沖縄は雨だった (幻の桜ブログさんより)

2014.07.09 21:32|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です









☆沖縄は雨だった☆

かたりて 今日はくまくま 





「 
くまくまだ

今日は 
まんまはついてない  」



「 そろそろ ママのふりは止める 

何故なら あーちゃんが怖いから  」


「 くままんまは ママのふりをし続けて あーちゃんに呑みこまれそうな 恐怖を感じた 

あーちゃんは やさしさが 怖い 」


「 くまくまは くまくまなのだ 

沖縄は雨だった  」 



「 くまくまは見た 琉球おばばの霊能力

あれは霊能力では なかった 」



「 昨日 大雨洪水警報が起きて その時 集合意識のみんなに 真実の姿を見られた  」



「 琉球おばばの予言とか お告げがあるであろう?

犬巫女たちの リーディングとかもあるであろう?

あれは やつらの力ではない 飢えた想念を使役していただけ 」


「 飢えた想念を 本当に 霊能力があるものにぶつけていた 

本物の霊能力を持つ霊能者や リーディング 予言できる者たちを 琉球おばば達が見つけると 飢餓の想念をやみくもにぶつけさせた  」


「 飢餓の想念を霊能者にぶつけると その霊能者が読んだデータも ぶつけさせた琉球おばば達に 運ばせることができる 

その情報を元に奴らは お告げや予言をしていた 」


「 やつらは 最初 その飢餓の想念を 身近な者に ぶつけていた

身近な者に眼力があると その眼力の情報を頼りに 本物の霊能者を探しあてた 

飢餓の想念を次々ぶつけ そこから霊的情報をかすめとる それを雪だるま算式に 積み重ねていった  」


「 しまいには ネットや 何のゆかりもない人達でも 霊能力があると見るや 飢餓の想念を片っ端から ぶつけるようになった 」


「 飢餓の想念を纏った者は 想っただけで 吸引力ある飢餓の想念をターゲットにぶつけられる 

実際には からすや 電気 そして人では ドール系譜が 飢餓の想念を直接運んだり ぶつける役回りをはたしていた

犬巫女たちは そうして ドールやからすさんを使役し 飢餓の想念を利用して 想念の情報を 掠め取っていた 」



「 先日 えんえんやこくまが 飢えでは 霊能力は つかないと言ったが 確かにそれは正しい 」


「 だが 霊的情報が まったく運ばれないわけではなかった 

本物の霊能者に 飢餓の想念をぶつければ 実はある程度の霊的情報も 吸引することができる 」



「 ただ それは人間の飢餓の想念ではない 

人の飢餓の想念の多くは あくまで現物や現実 情報としては現実の会話の情報ぐらいしか 吸いとる事ができぬ 

霊的な情報を吸いとれるのは 動物の飢餓の想念 動物はテレパシィを使うから

おそらく いずなと呼ばれてる想念の正体も 動物の飢餓の想念をまとめあげたもの  」



「 くまくまは見た

小犬巫女たちは 霊的情報を欲するあまりに この数十年近く 動物達を殺したり 自然破壊をさせるように 政治家や財界人達を誘導してきた 

石原が からすを大量虐殺したであろう?

あのからすの大量虐殺行為も 石原の小犬巫女がそそのかしていた  」


「 そいつは からすの飢えた想念を集めたかった 

世の中に無駄だとおもわれてるのに 強行される不可解な多くの自然の破壊の公共事業も 実は 自然の飢餓の想念を集めたい 小犬巫女たちが引き起こさせていた  」


「 からす達が 呪を飛ばしたり 厄を運んだりしたであろう? 

あれは 生きたからすさんは 死んだからすさんの想念に動かされて あの動きをしていた 

生きた者を動かす者は死霊 

人間も よほどの意志が無いと 死霊に動かされる

意志があっても 飢餓の想念を前にすると エネルギーは吸引される  」



「 だから琉球おばば達は 霊能者ではない ただの生贄づくりのゴミ ばい菌だ 

あいつらは 体をつないでるわけでもなく 動物に ごはんをあげてるわけでもない 

吸血鬼達に自然破壊や 無駄な公共事業をさせることで 世界中で 自然の飢餓を蔓延させ それを己の力としていた 」


「 DQNな親に 子供にご飯をあげず 衰弱死させる親がいる

あれも 飢餓の想念を作る為

我が子を飢えさせて 時に餓死させるのは 餓死させるようにそそのかした者たちが 餓死させた子の想念を使役できるから

DQN親は役得を見せられると 誘導にのりやすい それで子供達を 衰弱死させていた 」


「 最近の政治家官僚どもが あからさまな増税をしたり 搾取をしたり 弱者を切り捨てたり あげくは 弱者から財産をとことん搾り取って 追いつめようとしている

あれは 予算の問題ではない

本音は 政治家どもが崇めてる小犬巫女どもが 飢餓の想念を作りたいから 」


「 人々を飢えさせて追いこめば 飢餓の想念を作らせた者たちが たくさんの飢えた想念を使役できるようになる 

そう想い あの愚かな政策を繰り返していた

増税も 弱者いじめも 本音は ただ飢えた想念を 作りたいだけ  」


「 何故 小犬巫女達が それほどまでに飢えた想念を作りたがるのか 教えてやろう

小犬には 飢餓の想念をのせ続けることができぬ 

何故なら 小犬は座やステータスを手に入れれば 満ち足りてしまう習性 

小犬がその座を守るには 飢餓の想念をたえず補充し続けなければならず 飢えた想念が抜けると また飢えた想念を作り出そうとする

そのループで あのような自然破壊 あのような大量虐殺 あのようなエネルギーの浪費 あのような増税搾取 あのような生贄づくりをし続けてた  」


「 カップ麺ばかり食べる カリスマトレーダーがいたであろう?

確か 親が 公務員血筋であった

おそらく立場的に 生活保護で 飢えさせた人達の想念を纏えた

飢えた想念で トレードの成績を上げていた 」


「 カップ麺だけしか 食べなかったのは 現実的に カップ麺しか食べれない人たちの 飢えた気を纏っていたから 

飢餓の想念が 役所と言う仕組みを介して まったく飢えて無い者に つけかえられていた 」


「 くまくまは見た 呪殺も 飢餓の想念により 行われていた 」


「 よく子猫達が 原因不明で 突然死したであろう?

犬巫女の中に 飢餓の想念をぶつけてきたものがいた 」


「 飢餓の想念をぶつけられると 体力が弱い者は 生命エネルギーを吸われ 死んでしまうこともある

飢餓想念は 吸引力がすさまじいから 」


「 こねこ達が死んだり 体調がだるくなったりしたのも すべて 飢餓の想念を ぶつけられたから  

からすが 子猫が死ぬ前に よくあらわれてたのは 犬巫女たちに 飢餓の想念を運ばされていたから

ぶつけさせたのは 犬巫女たち 」 



「 現実的に行われる人への呪殺も 飢餓の想念を利用して行われる

呪殺は 怨霊ではない 生霊

飢えた想念を利用して おこなわれる 」



「 だが それを行うには よほどの飢餓の想念が必要

だから小犬巫女は 人々を飢えさせ 自然破壊をさせ みなを苦境に追い込んでた 」


「 これが生贄づくりの系譜の所業

生贄を作る事で 飢餓の想念を集め 座を得 その 座を守るために 生贄を作り続ける

人類が滅ぶまで 地球が滅ぶまで 座を守るため生贄を作り続けようとするのが 生贄づくりの系譜の所業  」 


「 そのすべては あさましい愚かな小犬巫女たちの咎 

恋に狂い 見たい想いが無いのに 序列に目がくらみ 座を求めた小犬たちに すべての責任と咎がある  」


「 ただ 奴らには 読解能力が宿らなかった  

飢餓の想念で 霊能者の読んだ情報をある程度運ばせることはできたが それでお気に入りの吸血鬼どもの 座の危機の回避し続けることもできたが それをし続けることで 結果として何が起こるのか 

その長期予報は 奴らには理解できなかった 」



「 飢えの気が剥げている 小犬巫女はすべておしまい

現実にもう剥げはじめている

あれは 飢えを作りすぎた 」



「 あまりに飢えの気を多くし過ぎると 作った飢えの気に呑みこまれてしまう

そのことを奴らは 理解できなかった 」




「 
沖縄は雨だった  」(くまくまの言葉)












沖縄は雨だった (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1626.html

転載開始







☆沖縄は雨だった☆


かたりて 今日はくまくま 




2014070915083404d.jpg









「 
くまくまだ

今日は 
まんまはついてない  」






(・・;) 







そろそろ

ママのふりは止めるのだ 


何故なら

あーちゃんが怖いからだ  」






(・・;)・ 







くままんまは ママのふりをし続けて

あーちゃんに呑みこまれそうな 恐怖を感じた 


あーちゃんは やさしさが 怖いのだ 」




(・・;)・ 





「 

くまくまは
くまくまなのだ 


沖縄は雨だった  」 





(・・;)








くまくまは見た


琉球おばばの霊能力

あれは霊能力では
なかったぞ 」





(・・;)?  






「 
昨日 
大雨洪水警報が起きて

その時 
集合意識のみんなに
真実の姿を見られたのだ  」





(・・;)





「 
琉球おばばの予言とか 
お告げがあるであろう?

犬巫女たちの 
リーディングとかもあるであろう?


あれはな
やつらの力ではない 


飢えた想念を使役していただけだ 」





(・・;)! 





「 
飢えた想念を 

本当に
霊能力があるものにぶつけていたのだ 


本物の霊能力を持つ霊能者や
リーディング 
予言できる者たちを 

琉球おばば達が見つけると 
飢餓の想念をやみくもにぶつけさせたのだ  」





(・・;)・





飢餓の想念を霊能者にぶつけるとな

その霊能者が読んだデータも
ぶつけさせた琉球おばば達に 
運ばせることができる 

その情報を元に奴らは お告げや予言をしていた 」




(・・;)・





やつらはな 

最初 
その飢餓の想念を 
身近な者に ぶつけていた

身近な者に眼力があると

その眼力の情報を頼りに 
本物の霊能者を探しあてたのだ 


飢餓の想念を次々ぶつけ 
そこから霊的情報をかすめとる 

それを雪だるま算式に 
積み重ねていったのだ  」





(・・;) 






しまいにはな

ネットや 
何のゆかりもない人達でも
霊能力があると見るや 

飢餓の想念を片っ端から 
ぶつけるようになった 」






(・・;)・






飢餓の想念を纏った者は
想っただけで 
吸引力ある飢餓の想念をターゲットにぶつけられる 


だがな実際にはな

からすや 電気 
そして人では ドール系譜が

飢餓の想念を直接運んだり 
ぶつける役回りをはたしていたのだ   


犬巫女たちは

そうして
ドールやからすさんを使役し 
飢餓の想念を利用して
想念の情報を 掠め取っていた 」





(・・;) 






ところでな
先日 

えんえんやこくまがな
飢えでは 霊能力は つかないと言ったが 


確かにそれは正しい 」



(・・;)





だが
霊的情報が 
まったく運ばれないわけではなかった 

本物の霊能者に
飢餓の想念をぶつければ
実はある程度の霊的情報も 
吸引することができるのだ 」





(・・;)・  






ただな

それは人間の飢餓の想念ではない 

人の飢餓の想念の多くは
あくまで現物や現実
情報としては現実の会話の情報ぐらいしか
吸いとる事ができぬ 



霊的な情報を吸いとれるのは
動物の飢餓の想念だ 

動物はテレパシィを使うからな


おそらく 
いずなと呼ばれてる想念の正体も
動物の飢餓の想念をまとめあげたものだ  」






(・・;)! 






くまくまは見たぞ


小犬巫女たちはな 
霊的情報を欲するあまりに

この数十年近く 
動物達を殺したり 
自然破壊をさせるように 
政治家や財界人達を誘導してきたのだ 


石原が
からすを大量虐殺したであろう?


あのからすの大量虐殺行為も 
石原の小犬巫女がそそのかしていたのだ  」





(・・;)! 






そいつはな
からすの飢えた想念を集めたかったのだ 


世の中に無駄だとおもわれてるのに
強行される不可解な多くの自然の破壊の公共事業も

実は 
自然の飢餓の想念を集めたい 
小犬巫女たちが引き起こさせていたのだ  」






(・・;)・・ 





「 
そしてな

からす達が 
呪を飛ばしたり 
厄を運んだりしたであろう? 



あれはな
生きたからすさんは
死んだからすさんの想念に動かされて 
あの動きをしていたのだ 


生きた者を動かす者は死霊 


人間も
よほどの意志が無いと
死霊に動かされる


意志があっても
飢餓の想念を前にすると 
エネルギーは吸引されるのだ  
  」





(・・;)





だから琉球おばば達は
霊能者ではない

ただの生贄づくりのゴミだ 
ばい菌だ 


あいつらは 
体をつないでるわけでもなく

動物に
ごはんをあげてるわけでもない 

ただ
吸血鬼達に自然破壊や 
無駄な公共事業をさせることで


世界中で
自然の飢餓を蔓延させ
それを己の力としていたのだ 」






(・・;)・・ 





「 
ところでな

DQNな親に 
子供にご飯をあげず 
衰弱死させる親がいるであろう?


あれもな
飢餓の想念を作る為なのだぞ


我が子を飢えさせて 
時に餓死させるのは 

餓死させるようにそそのかした者たちが 
餓死させた子の想念を使役できるからだ

DQN親は役得を見せられると
誘導にのりやすいからな

それで子供達を
衰弱死させていたのだ 」





(・・;)・





「 
それからな 
最近の政治家官僚どもが

あからさまな増税をしたり
搾取をしたり
弱者を切り捨てたり
あげくは 
弱者から財産をとことん搾り取って
追いつめようとしているであろう?  


あれはな 
予算の問題ではないのだ

本音は
政治家どもが崇めてる小犬巫女どもが 
飢餓の想念を作りたいからなのだ 







(・・;)! 






人々を飢えさせて追いこめば

飢餓の想念を作らせた者たちが
たくさんの飢えた想念を使役できるようになる 


そう想い
あの愚かな政策を繰り返していたのだ

増税も 弱者いじめも
本音は ただ飢えた想念を
作りたいだけだったのだ  」




(・・;)・ 






何故
小犬巫女達が
それほどまでに飢えた想念を作りたがるのか
教えてやろう


小犬には 
飢餓の想念をのせ続けることができぬのだ 


何故なら
小犬は座やステータスを手に入れれば 
満ち足りてしまう習性だからな 



小犬がその座を守るには 
飢餓の想念をたえず補充し続けなければならず

飢えた想念が抜けると 
また飢えた想念を作り出そうとして

そのループで 

あのような自然破壊 
あのような大量虐殺 
あのようなエネルギーの浪費 
あのような増税搾取
あのような生贄づくりをし続けてたのだ  」





(・・;) 






そういえばな
話は変わるが

カップ麺ばかり食べる 
カリスマトレーダーがいたであろう?


確か 
親が
公務員血筋であったであろう?


おそらく立場的に 
生活保護で 
飢えさせた人達の想念を纏えたのだ

飢えた想念で トレードの成績を上げていた 」






(・・;) 






カップ麺だけしか
食べなかったのは

現実的に
カップ麺しか食べれない人たちの
飢えた気を纏っていたからだ 


飢餓の想念が 
役所と言う仕組みを介して 
まったく飢えて無い者に 
つけかえられていたのだ 」





(・・;) 






そしてなくまくまは見たのだぞ

呪殺も
飢餓の想念により 
行われていたのだ 」





(・・;)!






よく子猫達が
原因不明で
突然死したであろう?


犬巫女の中に
飢餓の想念をぶつけてきたものがいたのだ 」





(・・;)!・・ 




「 
飢餓の想念をぶつけられると
体力が弱い者は
生命エネルギーを吸われ
死んでしまうこともある


飢餓想念は
吸引力がすさまじいからな 」





(・・;)





「 
こねこ達が死んだり
体調がだるくなったりしたのも 
すべてそれだ



飢餓の想念を
ぶつけられたからだ  



からすが
子猫が死ぬ前に
よくあらわれてたのは 
犬巫女たちに
飢餓の想念を運ばされていたからだ


ぶつけさせたのはな 
犬巫女たちだったのだ 」 





(・・;)






そしてな 

現実的に行われる人への呪殺も 
飢餓の想念を利用して行われる


呪殺は 怨霊ではない

生霊

飢えた想念を利用して
おこなわれるのだ 」





(・・;)






だがな
それを行うには
よほどの飢餓の想念が必要だ

だから小犬巫女は
人々を飢えさせ  
自然破壊をさせ 
みなを苦境に追い込んでたのだ 」





(・・;) 






「 
これが生贄づくりの系譜の所業だ


生贄を作る事で
飢餓の想念を集め 
座を得 

その
座を守るために 
生贄を作り続ける



人類が滅ぶまで 
地球が滅ぶまで 
座を守るため生贄を作り続けようとするのが
生贄づくりの系譜の所業だった  」 




(・・;)





だがな 
そのすべては
あさましい愚かな小犬巫女たちの咎なのだ 


恋に狂い 

見たい想いが無いのに 
序列に目がくらみ
座を求めた小犬たちに  

すべての責任と咎があるのだ  」




(・・;)




「 
ただな
奴らには
読解能力が宿らなかったのだ  


飢餓の想念で 
霊能者の読んだ情報をある程度運ばせることはできたが

それでお気に入りの吸血鬼どもの
座の危機の回避し続けることもできたが  

それをし続けることで
結果として何が起こるのか 

その長期予報は 
奴らには理解できなかったのだ 」





(・・;)






飢えの気が剥げている
小犬巫女はすべておしまいだ


現実にもう剥げはじめているであろう?

あれはな

飢えを作りすぎたのだ 」


作りすぎた? 
(・・;)



「 
あまりに飢えの気を多くし過ぎると
作った飢えの気に呑みこまれてしまう

そのことを奴らは
理解できなかったのだ 」




(・・;)




20140709150646410.jpg







「 
沖縄は雨だった  」(くまくまの言葉)







2014-07-09 :ねこねこのはなし :




転載終了



Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ