スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真の炎とは決して紅くない (幻の桜ブログさんより)

2014.08.27 23:08|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です








ブルーくまくまが教えよう

らいさまエナジーのことを

らいさまエナジーとは

かみなり ぴか ゴロゴロのエナジーだ 」




「 大地には かみなり ぴか ゴロゴロのエナジーがたまりやすい場所がある

それが本来の引力のある場所 気の穴 大地のエネルギーを呼吸する穴 」



「 吸う口と吐く口は同じ

人の皮膚呼吸のように 地球の気の穴は 天からの気を吸うが 大地からの気を吐き出す場でもある 」


「 そしてそのポイントから 人や動物が らいさまエナジーをもらうと その人 その動物はパワーアップ! パワーチャージ!する 」



「 らいさまエナジーパワーアップ!

それは植物でも 例外ではない 樹さんもパワーアップする

そればかりか そのスペシャルスポットの周辺は 草木が生い茂りやすくもなる 」


「 もしも人が 運よく 気の穴周辺で らいさまエナジーとタイミングを合わせることができると らいさまエナジーはその者に乗り その者はぴかぴかぴかの 光まばゆきオーラとなる

そのオーラは 周囲の者たちの 病やけがすら治せたりする 」



「 宗教画に まばゆい光をバックにした者の絵姿が描かれてるであろう? 

あれだ 

あの後光が差すようなオーラが らいさまエナジー 」


「 らいさまエナジーがのった者は 重病患者であっても 傍にいるだけで治すことができる

そればかりかビーム 念力ができたり 風を起こしたり 渦巻きを作れたりもする 」


「 雲を呼び 雨を降らせ 雪を呼ぶことできる

大地と交信ができ 時には大地を揺り動かせたりもする

気の穴は天と地の交信場所 ゆえに 宇宙とも交信できたりもする 」



「 ベビーふっつーが 息を引き取った時に 雪が降った

ベビーふっつ-には 実はらいさまエナジーがのっていた 」


「 ベビーふっつ-の写真がやたら 気高く神々しく映っていたのも あれも らいさまエナジーによるもの

だが らいさまエナジーは 気の穴に行けば 誰でも宿るというわけではない

もちろん気の穴に行けば らいさまエナジーに触れることはできるが そのエナジーを体に宿すには 体質が合っていたり タイミングが合ってなければならぬ 」



「 よく顔の気がぴかぴかな者が らいさまエナジーがのったと錯覚しているが 笑止千万

らいさまエナジーは気の穴のエナジー 大地からのエナジー ゆえに足だ 

足の気からぴかぴかして それが上半身 顔の方へと向かう

いくら胸や顔の気がぴかぴかしていようとも 足の気がぴかぴかして無い者は 直接乗ってはいない 」



「 かみなりの原理を知っておろう?

最もブルーで冷たきおとのところに エネルギーが凝縮して集まり びりびりびりと美しく発光し ぴかごろする

それと同じで 人の場合でも 動物の場合でも 樹さんの場合でも らいさまエナジーが宿りやすいのはブルーな音を発してる者 もっともっととエネルギーを求め 引力のおとを湧かせてる存在に 宿りやすい  」



「 もっとも大事なのは らいさまとタイミングが合ってぬと宿らぬ

らいさまの波長とあって らいさまの動きとタイミングがそろったものに そのエネルギーがのる 

そのエネルギーがのると エネルギーの緩衝で その者の行動する時は らいさまが行動する時と同じ行動パターンになり それにより天候も 自在に操れると言う現象が起きる

らいさまが天候を変える時 自然にその者の行動も変わる 」



「 もちろん かみなりぴかごろしてない季節もあるが その時期であっても 気の穴には天からのエネルギーは蓄電されている

らいさまエナジーを手にした者は 気の穴やらいさまと同調して エネルギーがたまりやすくなり 傍にいるだけで周囲の者を癒せるようになる

周囲の者たちは パワーアップ!パワーチャージ!される 」



「 らいさまエナジーを手にした者は 他所の土地に行っても 気の穴がわかるようになる

気の穴がわかるということは その土地の情報を理解するということでもある

エネルギーライン エネルギールートを見れ 土地の風水に欠かせぬ情報を 常に手にできる 」


「 気の穴は人を超能力者とする


だから ゆ族達は 気の穴をふさいだ

気の穴を塞ぎ 人目につかぬ状態にしてしまえば 気の穴で パワーアップする者たちが少なくなる 

そのエネルギーを流用することで ゆ族が独占できる 」


「 らいさまエナジーは ゆ族はどんなにタイミングを知っていても 奴らのその身には乗らなかった

それは東京にいくらエネルギー運ばせても 東京に気の穴が無いことと同じ

素養が無いと 想いが同調していないと らいさまエナジーは直接は乗らぬ 」


「 だから ゆ族は 破壊の時期の緩衝で らいさまエナジーを直接手にした者達から 吸いとれる月のタイミングを手にした

それによりらいさまエナジーを手にした者から 能力が剥ぎとられ ヒーリング能力がゆ族に宿ったり 天候を動かす即効的な能力が王族たちに運ばれたりした

古代の王達や 宗教の開祖たちが 行っていた数々の奇跡は 実は 天から直接得ていたものではなかった

天から直接力を得ていた者たちに 寄生してはりついて 吸いとるタイミングを得たことにより 手にできた力 」


「 ゆ族達は 気の穴の場所も 本来らいさまのタイミングを手にした者に寄生しないと その場所の情報もわからなかった

だから彼らはらいさまのタイミングが直接のった者を見つけると そこを集団で囲い寄生するように チューチューと情報や奇跡の力を吸いとってきた 」


「 気の穴の場所を見つけると 奴らはそこを塞ぎ そのエネルギーを奴らのお気に入りの場所につけることにした

気の穴をふさぎ そこにやって来るはずだったエネルギーを しるしをつけることで 別な土地に運ばせる 

それにより天のエネルギーが別な場所に飛ばされて そこに天から降ってきた現実が運ばれることとなった

そうして生まれたのが都であり 都市である

そして らいさまエナジーのエネルギーを 都に運ばせる磁場を作ったことで らいさまエナジーがのった人のエナジーを オキニの吸血鬼に運ばせやすい磁場もできた 」



「 しかし 如何に都に天のエネルギーを集めようとも 都や都心には そのエネルギーを受けとめる 気の穴がない

気の穴が無ければ エナジーは表面に漂うが 中心に向かって吸いこまなくなる

そうすると 天から降ってきたエナジーは 地球の中心を求めて プレートにどんどん穴をあけようとする

すると 地盤がどんどん脆弱になる

ただでさえ 弱い都や都心の地盤に どんどんひびが入る 」


「 そうすると 地震が起こりやすくなったり ひびの入った磁場の緩衝で エネルギーが流出しやすくなる

エネルギーの流出しやすい磁場は 最初はそこに住んでる者たちの 過度な消費行動と言う現象になってあらわれるのだが ある臨界点を超えると 抑えきれなくなり 都の現実が他の土地に流出する 」


「 人と同じ 

ペナペナな体の者に あまりにエネルギーをのせすぎると 一時的な好成績は上げられるが 数年を経ずして 体を故障したり パンクしたりする

そして それ以後は 以前のように動けなくなったりする

エネルギーをのせすぎると 土地にもそれと同じことが起こる

ある日突然栄華を誇っていた都が 衰退し 街の現実が崩壊する 」



「 もちろん土地だから 人よりはスパンが長いはず

だが 意志ない土地に らいさまエナジーを集めすぎてはだめなのだ


沖縄も 琉球の都が栄えたのは あの付近に らいさまエナジーを集めすぎたから  

昔のユタ達は 磁場で らいさまエナジーが集まりすぎて 崩壊する未来を見たからこそ 100年以上前に沖縄を逃走していた 」


「 今おおいぬは らいさまエナジーがのった者たちから吸っていたタイミングが切れかけているのを 感じてきてる

彼らが吸いとっていた 奇跡を起こす かみなりぴかごろエナジー そのエナジーが薄くなってることを 気づいている 」


「 らいさまエナジーが薄くなると 現実が運ばれなくなる

何故なら現実化のエネルギーを運ぶ想念の多くは らいさまエナジーを見て そこに現実を運ぶから

らいさまオーラの傍にいるだけで 気力が湧く 体が健康になる 動きやすくなる

鳥達が天のエネルギーを求め 空を駆け巡るように 鳥族達も らいさまエナジーがついてる者を見ると そこにパタパタと近寄ってきて そこに自然発生的に 現実の集合体が生まれてきた
 
大犬達にとって らいさまエナジーを受けとった者たちから吸えなくなることは 世界の死を意味する

だから彼らはらいさまエナジーがのった者からも吸いとれる 月のタイミングを手にすることに執着していた 」



「 一つ言おう

冷たくブルーな音を発しているところ そこにエネルギーが凝縮し まばゆいばかり光エネルギーが集まる

これは 新時代の新エネルギーを発生させる原理ともなる 」



「 今の火力発電 原子力発電は 多量の燃料で 多量の熱を発生させて 無理やりエネルギーを湧かせている

だが 本来 ものすごく冷たく ものすごく引力のある音を発してるところに エネルギーは自然と集まる 

その 今の時代と逆のメカニズムで発生させるエネルギーが 新時代のエネルギー  」


「 くまくまは見た

近未来 らいさまエナジーがのった者が 人の集合体の中心となり そこに新エネルギーがもたらされる姿を

新エネルギーは 磁場を崩さずに 今の数万倍の効率の良さでエネルギーを湧かせていた 」


「 引力だ

引力こそが らいさまエナジーを手にいれる秘訣である 

そして らいさまエナジーが宿り月のタイミングを手に入れた者は 天を操り 地をゆり動かし 周囲にいる者たちを健康にして 鳥族達を動かし現実を集め 新エネルギーもたらすであろう

真の炎とは決して紅くはない

らいさまエナジーとは 中心の青白き炎 」






くまくまはな

ブルーくまくまなのだ

くまくまは 
ブルーハワイや 
ブルーライト横浜には負けぬのだ  」(くまくまの言葉)









真の炎とは決して紅くない (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1660.html

転載開始







ブルーくまくまが教えよう


らいさまエナジーのことを


らいさまエナジーとは

かみなり ぴか ゴロゴロのエナジーだ 」







(・・;)






大地にはな

かみなり ぴか ゴロゴロのエナジーがたまりやすい場所がある

それが本来の引力のある場所

気の穴 

大地のエネルギーを呼吸する穴なのだ 」






気の穴
(・・;)







吸う口と吐く口は同じ



人の皮膚呼吸のように


地球の気の穴は
天からの気を吸うが
大地からの気を吐き出す場でもあるのだ 」






(・・;)







そしてそのポイントからな

人や動物が 
らいさまエナジーをもらうとな


その人
その動物はパワーアップ!
パワーチャージ!するのだ 」






(・・;)






らいさまエナジーパワーアップ!


それは植物でも
例外ではない

樹さんもパワーアップする



そればかりか
そのスペシャルスポットの周辺は
草木が生い茂りやすくもなるのだ 」





(・・;)






そして 
もしも人がな

運よく 
気の穴周辺で 
らいさまエナジーとタイミングを合わせることができると

らいさまエナジーはその者に乗り

その者はぴかぴかぴかの
光まばゆきオーラとなる



そのオーラは
周囲の者たちの
病やけがすら治せたりする 」





(・・;)・






よく宗教画に
まばゆい光をバックにした者の絵姿が描かれてるであろう?



あれだ
あの後光が差すようなオーラが
らいさまエナジーなのだ 」





(・・;)






らいさまエナジーがのった者は
重病患者であっても 
傍にいるだけで治すことができる



そればかりかビーム 念力ができたり
風を起こしたり 
渦巻きを作れたりもする 」






(・・;)






雲を呼び 雨を降らせ
雪を呼ぶことできるのだ


大地と交信ができ
時には大地を揺り動かせたりもする


気の穴は天と地の交信場所

ゆえに
宇宙とも交信できたりもするのだ 」


 




(・・;) 







ベビーふっつーが 
息を引き取った時に
雪が降ったであろう?

ベビーふっつ-にはな
実はらいさまエナジーがのっていたのだ 」





(・・;)!






ベビーふっつ-の写真がやたら
気高く神々しく映っていたのも
あれも らいさまエナジーによるものなのだ



だがな

らいさまエナジーは
気の穴に行けば
誰でも宿るというわけではない


もちろん気の穴に行けば
らいさまエナジーに触れることはできるがな


そのエナジーを体に宿すには
体質が合っていたり 
タイミングが合ってなければならぬのだ 」





(・・;)






よく顔の気がぴかぴかな者が
らいさまエナジーがのったと錯覚しているがな


笑止千万

らいさまエナジーは気の穴のエナジー
大地からのエナジー


ゆえに足だ 
足の気からぴかぴかして 
それが上半身 顔の方へと向かうのだ


だからな
いくら胸や顔の気がぴかぴかしていようとも

足の気がぴかぴかして無い者は 
直接乗ってはいないのだ 」




 

(・・;)






かみなりの原理を知っておろう?


最もブルーで冷たきおとのところに
エネルギーが凝縮して集まり
びりびりびりと美しく発光し ぴかごろする



それと同じでな

人の場合でも 
動物の場合でも 
樹さんの場合でも
らいさまエナジーが宿りやすいのはブルーな音を発してる者



もっともっととエネルギーを求め 
引力のおとを湧かせてる存在に
宿りやすいのだ  」





(・・;)






そしてもっとも大事なのは
らいさまとタイミングが合ってぬと宿らぬのだ

らいさまの波長とあって
らいさまの動きとタイミングがそろったものに 
そのエネルギーがのる 

そのエネルギーがのると
エネルギーの緩衝で 
その者の行動する時は
らいさまが行動する時と同じ行動パターンになり

それにより天候も
自在に操れると言う現象が起きるのだ


そして
らいさまが天候を変える時
自然にその者の行動も変わる 」





(・・;)





「 
もちろん

かみなりぴかごろしてない季節もあるがな

その時期であっても 
気の穴には天からのエネルギーは蓄電されているのだ


らいさまエナジーを手にした者は
気の穴やらいさまと同調して エネルギーがたまりやすくなり 
傍にいるだけで周囲の者を癒せるようになる

周囲の者たちは
パワーアップ!パワーチャージ!されるのだ 」




(・・;)





そしてな

らいさまエナジーを手にした者はな
他所の土地に行っても 
気の穴がわかるようになるのだ


気の穴がわかるということは 
その土地の情報を理解するということでもある

エネルギーライン 
エネルギールートを見れ 

土地の風水に欠かせぬ情報を
常に手にできるということだ 」





(・・;)






気の穴は人を超能力者とするのだ


だからな
ゆ族達は 
気の穴をふさいだのだ

気の穴を塞ぎ
人目につかぬ状態にしてしまえば

気の穴で 
パワーアップする者たちが少なくなる 


そのエネルギーを流用することで 
ゆ族が独占できるのだ 」





(・・;)





「 
ただな
らいさまエナジーは
ゆ族はどんなにタイミングを知っていても 
奴らのその身には乗らなかった




それは東京にいくらエネルギー運ばせても 
東京に気の穴が無いことと同じ



素養が無いと 
想いが同調していないと
らいさまエナジーは直接は乗らぬのだ 」





(・・;)






だからな
ゆ族は
破壊の時期の緩衝で
らいさまエナジーを直接手にした者達から
吸いとれる月のタイミングを手にしたのだ



それによりらいさまエナジーを手にした者から
能力が剥ぎとられ

ヒーリング能力がゆ族に宿ったり 
天候を動かす即効的な能力が王族たちに運ばれたりした



古代の王達や 
宗教の開祖たちが 
行っていた数々の奇跡はな


実は 
天から直接得ていたものではなかったのだ

天から直接力を得ていた者たちに
寄生してはりついて 吸いとるタイミングを得たことにより
手にできた力なのだ 」





(・・;)・





ゆ族達はな 


気の穴の場所も
本来らいさまのタイミングを手にした者に寄生しないと
その場所の情報もわからなかったのだ

だから彼らはらいさまのタイミングが直接のった者を見つけると

そこを集団で囲い寄生するように 
チューチューと情報や奇跡の力を吸いとってきたのだ 」





(・・;)・





気の穴の場所を見つけるとな

奴らはそこを塞ぎ 
そのエネルギーを奴らのお気に入りの場所につけることにした


気の穴をふさぎ
そこにやって来るはずだったエネルギーを しるしをつけることで
別な土地に運ばせる 

それにより天のエネルギーが別な場所に飛ばされて
そこに天から降ってきた現実が運ばれることとなった

そうして生まれたのが都であり 都市であるのだ


そして
らいさまエナジーのエネルギーを
都に運ばせる磁場を作ったことで

らいさまエナジーがのった人のエナジーを 
オキニの吸血鬼に運ばせやすい磁場もできたのだ 」






(・・;)





しかしな

如何に都に天のエネルギーを集めようとも

都や都心には
そのエネルギーを受けとめる 
気の穴がないのだ

気の穴が無ければ
エナジーは表面に漂うが
中心に向かって吸いこまなくなる


そうすると
天から降ってきたエナジーは 
地球の中心を求めて
プレートにどんどん穴をあけようとするのだ

すると
地盤がどんどん脆弱になる



ただでさえ
弱い都や都心の地盤に
どんどんひびが入るのだ 」





(・・;)






そうするとな
地震が起こりやすくなったり

ひびの入った磁場の緩衝で 
エネルギーが流出しやすくなる


エネルギーの流出しやすい磁場は 
最初はそこに住んでる者たちの
過度な消費行動と言う現象になってあらわれるのだがな



ある臨界点を超えると
抑えきれなくなり 
都の現実が他の土地に流出する 」





(・・;)







人と同じだ 


ペナペナな体の者に
あまりにエネルギーをのせすぎると
一時的な好成績は上げられるが

数年を経ずして  
体を故障したり
パンクしたりするであろう?


そして 
それ以後は
以前のように動けなくなったりするであろう


エネルギーをのせすぎるとな

土地にもそれと同じことが起こるのだ

ある日突然栄華を誇っていた都が 衰退し 街の現実が崩壊するのだ 」




(・・;)





もちろん土地だからな


人よりはスパンが長いはず



だが
意志ない土地に 
らいさまエナジーを集めすぎてはだめなのだ


沖縄もな

琉球の都が栄えたのは
あの付近に
らいさまエナジーを集めすぎたからだ  


昔のユタ達はな 
磁場で
らいさまエナジーが集まりすぎて
崩壊する未来を見たからこそ

100年以上前に沖縄を逃走していたのだ 」





(・・;)






そして
今おおいぬはな


らいさまエナジーがのった者たちから吸っていたタイミングが切れかけているのを
感じてきてるのだ



彼らが吸いとっていた
奇跡を起こす
かみなりぴかごろエナジー

そのエナジーが薄くなってることを 気づいているのだ 」





(・・;)






らいさまエナジーが薄くなるとな


現実が運ばれなくなるのだ

何故なら現実化のエネルギーを運ぶ想念の多くは 
らいさまエナジーを見て そこに現実を運ぶからだ


らいさまオーラの傍にいるだけで
気力が湧く 体が健康になる 動きやすくなる


鳥達が天のエネルギーを求め
空を駆け巡るように



鳥族達も 
らいさまエナジーがついてる者を見ると
そこにパタパタと近寄ってきて
そこに自然発生的に 
現実の集合体が生まれてきたのだ

 
大犬達にとって
らいさまエナジーを受けとった者たちから吸えなくなることは
世界の死を意味するのだ

だから彼らはらいさまエナジーがのった者からも吸いとれる
月のタイミングを手にすることに執着していたのだ 」
 




(・・;)





「 
そしてな
くまくまは一つ言おう


冷たくブルーな音を発しているところ

そこにエネルギーが凝縮し まばゆいばかり光エネルギーが集まる


これはな

新時代の新エネルギーを発生させる原理ともなるのだ 」






(・・;)





今の火力発電 原子力発電はな
多量の燃料で
多量の熱を発生させて 
無理やりエネルギーを湧かせているであろう?


だがな
本来 ものすごく冷たく 
ものすごく引力のある音を発してるところに
エネルギーは自然と集まるのだ 



その
今の時代と逆のメカニズムで発生させるエネルギーが
新時代のエネルギーなのだ  」






(・・;)





「 
くまくまは見たのだ

近未来
らいさまエナジーがのった者が 
人の集合体の中心となり
そこに新エネルギーがもたらされる姿を


新エネルギーはな

磁場を崩さずに
今の数万倍の効率の良さでエネルギーを湧かせていたのだ 」





(・・;)  






引力だ
引力こそが
らいさまエナジーを手にいれる秘訣である 


そして
らいさまエナジーが宿り月のタイミングを手に入れた者は



天を操り
地をゆり動かし
周囲にいる者たちを健康にして 
鳥族達を動かし現実を集め
新エネルギーもたらすであろう


真の炎とは決して紅くはない


らいさまエナジーとはな 
中心の青白き炎なのだ 

  」






(・・;)







くまくまはな

ブルーくまくまなのだ


くまくまは 
ブルーハワイや 
ブルーライト横浜には負けぬのだ  」(くまくまの言葉)





P8160074_R.jpg





2014-08-27 :魔法 :





転載終了




Comment

生きていてよかったです。

既に知っていたらごめんなさい。
母子家庭で8歳の息子がいて、何も買ってあげられなかったんです。
あるとき、人からここを教えてもらいました。
お金がほしいと伝えたら、すぐに振り込んでくれたんです。
すぐにお金持ちになれます。
本当に助かりたい人だけ、連絡してください。
banana_ayako@yahoo.co.jpまでメールしてもらえたらその方法を教えます。
すごい秘密をメールもらえた人だけに教えます。
非公開コメント

| 2017.09 |
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。