スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-09-01 こいのもり (幻の桜ブログさんより)

2014.11.15 14:38|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です




過去の記事です







はじまりとおわりはいっしょ
気のつけかえで人格もかわるけれど 

つけかえられた人は
良い人に見られたりもしたけど

でもこれからおわりのとき

いま 
はじまりの本性にもどってる

今 盗んでる人は(潜在意識的に)
最初からそうだった人

今 やさしい人は(潜在意識的に)
はじまりから やさしかった人

そしてはじまりの時に
離れ離れになった人とは
世界の終わりに 再会する 」(こはるちゃんの言葉)








2011-09-01 こいのもり (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-874.html

転載開始






CIMG6847_20110901183310.jpg








母は言った



先に手を出した方が負け 」


エネルギーの仕組みを
知っているなら 

ケンカは
先に手を出せば  
負ける



エネルギーの反動を 
知りながら 
心で 
取り返すと想うだけ


どんに術を駆使しようが
取り返しは 
抗えない仕組み 


格上は先に手出ししない
エネルギーの原理を知ってるから

盗らせ 
反動をつけ 
回収する 」(Mちゃんの言葉)





想いを挫こうとするのは
エネルギーの流れを
逸らしたいから 


情動や 
道徳や 
良心に訴えかける 

そう想わせれば    
エネルギーの緩衝が 
歪み 
取り返しの焦点が 
それてしまう  



取り返したいのなら 

序列
家族の情
生命線
やさしくされた想い出 
神への恐れ


そういったものを
何ら斟酌せず
取り返しに徹する 」(Mちゃんの言葉)




今日は
Mちゃんの言葉です
(>ω<)/


ここ最近
「 7てがみ 」の話を夢で見たのですが 
(・・;)・・・


その話をしたら 
Mちゃんが 
ある伝承の昔話を
教えてくれました
(>ω<)/ 





血筋の戦法は
古来から変わらない 


欲しいエネルギーを持つ者のところに 
女を送りこみ  
コードを結ばせて
 
エネルギーをつけかえたり 
子を為させて   
潜在的な内通者を作りだす 



そして徐々に
支配する   

  
戦を制する者は
先ず女を制する 
古代からとられていた戦法 


橘の祖の 
弟橘姫(おとたちばな) 


弟橘姫と侍女達は
海に飛び込み
海神の怒りを鎮めたとされてるけど



ヤマトタケルが   
海を渡る為
現地の漁師達の協力をとりつける為に  
随行していた自分の妻と
女達を差し出した



まるで 
女衒の祖 


阿久留王は
裏切者に
外堀を囲われ
鹿野山に埋められた  


弟橘姫も
元は 
くくり的素養があった女性


ぬしを裏切り 
崇められ
ちやほやされて   
高見で優雅に暮らしたかったはず 


侍女たちも
その多くが年端もいかぬ
10代の女性達だった 



特攻として
漁師達に売られ
慰み者にされ

その憎悪で  
ひづみは増し 
性質が
犬と化す 



実働や汚れ仕事を請け負いながら   
すべて滅びることを望み   
マシーンのように
エネルギーを付け替え続ける 



弟橘姫と侍女達は
現地で 多くの民とコードを繋ぎ
彼らの子を為した



その子孫が 
後世 網元や旧家のような
土地の監視役となり 
エネルギーを都に付け替え続けた


日本中 世界中で
それに類した現象が
行われた 


橘おばばは
体当たりの
くろごに徹していたけれど 


ここ最近
橘おばばの
想念がのった女性達が
急速に 座に持ちあがった   


木端は基点 

基点が持ち上がることは  

その終わりが 
近づいてること 」
(楽譜「 7てがみ 」について聞いた時の Mちゃんの言葉)












気は記憶

気のつけかえで 人格が変わり
表面の行動も 簡単に変わる  


毎日 別人の気をつけかえれば
人格が変わるお人形も作れる 


遊女は
男達から集めた記憶を
別な男につけかえて 
能力を移し替えた  

そして遊女の大半も
記憶を 消されてた 


多重人格者の中に 
色んな人格をのせられた者がいる 」(Mちゃんの言葉)





世界の枠組は家族

妬みは家族に入りこんで 
お人形に
運やエネルギーを
つけかえ続けた


学校 国 会社 
家族ほどでは無いけど
そこでも 
想いある者から 人形へ 
つけかえされた 



人形は 
想念をのせる器 

奪った想念やコードをのせて
妬みが動かすものだった 


おばばは
直接
力を欲したけど 

想念や自然のコードを
身にのせることができなかった
 

基点が妬みだと
自己愛の強い想念をのせれば 
存在が消えてしまう


一時的に気を纏うのが関の山 
だから お人形をこしらえた


お人形は
ママのいうことを聴くの 


おばばの想い通りにも 
一生動く

それにお人形なら 
想念に 
拒絶反応もあらわれない


ある
おばばは
無理矢理想念をのせて
目が腫れあがり 
大変なことになった  


ぬしと血が繋がっていれば
ぬしの想念は難なく 
のせることもできる 


コードを持った
お人形を 
おばば達は 限りなく愛でた  


でも
お人形は養分にならない

想念をのせたから 
エネルギーがあったけれど 
それが抜けたら 
皮だけリンゴ 」(Mちゃんの言葉)  








この額にはいってると
どんな絵も
素晴らしい絵に見えない? 」

かつて 
そう言った女性がいた


美術品は 指令書で
人々に 布告する物

映画小説と同じ 


特に長い年月残り続けた作品は
夢殿における
重要な基幹指令書


つけかえも
宗教並に 
長期にわたって
行われ続けた 


血筋の美術は 
気を吸うものも多く
見ると 疲れる 

でも大半の者達が  
エネルギー吸う作品を 
ありがたがっていた 


ピカソは 
宗教の祖の想念がのった画家
それが故
海外の夢で
「 神 」とも称された  


絵の指令が
読めない者の為の
解説もあるけど

何気に意味がずれてて
真意と違う解説もあったりする  」(Mちゃんの言葉)






料理って気
気やコードを
つけてる料理は
美味しく感じる

でもコードが抜けると
途端に不味くなる 」(Mちゃんの言葉)








フィリピンは
搾取されてた地


でも将来
気が戻る土地のひとつでもある 


その昔 
あの地の楽園に 
宗教がやってきて 
地獄ができた  



東南アジアの豊かな地で 
今も行われてるのは 
大学出と称する官僚と
政治家達の搾取  

そして地主 
ギャング達の剥ぎ取り 


警察は泥棒で 
自由に暮らしていた人達は 
世界中の血筋に
エネルギーを流す
労働者へと
変えられた   


もうすぐあの地で
取り返しがはじまる  」(Mちゃんの言葉)
 






サインをさせることは
それがどんな落書きであっても

潜在意識的に
契約という意味もある

だから
安易に 自分の名を書かない 」(Mちゃんの言葉)







地獄の格は 養分で決まる
エネルギー源を持つ者は 
多くの人形にエネルギーをのせて
動かすことができる 



想念体が
人を動かす原理は 
エネルギー   


魂は 集合意識に繋がっていて
ターゲットをイメージさせると
相手の状況が見える 


想念体は
ターゲットの周辺にいる
人形タイプの人間 
波長の合う人間 
コードが同じ血筋

そこに 
エネルギーをのせ 
無意識を動かす


そのような方法で
現実世界で
集団攻撃をさせてた  


怨霊や
生き霊が人を動かす原理も同じ 」(Mちゃんのことば)










コードを多く持つ自然の木の傍に 
自分が世話をした木を植えて
その後 コードのある木を
わざと枯らす

それで自然の木のコードを 
自分の植えた木につけかえる
技法もあった 



自分が植えた木に
コードを移し換えて
操縦すれば


自然のコードを動かせ
蟲毒を使わなくとも
虫や鳥達の
ネットワークを自在に動かすことができた


天候すら操作できた 
木のコードをつけかえる技法


主に先住民の裏切者達が 
使った技法


裏切り者なければ
世界は作れなかった 」(Mちゃんの言葉)






自己愛を持つ者は
理不尽に
虐げられれば 
取り返しの想いを発する


蟲毒とは
その性質を利用した呪 


結界の中だと
情報が塞がれて

虫に苦痛を与えれば
その怒りのエネルギーも
呪をかけたい者にそらすことができた  


蟲だけでなく動物
そして木を切り倒して
その想念で 
蟲毒をかける者もいた


もうすぐ結界は消える

  

木や石や虫達は 
誰が自分を本当に傷つけて
使役させてたか 
知るでしょう  」(Mちゃんの言葉)






料理店だけでなく

床屋や美容院も
コードのつけかえをしていた

コードを持つ客から
血筋の客へ 
つけかえを



ある女性は 髪を自分で切っていた
彼女は気を吸われることにも 過敏だった 」(Mちゃんの言葉)



ちなみに
髪を切ると言えば

Mちゃんの知人の知人の某男性
(・・;)・・・


実は結構な旧家の家柄なのですが
そこのおじいちゃんが 
髪を切るのが好きで

床屋さん代わりに 子供達の髪をよく切っていたとか
( 一▽一)ノシチョキチョキ  (・・;)・・・・・


しかも床屋さんと違うところは
髪を切ったお礼に
1000円のお小遣いを
子供達に支払っていたそうです
(>ω<)/



まあそんなこんなで
長くなりましたが

Mちゃんの言葉記事でした 
<(_ _)>











追伸










ねこねこ達の言葉



こはるちゃんが
こんな事を教えてくれました
(>ω<)/ 











はじまりとおわりはいっしょ
気のつけかえで人格もかわるけれど 

つけかえられた人は
良い人に見られたりもしたけど

でもこれからおわりのとき

いま 
はじまりの本性にもどってる

今 盗んでる人は(潜在意識的に)
最初からそうだった人

今 やさしい人は(潜在意識的に)
はじまりから やさしかった人


そしてはじまりの時に
離れ離れになった人とは
世界の終わりに 再会する 」(こはるちゃんの言葉)





CIMG3465_20110901184157.jpg






2011-09-01 :Mちゃんの言葉 :






転載終了


Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。