心の契約 (幻の桜ブログさんより)

2014.03.07 00:33|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です







昨日のこくまちゃんの話にもつながるんですけどね

人間って知らず知らずのうちに
契約とか一方的に交わされてることが多いんですよ 」 


「 それは同意なき契約

契約したことを知らないまま結ばされてる契約のようなもの

世界でのつけかえや 搾取や奴隷労働って 知らないまま契約を結ばされることによって 起こることが多い 

多くの人が知らず知らずのうちに 奴隷になる 契約を一方的にさせられたりしてる 」 


「 これは想念の契約と呼ばれる類のもので その想念の契約は文書で書面化する必要はない

心の中の言葉で 一方が心の中で命令や契約を発信し もう一方が想念から見て 同意したと感じるような行動をとれば それで契約は完了 」



「 お給料とかもらったり ちょっとしたお菓子をもらったり 何かつまらないものでももらったとする

そう言う時 吸血鬼の大半は 無意識的に命令的な言葉を唱えてることが多い

「 俺のいうことを聞け 」 とか
「 俺の言いなりになれ 」とか
「 お前の財運を渡せ 」とか  」


「 その命令を発してる時に 物とかつまらないとかでも渡すと 想念の目からすると それで物を渡された人が 心の声の契約に同意したって 勝手に判断される

吸血鬼って この心の契約を利用して 厄をポイポイしたり 運を吸ったりしてる 」


「 養分の人の多くって 日常で吸血鬼に心の中で命令されまくり

財運よこせとか 言うこと聞けとか 逆らうなとか

いじめられっ子って いじめっ子の言いなりになって 反抗できなくなったりするが あれも知らず知らずのうちに結ばされた契約によって 想念によって反抗できなくされてることとか 多い

そうやって養分の人たちは 一方的に才能とか 財運とか 恋愛運 名誉運とかも 狩られまくっていた 」 



「 もちろん 本人は契約した覚えはない 

なのに なんで?理不尽な そう想われるかもしれない


でも吸血鬼たちは 本人の気持ちなんて考えてなく 想念がどう想うか想念にどう同意したと想わせるか

実際にエネルギーを運ぶのは 本人ではなくて 想念

吸血鬼達は その想念の目線で 契約したと錯覚させればよいと想ってる  」


「 想念って想念の声を聞く習性

口で発してる声と 心の中の声が区別がついていない想念も多い

それどころか心の中の声の方が 口に出した声よりも クリアーに聞こえる想念も多い 」



「 吸血鬼って無意識的に その想念の性質を知ってる吸血鬼も多い

心の声の契約に 無防備で無警戒な養分とかを見つけると 養分発見 養分発見 って心の中で高笑いする 

知らぬのをいいことに 次々とその養分さんに接触を持ちながら 命令的な契約を どんどん周囲の想念に向けて伝える

「 おまえの大事なものをよこせ 」とか 「 俺の厄を請け負え 」とか 」


「 みんながみんな 心の声を聞ければ 吸血鬼たちが不当な命令を発してるのに気づいて それに対して拒絶の声を 心であげることができる

養分の人は そういう心の声が聞こえづらい磁場だから 一方的に養分にされてる

それに養分の人って 目の前の人が心の奥で何を想ってるかなんて あまり気を回さない

それで 一方的に運とか エネルギーとか吸われまくってる人多い 」


「 特に会社組織とか 一方的な契約が交わされやすくて 吸われやすい場

会社は お給料という形で現物を渡してるから

社員さんからすれば 時間を拘束された労働の対価として 当然もらってるにすぎないけど 吸血鬼的な経営者だと お給料という形で ありえないくらい社員さんの運を吸う経営者さんもいる 

健康運 アイデア 家族運 人の縁 後ろからくる庇護の守りのようなもの 少ない給与で社員さんから何重にも運を吸う  」


「 街やファミレスに行くと ガキンチョたちが一方的に大声で騒ぎたてたり 何かをブツブツ言いながら まわりを回ったりする

あれもガキンチョたちは 心の契約をしてたりすること多い 

ある良いエネルギーを持ってる養分さんが ガキンチョの視界に入って来たとすると いいものがあることを感じるとガキンチョ達は つけかえようと 周囲をぐるぐる回って 心の中で 「 それ渡せ 」「 それ渡せ 」って連呼する

心の声に気づかないと 想念は けたたましい声をあげてるガキンチョたちに 養分さんが 良いエネルギーを渡すことを了承したって 想われちゃったりする 」 


「 学校とかも よく子供たちの運を契約で 狩られたりする

先生とかって 日常的に子供たちに命令言語使ってる しかも職業的に 子供たちにいつも「 はい 」を言わせることができる職業

子供たちに「 はい 」を言わせるタイミングで 先生が 心の中で声を発するだけで 子供から運とか才能とか 可能性とか健康エネルギーとか 吸えちゃったりする 」


「 それで DQNとかって 結構 先生に抗ったり 些細なことでも 一々反抗したりする

DQNって本能的にわかる

「 はい 」って安易に了承すると 運とかエネルギーを 教師や 国という仕組みに吸われることを知ってるから だから拒絶の意を想念にわかりやすく周囲に示してる

先生に下手に同意をすれば 才能や運が狩られちゃう  学校とは狩りあいの場  」 


「 家族間でもです

ママが対立血筋から嫁いできたタイプだと そのパターンが多く起き 敵血筋との間に子ができると ママは子供に 

「 ママのいうことを聞きなさい 」 「 お前はママの許可したものしか受け取れない 」 「 お前の運を ママの血筋 ママの愛しい人達に渡しなさい 」 一方的にその命令を心で 発し続ける

養分にされてる子供たちは ママが心の中で そんな命令を発してるなんて想わない子が多い

そんな命令を発してるママに つい何かの拍子に 「 はい 」とか「 うん 」とか返事したりすると 想念は ママの命令に同意したものと想って ママの血筋にその子の運を運んじゃったりする 」


「 この仕組みを利用すると 嫁ぐだけで 心の契約を利用して 一方的に子供達から運を吸える

古くから血筋は 敵血筋の嫁になって 敵血筋との間にまず子供を作ろうとする

その子供が 敵の血筋の集合体から運や財運を狩るコードになることを知っているから それをする  」


「 人の心の声が聞こえるって言うと 吸血鬼の中には おびょーきおびょーきって言って馬鹿にする人がいる

えんちゃんの知ってる限り 吸血鬼の中には 人の心の声とか聞こえてる人多い

見た感じでは 吸血鬼の2割は 人の心の声を聞けていた 」 


「 吸血鬼は 人の心の声が聞こえても それをおおっぴらにしない

おおっぴらにしたら秘密がばれちゃうし 養分の人に一方的に不利な契約を結ばせらることもできなくなる

だから 養分の人が心の声が聞こえるって言うと おびょーきおびょーき言って 叩こうとする  」


「 心の中で命令を発して 契約を一方的にさせるって 昔は 大犬系譜の方が多くしていた

大犬って表面とてもやさしい

あれは心の契約を気づかれずにさせる為と 養分が常に自分の命令に同意してると 想念に想わせるために 表面やさしくしてる 」 


「 それに比べて 今の小犬って あからさまにいじめるけど あれだと心の中で命令しても 契約が交わせなくなることが多い 

いじめたら 相手に対する心の声は 相手に対する拒絶感であふれる

そうすると心の契約の技法を知っていても 拒絶感を向けられて 想念は相手の命令に同意したと想ってくれない

相手への拒絶感が湧いたら 想念はその拒絶の想いも聴くから 」


「 世界の中で 人の心の声を聞ける人って 磁場で引力を割り振られてる人たち

最近では 御巣鷹山のしるしとかで小犬血筋にも一部 人の心の声の情報が運ばれたりしてた血筋も多かった

でも 人の心の声が聞こえる情報を持っていたのは 主にドール系譜がほとんどだった 」


「 ドールは 世界という磁場を守るために 人が心の声を聴ける情報を 制限してた

みんながみんな心の声を聞けるようになったら 一方的に心の中で契約を結ばせるという特権が無くなる

その特権を守るために ドールやカラス族達は 人間の中で ごく一部の選ばれしものにだけしか 人の心の声を読める情報を渡さなかった  」


「 ドール達に選ばれた ごく一部の選ばれし者たちだけが 一方的に心で契約をできて 多くの人の運を吸えたり 社会でどんどん成功したり セレブになったり 著名人になったり 財界人になったりした

ドールは その力をコントロールすることで 世界の操縦者としての実権を保っていた 」


「 心の声って ドール達が管理する前は 人類全部聞こえてた

ドールや鳥族達が結界を作って 人が他人の心の声を聞こえづらくされたから ドール達は心の中で 一方的に契約を結んでいって それで人々から能力や運 富をはく奪していった 」
 


「 だから 心の声を聴くってだいじなこと

それは 本来人間がその昔 誰もが自然に持っていた能力 

別に始終 人の顔色とか見なくてもよいけど でも 周囲の人がどんなことを意図してるのか 何を狙ってきてるのか 養分の人は もっと警戒するべきだと想う

心の声が聞こえないのをよいことに 願っても願っても一方的に吸われる契約を結ばされたり 運を際限なく吸われてる養分の人って とても数が多い 」




もしも周囲の人の心の声とか
意図とか見抜きづらい場合は
心の中で いつもこう唱えてみてください


やったことはかえる 」と 

そうすれば想念は
その心の声も確実に拾いますから

一方的に命令を発して
エネルギーを奪おうとしてる人達にも

やったことはかえる のエネルギーを返していくはずですから

お給料をもらった時でも 
学校の先生に何か言われた時でも 
何か贈り物をされた時でも
ママに「 うん 」とか 「 はい 」とか 言わされた時でも 
「 やったことはかえる 」を常に心で唱えると

身に覚えのない契約で
一方的に収奪されるということは少なくなっていくはずです 」(えんちゃんの言葉)







追伸

☆履歴書も契約書☆






知ってますか?

よく企業が送られた履歴書を
返さないということしてますけどね

特に大企業とかそうですよね? 
応募書類履歴書類は一切 返却しないって 」


「 履歴書って想念の目線では契約書の一つ

その集合体に その人のエネルギーを使うことを同意した そう言う書類として見られてる 」


「 採用されなくても 履歴書を出した時点で 自分がその集合体への同意を想念に示したって想われる

いわば選挙のようなもの  参加するだけで ある程度運を吸われる 

職探しで履歴書を提出しただけで 採用されなくても そこからお給料をもらわなくても ある程度の運を吸われることは同意したって言う 証拠書類にされちゃう 」


「 だから企業は採用しなくても 履歴書を返すことをしない

吸血鬼やDQNってその辺をよく心得てて DQNが履歴書を書く場合って その会社から吸いとってやるというしるしを入れながら書いたりしてること多い

そう言う念を込めて履歴書を書くと 結構心の声って 履歴書の紙にこもり 履歴書がツールになって 逆にその企業から運を吸えたりもする 」



「 でも養分の人は 他意なく履歴書を書く だから一方的に吸われたりする

その場合 履歴書の写真の裏にでも こう書いとくといい  「 やったことはかえる 」って 

履歴書の写真の裏なら 何 書いても気づかれづらい

企業側が 一方的に履歴書という書面で運を吸った場合は やったことはかえるを書けば その企業にもやったことが跳ねかえるから 」



えんちゃん 知ってるんですよ

ドールの系譜とかって
企業に送る履歴書の写真の裏に
渦巻きかいたり 
お金が入りますように とか 
そういう願望書いてる人多いんですよ

履歴書も
その企業へのお願い事のしるしを書いて提出するんです 

それがドール式の履歴書の書き方でした 」(えんちゃんの言葉)







心の契約 (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1524.html

転載開始








昨日のこくまちゃんの話にもつながるんですけどね


人間って知らず知らずのうちに
契約とか一方的に交わされてることが多いんですよ 」 





契約?
(・・;)?






それは同意なき契約

契約したことを知らないまま結ばされてる契約のようなもの

そして世界でのつけかえや 搾取や奴隷労働って
この知らないまま契約を結ばされることによって 
起こることが多いんですよ 



多くの人が知らず知らずのうちに
奴隷になる
契約を一方的にさせられたりしてるんですよ 」 




(・・;)・






これは想念の契約と呼ばれる類のものです


その想念の契約は文書で書面化する必要はないんです

心の中の言葉で 
一方が心の中で命令や契約を発信し
もう一方が想念から見て
同意したと感じるような行動をとれば それで契約は完了なんです 」





(・・;)



「 
例えば
お給料とかもらったり 
もしくはちょっとしたお菓子をもらったり 
何かつまらないものでももらったとするじゃないですか?


そう言う時
吸血鬼の大半は 
無意識的に命令的な言葉を唱えてることが多いんですよ

「 俺のいうことを聞け 」 とか
「 俺の言いなりになれ 」とか
「 お前の財運を渡せ 」とか  」





(・・;)




そしてその命令を発してる時に 
物とかつまらないとかでも渡すと



想念の目からすると 
それで物を渡された人が 
心の声の契約に同意したって 勝手に判断されるんですよ


吸血鬼って この心の契約を利用して
厄をポイポイしたり 運を吸ったりしてるんですよ 」






(・・;)・





知ってますか?

養分の人の多くって 
日常で吸血鬼に心の中で命令されまくりなんですよ


財運よこせとか
言うこと聞けとか
逆らうなとか


いじめられっ子って
よく
いじめっ子の言いなりになって 反抗できなくなったりするじゃないですか?

あれも知らず知らずのうちに結ばされた契約によって
想念によって反抗できなくされてることとか 多いんですよ


そうやって養分の人たちは
一方的に才能とか 財運とか 恋愛運 名誉運とかも
狩られまくっていたんです 」 




(・・;)・






もちろん
本人は契約した覚えはない 
なのに
なんで?理不尽な
そう想われるかもしれませんけどね


でも吸血鬼たちは
本人の気持ちなんて考えてないんですよ


想念がどう想うか
想念にどう同意したと想わせるか

だって
実際にエネルギーを運ぶのは 
本人ではなくて 想念ですからね


吸血鬼達は 
その想念の目線で
契約したと錯覚させればよいと想ってるんですよ  」




(・・;)・






それにほら
想念って想念の声を聞く習性ですからね


だから
口で発してる声と 
心の中の声が区別がついていない想念も多いんですよ


それどころか心の中の声の方が
口に出した声よりも クリアーに聞こえる想念も多いんです 」





(・・;)・






そして吸血鬼って無意識的に
その想念の性質を知ってる吸血鬼も多いんです


だから心の声の契約に
無防備で無警戒な養分とかを見つけると
養分発見 養分発見 って心の中で高笑いするんですよ 

そして知らぬのをいいことに
次々とその養分さんに接触を持ちながら

命令的な契約を どんどん周囲の想念に向けて伝えるんですよ


「 おまえの大事なものをよこせ 」とか 「 俺の厄を請け負え 」とか 」




(・・;)・






もちろん
みんながみんな
心の声を聞ければ
吸血鬼たちが不当な命令を発してるのに気づいて 

それに対して拒絶の声を 
心であげることができるんですけどね


養分の人は 
そういう心の声が聞こえづらい磁場だから 
一方的に養分にされてるんです


養分の人は磁場で
心の声を聴く情報を奪われてるんですよ 


それに養分の人って
目の前の人が心の奥で何を想ってるかなんて
あまり気を回しませんからね

それで
一方的に運とか エネルギーとか吸われまくってる人多いんですよ 」



(・・;) 





「 
特に会社組織とか
一方的な契約が交わされやすくて 
吸われやすい場なんです



だって会社は 
お給料という形で現物を渡してますからね


もちろんあれは働いてる社員さんからすれば
時間を拘束された労働の対価として 
当然もらってるにすぎないんですけど


吸血鬼的な経営者だと
あのお給料という形で 
ありえないくらい社員さんの運を吸う経営者さんもいるんですよ 


健康運 アイデア 家族運 人の縁 
後ろからくる庇護の守りのようなもの

少ない給与で社員さんから何重にも運を吸うんですよ 
 」




(・・;)




それと
よく街やファミレスに行くと
ガキンチョたちが一方的に大声で騒ぎたてたり


何かをブツブツ言いながら
まわりを回ったりするじゃないですか?


あれもガキンチョたちは
心の契約をしてたりすること多いんですよ 


例えばある良いエネルギーを持ってる養分さんが
ガキンチョの視界に入って来たとしますよね?

いいものがあることを感じるとガキンチョ達は
つけかえようと 
周囲をぐるぐる回って 

心の中で 「 それ渡せ 」「 それ渡せ 」って連呼するんですよ


でも心の声に気づかないと

想念は
けたたましい声をあげてるガキンチョたちに
養分さんが 良いエネルギーを渡すことを了承したって
想われちゃったりするんです 」 




(・・;)・・





学校とかも 
よく子供たちの運を契約で 狩られたりするんですよ



ほら
先生とかって
日常的に子供たちに命令言語使ってますからね


しかも職業的に
子供たちにいつも「 はい 」を言わせることができる職業じゃないですか?


だから子供たちに「 はい 」を言わせるタイミングで

先生が 
心の中で声を発するだけで
子供から運とか才能とか 可能性とか健康エネルギーとか 吸えちゃったりするんですよ 」






(・・;)・




それでほら 
DQNとかって
結構 先生に抗ったり 
些細なことでも 一々反抗したりするじゃないですか?


DQNって本能的にわかるんですよ

「 はい 」って安易に了承すると
運とかエネルギーを 
教師や 国という仕組みに吸われることを知ってるから
だから拒絶の意を想念にわかりやすく周囲に示してるんですよ


先生に下手に同意をすれば 
才能や運が狩られちゃうんです 


学校とは狩りあいの場なんです  」 




(・・;)・




家族間でもですよ


えんちゃん 
一方的に心の契約を押しつけられて
不遇をかこって養分にされてる家族の人とか 
見るんですよ


例えばママが対立血筋から嫁いできたタイプだと
そのパターンが多く起こるんです  


対立血筋から来たママと 
敵血筋との間に子ができると


ママは子供に 

「 ママのいうことを聞きなさい 」
「 お前はママの許可したものしか受け取れない 」
「 お前の運を ママの血筋 ママの愛しい人達に渡しなさい 」


一方的にその命令を心で 発し続けるんですよ

そして養分にされてる子供たちは
ママが心の中で 
そんな命令を発してるなんて想わない子が多いですからね


でもそんな命令を発してるママに
つい何かの拍子に
「 はい 」とか「 うん 」とか返事したりすると 


想念は
ママの命令に同意したものと想って
ママの血筋にその子の運を運んじゃったりするんですよ 」




(・・;)・ 





この仕組みを利用すると 
嫁ぐだけで 
心の契約を利用して 一方的に子供達から運を吸えるんですよ


だから古くから血筋は
敵血筋の嫁になって 
敵血筋との間にまず子供を作ろうとするんです


その子供が
敵の血筋の集合体から運や財運を狩るコードになることを知っているから 
それをするんです  」



(・・;)・ 





それでよく
人の心の声が聞こえるって言うと


吸血鬼の中には
おびょーきおびょーきって言って馬鹿にする人いますけどね


でもえんちゃんの知ってる限り
吸血鬼の中には
人の心の声とか聞こえてる人多いんですよ


見た感じでは
吸血鬼の2割は
人の心の声を聞けていました 」 




(・・;)・




もちろん吸血鬼は 
人の心の声が聞こえても
それをおおっぴらにしないんですよ


だって
おおっぴらにしたら秘密がばれちゃうじゃないですか?

養分の人に一方的に不利な契約を結ばせらることもできなくなるじゃないですか?


だから 
養分の人が心の声が聞こえるって言うと
おびょーきおびょーき言って
叩こうとするんですよ  」




(・・;)・





それで
心の中で命令を発して
契約を一方的にさせるって

昔は小犬というより
大犬系譜の方が多くしていたんですよ


ほら 
大犬って表面とてもやさしいじゃないですか?

あれは心の契約を気づかれずにさせる為と 
養分が常に自分の命令に同意してると 想念に想わせるために 表面やさしくしてるんですよ 」 




(・・;)




それに比べて
今の小犬って あからさまにいじめますけどね

あれだと心の中で命令しても
契約が交わせなくなることが多いんですよ 


だっていじめたら
相手に対する心の声は
相手に対する拒絶感であふれますからね


そうすると心の契約の技法を知っていても
拒絶感を向けられて 

想念は相手の命令に同意したと想ってくれないんですよ


だって相手への拒絶感が湧いたら
想念はその拒絶の想いも聴きますからね 」



(・・;)





それと世界の中で
人の心の声を聞ける人って
磁場で引力を割り振られてる人たちです


最近では
御巣鷹山のしるしとかで小犬血筋にも一部
人の心の声の情報が運ばれたりしてた血筋も多かったんですけどね


でも
人の心の声が聞こえる情報を持っていたのは
主にドール系譜がほとんどだったんですよ 」




(・・;)





そしてドールは
世界という磁場を守るために
人が心の声を聴ける情報を 制限してたんですよ



だってみんながみんな心の声を聞けるようになったら
一方的に心の中で契約を結ばせるという特権が無くなっちゃいますからね


その特権を守るために
ドールやカラス族達は 
人間の中で ごく一部の選ばれしものにだけしか
人の心の声を読める情報を渡さなかったんですよ  」




(・・;)・







そしてそのドール達に選ばれた
ごく一部の選ばれし者たちだけが
一方的に心で契約をできて 


多くの人の運を吸えたり 
社会でどんどん成功したり
セレブになったり 著名人になったり 財界人になったりしたんですよ


そしてドールは
その力をコントロールすることで
世界の操縦者としての実権を保っていたんです 」




(・・;)





でも心の声って
ドール達が管理する前は
人類全部聞こえてたんですよ



みんな隠しごととかなくて
嘘とか 騙しとかも存在しなかったんですよ



ドールや鳥族達が結界を作って
人が他人の心の声を聞こえづらくされたから


ドール達は心の中で 一方的に契約を結んでいって
それで人々から能力や運 富をはく奪していったんです 」 




(・・;)・・




だから
心の声を聴くってだいじなことなんですよ


心の声を聴く

それは 
本来人間がその昔 誰もが自然に持っていた能力なんです 


別に始終
人の顔色とか見なくてもよいですけどね

でも
周囲の人がどんなことを意図してるのか 
何を狙ってきてるのか 
養分の人は もっと警戒するべきだと想うんです


心の声が聞こえないのをよいことに
願っても願っても一方的に吸われる契約を結ばされたり
運を際限なく吸われてる養分の人って とても数が多いんですよ 」




(・・;)





もしも周囲の人の心の声とか
意図とか見抜きづらい場合は
心の中で いつもこう唱えてみてください


やったことはかえる 」と 

そうすれば想念は
その心の声も確実に拾いますから


一方的に命令を発して
エネルギーを奪おうとしてる人達にも

やったことはかえる のエネルギーを返していくはずですから


お給料をもらった時でも 
学校の先生に何か言われた時でも 
何か贈り物をされた時でも
ママに「 うん 」とか 「 はい 」とか 言わされた時でも 
「 やったことはかえる 」を常に心で唱えると

身に覚えのない契約で
一方的に収奪されるということは少なくなっていくはずです 」(えんちゃんの言葉)






P3020042_R.jpg









追伸






☆履歴書も契約書☆





知ってますか?

よく企業が送られた履歴書を
返さないということしてますけどね

特に大企業とかそうですよね? 
応募書類履歴書類は一切 返却しないって 」




((・・;)



「 
履歴書って想念の目線では契約書の一つなんですよ

その集合体に 
その人のエネルギーを使うことを同意した

そう言う書類として見られてるんですよ 」




(・・;)!





例えば
採用されなくても
履歴書を出した時点で 
それは自分がその集合体への同意を想念に示したって想われるんです 


いわば選挙のようなものなんです

参加するだけで ある程度運を吸われる 

職探しで履歴書を提出しただけで
採用されなくても そこからお給料をもらわなくても

ある程度の運を吸われることは同意したって言う
証拠書類にされちゃうんです 」




(・・;)・・






だから企業は採用しなくても
履歴書を返すことをしないんですよ



それで
吸血鬼やDQNってその辺をよく心得てましてね


だからDQNが履歴書を書く場合って
その会社から吸いとってやるというしるしを入れながら書いたりしてること多いんですよ


そう言う念を込めて履歴書を書くと
結構心の声って
履歴書の紙にこもりますからね

履歴書がツールになって
逆にその企業から運を吸えたりもするんですよ 」


(・・;)・




でも養分の人は
他意なく履歴書を書くじゃないですか?


だから一方的に吸われたりするんです


だからその場合
履歴書の写真の裏にでも
こう書いとくといいですよ

「 やったことはかえる 」って 



ほら 
履歴書の写真の裏なら
何 書いても気づかれづらいじゃないですか? 


もしも企業側が 
一方的に履歴書という書面で運を吸った場合は
やったことはかえるを書けば 
その企業にもやったことが跳ねかえりますからね 」



(・・;)・




えんちゃん 知ってるんですよ

ドールの系譜とかって
企業に送る履歴書の写真の裏に
渦巻きかいたり 
お金が入りますように とか 
そういう願望書いてる人多いんですよ


履歴書も
その企業へのお願い事のしるしを書いて提出するんです 

それがドール式の履歴書の書き方でした 」(えんちゃんの言葉)







2014-03-06 :ねこねこのはなし :







転載終了




Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ