渦の数列 (幻の桜ブログさんより)

2014.06.11 17:57|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です







前回記事の続き



(前回記事リンク)
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1603.html





3.1415926535897932384626433  」



「 これは円周率 」


「 円周率
終わりない計算 延々と続く数列 」


「 人は時に 円周率を 何桁記憶できるか競い合う 記憶力勝負によく 円周率は 用いられる 」



「 円周率は あめのプログラムの光景に似てる

白と黒の空間で 女性が血文字で数列を描いていて その女性の数列と 終わりのない円周率は イメージとして被る 」



「 とは言っても 円周率自体が人類のプログラムというわけではなくて 数列の続くあのイメージが 深層意識の数字の光景に似ている感じ 」


「 女性が書いてる数列は 渦の数列 

円周率と 渦の数列は似てるようででも違う

円は繰り返し 渦はらせんを描きながら姿形を変えていく

円周率よりも不規則的な数列 」


「 渦の数列は描く女性によって数列が 微妙に変わってくる

それは本当に微差だけど その数列の微差が 渦潮の形の変化 勢いなど さまざまなエネルギーの差を生む 」



「 あめ(夢)の空港って 女性が一人で血文字で数列を書く この空間のこと

多くの人は この情景を 空港と認識している

あめの空港  」


「 何故 その情景を人が空港とイメージするのか 正確には はるちゃんもよくわからない

ただ 血文字の女性がいる深層空間の エネルギーの渦巻き方と 現代の空港のエネルギーの巻き方が 漠然とした視点で見ると 似た光景 似た体感を与えるのかもしれない 」



「 数列は エネルギーの強弱 エネルギーデザイン エネルギーの運び先 行く先を示す地図 

そして 渦の数列は DNAの数列にも似ている

DNAはらせん構造

人体の構造の数列は 人類の集合意識を構築してる数列に とても近い 」



「 白と黒の空間にいる女の人は 個人を動かしてるわけじゃなく 人の集合体を作ったり 人の集合体全体に緩衝を与えてる

全体のことは 読めるけど 細かな一人ひとりの心の想いとか ひとりひとりの未来とかはわからない

奥にいる血文字の女性は あくまでも全体を見て 全体に緩衝与える存在だから 」


「 多分 大多数の人が興味がある 個人個人の行く末とか 個人個人の未来予知とかは 数列の奥のあめじゃなく もっと浅い部分 で見る

あめ(夢)は 奥に潜れば潜るほど 個人が無くなって 全部が混ざってく

個人個人の現象を見たい場合 浅い表層のあめを見るのが一番適してる 」



「 浅いあめを見るのは簡単 誰でもできる

寝ているか寝てないか うとうとしてる時に 意識をうっすら保つ

その時  人をイメージする

その時に その人の色々な情景やデータが見えたりする 」



「 これが 浅いあめの技法

呪術師が仰々しく言ってるけど 技法的にはなんてことなくて 寝ているか寝てないか その狭間の部分で意識を保って 知りたいことを想うだけ

それが 一番個人個人の未来とか 個人の行く末とかがわかる 」


「 徹夜続きになると 妙に勘が冴えたり ちょっと体調のリズムが狂うと 色んなものが見えたりする

その時体と意識が この浅いあめの領域と同調しやすいから 

多くの人が見たいのは おそらくここのはず

だからうとうととしてる時に 意識を保って見たいものをイメージすれば 現実的にその個人が見たい さまざまな情報がいろいろ見えてくるはず  」


「 うとうとしてる状態で 意識を保ちながら 見たい知りたいことをイメージすれば 大体のことは見えるはず

この領域を見るのには 素養とかいらない

だって海に潜るのだってそうでしょ?

浅瀬でパチャパチャするのは 誰だってできる

うとうとして意識を保って そして見たいものを見る

このコツさえつかめば 誰だって現実的に見たい物は見ることはできるの 」


「 ただ見れるのはあくまでも現実的な対象のデータ 範囲が決まってくる 

その現実を生んでいる想念の起因の緩衝を見る場合は もっと奥を見なければならない

でもそれには素養がある

数十メートル底まで 素潜りできる人はあまりいないように あめの奥まで潜れる資質の人は そう数は多くない 」




あめの入り口について話す 

そこは
洞窟のようなとびら

あなたの知らないあなたに出会える 」(続く)










渦の数列 (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1604.html

転載開始







さて 
前回記事の続き
(>ω<)ノシ))パタパタパタパ


(前回記事リンク)
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1603.html






P2060012_R.jpg












3.1415926535897932384626433  」








(・・;)







「 
これは円周率 」






円周率・
(・・;) 









円周率
終わりない計算
延々と続く数列 」






(・・;)








人は時に
円周率を
何桁記憶できるか競い合う


記憶力勝負によく
円周率は 用いられる 」






(・・;)







「 
円周率はね

あめのプログラムの光景に似てる


白と黒の空間で 
女性が血文字で数列を描いていて


その女性の数列と
終わりのない円周率は イメージとして被る 」







(・・;)!







「 
とは言っても
円周率自体が人類のプログラムというわけではなくて


数列の続くあのイメージが
深層意識の数字の光景に似ている感じ 」





(・・;)





「 
女性が書いてる数列はね

渦の数列 


円周率と
渦の数列は似てるようででも違う


円は繰り返し

渦はらせんを描きながら姿形を変えていく

円周率よりも不規則的な数列 」






(・・;)







「 
そしてね

渦の数列は描く女性によって数列が
微妙に変わってくる


それは本当に微差なんだけど

その数列の微差が 
渦潮の形の変化 勢いなど さまざまなエネルギーの差を生むの 」





(・・;)







あめ(夢)の空港ってね


女性が一人で血文字で数列を書く
この空間のことなんだよ



多くの人は
この情景を 
空港と認識している

あめの空港  」






空港・
(・・;)






「 
何故 
その情景を人が空港とイメージするのか
正確には
はるちゃんもよくわからない



ただ
血文字の女性がいる深層空間の
エネルギーの渦巻き方と 


現代の空港のエネルギーの巻き方が
漠然とした視点で見ると 似た光景 似た体感を与えるのかもしれない 」









(・・;) 






「 
数列はね
エネルギーの強弱 
エネルギーデザイン
エネルギーの運び先
行く先を示す地図なんだよ 



そして
渦の数列はね

DNAの数列にも似ているの

ほらDNAはらせん構造でしょ?


人体の構造の数列は 
人類の集合意識を構築してる数列に 
とても近いんだよ 」






(・・;)







白と黒の空間にいる女の人は
個人を動かしてるわけじゃなく 


人の集合体を作ったり 
人の集合体全体に緩衝を与えてる


だから全体のことは
読めるけど 
細かな一人ひとりの心の想いとか 
ひとりひとりの未来とかはわからない



奥にいる血文字の女性は
あくまでも全体を見て 全体に緩衝与える存在だから 」






(・・;)






多分
大多数の人が興味がある

個人個人の行く末とか 
個人個人の未来予知とかは



数列の奥のあめじゃなく
もっと浅い部分 で見る



あめ(夢)はね

奥に潜れば潜るほど
個人が無くなって 全部が混ざってく

だから個人個人の現象を見たい場合 
浅い表層のあめを見るのが一番適してる 」





(・・;)






浅いあめを見るのは簡単

誰でもできる


ほら 
寝ているか寝てないか
うとうとしてる時に 意識をうっすら保つでしょ?


その時 
人をイメージするでしょ?

その時に
その人の色々な情景やデータが見えたりするでしょ? 」





(・・;)





「 
これがね
浅いあめの技法なの


呪術師が仰々しく言ってるけど 
技法的にはなんてことなくて 



寝ているか寝てないか
その狭間の部分で意識を保って
知りたいことを想うだけ


それが
一番個人個人の未来とか 
個人の行く末とかがわかる 」





(・・;)





「 
徹夜続きになると
妙に勘が冴えたり

ちょっと体調のリズムが狂うと
色んなものが見えたりするでしょ?


その時体と意識が
この浅いあめの領域と同調しやすいからなんだよ 


多くの人が見たいのは
おそらくここのはず


だからうとうととしてる時に 
意識を保って見たいものをイメージすれば
現実的にその個人が見たい
さまざまな情報がいろいろ見えてくるはず  」






(・・;)






うとうとしてる状態で 意識を保ちながら
見たい知りたいことをイメージすれば 大体のことは見えるはず



この領域を見るのには
素養とかいらないから


だって海に潜るのだってそうでしょ?


浅瀬でパチャパチャするのは
誰だってできるでしょ?


うとうとして意識を保って
そして見たいものを見る


このコツさえつかめば
誰だって現実的に見たい物は見ることはできるの 」





(・・;)





「 
ただ見れるのはあくまでも現実的な対象のデータ

範囲が決まってくる 


それでね 

その現実を生んでいる想念の起因の緩衝を見る場合は
もっと奥を見なければならない


でもそれには素養があるの

数十メートル底まで
素潜りできる人はあまりいないように

あめの奥まで潜れる資質の人は そう数は多くない 」






(・・;)







あめの入り口について話す 


そこは
洞窟のようなとびら


あなたの知らないあなたに出会える 」(続く)







P5070009_R.jpg







2014-06-11 :あめ物語 :





転載終了


Comment

非公開コメント

| 2017.07 |
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ