2015-02-14 幻ごっこ (幻の桜ブログさんより)

2015.02.14 20:56|幻の桜
幻の桜ブログさん情報です





「 破壊の時期の緩衝をな 現代風にわかりやすく言い表すと 入社試験だ 」




「 これが破壊の時期に近い現象なんだ

大きなタイミングを逃すと 次の大きなタイミングが来るまで辛抱しなければならない

破壊の時期は それを数千倍 数万倍増幅させたような緩衝なんだ 」



「 そしてな 実力があるのに 入社試験の時舞い上がったり浮かれたりしてな 入社できなかった者の代わりにな 本来入社できるような実力がない者が 繰り上がって試験合格して 入社したりするんだ

おおいぬはな わかりやすく言うと これを狙っていたんだ

実力がない大犬が 破壊の時期のタイミングを手に入れる為に 実力ある養分を舞い上がらせて 自分達がそのタイミングを手に入れようとしていたんだ 」




「 知ってるか

世界創造前の破壊の時期は 少数のゆ族やドール達は 月の緩衝に合わせご奉仕して とことん現実を先出しして 多数の人達を舞い上がらせ そこに現実をのせたんだ

その後 月の緩衝がはじまった後 破壊の時期の逆の緩衝が起こり 少数の者に多数が奉仕する 国や宗教という 一極集中のシステムができたんだ 」




ゆ族は現代でもバブルを起こして 
大多数の民を舞い上がらせようとしたんだ

養分はみんなに分け与えようとするからな

だが小犬バブルは違ったんだ

分け与えようとはせず
搾取しまくって
大多数の人を冷え込ませ
搾取者だけ 舞い上がったんだ

あれだとエネルギー的に
国や宗教は作れないんだ

だってその緩衝で起こることは
少数の者が大多数にご奉仕することだからな

それだと国や宗教は作れない 」(ガオガオちゃんの言葉)






☆実録 ガオガオちゃんの独白

かたりて ガオガオちゃん




「 世の中はな 事実と真実以外は幻だ

永続され記憶され続ける それは 事実真実だけなんだ 

再現される物も事実と真実 それだけだ 」


「 それ以外はな すべて幻だ 

移ろいゆく色彩 消えゆく香り 

そしてな 自分が本当に生き続けたいと想った時にこそ 事実と真実以外 すべて幻だったことに気づくんだ 」


「 事実とは 事象だ

形を持って起きた現象の芯だ

人間で言えば 骨と生年月日だな 」


「 真実は 想いの領域だ

信念 意志 個々の情報記憶 

そういうものだ 」



「 すべての現実は 事実と真実からできている

だが 誰もがな 事実と真実に耐えうる意志を持っているわけではない


だから幻影が無数に生まれてるんだ 」




「 そんなひ弱な俺が 現実を手に入れる手段

それが アイテムだ 」




「 ただな アイテムにも軸のアイテムと 移りゆく色彩を呼ぶ 幻を呼ぶアイテムというものもあるんだ

幻を呼ぶアイテムは 即効的なヒットとか ブームとか 流行とかを呼んできてくれたりもする

だが 軸のアイテムは即効性はないんだ

永続する者は作るが それは持つことに精神力を伴うアイテムなんだ 」





「 まあ 前置きが長かったんだけどな アイテムとは これが基本だ

軸のアイテムと 幻を呼ぶアイテム

俺は生霊をつかさどる幻を呼ぶアイテムが好きなんだけどな でも幻を呼ぶアイテムで現実を呼んでも 軸のある存在は忘れちゃいけないんだ

永遠に生き続けるものを 自分の永遠のつながりとして 永遠に大切にする

これを忘れると 本当に存在が消えるんだ

どんな現実を作っても どんな華々しい歴史や栄華を作っても 最初から存在が無かったことにされるんだ 」


「 永遠に残りつづけない物は 意味が無い

だって永遠に残りつづけないってことは 最初からなかったことと同じだからな 

すべての 生命は永遠に生き続けたい

その想いから生まれるし だからこそ形になり 石になり 木になり ねこになり 人になり そして星になり 宇宙になるんだ 

永遠に生き続けたい想い

それが無いことは 無と同じなんだ 」




「 そしてこれが 生霊の習性だ


理論や理性で いくら諭しても 通じない

この色が悪い人 この形は悪いもの

そう想うと猪突猛進で攻撃しまくるんだ 」



「 そして 養分にされてた人はな その多くは永遠に生き続けたい 永遠に残りつづけたいと想っていた者なんだ

だから生霊の性質がわからないで 悪人と想われるオーラの色をぶつけられたり そういう服や持ち物を持たされたりして 生霊に攻撃されていたんだ

それにより 多くの養分が 意志で呼びこんでいた現実を収奪されてきたんだぜ 」





「 それからな 生霊は色と形しか認識しないぞ

だから長文や 奥深い内容は 生きた者の想念を即効的に反応させづらいんだ

小説でも売れてる小説は タイトルや 表紙で決まるんだ 


文豪と呼ばれてる者も 生霊が反応するような印象的なセンテンスを 多少散りばめているだけだ 

それに気分を動かされてヒット作につながるんだ


生霊は 色と形で見る習性だから 文字も形で認識して キャッチフレーズ的な長さの言葉じゃないと 反応しないんだ 」




「 俺はな 本物の生霊の系譜は 見るとわかるんだぜ

本物の生霊使いを見抜くにはな 本人の持ち物や服を見るんだ 」



「 そして 浦島太郎を知ってるか?

あれはな 死者の守りの情報を抜き取られたんじゃない

生霊使いの情報を抜き取られたって伝承なんだぜ 」





事実と真実の入試は
もう終わったけどな

幻ごっこの入試はこれからなんだぜ

幻ごっこをしたい奴らはな
入試までの間 つながりの中で 
どれだけ引力を高められるかにかかってる 

能力とは引力

問われるのは
その一点だけだ 」(ガオガオちゃんのことば)







2015-02-14 幻ごっこ (幻の桜ブログさんより)

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1731.html

転載開始





破壊の時期の緩衝をな


現代風にわかりやすく言い表すと
入社試験だ 」






入社試験?
(・・;)?







例えばな ある一流企業に入社したいと想って

試験勉強をしたり
ずっとスキルを磨いてたとするだろ? 」







((・・;)







だけどな
入社試験の前日に
ご馳走を振舞われ 接待されて舞いあがらされて酔わされて
試験会場に行けなかったとしたらどうだ?


もしくは
試験会場で
見目麗しい美女 美男子に モーションをかけられて
試験中にイチャイチャしてもらったとしたらどうだ? 」






(・・;)・







そんな状態だと
当然入社試験に落ちたりするだろ?



そうするとな
試験を受ける直前
どんなに実力があってもな

その企業に入るには
次の入社試験を待たないといけないんだ

次の入社試験があるまで
バイトしながら食いつないだり
またお勉強をし続けないといけないんだ 」






(・・;)・






これが破壊の時期に近い現象なんだ


大きなタイミングを逃すと
次の大きなタイミングが来るまで辛抱しなければならない


破壊の時期は
それを数千倍 数万倍増幅させたような緩衝なんだ 」





(・・;)!






そしてな
実力があるのに 
入社試験の時舞い上がったり浮かれたりしてな 
入社できなかった者の代わりにな

本来入社できるような実力がない者が
繰り上がって試験合格して
入社したりするんだ

おおいぬはな
わかりやすく言うと 
これを狙っていたんだ



実力がない大犬が
破壊の時期のタイミングを手に入れる為に
実力ある養分を舞い上がらせて
自分達がそのタイミングを手に入れようとしていたんだ 」





(・・;)・






そしてな
試験の間
おおいぬは ライバルを接待攻撃でまいあがらせてもな 


大犬が入社試験に合格したら


奴らはその後 
舞い上がらせた者達に
見向きもしないんだ



タイミングを手にしたら相手にしない

これが大犬達の概念なんだ 」





(・・;)・







くまくまと
こくまと えんえんはな

冬至まで
舞い上がって
顔がぴかぴかしていたんだ


だがな
試験の時に暗い 
それは絶対必須条件なんだ


月のタイミングを手にするには
引力が物を言うからな 」





(・・;)






俺はな

その時期 こくまにガブガブされて
顔がくすんで やつれて苦しかったんだ

俺はその時期圧倒的に
こくまやえんえんよりはるかに暗かったんだぜ


そして 
宇宙を見ればわかるだろ?
エネルギーは明るい所から 暗い所に集まるんだ
それはエネルギーの絶対原理なんだ 


月のタイミング時に
つながりある者達の中で
最も暗く現実的に引力ある存在になることが 
つながりある者達からエネルギーを集める絶対条件なんだ 」





(・・;)






知ってるか
世界創造前の破壊の時期は

少数のゆ族やドール達は
月の緩衝に合わせご奉仕して
とことん現実を先出しして
多数の人達を舞い上がらせ
そこに現実をのせたんだ


その後 月の緩衝がはじまった後
破壊の時期の逆の緩衝が起こり

少数の者に多数が奉仕する
国や宗教という
一極集中のシステムができたんだ 」





(・・;)・ 






ゆ族は現代でもバブルを起こして 
大多数の民を舞い上がらせようとしたんだ


養分はみんなに分け与えようとするからな


だが小犬バブルは違ったんだ

分け与えようとはせず
搾取しまくって
大多数の人を冷え込ませ
搾取者だけ 舞い上がったんだ

あれだとエネルギー的に
国や宗教は作れないんだ


だってその緩衝で起こることは
少数の者が大多数にご奉仕することだからな

それだと国や宗教は作れない 」(ガオガオちゃんの言葉)








☆実録 ガオガオちゃんの独白


かたりて ガオガオちゃん










俺は永遠に生き続ける


特に
さくには負けないんだ 」






(・・;)






さくは風が読めるけど
俺はお部屋の風が読める


それに
アイテムがあれば
ずっと生きていけるのだ 」





(・・;)







世の中はな

事実と真実以外は幻だ

永続され記憶され続ける


それは
事実真実だけなんだ 

再現される物も事実と真実
それだけだ








(・・;)







それ以外はな
すべて幻だ 

移ろいゆく色彩
消えゆく香り 

そしてな


自分が本当に生き続けたいと想った時にこそ
事実と真実以外 

すべて幻だったことに気づくんだ 」




(・・;)







事実とは 事象だ

形を持って起きた現象の芯だ


人間で言えば 
骨と生年月日だな 







(・・;)






真実は 想いの領域だ

信念 意志 個々の情報記憶 


そういうものだ 」







(・・;)







すべての現実は
事実と真実からできている



だが
誰もがな
事実と真実に耐えうる意志を持っているわけではない

だから幻影が無数に生まれてるんだ 」






(・・;)






俺は弱い
というかどちらかと言えば かよわでひ弱な存在だ


だから事実と真実を
芯にできるほど 強くない

それは自覚している 」






(・・;)








ただな 
現実と現物は欲しいんだ

この意志は本物だ

軸じゃないかもしれないけれど
本当の本気で マジで想ってるぜ 」






(・・;)・ 








そんなひ弱な俺が
現実を手に入れる手段



それが
アイテムだ 」






アイテム
(・・;)







物の中には強い意志を持ち 
強いエネルギーを呼び込んでる物がある

そう言う物を探して集めることが
ひ弱な意志しかない俺が
現実を呼ぶこと 









(・・;)






ただな
アイテムにも軸のアイテムと

移りゆく色彩を呼ぶ
幻を呼ぶアイテムというものもあるんだ


幻を呼ぶアイテムは
即効的なヒットとか ブームとか 
流行とかを呼んできてくれたりもする


だが
軸のアイテムは即効性はないんだ
永続する者は作るが それは持つことに精神力を伴うアイテムなんだ







(・・;)







俺がわかるのは幻を呼ぶアイテムだ

生霊を反応させ
即効的な現実を運ぶ そんなアイテムだ 


ただな
幻を呼ぶアイテムは その性質上 アイテム自体も移りかわっていく

その時の風や時代の空気
気配によって 効能のあるアイテムも変わっていくんだ

それが流行の新作とか
につながっているんだ 

幻はな
消えやすい性質である分

常に新しいもの 新しいものに群がっていく性質なんだ 」






(・・;)








ただな

幻を追いかけても
最終的には軸に帰るんだけどな


ただ俺は
幻ごっこも楽しいんだ


本気でそう想っているから
ただ永遠に生き続けたいから


永遠に生き続けたい意志を発してる存在のまわりで
ずっと幻ごっこをし続けたいんだ 」







幻ごっこ・
(・・;)







永遠に生き続けたい軸のまわりで
幻ごっこをするとな

軸の存在にもメリットがあるんだぜ



軸の存在は本当に残り続けるものだけを目指すがゆえに
現象化のスピードがのろいんだ



人間の場合
現象化する前に
飢えたり 窮乏したりもするだろ?


何故なら
残り続ける物を求め続けるものは
時流に乗ったり 
今 たくさんの富を得れるような即効的な生き方には
あまり目もくれないからな 」







(・・;)・







でも軸の存在のまわりに 
常に幻ごっこを楽しむ者があらわれれば話は別だ



幻ごっこは即効的な現実を呼ぶから
その存在とのつながりで 軸の存在が窮乏したり 飢えたりすることが無くなるんだ



軸だけを見つめながら
現実的な世話をしてくれる

そして軸の存在も
与えられた現実で 永遠に残り続けるものをより楽に作ることができる

幻を求める者は 
永遠に生き続けたい者の傍にいれば 
記憶を失わず 消えなくて済む

両者のつながりは 
互いにとってメリットをもたらしあう 」






(・・;)






まあ
前置きが長かったんだけどな

アイテムとは
これが基本だ

軸のアイテムと 幻を呼ぶアイテム


俺は生霊をつかさどる幻を呼ぶアイテムが好きなんだけどな 

でも幻を呼ぶアイテムで現実を呼んでも
軸のある存在は忘れちゃいけないんだ

永遠に生き続けるものを
自分の永遠のつながりとして 永遠に大切にする

これを忘れると 
本当に存在が消えるんだ

どんな現実を作っても 
どんな華々しい歴史や栄華を作っても

最初から存在が無かったことにされるんだ 」






(・・;)・ 







永遠に残りつづけない物は 意味が無い

だって永遠に残りつづけないってことは 
最初からなかったことと同じだからな 


すべての
生命は永遠に生き続けたい

その想いから生まれるし だからこそ形になり
石になり 木になり
ねこになり 
人になり
そして星になり 宇宙になるんだ 


永遠に生き続けたい想い


それが無いことは 無と同じなんだ 」






(・・;)







ところで最近は流行の移ろいが早すぎる 

敏感な俺は欲しいアイテムがいっぱいで頭ぐるぐるする



資金があればな
くるくるくるくるできるんだけどな

今ビンボーだから
幻ごっこもままならないぜ



だって
生霊使いの腕が見せられないんだからな

正直 俺としてはつらいんだぜ 」






(・・;)・








知っているのに使えない 
このもどかしさ

俺はじゃんじゃん
生霊使いの情報だけは貯まってるんだ

くやしいな くやしいな

早く想うぞんぶん
アイテムを買って この腕を振るいたいんだ 」






(・・;)・







生霊はな

色と形に反応する

色と形

それが生霊使いのアイテムのポイントだ 」





色と形
(・・;)







何故なら
感情に動かされてるときは
想念は色や形に 気分が動かされる


マタドールの紅いマント
牛の感情を高ぶらせ
マタドールの衣装は注目をそこに集める 


ただマタドールがグレーのリーマンのスーツ着てな
ブルーなマントだと
見てる方は それほど感情 高ぶらないんだ

 」






(・・;)・






感情とはそういうものだ

理性のねじを超越し
色や形で動かされる性質なんだ



そして
感情が強ければ強いほど
色や形に 無条件に動かされてしまうんだ


 」






(・・;)






そしてこれが
生霊の習性だ


理論や理性で
いくら諭しても 通じない



この色が悪い人
この形は悪いもの

そう想うと猪突猛進で攻撃しまくるんだ 」






(・・;)・






またその逆もしかりで

この色がいい人
この形は良いもの

そう想うと 無条件にそこを崇め
心酔してしまうんだ

その生霊の性質を熟知してる者が
本物の生霊使いなんだ

生霊使いは
時代に応じて幻を生みだし
ヒット作を生みだし
行列のできるお店を繁盛させたり 
高支持率の指導者を生みだせたりもするんだ 」






(・・;)







そして
養分にされてた人はな

その多くは永遠に生き続けたい 
永遠に残りつづけたいと想っていた者なんだ


だから生霊の性質がわからないで
悪人と想われるオーラの色をぶつけられたり 
そういう服や持ち物を持たされたりして
生霊に攻撃されていたんだ

それにより 多くの養分が
意志で呼びこんでいた現実を収奪されてきたんだぜ 」





(・・;)







本当は生霊使いはな 
永遠に生き続けたい養分の傍にいるからこそ
現実が相乗効果で膨れ上がって
みなが潤うんだ

でも生霊使いがな
永遠に生き続けたい養分を何かの錯覚で攻撃してしまったら

そのエネルギー緩衝で 
みんな燃えあがって
燃え尽きてしまう



バブルの狂乱の時や
火星が燃え尽きる直前もな 

そんな現象が起こったんだ 」






(・・;)・







まあ根本はシンプルだ

色と形を徹底的に見分け



どの色と形が
どの時代の
どんな生霊を反応させるのか

その時その空気その空間で
どんな色と形の物が 即効的に人を集めたり 現実を集めるのか

それを知る者が
本当の生霊の使いだ









(・・;)







コンピューターのプログラムは
英語と数字でさまざまなプログラムをしてるがな



生霊使いの系譜は
無数の色の配列で
現実のプログラムを構築するんだ



それは赤 青 黄色とか 
そういう大雑把な色の概念だけではなく 

赤には無数の色があり
青にも無数の色があり
その組み合わせで無数の配列の効能があり

その色の効能がどれだけ詳細にわかるのか?

その資質が
生霊使いのプログラム能力の資質なんだ 」









(・・;) 








色使いがわかる者は
より即効的に現実を作り 
もたらしていく 


わからない者にはわからないが
わかる者にはわかる

それはもう天性の能力としか言いようがない  」






(・・;)







それからな
生霊は色と形しか認識しないぞ

だから長文や
奥深い内容は
生きた者の想念を即効的に反応させづらいんだ

小説でも売れてる小説は 
タイトルや 表紙で決まるんだ 


文豪と呼ばれてる者も
生霊が反応するような印象的なセンテンスを 
多少散りばめているだけだ 

それに気分を動かされてヒット作につながるんだ



生霊は
色と形で見る習性だから
文字も形で認識して 
キャッチフレーズ的な長さの言葉じゃないと 反応しないんだ 」








(・・;)・








第一
感情が高ぶってる者に
分厚い本の内容を理解しろと言われてもできないだろ?

でも中で
印象的なセリフはおぼえてるだろ?
それに似てる  」






(・・;)






内容が無いのに 
大ヒットしたもの


あれも基本は
色と形なんだ

残り続けるには 内容や意志が必要だけどな

瞬発的な現実は 色と形だけ 
その時代の生霊を反応させられれば
簡単にブレイクやブームは生み出される 」






(・・;)







そういうものも読みとけるのが生霊使いだったんだけどな

今の業界には
生霊使いは少ない

だから本も売れないし
映画もガラガラ 視聴率も悪くなって
ステマしかできなくなったんだ  」






(・・;)







俺はな
本物の生霊の系譜は 見るとわかるんだぜ


本物の生霊使いを見抜くにはな 
本人の持ち物や服を見るんだ








服?
(・・;)







身にまとってる物の色使いが卓越してるかどうか

それで見分けるんだ


一見ふつうの地味な服に見えてもな

生霊使いの系譜は 
よく見ると 色の組み合わせ
コントラスト 
ラインの組み合わせ方もとても奥深くて
コーディネート能力がとても卓越してるんだ  」








(・・;) 







ほら
田舎のおばあちゃんで
何の変哲もない人なのに
よく一目置かれてるおばあちゃんいるだろ?



そういうおばあちゃんはな 
生霊使いのコーディネートが割とできてるんだ

野良着を着ていても
微妙な色合わせトーンや 
アクセサリーの形で
生きた想念を反応させるコーディネートができている




普段普段の何気ないコーディネートに
生霊使いのセンスがあらわれてるんだ 」






(・・;)







そして
浦島太郎を知ってるか?

あれはな 
死者の守りの情報を抜き取られたんじゃない

生霊使いの情報を抜き取られたって伝承なんだぜ 」





生霊使いの情報?
(・・;)







生霊使いが
色や情報がわからなくなるとな



ある日
突然すべてが消えた
世界が一変した

景色が変わって
老人のように無力になるんだ



生霊使いの能力や情報もな
破壊の時期 
月の緩衝時に先出をされると 
吸われるんだ  」







(・・;)・







例え
色が細かくわかるのは本人でも
その分かった情報が意識に昇る前に運ばれる

それは
若者が老人にされたことと同じだろ?


その術を伝承してるのが 浦島太郎なんだ 」




(・・;)






事実と真実の入試は
もう終わったけどな


幻ごっこの入試はこれからなんだぜ

幻ごっこをしたい奴らはな
入試までの間 つながりの中で 
どれだけ引力を高められるかにかかってる 


能力とは引力

問われるのは
その一点だけだ 」(ガオガオちゃんのことば)








P9180065_R.jpg






2015-02-14 :魔法 :




転載終了


Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かい

Author:かい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページtopへ