもさっきのやさしい女性が言うように



世のメディアや
権力者が
「 
弱者に弱者を叩かせる為の記事
弱者いじめをさせる記事 」
を発させてるならば
世のメディアの終わりは 逆に早まるんじゃないかな?っと
(・・;) 





何故なら
昔の仕組みは 
表面的にやさしいふりをしながら
意識で気づかないように 
引き落とすから
仕組みを維持できてたわけです




でも
こんなにあからさまに
やさしい人達に
バッシングを仕掛けるような記事を書いたら



世のことに疎い
MAHAOですらも
ちょっとおかしいのでは?
という疑念をつい持ってしまいます
(・・;)





おそらく
昔の新聞記者さんなら
言葉で絶賛しながら

写真の並べ方で ほんのささやかに悪いイメージをつけていたのでしょう


そう言う術を無意識的に駆使していたのでしょう




でも
おそらく最近のメディアからは
そういう術の能力も抜けてきたんだなっと感じました









そして 
最近 
街を歩いていてこんなことを感じました




怒りが渦巻いている







特に
食料品のお買い物をしてる時
レジのところで
怒りの想念が渦巻いてるのが見えました
(・・;)!






その怒りは
みんなの意識にはまだ登ってないけれど
もう人々の胸のあたりところまでに 
その怒りの念は渦巻いていて




それが何かの拍子に
爆発したりするようでした


こないだ見たのは
お釣りをちょっと間違えただけの店員さんに
レジで ものすごい怒りを発していたおじさんがいました


でも怒っていたおじさんを見て想いました



おじさんが怒っていたのは
お釣りを間違えたことで怒っていたわけではなく


ずっと
得体のしれない
理由のわからない怒りがものすごく渦巻いていて



それがちょっとした拍子に
雰囲気の悪い人や 
間違いをした人に
怒りを向かわせてるようでした





私は
人々の胸に渦巻いてる怒りの原因が
なんなのか?
じ―――っと見つめてみました
ジーーーーー(・・;)





すると
今度は物静かな声で
こんな声が聞こえました





人々の胸に渦巻いている
怒り や 憎しみ



それは 
植物から発されている


植物は
この数十年 数百年間



人で言えば
感覚が鈍らされているような状態の時だった


その時
切り倒され いじめられ続けた


鈍らされている時は
気づきづらかったけど


天体緩衝の増幅期

宇宙からたくさんのエネルギーが降って
たくさんの植物が状況を理解しはじめた 



たくさんの植物が切り倒され
いじめのような草刈りをされ続け

規格化された牢獄のような公園の状態を理解して

そして誰がそれを行わせているのかを
理解しはじめだした


そして
植物の怒りがはじまった 


その怒りは動物に感染し
大地から
人の足から 
人体にも感染しはじめている



その怒りが
胸にまで到来しているの


そして
その怒りが
意識に上った時



人は現実的にさまざまな理由で
そして現実的な行動として
植物を切り倒させてる仕組みの者達に
その怒りを向かわせるでしょう




世界的に
暴動が頻発するようになる


公務員や官僚たちは
それをしていたというだけで
攻撃されるようになり
国の仕組みは突然終わりを告げる  」(聞こえてきた声の言葉)







その声は
今まで物静かだった
日本のような地でも




ある日を境に
怒りの暴動が頻発しはじめると
言ってました




人が本当に追いつめられると
本当は誰が一番悪かったのか わかりはじめる





怒りが
意識に届いた瞬間


「 何でこんな安い給与で働かされなきゃいけないんだ 」
「 なんでこんなに口うるさく ガミガミルールに縛られなきゃいけないんだ 」

「 お金に困ってるのに 何で税金を払わなければいけないんだ 」
「 あいつら(公務員 政治家)の方が儲かってるのに どうして? 」




こう想うようになり
怒りが解消されないと




人はその怒りを
現実を収奪をしている存在に向かわせます






だからこそ
今の座にいる小犬達は

怒りの矛先を曲げようとする為に
弱者に弱者を叩かせる記事を書かせてるんだなと想いました






でも
貧乏な人同士を争わせても
貧しくなるだけ 

飢餓感はより増幅して 

そして
体感もより敏感になり

本当に悪いのが誰かより気づくようになるでしょう



おそらく
弱者へのお祓いができなくなれば




支配層たちは
最初
セレブ自慢 ゴージャスに暮らしていた
芸能人や芸能関係者を楯にするでしょう 






その後 
著名な財界人や官僚たち
電通などの企業を 
順に楯にしていくのかもしれないと想いました






ちなみに
先ほど弱者同士を攻撃させる為の記事と聞いた
くまちゃんは掲示板にこう書いていました
パチパチコン((m(▼  ▼)  (・・;)





「 
弱者に弱者を攻撃させる
アベノミクスのような風潮がなくなれば
ねこも人も もっと自由に自然に生きれるようになる 」(くまちゃんのことば)











追伸








あめ(夢)を見ました





それは
未来のあめで


そのあめでは
国や 世界の支配層は 
土地を管理維持できなくなり


体制が
寝なし草のように崩壊していくのが
見えました






土地は覚醒をしはじめていました



それは天体緩衝によるもののようでした





土地の想念は
土地とつながりものあるものが 
その土地に住んでいないことを
気づきはじめていて 


それどころか
土地とつながりのある者達が
現実を奪われてることを知りはじめていました




それで
次々と植物を動かし
人々の意識を変えて




世界という仕組みを
あっという間に人々の意識から
駆逐していきました 



そのあめを見て想いました 




本来
土地と人は惹きあって
土地とつながりのある
土地の想念をのせられる人が 土地の想いを聞き
それをみんなに伝えながら

人は土地に暮らしていた






でもいつしか
土地の想念をのせる人の代わりに
土地の想いをくまない者達が
人々を操縦するようになり  



その結果起こったのが
土地の所有制
奴隷制 


人は
土地や住むところを得る為に
無理やり 働かされるようになり



それは
後に荘園制度やさまざまな領主制度を生み



それが現代では
ダムのような自然破壊の公共事業のように
人々に
土地の想いを踏みにじることまでさせていました





世界の支配層たちは
土地の想念が覚醒する
大きな天体緩衝のタイミングだけ



土地の想念を宿す者を表に立てたり
その者達にキーとなる土地を所有させてるようでした

その前後数年間だけ
現実をのせて 
土地の想念の目をごまかしてきたようでした



そして天体緩衝が終わると
すぐに座から引きづりおろし
再び奴隷として使役して
それをずっと繰り返していました 




でも此度の緩衝では
土地の想念を宿る者ではなく
土地の想念を宿す人達をいじめた人達が
すり替わって座につきました





そして
天体緩衝の大きなエネルギーが降り注ぎはじめ 
地球上のさまざまな土地の想念は
想念を宿す者が土地にいないこと

彼らにすり代わった者達が
土地を踏みにじっていることを
気づきはじめているようでした 




こんな言葉が聞こえてきました



土地とつながりある者がいない限り
土地は維持することはできない 」




土地はその土地に居ついて
土地の想いに響いてくれる人にいて欲しがっている



たくさんの土地を所有しても
その土地に住まず
逆に
その土地の自然をふみにじったりする者に対しては
徹底的に排除する




小犬は
土地に愛されていないからこそ
室内じゃないと生きれず 


小犬が
自然を破壊させてるのも
土地の気がきつすぎるからというのもわかりました




そして
そんな小犬達に 
大犬達はすがっていました



破壊の時期が過ぎても 
様子がおかしいのは 
まだのせ足りないから
満足してないからとおもって


小犬達の多くを土地とつながりのある物とおもって
土地の怒りを鎮めようとしていたのです





でも
土地とのつながりのある人が
その土地に戻らない限り



土地の想いを汲む者が 土地に戻らない限り




土地の怒りはおさまることはないと想いました


地震や災害もそれで続いてるんだなと感じました





P4050004_R.jpg








2016-05-22 : 猫予言 :





転載終了



Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ