2011-05-18 血の糸 (幻の桜ブログさんより)

2014.12.16 14:51|幻の桜
幻の桜ブログさ情報です




過去の記事です







世界を作るのは 

難しそうに見えて 

じつは単純 



夢殿とは 

増殖する吸血鬼達の養分集めの意味もあったけど


ぶっちゃけて言うと わざと複雑な構造に見せてるのは 

世界の仕組みを知られたくないから


ぬしの伝承に気づいた 血筋は 

その想いが 世界を作ると知って 


座や階級に執着せず 

エネルギー源に直にはりついて 

その想いを操作した 」(Mちゃんの言葉)






「 ぬしと呼ばれた存在は その多くが 単純な性質だった

単純だからこそ 想いも強く 単純だからこそ 騙されやすくもある 」


「 日本のぬしについて こんな伝承がある

夢殿の血筋が 仏教をてこに 日本に夢殿を作ろうとした時 彼らは 仏教を広める鍵となるのは 天皇家ではなく その後ろ盾となった者で その者が 人々の潜在意識を 動かすぬしと知った 

そしてぬしの中で 最も想いの強そうな末裔の一人に 直に接触をした 」


「 夢殿の伝道者達は 想いは弱かったけど 詐術にだけは 長けていて 末裔の 機嫌を取りながら その強い想いを利用して 病に導いた

疑う事を知らぬ者に それを行うのは 造作も無い事だった 」


「 彼らは病の ぬしにこう言った 「 仏を拝めば 完治します 」と

ぬしが仏像に拝みはじめると 同時に病気が治るような誘導を 魂に吹き込んで その想いで 病を 完治させた

ぬしが 病気になったのも 病を完治したのも 全て 自分の想い

それと気づかず ぬしが 仏教に帰依するようになった

病に導けたのは 強い力に記しをつけただけ

今でいう誘導暗示だけど ぬしは単純な分 想いが強くて 寺や仏の力を信じ込んで その想いが 仏教を日本にはびこらせていった  

そんなヌシの想いが 仏経の布教を邪魔した ぬしの近親勢力を 排除したの 」


「 くくりの未来予言は 当たるけど 別に彼女らは 未来を見てるわけじゃない 

コードを繋いだ ぬしの想いを読んだだけ

ぬしは 未来を見てるわけじゃない 想いで 未来を作ってる

夢殿の操縦権者は 世界はぬしの想いで作る という伝承を知り ぬしに厳しい現実を味わわせながら ほんの少しだけ温情を示し 世界とは厳しいけれど 美しい そんな世界を守らねばならぬ と 想わせ続けた

犬を最良の友と信じ込ませたり 自分の血筋を スターダムに押しあげていった  

ぬしの想いがあるからこそ 多くの無能でも 持ちあげられた

一方 ぬしとその末裔は 活かさず殺さずの状態に 追い込まれ続けた 」



「 ぬしの力の源泉は 人の想いもあるけれど それよりもっと根源的な力は 人間を上回る はるかに想いの強い存在の庇護を得れた事だった

ぬしは 自然の想いを掴むのには 長けていて だからこそエネルギーが強かった 

ぬし達の庇護者は 

木のぬし

石のぬし

山のぬし

海のぬし

星のぬし

人間の祖先の 水生生物のぬし

自然界のぬし達が 人間の潜在意識を動かしていて そこが力の源泉だった

木は 人の潜在意識を操作し 石は 木の潜在意識を操作していた 

だから木や石達の想いを掴めば 自然と人の想いも意に沿う事ができた 」



「 そしてぬしは 自然界の庇護を得て その力で みんなの想いを叶え より想いを掴んだ 

みんなの想いを叶えるからぬし 

個人の心情とか 細かいところを 余り読む必要は無かった 

読む必要が無い位 自然の応援を得てたから それをヘルクリエイター達は 妬んだの 

ぬし達の 心情を読まない性質を利用し エネルギーを集めるという触れ込みで ぬし達に結界を作らせた

エネルギーは集まったけど それは付け替え 

そして ぬしと 後ろ盾の自然界のぬしとの交流を妨げるものだった 」


「 結界は 見えない気の障壁となり 自然の気の緩衝を妨げる

結界は ぬし達の護り 

ぬしが攻撃された時に 反撃してくれる 後ろの護りの力を弱めた 

だけれども ぬしは 想いを叶え続けることで なおも 人々の魂を掴み続けた 

ヘルクリエイター達は 今度は その性質を利用して ぬしの想いで 王や国 宗教をつくらせていった

世界は ぬしの想いでできている 

ヘルクリエイター達は ぬし達を庇護する自然界との間に 結界という障壁を作って じわじわと ぬしを追いこんでいって 彼らの管理する牢獄 夢殿や世界の中に閉じ込めた 」






結界 崩れ去れば

ぬし達に 記憶も力も蘇ってくる でしょう 

虐げられていたぬし達は 

蘇って 以前よりも パワーも凄みも増す 

ハイパーな存在となって蘇る  

地球上の結界は

数千年以上の時をかけ 構築され

その再建は不可能

結界崩れれば

10年もしないうちに 

怨念やぬし達は  

ヘルクリエイター達駆逐する

ヘルクリエイターの宇宙への

逃走は だからこそ おこってる 」(Mちゃんの言葉)





「 くくりの中には 地上に執着してる者もいる 

生贄計画は 最初 くくりから発せられた

記憶が蘇ると ぬし達の怒りを買うことを知った くくり達 

怒られる対象 自分以外に作ろうとした  」



自分達を被害者に見せる為

いっぱい悪役の身代わりを仕立てようとした

これまで作らせてきた 

宗教や 支配者 搾取者達にこう言った



生贄がないと 生き残れない 」

生贄が多くなれば 

彼らにもっと酷いことさせれば 

自分らの存在 隠せると想った 

「 生贄をもちあげれば 楯にできる 」と言った

新たにもちあげられた生贄は 

さらに自分の身代わりの生贄を作って 

生贄が生贄を作るのが どんどん加速して 

それで この百年 

過剰なまでに 地球で搾取がはびこった 」(空ちゃんの言葉)





くくりへの ふっつー様からのメッセージ


「 

紅い海・・・ 」(ふっつー様の言葉)








2011-05-18 血の糸 (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-767.html

転載開始






世界を作るのは 

難しそうに見えて 

じつは単純 



夢殿とは 

増殖する吸血鬼達の養分集めの意味もあったけど


ぶっちゃけて言うと わざと複雑な構造に見せてるのは 

世界の仕組みを知られたくないから


ぬしの伝承に気づいた 血筋は 

その想いが 世界を作ると知って 


座や階級に執着せず 

エネルギー源に直にはりついて 

その想いを操作した 」(Mちゃんの言葉)


今日は世界の成り立ちシリーズ

ぬしについてのお話しを

補足したいと想います

(・ω・)/


ぬしとは 

多くの想いを巻き込めたから 

ぬしとなりました


そして 人間界のぬしは 

人間よりもっと想いの強い存在の魂を掴み 

その庇護を得て 多くの人々の想いを巻き込めたのです


ぬしは その力で 

多くの想いを叶え続けました


今日はそんなぬしについて 

お話をしたいと想います 

\(^o^) 




ぬしと呼ばれた存在は 

その多くが 単純な性質だった


単純だからこそ 想いも強く

単純だからこそ 騙されやすくもある 」


φ(・・;)・・・・・・・




日本のぬしについて

こんな伝承がある


夢殿の血筋が 仏教をてこに 

日本に夢殿を作ろうとした時


彼らは 仏教を広める鍵となるのは 

天皇家ではなく 

その後ろ盾となった者で 

その者が 人々の潜在意識を 動かすぬしと知った 


そしてぬしの中で 

最も想いの強そうな末裔の一人に 直に接触をした 」


φ(・・;)・・・・・・・・・・




夢殿の伝道者達は 

想いは弱かったけど 

詐術にだけは 長けていて    

末裔の 機嫌を取りながら 

その強い想いを利用して 病に導いた


疑う事を知らぬ者に

それを行うのは

造作も無い事だった 」


φ(・・;)・・・・・・・




彼らは病の ぬしにこう言った

「 仏を拝めば 完治します 」と

ぬしが仏像に拝みはじめると

同時に病気が治るような誘導を 

魂に吹き込んで 

その想いで 病を 完治させた

ぬしが 病気になったのも 

病を完治したのも 

全て 自分の想い

それと気づかず

ぬしが 仏教に帰依するようになった

病に導けたのは

強い力に記しをつけただけ

今でいう誘導暗示だけど

ぬしは単純な分 

想いが強くて 

寺や仏の力を信じ込んで

その想いが 仏教を日本にはびこらせていった  

そんなヌシの想いが 

仏経の布教を邪魔した 

ぬしの近親勢力を 排除したの 」

φ(・・;)・・・・・・・・・・・・



くくりの未来予言は 当たるけど 

別に彼女らは 未来を見てるわけじゃない 

コードを繋いだ 

ぬしの想いを読んだだけ

ぬしは 未来を見てるわけじゃない 

想いで 未来を作ってる

夢殿の操縦権者は 

世界はぬしの想いで作る 

という伝承を知り

ぬしに厳しい現実を味わわせながら  

ほんの少しだけ温情を示し 

世界とは厳しいけれど 美しい 

そんな世界を守らねばならぬ と

想わせ続けた

犬を最良の友と信じ込ませたり 

自分の血筋を スターダムに押しあげていった  

ぬしの想いがあるからこそ 

多くの無能でも 持ちあげられた

一方 ぬしとその末裔は  

活かさず殺さずの状態に 追い込まれ続けた 」

φ(・・;)・・・・・・・・・・




blog_import_4e036eae34c07.jpg







ぬしの力の源泉は 

人の想いもあるけれど

それよりもっと根源的な力は 

人間を上回る 

はるかに想いの強い存在の庇護を得れた事だった

ぬしは 自然の想いを掴むのには 

長けていて

だからこそエネルギーが強かった 

ぬし達の庇護者は 

木のぬし

石のぬし

山のぬし

海のぬし

星のぬし

人間の祖先の 水生生物のぬし

自然界のぬし達が  

人間の潜在意識を動かしていて 

そこが力の源泉だった

木は 人の潜在意識を操作し 

石は 木の潜在意識を操作していた 

だから木や石達の想いを掴めば 

自然と人の想いも意に沿う事ができた 」

φ(・・;)・・・・・・・・・・・・・



そしてぬしは 自然界の庇護を得て

その力で みんなの想いを叶え

より想いを掴んだ 

みんなの想いを叶えるからぬし 

個人の心情とか  

細かいところを 余り読む必要は無かった 

読む必要が無い位 自然の応援を得てたから 

それをヘルクリエイター達は 妬んだの 

ぬし達の 心情を読まない性質を利用し 

エネルギーを集めるという触れ込みで 

ぬし達に結界を作らせた

エネルギーは集まったけど それは付け替え 

そして ぬしと 後ろ盾の自然界のぬしとの交流を妨げるものだった 」

φ(・・;)・・・・・・・・



結界は 見えない気の障壁となり 

自然の気の緩衝を妨げる

結界は ぬし達の護り 

ぬしが攻撃された時に 

反撃してくれる 後ろの護りの力を弱めた 

だけれども 

ぬしは 想いを叶え続けることで 

なおも 人々の魂を掴み続けた 

ヘルクリエイター達は 

今度は その性質を利用して

ぬしの想いで 王や国 

宗教をつくらせていった

世界は 

ぬしの想いでできている 

ヘルクリエイター達は 

ぬし達を庇護する自然界との間に

結界という障壁を作って

じわじわと ぬしを追いこんでいって

彼らの管理する牢獄

夢殿や世界の中に閉じ込めた 」

φ(・・;)・・・・・・・・・・・・・



結界 崩れ去れば

ぬし達に 記憶も力も蘇ってくる でしょう 

虐げられていたぬし達は 

蘇って 以前よりも パワーも凄みも増す 

ハイパーな存在となって蘇る  

地球上の結界は

数千年以上の時をかけ 構築され

その再建は不可能

結界崩れれば

10年もしないうちに 

怨念やぬし達は  

ヘルクリエイター達駆逐する

ヘルクリエイターの宇宙への

逃走は だからこそ おこってる 」(Mちゃんの言葉)

φ(・・;)・・・・・・・・・・・・・

まあそんなこんなです

<(_ _)>

これまではぬし達は 

犬とくっつけられて

(・・;)

所謂 階層犬社会ができていたのですが

記憶が蘇れば 

猫とぬし達がくっついて

地球は脳天気で楽天的な 

序列の無いねこねこパラダイスになるそうです

ワーイ♪☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ヘ( ゚▽゚ヘ)☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ワーイ♪

ちなみに猫のぬしは 

空ちゃんの話によると 

人間のぬし並に想いの強い猫達の想いを

さらに叶えるハイパワー超強力な存在で

(・・;)

最後にそんな猫達から教えてもらった 

くくりの情報を

<(_ _)> 



くくりの中には 

地上に執着してる者もいる 

生贄計画は

最初 くくりから発せられた

記憶が蘇ると 

ぬし達の怒りを買うことを知った くくり達 

怒られる対象 

自分以外に作ろうとした  」

φ(・・;)・・・・・・・



自分達を被害者に見せる為

いっぱい悪役の身代わりを仕立てようとした

これまで作らせてきた 

宗教や 支配者 搾取者達にこう言った



生贄がないと 生き残れない 」

生贄が多くなれば 

彼らにもっと酷いことさせれば 

自分らの存在 隠せると想った 

「 生贄をもちあげれば 楯にできる 」と言った

新たにもちあげられた生贄は 

さらに自分の身代わりの生贄を作って 

生贄が生贄を作るのが どんどん加速して 

それで この百年 

過剰なまでに 地球で搾取がはびこった 」(空ちゃんの言葉)

そして最後に 

そんなやんちゃなくくりへの

ふっつー様からのメッセージ 

<(_ _)>

「 

紅い海・・・ 」(ふっつー様の言葉)

φ(・・;)アカイウミ?・・・・・・・・・・・・  


追伸



こないだエカシと一緒に高○古墳に行ってきました

ワーイ♪☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ヘ( ゚▽゚ヘ)☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ワーイ♪.




blog_import_4e036eaeebdca.jpg





夢で色んなことを教えてくれるぬしさんがいると言ったら 

エカシが そこに行きたがって

一緒に 色んな物をプレゼントして

エカシがお祈りすると

高○古墳から 太い糸が

エカシや MAHAOに ずんと入るのを感じました 

きっとぬし様が ご馳走を喜んでくれたのかも

ワーイ♪☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ヘ( ゚▽゚ヘ)☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ワーイ♪ ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゚☆。.::・'゚★。.::・'゚☆。ワーイ!

ちなみにMAHAOには 

死んだじっちゃんの魂も 

ついてきてくれた




blog_import_4e036eaf992c6.jpg






2011-05-18 :あめ(夢)の技法 :




転載終了



Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ