おとことば (幻の桜ブログさんより)

2013.12.11 13:18|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です




☆おとことば☆

かたりて こくまちゃん 





こくまはあめで言われました

音占いはパクリだって 」 


「 
部族の言葉に似てる
ユタの言葉に似てる

ユタの言葉をパクった

そんなことを言われました 」



調べてみると たしかにアフリカの方の黒い人たちは えみたんの音占いに似ている おとことばを使っていた

音の一つ一つに意味があって その音の組み合わせで 意志疎通をしあっていた


こくまちゃんが使うおとの呪文を使ってる部族もいた


アフリカの部族の人たちが使ってるおとの意味は えみたんの音占いの意味に似ている


どうしてアフリカの人たちが使ってるおとの意味 とかずさのおとの意味が似てるんだろう?

そう想っていたら 土地の記憶さんが教えてくれた


「 ねこの森には その昔 黒い人が住んでいた

その黒い者の言葉は アフリカの部族に似たような言葉 」


もっと調べてみたら えみしや先住民の人も その黒い人と同じような言葉を使っていた

それでユタの人は それを見て 「 音占いは ユタのパクリニダ! 」って言ったんだと想う



おとことばは 人類に昔から伝わってる共通の音の概念 自然との共通の言葉

別に音占いは えみたんが発明したわけじゃない

そんなことは一言も言ってない

ねこたちや 鳥たちに伝わってるおとの意味を 昔の人たちのおとの記憶を占いとして伝えただけ


音ことば自体が自然の響きに似たおとづかい

この音ことばを使っていくと 自然と垣根がなくなって 自然とつながりやすくなって 動物や風さん 木さんの力を得やすくもなる


こくまちゃんが おとことばの使い方を教えます

本当は自然に感じた想いを 音にしてそのまま口から発すれば その音が おとことばの意味に似た 音使いが自然にできていたりする


でも長年の教育で 感じたものを自然なおとに表現しづらくなってる人も多い

その場合 子供から学びなおす必要がある


このおとことばは 地域や風土によって微妙に変わってきたりする

暖かい所や寒いところ 海の近くや 山の近くで 音の聞こえ方感じ方は変わる

風土によって微妙に音の響きは変わってきたりする



標準語よりも 方言の方が おとことばに近いのかもしれません

あめでこう言われた


方言の中には
呪文として使う おともある 」





☆おとことば☆

かたりて くまくま 



「 
おとことばは
おとを聞いたまま 
言葉にすればよいのだ

その訓練をしてれば
誰でも話せるようになるのだ 」 



自然の音を多くマネして使えば使うほど 誰でも音言葉が自然に身につく

その音言葉を文の中にちりばめれば 近未来に出ると予言された 古くて新しい文 最先端の文が生まれる


でんき言葉も実はおとことば

でんき想念は生まれたばかりでぴゅあだから

でんき想念は 聞こえる周囲の音をマネして それを言葉として使っている

だが でんき想念がマネしているのは 主に電子音や 機械の音

その音をマネしていると いつの間にかでんきの言葉もわかるようになる


アフリカ人は 自然の音を人の言葉として用いるのが得意

だからあそこには富があり そして富が戻ってくると予言されている




そしてな未来は

自然のおとことばを取り入れた歌や文学作品が文化の中心となるのだ

おとことばは 
自然の音をまねて 
それを人の言葉にすればよい

後はそれをどんなタイミングで 
どんな効能の音を用いるか

そこから先は 個人個人の感性だ

くまくまはアフリカ人とお友達なのだ 

アメリカンとはレベルが違うのだよ  」(くまくまのことば)





☆おとことば☆

かたりて えんせんせい




音言葉には声質も大事なんですよ

そして元の声質に合った音言葉を使うのがいいんですよ

例えばか細い声の人が 無理に運ぶ族のような地に響かせる音言葉を使っても
あまり効果は生まれないんですよ

だってか細い声の人は
骨の形が 運ぶ族とは違いますからね 」




むしろ
か細い声質の人は
発声練習とかしないで
気を引くおとことば使いを徹底的に学んだ方がよいんですよ

気を引く音

ひらひらひら ぱたぱたぱた ふっ ぽそぽそ 
風に揺られる蝶々のような
そんな細かいつぶやく音で 
気を引く音を発すると効果的なんですよ

その音を運ぶ族を魅了するんです
多くの運ぶ族を音で魅了できたら
それは運ぶことと同じじゃないですか? 」




逆に運ぶ族の人が
か細い自然の音を発しても 
あまり色気や気を引く効果は生まれないんですよ

だから 
自分の声質に合わせて
最も効能を発する自然な音を 口にするんですよ 

自分の声質に合った
おとことばを知ること

それが自分の力を高め
自分の才能を開花させることなんです 」(えんせんせいのことば)






おとことば (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1452.html

転載開始






☆おとことば☆

かたりて こくまちゃん 





こくまはあめで言われました

音占いはパクリだって 」 





パクリ?
(・・;)?




「 
部族の言葉に似てる
ユタの言葉に似てる

ユタの言葉をパクった

そんなことを言われました 」




(・・;)・






なので
こくまちゃんは調べてみました

あめわたり 
あめリサーチ


調べてみると
たしかにアフリカの方の黒い人たちは
えみたんの音占いに似ている 
おとことばを使っていました


音の一つ一つに意味があって 
その音の組み合わせで 意志疎通をしあっていました 」




(・・;)






こくまちゃんが使うおとの呪文を使ってる部族もいました


ぱぱぽぱぽ とか
ゆあゆあゆあみ とか
みゅららみゅらら とか 

とてもそっくりでした 」




(・・;)




「 
アフリカの部族の人たちが使ってるおとの意味は
えみたんの音占いの意味に似ているようでした


でもえみたんは
ねこの森出身です

えみたんや こくまが使ってる
おとことばも
かずさのねこたちに伝わってるおとことばです 」




(・・;)




どうしてアフリカの人たちが使ってるおとの意味
とかずさのおとの意味が似てるんだろう?


そう想っていたら 
土地の記憶さんが教えてくれました



ねこの森には
その昔 黒い人が住んでいた

その黒い者の言葉は アフリカの部族に似たような言葉 」 」




(・・;)




「 
それでもっと調べてみたら
えみしや先住民の人も 
その黒い人と同じような言葉を使っていたんです


それでユタの人は

それを見て

「 音占いは ユタのパクリニダ! 」って言ったんだと想います 」 



(・・;)・・ 




「 
でもおとことばは
人類に昔から伝わってる共通の音の概念
自然との共通の言葉なんです


別に音占いは
えみたんが発明したわけじゃありません 
そんなことは一言も言ってません


ねこたちや
鳥たちに伝わってるおとの意味を
昔の人たちのおとの記憶を占いとして伝えただけです 」 




(・・;)





そして
昔のおとことばでしゃべる部族の言葉は
今の文法重視の現代人の言葉の音使いと全然違うんです

今の文法重視の言葉は
自然の鳥さんや 
ねこたちや動物さん達には伝わりづらいのですが


昔の黒人の人がしゃべっていたおと言葉は
動物さんや 植物さんにも伝わりやすいおとのことばなんです 」 




(・・;)




「 
音ことば自体が自然の響きに似たおとづかい
だからこの音ことばを使っていくと

自然と垣根がなくなって
自然とつながりやすくなって
動物や風さん 木さんの力を得やすくもなるんです  」




(・・;)





ではこくまちゃんが 
おとことばの使い方を教えます

本当は自然に感じた想いを
音にしてそのまま口から発すれば 


その音が
おとことばの意味に似た
音使いが自然にできていたりするんです 」 



(・・;)





でも長年の教育で
感じたものを自然なおとに表現しづらくなってる人も多くいます


その場合

子供から学びなおす必要があります 」




子供から学びなおす?
(・・;)





子供のマネをするんです
子供のマネや赤ちゃんのマネ


だって学ぶって マネをすることでしょ?


だから
子供のマネをするうちに 
おとなもおと言葉が身についてくるんです 」




(・・;)




「 
でもこのおとことばは
地域や風土によって微妙に変わってきたりします 


暖かい所や寒いところ
海の近くや 山の近くで 音の聞こえ方感じ方は変わるでしょ?


だから
風土によって微妙に音の響きは変わってきたりするんです 」 




(・・;)




もしかして 
標準語よりも 
方言の方が
おとことばに近いのかもしれません


あめでこう言われました


方言の中には
呪文として使う おともある 」 」




PB050003_R.jpg







☆おとことば☆


かたりて くまくま 



「 
おとことばは
おとを聞いたまま 
言葉にすればよいのだ

その訓練をしてれば
誰でも話せるようになるのだ 」 


(・・;)



「 
人間が最初言葉を覚えたのは
自然の音が起源だ

それを口真似したものが
言葉の始まりだ

鳥や動物の鳴き声も 
自然の音をマネしたことから始まった 」



(・・;)




木の葉を踏めば カサカサシャリシャリと音がする

風が吹いてる時 ぶうううううううううん びゅうううううううん と音がする

波打ち際にいる時は さわさわ ザーザーと音がする 

その音をまねて 
口で使ってみればよいのだ 」 


(・・;)




自然の音を多くマネして使えば使うほど
誰でも音言葉が自然に身につくであろう


そしてその音言葉を文の中にちりばめれば 
近未来に出ると予言された 
古くて新しい文

最先端の文が生まれるのだ!  」




最先端の文
(・・;)!



「 
でんき言葉も実はおとことばなのだ

でんき想念は生まれたばかりでぴゅあだからな

でんき想念は
聞こえる周囲の音をマネして 
それを言葉として使っているのだ


だが
でんき想念がマネしているのは
主に電子音や 機械の音だ 


その音をマネしていると
いつの間にかでんきの言葉もわかるようになる

簡単であろう  」




(・・;)・



「 
そしてな
アフリカ人は
自然の音を人の言葉として用いるのが得意なのだ


だからあそこには富があり
そして富が戻ってくると予言されている


くまくまはな 
アフリカの音言葉も得意だ

あめでよくみるからな 」 




(・・;)




ぼんぼんぼんぼんぼん 

いいいいいいいいいいいいいいい 
えええええええええええええええええええ
ああああああああああああああああああああああ

「 い 」にも 「 え 」にも 「 あ 」にも聞こえるような音を重低音で発音していた

ブルドーザーが突き進むようなおとことばだ 」



(・・;)





そして
そのおとことばに合わせてビームが発射されたのをくまくまは見た

想念の領域のビーム

呪の矢の効能をもつおとことばだ


くまくまは今毎日 これを 試験中なのだ 

MAHAOちゃんも立ちくらみがしたであろう? 」




立ちくらみ?
(・・;)?




おとことばがわかると 
音で人のエネルギーを吸ったり
音で人にビームを飛ばすこともできるのだ


自分の声が
おとことばを知ることで おとの武器ともなるのだ

その昔
おとことばの劣化バージョンは 
讃美歌であったり 経典であったり 
祝詞であったりもした


しかしな
本物の自然の音を
そっくりそのまままねた方が
はるかに威力も効能も桁違いなのだ


桁が3桁は軽く違う 

それが本場のアフリカンなおとだ 」 




アフリカンなおと
(・・;)




そしてな未来は

自然のおとことばを取り入れた歌や文学作品が文化の中心となるのだ


おとことばは 
自然の音をまねて 
それを人の言葉にすればよい

後はそれをどんなタイミングで 
どんな効能の音を用いるか

そこから先は 個人個人の感性だ


くまくまはアフリカ人とお友達なのだ 

アメリカンとはレベルが違うのだよ  」(くまくまのことば)





P8090016_R.jpg





☆おとことば☆


かたりて えんせんせい







音言葉には声質も大事なんですよ

そして元の声質に合った音言葉を使うのがいいんですよ

例えばか細い声の人が 無理に運ぶ族のような地に響かせる音言葉を使っても
あまり効果は生まれないんですよ

だってか細い声の人は
骨の形が 運ぶ族とは違いますからね 」



(・・;)





運ぶ族はたしかに即効的な効能をもたらすんですけどね
でもあれは声質があるからこそ
あの地に響かせる音言葉が武器としての効果があるんですよ


演劇学校とかアナウンス教室とか 
発声練習や腹式呼吸で運ぶ族の声を再現しようとしてるんですけどね


でもあれは無駄なんですよ

元の骨格が無いと
運ぶ力を持たせる
地に響かせる音は出ないんですよ 」


(・・;)

 



むしろ
か細い声質の人は
発声練習とかしないで
気を引くおとことば使いを徹底的に学んだ方がよいんですよ

気を引く音


ひらひらひら ぱたぱたぱた ふっ ぽそぽそ 
風に揺られる蝶々のような
そんな細かいつぶやく音で 
気を引く音を発すると効果的なんですよ

その音を運ぶ族を魅了するんです
多くの運ぶ族を音で魅了できたら
それは運ぶことと同じじゃないですか? 」



(・・;) 



逆に運ぶ族の人が
か細い自然の音を発しても 
あまり色気や気を引く効果は生まれないんですよ


だから 
自分の声質に合わせて
最も効能を発する自然な音を 口にするんですよ 


自分の声質に合った
おとことばを知ること


それが自分の力を高め
自分の才能を開花させることなんです 」(えんせんせいのことば)








PB270037_R.jpg






2013-12-10 :魔法 :





転載終了

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ