2011-06-12 つるの怨がえし (幻の桜ブログさんより)

2014.12.21 10:07|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です




過去の記事です





「「 三つ子の魂百まで 」

結界の中だと不自然な現象が起こってた


本来 魂は 過去の記憶と新しい記憶が響きあい 見方も 感じ方も変化していくもの

赤ちゃんや子供の時に 何気無く想った想いより 今現在 抱いてる想いの強さが 魂を動かす

それが本来の 自然なあり方 」



「 でも現実的には 今抱いてる想いより 子供の頃 もしくは赤ちゃんの頃に 何気なく抱いた想いが 人生の動き 指針を決定している 

後に どんなに強い想いを抱いたとしても 強く想い続けない限り 体験の時系列順に 潜在意識の行動指針が 規定されていく  

これも実は結界のせい

結界が作られて 魂に気の緩衝が入らなくなり 時系列というプログラミングが固定化された 」 



「 結界で封じてた気は 主に 魂や潜在意識に作用した 

気は情報 

結界で封じてたのは 自然や宇宙と繋がる情報エネルギー網

言わば魂をひとつのパソコンに見立てると インターネットのようなもの

その情報網があれたから 古代の人々は 宇宙から様々な情報を引き出せたり テレパシィを使えたり 違う次元や 自分の前世も 見ることができた 


でもアトランティスの時代 ヘルクリエイター達が 地球上の情報エネルギー網を寸断した

今までネットから 様々な情報プログラムを 自由に得てたパソコンが 急に孤立したパソコン 自分が打ちこんだ情報しか記録できないパソコンとなった

直接打ち込む情報とは 自分が五感で見聞きしたり体験する情報 」



「 そして情報が隔絶されたことにより 原理として 一番最初に書き込まれた プログラムが 圧倒的な優位を占めた 

パソコンで言えば OSのようなプログラム

OSに あるプログラムを最優先で実行しろと書かれると 後からやりたいプログラムを コツコツいれても OSに指令された プログラムが最優先で実行される 


それと同じで 結界内では 人間の魂も 一番最初に書きこまれた記憶 幼少や赤子の頃の体験が 人生の基幹プログラムとして 潜在意識の動きを作用させる

大人の想いより 青年の時抱いた想いが優先され 青年の想いより 子供の時抱いた想いが優先され 子供の想いより 赤ちゃんの時抱いた想いが優先される

それが時系列 」



「 大人になって 強い想いを抱いても 赤ん坊の頃に抱いた 何気ない想いに引っ張られ なかなか願望が叶えられない

言い変えると 赤ん坊の時にプログラミングされた記憶で 人生の大半が 左右されていた 

別に赤ん坊時に抱いた想いが エネルギー的に大人の時の想いより 強いと限らないけれど 結界内だと 時系列順が優先され 行動を左右させられる 

必然的に赤ん坊時代 最も触れあう事が多い母親が 子供の潜在意識や 人生をコントロールできたりした 

そしてヘルクリエイターは それを知って コードを持った魂と 母と子の縁を為そうとした 」



「 結界内ではコードも遺伝する 

コードを多く持った魂と契り 間に生まれた子供と 母子の縁を繋げれば コードを持った子供を意のままに 動かすことができる 

赤子の時に 恐怖や情動など 何らかの楔を打ち込むプログラミングをすれば それは子供の魂を反応させる 

トリガーとなって 信号を送るだけで いつでも 魂を操作することができる

ヘルクリエイターは その技法で 我が子を奴隷にしたり 吸血鬼にしたてたり 養分にしたりした 

子供は母親に喰い物にされてると 薄々知りながら 意識で どんなに嫌がっても 潜在意識的には 時系列順で埋め込まれた 赤子の 情動が優先され なかなか条件反射的な動きを覆せなかった 

結果として 母の魂の意に沿う行動をとってしまう 

ネットに繋がった状態だと OSに不具合が見つかれば いつでも そのOSに変わる基幹ソフトを手に入れられるけど 結界内で情報が孤立したパソコンでは 初期に埋め込まれたOSに変わるOSを探すのは困難だった 」




「 

もうすぐ止まっていた時が終わる  

少しづつ 動き始める

結界内で

比類なき強さを誇っていた母子の縁は 

子供の成長と共にこれから薄まっていくでしょう 

そして魂に前世の記憶が蘇って 

母親と呼んでいた存在に 

自分らがどれだけ食い物にされていたか 

気がつくことになるでしょう

その内 家族より

魂と魂 個の関係

魂の繋がりが 家族の縁より 重視されるようになる

パソコンも最初から入っていたプログラムより

ネット上で 自由に仕入れた様々なプログラムで遊ぶ方に 想いを惹かれるように 

集合意識のネットワークで 得られる

様々な体験 様々な情報が 

自分の想いに 大きな影響を及ぼしていくでしょう

全ての意味は 変化する 」(Mちゃんの言葉)  





追伸



操縦欲のある血筋は 子供の潜在意識にプログラミングする為 保母さん 教師などの職に就く存在も 多いそうな






2011-06-12 つるの怨がえし (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-782.html

転載開始








「 三つ子の魂百まで 」

結界の中だと不自然な現象が起こってた

本来 魂は

過去の記憶と新しい記憶が響きあい

見方も 感じ方も変化していくもの

赤ちゃんや子供の時に 

何気無く想った想いより

今現在 抱いてる想いの強さが 

魂を動かす

それが本来の 自然なあり方 」

φ(・・;)



でも現実的には 

今抱いてる想いより

子供の頃 

もしくは赤ちゃんの頃に

何気なく抱いた想いが

人生の動き 指針を決定している 

後に どんなに強い想いを抱いたとしても

強く想い続けない限り 

体験の時系列順に 

潜在意識の行動指針が 規定されていく  

これも実は結界のせい

結界が作られて 

魂に気の緩衝が入らなくなり  

時系列というプログラミングが固定化された 」 

φ(・・;)・・・




blog_import_4e036f1c82497.jpg







結界で封じてた気は

主に 魂や潜在意識に作用した 

気は情報 

結界で封じてたのは 

自然や宇宙と繋がる情報エネルギー網

言わば魂をひとつのパソコンに見立てると 

インターネットのようなもの

その情報網があれたから 

古代の人々は 

宇宙から様々な情報を引き出せたり

テレパシィを使えたり 

違う次元や 自分の前世も 見ることができた 

でもアトランティスの時代 

ヘルクリエイター達が 

地球上の情報エネルギー網を寸断した

今までネットから

様々な情報プログラムを 

自由に得てたパソコンが

急に孤立したパソコン 

自分が打ちこんだ情報しか記録できないパソコンとなった

直接打ち込む情報とは 

自分が五感で見聞きしたり体験する情報 」

φ(・・;)





そして情報が隔絶されたことにより  

原理として 一番最初に書き込まれた プログラムが

圧倒的な優位を占めた 

パソコンで言えば 

OSのようなプログラム

OSに 

あるプログラムを最優先で実行しろと書かれると 

後からやりたいプログラムを 

コツコツいれても 

OSに指令された プログラムが最優先で実行される 

それと同じで

結界内では 

人間の魂も 

一番最初に書きこまれた記憶 

幼少や赤子の頃の体験が  

人生の基幹プログラムとして

潜在意識の動きを作用させる

大人の想いより 青年の時抱いた想いが優先され

青年の想いより 子供の時抱いた想いが優先され 

子供の想いより 赤ちゃんの時抱いた想いが優先される

それが時系列 」

φ(・・;)・・・・・・・・・



大人になって 

強い想いを抱いても

赤ん坊の頃に抱いた 

何気ない想いに引っ張られ

なかなか願望が叶えられない

言い変えると

赤ん坊の時にプログラミングされた記憶で

人生の大半が 左右されていた 

別に赤ん坊時に抱いた想いが 

エネルギー的に大人の時の想いより 強いと限らないけれど

結界内だと 時系列順が優先され 

行動を左右させられる 

必然的に赤ん坊時代 

最も触れあう事が多い母親が 

子供の潜在意識や 人生をコントロールできたりした 

そしてヘルクリエイターは それを知って

コードを持った魂と 母と子の縁を為そうとした 」

φ(・・;)・・・・・・・・・・・



結界内ではコードも遺伝する 

コードを多く持った魂と契り 

間に生まれた子供と 母子の縁を繋げれば 

コードを持った子供を意のままに 動かすことができる 

赤子の時に 恐怖や情動など 

何らかの楔を打ち込むプログラミングをすれば

それは子供の魂を反応させる 

トリガーとなって 

信号を送るだけで 

いつでも 魂を操作することができる

ヘルクリエイターは その技法で 

我が子を奴隷にしたり

吸血鬼にしたてたり

養分にしたりした 

子供は母親に喰い物にされてると

薄々知りながら

意識で どんなに嫌がっても

潜在意識的には 時系列順で埋め込まれた 

赤子の 情動が優先され 

なかなか条件反射的な動きを覆せなかった 

結果として 

母の魂の意に沿う行動をとってしまう 

ネットに繋がった状態だと

OSに不具合が見つかれば  

いつでも そのOSに変わる基幹ソフトを手に入れられるけど 

結界内で情報が孤立したパソコンでは 

初期に埋め込まれたOSに変わるOSを探すのは困難だった 」

φ(・・;)・・・・・・・・




blog_import_4e036f1d293ee.jpg







もうすぐ止まっていた時が終わる  

少しづつ 動き始める

結界内で

比類なき強さを誇っていた母子の縁は 

子供の成長と共にこれから薄まっていくでしょう 

そして魂に前世の記憶が蘇って 

母親と呼んでいた存在に 

自分らがどれだけ食い物にされていたか 

気がつくことになるでしょう

その内 家族より

魂と魂 個の関係

魂の繋がりが 家族の縁より 重視されるようになる

パソコンも最初から入っていたプログラムより

ネット上で 自由に仕入れた様々なプログラムで遊ぶ方に 想いを惹かれるように 

集合意識のネットワークで 得られる

様々な体験 様々な情報が 

自分の想いに 大きな影響を及ぼしていくでしょう

全ての意味は 変化する 」(Mちゃんの言葉)  


  

追伸



Mちゃんの話によれば

(ノ゚ο゚)ノ

母親に限らず 

幼い頃 接触した人に

大人になってからも 

操縦されてる人は意外と多いそうな


例えばMちゃんが

昔相談された 某男性Fさん 

(・・;)

Fさんは 

幼い頃 母親に虐待されており

長年 自分が仕事で振るわないのも

病気がちになるのも 

母親に厄を押し付けられていたからと想ってました

ところがMちゃんが 

Fさんのリーディングをしたところ 

Fさんを虐待してた母親は 

付け替えをする力も 

夢の深い部分に侵入して 厄を押し付ける力も無く 

どちらかというと 母親も

何者かにお人形のようにコントロールされ

Fさんを虐待してただけ 

(・・;)・・・・  

そしてFさんの夢に侵入して

さらにFさんの母親に虐待させていたのは

実はFさんが 赤ん坊の頃

一時的に世話をしてもらった 

叔母のI子さんだったのだとか

\(◎o◎)/!

I子さんは赤ん坊の頃 

育児放棄をしてた母親に代わり

乳母のような役目をして

やさしくFさんの面倒を見てた女性でした  

(・・;)

その時 目立たぬように 

赤子のFさんの潜在意識に いつでもアクセスできる

鍵のようなイメージを植え付けたそうです

その後 大人になるまで 余りI子さんはFさんに会わなかったのだとか

それでも結界の中では 潜在意識の行動は

最も古い部分に埋め込まれた記憶の指針で 

優先されていく

(・・;)・・・・・・

I子さんはその原理を知っていて

Fさんの赤子の記憶 

潜在意識の深い層に 侵入し

 

中心からFさんが得たエネルギーを吸い取り

子飼いの木端達をもちあげるエネルギーにしてたのだとか

言わば

I子さんは 

Fさんの潜在意識の裏口から夢の侵入をはたしていた

(・・;)・・・・・・

I子さんに限らず

赤ん坊の世話好きな人の中には  

しばしばこのようなイメージを植えこむ為に 

赤子の世話をするもいるそうです

(ノ゚ο゚)ノ


また

操縦欲のある血筋は

子供の潜在意識にプログラミングする為 

保母さん 教師などの職に就く存在も 多いそうな

φ(・・;)・・・・・・・・





2011-06-12 :ヘルクリエイター :




転載終了



Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ