スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あーの山 (幻の桜ブログさんより)

2013.06.23 09:14|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です





知ってますか?

ふっつーには伝説を生む山があるんですよ 」


あーの山ですよ あーの山

それはそれは目立たない 小さな山

ヤマトタケル伝説って その山にしるしをつけたことで生まれた


伝説や神話って 土地のパワーを利用することにより 生まれる



パワーのある土地に 自分の痕跡を記した石を 土地のパワーに チョンするように置いたり埋める

それが 原初の土地の風水

そんなささやかな風水で伝説って作られた


石を置くポイントは 必ず人の想念を引けるポイントを選んでる


人の想念が引けるポイントは 人の死体が埋まってるような場所

人の想念が集まりやすい人が死んだポイント

リーダーの系譜 遊女ぬしが埋まっているようなところ もしくは そのエネルギーが集まるポイント


パワーのある土地で 土地とつながりのある人や 多くの人の想念を集めてたような人の死体を埋めると その地に住んでる人たちの想念や 土地の想念もそこに集まってくる


その上に石を置くと 死んだ人に集った想念が その石で 置いた血筋のところに飛ばせる


征服者って 人の見るような場所じゃないのに わざわざ山奥とか辺境に 石のモニュメント残したりしてる

その土地で収奪して 一帯で死体の山を積み上げると 死体の想念が一番集まる気のポイントに 石とか石碑とか置いたりする

そうすると 死んだ人を介して 土地のエネルギーを 伝説作りに利用できる


征服者とかが 伝説を作るために 主に埋めてたのは リーダーとか 子供とか女性とかも多かった

残酷に女性や 子供達が殺されると 多くの想念が 女性や子供達を復活させたい 蘇えってほしいって 応援のエネルギーを集める

封印とは本来そこに集まるエネルギーを 別なところに運ばせて 復活させないようにしたもの

それが塚であり 石による封印


ヤマトタケルの伝説も 神武の神話も 人を殺して 殺された人たちに集まる応援のエネルギーを飛ばしたことで
作られた


ヤマトタケルや神武たちって ただの強盗団の首領

だまし討ちにしたり ハニートラップで裏切り者を作ったり 静かに暮らしてる土地の人を襲ったり 抵抗されると子供を人質にとって脅して 一体どこに物語性があるのか?

モーセもチンギスハーンも同じ


地震や戦争の慰霊碑もそういう仕組み

多くの人が死んだエネルギーを利用して あれで結界作りしてる

慰霊碑って死者のエネルギーを掠め取る為に 作られるもの


最近では文豪や政治家 芸術家も 目立たないところに自分の名前記した 石碑とかおいてある

あれも何気に 気が集まるポイントとか 古代に人が死んだところ そういうところに石碑を置いて 土地のエネルギーを流用してる



これはみるくちゃんが言ってたようですが ふっつーには伝説だけでなく 富を生みやすいポイントの山もある


それが鹿の山


紅い電池(東京タワー)ができてから 東京って 飛躍的に発展した

あれは 鹿の山のエネルギーを 東京に飛ばしたから

鹿野山って 関東の山の中で 物質や富を呼ぶ性質の山で 昔は寺の結界で 鹿野山のエネルギーを あちこちの地域に飛ばしてた

紅い電池とママママ牧場で 東京と鹿野山 塔と山で 対になる風水を作って 東京にあの山のエネルギーを一極集中して運ばせた


この50年近く 東京にかつてなかったくらい 桁外れのエネルギーが集中したのは 風水的には ほぼ鹿野山のパワーといっても過言じゃない

想念のエネルギーは あちこちから運んできたけど 物質エネルギーに限って言えば ほぼ鹿野山の力オンリー



みるくちゃんの話だと 特に99の谷 あの谷に物質エネルギーが 集まってる ようです

あそこの谷の色は 物質を呼ぶ色彩エネルギーで あの谷の色 特に秋の色をベースに デザインとか 作品を作ると それだけで物質運がつく


鹿野山といえば ヤマトタケルと あくるーおうの虎たちが戦ったとき しーの系譜や子供達を人質をとって 降伏させ その後 降伏したリーダーさんたちを殺した

あれ 想念的には 呪法なんですよ


そこでリーダー達を殺して埋めれば そこに応援想念が集まる

それを石で飛ばせば タケルにその気がつき 鳥さんや運ぶ想念の目線では たけるたちが 土地のリーダー達の継承者ってことになる

エネルギーを運ぶ想念に そうおもわせればよかった


そしてタケルは鹿野山の前に ちくさーの海の集落を襲って ちくさーの近くにある あーの山にも同じようなしるしを作った

あーの山は 意志の山 発信塔のような山

もちろん山なんで ある程度の物質も集める

海の近くにあるという性質上 莫大な富とか言うよりも 想念を物質化したもの 物語や 作品のような物質を呼んでくる山


ヤマトタケルはあの地で 海のしーの系譜を殺して あの山に埋めた

鳥さんデータベースによると 髪が長く色が黒くて フィリピンアフリカンな女性だったようです


フィリピンの人も アフリカンの人も 色が黒いから からすさんからすれば同じ

黒い服来た女の人も 空を飛ぶ鳥さん目線だと 黒人に見える

その黒い女性に集まった エネルギーを石で飛ばして 鹿野山であくるーおうの虎を殺して埋めたことで 大和は
伝説と富 両方手に入れることができた


今 あーの山のには タケルのしるしに被せるように 数百年前 どこぞの血筋が建てた 溶岩の石碑とか建ってる


関が原とか 御巣鷹山とか モアイ像とかも じつはそうなんですよ


イースター島の モアイ像の下って 超能力者いっぱい埋まってる

でもあれは運ぶ先の血筋がいなくなっちゃて 名声運の運び先がなくなったから だからモアイ像自体があんなに有名になった



まあ話しは
長くはなりましたけどね

鹿の山は富を呼ぶ山

あーの山は
伝説を生む山なんですよ

あーそうそう

あーの山って
市役所の裏にあるんですよ

小さな小さな裏山で
山頂への入り口も隠すようにしてあってですね 

でも
あのあーの山が
伝説を生む山なんです 」(えんせんせいのことば)





あーの山 (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1303.html

転載開始




P6130095_R.jpg











知ってますか?



ふっつーには伝説を生む山があるんですよ 」







伝説を生む山?
(・・;)







あーの山ですよ
あーの山




あーの山と
呼ばれている


それはそれは目立たない
小さな山なんですけどね


ヤマトタケル伝説って
その山にしるしをつけたことで生まれたんですよ 」




(・・;)





伝説や神話って
どうして生まれるか知ってますか?


土地ですよ土地

土地のパワーを利用するんです 」





(・・;)





パワーのある土地に
自分の痕跡を記した石を
土地のパワーに
チョンするように置いたり埋めるんですよ


それが
原初の土地の風水なんですけど



一見
ガキンチョのお遊びって想われるかもしれませんけど
そんなささやかな風水で伝説って作られたんですよ
 」




(・・;)・





それでですよ

石を置くポイントなんですけど
いくら自然の気がいっぱいのポイントでも


征服者や文化人は
人の想念を集めたがってましたからね




だから
石を置くポイントは
必ず人の想念を引けるポイントを選んでるんですよ 」






(・・;)





人の想念が引けるポイントは
人の死体が埋まってるような場所ですよ


人の想念が集まりやすい人が死んだポイント


例えば古代のしーの系譜や
リーダーの系譜 
遊女ぬしが埋まっているようなところ




もしくは
そのエネルギーが集まるポイントが
選ばれることが多かったんですよ 


 」




(・・;)





ほら
パワーのある土地で
土地とつながりのある人や 
多くの人の想念を集めてたような人の死体を埋めると
その地に住んでる人たちの想念や
土地の想念もそこに集まってきますよね




その上に石を置くんですよ


そうすると死んだ人に集った想念が
その石で 置いた血筋のところに飛ばせるんですよ


 」




(・・;)





ほら

征服者って
人の見るような場所じゃないのに
わざわざ山奥とか辺境に
石のモニュメント残したりしてるじゃないですか?


あれは 
その土地で収奪して
一帯で死体の山を積み上げると
死体の想念が一番集まる気のポイントに
石とか石碑とか置いたりするんですよ



そうすると
死んだ人を介して
土地のエネルギーを
伝説作りに利用できるじゃないですか?



その手法で
人の想念と土地のエネルギーを集めていたんですよ 」





(・・;)・






そして
征服者とかが
伝説を作るために
主に埋めてたのは
リーダーとか
子供とか女性とかも多かったんですよ


子供や女性って
大人の想いを引きやすいですよね? 




残酷に女性や
子供達が殺されると



多くの想念が 
女性や子供達を復活させたい
蘇えってほしいって
応援のエネルギーを集めるんですよ


本当ならそれで復活するんでしょうけど


石や痕跡の付いたしるしで
そのエネルギーが飛ばされるんですよ


それが封印なんですよ


封印とは本来そこに集まるエネルギーを
別なところに運ばせて 
復活させないようにしたものなんです


それが塚であり
石による封印なんですよ 」




(・・;)!





歴史上の
征服者たちって
伝説を作るために
みんなそういう死者に集まった応援のエネルギーを利用していたんですよ


ヤマトタケルの伝説も 
神武の神話も
人を殺して 
殺された人たちに集まる応援のエネルギーを飛ばしたことで
作られたんです 」




(・・;)・・・






だって
考えてみてくださいよ


ヤマトタケルや神武たちって
ただの強盗団の首領じゃないですか?


だまし討ちにしたり
ハニートラップで裏切り者を作ったり


静かに暮らしてる土地の人を襲ったり 
抵抗されると子供を人質にとって脅して  


一体どこに物語性があるですか?



モーセもチンギスハーンも同じですよ
たくさん人を殺して
その復活に集まった想念を
伝説作りに利用した


征服者達は
たくさん人を殺して
復活のエネルギーが集まるポイントに
残酷なモニュメントをつけることで


土地のエネルギーと応援の想念を利用して
歴史の偉人って
印象づけしてたんですよ 」





(・・;)・・







「 
地震や戦争の慰霊碑もそういう仕組みなんですよ

多くの人が死んだエネルギーを利用して
あれで結界作りしてるんです


慰霊碑って死者のエネルギーを掠め取る為に
作られるものですよ 」



(・・;)・・ 





それと
最近では文豪や政治家
芸術家も
目立たないところに自分の名前記した
石碑とかおいてあるじゃないですか?


あれも何気に
気が集まるポイントとか 
古代に人が死んだところ
そういうところに石碑を置いて
土地のエネルギーを流用してるんですよ


あの単純な仕組みで
名声運をつけたりした文化人や文豪も多いんですよ 」




(・・;)・・






P6130072_R.jpg









ところで話はちょっと変わるんですけどね 

知ってますか?


これはみるくが言ってたんですけど

ふっつーには伝説だけでなく

富を生みやすいポイントの山もあるんですよ 」




(・・;)





それが鹿の山
鹿野山ですよ



ほら
紅い電池(東京タワー)ができてから
東京って
飛躍的に発展したじゃないですか?



あれは
鹿の山のエネルギーを
東京に飛ばしたからなんですよ 


鹿野山って
関東の山の中で
物質や富を呼ぶ性質の山で


昔は寺の結界で
鹿野山のエネルギーを
あちこちの地域に飛ばしてたんですけど



紅い電池とママママ牧場で 
東京と鹿野山
塔と山で
対になる風水を作って


東京にあの山のエネルギーを一極集中して運ばせたんですよ  」




(・・;)





この50年近く
東京にかつてなかったくらい
桁外れのエネルギーが集中したのは


風水的には 
ほぼ鹿野山のパワーといっても過言じゃないんですよ



想念のエネルギーは
あちこちから運んできたんですけど

物質エネルギーに限って言えば
ほぼ鹿野山の力オンリーで



あの山はそれくらい物質化 
富を呼ぶ力がすごいんですよ 」




(・・;)





みるくの話だと
特に99の谷 


あの谷に物質エネルギーが
集まってるって言うんですけど 


そういえば
あの谷ってやけに
色彩綺麗じゃないですか?



あそこの谷の色は
物質を呼ぶ色彩エネルギーで 



あの谷の色
特に秋の色をベースに
デザインとか 作品を作ると

それだけで物質運がつくんですよ  


もちろん他の秋山も
物質を呼ぶ色の性質なんですけど


あの谷の自然の色は 
特に山の中でも特筆するくらい 
物質を集める色エネルギーなんです 」




(・・;)
 





それでほら 
鹿野山といえば


ヤマトタケルと
あくるーおうの虎たちが戦ったとき


ヤマトタケルは
しーの系譜や子供達を人質をとって
降伏させたじゃないですか?



その後
降伏したリーダーさんたちを殺しましたよね? 


あれ
想念的には 
呪法なんですよ呪法 」




呪法?
(・・;)?





ほらさっき話したじゃないですか?


鹿の山は
富を呼ぶ山


そこでリーダー達を殺して埋めれば
そこに応援想念が集まるじゃないですか?


それを石で飛ばせば
タケルにその気がつきますよね?


そうすれば
鳥さんや運ぶ想念の目線では 
たけるたちが
土地のリーダー達の継承者ってことになるんですよ   



エネルギーを運ぶ想念に
そうおもわせればよかったんです 


その呪法のために
あの土地で
降伏した虎たちや多くの人 
子供達を殺して埋めたんです



ひどいですねー 」




(・・;)





そしてタケルは鹿野山の前に
ちくさーの海の集落を襲って


ちくさーの近くにある
あーの山にも同じようなしるしを作ったんですよ



あーの山は
富の山というよりも 


意志の山
発信塔のような山なんですよ


もちろん山なんで
ある程度の物質も集めるんですけどね


でも
海の近くにあるという性質上
莫大な富とか言うよりも


想念を物質化したもの 


物語や 
作品のような物質を呼んでくる山なんです 」




(・・;)! 





例えば映画や本

あれって想念を
具現化したものじゃないですか?



夢を現実の人に伝えやすくした物質


あーの山は 
そういうエネルギーを集める性質の山なんです


そして
ヤマトタケルはあの地で
海のしーの系譜を殺して
あの山に埋めたんです



鳥さんデータベースによると
髪が長く色が黒くて
フィリピンアフリカンな女性だったようです 」



(・・;)




フィリピンの人も
アフリカンの人も
色が黒いから 
からすさんからすれば同じなんですよ



黒い服来た女の人も
空を飛ぶ鳥さん目線だと
黒人に見えるんですから 



そしてその黒い女性に集まった
エネルギーを石で飛ばして


そして
鹿野山であくるーおうの虎を殺して埋めたことで


大和は
伝説と富
両方手に入れることができたんですよ


  」 



(・・;)・・





古代には
ヤマトタケルより
有能な武将って
いっぱいいたんですよ


でもタケルが伝説になったのは
あーの山の力が大きいんです


あーの山で
土地とつながりある人を埋めて
しるしをつけて 
そのエネルギーを利用することで 
伝説を作ることができたんです




あーの山のには 
タケルのしるしに被せるように
数百年前 どこぞの血筋が建てた
溶岩の石碑とか建ってますけど



吸血鬼たちの歴史って
いつもこんな感じで
土地のエネルギーと死体を利用して
作られていたんですよ




関が原とか
御巣鷹山とか


モアイ像とかも
じつはそうなんですよ 」



(・・;)!



「 
知りませんでしたか?


イースター島の
モアイ像の下って 
超能力者いっぱい埋まってるんですよ 


でもあれは運ぶ先の血筋がいなくなっちゃて
名声運の運び先がなくなったから
だからモアイ像自体があんなに有名になっちゃったんですよ  


モアイちゃん

雲飛ばしてるだけなんですよ 


教えてあげてくださいね 
かわいそうですから





(・・;)・・





まあ話しは
長くはなりましたけどね


鹿の山は富を呼ぶ山


あーの山は
伝説を生む山なんですよ



あーそうそう


あーの山って
市役所の裏にあるんですよ



小さな小さな裏山で
山頂への入り口も隠すようにしてあってですね 




でも
あのあーの山が
伝説を生む山なんです 」(えんせんせいのことば)








1_R.jpg










2013-06-22 :パワースポット :




転載終了

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。