ロシア 北海道 北極なのだー (幻の桜ブログさんより)

2014.08.30 00:37|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です







☆ロシア 北海道
北極なのだー☆

かたりて くまくま






くまくまはあめ(夢)を見た

女の子が草原にいた 」



「 大草原だ 小さな家は無かった 」


「 いたのは 昨日話した 「 にしなすの 」の女の子


(昨日の記事リンク)
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1661.html 

立っている地を 北海道と呼んでいて 傍に 宮廷風水師のボスがいて 女の子は こう話していた 」


「「 北極 ロシア 北海道

おそらく北極の緩衝が 間接的にこの島に来るとしたら この近辺だと想われる 」」



「 女の子はそう話していた

だが 目に広がるは果てしなき大草原 傍に駅があるわけでもなく 建物があるわけでもなく 人もあまり歩いておらず そこが北海道のどこなのかは よくわからなかった 」



「 それから場面が変わった

時代は 数十年 経ていた感じだ

同じ大草原に ゆ族がやってきていた

ゆ族の女がいた 沖縄の方からやってきたらしい 」


「 ゆ族の女は 物部の一氏族を抱え 北海道の地に ぞろぞろと連れて来た

ゆ族の女は 北海道に来た理由を 連れていた物部には教えてはいなかった 」


「 ただし 物部に こう言っていた

「 お前たちは選ばれし者 後の時代 この地に連れてこられた意味が 分かるであろう 」と 」


「 ゆ族の女をじいいいいいいいいいっ見ていたら その女の心の声が 薄ら 聞こえてきた

口には出さぬ 心の声 」


「 ゆ族の女は心でこう言っていた

「 根づくには3代かかる しかし最初に 手に入れた者が勝ち 場所を抑えたもの 」

その声だけが聞こえてきた 」



「 これ以上は聞きづらかった

聞こえぬということは そのゆ族の女の心のガードは かなり固かったのであろう 」



「 要するに ゆ族のボス血筋たちは 100年前から沖縄から 移り住み 南極の緩衝 北極の緩衝を見こして 何かの準備をしていたようだ 」


「 
ただしな

この光景を上総に住む
くまくまが見たということは

ゆ族の何かのバリアーが壊れたということでもある

くまくまの引力よりも
ゆ族達のバリアが弱まっているのだ

そうでなければ
この秘密は見えるはずもない

その内
場所も特定できるはず

見たらまた伝えよう  」(くまくまの言葉)







昨日 雨の夜  

ねこの森で ごはんを配った後に 何だか呼ばれてる気がしたので ちくさあの海さんに行ってきた 

駐車場に車を停めて 雨音と海の音を聞きながら うつらうつらしていると いつのまにか眠りについてしまい こんなあめ(夢)を見た

あめで 男の人の姿が見え 彼は こう言ってた



「 間違えられている

私が これから来そうな別な誰かと 間違えられている 

間違えられて 何故だか 私が近未来に 来そうになっている 」



そのような感じのことを言っていた 

その後 さまざまなイメージが見えた

それは男の人と 来るはずだった別な誰かが間違えられる理由となったようなイメージで それを見ながら こんな些細なことで間違えられ 入れ替わっていったんだ と想いながら 淡々とそれを見ていた

その後 風水が 大きく変わるあめを見た

それは 破壊の時期の後を見据えて ゆ族達が大がかりに計画をしていた風水のようだが 何故かその風水で ゆ族や 表の人たちではなく 養分の系譜の人に 富がもたらされ さまざまな名誉ももたらされる そんなイメージが見えた

その あめを見た直後 起きたが あめの意味がよくわからず ちくさあの海さんに どんな意味があったのでしょうか? と聞いてみた

ちくさあの海さんは こう言った




ゆ族の系譜がゆ族自身を
新時代のタイミングに持ち上げる為に
作られた風水の数々

しかし
その風水が
ゆ族ではなく 
じわじわと養分を利するようになる

ゆ族が作らせた無数の風水により
もたらされる果実は
ゆ族ではなくて
養分とされていた系譜に運ばれることになる

養分に
そのエネルギーがのるから
彼女ら(ゆ族)は
想っていたようなエネルギーは乗らない

ゆ族達が卑しみ 
心の奥で侮蔑していた そんな存在に
彼らが作った風水でもたらされる現実が 
これからの長きにわたりのることになる

その事実を
近未来
ゆ族が知った時には 
彼女らはただただ 茫然とするであろう 」(ちくさあの海さんの言葉)





なんでも 数百年以上前から 世界中のゆ族達が苦心し 作らせていた風水でもたらされる現実は ゆ族ではなく 養分にされていた系譜に乗る現象が起こる 

なんでのるのか? それについては聞かなかったので よくわからなかったが ちくさあの海さんの 言葉を聴いた時に くまくまが あめで聞いたという 女の子の言葉を想いだした





二年連続してくる日食

組んであった風水が
日食で反転し
その現象化がはじまる前に 
日食が来て
さらに反転します

アンゴラの2回の日食の後
南極の日食がきます 

それはまるで
海の波に揺られてるような
そんな現象にも見えます

それがどんな影響を及ぼすのか 
現時点ではわかりません

現場のエネルギーを見ないことには 
断言はできません 」(くまくまがあめで聞いた女の子の言葉)




(上の言葉の記事リンク)
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/blog-entry-4175.html







ロシア 北海道 北極なのだー (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1662.html

転載開始







☆ロシア 北海道
北極なのだー☆


かたりて くまくま








くまくまはあめ(夢)を見た

女の子が草原にいた 」





(・・;)







大草原だ

小さな家は無かったのだ 」






(・・;)・





いたのは
昨日話した
「 にしなすの 」の女の子だ


(昨日の記事リンク)
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1661.html



立っている地を
北海道と呼んでいてな 



傍にな
宮廷風水師のボスがいて

女の子は こう話していたぞ 」






(・・;)





「「
北極 ロシア 北海道


おそらく北極の緩衝が
間接的にこの島に来るとしたら
この近辺だと想われます 」」






(・・;)







大草原の中で女の子はそう話していたのだ


だがな
目に広がるは果てしなき大草原だ


傍に駅があるわけでもなく
建物があるわけでもなく  
人もあまり歩いておらず


そこが北海道のどこなのかは 
くまくまにはよくわからなかったのだ 」






(・・;)






そして
それから場面が変わった

時代は 数十年
経ていた感じだ

同じ大草原にな

ゆ族がやってきていたのだ

ゆ族の女がいた 

沖縄の方からやってきたらしい 」





沖縄・
(・・;)







ゆ族の女はな

物部の一氏族を抱え
北海道の地に ぞろぞろと連れて来たのだ


ゆ族の女は
北海道に来た理由を 
連れていた物部には教えてはいなかった







(・・;)






ただしな
物部に
こう言っていた


「 お前たちは選ばれし者

後の時代
この地に連れてこられた意味が
分かるであろう 」と 」





(・・;)







そしてな

くまくまは
ゆ族の女をじいいいいいいいいいっ見ていたらな

その女の心の声が
薄ら 聞こえてきたのだ

口には出さぬ 心の声だ 」





(・・;)







ゆ族の女は心でこう言っていた



根づくには3代かかる 

しかし最初に
手に入れた者が勝ち

場所を抑えたもの 」

その声だけが聞こえてきた 」




(・・;)





これ以上は聞きづらかったのだ


くまくまに聞こえぬということは 

そのゆ族の女の心のガードは
かなり固かったのであろう 」




(・・;)・






要するにな

ゆ族のボス血筋たちは
100年前から沖縄から
移り住み

南極の緩衝 
北極の緩衝を見こして
何かの準備をしていたようなのだ 」





(・・;) 




「 
ただしな

この光景を上総に住む
くまくまが見たということは

ゆ族の何かのバリアーが壊れたということでもある


くまくまの引力よりも
ゆ族達のバリアが弱まっているのだ


そうでなければ
この秘密は見えるはずもない


その内
場所も特定できるはず

見たらまた伝えよう  」(くまくまの言葉)







P8290081_R.jpg








昨日
雨の夜 


ねこの森で
ごはんを配った後に
何だか呼ばれてる気がしたので
ちくさあの海さんに行ってきました 



駐車場に車を停めて
雨音と海の音を聞きながら
うつらうつらしていると 
いつのまにか眠りについてしまい


海で 
こんなあめ(夢)を見ました



あめで
男の人の姿が見えました


彼は
こう言ってました



間違えられている

私が 
これから来そうな別な誰かと 
間違えられているぞ 

間違えられて 何故だか 
私が近未来に 来そうになっている 」


そのような感じのことを言っていました 




その後
さまざまなイメージが見えました

それは男の人と 
来るはずだった別な誰かが間違えられる理由となったようなイメージで


私はそれを見ながら

ああ
こんな些細なことで間違えられ
入れ替わっていったんだ

と想いながら
淡々とそれを見ていました




その後
風水が
大きく変わるあめを見ました

それは
破壊の時期の後を見据えて
ゆ族達が大がかりに計画をしていた風水のようなのですが

何故かその風水で
ゆ族や
表の人たちではなく 



養分の系譜の人に
富がもたらされ
さまざまな名誉ももたらされる

そんなイメージが見えました



その
あめを見た直後
私は起きたのですが


私は
あめの意味がよくわからず



ちくさあの海さんに
今のあめには 
どんな意味があったのでしょうか?

と聞いてみました



すると
ちくさあの海さんは 
こう言いました






ゆ族の系譜がゆ族自身を
新時代のタイミングに持ち上げる為に
作られた風水の数々




しかし
その風水が
ゆ族ではなく 
じわじわと養分を利するようになる


ゆ族が作らせた無数の風水により
もたらされる果実は
ゆ族ではなくて
養分とされていた系譜に運ばれることになる


養分に
そのエネルギーがのるから
彼女ら(ゆ族)は
想っていたようなエネルギーは乗らない



ゆ族達が卑しみ 
心の奥で侮蔑していた そんな存在に
彼らが作った風水でもたらされる現実が 
これからの長きにわたりのることになる




その事実を
近未来
ゆ族が知った時には 
彼女らはただただ 茫然とするであろう 」(ちくさあの海さんの言葉)





そんな感じのことを 
ちくさあの海さんに言われました



なんでも 
数百年以上前から
世界中のゆ族達が苦心し
作らせていた風水でもたらされる現実は
ゆ族ではなく 養分にされていた系譜に乗る現象が起こるとのことでした 



なんでのるのか?
それについてはその時は聞かなかったので
よくわからなかったのですが 


ただ
私はちくさあの海さんの
言葉を聴いた時に



くまくまが
あめで聞いたという 
女の子の言葉を想いだしました





二年連続してくる日食

組んであった風水が
日食で反転し
その現象化がはじまる前に 
日食が来て
さらに反転します

アンゴラの2回の日食の後
南極の日食がきます 

それはまるで
海の波に揺られてるような
そんな現象にも見えます


それがどんな影響を及ぼすのか 
現時点ではわかりません

現場のエネルギーを見ないことには 
断言はできません 」(くまくまがあめで聞いた女の子の言葉)




(上の言葉の記事リンク)
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/blog-entry-4175.html





2014-08-29 :土地さんから聞いたお話 :







転載終了


Comment

このことは誰にも内緒にしてくださいね?

絶対にお得な情報だと思うのでお伝えします。
5歳の子供がいるのに何も買ってあげられませんでした。
もっとはやくこれを知っていれば…。
ただでお金をもらえてしまって…本当にいい人に出会ってしまいました。
すぐに裕福になれる方法があります。
本当に助かりたい人だけに教えます。
知りたい人はbanana_ayako@yahoo.co.jpまでメールください。
驚愕の秘密を連絡してくれた人だけに教えます。
非公開コメント

| 2017.08 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ