2016-10-31 111 (幻の桜 地球を救うブログさんより)

幻の桜 地球を救うブログさん情報です







木さん かわいそう 

木さん 
こはが持ってく 

 」(こはるちゃんのことば)





たすけてあげて

このままだと
処分されちゃう

木さん生きたがってる

バラバラにされちゃう 
かわいそう
たすけて 」(こはるちゃんのことば)





これ ぼくひとりじゃ運べない
フィットじゃ絶対 載らない

それにアパートに運ぶのは絶対無理

もしこのまま持ってくなら
ちくさあの土地に持ってくしかないとおもう

とりあえず
植木屋さんを頼まないと
大きなトラックを頼まないと ダメだとおもう 

」(くまちゃんのことば)





あの観音堂のよこにある木ですよね?

とりあえず
うちの方でも4人で運ぼうとしたのですが
重くて運べず
どうしようかと
対応に苦慮してました

あの観音堂では
毎月
1日に行事があって
その時 行事を担当してくださってる方に
どうしようかお聞きしようと想っていました

もしそちらの方で
お持ちいただけるのなら
こちらの方としても助かります 」(木更津副駅長さんの言葉)





大変だったよ
あの木を植えようとしたら 
近隣の人達からたくさん文句を言われたんだ

でも大変だったのはぼくよりも
庭師さん達だよ
雨に濡れながら懸命に作業してたのに
ひどい言われ方をした

「 こんな木を持ってこられて迷惑だ 」とか
「 問題を起こしたら 承知しねえぞ 」
口々に文句を言われて

作業中も
近隣の人達に
からかわれながら
「 こうしろ 」「 ああしろ 」

顎でこき使うようなことを言われてたんだ

僕も言われたけれど
一生懸命
植えてくれた庭師さんに言われたことが
見ていてとても苦しかった


でもね

木を植えた時に
それまで降ってた
雨が止んだんだ 」(くまちゃんのことば)





かみなりかみなり

電気ぴりぴり 」(こはるちゃんのことば)





この木さんはね
発電所の電気にいじめられてたの

だから
電気怖い想ってる

だから
木さん
かみなり電気できる

人工電気怖がると
雷電気に目覚める 

こははね
雷呼ぶ木さん見分けられる 」(こはるちゃんのことば)





木さんにはね 人工電気が得意な木さんと 自然の電気が得意な木さん 両方いて そして 自然の電気の樹さんにも2種類あって 周囲の電気集める木さんと 体内電流バチバチできる木さんがいる

触るとぴりぴり違う わかる 

こはうめちゃん 体内でんき呼べた

そしたら狙われて 枯らされた

木更津の あの木さんは 雷呼べる木さん

だから 電車の所に置いてあった

昔は 木を見分けて置いてたの 

でも 今の人 よくわからないみたい 」




自然の電気はね ぴりぴりが違う

だから 自然の電気降る人に 人工電気で快楽をのせようとしたの

人工の電気を快楽に感じれば 降ってくる雷 人工電気のせた人に降ってくる

でもね 人工電気が怖いと 雷に同調して ピリピリが降ってくる 」




この木さんはね
香木みたいなの

お水をかけた時 
似た香りがした 

この木さんは
海や山さんだと
他の木さんにいい香りだと想われる

だから
他の木さんを動かせる 

111だよ

観音堂111

あの木さんの住所は111
」(こはるちゃんのことば)







2016-10-31 111 (幻の桜 地球を救うブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1954.html

転載開始








さて
数年前から
MAHAOは
ある木さんにお参りしていました





その木さんは木更津駅ロータリーにある
神社の様な祠と
駅の階段の下のカフェとの間にある木さんで



ロータリーに面しているのですが 
自販機の裏側にあって
一見めだたなくされてるような木さんでした



最初
MAHAOもその木さんの事は
気づかなかったのですが

ねこたちに

この木さんが
木更津のコードを動かしている 」と言われてから

お参りをしたり
お水をあげをしたりするようになりました 




お水あげをしていると
確かに
その木さんから
見えない枝のような物が無数にでているのを感じました
(・・;)



それは蜘蛛の巣の糸の様に
街の至るところにはりめぐされていて
街のコードを動かしているような情景も見えたりしました


そしてお参りを続けてるうちに
根元の方なのですが
龍の模様が浮いているのも気づき
(・・;)!
その事をブログで書いた事もありました



RIMG0002_R_20120516233840_201610281255461a8.jpg





http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1036.html







ところが
お参りを続けて
しばらくしてから


木さんの所に
大量の傘がやたら捨てられるようになり


その突き刺すように傘が大量に刺されている姿は
見ていてなんだかかわいそうになりました



また
自転車が数台
木さんにぶつけるように捨てられてあったり
煙草の火を押しつけられた跡があったりと
明らかにこの木さんを狙ってポイポイされてるような
痕跡をまざまざとみるようになりました


そして 
以前にもまして
その木さんの枝や葉は
全部刈り取られるようになったりされました

まるで
丸坊主刈りにされている感じでした


それを見てるうちに
MAHAOはこう感じました


もしかすると
この木さんがポイポイされてるのは
MAHAOが
お参りをしてるからかも
(・・;)







当時
MAHAOが
だいじにしていたねこちゃんや
お参りしてた土地さん木さんが
やたらと荒されたり
ポイポイされたりしていました


なので
もしかすると
この木さんも
目をつけられて
やたら攻撃されたりしたのかもしれない
と想って

それからは
あまり参拝をしないようにしていました


でも
それでも
駅に行くと
木さんの様子をそっと伺っていました



数年前
夏になっても葉が生えなかった時は
枯れてしまったのかな?
と想い
さお別れの挨拶もしたのですが






翌年
枯れたと想っていた木さんが
枝を伸ばし

上の方でまた青々とした葉っぱを茂らせていた時は
よかった
生きてたんだと想いました
(>ω<)/





でも
そんな木さんは
去年夏頃から
たくさんのツタが絡まるようになりました



そして
今年の
10月17日
木さんの傍のカフェに行った時
木さんを見ると
驚くべき光景を発見しました







PA170129_R.jpg





倒れてる


なっなんと
木さんが倒れている
\(◎o◎)/!



木さんが倒れてる
その光景を見て 
MAHAOは
ものすごくショックで
しばし
そこに呆然としていました 


PA170128_R.jpg






もしかして
先日
風の強い日に倒れたのだろうか?


でも
今までものすごくポイポイされていたのも見てたので

とても
かわいそう

そんな感じの事を想いました






とりあえず
いつ倒れんだろう?と疑問に湧いたので
カフェの人に
聞いてみる事にしました



あのー
お隣の倒れてる木さんの事なんですが
一体いつ倒れたんでしょう?
\(・・;)




すると
カフェの人は
こんな感じの事を教えてくれました
「 
3-4日前に急に倒れてしまいました

すいません
処分してなくて 」




処分しちゃうんですか? 
あの木さんもしかして処分しちゃうんですか?
\(・・;)





上の方でも相談しあってる状況で
申し訳ありません 」(駅のカフェの人の言葉)




木さんが処分される


すると
その言葉を聞いた瞬間に

強烈な念が飛んでくるのを感じました
>>> (・・;)!



それはこはるちゃんのもので 
こはるちゃんに
こんな感じの事を言われました






木さん かわいそう 

木さん 
こはが持ってく 

 」(こはるちゃんのことば)




持ってく?
(・・;)



でもどうやって持ってくの?

木さん
とても重いんだよ
(・・;)ノシ)





チャリンコで持ってく
大丈夫 アパートの中に入る 」





(・・;)・





どうも
こはるちゃんは
ねこカメラで見てるので 
あまり大きさや重さの概念がわかってないようですが
その木さんは4mぐらいあり
さすがにチャリンコで持って行くのは無理なようでした
(・・;)・






でも
こはるちゃんは
こう言いました 



たすけてあげて

このままだと
処分されちゃう


木さん生きたがってる

バラバラにされちゃう 
かわいそう
たすけて 」(こはるちゃんのことば)



PA170132_R.jpg






でも助けてあげてと言われても
一体どうしたらいいのか
皆目見当もつきません
(・・;)




とりあえず
くまちゃんに頼んでみたら
何とかなるだろうと想い

くまちゃんは
決算で忙しそうな様子だったのですが
相談して見ることにしました




ねえ 
くまちゃん
駅前の木さん おぼえてる?
\(・・;)






うん 知ってるよ
MAHAOちゃん
よくお参りしてたよね 」
(― ―)ノシ




実はね
あの木さんが
倒れちゃったの
折れてボキッ
となっちゃっって 
\(・・;)






ええええええええええ!
 」
\(―  ―)/







それでね
あの木さんをうちに持ってきたいの
かわいそ かわいそ
\(・・;)







えっ?
ひええええええええええええ!!! 」
。;\(―  ―)/;。




あの木さんを持ってきたい
単刀直入にくまちゃんにそう告げたのですが


くまちゃんは
しばし
うううううううんと
考え込んでいました




まあ
とりあえず
見てみようと
くまちゃんを連れて
ロータリーの方に向かうことになったのですが



ロータリーで
倒れた木さんを見たくまちゃんは
またもうううううううううううううううん
と考えこむような仕草をしてから
こう言いました




これ ぼくひとりじゃ運べない
フィットじゃ絶対 載らない

それにアパートに運ぶのは絶対無理

もしこのまま持ってくなら
ちくさあの土地に持ってくしかないとおもう

とりあえず
植木屋さんを頼まないと
大きなトラックを頼まないと ダメだとおもう 

」(くまちゃんのことば)




とりあえず
植木屋さんを手配している間
処分されちゃうとかわいそうなので
くまちゃんを連れて
カフェの人に木さんを引き取りたい旨を言いました




すると
カフェの人は
一存では決められないので
あとで上司の方から連絡をしてもらうという風に言ってくれました



そしてそれから
3日後の
10月20日
くまちゃんの携帯の方に
カフェの上司の人から電話がかかってきました
(― ― )9 (・・;)


どうもあの木さんは
JRの敷地の木さんのようで

JRの方に聞いてみないとわからないので
とりあえず木更津駅に聞いてみてくださいと言われていました


そして
くまちゃんは
その後 木更津駅に電話しようとしたのですが


どうもネットでは
JRの駅の電話番号は公表して無かったみたいで
くまちゃんはJRの本社の方に電話してから
事情を話し それからようやく
木更津駅の電話番号を聞くことができたようです
6(― ―。)ノシ  (・・;)


電話で 
木更津駅の人に

あの木さんが祠の傍にあって
御神木であること

そして
MAHAOがよくお参りしていたので
ゴミとして処分するのではなく
大切にそのまま引き取りたい旨を
くまちゃんを通して伝えてもらったところ


木更津の副駅長さんが
こんな事を言ってきたようです 



あの観音堂のよこにある木ですよね?

とりあえず
うちの方でも4人で運ぼうとしたのですが
重くて運べず
どうしようかと
対応に苦慮してました

あの観音堂では
毎月
1日に行事があって
その時 行事を担当してくださってる方に
どうしようかお聞きしようと想っていました


もしそちらの方で
お持ちいただけるのなら
こちらの方としても助かります 」(木更津副駅長さんの言葉)



なんと!
祠だと長年想っていた建物は
観音堂であるとのこと


ただ
木さんを持って行くことは
やぶさかでないような発言をされたので
とりあえずホッとしました
( ― ―)ホッ(・・;)





とりあえず
JRの承諾を得れたので
くまちゃんがすぐに
ちくさあの家の庭工事をしてくれた
庭師さんに連絡をしてました



その2日後
くまちゃんが庭師さんと会ったのですが

現場で打ち合わせしたくまちゃんの話によると
なんでもあの木を運ぶには
ジャッキや
大きなトラックが必要だということがわかりました




また
公道でそうした作業をする場合
警察に道路使用許可などをとらねばならず


庭師さんが遠方の為
木更津にあまり来ない為 
くまちゃんが道路使用許可をとることになったそうです



ただ
その道路使用許可と言うのが
くまちゃんの話では
結構めんどくさい書類だそうで
書き方をネットで調べていました
m(― ―;) (・・;)





なにやら
道路使用許可は
工事の方法や現場のまとり図を記し
工事の必要性がある場所の証拠などを添付しないと
許可にならないこともあるらしく


なので
くまちゃんは
数日かけて道路使用許可の書類を作ったのですが

PA270001_R_201610312145479d5.jpg



その書類を作って持って行ったところ
警察署の窓口に
書類は二部づつ作るようにと
不備を指摘されたそうで



ムギーとなりながら
また書類を作りなおしたそうです
(▽ ▽)ノシ (・・;)


PA270003_R.jpg





まあそんな感じで
道路使用許可がとれたのが
10月27日



PA270004_R.jpg




現場は
バスロータリーで
人通りが多いため 


作業開始時刻は
その3日後の日曜日の
深夜午前零時から
午前6時までということになったそうで






そして
当日
10月30日零時過ぎ
植木屋さんへ
差し入れのお菓子を持って行くと
ロータリーには
まだ植木屋さんは来ていないようでした
(・・;)ガラーーーン 


PA300033_R_20161031214550d70.jpg




待ってる間
写真を撮っていたのですが
倒木の斜め向かいの先に
ゲロがしてありました 



とりあえず
ゲロと倒木は数メートル離れていたので
木さんにはゲロをかけられてなくて 
よかったと想いました
(・・;)ホッ


そんなこんなで周辺を見ていると
すぐに植木屋さんがトラックに乗ってやってきました



そのトラックは
とても大きなトラックでクレーンが据え付けられていました
(・・;)

PA300035_R.jpg





クレーン車使用

イメージしたよりも
かなり
おおがかりな作業になるようでした


とりあえず
庭師さんに
お菓子をお渡しした後
作業を開始しはじめたので



PA300038_R.jpg




MAHAO達は
ねこの森にごはん配りに行き

その後
木さんを植える予定の
ちくさあの家に行きました




くまちゃんの話では
朝8時頃から


この駐車場脇の
ブロック塀の横に
木さんを植える事になるようでした 




PA300042_R.jpg





クレーン車からすぐに設置しやすい事
その他もろもろを考えて
そこしかないという結論に達したようです




そして
午前3時過ぎに
再びロータリーに戻ると
倒れてた木さんは 
もう運びだされていました
(・・;)


PA300050_R.jpg



倒れていた木さんがあったあたりを
ひとりのホームレスさんが呆然と見つめていました




もしかすると
木さんが無くなっていたことに
ショックを受けていたのかもしれません


PA300051_R.jpg






アパートに戻ってから
それほど経ってない
朝7時頃
ちくさあの土地に木さんを植える作業を開始するというので
くまちゃんはいそいそと
でていきました


MAHAOも
こはるちゃんと行こうと想ったのですが





朝に弱いのと
からすが
朝から激しく鳴いて
頭が痛くなって
ものすごくだるくブルーになったので
(ノ__)ノ~*



とりあえず
くまちゃんだけが行くことになりました




くまちゃんが
出かけるや否や
先ほどまであれほど激しく鳴いていた
からすさん達は
急におとなしく 静かになりました
(・・;)アレ? 





そして3時間後
くまちゃんが戻ったのですが
植樹中 
トラブルがあったそうで
こんな感じの事を言ってました


大変だったよ
あの木を植えようとしたら 
近隣の人達からたくさん文句を言われたんだ

でも大変だったのはぼくよりも
庭師さん達だよ
雨に濡れながら懸命に作業してたのに
ひどい言われ方をした

「 こんな木を持ってこられて迷惑だ 」とか
「 問題を起こしたら 承知しねえぞ 」
口々に文句を言われて

作業中も
近隣の人達に
からかわれながら
「 こうしろ 」「 ああしろ 」

顎でこき使うようなことを言われてたんだ


僕も言われたけれど
一生懸命
植えてくれた庭師さんに言われたことが
見ていてとても苦しかった

でもね

木を植えた時に
それまで降ってた
雨が止んだんだ 」(くまちゃんのことば)





後でフィクサーブログにも
書くかもしれませんが



なんでも
くまちゃんの話では
あの木を敷地に植えようとした途端
近隣の人達が全員出てきて
むちゃんこ文句を言われたそうな
(・・;)



雨が降ってるのに
傘を差しながらずっと
木を植えるまでの間はりついて  
ずぶぬれになって働いてた庭師さん達に
文句を言ったり罵声を浴びせたたそうです 





その後
くまちゃんに
連れてってもらい
こはるちゃんと木さんを見に行ったのですが


近隣の人は誰もいませんでした


あの大きかった木さんは
倒木防止の為かなりの部分を土に埋めていたので
4mの高さが半分程になっていました



根元にあった龍の模様も
土中に埋まっている様子でした




PA300096_R.jpg





いつものちくさあは静かな風が吹いてるのですが
その日は
周囲の木さんがいつもよりもわさわさとしてて
心地よい風を吹かせていました




こはるちゃんは
木さんにお水をあげました

少しうれしそうでした



PA300101_R.jpg






かみなりかみなり

電気ぴりぴり 」(こはるちゃんのことば)





この木さんはね
発電所の電気にいじめられてたの


だから
電気怖い想ってる

だから
木さん
かみなり電気できる

人工電気怖がると
雷電気に目覚める 


こははね
雷呼ぶ木さん見分けられる 」(こはるちゃんのことば)




PA300102_R.jpg





木さんにはね 

人工電気が得意な木さんと
自然の電気が得意な木さん
両方いて

そして
自然の電気の樹さんにも2種類あって
周囲の電気集める木さんと
体内電流バチバチできる木さんがいる



触るとぴりぴり違う
わかる 



こはうめちゃん
体内でんき呼べた


そしたら狙われて
枯らされた


木更津の
あの木さんは
雷呼べる木さん

だから
電車の所に置いてあった


昔は
木を見分けて置いてたの 


でも
今の人 よくわからないみたい 」




自然の電気はね
ぴりぴりが違う


だから 
自然の電気降る人に
人工電気で快楽をのせようとしたの

人工の電気を快楽に感じれば
降ってくる雷
人工電気のせた人に降ってくる


でもね
人工電気が怖いと
雷に同調して 
ピリピリが降ってくる 」




この木さんはね
香木みたいなの

お水をかけた時 
似た香りがした 

この木さんは
海や山さんだと
他の木さんにいい香りだと想われる



だから
他の木さんを動かせる 

111だよ

観音堂111

あの木さんの住所は111
」(こはるちゃんのことば)






まあそんな感じの
ロマンチックな事を
こはるちゃんは教えてくれました
(・・;)




その後
何故か
こはるちゃんはスタバに行きたいと言って
あれこれ迷ったのですが
アクアラインのスタバに行って
こはるちゃんを隠しながら 
大きなドリンクをひとつだけ注文して呑みました
(>ω<)/



PA300130_R.jpg




昨日の深夜から
あまり寝てなかった
くまちゃんは
ちょっとおねむモードでした




PA300126_R.jpg









井の頭公園の記憶を想いだした


こは
近くに住んでた時
スタバに行った

その隣には
野良猫がいた
ドナテロがあった

こは たすけてもらった
迷子なった時
探してもらった


たどり着いたね


香りの木さん探して
たどり着いたね


こは 見つけたよ
こはも見つけてくれたね

 」(こはるちゃんのことば)








PA300105_R.jpg





2016-10-31 : はじまりのおわり :





転載終了




Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ