2011-05-01 13人の女性 (幻の桜ブログさんより)

2014.12.14 16:09|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です




過去の記事です





Mちゃんのお父さん黄桜君は 実は大の宝くじマニア

大人買いしても 買った宝くじは 神棚の上に置いたまま 

いつまでたっても 番号合わせしようとしない

換金期限の 一年が過ぎると 古い宝くじを捨て また新しい宝くじを100枚とか300枚買って 神棚に置く

Mちゃんに 理由を尋ねてみる事にした



「 欲しい物が違うだけ 

行動には全て 意味がある

魂は 想い 叶える為に 肉体に 行動をとらせる 」


「 宝くじには 想い集まってる

買った人々の夢は 一つのコードで繋がれる 宝くじという イメージでね

そして宝くじを買うと みんな こう想う筈 

当たったらあれを買おう これに使おうと

番号合わせするまで その想いを抱き続ける 」


「 そして番号合わせをした後 大半の者が抱いた夢を喪失する

でも夢を喪失しても それまで抱いてた夢のエナジーは消えないの どこか別の所に行くだけ

外れたことを知った者が失ったワクワク感高揚感は 宝くじと言うコードを通し 未だ それを失っていない者の所に辿りつく

買った者が 抱き続けた夢は 夢を失った途端 未だ夢を失っていない者のところに行く

蜃気楼は 現実化する

彼らが最も欲しいもの それは現金もそうだけど その源となる 想念 夢 希望 

だから多くの枚数を買い 封を開けずに 希望と コードを繋いでおく 」


「 宝くじとは 人々から徴収したお金を 少数の当選者の所に配分する仕組み

それと同じで 人々が抱いた夢や希望も それを抱き続けた少数の者に 配分される

100枚買う者は 全購入者の内 

パーセンテージで行くと 数%も居ない

時として神社や教会から貰うより 大きな想念を得る

祈祷師に依頼するより はるかに費用対効果に優る  」






「 付け替えのエナジーを受け取れば お人形と化すのは すぐのこと

夢殿で集めたエナジーを 灰色に凝縮して ボンと乗せるから 

魂は すぐお人形になってしまう 」


「 大抵の人は 付け替えのエネルギーに耐えきれない

いつの間にか意志を失った人形にされる

最初からそのエネルギーに耐えきれる器の持ち主は 付け替えのエナジーを 受けとらない 」




悪魔に魂を売っちゃうって 

そういうこと 

魂を抜き取られちゃうの

胸にぽっかり穴が開いたも 

魂が抜けてること

生きながらもう死んでいる 」(Mちゃんの言葉)




「 映画や作品 古くは流言飛語の類から 指令が 伝達されていた

指令は 本来意識を通さずに 魂に直接 入れ込むものだった

昔の血筋達は 指令を受け取ると 忠実に実行した  」


「 世界を破壊するのは もう決定事項

でも今 座についてる木端は イメージ言語どころか 単語の意味すら分からない

木端は行間に示された 空白の意味も読みとれない

ボスを持ち上げる一言が 木端の手にかかると ただの罵詈雑言に変わる

自演 意味を調べれば どういう効果が潜在意識にもたらすかわかる

辞書を引くことすら できなかったのね  」


「 世界は100年以上前から 緩やかにフェードアウトさせる予定だった

でも座に付いた者が 世界を崩す指令を 世界を支えたり 勢力を拡大する指令に解釈し 実行した 

収奪の強化 狂乱じみた祭り ヌシのコードの流用

昔の血筋はガードしても ヌシのコードを 持ち上げには 用いなかった 

世界がぐちゃぐちゃになり コントロールできなくなるから 

そして起こった現象 怨念の増幅 」



「 私は普段 自分で 物語を書く時 イメージ言語しか使わない

動物園 ケーキ ぬいぐるみ 

でも意味 読み取れないでしょ?

だから馬鹿にもわかりやすく 説明してる 」



「 ピカソの絵も指令だけど 読みとれた人 何人いる?

絵は 文字以上に 情報量が多い 

「 パンが無ければ ケーキを食べればいいじゃない」 

正確には パンの代わりに ブリオッシュを食べればいいという血筋の指令

革命前 アントワネットの言葉とされ 流布された

ブリオッシュは王冠を現し アントワネットは城と共に 食べられた

あの時代は 指令は 忠実に 実行された 」




木っ端は 人形でもない 

お人形なら動かせるけれど

言葉の通じぬ ただのゴミ 」(Mちゃんの言葉)




「 

洞察力が鈍るのは 

上手くいってる時じゃない

完璧に上手くいってる時も

すぐそこに落とし穴が待ってると疑う位 

慎重さが無くてはならない

力は対極

血筋の力は

信じる力の対極の「猜疑心」

とことん疑い抜く洞察力

信じる心を持たず

猜疑心すらなくした血筋は

武器を失ったも同然  」(Mちゃんの言葉)






悪魔は天使の顔をして微笑む

格上は養分の気を纏い

他の血筋に舐めさせる 」(Mちゃんの言葉)







友達という言葉余り好きじゃない 

友は血筋の友を指す 

友愛は 血筋の愛 」(Mちゃんの言葉)





熊ちゃんの知人のそのまた知人の知人さんでAさん

昭和40年代頃 宝くじの一等賞 当選させた方

その後歓び その宝くじを 額に入れ 床の間に飾って 近所中に触れまわった

当選から数年たっても A氏の家には 額に入れたままの宝くじが飾られていた

いまだ見せびらかしている




「 欲しい物が違う 

お金より 想いの方が欲しかった 」


「 飾っておくと  人に見せれる

歓びも続く 人に話すと 想いも 集まる

そういうこと 」




換金しない当選券が家にあると

それがコードになって

当選したい想いのエネルギーが

ずっとその家に流れるの

それに換金しなければ

宝くじの主催者にも貸しを残せる 」(空ちゃんの言葉)







追伸

この日はじまったショーは 終了の合図

鼠の国は 地獄の風景 

楽しそうな演出が 施されてるけど 音と光の 気を吸う仕掛けが てんこもり 

ここに多くの人が集っていた頃 ここに集まった血筋達は エナジーの配分に預かっていた



空には怨念が渦巻いてた 

怨念は 訪れた血筋の背に 次々と憑いていった








2011-05-01 13人の女性 (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-758.html

転載開始






Mちゃんのお父さん黄桜君は  

実は大の宝くじマニアです

\(-o-)

しかも

一度に 買う枚数も半端なく

(・・;)・・・・・

一枚300円のサマージャンボや 

年末ジャンボなどを 

自分の分だけでも100枚買います

(>ω<)/

さらに Mちゃんマミーや 

Mちゃんの分まで

100枚づつ買ってくるので

計300枚・・・・・・

(・・;)

しかし黄桜君

こうして大人買いしても 

買った宝くじは 

神棚の上に置いたまま 

いつまでたっても

番号合わせしようとしません

当選発表されてから 

数週間経っても 

数カ月たっても 封も開けず

置きっぱなし

(・・;)・・・・・・・

Mちゃんマミーが

神棚から 宝くじの当選確認しようとすると

触っちゃ駄目と 注意してきます

(▽ ▽)ノシ))  (・・;)・・・・・

そうして換金期限の 一年が過ぎると 

古い宝くじを捨て

また新しい宝くじを100枚とか300枚買って

神棚に置くのです

(・・;)・・・・

そしてMちゃんダディだけでなく

Mちゃんの友人には 

そのように宝くじを大人買いしては

番号合わせすら一切しようとしない人が

何人かいるようなのです

でも番号合わせもしないのに

宝くじを買う・・・

しかも何百枚も・・・・・

いったい何の目的で?

(・・;)?

MAHAOは疑問に想い

Mちゃんに 理由を尋ねてみる事にしました

するとMちゃんは 



欲しい物が違うだけ 

行動には全て 意味がある

魂は  

想い 叶える為に 

肉体に 行動をとらせる 」

(・・;)?????



宝くじには 想い集まってる

買った人々の夢は 

一つのコードで繋がれる

宝くじという イメージでね

そして宝くじを買うと

みんな こう想う筈 

当たったらあれを買おう 

これに使おうと

番号合わせするまで 

その想いを抱き続ける 」

φ(・・;)・・・・・・



そして番号合わせをした後 大半の者が抱いた夢を喪失する

でも夢を喪失しても それまで抱いてた夢のエナジーは消えないの

どこか別の所に行くだけ

外れたことを知った者が失ったワクワク感高揚感は 

宝くじと言うコードを通し

未だ それを失っていない者の所に辿りつく

買った者が 抱き続けた夢は

夢を失った途端

未だ夢を失っていない者のところに行く

蜃気楼は 現実化する

彼らが最も欲しいもの 

それは現金もそうだけど

その源となる 想念

夢 希望 

だから多くの枚数を買い

封を開けずに 

希望と コードを繋いでおく 」

φ(・・;)・・・・・・・・



宝くじとは 人々から徴収したお金を 少数の当選者の所に配分する仕組み

それと同じで

人々が抱いた夢や希望も 

それを抱き続けた少数の者に 配分される

100枚買う者は

全購入者の内 

パーセンテージで行くと

数%も居ない

時として神社や教会から貰うより 大きな想念を得る

祈祷師に依頼するより

はるかに費用対効果に優る  」

φ(・・;)・・・・・・・・・・・・・・


だとのことだそうです

<(_ _)>

何故宝くじの数字合わせしないのか 

MAHAO的には 意味がよくわからなかったのですが

(>ω<)/

まあ Mちゃん的には 

行動には全て意味があるとのこと

そして

今日もそんないつも意味ありげな

Mちゃんのお言葉をお送りします

ワーイ♪☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ヘ(゚▽゚ヘ)☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ワーイ♪







付け替えのエナジーを受け取れば 

お人形と化すのは すぐのこと

夢殿で集めたエナジーを

灰色に凝縮して

ボンと乗せるから 

魂は すぐお人形になってしまう 」

φ(・・;)・・・・・・・・



大抵の人は 

付け替えのエネルギーに耐えきれない

いつの間にか意志を失った人形にされる

最初からそのエネルギーに耐えきれる器の持ち主は

付け替えのエナジーを 受けとらない 」

φ(・・;)・・・・・・・・・・・・



悪魔に魂を売っちゃうって 

そういうこと 

魂を抜き取られちゃうの

胸にぽっかり穴が開いたも 

魂が抜けてること

生きながらもう死んでいる 」(Mちゃんの言葉)





映画や作品 

古くは流言飛語の類から

指令が 伝達されていた

指令は 本来意識を通さずに 

魂に直接 入れ込むものだった

昔の血筋達は

指令を受け取ると

忠実に実行した  」

φ(・・;)・・・・・・



世界を破壊するのは もう決定事項

でも今 座についてる木端は

イメージ言語どころか 

単語の意味すら分からない

木端は行間に示された 

空白の意味も読みとれない

ボスを持ち上げる一言が

木端の手にかかると 

ただの罵詈雑言に変わる

自演

意味を調べれば 

どういう効果が潜在意識にもたらすかわかる

辞書を引くことすら

できなかったのね  」

φ(・・;)・・・・・・・・・・



世界は100年以上前から 

緩やかにフェードアウトさせる予定だった

でも座に付いた者が

世界を崩す指令を

世界を支えたり 

勢力を拡大する指令に解釈し 実行した 

収奪の強化

狂乱じみた祭り

ヌシのコードの流用

昔の血筋はガードしても 

ヌシのコードを 

持ち上げには 用いなかった 

世界がぐちゃぐちゃになり 

コントロールできなくなるから 

そして起こった現象

怨念の増幅 」

φ(・・;)・・・・・・・・・・・・・  



私は普段

自分で 物語を書く時

イメージ言語しか使わない

動物園 ケーキ ぬいぐるみ 

でも意味 

読み取れないでしょ?

だから馬鹿にもわかりやすく 

説明してる 」

φ(・・;)バカ?・・・・・・・・



ピカソの絵も指令だけど 

読みとれた人 何人いる?

絵は 文字以上に 

情報量が多い 

「 パンが無ければ ケーキを食べればいいじゃない」 

正確には

パンの代わりに

ブリオッシュを食べればいいという血筋の指令

革命前 アントワネットの言葉とされ

流布された

ブリオッシュは王冠を現し  

アントワネットは城と共に 食べられた

あの時代は

指令は 忠実に 実行された 」

φ(・・;)・・・・・・・・



木っ端は 人形でもない 

お人形なら動かせるけれど

言葉の通じぬ ただのゴミ 」(Mちゃんの言葉)



「 

洞察力が鈍るのは 

上手くいってる時じゃない

完璧に上手くいってる時も

すぐそこに落とし穴が待ってると疑う位 

慎重さが無くてはならない

力は対極

血筋の力は

信じる力の対極の「猜疑心」

とことん疑い抜く洞察力

信じる心を持たず

猜疑心すらなくした血筋は

武器を失ったも同然  」(Mちゃんの言葉)





悪魔は天使の顔をして微笑む

格上は養分の気を纏い

他の血筋に舐めさせる 」(Mちゃんの言葉)






友達という言葉余り好きじゃない 

友は血筋の友を指す 

友愛は 血筋の愛 」(Mちゃんの言葉)


Mちゃんの話では

米国にエナジーを流した某原発利権組が 

近々攻撃される合図が発されてるとか

(ノ゚ο゚)ノ




blog_import_4e036e6dedd0f.jpg





さて

話は変わりますが

その昔

こんな人がいたとか

(・・;)

熊ちゃんの知人のそのまた知人の知人さんでAさん

Aさんは 

昭和40年代頃

宝くじの一等賞 

当選させた方でした

新聞で当選数字発表見て

Aさんは びっくり仰天おったまげたました

\(◎o◎)/

そしてその後歓び

その宝くじを 額に入れ

床の間に飾って

近所中に触れまわったそうな 

家に来る客 来る客に

当選したと言い

\(^o^) 

額に入れた宝くじを見せていたそうです 

そしてA氏のその行いは

当選発表されて数週間経っても 数カ月経っても

やむことなく続き

当選から数年たっても 

A氏の家には 

額に入れたままの宝くじが飾られていたそうです・・・・・

そう

A氏は歓びの余り

宝くじを 換金せず

飾ったままにして 

いまだ見せびらかしているのだそうです

(>ω<)/

そして来たお客さんに

宝くじが当たった話を

まるで昨日の事のように 

自慢しまくっているそうな

A氏の話を聴いたMAHAO

印象的な話だったのですが

何で換金しなかったんだろう?

そう不思議に 想いました

(・・;)?

すると 空ちゃんが 

こう解説してくれました



欲しい物が違う 

お金より 想いの方が欲しかった 」

(・・;)・・・・・・・・



飾っておくと  人に見せれる

歓びも続く 

人に話すと 

想いも 集まる

そういうこと 」

(・・;)・・・・・・・



換金しない当選券が家にあると

それがコードになって

当選したい想いのエネルギーが

ずっとその家に流れるの

それに換金しなければ

宝くじの主催者にも貸しを残せる 」(空ちゃんの言葉)

φ(・・;)・・・・・・・・・・・・・・・・・



追伸




blog_import_4e036e6ea17db.jpg





この日はじまったショーは 終了の合図

鼠の国は 地獄の風景 

楽しそうな演出が  

施されてるけど

音と光の

気を吸う仕掛けが てんこもり 

レビの顔を 神話に被せて

持ち上げて引き落としたり 

土人狩りのイメージ 




blog_import_4e036e6f6cea1.jpg





熊の姿に似せた鼠を 

多くの血筋が持っていた 

ここに多くの人が集っていた頃

ここに集まった血筋達は 

エナジーの配分に預かっていた

でも人が減った 

今来ても 

気の配分は 受けられない

血筋来ても 吸われるだけ




blog_import_4e036e6fbecfc.jpg





空には怨念が渦巻いてた

怨念は 訪れた血筋の背に 

次々と憑いていった




blog_import_4e036e701a412.jpg






2011-05-01 :Mちゃんの言葉 :





転載終了




Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ