2016-07-09 何かをしたいと想っていると どうすればいいかが やがて見えてくる (幻の桜 地球を救うブログさんより)

幻の桜 地球を救うブログさん情報です







☆うみねこ やまねこ インターネットは竜宮城☆

かたりて あらちゃん






ねこの森はうみねこチーム

海が近いからね

お金持ちさん スターさん いらっしゃーいって感じ

いわゆる まねきねこ 」





このように みんなでみんなを楽しませるのが うみねこチーム

でもね やまねこちーむはね シュンとして キリッとして おうちがあって お仕事してる人の家にいる 

ちょっとお高く止まってる感じ 」






人でもインターネットチームと 大型メディアチームが戦いあい

個人商店と 大型チェーン店が 集合的に戦ってる 

貧乏な人達と 権力者も戦ってる

それと似た感じ

ねこも うみねこチームと やまねこチームで 戦いあってる

戦いっていっても ねこたちの戦いは 人の感覚だと ゲームあそびしてるようなものなんだけどね 」





もうちょっとわかりやすくお話するね

テレビって流れるだけで 見る人 とても多いでしょ?

簡単に 100万人 200万人 時に1000万人以上の目に触れる

家にテレビがなくても 定食屋さんや 街のディスプレイ 病院やホテルみたいな 大型公共施設で流れていたりするから 影響力絶大

そこに出れるという事は それだけ力がある それだけのバックがついてるって事 」



そしてインターネット

インターネットは 人気サイトでも ほとんどが数万アクセス 数十万アクセス

でも パーセンテージでいえばそれぐらいアクセスがあるサイトは少ない

でもテレビと違うところは 一方的ではなく 見たい人が集まってそれを見てるという点

見たくなければ 別なサイトを見ればいいだけ

テレビと違って無数に選択肢はある

見たい人だけが見ていく

出版でいえば 同人誌に近いスタイル
 」





この二つのチームの戦いはね

元は海と山
地球上の海と大地の動きが投影されてできてるんだ

山と海が
お互いに緩衝しあい
混ざりながら
陸と海 
どっちの領域が広がるかをしている

そして
海に呑みこまれた山が
新たな海チームになったり

山を呑みこんだ海チームが
新たな山チームになったりして  

地球上で
強者と弱者は入れ替わりながら
でも陸と海は
ずっと緩衝しあっている 

その海と山の緩衝を受けて

二つのチームの戦いあいは
どの生物にもできてる

海千山千のことばが生まれたように

混沌とした多数の集合体と 
力を一極に集めた集合体は
ずっと昔からしのぎを削って
切磋琢磨しあっていたんだ

 」(あらちゃんのことば)











2016-07-09 何かをしたいと想っていると どうすればいいかが やがて見えてくる (幻の桜 地球を救うブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1922.html

転載開始












さてねこねこの話

今日はあらちゃんが
インターネットに纏わる
こんなお話をしてくれました
(>ω<)/








☆うみねこ やまねこ インターネットは竜宮城☆




かたりて あらちゃん









にゃんにゃんちゃん(ねこ達)にも

うみねこチーム
やまねこチームがいる 」









(・・;)








ねこの森はうみねこチーム

海が近いからね


お金持ちさん 
スターさん いらっしゃーいって感じ

いわゆる
まねきねこ 」







(・・;)










ねこの森の龍宮城は
色とりどりのねこが
みなさんを楽しませる


木を登って見せたり

ものすごい勢いでかけよって
がぶがぶごはんを食べたり 

漁師さんを見て
すりすりぐりぐり
「 
おさかなちょーだい~♪ 」
おねだりしたりする 」








(・・;)








新しいピカピカの別荘ができると
みんなで偵察に行ったりする

時には
2階や屋上まで登って
くまなくチェック

ここには

こう言う人が来るみたい
こういう家族がいるみたい 」



この前あそこの家
奥さんと違う きれいなおねえさん連れてきてた 」


細かく細かく観察する 」








(・・;)








このように
みんなでみんなを楽しませるのが
うみねこチーム



でもね

やまねこちーむはね

シュンとして キリッとして
おうちがあって 
お仕事してる人の家にいる 


ちょっとお高く止まってる感じ 」









(・・;)







「 うみねこのみなさーん♪
楽しそうですね~♪

お元気そうで何よりで~す♪

こんどまぐろ缶でもおすそわけしましょうか? 」


丘の上から
二階のベランダから
そう 語りかけてくる



でも
いつかあなたは
ここまで登ってこれるかしら? 」

こんな感じで言われる 」







(・・;)・










うみねこチームを 
人に例えると
チームインターネット









チームインターネット?
(・・;)









人でもインターネットチームと
大型メディアチームが戦いあい


個人商店と 
大型チェーン店が
集合的に戦ってる 


貧乏な人達と 
権力者も戦ってる



それと似た感じ


ねこも
うみねこチームと やまねこチームで 
戦いあってる


戦いっていっても
ねこたちの戦いは
人の感覚だと
ゲームあそびしてるようなものなんだけどね 」









(・・;)








インターネットは
龍宮城の一種なんだ



現代の龍宮城


昔の龍宮城は
あそびめさんが ひとりひとりをもてなしてた



でも
これだけ文明が発達すると
人口が増加すると
ひとりひとりのもてなしでは 数が足りないんだ



だから
文明の利器で
さまざまな人をもてなすようになった

それが映画やテレビだったり

インターネットだったりする 」








(・・;)







テレビや映画メディアは巨大資本
金持ちがバックについてる 



巨大な分
力や
富が集中した一部が絶大な権限を振るえる


でもチームインターネットは
個人個人がコンテンツを作ってる


力のない個人個人
ちいさな集合体が
全世界に発信できる 



それを束ねた者が
グーグル ヤフー 
マイクロソフト アップルのように
巨大資本に匹敵する力を得たりもするけれど

でも基本は弱者の集合体
それがチームインターネット  」







(・・;)









もうちょっとわかりやすくお話するね


テレビって流れるだけで
見る人
とても多いでしょ?


簡単に
100万人 200万人 時に1000万人以上の目に触れる

家にテレビがなくても
定食屋さんや 街のディスプレイ 
病院やホテルみたいな 大型公共施設で流れていたりするから


影響力絶大


そこに出れるという事は
それだけ力がある
それだけのバックがついてるって事 」






(・・;)









そしてインターネット

インターネットは
人気サイトでも 
ほとんどが数万アクセス 数十万アクセス

でも
パーセンテージでいえばそれぐらいアクセスがあるサイトは少ない




でもテレビと違うところは
一方的ではなく
見たい人が集まってそれを見てるという点


見たくなければ
別なサイトを見ればいいだけ

テレビと違って無数に選択肢はある


見たい人だけが見ていく

出版でいえば
同人誌に近いスタイル

 」









(・・;)









このブログだって
毎日の
アクセス数は数えていないけど

おそらく数百から 
せいぜい数千レベルだと想う


だから即効的な影響力は
大手メディアほどは強くはない



でもね
ネットの強みは
見てる人が自分が選択して見てる分
臨場感と熱中度がテレビよりも高められるんだ


テレビよりも
コアなファンがそこに集まる


見てる人は少ないけれど 
コアな人が見てる分 幻影が生まれやすい


そして
コアな人達は 

逆に巨大なメディア
テレビなどに対して
臨場感や幻影を感じなくなる


この臨場感こそ
幻影を生む力であり

見てる人がはるかに多いはずの
テレビ業界の人も
ネットに呼び込む引力になっている  」






(・・;)









昔の女優さんはね
ブログなんか絶対にやらなかったし
掲示板の意見もそれほど目にしなかった

自分が書いてある雑誌だってそんなに読んだりしなかった



高みの上から
一方的に発信する立場だったから


それぐらいの自我があったから


でもね
最近の女優さんや
表の座の人は 
顔色を気にする人が多くなったのもあるけど 


ネットの
ほんの小さな集まりでも


自分よりも
注目されている人がいる

自分よりも熱心に反応されてる人がいる 」

と想うと
それが気になっちゃうみたい 



大多数の人が知らなくても
有名な自分よりも
何かに熱中してる渦を見ると
すごくすごくそれが気になって
それで見ざるを得なくなっていくみたい 」






(・・;)










そうして
ネットの引力に巻き込まれて
昔は決してやらなかったような 
多くの女優さん
多くのスターさん
そして財界人 政治家も

自分で
ブログしたり ツイッターしたり
もしくは直接書かなくても 
毎日ネットの評判を気にしたり 
見たりしてる


そして
彼らがそれをやりだすと
テレビで彼らを見てる 無数の人の想念にも緩衝を与えていって
みんながテレビよりもネットをやりはじめるようになる  


これがメディアにおける
二つのチームのしのぎあいなんだ 








(・・;)








それでほら 

高みにいる有名人がブログをやりだすと
コアなファンを集めてる一般人ブロガーよりも
はるかに高収入を得られたりするでしょ?

でもそれも
大きな戦いの一つでね 

あれはね
インターネット龍宮城のおもてなしのひとつなんだ 」








おもてなし?
(・・;)











だって
ちょっと商品の事を書いてくれたら
それで数十万数百万もらえるんだよ

そしたら
テレビ業界の有名人達は
こぞってネットに参入しようとするでしょ?


でもそうするとね 
テレビから
ネットに発言権が移っていくの


だってテレビ陣営のエネルギーが
ネット陣営に投入されてるわけだから



いつの間にかネット側が
テレビ陣営のスポンサーになってるから


それで
インターネットと言う
人に置ける 海チームが強くなって
ネット世論が力を増していったの 」









(・・;)







今はネットとテレビで
そういう戦いあいになっている 



でも
昔からこう言う戦いあいは
人社会で起っていた


野良神とスターが戦いあったり
もっと昔は
猟師族と農耕族が戦いあったりした 


その内テレビがなくなると
また別な存在ができて



海チーム
山チームの戦いが起こるのかもしれない

 」








(・・;)








この二つのチームの戦いはね


元は海と山
地球上の海と大地の動きが投影されてできてるんだ


山と海が
お互いに緩衝しあい
混ざりながら
陸と海 
どっちの領域が広がるかをしている


そして
海に呑みこまれた山が
新たな海チームになったり



山を呑みこんだ海チームが
新たな山チームになったりして  


地球上で
強者と弱者は入れ替わりながら
でも陸と海は
ずっと緩衝しあっている 


その海と山の緩衝を受けて

二つのチームの戦いあいは
どの生物にもできてる

海千山千のことばが生まれたように

混沌とした多数の集合体と 
力を一極に集めた集合体は
ずっと昔からしのぎを削って
切磋琢磨しあっていたんだ


 」(あらちゃんのことば)




P5070004_R.jpg










ちなみにね
海にも山にもならないタイプの存在もいる


中間地点にい続けて
どっちにも呑みこまれない

でもそれには
強靭な意志が必要なんだけど


でも
そこが一番操縦権があったりする 


それになるにはね
海性質の巫女と 山性質の巫女
相反する二人の巫女を抱える必要があるんだ




昔はね

構築者が
そのポジションにいたことが多かったんだけど



それが
いつのまにか取って代われれて 
人の社会では
おおおばばや
おおおばばのいる旧家のような存在がそれになっていた 

 
目立たなくて
古びてて 表の座にもついてないけど
ふたりの巫女を抱えていて


そういう存在は
今も
巨大資本に対しても庶民に対してもある程度の発言権があって
たくさんの人を動かせたりもした 



でももしも自分がね

動かされる側ではなく
動かす側になりたいのなら


海にも山にも巻き込まれない
両方を動かせるポジションにつきたいのなら
海性質の巫女と 山性質の巫女
そのふたりの巫女を抱える必要があるんだ 


今の犬巫女じゃない
犬巫女たちが隠して追いだしていた
本物の海性質の巫女と 
山性質の巫女



ふたりの巫女を見抜いて
抱えないと 
そのポジションにはつけないんだ


だって
想念を集める者と
現実を集める者は
その目線もタイミングも違うから



片方だけでは
現実に目が向いてる間 想念が手薄になって
想念に目が向いてる間 現実が手薄になるから





この地球上の現実が
海と山でできているように


そこで 
力を持ったり 座を維持するには
ふたりの相反する性質が必




古代から 
山と海のエネルギー緩衝を知ってた者は
ふたりの相反する性質の巫女を抱えていた



そして 
海の巫女と
山の巫女の好みは違う



海の好みが違うように
山の好みが違うように





何かをしたいと想っていれば 
どうすればいいのか
やがて見えてくる

 」(あらちゃんのことば)




2016-07-09 : ねこねこのはなし :





転載終了



Comment

非公開コメント

| 2017.05 |
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ