スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢で見た猫たちの輪 (大地震・前兆・予言.comより)

2012.11.14 21:31|考察
大地震・前兆・予言.com情報です。

ちょっと気になる夢の情報が有りましたので転載いたします。


読んで見ましたが、夢で何かを猫ちゃんから言われている様に感じます。


もしかしたら表層部分の夢で、小犬おばばーや大犬おばばーが終わる事を表している?

猫ちゃんとまだイメージの遣り取りが出来ませんので、想像でしかないのですが・・・。


とっぴな発想かもしれませんが、あくるーおうを守る人?


うーん。





夢で見た猫たちの輪 (大地震・前兆・予言.comより)

http://okarutojishinyogen.blog.fc2.com/blog-entry-2847.html

転載開始



2012/11/12 | 不思議な夢・体験 |



946:a fact of life ◆Factttd4Cs :2012/11/02(金) 01:24:13.87 ID:q2dPcgkKO
昨日、どれだけ揺すっても声をかけても目覚めずに15時間眠り続けた時に見た夢の話ししても良いかな…?
かなり長いけど…、不思議だったんだよ(´・ω・)


949:a fact of life ◆Factttd4Cs :2012/11/02(金) 01:29:16.39 ID:q2dPcgkKO
投下しちゃおう(`・ω・)

夜の町を歩いていると小道を見つけた。
好奇心で入っていくと、神社の様なものがあり、灯籠や提灯で広場がぼんやり照らされている。
広場の中心部には猫が輪を描くように集まっており、僕が入ってきた事に気付き此方を見ていた。
猫達は相談するような様子を見せ、その中の一匹(白黒の猫で尻尾が長い)が、僕に「付いてこい」と言うかのように付かず離れずを繰り返して「にゃーん」と言った。

僕は、その猫についていく事にした。神社の様な場所を抜けて街に出た、そこは住宅街の路地で、等間隔で街灯がついているだけだった。
僕達は歩き続ける。猫が時折振り返り、僕を待つ素振りを見せた。
しばらく住宅街を歩いていると、十字路でふと猫を見失ってしまった。見知らぬ住宅街なのでキョロキョロしながら頭を抱えていると、さっきの猫が正面から表れて、僕を覗き込んできた。そしてまた歩き出した。


950:a fact of life ◆Factttd4Cs :2012/11/02(金) 01:30:11.62 ID:q2dPcgkKO
つづき(´・ω・)

もう何時間も猫に付いて歩いていた。疲れは感じなかった。
歩き続けると、トンネルが見えてきた。古いものではなく、オレンジ色の光がトンネル内を照らしていた。
猫は迷うことなくトンネルに入っていった。僕も後を続く。少し湿った臭いがした。
数分歩いていると出口らしきものが見えた、トンネルの出口は真っ黒い孔のようだった。
猫は迷わず進む。恐怖は感じなかった。

トンネルを出るとそこは、夕焼けに照らされる、灰色をした森だった。よくよく考えると、猫と出会った神社と、トンネルのオレンジ色のライト以外、モノクロだったことに気付いた。
ふと振り替えると、今抜けてきた筈のトンネルは跡形もなく消えていた。

此処でやっと恐怖を感じた。猫が待っている、兎に角今は僕以外の生命体である猫を見失わない事に必死だった。


951:a fact of life ◆Factttd4Cs :2012/11/02(金) 01:31:40.58 ID:q2dPcgkKO
つづき(´・ω・)

僕らは山道を歩き続けた、人一人が通れるほどの獣道を行く。
無音の森の中を無言で、数時間歩き続けると、最初の神社に辿り着いた。

灯籠と提灯が柔らかく光っていた。先導していた猫が、輪を描くように集まっている猫達の真ん中にいき「にゃあん」と鳴いた。
呼ばれている様な気がしてフラフラと猫の輪の中心に入っていった。足元には先導していた猫が座っている。
ふと、輪の中の一匹(レッドタビースポット柄)が僕の目を見て「にゃーん」と言った。(「言った。」というのは鳴いたというより話しかけてきた感覚だったので。)
それを皮切りに、他の猫達も騒ぎ始めた。

僕がオロオロしていると、先導していた猫が大きな声で「にゃーん!」と言った。
静まり返る広場。
すると今度は、先導していた猫が、僕を見上げながら「にゃーん、にゃーん」と何かを訴えてきた。僕はわからないので、ただ見下ろす事しかできなかった。
足元の猫とじっと見つめ合う事しかできずボーッと『吸い込まれそうな瞳をしているな。』などと考えている内に目が覚めた。


952:a fact of life ◆Factttd4Cs :2012/11/02(金) 01:40:29.46 ID:q2dPcgkKO
以上です。
長文ごめんなさい(´・ω・)


954:本当にあった怖い名無し:2012/11/02(金) 06:16:28.04 ID:XbdYRdT8O
>>952
猫たちが輪になってた。
いろんな道を歩いて結局元の場所に戻ってきた(輪)。
そして猫たちの輪に入った。
意味は分からないけどリングだね。

白と黒の猫。どうやら案内人(猫)は陰陽みたい。
トンネルは入口と出口しかない。他に選択肢がないこと。しかも一方通行。
これは時間や空間みたいなものかな?。

獣道は自然とか自分だけの道とかだから「継ぐ者?」。

神社は精霊。
灯籠や提灯は火。なので魂かな?。
モノクロなのは未来というより過去。
匂いはそれを知ってるということ。

つまり昔の思い出(もしかすると前世)を回想して、また同じことを繰り返してるのかも。
猫たちは何かを知らせてる。何かを気づけと言ってる。

と、まあこんな感じじゃない?
適当な感想だけど(笑)


955:a fact of life ◆Factttd4Cs :2012/11/02(金) 16:39:59.60 ID:q2dPcgkKO
>>954
昔を繰り返している…ですか…。

しかし、何に気付けと言っているのでしょうか…。(´・ω・`)

僕はどうしたら?


960:本当にあった怖い名無し:2012/11/05(月) 03:24:23.78 ID:Jk7WMadu0
日影丈吉の「猫の泉」とか、その夢と似た内容の短編小説があるよ
他の作家の作品にも、あれ?これ猫の泉じゃん、と思った覚えがあるから、
複数存在すると思う
人が猫から夢想する原型のようなとこがある話なのかもね


心霊体験・不思議な夢を書き込むスレ8 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1325904713/



転載終了

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。