スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3-1. 「諸世紀」の書かれた目的

2012.09.22 18:31|諸世紀
3-1. 「諸世紀」の書かれた目的

3-1-1. 「諸世紀」の基礎

「予言」不思議な言葉です。未来に起こる事を予め知る能力を、予知・予見・未来透視能力を、持つ人々を予言者と呼び、前もって記録されたものを予言集と呼びます。多くの場合、予言者と予言集は表裏一体をなしています。多くの場合、予言者は未来を透視する超能力を、所有していると主張しています。また、中には予言・予見・未来透視の能力が無いにもかかわらず神によって未来を教えられて神の言葉を代弁していると主張している場合もあります。この予言能力を宗教はうまく利用しています。未来を透視出来ると言う神がかり的能力は宗教にとって最大の道具だからです。当然、宗教の教典の中に何らかの予言めいたものが多数あります。注意すべき事があります。それは超巨大な科学力を持ったもの達が作る計画も、100%階梯の低い人類の様な存在には変更が出来ませんから計画=予言となることです。これは自然の能力と大いなる存在の相違によって発生するものですが混同されています。

従って、「諸世紀」を検討していく時も、予言者ノストラダムスと、予言集「諸世紀」について、この事を考慮して検討しなければなりません。まず予言者ノストラダムスについて、

A. 彼が超能力者としての予知能力を所有していたか?が問題となります。この件は彼自身が別の存在「神の霊」によって未来を見せられたと「諸世紀」の中に説明していますので予知能力は無いと結論ずけられます。

B. そして「諸世紀」の中で幾度も神・天使等の説明がありますから、何らかの能力者の存在を認める事が、必要です。彼はその存在の代弁をしている代弁者と言うことになります。

C. 彼は地球上のどの宗教の信者では無いことです。フランス国のキリスト教徒と言われるかも知れませんが、キリスト教も含め地球上の宗教の本質的姿を未来を見せられることにより知ってしまえば、地球上の宗教の信者には絶対になりません。ただ当時を生き抜く為にはキリスト教徒でなければなりませんから、信者であると不本意でも装う必要があります。

D. 従って彼の予言を理解する為には注意深くキリスト教徒を、装う努力をしている事を考慮する必要があります。

蛇足ですが、キリスト教の中の自身の予言集の中に、滅びの内容がある事に注意すべきです。キリスト教だけではありませんが、その成立の本質から滅びる運命にあるからです。そして自らの予言故に、これらの宗教は極近い未来に滅び去ります。蛇足ですが私も仏教国に住んでいますが、地球の宗教からみると、無神論に近い立場です。世すぎ身すぎの為に仏教の法事も、キリスト教の法事等の儀式に参加しますが、これは単なるお祭りですから、皆さんに合わせ出席します。仲間の悲しみ、喜び、苦しみを分かち合う行為には賛同しますが、宗教の教えを素直に信じるきにはなりません。ですから、ノストラダムスの気持ちが、痛いほど分かります。

予言集「諸世紀」はノストラダムスの発案では無くて、人類の科学力では実証も確認も出来ない「神の霊」・天使達にょって述べられたもを、記述したものと認識する必要があります。そうすると、なぜ??この様な面倒な事をして予言集を製作させなければならなかったのか?が、問題となります。何か人類には計り知れない特別な理由が有るはずです。逆に言うと特別な理由を理解させる為に約1000編からなる膨大な予言詩が、必要であったとなります。であれば、「諸世紀」の中に、その特別の理由が、記載されてるはずです。以上の様な観点から、予言詩を注意深く読むと、確かに有りました。普通の月人達の情報操作で操られた人類の科学常識では絶対に理解出来ませんが、驚くほど沢山ありました。理解する為の前提はこのホームページに記載している様な内容を、理解している事が必要です。

3-1-2. 「諸世紀」の目的


「諸世紀」を製作した目的と理由はノストラダムスの表現する「太陽」に、太陽と人類の皆さんの未来を教える事にあると、予言詩の中に書いてあります。素直に受け取れば、これ以外の何物でも有りません。それではなぜ太陽に、わざわざ、こんな予言詩と言うまだるこい方法で、回りくどく説明しなければ、ならなかったのか???よほど特別の理由がなければなりませんし、有るはずです。これが解決されない限り、本当の意味で「諸世紀」の目的を、理解したことになりません。何らかの理由で、「神の霊」の大天使と天使達と、太陽は関係があると結論しないと、目的の構造を、理解出来ないのです。この様な観点から「諸世紀」を検討すると、沢山あるのです。一見すると、バラバラですが、全部を解読鍵で接続していくと、大変な関係だと分かってくるのです。

では、「諸世紀」が、太陽に未来の出来事を説明するだけの為のものであれば、太陽は未来の事は分かったと、後は寝ていればよいのです。わざわざ知らせるだけの為に、「諸世紀」を作り人騒がせな事をしたとも思えません。何かの役割と活動を、指示か要求しているはずです。この様な観点から検討すると、有りました。用事も無く「諸世紀」を書かせたわけでは無かったのです。皆さんは「じゃあ目的は何だ?」と質問をされるでしょう。沢山ありますが、地球上の皆さんと、直接関係のある理由・目的を分かりやすく説明すると次のような内容となります。

A. 皆さんは今ホームページを見ているでしょう!もし内容を理解出来ればこれから、何が皆さんの身の上に降り掛かるか、分かるでしょう。これらの悲しい皆さんの身の上を説明させる事が、目的だと理解していただけると幸いです。

B. 宇宙での高度に進化したもの達の営みと解放戦争のある事、脳天気な無知な哀れな「地球篭の鳥」である人類に何とか事実を理解させ、身近の宇宙と地球上で起こる破壊・虐殺・戦争・救援のある事の予備知識を持たせる。

C. これから起こる戦いと救援の計画も用意されている事を説明する。

等です。これ以外にも沢山あります。
太陽は「猫(堕天使サターン)の首に鈴をつける鼠(太陽)」の話の例えにある鼠の役割を、さしあたって実行する事です。鈴は鳴り始めました。

3-1-3. 「諸世紀」と太陽

「諸世紀」に記載されている太陽は直接太陽と表現しているものと、太陽の本質と活動から太陽を示唆して表現しているもの、があります。従って「諸世紀」の中の太陽は幾つもの顔を持って表現されている事を認識する必要があります。太陽については別の項目に記載していますので、その項目を参考にして下さい。

3-1-4. 「諸世紀」参考まで

「諸世紀」に書いて有る太陽自身の説明はそれほど多く有りません。次にその幾つかを記載します。



「神の霊==大天使達」は西暦1500年代に住むノストラダムスを通じて西暦2000年代に住む「人間の太陽」を経由して、太陽の身体に憑依して眠り輪廻転生している「大天使==太陽の本質」にメッセージを伝えることとした。

であるから「諸世紀」の冒頭に。
第01章001編 | 第01章002編

なぜかこの目的が理解されていない。
第01章048編



「諸世紀」は作成され広まっていく。
第05章049編 | 第12章071編



「諸世紀」は西暦1500年から2000年代の時代に、時代転送されている間に、難解な予言・偽予言等と言われ歴史の中に埋もれそうになる。しかし この予言詩の意味を理解・解読する方達はいない。
第08章066編



「諸世紀」は多くの方達によって解読・解説がなされたが、全て正しい解読では無いと、この予言詩は説明している。このホームページの解読・解説が、全て正しいとは言わない、だが残りの時間はもはや3年と少ない。他に正しい解読・解説が無い限り残念ですが、人類の皆さんにとって余りにも不幸な悲しい未来が、皆さんの身の上に降りかかることを、覚悟される事を望みます。
第01章025編

このフランス国から発信された、太陽と人類世界に対する警鐘の予言詩集「諸世紀」によって、太陽の天使(王子)達が目覚め始める。
第04章093編

目覚め始めた天使達は人類の皆さん達に、悲しい未来を語り始めた。
第02章098編 | 第02章099編

世紀末の研究報告 トップ


Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。