2016-09-30 しーちゃんよ (幻の桜 地球を救うブログさんより)

幻の桜 地球を救うブログさん情報です






「 
ねこの森のねこは心臓が弱い子が多い

心臓が弱い存在は 人の心に華やかな幻影を見せやすかったりする

静かな鼓動より 大きな鼓動のバクバクの方が 視覚イメージを華やかに見せる

ちょっとしたごはんでも ものすごくファンタジーな情景に見える 」




古代以前

ヤマトタケルは心臓の弱い人を利用して 夢の技法を巧みにこなした

心臓弱い者達が生みだした幻影を操ることで現実を手にした

夢の中に見せる幻影 心の奥に見せる幻影には 多くの者が意識で気づかぬうちに 行動を動かされる

幻影を夢で見せれば 凶悪で残忍無比な男が さわやかなで弱弱しいか弱い女性の如き雰囲気を纏える

心の中に見せる幻影がそれだからこそ 残酷な政治家でも 多くの者が支持をする

意識ではその存在を嫌がっても 無意識にそのような幻影を見せられてると 人の多くは行動を動かされる 」




細かく気が見えて 気が動かせるのは弱いから 」(ベビーふっつ-の言葉)





 


2016-09-30 しーちゃんよ (幻の桜 地球を救うブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1946.html

転載開始









今から3年前の雨の日のことでした 

ねこの森でごはん配りをしていた時に
一匹のこねこちゃんの鳴き声を聞きつけました


みーみー
みーみー



か細く鳴くその声はとても切なげで
でも雨の森に響き渡る声でした



声の主を探そうと
草むらをかきわけたところ


草むらの中から
一匹の白いこねこちゃんが
姿を現しました
(・・;)!


201609302110202ca.jpg






すぐに警戒して
草の中に逃げ込んでしまっていたのですが



お腹がすいていたのか 
持っていた鰯の煮ものを配ったところ
またがつがつと草むらの間から顔を出し
食べはじめました




周囲には親猫がいなくて
冷たい雨の中
みーみー
か細く寂しそうに泣いています





周辺には親がいない
仲間のねこもいなさそう





もしかすると
このまま雨の中放置すると
死んでしまうかもしれない



そう想って
草むらをかき分けて逃げまどう白ねこちゃんを追いかけ
なんとか
保護することができました
(・・;)ホッ 




2016093021102424d.jpg






その子ねこがしーちゃんでした


しーちゃんは毛こそ長毛ではない物の
顔つきはCOCOや
べビーふっつ―を彷彿とさせるねこちゃんでした






そして
その しーちゃんが 
昨日9月29日の朝
息を引き取りました







しーちゃんは
10日近く前の
9月20日頃から
少しづつ食欲を無くしていきました 






最初
水とポカリスエットを混ぜた物を口から飲ませていたのですが
激しい下痢が続き 
治らなかったので





いつもの動物病院と違う
畑沢の動物病院で診察をしてもらいました


レントゲンと血液検査の結果
肺炎の症状とのことでした





そしてレントゲン写真で見つかったのですが
しーちゃんには
その肺炎の症状とは関係ないのですが

先天的に心臓に疾患があることも見つかりました
(・・;)!


P9280041_R_20160930211017283.jpg






お薬をもらって 
二回ほどその病院に通院していたのですが
あまりよくなる気配は感じませんでした





2回目に 
病院に行った後の
9月25日の夜の事




しーちゃんと添い寝して
体に触れていると
しーちゃんの鼓動がどくどく
弱っていくのを感じました


体の気がどこかに抜かれ
運ばれている感じがしました 


時刻はまもなく
9月26日になる直前でした



26日は
年月は違うのですが




ベビーふっつーが突然息を引き取った日付です
ベビーふっつ-は
2013年1月26日に息を引き取りました 


そして
9月29日の3日前


9月29日は
くまちゃんのお父様の命日にあたります





もしかすると
くまちゃんや私たちにポイポイしてた人が 
日付と
時を合わせて
しーちゃんから気を抜いてるのかも



今までのねこちゃん達も
月食や選挙の時期に合わせて
具合を悪くしたことが多かったので


今回もそのような手口かもしれない
と想いました



どうしよう


このままではしーちゃんは
9月26日になった瞬間
死んでしまうかも



そんなの嫌だ! 


そう想ったとたん
咄嗟に
こう言う言葉を声に出しました


「 
うわああああああああん

しーちゃんが死んでしまった!

しーちゃんが息を引き取ってしまった!

うわああああああああああん 」


そのことばを発した瞬間です

何かの想念が
しーちゃんから離れていくのを感じました
*~∧∧ (・・;)



その想念が離れた後 
急にしーちゃんの生気が戻ってきて
しーちゃんの鼓動も安定してきはじめました



もしかすると
しーちゃんが本当に死んだと想って
呪の想念が離れたのかも・・



なので
そのまま
しーちゃんが死んだ といい続けました



そしてしーちゃんに対して
「 こくまちゃん 」という名前で当分
呼ぶことにしました



別なねこの名前で呼べば
想念が錯覚してしーちゃんは攻撃されないかもしれない

そういう想いでした 




でも
しーちゃんは弱りながらも 
こくまちゃんと呼ばれたことを怒っていました





しーちゃんは
こくまじゃないわ

しーちゃんは しーちゃんよ 」(しーちゃんのことば)


P1010005_R_201609302109539bb.jpg






ただ何度も
こくまちゃんと呼ぶと
吸引してた想念が離れていく気配を感じたので


しーちゃんには悪かったのですが
そのまま
こくまちゃんと呼び続けました





その夜
ねこの森のごはん配りの時間


しーちゃんの容態は少し安定したのですが


何かあるといけないので
湯たんぽでしーちゃんの体を温めながら
湯たんぽごとしーちゃんをねこの森に連れて行きました




よく
ねこたちにごはんをあげている
お稲荷様の前でしーちゃんの病状治癒をお祈りしました



鳥居の中の祠で
お祈りするのは
7年ぶり近くのことです


 

ねこの森の入り口近くで
しーちゃんと同じ種族とおぼしき
白い猫ちゃん達の一族を発見しました



しーちゃんは 
その白い猫ちゃんの一匹と
目と目が合って何かが通じあって
なんだか喜んでた気がします 



翌日
君津の方にある
いつも猫を連れて行ってる動物病院に連れていきました 




当初
その病院では
「 
かなり衰弱していますね

今夜が山かもしれません 」と言われたのですが
点滴と抗生剤を投与してもらい



その後
昼間のねこの森とちくさあの海をしーちゃんに見せたところ
だんだんと
しーちゃんの具合がよくなっていくのを感じました


でも
昼間
見て 気づきました


選挙と政治家のポスターが
やたら貼ってあるのです



どうやら
おおきな国政選挙はなくなっているのですが
ちょうど
ちくさあの家や
ねこの森のある富津市で市長選挙が行われていた様子で


私はそれを見て
もしかすると 
しーちゃんが突然具合が悪くなったのは
これの緩衝もあるのかもしれないと想いました




選挙の時は
いつもねこたちが具合を悪くすることが多いのです 



選挙なんてなければいいのに


そう想いました




君津の病院には
3日続けていきました


体温は少しづつ平常値に戻り
血液検査の結果も
ほぼ問題がない位改善しました
(・・;)ホッ



食欲はなかったので
強制給餌はしてもらったのですが


28日には
お医者様の方から

明日は鼻から管を通して
家で給餌を行う治療法に変えましょう 」と
言われました





その後
しーちゃんと
ねこの森に行きました


しーちゃんは
その日も同族の白いねこちゃんに会いたがっていたのですが
ねこの森のねこは
昼間
姿を見せることは少ないです



なのでその日も
顔を見せることはないかな?と想っていたのですが



ところが
その日
魚屋さんの前で
しーちゃん族の純白のねこちゃんがいるのを見かけました


しーちゃんを抱っこして
その子と目を合わせた時
ふたたび
何かを伝えあった気がしました 






しーちゃんは
その日の夜
ヨロヨロしながらも
部屋の端から端まで
居心地の良い場所に歩くくらいは改善しました




ところが
9月29日の朝のことでした

カアカア鳴く
からすの声で起こされて 
気づいてみると


しーちゃんは 
こくまちゃんの入っているケージ前で
固くなって 弱っていました


以前具合が悪くなった時よりも
体が冷たく固くなっていました 



実は
しーちゃんが具合が悪くなってからは
こくまちゃんとなるべく触れ合わないようにさせていました

 
それというのも
うちに来た頃の
しーちゃんは
当初とても風格や雰囲気があって


後から来た
こねこちゃん達も
しーちゃんを見るとママのように想ってなつくくらいの
ゆったりした風格と気品を漂わせていたのですが



こくまちゃんが大きくなって
しーちゃんにガブガブしだすようになってから
しーちゃんは
少しづつ注射針で気を抜かれるように
気が細って痩せていったのです


代わりにこくまちゃんに風格がついて
大きくなっていきました




でもしーちゃんの気は
こくまちゃんに全部ついてるという感じはしませんでした


ガブガブしたこくまちゃんを通して 
どこか別なところに運ばれてるようなイメージが見えました



こくまちゃんにカアカア命令してた
からすさんたちを通して
さらに
からすさんがのっている電線や電信柱を通して
どこか遠いところにしーちゃんの気が運ばれているイメージが見えました



そして
こくまちゃんは
しーちゃんが弱ってからも
気を吸ってる感じがしたので



こくまちゃんにはかわいそうなのですが
こくまちゃんには
ずっとケージに入ってもらうことにしてもらって



なるべく
しーちゃんと接触させないようにしていました



それでも
度々ケージの中にいるこくまちゃんが
しーちゃんの事を呼んでいたようでした 




そんなケージの中にいるこくまちゃんの傍で 
しーちゃんは
9月29日の朝 
固くなって弱っていました



急いで
くまちゃんを起こしました
しーちゃんが具合が悪くなって
冷たくなってることを言うと



くまちゃんはすぐに湯たんぽを入れ直し
しーちゃんを抱きかかえました



すると
しーちゃんが
キュー っという悲鳴のような声をあげ
腕をつっぱらせた後
ぐったりとしました



それは今まで
ねこちゃん達が
死に瀕する直前に見せたのと同じ症状でした




香りで錯覚して攻撃する想念を避ける為 


慌ててしーちゃんにフロントラインをかけたり
心臓マッサージをしたりしたのですが



その時
しーちゃんの心臓の鼓動の音はもう止まっていました

時刻は朝6時20分頃でした


P9280040_R_201609302109564a4.jpg






私は
ものすごくショックを受けました



しーちゃんは妖精さんみたいで
いつも私の寝床に着て 
私と添い寝してくれていて



私を
姉妹のようにも想っていました

とても仲が良くて
とてもきれいなしーちゃん


死んでしまったことが信じられませんでした 


でも数時間ぐらいして
しーちゃんの体からこんな声が聞こえました




「 
なるべく早く埋めて欲しい 」



P4090312_R.jpg





その声に動かされて



私はくまちゃんと
君津にしーちゃんを埋めるプランターと土を買いに行きました



しーちゃんが大好物だったまぐろや
かつおのお刺身も買ってきました



アパートに帰ってからは
急いで麻の糸で編物をしました


3cm四方のちいさな麻の編みの敷物を編んだのですが


その編物をしーちゃんのプランターの底に入れて
その上に土をかけて


そしてしーちゃんとお刺身を入れた後
さらに上から土をかけました 

その上に白い花の咲く
くちなしの花を植えました 




埋めてから
先ほどしーちゃんが息を引き取った直後のように
しばし呆然としました 



なんだか
しーちゃんが死んだことが
まだ信じられない
信じたくない気がしました



でも
少し経ってから こう想いました




今日はそう言えば
くまちゃんのお父さんの命日だった

くまちゃんのお父さんのお墓に
行った方がいいかもしれない


ちくさあの海さんも
なんだかそう言ってる気がしたので




疲れていたくまちゃんを起こして
アクアラインでくまちゃんのお父様のお墓に向かいました





くまちゃんのお父様のお墓は
以前は巣鴨にあったのですが
何故か便の悪い川崎の方に移動されました




くまちゃんのおじいちゃんが建てたという
巣鴨のお墓は
2013年頃 くまちゃんに無断で取り壊されてしまったそうです



そんな
川崎のお墓についたのは
午後6時過ぎの事でした



辺りは
どっぷりと暗くなっていて
墓地の出入り口にはチェーンもかかっていたのですが
そのまま車を降りて
くまちゃんのパパのお墓にとぼとぼ歩いていきました




すると
くまちゃんのパパのお墓と先祖供養塔のちょうど間に
くまちゃんも今まで見たことのない 
黄色い花が咲いてるのを見つけました



その花は1m以上の高さで
お墓の中心にそびえる様に咲き誇っていて


まるで
その日に咲くのを待っていたようでした



お墓参りをして
くまちゃんの実家に少し立ち寄った後




私たちはアクアラインに乗って
木更津のアパートに戻りました




戻った時も
しーちゃんが息を引き取ったことを
まだ信じたくない気分でした




くまちゃんが
「 だいぶげっそりしたね 」というぐらい
意気消沈していました



でも
くまちゃんに
こう言われました




もしも
しーちゃんにまた戻ってきてほしいなら

MAHAOちゃんは
もっと若く 
もっときれいになった方が
しーちゃんも戻りやすくなると想うよ


だって
しーちゃんは美しかったから

しーちゃんはMAHAOちゃんを
うっとりと見ながら添い寝してたから

MAHAOちゃんがより超美人になって 
より若返って より超健康になった方が
しーちゃんも戻ってきやすいと想う 
」(くまちゃんのことば)





そんな感じの
わけの分からない励まされ方をされました
( ― ―)ノシ (・・;)




でも後で
しーちゃんについて考えた時

ふと
こう想いました



もしかすると
しーちゃんは
COCOの子供 きさらちゃんの生まれ変わりだったのかも


2016093021095160d.jpg




5年前の
きさらちゃんの写真を見ると
しーちゃんはきさらちゃんの生まれ変わりと想うぐらいそっくりな子供でした




しーちゃんは純白で
キサラちゃんの額にあった3本線はないけれど

それ以外は
キサラちゃんに瓜二つなくらい似ていました 



きさらちゃんの額の
3本線の線のエネルギーは きさらちゃんを殺した人達に奪われたのかもしれないけれど



それでも
きさらちゃんは生まれかわって 
私たちの所に着てくれたのかもしれない



三本線のきさらちゃんから
純白のしーちゃんとなって 
私たちと暮らしてくれたのかもしれない 




早くしーちゃんが生まれかわりますように
また私たちと一緒に暮らしてくれますように



P4090311_R.jpg









その夜
こんな夢を見ました




夢で
しーちゃんに呪を飛ばしてた人の影が見えました


日付とタイミングを合わせて
呪を飛ばしてた人は 
鳥族の女性のようでした


あいつを殺せば お前に一億円やる 」

夢で誰かにそれを
言われて
それをしてるようでした





「 しーちゃんを殺せ 」と
命令していた人は
もっと多くのお金をもらう約束をされていたのが見えました


その約束をさせていたのは
権力の上の座の人にもつながっているようで 



命令した人も
命令させてた人も
誰も
しーちゃんをねことは気づいていないようでした


彼らは心で 
こう想っていました
「 タイミングが乗っている赤子を殺して その気を献上する 」


夢で猫は
人の赤ちゃんの姿にも見えるようでした


そして
権力者達は
夢で
天のタイミングや
地のタイミングがのってる見つけると

「 その赤子のエネルギーを殺して剥いで持って来い 」と指令しているようでした



それがさまざまな作品で
子供達を食い物にする権力者や吸血鬼の姿に見えてるビジョンのモデルの気がしました



ただこう想いました



彼らは人の赤ん坊と想って
その気をつけたのでしょうが

でも
猫と人ではタイミングが違う


特に権力の表の座の人達に
ねこの気を運ばせると
それは国の仕組みの崩壊につながっていくはず



確かに夢で
ねこは
赤ちゃんと錯覚されやすいのかも



だからこそ
権力者達は
夢で
タイミングがのってるとおぼしき赤子を殺させて 
そのエネルギーやタイミングをのせてるつもりなんだろうけれど



でもそれが人の赤子ではなく 
ねこだったと知ったら 
彼らはどう想うのだろう?


特にしーちゃんは
先天的に心臓に疾患のあるねこちゃんだった



一体 
そのエネルギーは
権力のどの座に現象化するんだろう


そういえば心臓と言えば
ベビーふっつ-が
安倍首相を しんぞうしんぞうと呼んでいた





猫ちゃん達への呪は
東北大震災以降激しくなった気がするけど
アベノミクスがはじまってからは 
より激しくなった気がする


猫ちゃん達のエネルギーは
座の頂点の
首相にも運ばれているのかもしれない


そんな事を想いました


すると
ベビーふっつ-が
以前夢に出てきて言っていた言葉の数々を想いだしました


「 
ねこの森のねこは心臓が弱い子が多い

心臓が弱い存在は
人の心に華やかな幻影を見せやすかったりする

静かな鼓動より
大きな鼓動のバクバクの方が
視覚イメージを華やかに見せる

ちょっとしたごはんでも
ものすごくファンタジーな情景に見える 」




古代以前

ヤマトタケルは心臓の弱い人を利用して
夢の技法を巧みにこなした


心臓弱い者達が生みだした幻影を操ることで現実を手にした


夢の中に見せる幻影
心の奥に見せる幻影には
多くの者が意識で気づかぬうちに
行動を動かされる



幻影を夢で見せれば

凶悪で残忍無比な男が
さわやかなで弱弱しいか弱い女性の如き雰囲気を纏える

心の中に見せる幻影がそれだからこそ


残酷な政治家でも
多くの者が支持をする

意識ではその存在を嫌がっても


無意識にそのような幻影を見せられてると
人の多くは行動を動かされる 」


細かく気が見えて 気が動かせるのは弱いから 」(ベビーふっつ-の言葉)




それら
ベビーふっつ-の言葉を想いだした時

同時に
昔放送していたあるテレビ番組の映像も想いだしました


それは
2年ほど前
アベノミクスの選挙特集をテレビでやっていた時

街頭で ひとりのおばさんが テレビでインタビューをされて
「 アベノミクスがはじまって 食料が上がった
税金が上がった とんでもない 」
と怒りの発言をしていました



でもそのおばさんは 
テレビの人に

今回の選挙
誰に投票しましたか? 」
と聞かれた時


あたりまえのように
「 安倍さんの政党 」と答えていました




なるほど
これが夢の幻影なんだ


意識で嫌悪していても
心で別な幻影を見せられると 
無意識はそこに投票する行動をとってしまう
支持してしまう


これが夢の技法なんだと想いました




でも
しんぞうちゃんは夢の技法で現実は得たけれど
彼の無意識は
今それと逆のものにも引っかかっている




権力者達は 
夢で野良猫達をタイミングがのった赤ちゃんの子供だと想って
その気をつけてる



そして
夢でつけたエネルギーは
必ず後で具現化する



もしも権力の中枢に
いじめたねこ達のエネルギーが運ばれて
それが
日本国全体に感染しているのなら 


数年後
それは
どんな形でこの島に具現化するのだろう?

そんな感じの事を想いました







2016093021102695a.jpg








9月29日
しーちゃんが突然
息を引き取った時
私はしーちゃんに謝りました




しーちゃん
ごめんなさい


今まで
こくまちゃんと呼んでごめんなさい

でもずっとしーちゃんのことを
しーちゃんってわかってた

たすけたくてそう呼んだけど
本当はしーちゃんって 知ってたのよ 」



そう告げた時
しーちゃんは安心したような 
安堵の表情の目の色を浮かべたのが見えました





しーちゃんはあまりしゃべらないねこちゃんでした


おとなしくて
物静かで
でも 「 しーちゃんは しーちゃんよ 」
っていつも言ってました




20160930211024d91.jpg








しーちゃんは しーちゃんよ 」(しーちゃんのことば)











2016-09-30 : :





転載終了



Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ