古の物部の知恵 (幻の桜ブログさんより)

2014.06.26 14:33|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です









ある鳥族のおじいさんが言ってました

象徴の
スタイルの形で 
集合体に富がやってきたり 
名誉がやってきたりするって 」



「 今 生活が苦しい人が多い

20年以上前よりも 多くの人がごはんで飢えるようになってきた 

あれが起こる理由は 象徴のスター達のスタイルがダメだから

そのおじいさんが そう言ってた 」


「 戦争が起こったり 搾取が起こったり 自然破壊が起こるのは 集合体の象徴のスタイルが影響してる

って言ってた

集合体は 一度中心にエネルギーが集められて そこから集合体の構成員に エネルギーが還流される動きをしている 

戦争や搾取や自然破壊が起こるのは 象徴のスタイルがそういうエネルギー質だから 起こる現象で 象徴を変えれば その現象は無くなっていく って言ってた 」


「 おじいさんは言ってた


「 象徴は集合体の動きを決める

頭の性格の良しあしではない 体の性格のよしあしで決める

多少性格が悪い象徴でも スタイルの資質がよければ 集合体の動きは悪くならず 争い事もなくなっていく

元々頭の悪さも それは個性

だが体の性格の悪さは 表に見えづらくても 確実に集合体の運を悪くしていく

だから体の性格の悪い者は 座につけてはいけない  」


 そんなことを言ってた 」


「 そしてこうも言ってた 


「 美人とは 顔ではない スタイル 

物部達は 今でも 骨スタイルの美しいものほど美人と呼ぶ

古代から受け継がれた知恵で 古来からの芸術も ファッション文化も まず見る所はスタイル 」」


「「 現代のスタイルの見方は間違っている 骨を見ていない

モデルや象徴のスターに求められるものは そもそも骨のスタイルの美しさ

肉付きや容姿ではなく 体の骨のスタイルが 本当の意味で集合体に財運や幸運を運ぶ

古代から神官たちは 黄金比のスタイルを求めていた とは言え黄金比はめったにはいない 」」



「「 物部では 特に黄金比のスタイルを持つ者を 別嬪と呼んでいた

物部の顔でなくても そのスタイルを持つ者ならば 物部は別嬪として崇め 集合体の象徴と置いた

だから古代の大和は 現代のように 人々を飢えさせることは無かった 」 」



「「 別嬪が生贄にされたのは 藤原以降になってから

それ以来 みなが貧しくなり 奴隷のような税を課せられた

別嬪を生贄にして スタイルの悪い者を象徴にすれば 途端に搾取が進み みなが飢えるようになる

飢えも搾取も スター達 表の座の者たちに スタイルの資質が無いから起こる

象徴のスタイルがダメならば 必ず搾取や 自然破壊 飢える現象が起こる

何故なら象徴が エネルギーが受けとれず 回せず枯渇するスタイルだから 」」



「「 集合体に富や幸運をもたらす 象徴に求められる 最低限のスタイルは まず腰骨 そこが要のポイント 」」


「「 腰骨の比率と 頑丈さにキャパシティがあらわれる

腰はおまたの部分であり 人にとっての現実のはじまりは 股
 
動物も股から生まれる 

だから恥骨や股関節の骨の形も重要で 腰骨全体に スターの資質が一番あらわれる  」」


「「 胸


多くの者が勘違いしているが 乳のデカさが 胸の器のデカさではない

むしろ器が大きいと 乳は膨らみづらい のせてものせても 足りなければ 乳は膨らんでいかぬ 」」


「「 胸で見るポイントは乳ではない 肋骨の部分 胴回り

そこは呼吸 肺活量に関わる部分の骨で 呼吸とは それすなわち 息 風を動かす力 」」


「「 息で風を動かす

あめのおき かぜのおき

樹も呼吸で雲を作り 風を動かし 雨を呼ぶ

人の現実も息で運ばれる

現実を貪欲に欲する者であれば 巨乳よりも 肋骨の大きさにまず着目せねばならぬはず 」」



「「 アンダーバストを測れば よほど肉がついて無ければ 骨の大体の目安は測れる 」」


「「 スターとしての 軸の素養は 腰骨と 肋骨 主にその二つの部分

その二つの骨を見ることで その者の潜在キャパシティや エネルギーを回す力が測れる 」」


「「 他に 象徴の資質の骨をあらわす部分は 肩骨

スターの資質の肩骨には 大きく分けて2タイプある

外側にボコッと出てる肩骨 撫で肩のラインの肩骨 」」


「「 外側にボコッて出てる肩骨は 気を投げやすい ビーム能力が優れている 

発信力があるということ

なで肩の骨のラインは エネルギーを集める骨型 受け身のライン

富を集めるのは 主にこちらの方


引きこむか 発信するか その性質により骨の種類も変わる 」」



「「 指

足の指の骨が長ければ 地からエネルギーを受けとれ 地のコードを回しやすい

手の指の骨が長ければ 空間からエネルギーを受けとれて 空間のコードを回しやすい 」」



「「 長ければよいというものでもない あくまでも軸は 腰骨と 胸骨

軸の骨とのバランスの対比が重要で もしも指の骨が 腰骨 胸の骨と バランスに欠くような長さなら 指が長くても むしろそれが邪魔になり コードやエネルギーも動かしづらくなる 」」


「「 エンジンを腰骨とすれば 指は車輪のようなもの

エンジンが軽自動車なのに 車輪が3m以上もあれば 車は上手く動かせぬ

またエンジンがレースカーなのに 車輪が3輪車レベルでは 上手く力を発揮できぬ 

だから骨のバランス 黄金比はだいじ 」」



「「 骨型を見るに 最も手っ取り早い方法は 握手 」」


「「 よほどの肥満でない限り 形が変わるほど 手には肉はつかない

手は結構骨の形が 感触でわかりやすい

手には現在のエネルギー質 その者が置かれてる状況もわかる

敏感な者なら 握手しただけで 相手の骨型 表面のエネルギー 資質や素養を見抜けるはず 」」


「「 最近 我らが鳥族が覚醒してきてる

元々鳥族は 顔の気ではなく スタイルを見る習性だった


顔を見る文化 あれは犬の文化

顔色をうかがうあまりに 顔にばかり照準を合わせる風潮が文化社会でも のしてきた 」」



「「 集合体が顔に着目すれば その集合体はバラバラになる

顔は思考 嗜好の個性を問う為の物で エネルギーを増やしたり 回したり 動かしたりする 実質的部分ではない  」」



「「 集合体は 象徴は体の骨で選ばねばならぬ 

現実に動かすのは顔の骨よりも体の骨  

人の集合体でも 象徴のスタイルが 集合体のエネルギーを動かし 回していく 

本当にその集合体に富と幸運をもたらしたいのなら 象徴は顔よりも スタイルにまず着目させねばならぬはず  」」



「「 理想的なスタイルを象徴に置けばおくほど 集合体に気が回り 個人個人の想いも 叶いやすくなる

象徴とはいわば 集合体のエネルギー源

そこには 発電力が求められるべきで 顔の個性は問われるべきではない 」



「「 顔は 個人の好みの領域 人によって好みは違う 性格のよしあしの基準は違う

思考は様々な思考があるからよいわけで その思考の良し悪しで象徴を選んだら 個性の排除へとつながる 

集合体の視野で象徴を見る場合 エネルギーを受けとめれるか エネルギーを回せるかどうかで 象徴を選ばねばならぬ
 

顔の好みで 象徴を選ぶのは公私混同 

集合体のほとんどを飢えに瀕させ 一部の者たちだけに利得がまわるようにする 汚職がはびこり あからさまな搾取や いじめが起こるのも 公私混同で象徴が選ばれる時

公私混同で象徴が選ばれると それは集合体を崩壊させる前兆  」」 





「「
みんなの象徴を選ぶ時は
集合体が潤う象徴をスタイルで選ぶ 

昔の物部
鳥族達は 
その視点を忘れてはいなかった 

そして現代の鳥族
物部達も  
それを忘れさせられたかのようには見えても 

魂はずっとそれが好み

そして
今鳥族達は
本物のスタイルに目覚めてきている  」」(しっぽーちゃんと鳥族のおじいさんの言葉)









古の物部の知恵 (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1616.html

転載開始







ある鳥族のおじいさんが言ってました


象徴の
スタイルの形で 
集合体に富がやってきたり 
名誉がやってきたりするって 」








象徴のスタイルの形? 
(・・;)







ほら 
今 生活が苦しい人が多いでしょ?



20年以上前よりも 
多くの人がごはんで飢えるようになってきたでしょ? 


あれが起こる理由は

象徴のスター達のスタイルがダメだから

そのおじいさんが そう言ってました 」





(・・;)






戦争が起こったり 
搾取が起こったり 
自然破壊が起こるのは
集合体の象徴のスタイルが影響してる

っておじいさんは言ってました



集合体は
一度中心にエネルギーが集められて
そこから集合体の構成員に 
エネルギーが還流される動きをしています 


戦争や搾取や自然破壊が起こるのは
象徴のスタイルがそういうエネルギー質だから 起こる現象で 
象徴を変えれば その現象は無くなっていくって言ってました 」





(・・;)・





おじいさんは言ってました


象徴は集合体の動きを決める


頭の性格の良しあしではない
体の性格のよしあしで決める


多少性格が悪い象徴でも
スタイルの資質がよければ


集合体の動きは悪くならず 
争い事もなくなっていく

元々頭の悪さも
それは個性


だが体の性格の悪さは 
表に見えづらくても
確実に集合体の運を悪くしていく

だから体の性格の悪い者は 
座につけてはいけない  」

そんなことをおじいさんは言ってました 」





(・・;)・







そしておじいさんはこうも言ってました


美人とは
顔ではない

スタイルだ 

物部達は
今でも 骨スタイルの美しいものほど美人と呼ぶ


それは古代から受け継がれた知恵で
古来からの芸術も
ファッション文化も
まず見る所はスタイル









(・・;)








ただ現代のスタイルの見方は間違っている

骨を見ていない

モデルや象徴のスターに求められるものは 
そもそも骨のスタイルの美しさ



肉付きや容姿ではなく

体の骨のスタイルが 
本当の意味で集合体に財運や幸運を運ぶのだ 


だから 
古代から神官たちは 
黄金比のスタイルを求めていた 


とは言え黄金比はめったにはいないがな 」」





(・・;)・






「「
物部ではな

特に黄金比のスタイルを持つ者を 
別嬪と呼んでいた



物部の顔でなくても
そのスタイルを持つ者ならば 
物部は別嬪として崇め

集合体の象徴と置いたのだ



だから古代の大和は
現代のように 
人々を飢えさせることは無かった 」 」





(・・;)





「「
別嬪が生贄にされたのは
藤原以降になってからだ

それ以来 
みなが貧しくなり 
奴隷のような税を課せられたのだ


別嬪を生贄にして 
スタイルの悪い者を象徴にすれば
途端に搾取が進み 
みなが飢えるようになる


飢えも搾取も
スター達 表の座の者たちに
スタイルの資質が無いから起こること


象徴のスタイルがダメならば 
必ず搾取や 自然破壊 
飢える現象が起こるのだ


何故なら象徴が 
エネルギーが受けとれず 回せず枯渇するスタイルだからな 」」






(・・;)





「「
集合体に富や幸運をもたらす 
象徴に求められる 
最低限のスタイルは 


まず腰骨



そこが要のポイント 」」





腰骨?
(・・;)?






「「
腰骨の比率と
頑丈さにキャパシティがあらわれる

腰はおまたの部分であり 

人にとっての現実のはじまりは 股だ 
動物も股から生まれる 


だから恥骨や股関節の骨の形も重要で

腰骨全体に 
スターの資質が一番あらわれるのだ  」」





(・・;)・ 





「「
そして胸

多くの者が勘違いしているが 
乳のデカさが 
胸の器のデカさではない

むしろ器が大きいと 乳は膨らみづらい

のせてものせても 足りなければ 
乳は膨らんでいかぬのだ 」」






(・・;)・






「「
胸で見るポイントは乳ではない 

肋骨の部分 胴回り


そこは呼吸
肺活量に関わる部分の骨で


呼吸とは
それすなわち 息

風を動かす力だ 」」




風を動かす力・ 
(・・;)





「「
息で風を動かすのだ



あめのおき かぜのおき


樹も呼吸で雲を作り 
風を動かし 
雨を呼ぶ


人の現実も息で運ばれる


だから現実を貪欲に欲する者であれば
巨乳よりも 肋骨の大きさにまず着目せねばならぬはず 」」





(・・;)・ 







「「
アンダーバストを測れば
よほど肉がついて無ければ 
骨の大体の目安は測れるであろう?

」」






(・・;)







「「
スターとしての
軸の素養は 
腰骨と 肋骨

主にその二つの部分

まずその二つの骨を見ることで

その者の潜在キャパシティや 
エネルギーを回す力が測れる 」」






(・・;)





「「
そして
他に
象徴の資質の骨をあらわす部分は 
肩骨


スターの資質の肩骨には
大きく分けて2タイプある


外側にボコッと出てる肩骨
撫で肩のラインの肩骨 」」






(・・;)





「「
外側にボコッて出てる肩骨は
気を投げやすい
ビーム能力が優れている 

発信力があるということだ


そして
なで肩の骨のラインは
エネルギーを集める骨型 
受け身のライン


富を集めるのは 主にこちらの方だ

引きこむか 発信するか

その性質により骨の種類も変わるのだ 」」






(・・;)・ 





「「

そして 


まず足指

足の指の骨が長ければ 
地からエネルギーを受けとれ
地のコードを回しやすい


手の指の骨が長ければ 
空間からエネルギーを受けとれて
空間のコードを回しやすい 」」






(・・;)







「「
ただ長ければよいというものでもない

あくまでも軸は
腰骨と 胸骨



だから
軸の骨とのバランスの対比が重要で



もしも指の骨が
腰骨 胸の骨と
バランスに欠くような長さなら


指が長くても
むしろそれが邪魔になり 
コードやエネルギーも動かしづらくなる 」」





(・・;)






「「
エンジンを腰骨とすれば
指は車輪のようなものとすればわかりやすかろう



エンジンが軽自動車なのに
車輪が3m以上もあれば 
車は上手く動かせぬであろう?


またエンジンがレースカーなのに
車輪が3輪車レベルでは 
上手く力を発揮できぬであろう? 


だから骨のバランス

黄金比はだいじなのだ 」」






(・・;)






「「
そして

骨型を見るに 
最も手っ取り早い方法は

握手 」」






握手?
(・・;)?







何故なら
よほどの肥満でない限り
形が変わるほど 
手には肉はつかない


手は結構骨の形が 
感触でわかりやすい


そして手には現在のエネルギー質
その者が置かれてる状況もわかる




だから 
敏感な者なら
握手しただけで 
相手の骨型 表面のエネルギー
資質や素養を見抜けるはずだ 」」






(・・;)




「「
最近
我らが鳥族が覚醒してきてる



元々鳥族は
顔の気ではなく

スタイルを見る習性だった



顔を見る文化
あれは犬の文化だ


顔色をうかがうあまりに
顔にばかり照準を合わせる風潮が文化社会でも のしてきたのだ 」」




(・・;)・ 






だが集合体が顔に着目すれば

その集合体はバラバラになるだけだ



何故ならば顔は思考
嗜好の個性を問う為の物で



エネルギーを増やしたり 
回したり 動かしたりする
実質的部分ではないからだ  」」






(・・;) 





「「
集合体は
象徴は体の骨で選ばねばならぬのだ 


現実に動かすのは顔の骨よりも体の骨  


人の集合体でも
象徴のスタイルが
集合体のエネルギーを動かし
回していく 


もしも
本当にその集合体に富と幸運をもたらしたいのなら 



象徴は顔よりも
スタイルにまず着目させねばならぬはず  」」




(・・;) 





「「
それに 
理想的なスタイルを象徴に置けばおくほど 
集合体に気が回り 
個人個人の想いも
叶いやすくなるのだ


象徴とはいわば
集合体のエネルギー源


そこには
発電力が求められるべきで  
顔の個性は問われるべきではない 」





(・・;)・





「「
顔は 
個人の好みの領域だ


人によって好みは違う
性格のよしあしの基準は違う


思考は様々な思考があるからよいわけで 
その思考の良し悪しで象徴を選んだら 
それは個性の排除へとつながる 



だから
集合体の視野で象徴を見る場合 


エネルギーを受けとめれるか
エネルギーを回せるかどうかで 
象徴を選ばねばならぬ 




顔の好みで
象徴を選ぶのは公私混同だ 


集合体のほとんどを飢えに瀕させ  
一部の者たちだけに利得がまわるようにする


汚職がはびこり 
あからさまな搾取や
いじめが起こるのも

公私混同で象徴が選ばれる時だ


公私混同で象徴が選ばれると 

それは集合体を崩壊させる前兆なのだ   」」 





(・・;)・





「「
みんなの象徴を選ぶ時は
集合体が潤う象徴をスタイルで選ぶ 



昔の物部
鳥族達は 
その視点を忘れてはいなかった 


そして現代の鳥族
物部達も  
それを忘れさせられたかのようには見えても 

魂はずっとそれが好み




そして
今鳥族達は
本物のスタイルに目覚めてきている  」」(しっぽーちゃんと鳥族のおじいさんの言葉)








P3070033_R.jpg







2014-06-26 :ねこねこのはなし :




転載終了




Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ