避難地で風呂を作る方法

2012.07.12 21:59|太陽(ミロク)原理
避難地で風呂を作る方法


夢見るマダムさんのメールです。

2002年10月7日追記があります。


夢見るマダムさんのメール


千成さん、太陽様、いつもご苦労様です。

ちょっと!これは・・・!

と思う物を発見しましたので、連絡しました。

すでに、知っておられたのなら、 スミマセン(*^^*)

避難道具の事です。

ソーラー庭園灯と言う物があります。

これは、太陽エネルギーを昼間に貯蔵して、 夜照らすのですが、これなら、電池が要りません。

土にさし込み式のと、置くだけのとあります。

値段は安い所で1280円ぐらいだそうです。

近所にそれを大きめのプランターに 刺してあるのを見ましたが、夜結構明るかったですよ?!

どうでしょう?!

ニッセンのカタログにも載っていますが、 さし込み式ので、ひとつ1980円、

5点セットで9900円(最長7時間点灯)

置いて使う方は一つ3980、 5点で19900円です(最長8時間点灯)

どちらも、自動点灯、配線不要。

高さは約50cm~70cm。

電源はソラーパネル式蓄電池です。

どうでしょう?

使えそうでしょうか?


千成の返事

わたしはそれを半年ぐらい前に買いました。

電池が要らないなんて最高ですよね。

ひとつだけ問題があるなあ、と考えていました。

避難場所が木の下だと、昼間充電できないのです。

太陽が当たらないからです。

でもそれは移動可能ですから、昼間はそれを 太陽の当たるところへ移動させてお日様に当てて おけばいいですよね。

大勢で避難して、他から襲ってくる心配が無いところ でしたら、夜少しでも明かりがあるとトイレにも行き易いと 思います。

夢見るマダムさんとわたしは目のつけ所が同じですね。


太陽の返事

良いところに着目されたようですね。

避難生活で困るのは 風呂の問題です。

0.

基本的には 江戸時代の生活にもどして、 濡れタオルで身体を拭くだけになります。

1.

風呂を作りたい場合は穴や窪地にブル-シ-トを敷いて水が 漏れないようにします。

そして、ほかのところでたき火をして石を焼きます。

この石をブル-シ-トの風呂に投げ込み水を温めます。

焼けた石で、ブル-シ-トを溶かさないように底には小石などを 敷いておきます。

楽しい露天風呂のでき上がりですが、 寒いときにはブル-シ-トの屋根をつけるの も良いと思います。

2.
すこし余裕がありましたら、サウナをつくりましょう。

作り方はブル-シ-トを2つに折りますと、 5m*5mのものですと2.5m*5mになりま す。

それを、四角形に折り畳みますと、

1.25*1.25m*2.5m

の四角い筒ができます。

ブル-シ-トの片側には紐を取り付けるための補強の穴がありますので、 対称の穴を紐で結びます。

こうすると、片側が閉じられた様になります。

それを、菓子箱を包む要領で、四角に折り畳みます。

そして、折り畳むと、三角形ができますので、これも紐などで繋ぎます。

これで、紐取り付け穴のある片方が完全塞がれて

1.25*1.25m*1.85mの箱になります。

その箱の取り付け穴のほうに長めの横紐を通します。
(不安定でしたら補強の枝などをつけてください)

そうして、この紐のほうを適当な木々の間に結んでいきますと、 四角い1.25*1.25m高さ1.85mの部屋ができます。

当然、下は隙間のない位の高さにしてください。

そこで、持参したバーベキュウセットを部屋の中に持ち込んで、 カセットコンロで石を焼いてください。

これは

「鉄の鍋の中に卵大のより小さめの石ころをいれて、その鉄の鍋を カセットコンロで板から熱する」

という意味です。

そうすると、手頃な時間になると部屋の中は暖かくなりますので、 カセットコンロの火を止めて、裸になり入室します。

後は中で、鉄板の上に置いた小石に水を掛けて蒸気を 作りサウナ風呂とします。

寒くて我慢ができないときなどは芯から暖まることと思いますが、 火傷をしないように注意してください。

また、バベ-キュウセットなどが無い場合、 たき火で石を焼いても良いです。

たくさんの方がいるときなどは部屋のブル-シ-トに ダンボ-ルなどを折り畳むときに入れて断熱効果を 高めていると省エネになります。

3.
一枚のブル-シ-トで作るお風呂あれこれでした。

それでは楽しいアウトドア-のお風呂をお楽しみください。

---------------------------------------------------------------------------------------

過去のメールです。

避難地での風呂の製作方法を、太陽(ミロク)さんが書かれています。

最悪の場合は、川原で川の水を溜めて、そこに焼いた石を入れる方法も有ります。

後は石鹸をお忘れなく。

もし石鹸が無くても、身体の表面の汗や汚れは落ちると思います。

風呂に入るだけでも落ち着きますし、疲れも取れますので冷静な判断や、生きる意欲も復活します。


Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ