指と石 (幻の桜ブログさんより)

2014.10.13 23:31|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です






「 

宝石結構得意なんだ

首とか手とか足とかにつけるやつ 」




「 宝石は きれいだから集めてるだけじゃない

想っている以上にパワーが強い 」


「 宝石は運命を左右する 磁場に緩衝を与えるから

もちろんその辺の石も磁場に影響は与えてる

でも宝石は磁場に緩衝を与えると同時に 運ぶ想念にも緩衝を与える

プレートと見た目 双方に 緩衝を与える 」



「 俺は手を見れば 誰にどんな宝石が合うかなんとなくわかる

細かく言うと それは感覚的なセンス

でも おおざっぱで常識的な宝石の相性法もある 」



「 しっぽーが言ってたろ? 指の渦 指紋に宿命が描かれている

その宿命の渦に合わせ 石を選ぶ  」


「 大別すると はっきりした形の整った渦形の者は サファイヤとかガーネットとか比較的硬めの石と相性がいい

やや渦が流れてるような ふわふわしてる指紋は やわらかめの石が似合う

水晶とかオパールとかエメラルドとか 黒曜石みたいなガラス質も合う 」



「 この家に来てからエメラルドは目にしてないけど エメラルドはクレオパトラが好んでた

クレオパトラの指紋は ややふんわりしてた

形ががしっかりした渦型じゃなくて 渦が流れるようなライン 」



「 やわらかい石は 総じて雰囲気や気分に作用しやすい

そして指の指紋の渦が流れ目になってる者は 気分で動かされる人間が多い

だから雰囲気や 気分を作ってくれる石の方が相性がいい 」


「 石に気分が入ってると 雰囲気が固定化される

だから雰囲気好きの人が その場その場の雰囲気に染まりやすい

だが石に雰囲気が入ってると 場の雰囲気に巻き込まれることを防いでくれる 」 



「 例えば 雰囲気に染まりやすいタイプが 美の雰囲気を保つ石を身につけていたしたとしたら 染まりやすい分 その美の気を増幅していく

しかも他の場に行っても その石が美の雰囲気を保つから どんな場でも 美のオーラが保たれやすい 」


「 クレオパトラがエメラルドを好きだったのは エメラルドが美の雰囲気が湧く石だから

エメラルドは結構もろいけど このもろさがはかなさや異性を引きこむ雰囲気を呼ぶ  」



「 逆に 硬い石は がんとした意志を呼ぶ

それは美しく引きこむ幻影とは違う 」


「 だから がんとした硬い石は 指紋の宿命の渦が 流れずかっちりくっきりしたタイプの者がいい

指紋の図形がかっちりくっきりした人は 意思が強い分 場の雰囲気にのまれづらい

ならば自分の意志を補強してくれる

自分の意志と波長の合う硬い石の方が 本人にとって相性がいいだろ?

意思エネルギーを強めてくれるだろ?

そんな感じで個性に合わせ 石選びをしていく  」


「 指紋の渦の見方は 図形の見方と似てる 

指の渦を図形と見て その渦がかっちりくっきり描かれてるか それともやや方々に流れて描かれてるか

その描き方を見て 自分の宿命を知り それにより大まかに自分と相性のあう石を選ぶ 」



「 その基本をしているうちに だんだん自分の相性の石が もっと細かくわかるようになる

ともかく一番わかりやすいのは指紋の渦

指の渦を見て自分の宿命を見抜き 相性の良い石を探すこと 」



「 ただ これは石選びの一例

自分の指紋がどうであれ 石が呼んでくれる巡りあわせもある

その巡りあわせは否定するな

石に呼ばれ そして自分もその石と響きあったなら それがかけがえのない巡りあわせになったりもする 」



「 さくは 俺よりも石の声を聴ける

俺は形とか色とか エネルギーで ある程度こう言う場でも シュミレートの話ができるが さくはまったくの直観だが 俺よりも正確だ

俺よりも石のエネルギーを見て 選べる 」




天才は天才を知る

だから俺は決めたんだ

さくのライバルになろうと

さくに負けないくらいの
石のスペシャリストにもなってやると 

俺はドライブや磁場が好きだからな 」(ガオガオの言葉)







追伸





もう一つ言えばな

つける金属を 
純銀にするか 
純金にするか 
銀925にするか 
18金にするかによっても
石の効能は細かく変わるんだ 」


「 純銀は石の現物的な効能を増幅し 純金は石の想念的な効能を増幅する

それと銀925や18金は その効能が混ぜ具合によって微妙に揺らぐ 」



「 あまり混ぜ物が好きじゃないが ごはんにふりかけをかけるのが好きなやつもいる

でもふりかけも 美味いふりかけと マズいふりかけがある 

金属の調合はそれに似ている 」



「 錬金術は 金を作るというより その起源は金属の配合で 運ばれるエネルギー質が変わることを研究していた学問

エネルギーが見える者からすれば 金属の調合に熱中して 金色のオーラを増幅したり 銀のオーラが集まるのが見えた

それが錬金術のはじまり 」



「 俺は悔しい 何で さくは地面の石の声があんなにわかるんだ

さくには  自然の磁場が味方してる 」





それと
最後に言う

月のタイミングを手にした者

その内
石に出会うぞ

そのタイミングにふさわしい石に出会う 

その石との巡りあわせは
月と地球と天体緩衝が引きあわせてくれるんだ 」(ガオガオの言葉)









指と石 (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1692.html

転載開始






「 

宝石結構得意なんだ

首とか手とか足とかにつけるやつ 」






足?
(・・;)?




「 
宝石はな

きれいだから集めてるだけじゃない


想っている以上にパワーが強いんだ 」






(・・;)





「 
宝石は運命を左右する

磁場に緩衝を与えるからな


もちろんその辺の石も磁場に影響は与えてる

でも宝石は磁場に緩衝を与えると同時に 
運ぶ想念にも緩衝を与えるんだ


プレートと見た目 
双方に
緩衝を与えるんだ 」






(・・;)






それとな

俺は手を見れば
誰にどんな宝石が合うかなんとなくわかるんだ


細かく言うと
それは感覚的なセンスだ


でも
おおざっぱで常識的な宝石の相性法もある 」



(・・;)




しっぽーが言ってたろ?

指の渦
指紋に宿命が描かれている

その宿命の渦に合わせ
石を選ぶんだ  」



(・・;) 




大別するとな


はっきりした形の整った渦形の者は
サファイヤとかガーネットとか比較的硬めの石と相性がいい


やや渦が流れてるような
ふわふわしてる指紋は
やわらかめの石が似合う

水晶とかオパールとかエメラルドとかだ
黒曜石みたいなガラス質も合う 」





(・・;)! 





この家に来てからエメラルドは目にしてないけどな

エメラルドはクレオパトラが好んでた

クレオパトラの指紋は
ややふんわりしてたんだ

形ががしっかりした渦型じゃなくて 
渦が流れるようなラインをしてた 」




(・・;)






やわらかい石はな

総じて雰囲気や気分に作用しやすいんだ

そして指の指紋の渦が流れ目になってる者は
気分で動かされる人間が多い

だから雰囲気や
気分を作ってくれる石の方が相性がいいんだ 」





(・・;)! 





ほら
石に気分が入ってると
雰囲気が固定化されるだろ?

だから雰囲気好きの人が
その場その場の雰囲気に染まりやすいんだ 

だが石に雰囲気が入ってると 
場の雰囲気に巻き込まれることを防いでくれるんだ 」 





(・・;)





例えば
雰囲気に染まりやすいタイプが 
美の雰囲気を保つ石を身につけていたしたとしたら

染まりやすい分
その美の気を増幅していくんだ

しかも他の場に行っても
その石が美の雰囲気を保つから


どんな場でも
美のオーラが保たれやすい 」





(・・;)





クレオパトラがエメラルドを好きだったのは

エメラルドが美の雰囲気が湧く石だからだ

エメラルドは結構もろいけど
このもろさがはかなさや異性を引きこむ雰囲気を呼ぶ  」




(・・;)




「 
逆にな

硬い石は
がんとした意志を呼ぶんだ

それは美しく引きこむ幻影とは違う 」




(・・;)




「 
だから
がんとした硬い石は
指紋の宿命の渦が
流れずかっちりくっきりしたタイプの者がいいんだ


指紋の図形がかっちりくっきりした人は
意思が強い分 場の雰囲気にのまれづらい

ならば自分の意志を補強してくれる


自分の意志と波長の合う硬い石の方が
本人にとって相性がいいだろ?

意思エネルギーを強めてくれるだろ?

そんな感じで個性に合わせ 
石選びをしていくんだ  」





(・・;)





指紋の渦の見方は
図形の見方と似てるんだぞ 

指の渦を図形と見て

その渦がかっちりくっきり描かれてるか 

それともやや方々に流れて描かれてるか

その描き方を見て
自分の宿命を知り
それにより大まかに自分と相性のあう石を選ぶんだ 」






(・・;)






その基本をしているうちにな 
だんだん自分の相性の石が
もっと細かくわかるようになる

ともかく一番わかりやすいのは指紋の渦だ


指の渦を見て自分の宿命を見抜き
相性の良い石を探すことだ 」





(・・;)




「 
ただな

これは石選びの一例だ

自分の指紋がどうであれ
石が呼んでくれる巡りあわせもある

その巡りあわせは否定するな

石に呼ばれ
そして自分もその石と響きあったなら
それがかけがえのない巡りあわせになったりもするんだ 」





(・・;)





「 
さくはな

俺よりも石の声を聴けるんだ

俺は形とか色とか 
エネルギーで
ある程度こう言う場でも
シュミレートの話ができるんだが


さくはまったくの直観だが
俺よりも正確だ

俺よりも石のエネルギーを見て
選べるんだ 」





(・・;)






天才は天才を知る

だから俺は決めたんだ

さくのライバルになろうと

さくに負けないくらいの
石のスペシャリストにもなってやると 


俺はドライブや磁場が好きだからな 」(ガオガオの言葉)






P6070007_R.jpg







追伸







もう一つ言えばな

つける金属を 
純銀にするか 
純金にするか 
銀925にするか 
18金にするかによっても
石の効能は細かく変わるんだ 」





(・・;)





「 
純銀は石の現物的な効能を増幅し
純金は石の想念的な効能を増幅する

それと銀925や18金は
その効能が混ぜ具合によって微妙に揺らぐ 」






(・・;)






俺はあまり混ぜ物が好きじゃないがな
ごはんにふりかけをかけるのが好きなやつもいるんだ

でもふりかけも
美味いふりかけと
マズいふりかけがあるだろ? 


金属の調合はそれに似ている 」






(・・;)





「 
錬金術は
金を作るというより

その起源は金属の配合で
運ばれるエネルギー質が変わることを研究していた学問なんだ


エネルギーが見える者からすれば

金属の調合に熱中して 
金色のオーラを増幅したり
銀のオーラが集まるのが見えたんだ

それが錬金術のはじまりだ 」




(・・;)





俺は悔しいんだ


何で
さくは地面の石の声があんなにわかるんだ

さくには 
自然の磁場が味方してるんだ  」




(・・;)





それと
最後に言う

月のタイミングを手にした者

その内
石に出会うぞ

そのタイミングにふさわしい石に出会う 


その石との巡りあわせは
月と地球と天体緩衝が引きあわせてくれるんだ 」(ガオガオの言葉)






P9180057_R.jpg







2014-10-13 :石さんのお話し :






転載終了




Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ