スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避難地でマムシをつかまえようとしていた人がいるらしい

2012.08.11 22:24|太陽(ミロク)原理
避難地でマムシをつかまえようとしていた人がいるらしい


夢見るマダムさんのメールです。


夢見るマダムさんのメール

なかなか、お忙しいですね?!

千成さん!

私は、又借りてきてもらった、 「ファーストウェーブ」のビデオの返却日が近づいてきてしまいました。

中々、日々の生活に追われて、・・・

明日は何とかできそうですので・・・

近いうちに送ります。

不思議さんのメールで、“え!”っと思った事があります。

蛇を追っかけていた人達の人相ですが、 不思議さんにもう少し詳しく教えて貰えないか?

頼んでくれませんか?

ちょっと気になりますので、(^^)


千成の返事

夢見るマダムさん、メールありがとうございます。

貴女のメールが載らないとこのホームページに調子が出ないですね。

ヘビを追っかけていた人たちの人相に思い当たる方々がいるようですね。

もしマダムが連れてこられる方々だとしたらおもしろい展開ですね。

マムシをつかまえようなんて、なかなか勇敢な方々です。

ただ、心配もありますね。

マムシさえつかまえて食べねばならないほど食料事情が悪くなっているのか。

それともわたしが焼酎をいっぱい買ってあるので、その焼酎を使って 「マムシ酒」を作るつもりなのか?

マムシをつかまえようとしていた男性たちがお腹がすいているか どうかも不思議さんに教えていただきたいですね。

もしお腹がすいていたらもっと食料を買い足さねばなりません。

不思議さん、マダムがこう言われています。

マムシをつかまえようとしている男性の特徴をもう少し詳しく お願いいたします。

もしマダムとの関係までわかれば最高なんですが。


太陽の返事

マムシと云えば、私が高校生の頃、 学校の夏期実習で、学校の山の草刈りにいったことを思い出します。

学校の山林には先輩達が植えた森林がありました。

後輩達が代々、その山林を育ててきていました。

育った木材を売って教材の足しにするためです。

その山はおよそ20年まえの先輩達が植林したものでした。

きっと、わたしたちが植えたあの山の木たちも今は後輩達のために大木に 成長しているでしょう。

このようにして、営々と代々の人々に受け継がれて育っていく仕事
をするのもよいものです。

60年前の先輩のしてくれた仕事の成果を、今、受け取るのです。

60年後の後輩のために、今、また植林をする。

今の成果を今要求するのではありません。

自分が死んだ頃の後輩がその成果を受け取る。

これにより

「悠久の時の流れ」

のようなものを学生時代に、認識できます。

それはさておき、下草を刈るには、 魔女が持つような大きな鎌を持っていきます。

そして、携帯の砥石もです。

砥石は鎌が切れなくなった時に、 山の沢に降りて研ぐのにつかいます。

自分が持つ鎌の手入れは持った人の仕事でした。

鎌は代々の後輩が使います。

そこで、丁寧に手入れをすることを要求されます。

草刈りは普通、45度程度の傾斜している山にへばりつくようにして草刈りをします。

最初、先生達から注意があります。

「鎌の取り扱いとマムシの取り扱い」

についてです。

山にへばりついているわけですから、 目の前にマムシが突然現れることもあります。

その時はそっと姿勢を立ち上げ、鎌の刃の部分でも胴体でもよいので、 上から押さえつけます。

使う鎌の柄の長さが、1.5m程度あります。

ですから、歯の部分で押さえつければ 手をかまれる心配はありません。

それから、取り押さえて捕まえるわけですが、 これは先生達の仕事になっていました。

理由は

「素人だとマムシを掴み損なう可能性が高く危険であるから」

ということになっていました。

ところが、このマムシは先生達の精力剤として、マムシ酒や蒲焼きにするためのようでした。

先生達が食べたり飲んだりするために、われわれ、 学生を脅して、取り上げていると噂されていました。

事実、マムシを鎌で押さえて、

「先生!マムシ」

と呼ぶと、先生達の目の輝きと嬉しそうな笑顔が思い出されます。

山での作業が終わり、 暗い山道を疲れてとぼとぼと山小屋へ下りていきます。

その時の澄んだ山の空気の空に見える満月の美しさ!

これはなんともいえないものでした。

しかし、今は その月も-----なのです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------


過去のメールです。

避難時に食料が無くなる事は想定出来ます。

今回の情報に「マムシ」が出てきますが、それも食料になりますし栄養源にもなります。

他には「蜂の子」であったり、「イナゴ」であったり・・・。

第二次世界大戦中、兵隊の方々は食料が無くなり、様々な物を食べて生き抜いてこられました。

今回もし「都市攻撃」が発生したら、同じ状況になるのは容易に想像できます。

出来れば戦争に行かれた方達に、どんな物が食べる事が出来るかを、聞いておいた方が良いと思います。

また、避難地で出歩く時に、野生のイノシシとか熊から身を守る為に、武器を持っての移動も考えないといけません。

それは動物だけでは有りません。

飢餓状態の人から身を守る事も、考えておかなければいけません。

それを考えますと、避難地の選定も大変です。

余り山奥に入り込むのも・・・。

難しい選択の繰り返しです。

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。