においのオーラ おとのオーラ (幻の桜ブログさんより)

2014.07.30 01:33|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です







「 
オーラには2種類ある
おとのオーラ においのオーラ 」


「 においは 雰囲気

現実化直前の気配も このにおいのオーラに属す 」



「 おとのオーラは意志 想い 心の声

結界ができると この音のオーラ 想いの音が響きづらくなる

テレパシィが聞こえづらくなったのも おとのオーラが見えづらくなったのも結界ができてから 」



「 結界ができても 感じづらくなっても おとのオーラを感じやすい人はいる

例えばよく人によって同じ女性が 美人に見えたり ブスに見えたりする現象

人によって 見ているオーラの部分が違うところからきている 」


「 多くの人はにおいのオーラで美人の雰囲気を感じる

おとのオーラを感じる人は まず想い そして人の造形を細かく見る

においのオーラを見る人は 漂ってる雰囲気で美人かどうかを判別するので あまり細かい造形には目がいかない  

ようは見る部分の差で 人により その人が美人か不美人か その判断を分ける 」



「 世界はにおいで作られた

香り においに現実が運ばれるようになった

この島でも古い時代から 特に 藤原の時代以降 においで現実が運ばれるようになった 」


「 お寺が各地に作られて 結界が強化されていくにしたがって においをさせてるところに 現実がもたらされるようになった

それで貴族文化が生まれた 

貴族たちは現実を運びやすくさせる為に 美の気も運ばせやすくする為に 香りにこだわり 香木とかにたくさんのお金を費やしてきた 」


「 現代社会 現代の経済の仕組みも においの良い者 香りの良い者ほど 雰囲気が運ばれて 現実を掴むチャンスも与えられている  」


「 知ってる? 金融街のトレードの成功の秘訣も香り

香りは気分をつかさどる 気分が成功失敗を分ける

もともと トレードや金融市場自体が香りのようなものなので 意志より 香りの方がトレードを成功させる 」



「 どんなにおいに現実がもたらされるかと言えば それは人の前に 運ぶ想念にとって 良い香りと感じる香り

古くは 鳥が良いにおいと感じる香り

現代では 車や飛行機 電線に宿る でんき想念が 良いにおいと感じる香り

そういうものに現実が 運ばれやすくなっていく 」



「 昔の運ぶ想念が 良いにおいと想うベースは木や草の香り

寺は昔から その樹の香りを出すために 木を伐り それを焚きまくっていた 

でも 現代は 木を焚いた香りより 種類やエッセンスを人為的に混ぜて 人工的な香料を入れたような香り そういうものに現実が運ばれやすくなっている

それは昔の鳥や 虫の想念より 電気想念の方がよりエネルギーを多く運ぶようになったから

鳥や虫に反応させて そこに現実を運ばせても 横にでんき想念を反応させる においのオーラをつけておけば そこからさらに富のエネルギーを運び出すことができる

だからでんき想念が反応する香りに 現実が運ばれやすくなった 」


「 でんき想念は自然の香りよりも 人工的で ごちゃ混ぜにした香りの方が良い香りと感じる

特に電気想念がかぐわしい香りと感じる代表例が 都会の香り

都会の香りは 色んな香りが 魑魅魍魎のごとく混ざりあった香り

でんき想念はあのたくさんの香りに人為的なエッセンスの香りが混ぜられた香りを たくさん香りが集まってる場 たくさんの存在が集まってる中心 だから ここは運ぶ場所

そう認識して そこに現実を運ぶ 」


「 昔は木とイグサの香りに包まれた 寺や旧家におびただしい現実が運ばれてた

電気想念が生まれてから おびただしい企業群により現実の富が運ばれるようになった 」


「 都会の香りのように たくさんの人為的な香りがすれば そこには現実が運ばれる

でもその一方で 電気想念ができてから 自然の香りがするところからは 富が運び出されるようになった

何故なら でんき想念は人為的に作られたもの 自然の香りよりも人工的な香りの方が良い香りだと想う

電気想念が生まれてから 自然の香りがたくさんするところから 富が運ばれたり 収奪がされたり 情報が運び出されたりした

その結果自然破壊のようなことも起きてきた 」


「 やさしい人が動物をたくさん飼ってるのに 動物達もその人を応援してるのに それなのに何故 貧乏になっていくかと言えば 香り

電気想念が自然の動物さんがたくさんいる香りの場から どんどんエネルギーを運んでいっちゃう

そして人為的な香りをさせてるようなところとか 煙草とかそう言うところに 現実を運んでいく 」


「 養分の人がお金持ちになりたいと一生懸命想っても 貧しい場所に住むとなかなか抜け出せないのは 貧しい場所には 現実を運び出されるにおいが充満してるから

そのにおいで現実化直前のエネルギーを 勝手に運び出されてしまう

養分の人が引っ越そうと想っても その地域にいれば ずっと現実を得ることができにくくなる

想えば想うほど でんき想念にとって よい香りをさせてる人にその現実が運ばれてしまう

こんな感じで 意志ある人が集めたエネルギーを 香りと言う現実で運び出されてしまった  」


「 香水は効果があるけど高い

高いのにお金持ちがあれを買うのは 富や財運を 意志ある人から運んできてくれる効果があることを潜在的に知っているから

それと逆に 意志ある人は 貧しくなると いくら望んでも いくら想い続けても においで彼らが呼んできた現実化のエネルギーをおびただしく上から吸われた 」


「 もし今の財界人達が動物さんのような自然な香りをつけていたら おそらく1年経たないうちに 座から転落したと想う

それぐらい匂いって 残酷に現実を運んだりする

意志や心の音にも関わらず においで現実を運ぶ 

それが結界の中の貴族文化であり 貴族たちのつけかえの術 」


「 クレオパトラの時代から 王達が香りにあんなに莫大な金を使ってたのも 香りで 自分達の現実が保たれてることを知っていたから

世界は香りでできている

香りにより現実が運ばれて 香りだからこそ現実は移ろいやすくある 」


「 結界は音を塞ぐことで においを目立たせた 

人体でも耳を塞ぐと においの感覚が際立つようになる それと同じ

でもそれが 人と自然を隔てた 」



「 でも 結界が無くなると においよりも おとのオーラの方が目立つようになる

だって自然は音からはじまるから

意志の音や 心の声の音が聞こえやすくなって テレパシィや意志疎通もしやすくなる 」


「 運ぶ想念も意志の音で運ぶようになる

もちろん 香り好きな運ぶ想念もいるけれど でも運ぶ想念の多くは 香りより 意志 心の音でエネルギーを運ぶようになる

電気もその流れに従って 音で 運ぶようになる 」



「 
早く自然に戻るといいね

自然はね

香りよりも 音を見る 音を聞くんだよ

自然に戻ると 
人類も
意志ある人ほど 現実を手にしていくよ 」(こくまちゃんの話)









においのオーラ おとのオーラ (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1642.html

転載開始








「 
オーラには2種類ある
おとのオーラ においのオーラ 」






(・・;)







においは 雰囲気

現実化直前の気配も このにおいのオーラに属します 」





(・・;)






おとのオーラは意志 想い
心の声


ちなみに結界ができると
この音のオーラ
想いの音が響きづらくなります


テレパシィが聞こえづらくなったのも
おとのオーラが見えづらくなったのも結界ができてからです 」




(・・;)





でも結界ができても
感じづらくなっても おとのオーラを感じやすい人はいるにはいます


例えばよく人によって同じ女性が
美人に見えたり 
ブスに見えたりする現象

それは人によって
見ているオーラの部分が違うところから来ています 」




(・・;) 





多くの人はにおいのオーラで美人の雰囲気を感じるんですが


おとのオーラを感じる人は 
まず想い そして人の造形を細かく見ます


においのオーラを見る人は 
漂ってる雰囲気で美人かどうかを判別するので
あまり細かい造形には目がいきません  


ようは見る部分の差で 
人により その人が美人か不美人か
その判断を分けるんです  」





(・・;)






そしてね

世界はにおいで作られました

香り においに現実が運ばれるようになりました


この島でも古い時代から 

特に 
藤原の時代以降 
においで現実が運ばれるようになりました 」



(・・;) 




お寺が各地に作られて
結界が強化されていくにしたがって 
においをさせてるところに
現実がもたらされるようになったんです


それで貴族文化が生まれました 


貴族たちは現実を運びやすくさせる為に
美の気も運ばせやすくする為に
香りにこだわり 

香木とかにたくさんのお金を費やしてきました 」





(・・;)





「 
そして現代社会 
現代の経済の仕組みも 

においの良い者
香りの良い者ほど
雰囲気が運ばれて 
現実を掴むチャンスも与えられています  」






(・・;)・






知ってますか?


金融街のトレードの成功の秘訣も香りなんです

香りは気分をつかさどる

気分が成功失敗を分ける


もともと
トレードや金融市場自体が香りのようなものなので
意志より
香りの方がトレードを成功させるんです 」




(・・;)





それで
どんなにおいに現実がもたらされるかと言えば 


それは人の前に 
運ぶ想念にとって 良い香りと感じる香りです


古くは
鳥が良いにおいと感じる香り


現代では 
車や飛行機 電線に宿る
でんき想念が
良いにおいと感じる香り


そういうものに現実が
運ばれやすくなっています 」



(・・;)





昔の運ぶ想念が
良いにおいと想うベースは木や草の香りでした

寺は昔から
その樹の香りを出すために 
木を伐り それを焚きまくっていました 



でも
現代は 木を焚いた香りより
種類やエッセンスを人為的に混ぜて 
人工的な香料を入れたような香り

そういうものに現実が運ばれやすくなっています

それは昔の鳥や 
虫の想念より
電気想念の方がよりエネルギーを多く運ぶようになったからです


鳥や虫に反応させて
そこに現実を運ばせても

横にでんき想念を反応させる
においのオーラをつけておけば
そこからさらに富のエネルギーを運び出すことができる


だからでんき想念が反応する香りに 
現実が運ばれやすくなったんです 」





(・・;)





でんき想念は自然の香りよりも
人工的で ごちゃ混ぜにした香りの方が良い香りと感じるんです

特に電気想念がかぐわしい香りと感じる代表例が
都会の香りです


都会の香りは 
色んな香りが
魑魅魍魎のごとく混ざりあった香りです


でも
でんき想念はあのたくさんの香りに人為的なエッセンスの香りが混ぜられた香りを

たくさん香りが集まってる場

たくさんの存在が集まってる中心

だから ここは運ぶ場所
そう認識して そこに現実を運ぶんです 」




(・・;)・





昔は木とイグサの香りに包まれた
寺や旧家におびただしい現実が運ばれてましたが


電気想念が生まれてから 

おびただしい企業群により現実の富が運ばれるようになりました 」




(・・;) 





都会の香りのように
たくさんの人為的な香りがすれば
そこには現実が運ばれますが


でもその一方で
電気想念ができてから 
自然の香りがするところからは
富が運び出されるようになりました



何故なら
でんき想念は人為的に作られたもの
自然の香りよりも人工的な香りの方が良い香りだと想うんです



電気想念が生まれてから
自然の香りがたくさんするところから 
富が運ばれたり
収奪がされたり
情報が運び出されたりしました

その結果自然破壊のようなことも起きてきたんです 」





(・・;)





それと 
やさしい人が動物をたくさん飼ってるのに
動物達もその人を応援してるのに


それなのに何故
貧乏になっていくかと言えば
香りです



電気想念が自然の動物さんがたくさんいる香りの場から
どんどんエネルギーを運んでいっちゃうんです

そして人為的な香りをさせてるようなところとか
煙草とかそう言うところに
現実を運んでいくんです 」




(・・;)・






養分の人がお金持ちになりたいと一生懸命想っても
貧しい場所に住むとなかなか抜け出せないのは
貧しい場所には
現実を運び出されるにおいが充満してるからです


そのにおいで現実化直前のエネルギーを
勝手に運び出されてしまう


養分の人が引っ越そうと想っても
その地域にいれば
ずっと現実を得ることができにくくなる


想えば想うほど
でんき想念にとって
よい香りをさせてる人にその現実が運ばれてしまう


こんな感じで
意志ある人が集めたエネルギーを
香りと言う現実で運び出されてしまったんです  」




(・・;)・





ほら
香水は効果があるけど高いでしょ?

高いのにお金持ちがあれを買うのは
富や財運を
意志ある人から運んできてくれる効果があることを潜在的に知っているからです



それと逆に
意志ある人は 
貧しくなると いくら望んでも いくら想い続けても

においで彼らが呼んできた現実化のエネルギーをおびただしく上から吸われたんです 」





(・・;)・





もしも今の財界人達が動物さんのような自然な香りをつけていたら
おそらく1年経たないうちに
座から転落したと想います


それぐらい匂いって 
残酷に現実を運んだりするんです

意志や心の音にも関わらず 
においで現実を運ぶ 



それが結界の中の貴族文化であり
貴族たちのつけかえの術だったんです 」




(・・;)・





クレオパトラの時代から
王達が香りにあんなに莫大な金を使ってたのも

香りで
自分達の現実が保たれてることを知っていたからです



世界は香りでできている

香りにより現実が運ばれて
香りだからこそ現実は移ろいやすくあるんです 」




(・・;)





結界は音を塞ぐことで 
においを目立たせました 


例えば
人体でも耳を塞ぐと 
においの感覚が際立つようになるでしょ?
それと同じ


でもそれが
人と自然を隔てたの 」




(・・;)





でもね
結界が無くなるとね


においよりも
おとのオーラの方が目立つようになるの


だって自然は音からはじまるから
意志の音や
心の声の音が聞こえやすくなって

テレパシィや意志疎通もしやすくなるの 」




(・・;)





運ぶ想念も意志の音で運ぶようになるの

もちろん
香り好きな運ぶ想念もいるけれど


でも運ぶ想念の多くは
香りより
意志 心の音でエネルギーを運ぶようになる


電気もその流れに従って
音で 運ぶようになるよ 」





(・・;)





早く自然に戻るといいね


自然はね

香りよりも 音を見る 音を聞くんだよ


自然に戻ると 
人類も
意志ある人ほど 現実を手にしていくよ 」(こくまちゃんの話)





P7290093_R.jpg






2014-07-29 :ねこねこのはなし :





転載終了




Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ