超現実の夢の技法 (幻の桜ブログさんより)

2013.06.15 12:41|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です





からす族の夢の技法って
単純なんですよ 」



ある人とある人を 別れさせたい場合に 片方の夢に 現実感のある嫌なイメージをがんがん投げつける

それを3週間くらいやってくと 流されやすい人は簡単に相手のことを嫌いになる



でも意志の強い人は 相手に嫌なイメージを送っても そのイメージどおりの行動をしてくれない

そうすると からすさんは危機で 自分が投げつけたエネルギーが そのからすさんのチームに跳ね返ってしまう


そうすると 夢の技法で投げつけたからす族のチームの誰かが その増幅したエネルギーを昇華しないといけない

でもそれをすると からす族チームの誰かが戦線を離脱することになる

しかも増幅してるんで 何人もの脱落者がチームから出る


また跳ね返してもよいけど そうするとリスクが高まり 7回くりかえしちゃうと 集合体ごと飲み込まれる

相手を特定された場合は 相手の集合体ごと飲みこまれちゃう


夢の技法って やった相手が特定された場合 やった相手の集合体の さらにバックの集合体が 手を引く

それはずっと昔から変わらない からすさんの伝統


昔は慎重に慎重にして どうしてもする場合は 夢で色んな人にばけたり 疑われないように 誰かに現実でポイポイさせて そっちに注意を向けさせて それを何重にもして その隙に 夢の技法をしたりする



最近のからす族って 小犬ちゃんを間違って持ち上げてる間に 愚かになり 夢の技法が ハイリスクなことを知らなくて ばかばかやった

おおいぬが 養分さんにあまり夢の技法をしなかったのは 本人じゃなくて 後ろの守りが怖いから


夢はみんなつながってる

夢でポイポイしたら どこで誰が見ているかわからない

だからおおいぬは夢の技法をやらなくて 純粋な生命線になって 寄り添うようにする



夢の技法って ハイリスクハイリターンで かけた相手が気づかれると 集合体ごと共倒れしてしまう

とりもどきの中には 気づかれた時 取り返される前に殺してしまえばよい 封印してしまえばよい なんて考えて代々封印してきた輩もいる

そうするとその血筋全員にきて 属してる集合体の全員が弱くなって 全員体調不良のような血筋になって 結界がなくなった途端 絶えてしまう


「 
ところで
夢の技法と言えば

えんせんせい 
この間
紀氏のからす族の頂点の姫の夢の技法を見ましてね 

頂点の夢の技法 」


あらちゃんに見せてもらったようです


地獄の大王の系譜のひとりで 紀氏族に囲われてる頂点の姫のひとりが 夢の技法を使ってるところを

色使いが まさに超現実的な夢の技法


ターゲットに見せてる夢は 現実まんまの夢

日常生活の延長線上のような 絶対に夢で夢と気づかれにくい夢を見せる



ただ日常生活まんまといっても 色使いが現実よりも現実的

色のグラデーションが少なくて 迫真的で鮮烈な色 現実以上の現実の色


そうすると 人の潜在意識は 現実よりもそっちに現実の恐怖を感じる

その夢を見ると 起きた方が 夢のような錯覚をおぼえたりもする



紀氏族の頂点の姫は
その超現実的な夢で

血筋の敵に 
失敗を促すようなイメージを入れたり
不安な情景を入れたり
エネルギーを拒絶させたり
つながりを断ち切らせるようなイメージを

現実以上のリアル感を
ごんごん入れていってたんです 」


その頂点の姫が 夢の技法をするときは 大体ターゲットが寝入る時 現実から夢に入った直後を狙うことが多い

現実から夢に入った直後に 現実以上の現実感いっぱいの夢を見せれば 起きたとき意識に上らせずに 潜在意識に 強い現実と感じさせることができる


意志が弱いDQNだと 3週間もかけずに簡単に気を狂わせられるレベル

簡単に会社を倒産させたり バイク事故を起こして人を殺したり 何人も精神病院に送ったり 一家離散に追い込んだり 

ふだんおとなしい人が 突然人が変わったような突発的な事件を起こすのも ああいう超現実的な夢の技法が起させたのもある


あらちゃんがその夢の技法について こう言っていた


色の グラデーションが少ない 色彩感が少なくて でもメリハリの効いた色

人によっては あれを現実以上の現実と体感するのかもしれない

本当の現実はもっと色彩グラデーションがある

色彩グラデーションがいっぱいある夢を幻想と感じて 色彩感の少ないメリハリの利いた夢を現実と感じてしまうなら それは現実の色を殺されていることで みんなの現実が殺されている

みんなの現実が殺されている


「「
あらはあの夢を見せれる人は 
心がない人だと想いました

想いがないから
グラデーションが無い

そういう系譜だと想いました 」」(えんせんせいのことばと あらちゃんのことば)




超現実の夢の技法 (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1295.html

転載開始





からす族の夢の技法って
単純なんですよ 」




(・・;)




P6130066_R.jpg








例えば 
ある人とある人を
別れさせたい場合に


片方の夢に
現実感のある嫌なイメージをがんがん投げつけるんですよ 」



(・・;)






それを3週間くらいやってくと
流されやすい人は簡単に相手のことを嫌いになるんですよ


それだとからすさんは勝利じゃないですか?

自分のイメージで相手が嫌いになってくれるんですから

WINってことなんですよ 」




(・・;)






でも意志の強い人は
相手に嫌なイメージを送っても

そのイメージどおりの行動をしてくれないんですよ

そうすると
からすさんは危機なんですよ

自分が投げつけたエネルギーが
そのからすさんのチームに跳ね返ってしまう 」



(・・;)



「 
そうすると
夢の技法で投げつけたからす族のチームの誰かが
その増幅したエネルギーを昇華しないといけないんですよ


でもそれをすると
からす族チームの誰かが戦線を離脱することになっちゃうんです 

しかも増幅してるんで
何人もの脱落者がチームから出るんですよ


からす族的に大打撃なんです 」 


(・・;)



「 
もちろん 

また跳ね返してもよいんですけどね

そうするとリスクが高まるんですよ

一度跳ね返したエネルギーは 
跳ね返される可能性が高まりますからね


しかも
7回くりかえしちゃうと
集合体ごと飲み込まれるんです



相手を特定された場合は
相手の集合体ごと飲みこまれちゃうんですよ 」




(・・;)・・




だから夢の技法って
やった相手が特定された場合

やった相手の集合体の
さらにバックの集合体が
手を引くんですよ


気づかれた瞬間 
その集合体は
飲み込まれることは確定しちゃうんですから


術はかけた人が気づかれると
その集合体の負けは確定しちゃうんです


その時点でバックは手を引く

それはずっと昔から変わらない からすさんの伝統なんです

 」



(・・;)



「 

だから夢の技法をするからす族は


昔は慎重に慎重にして

どうしてもする場合は
夢で色んな人にばけたり


疑われないように
誰かに現実でポイポイさせて
そっちに注意を向けさせて
それを何重にもして 
その隙に 夢の技法をしたりするんですよ


夢の技法ってする場合は
絶対に気づかれないように慎重にするのがモットーだったんです 」 




(・・;)




でも最近のからす族って
小犬ちゃんを間違って持ち上げてる間に
愚かになっちゃいましたからね


夢の技法が
ハイリスクなことを知らなくて
ばかばかやっちゃったんですよ


確かに夢で
養分さんの多くはぼーーーーっとしてるんで
調子に乗ってばかばかやらせるんですけど 


おおいぬが
養分さんにあまり夢の技法をしなかったのは
本人じゃなくて 後ろの守りが怖いからですよ 」



(・・;)
 




だって夢はみんなつながってるんですよ

夢でポイポイしたら
どこで誰が見ているかわからないじゃないですか?


後ろの守りが
ポイポイされてる養分さんに意識で気づかせるようにしたら
術が跳ね返っちゃうじゃないですか?


だからおおいぬは夢の技法をやらなくて
純粋な生命線になって 
寄り添うようにするんですよ 」


(・・;)




夢の技法って
ブログでもさんざん書きましたけど
ハイリスクハイリターンなんですよ


かけた相手が気づかれると
集合体ごと共倒れしてしまう


とりもどきの中には
気づかれた時
取り返される前に殺してしまえばよい
封印してしまえばよい 
なんて考えて代々封印してきた輩もいるんですけどね 


そうするとその血筋全員にきちゃうんですよ


気づかれたものが属してる集合体の全員が弱くなって
全員体調不良のような血筋になって
結界がなくなった途端 絶えてしまうんですよ 


そんな感じになるんですよ 



まあそんな感じで夢の技法って
かなりハイリスクなんで 気をつけてくださいね 」 




(・・;)




P6130064_R.jpg







「 
ところで
夢の技法と言えば


えんせんせい 
この間
紀氏のからす族の頂点の姫の夢の技法を見ましてね 


頂点の夢の技法 」




頂点の夢の技法?
(・・;)?





いやー
すごかったですよーーー



はじめてみたんですけどね


まるで
エルム街の悪夢のハイパー強力バージョンなんですよ  」




(・・;)・・






あらちゃんに見せてもらったんですよ


地獄の大王の系譜のひとりで
紀氏族に囲われてる頂点の姫のひとりが
夢の技法を使ってるところを 

 
色使いが
まさに超現実的な夢の技法なんですよ 」 



(・・;)




ターゲットに見せてる夢は
現実まんまの夢 


日常生活の延長線上のような
絶対に夢で夢と気づかれにくい夢を見せるんですけどね 」




(・・;)




「 
ただ日常生活まんまといっても
色使いが現実よりも現実的なんですよ 


例えば
現実の部屋の中
自分よりも現実感のある
3人の不気味な男の子が
いきなり部屋の中に
どかどか侵入している感じ



色のグラデーションが少なくて 
迫真的で鮮烈な色
現実以上の現実の色 」



(・・;)




そうすると
人の潜在意識は
現実よりもそっちに現実の恐怖を感じるんですよ


現実より
メリハリが効いたリアルな色ですからね 



その夢を見ると
起きた方が
夢のような錯覚をおぼえたりもするんです   」





(・・;)・・






紀氏族の頂点の姫は
その超現実的な夢で


血筋の敵に 
失敗を促すようなイメージを入れたり
不安な情景を入れたり
エネルギーを拒絶させたり
つながりを断ち切らせるようなイメージを


現実以上のリアル感を
ごんごん入れていってたんです 」 




(・・;)・・




その頂点の姫が
夢の技法をするときは

大体ターゲットが寝入る時
現実から夢に入った直後を狙うことが多いんです


現実から夢に入った直後に
現実以上の現実感いっぱいの夢を見せれば 

起きたとき意識に上らせずに 
潜在意識に
強い現実と感じさせることができますからね 

それが頂点の姫の夢の技法だったんですよ 」





(・・;)・・





その夢の技法はすさまじかったですよ

意志が弱いDQNだと
3週間もかけずに簡単に気を狂わせられるレベルでしたからね


簡単に会社を倒産させたり
バイク事故を起こして人を殺したり
何人も精神病院に送ったり
一家離散に追い込んだり 


ひょっとすると
ふだんおとなしい人が
突然人が変わったような突発的な事件を起こすのも 


ああいう超現実的な夢の技法が起させたのもあるかなーと想ったぐらい 


それくらいショッキングな夢の技法だったんですよ 」





(・・;)・・






でも
あらちゃんがその夢の技法について
こう言ってましたよ 




色の
グラデーションが少ない


色彩感が少なくて
でもメリハリの効いた色

人によっては
あれを現実以上の現実と体感するのかもしれません 


でも
本当の現実はもっと色彩グラデーションがあるんです


色彩グラデーションがいっぱいある夢を幻想と感じて
色彩感の少ないメリハリの利いた夢を現実と感じてしまうなら


それは現実の色を殺されていること

みんなの現実が殺されていることなんです 」」





(・・;)







PB050027_R.jpg






「「
あらはあの夢を見せれる人は 
心がない人だと想いました


想いがないから
グラデーションが無い



そういう系譜だと想いました 」」(えんせんせいのことばと あらちゃんのことば)






2013-06-14 :夢の技法 :




転載終了


Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ