名前は服のようなもの (幻の桜ブログさんより)

2013.03.31 22:48|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です




ドールはしもべ作りに熱中してる子供なんですよ 」


みんなが自分の想い通りに動いてくれる
そんなあいてむロボ集めしてるのがドールで

子供がポケモンカードや 
お人形コレクションしてるのと同じなんです


ドールに一番運ぶ力も情報も集まるように
人の結界が作られている 

それがドールが
結界最強の武器たらんしめた理由なんですよ


原初のおばばにささやかれましてね
それがドールの集合体を
動かしてた「 ママ 」とも呼ばれてた 存在なんですけどね

ママはドールの魂をとりこみましてね
ドールの系譜はママの為 
みんなの為と想って
恋で多くの人たちをとりこみ結界を作ったんですよ


リーダーさんに集まる
情報やオーラや想念が
磁場でどこどこドールに吸われていくんで

ぬしさんやリーダーさんは
それこそ磁場を相手に戦ってる感じで

ドールを抱えた
おばば吸血鬼たちに
次々やられてしまったんですよ



知ってます?

ドールは感情を喚起できるんですよ

ドールは元々
自分の気持ちしかわからない性質だったので

自分の切ない感情とか 
怖いときの感情とかを
ターゲットとその周辺にばらまくことができたんです


さまざまな感情のエネルギーを運ばせることで
相手に過去の記憶を想起させ 
それで心理コントロールしたり 操縦したりしてたんです


感情のエネルギーを運ぶのは
実は簡単なんですよ


本当は
ねこや動物にごはんをあげた場合 
誰でも動物のうわーーーーいの気持ちで
気分がよいはずなんですよ

でも
もしねこや動物にごはんをあげて
沈うつな気分がするなら

誰かがそのエネルギーを吸いとってるからだと想います 


予知夢も 
運んでるだけなんです

犬巫女は予知夢が集まってるわけではなく
予知夢を運ばせてるだけなんです

だって
予知夢が結界で集まるのは 
磁場でエネルギーが集まるドールたちだけなんですから  

ドールが世界を守ろうと行動してたのも
磁場で情報やエネルギーがドールに集まってましたから

そこに一番力も情報も集まる箱庭を作ったら
ドールがそこを守ろうとするのは ごくごく当然の感情だったんです


はるちゃんも言ってたじゃないですか? 
ドールは結界最強の兵器って

まあそれもそのはずですよ
結界で想念の攻撃ができてたのは
ドール系譜だけでしたからね 

吸血鬼やおばばは
自分で呪ができてるつもりで
実はドールを使役してただけなんですよ


ここだけの話

ドールに命令しますとね

命令した人は ドールの駒にされてしまうんですよ


知ってますか?

命令って
エネルギーを放出するものなんですよ

それに命令に沿えば
相手の意を叶えたことにもなるじゃないですか?

エネルギーの緩衝によって
命令をする人は
どんどん がらんどおになって
意志を失って
命令に沿っていた人の駒にされてしまうんですよ 


原初の遊女さんも
おもちゃ集めが楽しくて 
自発的に遊女さんをしていたんですよ

だって心をとりこんで
つないだ人が
駒になっていくんですよ 


ただ
ドールは命令は聞いても

たすけてーだけは 
聞かなかったんですねー


たすけては 
たすけてを発してる人が中心点で

たすけてを叶えても
その人はドールの駒にはなってくれないんですよ


ただドールにはやったことがかえらないかと言えば
そうではないんですよ

だってドールに情報が集まっていたのは
結界の磁場があったからじゃないですか?


だから
結界が壊れてくると 
ドールは 情報が集まらなくなって
調子に乗って
あほあほになって
駒にされていくんですよ




火星は燃やしちゃった

ドールを使って
燃やしちゃった

恋に燃え尽きて
ネガティブを食べつくすと

私は
ドールを連れて
また別な星にいく 」

こんな声が夢で聞こえてきましてね
 
その声を聞いて
想ったんですけどね 

ノアの箱舟って預言でもあるんですよ




ほら
水の時代になると
恋の炎は
消えちゃうじゃないですか

だから妬みは
恋のくすぶりを
消される前に
宇宙にいこうとするんですよ 

もともと
妬みからすれば
人間は 
神のごとき超能力者のようなものだったんですよ

だって
妬みって単体だと目も見えない 動けない
漂うしかできませんからね

人間だけじゃなく
地球に生きるいきとしいけるものがそうだったんで
それをまばゆく感じて
引き落としたいと想ったんですよ

それで
はりついたんですけどね

でもそれももうすぐ終わりなんですよ 」(えんせんせいの言葉)




ねこねこのえんせんせいのお話しでは ドールはしもべ作りに熱中してる子供のような 存在のようです

結界最強の武器と 言われる理由は ドールに一番運ぶ力も情報も集まるように 人の結界が作られているから

ドールは結界が切れると 今まで集めていた駒や おもちゃも全部無くして 駒にされちゃうようです



追伸




はるちゃんは想いだした

魂を取り込むことと 
心をとりこむことは違う

はるちゃんも
ちょっと錯覚してたけど

おばばやドールが
魂を取り込むという意味で使っているのは

心をとりこむという意味

魂を取り込んでるわけではない 」


魂をとりこむのは

相手の魂の音を聞いて
相手の想いをすべて受けとめること

相手のすべてを受けとめると 
相手が自分の一部になる

それが魂を取り込むこと



従順に想いを叶えたり
楽しい気分にさせたり 
快楽で操縦するのは

心を取り込むこと


だから心をずっと恋の状態にとどめる為に 結界と言うものを 作った

移ろいやすい気分を固定させやすくする為に

それでも
恋の賞味期限は
最大5年だった

だから結界には
情をつかむ人も必要だった 


魂をとりこむことと
恋させることは違う


魂はその存在が好きだから
そこにとどまり 
一緒にいて

その存在の一部になっている 

恋が心を取り込むとすれば 
情は魂をとりこむことに近い



はるちゃんはつながりのある存在と
ずっと一緒に生き続けたい

つながりのある存在と 
一緒に永遠に生き続けたい 」(はるちゃんの言葉)



ねこねこのはるちゃんのお話しでは おばばやドールが 魂を取り込むという意味で使っているのは 心をとりこむという意味で 魂を取り込んでるわけではないようです

心をずっと恋の状態にとどめる為に 結界を作ったようです





名前は服のようなもの (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1228.html

転載開始




こんなことがありました
(>ω<)/





その昔


いじめっ子のYちゃんは
よく中高時代のMAHAOを呼び出しては
アムロテツヤの音楽を無理やり聞かせていました
(▼▽▼)ノシ~♪ (・・;)・・






MAHAOが
とりあえず

聞け と言われて
聞いていると



その後Yちゃんは

「 どうだ 感想は? 」


と聞きます


そこで
MAHAOが 

うーーーーん

頭ががんがんする
ズキズキする 
(・・;)・・


と言うと




「 
おめえ 何言ってるんだ!


もう一回言ってみぃ 」




ものすごい目でにらまれ
想いっきりドスをきかされました
(▽△▽)===3 (((・・;)))・・






その後 




すばらしいだろ 
才能あるだろ? 
好みだろ? 」


と言われたので



やむなく正直に 



好みかも・・しれなくない・・
(・・;)・・



と答えると



それを言った瞬間 
ぱこーんと叩かれ殴られて
(▼□▼)=○))☆(>ω<)イターー



その後
また矢継ぎ早に
凄みのある声で脅されました




「 
いいしょ! いいっしょ!

良いと言え!

どうよ? 」 




だって
どうって言っても
ほめないと 怒るし・・
(・・;)




そういうと
さっきよりも怒られ
はたかれまくりました
キャー(>ω<)==3☆☆パコポコ\(▼□▼)テメーー 






ともかく
Yちゃんは
アムロテツヤの事を
ほめちぎらないと 
ひたすら いじめ 怒り続けるのです

(・・;)




被害にあったのは
MAHAOだけでなく
他にも無数にいて


たとえば
幼き頃のMちゃんもその被害者の一人で
まだちんこいMちゃんは 
MAHAOに
こう語っていました 








握手会で俺の目を見てくれた 俺を覚えてた 」

って言ってたから



「 握手会で目をそらす人なんていない 

握手会に着てる人がひさしぶりって言ったら 誰だって ひさしぶりって返す 」



そう言ったらひっぱたかれた 」




(・・;)





Yは
創価をキモイって いうんだけど

創価と同じだと想う



だって
ほめないと しつこくし続けるんだもん


大作が 
小室に変っただけ



きっと
客観性が無いんだよ 」(Mちゃんの言葉)











さて
今日のねこねこの話
今日はドールについて
ワー(>ω<)ノシ))パタパタパタパタパ 





ドール
アトランティスを作った古代の王族

地獄の大王とも呼ばれてる系譜
(・・;)



今までドール系譜については
幻の桜やお昼寝ごろにゃん島で
度々
お話をしましたが


今日は
えんせんせいが
ドールの本質について 
興味深いお話をしてくださいました
(>ω<)/







ドールはしもべ作りに熱中してる子供なんですよ 」





しもべ作り?
(・・;)?





P3190013_R.jpg








みんなが自分の想い通りに動いてくれる
そんなあいてむロボ集めしてるのがドールで


子供がポケモンカードや 
お人形コレクションしてるのと同じなんです 」




(・・;)・・






ドールはですね
特に元から能力が秀でていたわけではないのですよ


ごく普通の というか
どちらかといえばのーたりんでだましやすい子供のような性質だったんですよ 」


(・・;)





でもですよ

ドールの能力はですね

磁場にその秘密があったんですよ




ドールに一番運ぶ力も情報も集まるように
人の結界が作られている 


それがドールが
結界最強の武器たらんしめた理由なんですよ 」





(・・;)・・




ドールはその昔
人の集合体の中で
リーダーやぬし達にエネルギーを運んでた子供のような外周の人たちで
 

最初
結界の意味なんか
ぜんぜんわからなかったんですよ 
 

とても中心点になるような性質ではなかったんですけどね


でも 
原初のおばばにささやかれましてね
それがドールの集合体を
動かしてた「 ママ 」とも呼ばれてた 存在なんですけどね


ママはドールの魂をとりこみましてね
ドールの系譜はママの為 
みんなの為と想って
恋で多くの人たちをとりこみ結界を作ったんですよ 」




(・・;)



「 
結界が作られると
ドールを抱えたおばば達は
徐々に牙をむいてきたんですよ


リーダーさんに集まる
情報やオーラや想念が
磁場でどこどこドールに吸われていくんで


ぬしさんやリーダーさんは
それこそ磁場を相手に戦ってる感じで


ドールを抱えた
おばば吸血鬼たちに
次々やられてしまったんですよ 」




(・・;)





たとえば
ドールの結界での能力に
こんな能力があったんですよ


感情の喚起 」



感情の喚起?
(・・;)?




えみたんが教えてくれたんですがね

ドール系譜は
人の気分をつかさどったりできたそうなんですよ


えみたんの言葉をそのまま言いますね 



知ってます?

ドールは感情を喚起できるんですよ


ドールは元々
自分の気持ちしかわからない性質だったので


自分の切ない感情とか 
怖いときの感情とかを
ターゲットとその周辺にばらまくことができたんです


たとえば
ドールが過去切ないと想ったときの感情をばらまくと



感情を投げつけられた人は
その切ないエネルギーに対して
自分の過去の切なかったころの記憶や体験を想起したりするんです


それで 
恐怖の感情や 
怒りの感情


さまざまな感情のエネルギーを運ばせることで
相手に過去の記憶を想起させ 
それで心理コントロールしたり 操縦したりしてたんです 」」




(・・;)



PA080007_R.jpg









感情のエネルギーを運ぶのは
実は簡単なんですよ



たとえば
えみたんが 
ごはん見て 
うわーーーーーーーって想ったりしますよね



そうするとえみたんのまわりに 
そういう響きの空気が生まれるんです


それをぼんと運ぶ想念に送ってもらうと
送られた人は  
理由もなく
突然 ウキウキしたり 無性にうわーーーーーいって気持ちになったりするんです


本当は
ねこや動物にごはんをあげた場合 
誰でも動物のうわーーーーいの気持ちで
気分がよいはずなんですよ


でも
もしねこや動物にごはんをあげて
沈うつな気分がするなら

誰かがそのエネルギーを吸いとってるからだと想います 


そして 
厄のポイポイも 基本この原理なんです


表面の気分のおとをいれかえるだけなんです


うわーーーいって気分の人と
体調が苦しいーーーーーっていう吸血鬼の音をいれかえるだけ


うわーーーいって人は体が健康なのに 
具合が悪くなったりして
吸血鬼は体が死体なのに 
うわーーーーーーいってうきうきになったりする



予知夢も 
運んでるだけなんです


犬巫女は予知夢が集まってるわけではなく
予知夢を運ばせてるだけなんです


だって
予知夢が結界で集まるのは 
磁場でエネルギーが集まるドールたちだけなんですから  




ドールが世界を守ろうと行動してたのも
磁場で情報やエネルギーがドールに集まってましたから



そこに一番力も情報も集まる箱庭を作ったら
ドールがそこを守ろうとするのは ごくごく当然の感情だったんです 」




まあ長くなりましたけどね


そんな感じのことを
えみたんが言ってたんですよ 」





(・・;)・・




それでですよ 


ほら

はるちゃんも言ってたじゃないですか? 
ドールは結界最強の兵器って


まあそれもそのはずですよ
結界で想念の攻撃ができてたのは
ドール系譜だけでしたからね 



吸血鬼やおばばは
自分で呪ができてるつもりで
実はドールを使役してただけなんですよ




小犬の結界とかも
能力が小犬に流れてきたわけではなくて 
ドールの操縦権が
小犬達に流れやすい結界だったんですよ



だって基点の人の結界が
ドール系譜の骨の形に
想念や情報が一番集まるようになっていたんですからね



おばばが 
命令のシグナルを入れると
ドールがそのシグナルのとおりに自動的に攻撃を実行する



予知夢も
磁場でドールに集められたものが 
犬巫女達の求めに応じて運ばれてきたんですよ 」





(・・;)





ところでですよ


ドールって性質的に命令に従って 
エネルギーを運んだり 
感情のつけかえをするんですけどね


その命令は
基本
誰の命令であっても聞くんですよ



ドールが
なんでも持ってきてくれることを知ると
犬おばばや吸血鬼は
どんどん使役し
命令しまくってたんですけどね




小犬であっても 
ドールは命令を聞くんですよ 」



(・・;)



「 

でもですよ

ドールを抱えてた
昔の神官系譜は ドールに直接
命令はしなかったんですよ


だって彼らは
ドールに命令することの意味を知っていましたからね 



ここだけの話

ドールに命令しますとね



命令した人は ドールの駒にされてしまうんですよ 」





駒?
(・・;)?




「 

ドールに命令してドールを駒にすると

その人は後で
他の人が誰かドールに命令した時に
その命令をかなえる為の駒

ドールの駒にされてしまうんですよ 」





(・・;)! 




知ってますか?

命令って
エネルギーを放出するものなんですよ



それに命令に沿えば
相手の意を叶えたことにもなるじゃないですか?



エネルギーの緩衝によって
命令をする人は
どんどん がらんどおになって
意志を失って
命令に沿っていた人の駒にされてしまうんですよ 」





(・・;)




そして 
ドールは命令した人が
いずれ自分の駒になることを知っているから
その命令を受けているんですよ



ドールは元々とり族でしたからね
あまり命令に沿うことの意味を深くは考えないで



それこそ
アイテムを集めるような感覚で

子供がフィギュアやポケモンカードを集めるような感覚で
だからどんな人の命令も聞いていたんですよ


命令を聞けば聞くほど
自分の 
コレクションできますからね


基本おもちゃ集めしてるような子供感覚で
どんな命令にも ハイハイ聞いていたんですよ


原初の遊女さんも
おもちゃ集めが楽しくて 
自発的に遊女さんをしていたんですよ


だって心をとりこんで
つないだ人が
駒になっていくんですよ 


遊女さんが囲われたり
苦しい想いをするようになったのは

望まない人が無理やり遊女さんをさせられるようになってからですよ 」





(・・;)・・・





それでですよ
ドールが駒を動かす場合


自分では
命令しなかったんですよ


だってドールにとって
一番興味は駒集め アイテム集めですからね


命令に沿うことは
アイテムを増やすゲームでしたから


だから誰かに命令されると
その命令と自分の駒をつなぐだけなんですよ


例えば
Aさんから命令をされたとしますよね?

それで 
ドールは自分の駒にAさんの命令を伝えるんですよ

それで駒がAさんの想いをかなえると
Aさんがドールの 駒になるんですよ 」





(・・;)・・






次にBさんがドールに命令したとしますよね?

今度は
Bさんの命令と
Aさんという駒をつなげるんですよ


そしたらAさんは
それが自分の不利益なことであっても 
Bさんの命令を無意識的に叶える動きをしてしまうんですよ


そしてBさんの命令が叶うと
Bさんもドールの駒になる 



どんどん
命令をかなえていくうちに
楽しくA B C D駒が増えていく




そんな感じで
駒集めに熱中していったのが
ドールの系譜だったんですよ 」



(・・;)






ドールには情報が集まってましたからね


命令を受けて想いを叶えれば
命令した者は駒になるって
知っていたんですよ



そして 
命令すると
自分が誰かの駒にされちゃうことをしっていましたからね


それが世界の理だったんで


だから命令を聞くだけで
命令はしなかったんですよ


神官系譜もそのことを知ってたから
ドールに命令することをしないで


ドールを使ってくれそうな人に
ドールをあてがって
世界作りをさせるように誘導して
自分で選ばせてたんですよ



犬も言うことは聞きますが
ドールと違って
自分も命令しちゃいますからね

だからあんな中途半端な存在になっちゃったんですよ  」




(・・;)・・





ほら
Mちゃんが言ってたじゃないですか?

「 地獄の掟は使役すること 」って


「 支配したと想ったときが 支配され始めるとき

尽くすにはそれ相応の意味がある 」って


尽くすと
しもべが増えるんですよ 
尽くせば
あいてむが増えるんですよ

だから誰の命令でも聞いていたんです


こいぬちゃんでも
ドールを使役できたんですよ


こいぬちゃんなんか昔びくびくだったんですよ

でもドールを使役してるうちに
俺は何でもできるって
調子に乗っちゃいましてね



ドールに命令さえできれば
ゴロツキであっても
王になることができましたからね 


でも王様になった後 
ドールの駒にされちゃうんですけどね 


ともかく
使役できれば 誰でもすぐに使役できたんです





(・・;)





ただ
ドールは命令は聞いても

たすけてーだけは 
聞かなかったんですねー


だって
たすけて は 
たすけろ じゃないですからね

命令とは違うんですよ


たすけては 
たすけてを発してる人が中心点で


たすけてを叶えても
その人はドールの駒にはなってくれないんですよ


まあたすけてを発すると
エネルギーの緩衝として
誰かをたすける行動を
自然にとるようにはなるんですけどね 」






(・・;)






はるちゃんが


ドールは使うことで
地獄が作られるアイテム 」と言ってたんですけどね 



その本質は意味もわからず
おもちゃを集めをしてるような子供だったんですよ



ベビーというより
3歳児とか6歳児くらいのがきんちょが
おもちゃ集めゲームに夢中になって



駒を集める為に
尽くして尽くして命令を叶えて 
相手をあほにして 駒にしていく


言うことを聞きやすくて
染まりやすくて


基本ぴゅあだから
それができたんですけどね  」




(・・;)・・




ただドールにはやったことがかえらないかと言えば
そうではないんですよ


だってドールに情報が集まっていたのは
結界の磁場があったからじゃないですか?


それに
相手を調子に乗らせて あほにして
みんなを駒にしてましたからね



だから
結界が壊れてくると 
ドールは 情報が集まらなくなって
調子に乗って
あほあほになって
駒にされていくんですよ



おそらく最終的には
ドールが命令を叶えたことで不利益をこうむらされていた
養分さんや
自然の存在の駒になると想うのですよ 


まあ早い話

ドールは結界が切れると
今まで集めていた駒や
おもちゃも全部無くして
駒にされちゃうんですよ


 」





(・・;)・・







話はちょっと変りますけどね




火星は燃やしちゃった


ドールを使って
燃やしちゃった


恋に燃え尽きて
ネガティブを食べつくすと


私は
ドールを連れて
また別な星にいく 」


こんな声が夢で聞こえてきましてね

 
その声を聞いて
想ったんですけどね 

ノアの箱舟って預言でもあるんですよ 」




(・・;)!





ほら
水の時代になると
恋の炎は
消えちゃうじゃないですか


だから妬みは
恋のくすぶりを
消される前に
宇宙にいこうとするんですよ 


もともと
妬みからすれば
人間は 
神のごとき超能力者のようなものだったんですよ


だって
妬みって単体だと目も見えない 動けない
漂うしかできませんからね



人間だけじゃなく
地球に生きるいきとしいけるものがそうだったんで
それをまばゆく感じて
引き落としたいと想ったんですよ


それで
はりついたんですけどね


でもそれももうすぐ終わりなんですよ 」(えんせんせいの言葉)










追伸









えんせんせいと言えば
ご存知
はるちゃん




R0032709_R.jpg







ところで
はるちゃんが
今日こんなことを教えてくれた
(>ω<)/






はるちゃんは想いだした


魂を取り込むことと 
心をとりこむことは違う

はるちゃんも
ちょっと錯覚してたけど

おばばやドールが
魂を取り込むという意味で使っているのは

心をとりこむという意味

魂を取り込んでるわけではない 」





(・・;)!





魂をとりこむのは

相手の魂の音を聞いて
相手の想いをすべて受けとめること


相手のすべてを受けとめると 
相手が自分の一部になる

それが魂を取り込むこと」




(・・;)





従順に想いを叶えたり
楽しい気分にさせたり 
快楽で操縦するのは



心を取り込むこと


心は 
魂から見ると
その場その場の気分のようなもので



だからこそ人の心はうつろいやすい 


心をつかんだつもりでも一瞬で変ったりする


だから心をずっと恋の状態にとどめる為に 結界と言うものを 作った

移ろいやすい気分を固定させやすくする為に


それでも
恋の賞味期限は
最大5年だった



だから結界には
情をつかむ人も必要だった 


 」




(・・;)





魂をとりこむことと
恋させることは違う


魂をとりこむのは 
徹底的に音を聞き 
相手のおとを自分の中に受けとめること


地球と言う星にいる
この島にいる 
大好きな木さんの傍にいる

こういうことが
本来を魂を取り込まれてる状態で


魂はその存在が好きだから
そこにとどまり 
一緒にいて

その存在の一部になっている 



恋が心を取り込むとすれば 
情は魂をとりこむことに近い


はるちゃんは最近 ようやくそれを想いだした 」




(・・;)






はるちゃんはつながりのある存在と
ずっと一緒に生き続けたい


つながりのある存在と 
一緒に永遠に生き続けたい 」(はるちゃんの言葉)




R0033192_R.jpg






2013-03-30 :ねこねこのはなし :



転載終了

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ