儲かってることを黒字というのは日食から来てるのだ (幻の桜ブログさんより)

2014.04.11 00:33|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です








2003年南極皆既日食から 

2012年日本の金環日食 」 


「 この間を数えてみろ 約9年だ 」 


「 2009年日本皆既日食から 2012年日本金環日食 ここは3年だ 」


「 2012年日本の金環日食から 2021年南極の皆既日食 ここは9年だ 」 


「 最初の南極と日本で9年 次の日本と南極で9年で 9と9がつながって これがくくり  くくりリング 」


「 日本という島と 南極をつなげるくくりリング

はじまりの地と 中心の地をつなげるリング 」


「 そのリングは 王のリングと呼ばれておるが 正確性を期するなら 王達を統べるリングと呼ばれている

はじまりの地と中心の地をつなぐことで 地球上の王たちの座を統べるリングとなる 」


「 間に挟まってる2009-2012 3のリング

3のリングは はじまりと終わりのリングと言われている 


藤原達が手に入れたのは 3のリングはリングでも 終わりのリング  」


「 11のリングも終わりだがな
(関連記事リンク)
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1544.html

3のリングも 終わるリングがあった

元々3のリングは はじまりの時に手にするリングでもある


南極のドール達や アマテラスの系譜が 古代手に入れたのもこれ  」


「 はじまりと終わりは紙一重

2009-2012の 3のリングは 手に入れた時期が悪い

南極の緩衝がはじまる直前で そのリングを手にしたら 南極の緩衝が本格的に始動したら すぐに終わってしまう


藤原達が手に入れたのは 2009-2012 終わりの3のリング  」


「 3のリングにはもう一つある 2011から2014のリング

この3のリングが はじまりのリング 

最も重要な 南極の緩衝につながる はじまりの3のリング  」 


「 2011-2014 

この時期 貧しく辛かった者 現実を手にすることが無く欲し続けた者 その時期発し続けた想い そう言う者たちは 日食のエネルギー緩衝で自動的に 2021の南極と北極の軸の緩衝を 手に入れるタイミングを得られる

2011から2014の間 絶頂であり 充足感を得た者達は 逆に現実を失い続けることとなる 」


「 2014年の6月10日から12月4日まで そしてその後 2021年まで 毎年続く6月10日から12月4日までの 7年間の半年

この間の行動がさらに 2021年の軸の緩衝に大きな影響を与えるしるしの期間 」 


「 7年間の半年 この時期に 行ったことが 今後同じ骨型の子孫たちの人類に対する 数万年分の役割が決まる 

その間の行動 その間の想いが 人類という集合体にとって 自分達の系譜がどんな役割を果たすのかを実質的に決めるしるし イメージとなる 」


「 だから この7年の半年 いじめや搾取をしてはならない 

いじめをすれば 人類の集合体の中で その系譜の者達は 数万年以上いじめや搾取をした者と イメージされる  」


「 DQNDQNの中には 「 数万年以上も搾取できるなら良いじゃん 」 と想うやつもおるかもしれぬ

だが今の搾取者達は 以前の南極の緩衝時 現実的に搾取をしたわけではない

以前の南極の緩衝時 七年の半年に当たる時期 中心の役割を果たしているイメージをしたから だから中心点とイメージされ そのイメージの錯覚によりそれにふさわしいタイミングが運ばれて 搾取という現実が行われた 」


「 搾取を行うにも 中心点の役割をするという イメージづけが必要だった

そのこともわからず その時期 あからさまな搾取をしてしまえば 数万年以上誰からも相手にされることは無くなる 」


「 もちろん警察や官僚 ハゲタカ外資なども論外 

彼らは今 人類の中であからさまな搾取者のポストにいる

この時期 職務であっても 搾取やいじめなどはもっての外  」 


「 この7年の半年の行動は 自分と同じ骨の種族が 数万年以上 どんな役割がもたらされるかを決めるにおいて 大事な大事な時期

だから やさしくやさしくやさしくせねばならぬ

人々や動物自然に対して この七年何をするか それにより数万年以上 自分達の系譜のタイミングに影響する 」


「 そして先の はじまりの3のリング

2011から2014のリングの時期に豪奢な暮らしをして 充足感を得たもの達は エネルギー緩衝的に 2014から2021までの7のリングの時代 自動的に返さざるを得ないような行動をとる

軸の緩衝の直前にしるしを入れるさらに直前で 充足感を得てしまったら その後7年の半年 人類の集合体に対して現実を返すという行動をすることになる 」


「 その7年の半年で 人類に対する役割が決まる

その7年の半年で 絶頂から衰退してしまった者たちは 現実を返すというしるしを 7年の半年のしるしとして入れてしまうこととなる

それは2021の両極の日食の緩衝により 数万年以上の現実を返すしるしに増幅されてしまう 」 



「 だから ゆ族やおおいぬ達は 2011から2014の間 養分の系譜を現実的に充足感を与えるまで持ち上げようとした

はじまりの3の時現実的な充足感を与えれば それは終わりのしるしになることを知っていた

その後の7年間 現実を返すエネルギー緩衝になることを知っていたから その7年の返すというしるしが 今後数万年以上に作用する緩衝であることを知っていたから 2011-2014をピークに ありえない勢いで養分を持ち上げようとした  」



「 過去 数万年以上養分にされてきた者たちは 数万年以上前 同じような日食の緩衝を利用して 現実を奪われてしまった

だが 今回持ち上がったのは養分ではなく 小犬達  

今座にいる小犬達の大半は 特に 2011から2014の間華々しく持ち上げられた者達ほど 2014-2021の間 現実をおびただしく返すというしるしを入れることになる

日食の緩衝によりそのしるしが 数万年以上増幅される  」



「 おそらく持ち上がらなかった養分は これから7年間の間 少しづつではあるが 現実が増えていく

それは養分達に 現実が戻っていくというしるしになる

現実が戻るしるしが 今後数万年以上続く大きなしるしとなる  」



「 ゆ族や他の大犬達はな 2014-2021の間 この7年の間に 世界の頂点の座に君臨するであろう

だが 彼らは本当は 中心のエネルギーを相続したかったはず

中心のエネルギーを相続しなければ いくら座の頂点についていようと 人類の集合体に対して中心とみられぬ 

だから その為に中心点の系譜を持ち上げようとしたのに 小犬達がすり替わった

数百年がかりで計画を組んでいたのに 土壇場で曲げられた  」


「 ゆ族達は 本当は中心点のしるしを手に入れたかったのに 間違えて小犬のしるしを手に入れてしまった

しかもいじめっ子の小犬達 

だから この7年小犬達を持ち上げたエネルギー緩衝で ゆ族や大犬たちは 人類の集合体の中で いじめっ子 搾取者の首謀者という役割を担うであろう

そのイメージは二つの極の緩衝で 少なくとも数万年以上は そのしるしがつく 」


「 つながりだ

3年の間のつながりと役割が その後のエネルギー緩衝でその後 7年間の自分の行動を決める

ひいては数万年以上にも及ぶ 人類の中での自分達の系譜の役割を決めることとなる


おおいぬは3のリングの期間 養分とつながり充足感を与えることに徹して 7のリングの期間 中心のエネルギーを得ようとした  

しかし小犬達に充足感を与え 7のリングに小犬のエネルギーが来ることとなった 
 

つまり 3のリングとは 次の7のリングをどのような形で手にするかを決める 前段階のリング 」


「 おそらく今後7年間 格差はより広がる

勝ち組の中に多数の落伍者が生まれ 一部の超勝ち組と大多数の負け組が生まれる

大多数の負け組の中から 少しづつ現実を手に入れて 一部の超勝ち組とはまったく違うやり方で 現実を手に入れる集合体があらわれる


藤原は2009年から2012年の3のリングを手に入れ この時期持ち上げた

今後数万年以上に及ぶ南極北極の二つの極のしるしを得るには 2011年震災後の夏至から 2014年の夏至まで この3年間に置かれた状況やつながりが 次の七年の役割を決めるエネルギー的なしるしとなる  」


「 おおいぬだけでなくドール達も養分と間違えて 小犬を多く持ち上げた

ドールの中には 最近小犬を持ち上げてたと想って気づきはじめてパニックしてる者たちもいる


それに類する者たちの為にひとつ教えてやろう

ドールのように 間違えてはじまりの3年間 つながりを持ちたく無かった者につながってしまった場合 そのエネルギーが来るような先出しをしてしまった場合 今度の金環日食 4月29日前であれば その相続放棄もできる 」


「 南極金環日食前の相続放棄

それをすることで 今まで持ち上げてきた者たちのエネルギーを拒否することもできる

それは次の7年間 一から出直せばならぬということ

何故なら 3のリングの期間に得たエネルギーをすべて放棄するということだから 

つまり次の7年の半年 一からスタートして作っていくというしるしが 数間年以上にわたり 入っていく 」


「 今までの話は 火の時代に置き換えた緩衝の話 水の時代では多少ゆらぎが起こるであろう

そうえいじおじいちゃんは言っていた  」



最後にくまくまの一番の秘伝を教えてやろう  

儲かってることを黒字というのは日食から来てるのだー 
損してることを赤字というのは燃えさかる夕日から来てるのだー  

この地球上の現実の財源は日食から来るのだー  」(くまくまーの言葉)







儲かってることを黒字というのは日食から来てるのだ (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1553.html

転載開始











2003年南極皆既日食から 


2012年日本の金環日食 」 




(・・;)







この間を数えてみろ
約9年だ 」 



(・・;)




「 
2009年日本皆既日食から
2012年日本金環日食


この間を数えてみよ
ここは3年だ 」




(・・;)







2012年日本の金環日食から
2021年南極の皆既日食


ここは9年だ 」 





(・・;)




「 
最初の南極と日本で9年
次の日本と南極で9年で


9と9がつながって 
これがくくり

くくりリングだ 」





くくりリング? 
(・・;)




「 
この日本という島と
南極をつなげるくくりリング

はじまりの地と 
中心の地をつなげるリングなのだ 」




(・・;)




「 
そのリングはな
王のリングと呼ばれておるが


もっと正確性を期するなら
王達を統べるリングと呼ばれている


はじまりの地と中心の地をつなぐことで 
地球上の王たちの座を統べるリングとなる 」




(・・;)・





間に挟まってる2009-2012
3のリング


3のリングはな 
はじまりと終わりのリングと言われている 


藤原達が手に入れたのは
3のリングはリングでも
終わりのリングだ  」




終わりのリング・
(・・;) 






11のリングも終わりなのだがな
(関連記事リンク)
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1544.html



3のリングも
終わるリングがあったのだ



元々3のリングは
はじまりの時に手にするリングでもある



南極のドール達や 
アマテラスの系譜が
古代手に入れたのもこれだ  」



(・・;) 





だがな
はじまりと終わりは紙一重なのだ



そしてな
2009-2012の
3のリングはな
手に入れた時期が悪い



南極の緩衝がはじまる直前で 
そのリングを手にしたら 
南極の緩衝が本格的に始動したら
すぐに終わってしまうではないか?



藤原達が手に入れたのは
2009-2012
終わりの3のリングなのだ

  」




(・・;)・






だがな
3のリングにはもう一つあるのだ


2011から2014のリング


この3のリングが
はじまりのリング 


最も重要な
南極の緩衝につながる
はじまりの3のリング  」 





(・・;)





2011-2014 
この時期 貧しく辛かった者
現実を手にすることが無く欲し続けた者
その時期発し続けた想い 


そう言う者たちは
日食のエネルギー緩衝で自動的に
2021の南極と北極の軸の緩衝を
手に入れるタイミングを得られるのだ


そして 
2011から2014の間
絶頂であり
充足感を得た者達は
逆に現実を失い続けることとなる 」




(・・;)・





2014年の6月10日から12月4日まで
そしてその後
2021年まで
毎年続く6月10日から12月4日までの 
7年間の半年

この間の行動がさらに

2021年の軸の緩衝に大きな影響を与えるしるしの期間だ 」 





(・・;)






7年間の半年

この時期にな

行ったことが
今後同じ骨型の子孫たちの人類に対する
数万年分の役割が決まるのだ 


その間の行動
その間の想いが 

人類という集合体にとって
自分達の系譜がどんな役割を果たすのかを実質的に決めるしるし

イメージとなるのだ 」





イメージ 
(・・;)





だからな

この7年の半年

いじめや搾取をしてはならないのだ 


いじめをすれば



それは 
人類の集合体の中で
その系譜の者達は 
数万年以上いじめや搾取をした者と
イメージされるのだ






(・・;)・ 






DQNDQNの中には

数万年以上も搾取できるなら良いじゃん 」
と想うやつもおるかもしれぬ



だがな今の搾取者達は 
以前の南極の緩衝時 
現実的に搾取をしたわけではない


以前の南極の緩衝時
七年の半年に当たる時期  
中心の役割を果たしているイメージをしたから

だから中心点とイメージされ
そのイメージの錯覚によりそれにふさわしいタイミングが運ばれて
搾取という現実が行われたのだ 」




(・・;)




いわば搾取を行うにも
中心点の役割をするという
イメージづけが必要だったのだ



そのこともわからず
その時期
あからさまな搾取をしてしまえば 


数万年以上誰からも相手にされることは無くなる 」



(・・;)  





もちろん警察や官僚
ハゲタカ外資なども論外だがな 


彼らは今
人類の中であからさまな搾取者のポストにいるであろう?



この時期
職務であっても
搾取やいじめなどはもっての外なのだ

 」 




(・・;)






この7年の半年の行動は

自分と同じ骨の種族が 
数万年以上
どんな役割がもたらされるかを決めるにおいて
大事な大事な時期なのだ


だから
やさしくやさしくやさしくせねばならぬ


人々や動物自然に対して
この七年何をするか


それにより数万年以上
自分達の系譜のタイミングに影響するのだ 」




(・・;)・




そしてな先の
はじまりの3のリング



2011から2014のリングの時期に豪奢な暮らしをして
充足感を得たもの達は


エネルギー緩衝的に
2014から2021までの7のリングの時代
自動的に返さざるを得ないような行動をとるのだ


つまりな
軸の緩衝の直前にしるしを入れるさらに直前で
充足感を得てしまったら



その後7年の半年 
人類の集合体に対して現実を返すという行動をすることになるのだ 」



(・・;)




そしてその7年の半年で
人類に対する役割が決まる


つまりな
その7年の半年で 
絶頂から衰退してしまった者たちは
現実を返すというしるしを 
7年の半年のしるしとして入れてしまうこととなるのだ


それは2021の両極の日食の緩衝により
数万年以上の現実を返すしるしに増幅されてしまうのだ 」 


 」




(・・;)・





だから
ゆ族やおおいぬ達は
2011から2014の間 
養分の系譜を現実的に充足感を与えるまで持ち上げようとしたのだ



はじまりの3の時現実的な充足感を与えれば
それは終わりのしるしになることを知っていたのだ


その後の7年間
現実を返すエネルギー緩衝になることを知っていたから

その7年の返すというしるしが
今後数万年以上に作用する緩衝であることを知っていたから


だから2011-2014をピークに
ありえない勢いで養分を持ち上げようとしたのだ  」




(・・;)





実はな


過去
数万年以上養分にされてきた者たちは
数万年以上前 同じような日食の緩衝を利用して 
現実を奪われてしまった


だが
今回持ち上がったのは養分ではなく
小犬達だ  


だから今座にいる小犬達の大半は
特に
2011から2014の間華々しく持ち上げられた者達ほど


2014-2021の間
現実をおびただしく返すというしるしを入れることになる


日食の緩衝によりそのしるしが
数万年以上増幅されるのだ  」




(・・;)






そしておそらく持ち上がらなかった養分はな
これから7年間の間

少しづつではあるが
現実が増えていく


それは養分達に 
現実が戻っていくというしるしになる


現実が戻るしるしが
今後数万年以上続く大きなしるしとなるのだ  」




(・・;)





そして 
ゆ族や他の大犬達はな
2014-2021の間


この7年の間に
世界の頂点の座に君臨するであろう


だがな
彼らは本当は
中心のエネルギーを相続したかったはずだ


中心のエネルギーを相続しなければ
いくら座の頂点についていようと
人類の集合体に対して中心とみられぬからな 


だから
その為に中心点の系譜を持ち上げようとしたのに

小犬達がすり替わったのだ

数百年がかりで計画を組んでいたのに
土壇場で曲げられた 
 」




(・・;)





ゆ族達はな

本当は中心点のしるしを手に入れたかったのに
間違えて小犬のしるしを手に入れてしまったのだ


しかもいじめっ子の小犬達 



だからな
この7年小犬達を持ち上げたエネルギー緩衝で 
ゆ族や大犬たちは 
人類の集合体の中で 
いじめっ子 搾取者の首謀者という役割を担うであろう



そしてそのイメージは二つの極の緩衝で
少なくとも数万年以上は
そのしるしがつくのだ 」




(・・;)・




つながりだ


3年の間のつながりと役割が
その後のエネルギー緩衝でその後
7年間の自分の行動を決める


それが
ひいては数万年以上にも及ぶ 
人類の中での自分達の系譜の役割を決めることとなる


おおいぬは3のリングの期間
養分とつながり充足感を与えることに徹して
7のリングの期間 中心のエネルギーを得ようとした  
しかし小犬達に充足感を与え
7のリングに小犬のエネルギーが来ることとなった  



つまりな
3のリングとは
次の7のリングをどのような形で手にするかを決める 
前段階のリングなのだ 」




(・・;)





おそらく今後7年間

格差はより広がるはずだ


勝ち組の中に多数の落伍者が生まれ 
一部の超勝ち組と大多数の負け組が生まれる

だが大多数の負け組の中から
少しづつ現実を手に入れて
一部の超勝ち組とはまったく違うやり方で
現実を手に入れる集合体があらわれる



藤原は2009年から2012年の3のリングを手に入れ
この時期持ち上げた

だが今後数万年以上に及ぶ南極北極の二つの極のしるしを得るには

2011年震災後の夏至から
2014年の夏至まで この3年間に置かれた状況やつながりが 
次の七年の役割を決めるエネルギー的なしるしとなるのだ  」




(・・;)




それとな
おおいぬだけでなくドール達も養分と間違えて 小犬を多く持ち上げた


おそらくドールの中にはな
最近小犬を持ち上げてたと想って気づきはじめてパニックしてる者たちもいる


それに類する者たちの為にひとつ教えてやろう

ドールのように
間違えてはじまりの3年間 
つながりを持ちたく無かった者につながってしまった場合

そのエネルギーが来るような先出しをしてしまった場合


今度の金環日食 
4月29日前であれば
その相続放棄もできるのだ 」




相続放棄? 
(・・;)





南極金環日食前の相続放棄


それをすることで
今まで持ち上げてきた者たちのエネルギーを拒否することもできる


だがなそれは次の7年間
一から出直せばならぬということだ

何故なら
3のリングの期間に得たエネルギーをすべて放棄するということだからな 


つまり次の7年の半年 
一からスタートして作っていくというしるしが
数間年以上にわたり 入っていくのだ 」



(・・;) 



「 
まあ今までの話は
火の時代に置き換えた緩衝の話

水の時代では多少ゆらぎが起こるであろう


そうえいじおじいちゃんは言っていたぞ  」




(・・;)





最後にくまくまの一番の秘伝を教えてやろう  


儲かってることを黒字というのは日食から来てるのだー 
損してることを赤字というのは燃えさかる夕日から来てるのだー  


この地球上の現実の財源は日食から来るのだー  」(くまくまーの言葉)





P4010036_R.jpg










2014-04-10 :ねこねこのはなし :








転載終了




Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ