スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-01-18 おとなしい人 (幻の桜ブログさんより)

2015.01.19 10:07|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です






知ってますか?

心がピュアじゃない人は

心を読む想念は動かせないんですよ 」



「 だって こころのピュアじゃない人が 心を読む想念を動かそうとしたら 心の汚さとか 見破られちゃうじゃないですか?

だから吸血鬼やおおおばばは 想いを見ない想念 残像や 雰囲気 色で判断する想念 生霊や からすさんのような感情的な想念 電気想念のようにデータで動く想念を動かそうとするんですよ 」


「 そして 大犬が最も恐れてる想念は 心を読む想念なんですよ

心を読む想念を恐れるがゆえ おおいぬはあえて 不満を貯めこませないようにしたんですよ 」





今日の話は
実は くまくまに聞いたんですけどね

もう一つ付け加えますとね

飢餓想念も
声で発した人の現実しか吸えないんですよ

心の中でずっと秘めてる想いとか
そこに集まる現実は
飢餓想念も探知しづらくて
吸いづらいんですよ

飢えてると
想いを見ることはできないのです 

そんなゆとりないですからね 」(えんえんとくまくまの言葉)






昨年の 月食から 75日目の冬至の夜 私はしいかの山にいました

とらちゃんと みるくちゃんを連れてくるように言われたので 私はみるくちゃんを抱っこしながら くまちゃんに とらちゃんを抱っこしてもらいながら 午前零時頃 しいかの山の展望台や 見晴台付近の林をウロウロとしていました

そんな感じで 星を見ながら 辺り一帯を散策していたら 土地の想念に こう言われました




これから
3日間の間
なるべくしゃべらないで 」



冬至から3日間の間

呪がはねかえる 」




もしも
吸われてると感じたら
いじめられてると感じたら 
ポイポイされてると感じた時は

なるべく
声を出さないこと

声に出さなければ
それだけでエネルギーは吸いとりづらくなる 

彼らはおとなしい人が怖い

おとなしいとは
音がしないと言うこと  」(しいかの山で聞いた想念さんの言葉)








2015-01-18 おとなしい人 (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1716.html

転載開始







知ってますか?


心がピュアじゃない人は

心を読む想念は動かせないんですよ 」








(・・;)?







だって
こころのピュアじゃない人が
心を読む想念を動かそうとしたら 

心の汚さとか
見破られちゃうじゃないですか?


だから吸血鬼やおおおばばは
想いを見ない想念


残像や
雰囲気 色で判断する想念



生霊や 
からすさんのような感情的な想念
電気想念のようにデータで動く想念を動かそうとするんですよ 」








(・・;)







そして
大犬が最も恐れてる想念は
心を読む想念なんですよ



心を読む想念を恐れるがゆえ
おおいぬはあえて
不満を貯めこませないようにしたんですよ 」







不満を貯めこませない?
(・・;)








もしも不満を
貯めこませ続けたら


心の声を聴く想念に
その不満の声を聞かれちゃうかもしれなじゃないですか?


不満を発してる存在が
ピュアな存在だったら



心の声を聴く想念は
ぴゅあな想いに呼応して
取り返しの行動を起こしちゃうんですよ 」







(・・;)






でもですよ

心の声を聴く想念は
鳥さんや生霊や電気想念ほど
派手な動きはしないんですよ

即効的に回収するという感じじゃないんですけどね

でも取り返し方は じわじわなんですよ

じわじわ 」






じわじわ
(・・;) 






じわじわ取り返されると
現実の座がそのままに見えても


驕りたかぶったり 
性格が
乱暴になったり  
体調が弱っていったりするんですよ


最近座にいる人達の多くが
乱暴になってきたり 
体調弱ってると言いますが



あれは想いを聴く想念の
取り返し方に症状が似てるんですよ


 」




(・・;)・






だからですよ

それが怖くて

大犬達は
昔から不満を貯めこませないようにしたんですよ

不満を持たせないようにいくばくかは返して
「 何か不満があったら 
必ず言えよ 俺に言え 」
を連呼してたんですよ 




不満を口に出させれば 

心の汚い人でも動かせる想念が
厄をどこかに飛ばしたり 
跳ね返してくれますからね


だから
口に出して不満を発する人は
それほど怖くはなかったんですよ 」




(・・;)





でもおとなしい人は怖かったんですよ 


無口な人は怖いんですよ

無口でおとなしい人に
不満を貯めこませ続けると
じわじわくる取り返しは
お祓いじゃ祓えないんですから 」




(・・;)






だから破壊の時期 
大犬は
特に無口な養分を
持ち上げようとしたんです



腫れ物に触るように
応対しながら
願いをかなえてあげて

不満をもったら声にするようにうながして
すぐに不満を解消させるように動いたんですよ



でも
こいぬは大犬が
無口な養分を怖がってるのをみて


無口な人を叩いて
無口なものマネしはじめたんですよ

 」







(・・;)・







ほら
小犬タレントの中でも 
現場で物静かで無口って言われてた人ほど 
持ち上げられていたじゃないですか?


あれは
スタッフの中にいた
おおいぬが怖がったからですよ


本能的に無口を怖がる習性だから


無口な人を見ると
冷静さを失って 
怖さのあまり
誕生日とか骨型とかデータとか
つい忘れちゃって
持ち上げちゃったんですよ



恐怖心が眼力を曇らせて 


それで
半○さんとか前なんとかさんも

持ち上がったです 」





(・・;)・






あっ 
でも彼らは本当は
無口じゃないんですよ
無口なふりしてるだけです


でも小犬が無口なふりする為には
それなりにエネルギーが必要でしたからね


だから養分さんには
大声でしゃべることを強要させたり

無口な人を見ると
DQN達にいじめターゲットにするように
誘導していたです 」






(・・;)・







今日の話は
実は くまくまに聞いたんですけどね


もう一つ付け加えますとね


飢餓想念も
声で発した人の現実しか吸えないんですよ



心の中でずっと秘めてる想いとか
そこに集まる現実は
飢餓想念も探知しづらくて
吸いづらいんですよ


飢えてると
想いを見ることはできないのです 

そんなゆとりないですからね 」(えんえんとくまくまの言葉)








PA260017_R.jpg







昨年の
月食から
75日目の冬至の夜




私はしいかの山にいました



とらちゃんと
みるくちゃんを連れてくるように言われたので


私はみるくちゃんを抱っこしながら
くまちゃんに
とらちゃんを抱っこしてもらいながら




午前零時頃
しいかの山の展望台や
見晴台付近の林をウロウロとしていました
(・・;=;・・))ウロウロ  ∧∧(― ― )・




深夜にもかかわらず
結構な数の天文マニアとおぼしき方々が
夜空の写真を撮ったり
望遠鏡で観測していました



しいかの山は
星を見るのにうってつけの場所のようで
普段木更津で見えないような星でもクリアーにはっきり輝いてるのがわかりました





そんな感じで
星を見ながら
辺り一帯を散策していたら 
土地の想念に
こう言われました






これから
3日間の間
なるべくしゃべらないで 」




しゃべらないで?
(・・;)?





冬至から3日間の間

呪がはねかえる 」




その後
イメージを見せてもらいました



そのイメージでは
飢餓想念は
音で追跡するようでした 




ターゲットを現実に発した音で認識して
その音をしるしにエネルギー吸わせる
そんな情景が見えました   



そして飢餓想念だけでなく 
運ぶ想念の多くも
音を発したところから
多くの現実を運びだす習性ということも知りました 



イメージを見せながら
こういうことを教えてもらいました





死者や
自然の精霊は
骨に音をのせる


骨に音をのせることで 
音をのせられた者に
富や名誉 現実がやってくる


墓で
森で
自分の想いと響きあう骨の者に
富や名誉 現実を呼ぶ音をのせてくる 」





からすがターゲットを見つけるのは墓場だ

からすは 
音で追跡するから 


墓場で
死者達の守りがのった者たちを
その音で認識して しるしをつけて
他のからすと集団プレイでエネルギーを運ばせる



いくら死者達の守りがのっていても
その者に
飢餓想念をぶつければ 
そこにのせられるはずだった富や名誉 現実も吸えるから 」





からすは
死者達の守りがのった者たちからも平然とエネルギーを剥いでいた 



それが集合体の表の座の
ピカピカしてる者の意志と知ると 


その通りに動くのが
ドールやからす達の習性

 」





からすの耳はあまりよくない

猫よりもぜんぜん聞こえない
心の音 
骨の音が聞こえない


だから
彼らは声をあげさせようとする


現実に声を上げさせないと


誰に死者達の応援がのってるか
誰に後ろの守りがのっているのかもわからない



それは 
飢餓想念も同じ
でんき想念も同じ

音で認識しないと
吸いとれない 



いじめたり暴行したりするのは
声をあげさせるため


気にさせるのも声をあげさせるため


情動を喚起させ 
声をあげさせさえすれば
それが目じるしとなり
彼らの放つ飢餓想念にエネルギーを吸われる


社員に大声をあげさせるのもエネルギーを吸いやすくする為

学校で子供達に大声をあげさえるのも
エネルギーを吸いやすくする為 



いじめるのも
悲鳴をあげさせるのも
エネルギーを吸いやすくする為 」





DQNの多くが 
電気とからすに動かされてる


電気想念 
からす想念
生霊の多くは 
まばゆき気をまとった
仕組みの中心の意で動く



何故なら
彼らには
本物の気のまばゆさと
服の残像のまばゆさが見分けられぬから 


仕組みとは
骨に富や現実 応援がのせられてる者達から
想いを見ない 錯覚しやすい想念を使って
その現実を吸わせ 運ばせることで維持されてきた 」





もしも
吸われてると感じたら
いじめられてると感じたら 
ポイポイされてると感じた時は


なるべく
声を出さないこと


声に出さなければ
それだけでエネルギーは吸いとりづらくなる 


彼らはおとなしい人が怖い



おとなしいとは
音がしないと言うこと  」(しいかの山で聞いた想念さんの言葉)






そんな感じの事を教えてもらい
冬至から少なくとも3日間は
声をあげたり しゃべらないようにと言われました
(・・;)





そして
この夜
木さん達の多くが
過去数年の残像を見てるという事も
教えてもらいました 






最も
現実の運び先を変えているのは 
鳥さんでもなく 電気でもなく 
雲や風の流れを生みだしている
植物さんであり木さんである




そして破壊の時期の緩衝とは
大きな天体緩衝が起こるタイミングに
植物さん達が
過去にのせられた現実の残像や想いを見て 
現実の気の流れや
運び先のルートを変えること


月食や日食の緩衝時に
大きなエネルギーが降ってくる日に 
植物が過去数年分の残像とつながりを認識し



そのつながりの中で
最も満たされてるところから現実を運び
最も欲してるところに現実をのせる
エネルギー緩衝なんだということがわかりました


 
そして
破壊の時期に大犬が養分に現実をのせようとしたのは 
すべては植物を錯覚させる為だったということもわかりました




つながりの中で
普段満たされてなかった養分に
過去数年現実を与えれば
その数年分の残像で


ずっと現実が与えられていた 
現実的に満たされていると植物が認識し
天体緩衝の降る大きな流れを 
つながりの中の最も欲してる者たちにのせていく 


後で間違いに気づいて
途中修正をしようにも
一度天体緩衝の気の流れをつけられると 
その気の流れを変えるにはより大きな天体緩衝の流れが来るまで
ほぼ不可能



だから大犬達は
そのタイミングだけは外さないように
月食や日食の天体緩衝の後
木さん達が気の流れを変えるタイミングに合わせて

その直前まで現実をのせ続けることで
養分達に本来降ってくるはずだった現実のエネルギーの運び先を変えていくんだということがわかりました


それは浦島太郎と同じ
一瞬の快楽で
数百年以上のエネルギーを奪うということ



そして
木さん達は
人間よりも
多くの動物よりも
はるかに高い所から
決められた気の流れに運び続けるので
一度決められた気の流れには
どんな術も どんな想念も決して抗えず
盤石に見えていた座も瞬時に覆り 


土地自体の気も
運ばれてしまう
ということがわかりました



そしてそれが 
数万年に一度の大きな天体緩衝だと
数万年以上も続く流れになることもわかりました







PA220242_R.jpg






そして
何故
この夜に
とらちゃんや 
みるくを連れてきてと言われたのかもわかりました





とらちゃんや 
みるくちゃん達には
上総一帯のリーダーの想念




とりわけ
とらちゃんには
数千年以上虐げられていた
あくるおうの虎の想念がのっていて



PA260007_R.jpg





その想念がのったとらちゃんの残像を 
この日 この夜 
木さん達に見てもらうことで復活しやすくなり


さらに
そのつながりのある想念も
現実を得やすくなるからだという事がわかりました



もちろんこの夜
とらちゃんやみるくをここに連れてこなくても
あくるおうの虎と
そのつながりある想念に現実が戻るのでしょうが



月食から75日後のこのタイミングの夜に
木さん達に直に見せることで
彼らに現実が戻る動きがより早くなるということを教えてもらいました



PA260012_R.jpg






木さんが破壊の緩衝の夜
気の流れを変える日に見る残像は
過去20年分の残像だった気がします 




それは木さんの細胞が入れ替わる周期にも似ていて


特にその中でも
過去3年半の残像が
木さん達にとって植物さん達にとっては 
現実にのせられた現物と認識してるようでした






もっとも現実を運んでいる想念は
からすでも 電気でもなく
風を生み気の流れを編んでいる
木さん達 植物さん達の想念



その事を教えてもらった
月食から75日後の
冬至後の夜でした




PA260013_R.jpg







2015-01-18 :土地さんから聞いたお話 :




転載終了


Comment

非公開コメント

| 2017.11 |
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。