5-1. 人類の避難

2012.10.05 22:01|諸世紀
5-1. 人類の避難

5-1-1. 人類の避難の基礎

これから起こる人類の災難は「西暦1999年10月の来襲」と「西暦2000年のノアーの大洪水」と「ノアーの大洪水」の前の大気循環の乱れによる大干ばつと大飢饉です。

1. 「ノアーの大洪水」の前の大気循環の乱れによる大干ばつと大飢饉

この大気循環の乱れは「ノアーの大洪水」の前には必ずある赤道を中心とするマントル層の昇温による海水の水温の上昇によって引き起こされます。この現象は地球の自転軸の傾斜の特定の角度と土星と木星と太陽と地球の配列が直列となる頃より顕著に発生します。プレートの湧き出し口にその温度上昇は明確に現れ海水の温度上昇をもたらし確認されます。特に問題となるのは大気循環の乱れによる大洪水・大干ばつを誘発し食料の生産が予定のとうり進まず飢饉となります。加えて来襲され機械化農業のシステムのほとんどが破壊され大飢饉となることです。対策は簡単で救援のある時まで生き残られる様に食料の備蓄を西暦1996年の生産から開始すれば良いのです。しかし数年後のことですが、現在の皆さんでは備蓄する必要性等を理解出来ないでしょう。飢え死にするしか有りませんね!可哀想ですか゛

2. 「西暦1999年10月の来襲」

この来襲の意味と破壊の様子は先に説明してあります。基本的に人類の積み上げた科学文明の破壊の為の攻撃ですから逃げるしか有りません。特に目標となるのは都市と生産工場です。人々が住めないように丁寧に破壊していきますから都市から逃げず頑張っている方達は全滅します。この攻撃の後地球上の人々は凄惨な環境に置かれます。覚悟していたほうが良いです。

警告します。全人類に警告します。
都市を捨てて散会して下さい。贅沢は至急止め備蓄を始めて下さい。
都市を捨てて散会して下さい。少しでも皆さん生き残って下さい。
まだ救援は来ません。
全人類に警告します。警告します。
宇宙からの来襲に備えて下さい。散会して逃げるのです。

3. 「西暦2000年のノアーの大洪水」

来襲から「ノアーの大洪水」までの期間地球上は凄惨な情況に置かれます。信じていた宗教の欺瞞は暴露され頼みとする信仰の神はいなくなります。全ての宗教は自らの欺瞞故に崩壊していきます。人々の慎みは失われ、狼達の跋扈する暗黒の日々となります。善良な子羊達は肩を寄せ合い協力して生きて下さい。戦いの結果にもよりますが救援が必ずきます。希望を捨ててはいけません。自暴自棄はいけません。自ら善良な子羊では無いと自覚した方達は自暴自棄になり狼になるのも結構です。しかしそれよりも地球上で生き延びる手だてをする事をお奨めします。「ノアーの大洪水」の原理と現象は説明したとうりです。海は必ずしも危険では有りません。無知が危険なのです。全力をあげて箱船を造るのも良いでしょう。

4. 「諸世紀」

「ノアーの大洪水」関連の予言詩は「ノアーの大洪水」の項目を参照して下さい。

5-1-2. 人類の避難の内容


人類善良な子羊達の救援は解放戦争の結果待ちです。ただ必ずしも今回解放出来るとは言えません。引き分けの可能性もあります。「ノアーの大洪水」からの避難は有る程度各自覚悟していた方がよいでしょう。

1. 高い山の頂上と尾根への避難

前回の「ノアーの大洪水」の時に逃げた先人の設備の遺構を参考にしてください。逃げおうせた方達もいるのです。頑張ってください。ただ「ノアーの大洪水」の大津波の性格の知識は必ず記憶していてください。

2. 船で安全な海域への避難その1

「ノアーの大洪水」の大津波の恐ろしいのは何も知らずに突然地球が滑り回転し始め大津波に襲われることです。海岸の都市等に住む人々はその日の内に全滅します。陸地に乗り上げる時の2000mから20000mにも及ぶ超巨大な波高の波を避けなければなりません。海水を除いた地球の地上の地形を見て下さい。等高線の密な所は危険です。等高線の粗な所を選択してください。

3. 船で安全な海域への避難その2

「ノアーの大洪水」の大津波は海底の深さと海水の量で波の波高は決まります。大陸に挟まれた浅い海、例えば地中海などは急激な変化が無い為に津波の激しさは和らぎ小さな箱船でも沈没する確率は低下します。いずれにしても準備は幾らしても十分と言うことはありません。

4. 避難する場合の注意事項

高い山の頂上と尾根への避難する方達へ、「ノアーの大洪水」の発生する20日位前から大地に急激な変化が発生し始めます。噴火、割れ、陥没、隆起、横移動などです。この為に大気は極端に荒れ、暗くなり、大雨となります。足下に注意してください。船で安全な海域への避難する方達へ、化学コンビナート等から火がでます。火災に注意してください。加えて氷山と船同士の衝突は警戒が必要です。

5-1-3. 人類の避難と太陽


人類の皆さんに避難の意味を知らせ、警告と対策を立てるように助言するのが太陽の役割の一部分です。このホームページを読んでもらえれば理解出来るのではないでしようか。事の善し悪しはさておき、目前の対策を進めて下さい。関連する「諸世紀」の詩の幾つかを次に取り上げておきます。参考にしてください。

現在は西暦1997年8月です。まだ人類の皆さんの誰も「ノアーの大洪水」の説明を、真面目に受け取りません。しかし、早ければ西暦1998年には理解・認識するでしょう。また、西暦1999年の内には全人類の知る所となるでしょう。人類の皆さんの科学力で、原理さえ理解できれば十分では無いにせよ解析は可能です。そして、地球の極の滑り回転は防止出来なくとも、海水の大津波の振る舞いは全力を上げれば計算してシュミレーションは出来るはずです。地下400kmのマントル境界層の直接観測データが無いにせよ、先人達の残した伝説を、科学的に調査・収集・分析・解析すれば初期データは入手可能です。そうすれば「人類の皆さんにとって母なる海=魔性の者達による恐怖の海」は注意してかかれば決して危険なものでも有りません。魔性の者達はこの事を事前に人類の皆さんが知る事を防止したいのですし、しているのです。
第05章011編

先人達の幾らかは山々の峰々・山頂に難を逃れました。今の人類の皆さんには不思議な高い山々の遺跡の存在の所以を、この時は理解・認識するはずです。
第09章067編 | 第01章098編

「堕天使サタン」に心を売った魔性の性を持つ人類のゴミ小悪魔達は多い。その多くは「堕天使サタン」の血の祭典の生け贄となる。善良な子羊達は導かれ救援される。しかし、ゴミ小悪魔達は自らの力で魔性の殺人システムから逃げなければなりません。だが、余程の努力をしないと!!天使達は逃げ延びる邪魔はしない。
第03章013編

世紀末の研究報告 トップ




Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ